【2017Jリーグ補強診断】得点源確保ならず、復帰元年は人員整理を敢行《清水エスパルス》2017.02.04 17:32 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。昨シーズン首の皮一枚繋がってJ1に残留したアルビレックス新潟編をお届けする。

◆大前を始め主力含む17名が移籍
Getty Images
【OUT】
GK
櫛引政敏(24)→ファジアーノ岡山/期限付き
碓井健平(29)→町田ゼルビア/期限付き
杉山力裕(29)→アビスパ福岡/完全

DF
平岡康裕(30)→ベガルタ仙台/期限付き→完全
川口尚紀(22)→アルビレックス新潟/期限付き満了
福村貴幸(25)→FC岐阜/期限付き
三浦弦太(21)→ガンバ大阪/完全

MF
宮本航汰(20)→V・ファーレン長崎/期限付き延長
高木善朗(24)→東京ヴェルディ/期限付き→完全
八反田康平(27)→名古屋グランパス/完全
本田拓也(31)→モンテディオ山形/完全
石毛秀樹(22)→ファジアーノ岡山/期限付き
水谷拓磨(20)→FC今治/期限付き延長

FW
加賀美翔(22)→未定
澤田崇(25)→V・ファーレン長崎/完全
瀬沼優司(26)→モンテディオ山形/期限付き
大前元紀(27)→大宮アルディージャ/完全
▽期限付き移籍を含めて大量17名を放出。特にエースとして10番を背負っていたFW大前元紀の移籍の穴は大きく、新たな得点源が必要となった。また、DF三浦弦太、MF本田拓也など昨シーズンの主力も放出。J1復帰元年ながら人員整理を行う形となった。

◆補強診断(★5つが最高)
★★☆☆☆
▽新たな戦力として迎えた選手は7名。しかし、戦力の上積みとしては4名に留まることとなった。1年でのJ1復帰を果たしたが、攻撃面のテコ入れは行わず、不安は拭えていない。昨シーズンとほぼ同様の陣容で2年ぶりのJ1を戦い抜けるかに注目だ。

◆大きな変化は守護神の補強のみ【GK&DF】
Getty Images
【IN】
六反勇治(29)←ベガルタ仙台/完全
キム・ボムヨン(26)←サンフレッチェ広島/期限付き延長
村松大輔(27)←ヴィッセル神戸/復帰
カヌ(31)←チョンブリ(タイ)/完全
飯田貴敬(22)←専修大学/新加入
立田悠悟(18)←清水エスパルスユース/昇格
▽昨シーズンは負傷者が続出したGK陣に日本代表経験もあるGK六反勇治を獲得。さらに神戸に期限付き移籍していたDF村松大輔を復帰させた。しかし、固定できなかった昨シーズンの最終ラインに絶対的な選手を迎えることなく、継続路線を選んだ形となった。

◆野津田以外の補強はなし【MF】
Getty Images
【IN】
野津田岳人(22)←サンフレッチェ広島/期限付き
▽MF登録の選手として加わったのはU-23日本代表のMF野津田岳人のみとなった。左足のキックは大きな魅力だが、得点も期待したいところ。昨シーズンは中盤も多くの選手を起用したが、その形は今シーズンも続くことになりそうだ。

◆エースの穴埋めはなし【FW】
Getty Images
【IN】
補強なし
▽前述の通り、昨シーズンJ2で18得点を記録した大前元紀がチームを去ったが、得点源になる選手の補強は行わなかった。得点王でもあるFW鄭大世にかかる負担は大きくなるが、FW北川航也やFW金子翔太ら若手選手の飛躍が期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、U19代表GK谷晃生とプロA契約 今季堂安律以来の飛び級昇格

▽ガンバ大阪は14日、U-19日本代表GK谷晃生(17)のプロA契約移行を発表した。 ▽谷は、6月10日に行われた明治安田生命J3リーグ第13節の福島ユナイテッドFC戦でプロA契約の規定である公式戦出場時間に到達した。 ▽G大阪ユース出身の谷は今年、MF堂安律(現フローニンヘン)以来の飛び級でトップチームに昇格。将来のG大阪を担うGKとして期待される。 ▽今シーズンは、G大阪U-23の一員として明治安田生命J3リーグを主戦場にプレー。ここまで9試合に出場している。 2018.08.14 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

J2首位の松本、柏DF今井智基が完全移籍加入 2014年に日本代表候補歴の右SB

▽松本山雅FCは14日、柏レイソルに所属するDF今井智基(27)の完全移籍加入を発表した。 ▽大宮アルディージャ下部組織出身の今井は、中央大学に進学。2013年に育った大宮でプロキャリアをスタートさせ、2015年から柏に新天地を求めた。だが、度重なる故障の影響もあり、在籍4年間で明治安田生命J1リーグ5試合の出場にとどまった。 ▽2014年に日本代表候補合宿にも選出された経歴を持つ今井は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「このたび、松本山雅FCに加入することになりました今井智基です。J1昇格に向けて自分の力の限りを注ぎたいと思います。今年の最後にみなさんと笑ってシーズンを終えられるように頑張ります」 ◆柏レイソル 「このたび、いろいろと考え、悩んだ結果、松本山雅に移籍することになりました。2015年のシーズン途中に加入してから3年間、柏のエンブレムを胸に闘えたことを誇りに思っています。監督、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、選手、会社の方々、スポンサーの方々、サポーターのみなさん、柏に来て出会えた全てのみなさんに感謝しています。常に感謝の気持ちを忘れずにこれからのサッカー人生を頑張っていきたいと思います。3年間本当にありがとうございました」 ▽松本は現在、明治安田生命J2リーグ16勝8分け4敗の首位。18日に行われる次節、3位につけるFC町田ゼルビアをホームに迎え撃つ。 2018.08.14 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM、DFチアゴ・マルチンスが期限付き加入 J1リーグ37失点の守備陣補強

▽横浜F・マリノスは14日、パルメイラスに所属するブラジル人DFチアゴ・マルチンス(23)の期限付き移籍加入を発表した。 ▽パルメイラス下部組織出身のチアゴ・マルチンスは、パイサンドゥやバイーアといったブラジル国内でプレーしてきた身長185cmのセンターバック。今シーズンのここまでJ1ワースト2位の37失点を記録する横浜FMにとって、新たなDF到着となる。 ▽チアゴ・マルチンスはクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「このチャンスをいただき大変嬉しく思います。横浜F・マリノスのユニフォームを着て皆さんの前でプレーすることがとても待ち遠しいです。ビルドアップや1対1のデュエルの部分が自分の特長だと思っていますし、欲を言えばゴールも狙っていきたいと思っています。F・マリノスに加入することが出来てとても幸せです。チームの目標達成のために全力を尽くしたいと思います」 ▽横浜FMは現在、J1リーグ6勝5分け9敗の13位。15日に行われる次節、最下位に沈む名古屋グランパスをホームに迎え撃つ。 2018.08.14 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府が元神戸MFフェフージンを完全移籍で獲得…J1で8試合に出場

▽ヴァンフォーレ甲府は14日、ブラジル・CSA(セントロ・スポルチーボ・アラゴアーノ)からMFフェフージン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「15」を着用する。 ▽フェフージンは、ポンチ・プレッタから2015年にレンタル移籍でヴィッセル神戸に加入。J1で8試合に出場していたが、FWレアンドロ(現東京ヴェルディ)の加入に伴い、外国人枠を空けるために契約を解除。その後は、スポルチ・レシフェやフィゲイレンセでプレー。今シーズンはCSAでセリエBの14試合に出場していた。フェフージンはクラブを通じコメントしている。 「まず、ヴァンフォーレ甲府からオファーを頂き、本当に嬉しく思います。このクラブのために一生懸命頑張り、最後まで諦めず結果を出せるように全力で戦いたいと思います。サポーターの皆さんの応援の声が選手に力を与えてくれると思います。一緒に戦いましょう」 ▽ブラジル『Minuto Esportes』では、古巣の神戸入りが噂されていたが、新天地は甲府に決定した。なお、14日のトレーニングから合流するとのことだ。 2018.08.14 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府がFWジネイと契約解除…今季加入でリーグ戦12試合に出場

▽ヴァンフォーレ甲府は14日、ブラジル人FWジネイ(34)と8月10日をもって契約解除していたことを発表した。 ▽ジネイは、アトレチコ・パラナエンセやヴィトーリア、スペインのセルタやテネリフェなどでプレー。2015年に鹿島アントラーズへ加入すると、2016年8月からは湘南ベルマーレ、今シーズンから甲府に加入していた。 ▽甲府では明治安田生命J2リーグで12試合に出場し1得点を記録。J1通算20試合出場4得点、J2通算45試合13得点を記録していた。 2018.08.14 10:23 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース