ガラタサライ監督も神戸行き浮上のポドルスキ残留を望む「残ると思っている」2017.02.02 23:18 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸への移籍が噂されたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだが、ガラタサライの指揮官も残留を願っていると語った。トルコ『ajansspor』が報じた。

▽今冬の移籍市場で神戸が獲得に動いていたポドルスキ。しかし、交渉がまとまらず、ガラタサライ側に売却の意思がなかったため、破談に終わったことが報じられていた。

▽チームを率いるヤン・オルデ・リーケリンク監督は記者会見でポドルスキの残留を望んでいると強調。可能性はゼロではないが、シーズン終了まではチームに残ると語った。

「ヨーロッパとトルコの移籍期間は終わったが、日本と中国はまだ終わっていない。ポドルスキが我々のチームに残ってくれるのは嬉しい。シーズン終了までは、残ってくれるだろう」

「ルーカス・ポドルスキは今我々と共にいる。我々には新たな移籍のチャンスがない。ここに残ってくれると考えている。実現していないオプションについて考えるのは正しいことではないが、私はポドルスキが残ると考えている」

コメント

関連ニュース

thumb

ポドルスキが元チームメイトの浦和DF槙野智章との再会を喜ぶ「ケルンの仲間に会うのはいつでも最高」

▽ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが旧友との再会を喜んだ。自身のツイッター(@Podolski10)に1枚の写真を投稿した。 ▽神戸は14日、明治安田生命J1リーグ第29節で浦和レッズと対戦。試合は1-1のドローに終わった。ポドルスキはこの試合に先発出場したが、浦和には旧友がいた。日本代表DF槙野智章だ。 ▽槙野は2010年12月にサンフレッチェ広島からケルンへと完全移籍。ポドルスキとはケルンでチームメイトとして1シーズンプレーしていた。 ▽14日の試合は、槙野が欠場したためピッチ上での再会とはならなかったものの、試合後にユニフォーム交換を行なった様子。ポドルスキは、槙野との2ショットを投稿し、「久しぶりだけど、ケルンの仲間に会うのはいつでも最高だね」とメッセージを投稿していた。 ▽槙野も自身のツイッター(@tonji5)に同じ写真を投稿。久々のポドルスキとの再会を喜んでいた。 「久々にルーカスと再会。俺にとってかけがえのない親友であり、サッカー選手。彼からは多くの事を学び、たくさん笑わしてくれる男だ!国を越えて、また日本で一緒に闘える事を誇りに思う。」 2017.10.15 12:51 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和、決定力不足でACLへ不安を残すドロー…神戸はGKキム・スンギュの健闘に応えられず《J1》

▽14日に明治安田生命J1リーグ第29節の浦和レッズvsヴィッセル神戸が埼玉スタジアム2002で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで13勝5分け10敗で7位につける浦和(勝ち点44)と、12勝4分け12敗で10位につける神戸(勝ち点40)が激突した。前節のベガルタ仙台戦を3-2で勝利して3戦無敗中の浦和は、その一戦から先発メンバーを4人変更。槙野と遠藤、梅崎、ラファエル・シルバに代えて森脇と宇賀神、矢島、ズラタンを起用した。 ▽一方、前節のアルビレックス新潟線を2-0で勝利して、直近4試合で3勝1分けと好調をキープしている神戸は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。田中に代えて大森を起用した。 ▽18日にAFCチャンピオンズリーグ準決勝第2戦の上海上港戦を控える浦和にとって勝利して弾みをつけたい試合だったが、神戸があっさりと先制に成功する。4分、GKキム・スンギュのロングフィードが相手最終ラインの裏へ落ちると、走り込んでいた小川が宇賀神に競り勝って、ボックス内でGK西川との一対一を制した。 ▽先制に成功した神戸は、浦和を押し込み始める。15分、セカンドボールを拾った渡邉のパスを受けた大森がボックス内から右足を振り抜く。これは相手DFに当たってわずかにゴール上へと外れる。 ▽ここまでやや苦しい展開が続く浦和だったが、徐々に応戦し始める。18分、森脇のクロスを受けた興梠がボックス付近からボレーシュート。これはGKキム・スンギュに弾かれたが直後、クロスのこぼれ球を宇賀神がボックス左からミドルシュートを放つ。これをボックス内で待ち構えていた矢島が押し込んだ。 ▽同点に追いついた浦和は落ち着きを取り戻し、試合のペースを引き寄せ始め、ミドルシュートから果敢にゴールを狙う。しかし、神戸のシュートブロックに苦しみ、ゴールを脅かすことができない。 ▽対する神戸は38分、右サイドでボールを受けた藤谷が縦への仕掛けからクロスを供給。ニアサイドの小川がボレーシュートを放つが、枠を捉えきれない。 ▽1-1の同点のまま試合を折り返すと、浦和が攻勢を強める。57分、ボックス右の矢島からのクロスをボックス内のマウリシオがボレーシュート。これはGKキム・スンギュの正面に飛んでしまう。さらに63分、敵陣中央でパスを受けたマウリシオが右足を振り抜く。GKの前でワンバウンドする嫌なシュートを放つも、これもGKキム・スンギュに冷静に対応される。 ▽GKキム・スンギュの奮闘に応えたい神戸は73分、ルーカス・ポドルスキのサイドチェンジをボックス左の三原がワンタッチで中央へ。これを受けた田中が粘りのキープから最後は渡邉が左足でシュートを放つが、相手DFに当たってわずかにゴール左へと外れた。 ▽逆転を狙う浦和は83分、マウリシオからのロングパスを受けた森脇がボックス左手前からクロス。ゴール前中央の興梠が頭で合わせると、ボールは枠を捉えるも、ここもGKキム・スンギュがファインセーブで得点を許さない。さらに後半アディショナルタイム、浦和はビッグチャンスを迎える。GKキム・スンギュのクリアミスを敵陣中央で拾った興梠がドリブルで相手DFを一人かわしてボックス内からシュートを放つ。しかし、GKキム・スンギュの正面に飛んでしまう。 ▽さらに浦和は試合終了間際、最終ラインからの放り込みをマウリシオが頭で合わせるとバーに直撃。こぼれ球にラファエル・シルバが強引に押し込むが、ファウルの判定が下されてゴールとはならず、そのまま試合終了。1-1の引き分けで勝ち点1を分け合った。 2017.10.14 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルディ加入の神戸が社長交代…プロ野球・楽天の立花陽三社長が就任

▽ヴィッセル神戸は5日、楽天ヴィッセル神戸株式会社の社長交代を発表した。代表取締役社長の田中健一氏(49)が退任し、2017年10月1日付けで立花陽三(46)が代表取締役社長に就任した。 ▽ヴィッセル神戸の新社長に就任した立花氏は、東京都出身で、慶應義塾大学を卒業。1994年にソロモンブラザーズ証券会社に入社すると、ゴールドマン・サックス証券株式会社を経て、2010年にメリルリンチ日本証券株式会社へと入社。2012年に株式会社楽天野球団代表取締役社長に就任した。また、2015年から楽天ヴィッセル神戸株式会社代表取締役副会長を務めていた。 ▽立花氏は、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する株式会社楽天野球団の社長と兼務することとなる。楽天は今シーズンのプロ野球パ・リーグで3位が確定。クライマックスシリーズへと進出していた。 2017.10.05 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤ポルディ弾など2発で神戸が勝利! 最下位・新潟は16戦勝ちなし…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節のアルビレックス新潟vsヴィッセル神戸が30日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-2で神戸が勝利した。 ▽2勝6分け19敗で最下位に沈んでいる新潟(勝ち点12)は、直近15戦で勝利がない状況だ。とはいえ、過去のホームでの神戸戦の戦績は6勝5分けの無敗。抜群に相性が良いことを示している。残留争いという観点でも必勝の試合に向けて、新潟は2-2で引き分けた前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを1名のみ変更。富山に代えて、札幌戦で2得点の河田を、最前線で起用した。 ▽対する神戸(勝ち点37)は、11勝4分け12敗で10位につけている。直近の3戦で勝利がないものの、前節の川崎フロンターレ戦では激しいプレスで優勝争い渦中の相手に善戦。スコアレスドローに持ち込んだ。『新潟の本拠地では勝てない』というジンクスの打破に挑む一戦に、神戸は前節と同様のスタメンで臨んだ。 ▽試合の最序盤、河田が好調ぶりをアピールした。開始早々の1分、山崎のスルーパスに抜け出した河田が、GKとの一対一を迎える。シュートは阻まれたものの、鋭い動き出しで神戸のゴールを脅かした。11分には、ボックス左に侵攻した山崎がグラウンダーで中央に折り返し、小川がニアで合わせたが、わずかに枠を外れた。 ▽守備でも集中する新潟に対し、神戸はポドルスキがたまらずボランチの位置まで降りてボール回しに参加。15分には、そのポドルスキがドリブルで持ち上がり右サイドに展開し、ボールを受けた小川がクロス。反応した渡邉がシュートを放ったがDFにブロックされた。 ▽お互いにチャンスを作りつつも、決めきることはできず。試合は大きな動きをみせないまま折り返した。後半開始早々も、河田が気持ちをぶつけた。47分、敵陣浅い位置の左でボールを受けると、独力で切り込み倒れ込みながらも右足を振り抜いた。相手の虚を突いて作り出したチャンスだったが、シュートは枠を外れた。 ▽新潟が好機を迎えつつも得点を奪取できずにいると、53分に不運な形で得点が生まれた。神戸ボールの左CKの場面で、キッカーを藤田が務めると、インスイングのクロスを供給。ボールは渡邉をターゲットとしていたが、合わせることはできず。競り合った堀米に当たり、ゴールに吸い込まれた。 ▽フィニッシュまで持ち込まれる展開も多かった中、貴重な先制点を獲得した神戸は、あまりリスクをかけ過ぎないカウンター攻撃にシフト。84分には、カウンターの場面で抜け出した渡邉がボックス左に侵攻し、クロスを上げる。田中が反応してダイレクトシュートを放ったが、GKのファインセーブに阻まれた。 ▽神戸に良いムードが漂い始めると、試合終了間際に大物助っ人が力を見せ付けた。88分、左サイドでボールを持ったポドルスキは、ドリブルでカットイン。細かいタッチでDF4人を翻弄し、ボックス内に侵攻する。流れるように左足を振り抜きゴールに突き刺した。 ▽試合はこのまま終了し、新潟の攻撃を跳ね返し続けた神戸が勝利。この結果、新潟(勝ち点12)は最下位から浮上の兆しを示すことができず、16戦無勝利となった。対する神戸(勝ち点40)は、クラブ史上初めて、新潟のホームに乗り込んで勝利。嫌なジンクスを断ち切っている。 2017.09.30 17:41 Sat
twitterfacebook
thumb

大島が負傷交代の川崎F、神戸にドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のヴィッセル神戸vs川崎フロンターレが23日にノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで11勝3分け12敗で11位の神戸と、首位の鹿島アントラーズから勝ち点6差の2位につける川崎Fが対戦した。神戸は、2-0で勝利した前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同様の先発を起用。一方の川崎Fは、0-3で勝利した前節の清水エスパルス戦から長谷川と森谷に代えてエドゥアルド・ネットと阿部を起用した。 ▽先に決定機を迎えたのは神戸だった。8分、ボックス右手前でポドルスキが左足でクロスを入れると、正面の田中順がヘッド。このヘディングシュートが枠を捉えるも、GKチョン・ソンリョンのビッグセーブに遭って先制点とはならない。 ▽ハーフタイムにかけては好勝負が展開される。より前に出て行ったのは中村を中心に仕掛ける川崎Fだが、神戸の守備陣も粘り強く対応して得点を許さない。結局、オープンな展開も両者ゴールチャンスの少なかった前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半、川崎Fは55分にアクシデント。負傷でプレー続行不可能となった大島が担架でピッチを後にすることになり、代わりに森谷が投入される。 ▽すると、ペースを掴み始めた神戸が決定機を迎える。味方浮き球パスをゴールエリア右付近の渡邉がハーフボレー気味に叩く。しかし、ニアサイドを狙ったこのシュートは右ポストに直撃し、先制点とはならない。 ▽終盤にかけても一進一退の攻防が続く。川崎Fは78分、カウンターから最後はゴール正面の森谷が枠内シュートに持ち込む。だが、これはコースが甘く、神戸GKキム・スンギュのセーブに阻まれる。対する神戸は85分、ゴールエリア左付近のポドルスキが枠内シュートに持ち込むも、GKチョン・ソンリョンも好セーブを披露して得点を許さない。 ▽結局、試合は最後までスコアが動かないまま試合終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.09.23 20:55 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース