ガラタサライ監督も神戸行き浮上のポドルスキ残留を望む「残ると思っている」2017.02.02 23:18 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸への移籍が噂されたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだが、ガラタサライの指揮官も残留を願っていると語った。トルコ『ajansspor』が報じた。

▽今冬の移籍市場で神戸が獲得に動いていたポドルスキ。しかし、交渉がまとまらず、ガラタサライ側に売却の意思がなかったため、破談に終わったことが報じられていた。

▽チームを率いるヤン・オルデ・リーケリンク監督は記者会見でポドルスキの残留を望んでいると強調。可能性はゼロではないが、シーズン終了まではチームに残ると語った。

「ヨーロッパとトルコの移籍期間は終わったが、日本と中国はまだ終わっていない。ポドルスキが我々のチームに残ってくれるのは嬉しい。シーズン終了までは、残ってくれるだろう」

「ルーカス・ポドルスキは今我々と共にいる。我々には新たな移籍のチャンスがない。ここに残ってくれると考えている。実現していないオプションについて考えるのは正しいことではないが、私はポドルスキが残ると考えている」

コメント

関連ニュース

thumb

神戸MF藤田直之に第三子となる長女が誕生「この度新しい家族が増えました!」

▽ヴィッセル神戸は14日、MF藤田直之に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。藤田にとっては初の女の子となる。 ▽藤田の長女は、12月12日に神戸市内の病院で誕生。2974グラムとのことだ。藤田はクラブを通じてコメントしている。 「この度新しい家族が増えました! まず無事に産んでくれた奥さんと無事に産まれてきてくれた子供に感謝したいです。より一層の責任感を持って精進していきます。今後とも応援宜しくお願いします!」 2017.12.14 19:44 Thu
twitterfacebook
thumb

元神戸指揮官のネルシーニョ氏がスポルチ・レシフェの監督に就任…2009年以来の復帰

▽ブラジル・セリエAのスポルチ・レシフェは12日、今シーズン途中までヴィッセル神戸で指揮を執っていたネルシーニョ氏(67)の監督就任を発表した。 ▽ネルシーニョ氏は、母国ブラジルの複数クラブで指揮を執った後、1994年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)のコーチに就任。1994年1月から1996年12月まで監督を務めた。その後ブラジルに帰国するも、2003年7月に再び来日し、名古屋グランパスの監督に就任。2005年9月まで指揮を執った。 ▽再び日本を離れると、サントスやコリンチャンスなどで監督を務め、2009年7月に柏レイソルの監督に就任。J2降格も経験したものの、2010年のJ2で優勝、2011年のJ1ではリーグ史上初となる昇格1年目での優勝を果たし、天皇杯も制覇。2013年にはナビスコカップも制し、国内3タイトルをクラブにもたらせた。 ▽2014年12月に柏の監督を退任すると、2015年からは神戸の監督に就任。タイトルこそ獲得できなかったが、チームのベースを作り、2016年の明治安田生命J1リーグ2ndステージでは2位につける躍進を見せていたが、今シーズンは大型補強を敢行するも、成績不振のために解任されていた。 ▽ネルシーニョ氏は会見で「日本では監督が外国人選手の獲得に責任を持つため、ブラジルの史上に注意を払わなければいけなかった。いつもチェックしており、情報を求めていた」とコメント。「国外にいたが、ブラジルのサッカーについて考えて、分析し続けていた。選手の獲得についても関与している。何人かの有名選手、若い選手も知っている。いくつか情報は持っているよ」とチーム立て直しに意欲を見せている。 ▽ネルシーニョ氏にとっては、2009年以来のスポルチ・レシフェ復帰となる。当時はカンピオナート・ペルナンブカーノ(ペルナンブーコ州選手権)の連覇に貢献。スポルチ・レシフェにとっては再びネルシーニョ氏の手腕に期待が懸かる。 2017.12.13 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】ポドルスキ加入に沸くもネルシーニョ体制終焉…積極補強実らず厳しい1年に…《ヴィッセル神戸》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第10弾はビッグネーム獲得を実現したヴィッセル神戸を総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209kobe_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●昨季得点王のFWレアンドロが長期離脱 ●元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが加入 ●今季3度目の3連敗でネルシーニョ監督解任 ●東北楽天ゴールデンイーグルス球団社長の立花陽三氏が新社長就任 ●吉田孝行監督の続投発表<hr>▽世界的なスタープレーヤー、FWルーカス・ポドルスキの加入で日本国内だけではなく、世界的な注目を集める1年となったが、ネルシーニョ体制3年目で更なるステップアップが期待された今シーズンは期待外れの9位という結果に終わった。 ▽ストーブリーグの時期からポドルスキ獲得報道で沸いた中、指揮官の教え子であるFW田中順也やDF渡部博文、MF大森晃太郎、MF高橋秀人など、各ポジションに実力者を迎え入れ、開幕4連勝と最高の滑り出しを見せた。だが、シーズンが進むにつれて開幕戦で重傷を負った昨季得点王のFWレアンドロの不在が響き攻撃陣が得点力不足に陥った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209kobe_7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽その後も度重なる負傷者の影響で守備を含めた全体の歯車が狂い始め、8月中旬には今季3度目の3連敗を受けて、ネルシーニョ監督の解任および吉田孝行ヘッドコーチの暫定指揮官就任が発表。吉田暫定政権では徐々に復調をみせ、ネルシーニョ監督解任時の11位から2つ上の9位でフィニッシュしたものの、開幕前の期待と費用対効果を考えれば、失望の1年だったと言わざるを得ない。 ▽今シーズンの低迷の要因に関しては、2度の離脱を強いられたエースFWレアンドロを筆頭に度重なる負傷者、3年目を迎えたネルシーニョ監督の求心力の低下なども一因に挙げられるが、ポドルスキやFWハーフナー・マイクをはじめ、期待外れに終わった攻撃陣の不調が一番の要因だ。とりわけ、守備面や組み立て、動き出しの部分で貢献が少ないアタッカー陣が要の決定力を欠き、チーム全体にマイナスの影響を与えていた印象だ。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209kobe_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>DF渡部博文(30) 明治安田生命J1リーグ33試合出場(先発33試合)/3得点<hr>▽新加入ながらシーズンを通して安定したパフォーマンスを継続し、最終ラインを支えてきた渡部が文句なしのMVPだ。今シーズン、ポドルスキやハーフナー・マイク、大森ら攻撃陣の補強が目立った神戸だったが、蓋を開けてみれば最も効果的な補強となったのが渡部だった。柏時代の恩師ネルシーニョ監督の解任を防ぐことはできなかったものの、持ち味の空中戦の強さ、堅実な守備を武器に得点力不足のチームを粘り強い守備で支えた。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「D」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209kobe_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽Jリーグ屈指の潤沢な資金を惜しげもなく使い、年俸6億円と言われるスーパースター、ポドルスキを始め、ハーフナー・マイク、MF大森晃太郎、FW田中順也、MFウェスクレイら攻撃陣に多くの実力者を獲得した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209kobe_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽しかし、補強の目玉となったポドルスキは7月加入というエクスキューズがあったものの、わずか5ゴールと期待外れの結果に終わり、攻撃陣の新戦力は一様に苦戦を強いられた。その一方で、DF岩波拓也の相棒として獲得した渡部は期待以上の活躍を見せた。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「D」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209kobe_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ネルシーニョ体制3年目で昨シーズンの7位を上回るクラブ最高順位更新と初タイトルを目指して大型補強を敢行したことを考えれば、9位という順位は大いに不満が残る。とりわけ、ストロングポイントになると思われた攻撃陣は、昨季得点王のFWレアンドロの長期離脱があったものの、昨季から16得点も少ない40得点と見かけ倒しの低調ぶりだった。 ▽それでも、渡部、岩波、GKキム・スンギュを中心とした守備陣が粘り強い守備をみせるなど、吉田孝行監督代行の下でやや復調傾向を見せたチームは、最終盤に3連敗を喫したものの、まずまずの形でシーズンを終えた。 ▽吉田監督続投となる来シーズンに向けては、より自由を与えられて調子を取り戻してきたポドルスキを中心とした攻撃陣の整備に加え、やや選手層に不安を抱える最終ラインや中盤に効果的な補強を行い、捲土重来のシーズンとしたい。 2017.12.09 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸FW渡邉千真に第一子となる長女が誕生「子供と一緒に成長していきたい」

▽ヴィッセル神戸は8日、FW渡邉千真に第一子となる長女が5日に誕生したことを発表した。 ▽出生地は神奈川県川崎市内の病院で、体重は3660グラムのこと。長女が誕生した渡邉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「我が家に新しい家族が増えました。出産に立ち会うことができたのは、この日まで一生懸命頑張ってくれた妻と娘のおかげです。二人に感謝するとともに、まだ新米パパではありますが、子供と一緒に成長していきたいと思います」 2017.12.08 14:51 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸が徳島に期限付き移籍のMF松村亮との契約満了を発表「プレーで恩返し出来るような選手になれるように」

▽ヴィッセル神戸は6日、徳島ヴォルティスへと期限付き移籍していたMF松村亮(23)との契約満了を発表した。徳島も期限付き移籍の終了を発表している。 ▽松村は、神戸U-18から2013年にトップチームに昇格。2015年に期限付き移籍で栃木SCへと移籍。2016年は神戸でプレーしていたが、今シーズンは徳島に期限付き移籍していた。徳島では、今シーズンの明治安田生命J2リーグで4試合に出場。神戸ではJ1通算24試合出場1得点、J2通算9試合1得点、リーグカップ通算12試合2得点を記録していた。松村はクラブを通じてコメントしている。 「ユースからヴィッセル神戸でプレーさせてもらい、自分を育ててくれたアカデミーの監督・コーチ、そしてプロになってからのスタッフはじめ、応援してくれていたファン・サポーターの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。このような形で神戸を離れるのはすごく残念ですが、他の場所でも今までの感謝の気持ちを忘れずにいつかまたプレーで恩返し出来るような選手になれるように頑張ります。今まで本当にありがとうございました」 ▽また、1年間期限付き移籍で在籍した徳島を通じてもコメントしている。 「1年間という短い時間でしたが、徳島ヴォルティスでプレー出来たことを嬉しく思います。徳島ヴォルティスをJ1にあげることを目標に徳島に来ましたが、その目標を達成出来ずにチームを離れることになってしまい申し訳ありません。もっと徳島のピッチでプレーしたかったですし、もっとサポーターの皆さんと勝利を分かち合いたかったです。徳島ヴォルティスの一員としてJ1昇格を目標に過ごせた1年間はとても幸せでした。本当にありがとうございました」 2017.12.06 10:22 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース