超ワールドサッカー

ガラタサライ監督も神戸行き浮上のポドルスキ残留を望む「残ると思っている」2017.02.02 23:18 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸への移籍が噂されたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだが、ガラタサライの指揮官も残留を願っていると語った。トルコ『ajansspor』が報じた。

▽今冬の移籍市場で神戸が獲得に動いていたポドルスキ。しかし、交渉がまとまらず、ガラタサライ側に売却の意思がなかったため、破談に終わったことが報じられていた。

▽チームを率いるヤン・オルデ・リーケリンク監督は記者会見でポドルスキの残留を望んでいると強調。可能性はゼロではないが、シーズン終了まではチームに残ると語った。

「ヨーロッパとトルコの移籍期間は終わったが、日本と中国はまだ終わっていない。ポドルスキが我々のチームに残ってくれるのは嬉しい。シーズン終了までは、残ってくれるだろう」

「ルーカス・ポドルスキは今我々と共にいる。我々には新たな移籍のチャンスがない。ここに残ってくれると考えている。実現していないオプションについて考えるのは正しいことではないが、私はポドルスキが残ると考えている」

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪が神戸を下し、グループB首位浮上!《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017グループBの第6節セレッソ大阪vsヴィッセル神戸が24日に行われ、1-0でホームのC大阪が勝利を収めた。 ▽グループBの上位対決となったこの試合。首位の神戸を勝ち点1差で追う2位のC大阪は前節1-0で勝利したアルビレックス新潟戦から、GKキム・ジンヒョン、マテイ・ヨニッチ、舩木、山口、清原、リカルド・サントスの6選手に代え、GK丹野、藤本、酒本、水沼、西本、澤上を起用して臨んだ。 ▽一方、ここまで4戦全勝の神戸はC大阪より消化が1試合少ないながらも首位に立ち有利な状況。2-1でヴァンフォーレ甲府に勝利した前節から藤谷、渡部、松下、中坂に代えて、高橋、伊野波、田中順、ウエスクレイを先発に起用した。 ▽序盤はパスを回しながら相手の出方を窺う両チーム。神戸はDFラインからパスを繋ぎながら攻撃を試みるが、なかなかシュートまで運べない。対するC大阪は、ロングボールを活用しながら、効果的な攻撃を見せる。 ▽すると11分、C大阪が敵陣中央左でFKを得ると、田中裕がロングボールをファーサイドへ送ると、木本が頭で折り返し、待ち構えた藤本が倒れ込みながらダイレクトシュート。勢いはなかったものの、GKキム・スンギュの手の届かないコースへ飛び、ネットを揺らしてC大阪が先制した。 ▽先制を許した神戸は、細かくパスを繋ぎながらC大阪ゴールへ迫るも、高い集中力を見せる守備陣を崩すことが出来ない。前半を通して、神戸がC大阪を押し込む時間がほとんどだったが、シュートまで持ち込むことが出来ず、1-0のまま後半へ向かう。 ▽迎えた後半も、神戸が小気味よくパスを回して相手を敵陣に押し込むが、決定的なパスが出せないため、思うようにシュートを打つことが出来ない。そんな中、渡邉やウエスクレイがシュートを狙うが、GK丹野を脅かすまでには至らず。 ▽時間が経つにつれて守備に重心を据えるC大阪が何度かカウンターで攻撃に転じると31分、そのカウンターを止めようとした三原が相手を倒してしまう。すでに1枚イエローカードを受けていた三原はこのプレーで退場に。1点を追う神戸が、一人少ない状況となった。 ▽それでも攻め続ける神戸は84分、右サイドのクロスに渡邉が頭で合わせると、シュートは枠を捉えたが、GK丹野のビッグセーブに遭い同点にすることはできなかった。 ▽終盤にかけても攻め続ける神戸だったが、粘り強いC大阪の牙城を落とすことが出来ずこのまま試合終了。前半のゴールを守り切ったC大阪が、神戸を下し逆転で首位に立った。 2017.05.24 22:23 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸がびわこ成蹊スポーツ大DF宮大樹の来季加入内定を発表

▽ヴィッセル神戸は23日、びわこ成蹊スポーツ大学のDF宮大樹(21)の来季からの加入が内定したことを発表した。 ▽大阪府出身の宮は、清明学院高校からびわこ成蹊スポーツ大学へと進学。2017年には全日本大学選抜にも選出されている。 ▽神戸は同選手の特徴について『サイズと身体能力の高さを活かした守備力と左足からの長短距離の精度の高いフィードで攻撃の起点にもなれるセンターバック』と紹介している。 ▽加入が内定した宮は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、びわこ成蹊スポーツ大学から来シーズン加入することになりました、宮大樹です。プロとしてのキャリアをヴィッセル神戸という素晴らしいクラブで始められる事を大変嬉しく誇りに思います。今まで支えてくれた指導者、仲間、そして家族、すべての方々に感謝しています。謙虚に直向きに、努力し続け、ヴィッセル神戸の勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.05.23 17:07 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京は永井の移籍後リーグ初弾実らず、神戸は終盤の猛攻を生かせず…上位進出を狙う両者の一戦は痛み分け《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節のヴィッセル神戸vsFC東京が20日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで6勝1分け4敗で8位につける神戸(勝ち点19)と、6勝1分け4敗で7位につけるFC東京(勝ち点19)が激突した。前節の鹿島アントラーズ戦を2-1で勝利し、公式戦4試合無敗と調子を上げている神戸は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。渡部に代えて伊野波を起用した。 ▽一方、前節の柏レイソル戦を1-2で敗れ、リーグ戦での連勝が「3」でストップしたFC東京は、その一戦から先発メンバーを3人変更。徳永と梶山、河野に代えて室屋と永井、田邉を起用した。 ▽同勝ち点で並ぶ両者の一戦は立ち上がり、アウェイの神戸がFC東京ゴールへと迫る。2分、松下からの浮き球のパスをゴール前左で受けた中坂が強引に反転し、左足でシュート。さらにその直後、大森からの左CKをニウトンが頭で合わせるも、2度のシュートをGK林に阻まれる。 ▽立て続けにチャンスを作られたFC東京だが14分、一瞬の隙から永井の移籍後リーグ初ゴールで先制点を奪う。敵陣中央で大久保嘉の縦パスを受けた前田がワンタッチで相手最終ラインの裏へとスルーパス。これに反応した永井がボックス右でGKキム・スンギュとの一対一を迎えると、ループシュートを放ち、左ポストを叩いたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽先制を許した神戸は20分、大森からの左CKをボックス中央のニウトンが下がりながら頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。しかし、この場面でニウトンが飛び出したGK林へのプッシングを取られてしまい、やや不可解な判定でゴールが取り消される。 ▽その後は、両軍入り乱れる展開となるも、互いに攻撃のアイディアを欠き、試合がこう着する。それでも、前半終盤、神戸に決定機が訪れる。40分、自陣からカウンターを発動。高橋峻がドリブルでボックス左手前まで駆け上がり、GK林を除いて2対1の状況を作ると、ファーサイドを走る渡邉へのパスを選択。しかし、このパスが渡邉と合わず、チャンスをフイにしてしまう。 ▽1点ビハインドで後半を迎えた神戸は56分、松下に代えてウエスクレイを投入し、攻撃の活性化を図る。迎えた63分、敵陣中央右でパスを受けたウエスクレイがドリブルを開始。2人をかわしてボックス右へと侵攻し、中央へ折り返す。最後はボックス中央の渡邉が右足でゴール左隅へと突き刺した。 ▽試合を振り出しに戻した神戸はこのゴールで勢いに乗る。66分、ボックス右手前からの中坂のクロスをファーサイドで渡邉が頭で合わせるが、これはGK林に阻まれる。 ▽流れを引き寄せた神戸は終盤、逆転ゴールを奪いに攻勢を強めるも、粘るFC東京ディフェンスの前に決め切ることができない。それでも後半アディショナルタイムにビックチャンス。91分、自陣中央でボールを拾ったウエスクレイがそのまま敵陣へと侵攻すると、ボックス右手前へスルーパス。これを受けた小林がカットインから左足を振り抜くも、GK林がファインセーブ。終了間際のボックス内での田中順のシュートも決め切ることができず、そのまま試合終了。 ▽FC東京は永井の移籍後リーグ初ゴールが実らず、対する神戸は終盤の猛攻を活かすことができず、上位争いに加わりたい両者の対決は痛み分けとなった。 2017.05.20 21:28 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸MF高橋秀人に第2子が誕生「日々の練習と育児に全力で努めていきます」

▽ヴィッセル神戸は17日、MF高橋秀人に第2子となる男の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、高橋の二男は4月18日に東京都杉並区の病院で誕生。体重は3,718グラムとのことだ。高橋はクラブを通じてコメントしている。 「無事に第二子が産まれたことを報告させていただきます。立ち会うことができ、言葉にはできない貴重な体験をさせていただきました。二児の父親としてより一層の責任感を持ち、日々の練習と育児に全力で努めていきます。これからもご声援よろしくお願いします」 ▽FC東京から今シーズン神戸に加入した高橋は、明治安田生命J1リーグで6試合に出場し1得点を記録している。 2017.05.17 17:56 Wed
twitterfacebook
thumb

5試合ぶりの勝利となった神戸、首位鹿島を下す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節鹿島アントラーズvsヴィッセル神戸が14日に行われ、2-1でアウェイの神戸が勝利した。 ▽現在2連勝中で首位を走る鹿島は、浦和レッズ相手に1-0で勝利した前節から、伊東、植田、金崎を代えて、町田、三竿、鈴木を先発に起用。一方、ここ4試合で1分け3敗と、開幕当初の好調ぶりが影を潜めている8位の神戸は、前節から、三原、ウエスクレイ、田中に代わり、松下、中坂、渡邉がスタメンに名を連ねた。 ▽開始5分、最初のチャンスは鹿島に訪れる。厳しいチェックでニウトンのパスミスを誘うと、これを奪ったペドロ・ジュニオールがドリブルでボックスまで持ち込み、そのままシュート。しかしGKキム・スンギュに弾かれ、得点には至らない。 ▽鹿島優勢かと思われたが、アウェイの神戸が先にスコアを動かす。10分、敵陣中央の右サイドでFKを得ると、キッカー松下が左足で挙げたクロスボールが、競り合いに行った鹿島DF西の頭に当たりオウンゴール。ラッキーな形で先制点を奪った神戸は、さらに首位の鹿島を突き放す。 ▽先制点を取った直後の14分、橋本が左サイド深くまで攻め込むと、そこからクロスを供給。DFのマークを上手く外した渡邊が頭で合わせて追加点をマークした。 ▽立て続けに2点を奪われてしまった鹿島は、28分に、ボックス外から遠藤が狙うが、僅かにゴールの右に外れて得点とはならず。前半のうちに、何とか1点でも返しておきたい鹿島だったが、36分には、渡邊にポスト直撃のシュートを打たれるなど、神戸に攻め込まれる展開で前半を終えた。 ▽迎えた後半、2点差を追う鹿島が先にチャンスを作る。57分、ボックス手前でレオ・シルバが、前半の交代で入った金崎にスルーパスを送ると、ゴールエリア右からシュート。GKに弾かれたところを、今度は鈴木が押し込むが、再びGKに阻まれ得点機を生かすことができない。 ▽79分にも鹿島にビッグチャンス。右CKをファーの昌子が中へ折り返すと、町田がダイレクトでボレーシュート。クロスバーに直撃して跳ね返ったボールを三竿が頭で押し込むが、ゴール手前でクリアされてしまう。 ▽さらに84分、ボックス手前中央でFKを獲得した鹿島は、キッカーの永木が右ポストを叩くシュートを放つ。こぼれ球に金崎が反応、さらにレアンドロもシュートを狙うが、得点を奪うことはできず。 ▽後半攻め続けた鹿島が、89分にようやく1点を返す。右サイドの西からグラウンダーのクロスが供給されると、これを中央のレアンドロが左足ダイレクトで合わせてゴール。アウト回転のかかったシュートは、GKキム・スンギュが防ぎ切れず、ゴールに吸い込まれた。 ▽同点にしたい鹿島はなおも攻めるが、追いつくまでには時間が足りず、1-2のまま試合は終了。早い時間帯で2点を奪った神戸が、そのまま逃げ切りに成功し、5試合ぶりの勝利となった。 2017.05.14 16:29 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース