【2017Jリーグ補強診断】得点源確保ならず、復帰元年は人員整理を敢行《清水エスパルス》2017.02.04 17:32 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。昨シーズン首の皮一枚繋がってJ1に残留したアルビレックス新潟編をお届けする。

◆大前を始め主力含む17名が移籍
Getty Images
【OUT】
GK
櫛引政敏(24)→ファジアーノ岡山/期限付き
碓井健平(29)→町田ゼルビア/期限付き
杉山力裕(29)→アビスパ福岡/完全

DF
平岡康裕(30)→ベガルタ仙台/期限付き→完全
川口尚紀(22)→アルビレックス新潟/期限付き満了
福村貴幸(25)→FC岐阜/期限付き
三浦弦太(21)→ガンバ大阪/完全

MF
宮本航汰(20)→V・ファーレン長崎/期限付き延長
高木善朗(24)→東京ヴェルディ/期限付き→完全
八反田康平(27)→名古屋グランパス/完全
本田拓也(31)→モンテディオ山形/完全
石毛秀樹(22)→ファジアーノ岡山/期限付き
水谷拓磨(20)→FC今治/期限付き延長

FW
加賀美翔(22)→未定
澤田崇(25)→V・ファーレン長崎/完全
瀬沼優司(26)→モンテディオ山形/期限付き
大前元紀(27)→大宮アルディージャ/完全
▽期限付き移籍を含めて大量17名を放出。特にエースとして10番を背負っていたFW大前元紀の移籍の穴は大きく、新たな得点源が必要となった。また、DF三浦弦太、MF本田拓也など昨シーズンの主力も放出。J1復帰元年ながら人員整理を行う形となった。

◆補強診断(★5つが最高)
★★☆☆☆
▽新たな戦力として迎えた選手は7名。しかし、戦力の上積みとしては4名に留まることとなった。1年でのJ1復帰を果たしたが、攻撃面のテコ入れは行わず、不安は拭えていない。昨シーズンとほぼ同様の陣容で2年ぶりのJ1を戦い抜けるかに注目だ。

◆大きな変化は守護神の補強のみ【GK&DF】
Getty Images
【IN】
六反勇治(29)←ベガルタ仙台/完全
キム・ボムヨン(26)←サンフレッチェ広島/期限付き延長
村松大輔(27)←ヴィッセル神戸/復帰
カヌ(31)←チョンブリ(タイ)/完全
飯田貴敬(22)←専修大学/新加入
立田悠悟(18)←清水エスパルスユース/昇格
▽昨シーズンは負傷者が続出したGK陣に日本代表経験もあるGK六反勇治を獲得。さらに神戸に期限付き移籍していたDF村松大輔を復帰させた。しかし、固定できなかった昨シーズンの最終ラインに絶対的な選手を迎えることなく、継続路線を選んだ形となった。

◆野津田以外の補強はなし【MF】
Getty Images
【IN】
野津田岳人(22)←サンフレッチェ広島/期限付き
▽MF登録の選手として加わったのはU-23日本代表のMF野津田岳人のみとなった。左足のキックは大きな魅力だが、得点も期待したいところ。昨シーズンは中盤も多くの選手を起用したが、その形は今シーズンも続くことになりそうだ。

◆エースの穴埋めはなし【FW】
Getty Images
【IN】
補強なし
▽前述の通り、昨シーズンJ2で18得点を記録した大前元紀がチームを去ったが、得点源になる選手の補強は行わなかった。得点王でもあるFW鄭大世にかかる負担は大きくなるが、FW北川航也やFW金子翔太ら若手選手の飛躍が期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

連覇を目指す川崎Fに痛手! DF車屋紳太郎の負傷を発表…ハムストリング肉離れで全治3〜4週間

▽川崎フロンターレは19日、DF車屋紳太郎の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、車屋は17日のトレーニング中に負傷。18日に川崎市内の病院で検査を受け、左ハムストリング肉離れと診断。全治は3〜4週間程度とのことだ。 ▽車屋は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで28試合に出場。日本代表としても9月のコスタリカ代表戦に招集されていた。 2018.10.19 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、Jリーグ復帰も視野…来年1月の監督業再開を確信

▽フランス人名将のアーセン・ヴェンゲル氏(68)がJリーグ復帰を含めた来年1月の監督業再開を明言した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ヴェンゲル氏は、1995年〜1996年10月まで名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率い、その後にアーセナルの監督として約22年間にわたる長期政権を築城。2003-04シーズンの無敗優勝を含む3度のプレミアリーグ制覇や、7度のFAカップ優勝に貢献したが、2017-18シーズン限りでアーセナルに別れを告げた。 ▽アーセナルの監督を退任して以降、去就を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるヴェンゲル氏。ドイツ『Bild』のインタビューで注目を集める新天地について問われると、次のようにコメントした。 「1月から再びクラブを率いる。確信しているよ。どこかはわからないがね。休養を経て、再び働く準備はできている」 「各協会や、代表チームからコンタクトを受けている。日本に戻る可能性だってあるかもしれない」 「私は、アーセナルでの22年間で様々なレベルで大きな経験をさせてもらった。そのおかげで、世界中から問い合わせがある」 2018.10.19 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪、U19代表DF瀬古歩夢をプロ登録…「精一杯戦います」

▽セレッソ大阪は19日、同クラブU-18に所属するU-19日本代表DF瀬古歩夢(18)のプロ登録を発表した。 ▽C大阪の育成機関で育った瀬古は、2016年から2種登録選手としてトップチーム登録されると、今シーズンの明治安田生命J1リーグ3試合、U-23の一員としてJ3リーグ24試合(3得点)に出場。代表キャリアにおいても各世代の日本代表に名を連ね、今月に行われるAFC U-19選手権インドネシア2018に臨むU-19メンバーにも選出されている。 ▽発表日の19日よりプロの仲間入りを果たした瀬古はクラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「一つの目標であったプロサッカー選手になることができてとても嬉しく思います。これで満足せず、応援していただいてる方々の為にも精一杯戦いますので、応援よろしくお願いします!」 2018.10.19 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

あと5試合…17位鳥栖、マッシモ・フィッカデンティ監督との契約解除を発表

▽サガン鳥栖は18日、マッシモ・フィッカデンティ監督(50)の契約を双方合意のもとで解除したことを発表した。 ▽2016年から鳥栖の指揮を執るマッシモ・フィッカデンティ監督は、今シーズンのここまで7勝9分け13敗の17位。J1昇格後クラブワーストの7連敗を喫するなど前半戦から苦戦を強いられ、夏場の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、日本代表FW金崎夢生の両FW獲得で巻き返しを目指したが、残り5試合の現時点も自動降格圏から抜け出せずにいる。 ▽今回契約解除となったフィッカデンティ氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「みなさんこんばんは。まず私からこのように直接サポーターの皆さまに挨拶できる機会を与えて頂いたことに感謝致します。約3年間にわたり、サガン鳥栖の監督として過ごした日々の中では一つ一つの忘れられないようなエピソードが多くあります。ポジティブなこともありますが、そうでないようなことも残念ながらあります」 「私自身のプロキャリアの中で、約3年間をサガン鳥栖で過ごせたことは本当に素晴らしいキャリアになりました。サッカーの世界では難しい局面に立ち合うこともあります。本当に何が起きるかわからない、いいことも悪いこともある、想像もつかないことが日々起きる世界です。その中で、特に今年に関してはサガン鳥栖にとって不運なことが多く起きたのかなと思います。少なからずそれが成績に影響したこともあると思います。この状況の中、チームがJ1に残留するために最善を尽くすことをクラブと共に最優先に考える中では、実際に残りの5試合にどのように立ち向かうべきかを二週間の時間を結果的に要することにはなりましたが、協議を続けた上で私とチームとの関係に終止符を打つという結論に至りました」 「その中で、チームは必ず目標を達成するために取り組むでしょう。互いにサガン鳥栖の将来を最優先に考えた上で導き出した答えです。チームから離れることが決まった上で最後にサポーターの皆様に伝えておきたいメッセージがあります」 「絶対にサガン鳥栖は来年もJ1で戦える力を持っています。そして、その舞台に立つ権利を残りの5試合で勝ち取る力がこのチームには備わっています。クラブとサポーターが一体となって、皆さん諦めることなく、全力でサポートしていただきたい。最後の最後まで全力で戦ってほしいと思います。最後に竹原社長を始めとした役員の方、クラブスタッフの方、そして一緒に戦ってきた選手のみんな、私が就任して1日目から本気で戦う気持ちでサポートしていただいたファン・サポーターの皆さまへの感謝をこの場でお伝えしたいと思います。ありがとうございました」 ▽なお、鳥栖はU-18監督でトップチームのコーチを兼任する金明輝氏(キム ミョンヒ/37)が後任監督として昇格する事を併せて発表している。 2018.10.19 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌、期待の大型レフティDF中村桐耶の来季トップチーム昇格内定を発表

▽北海道コンサドーレ札幌は17日、U-18所属のDF中村桐耶(18)の来シーズントップチーム昇格内定を発表した。 ▽札幌U-12に在籍していた中村は、ASC北海道U-15を経て、札幌U-18に入団。2018年にはU-18日本代表にも選出されている。また、クラブはプレーの特徴について、「左利きで正確なボールフィードができ、高さがあってヘディングも強い。FW出身で攻撃的センスも持ち合わせている、期待の大型レフティディフェンダー」と紹介している。 ▽来シーズンのトップチーム昇格が内定した中村は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、北海道コンサドーレ札幌トップチームへの昇格が内定しました、U-18の中村 桐耶です。小さい頃から憧れていたコンサドーレでプロ契約を結ぶことができ、とても嬉しく思います」 「契約に至るまでは不安な気持ちもありましたが、この先が重要だと思っています。コンサドーレには経験豊富な先輩方が多くいらっしゃるので、良い面を吸収させてもらいながら、日本代表に入ってワールドカップで活躍できるような選手になれるよう、日々努力をしていきたいと思います」 2018.10.18 09:15 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース