ガラタサライ監督も神戸行き浮上のポドルスキ残留を望む「残ると思っている」2017.02.02 23:18 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸への移籍が噂されたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだが、ガラタサライの指揮官も残留を願っていると語った。トルコ『ajansspor』が報じた。

▽今冬の移籍市場で神戸が獲得に動いていたポドルスキ。しかし、交渉がまとまらず、ガラタサライ側に売却の意思がなかったため、破談に終わったことが報じられていた。

▽チームを率いるヤン・オルデ・リーケリンク監督は記者会見でポドルスキの残留を望んでいると強調。可能性はゼロではないが、シーズン終了まではチームに残ると語った。

「ヨーロッパとトルコの移籍期間は終わったが、日本と中国はまだ終わっていない。ポドルスキが我々のチームに残ってくれるのは嬉しい。シーズン終了までは、残ってくれるだろう」

「ルーカス・ポドルスキは今我々と共にいる。我々には新たな移籍のチャンスがない。ここに残ってくれると考えている。実現していないオプションについて考えるのは正しいことではないが、私はポドルスキが残ると考えている」

コメント

関連ニュース

thumb

趙東建の1点を死守した鳥栖が勝ち点3! 神戸は今季初の連敗…《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸がベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽7節を終えて、2勝2分け3敗で13位につける鳥栖と、5勝2敗で3位につける神戸の一戦。前節のジュビロ磐田戦で終了間際の劇的ゴールで1-2と敗れた鳥栖は、その一戦から先発メンバーを3人変更した。高橋義と小野、ビクトル・イバルボに代えて原川と小川、趙東建を起用した。趙東建はリーグ戦初先発となった。 ▽一方、前節の柏レイソル戦でアディショナルタイムの失点により逆転負けを喫し、首位から陥落した神戸はその一戦から先発メンバーを3人変更。中坂と藤田に代えて橋本と高橋秀人を起用した。また、前節の退場で出場停止となった岩波の位置には北本が入った。 ▽前節、アディショナルタイムの悲劇を味わった両者の一戦は、立ち上がりからオープンな展開となる。神戸は6分、渡邉がドリブルでボックス右へと侵攻すると、右足でシュート。こぼれ球に反応した小林成豪がプッシュを試みるも、オフサイドの判定が下されてしまう。 ▽すると、ピンチを脱した鳥栖が一瞬の隙から先制点。9分、最終ラインからのロングバスを趙東建が頭で落とすと、パスを受けた豊田が最終ラインの裏にスルーパスを出す。これに反応した趙東建がボックス内でGKとの一対一を迎え、一度はGKキム・スンギュに弾かれるもこぼれ球を自ら左足で押し込んだ。 ▽先制を許した神戸は19分、左サイドでボールを受けた橋本がボックス左にスルーパスを供給。これに抜け出した小林成豪が切り返しから右足を振り抜くも、GK権田の好守に阻まれる。 ▽その後も攻勢を続ける神戸は30分、敵陣中央左でのルーズボールを橋本がヘディングで前線へ送ると、これが最終ラインの裏へと転がる。これに反応した小林成がボックス内でシュートを放つも、わずかにゴール右を外れる。失点後は神戸がペースを引き寄せるも、0-1のビハインドで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、ここまで押し込まれていた鳥栖が神戸へと迫る。48分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた鎌田がボックス手前に鋭いパスを供給。これを走り込んだ趙東建が収めて、GKとの一対一を迎えるも、カバーに入った高橋義希に身体を入れられてしまい、好機を逸してしまう。 ▽リードを広げたい鳥栖は62分、鎌田からパスを受けた福田が敵陣中央左からクロスを供給。これを中央の豊田がバックステップを踏みながらヘディングシュートで合わせるが、GKキム・スンギュのブロックに防がれる。 ▽対する神戸は63分、橋本のパスを受けた渡邉がボックス左から右足を振り抜く。強烈なシュートをGK権田が見送るも、右ポストに嫌われる。 ▽その後も勢いよくゴールに迫る神戸と、粘り強いディフェンスから速攻を仕掛ける鳥栖のオープンな展開が続くも1点が遠い両者。鳥栖は85分、趙東建に代えて小林祐を投入し、守備固めに入る。 ▽すると終盤、鳥栖が前がかりになった神戸ディフェンスの背後を突き、ダメ押しのチャンスを迎える。90分、自陣でのクリアボールを高橋義希が前線へ送ると、鎌田が反応。そのままボックス内へと侵攻し、フリーで右足を振り抜くが、わずかにゴール右を外れ、GKとの一対一を決め切ることができない。 ▽なんとか同点に追いつきたい神戸は後半アディショナルタイム2分、ボックス手前でセカンドボールを収めた田中順也がボックス右に流すと、高橋義希が右足を振り抜くも、GK権田の正面。最後まで鳥栖の牙城を崩すことができず、試合終了。趙東建の1点を守り切った鳥栖が勝ち点3を獲得した。一方の神戸は、今シーズン初の連敗を喫した。 2017.04.22 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

大津の劇的弾で柏が勝ち点3! 神戸は首位陥落...《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節、ヴィッセル神戸vs柏レイソルが16日にノエビアスタジアム神戸で行われ、柏が2-1で勝利した。 ▽6節終了時点で、5勝1敗で首位を走る神戸と、2勝4敗で15位につける柏の一戦。前々節の浦和レッズ戦(1-3で敗北)で初の黒星を喫したものの、前節の大宮アルディージャ戦では2-0できっちりと勝利し、首位をキープしている神戸は、大宮戦と同様のメンバーを起用した。 ▽一方、前節の清水エスパルス戦を0-2で敗れ、不安定なシーズンスタートを送っている柏は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ディエゴ・オリヴェイラに代えて伊東を起用した。 ▽試合は立ち上がり、好調の神戸が柏ゴールへと迫るものの、ラストパスに精度を欠き、シュートチャンスを作ることができない。対する柏は15分、左サイドからの手塚のパスを受けたクリスティアーノがボックス左から右足を振り抜くも、GKキム・スンギュが正面でこれを防ぐ。 ▽前半半ばに差し掛かると、柏が次第にペースを握る。すると28分、右サイドでのパスワークからボックス右外でパスを受けた小池がGKとDFの間に鋭いクロスを供給。これに反応していた大谷が左足でゴール左隅へ流し込んだ。 ▽先制を許した神戸だったが、すぐさま反撃を見せる。35分、ニウトンのパスで右サイドを抜け出した高橋峻がクロスを供給。これを走り込んだ小林が右足で合わせると、DFに当たってゴール左隅へ突き刺さった。 ▽後半に入ると、同点に追いつかれた柏が攻勢を強める。50分、敵陣中央でパスを受けた中川が右足で強烈なシュート。54分にはボックス右外からの伊東のクロスをクリスティアーノが頭で合わせるも、枠を捉えることができない。 ▽一方、柏レイソルに押し込まれる展開が続く神戸は65分、渡邉に代えて田中を投入。すると69分、左サイドから藤田がロングスローで放り込むと、こぼれ球を拾った田中がボックス手前から左足を振り抜く。しかし、これはわずかにゴール右を外れる。 ▽この交代から徐々に神戸がペースを引き寄せると、カウンターから決定機を迎える。78分、左サイドでボール受けた大森が縦への仕掛けからクロスを入れると、ゴール前で大槻が頭で合わせるも、ブロックに入った細貝に防がれる。 ▽ところが、流れが良かった神戸にアクシデント。86分、岩波がクリスティアーノを倒すと、この日2枚目となるイエローカードで退場。それでも、攻勢に出る神戸だったが、得点を奪うことはできず。 ▽このまま試合終了かと思われた試合は、意外な形で決着が着く。後半アディショナルタイム2分、右サイドでボールを受けたクリスティアーノが縦への仕掛けから右足でクロス。これがゴールの方向へ飛ぶと、左ポストに直撃。ゴール前に跳ね返ったボールを大津が収めて右足でボレーシュートを放つと、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽これが決勝点となり、そのまま試合終了。大津の劇的ゴールで柏が勝ち点3を奪取。一方、土壇場で勝ち点を落とした神戸は首位陥落となった。 2017.04.16 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸に屈した横浜FMが連敗《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第2節、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が12日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で神戸が勝利した。 ▽初戦で黒星スタートとなった横浜FMと、これがグループ最初の試合となる神戸が対戦した。栗原がキャプテンの横浜FMは、ルーキーの高野を左サイドバックのポジションで起用。一方、J1リーグで首位を快走する神戸は、大槻と渡邉の2トップで試合に入った。 ▽試合序盤は一進一退の攻防となる。神戸は、12分に高い位置でのボール奪取からチャンス。ペナルティアーク手前で藤田から横パスを受けた田中順が、得意の左足を振る。しかし、鋭いミドルシュートは、わずかに枠を捉えることができない。 ▽しかし、神戸は次のチャンスをモノにする。16分、高橋秀がハーフウェーライン付近で出したスルーパスで大槻が最終ライン裏に抜け出す。ボックス外に飛び出してきたGK杉本を冷静にかわした大槻が無人のゴールにシュートを流し込み、神戸がスコアを1-0とした。 ▽ハーフタイムにかけても神戸が押し気味に試合を進める。流れをつかめない横浜FMは、41分にCKからゴール前の中島が枠内シュートに持ち込む場面があったものの、神戸GK徳重の好処理に遭い、チャンスを生かせず。神戸が1点リードしたまま前半が終了する。 ▽迎えた後半、前に出た横浜FMは65分に吉尾に代えてウーゴ・ヴィエイラを投入。72分には、ボックス左で仕掛けた伊藤がカットインシュートに持ち込む。しかし、DFにブロックされたシュートは、わずかに枠の左にはずれる。 ▽同点弾が欲しい横浜FMは、76分に中島を下げて17歳のMF山田康太を送り出す。リスクを冒す横浜FMは80分、高い位置でのボール奪取から、ペナルティアーク付近の新井がミドルシュート。しかし、これも惜しくもゴール上にそれていく。 ▽すると、耐えた神戸が大きな2点目を手にする。田中順の右CKにニアサイドの小林がヘッド。これがゴール右に突き刺さり、神戸がスコアを0-2とした。 ▽結局、試合はそのまま終了。神戸が初戦をモノにした一方、横浜FMは第1節に続く敗戦で連敗スタートとなっている。 2017.04.12 21:27 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸、首位キープ…中坂の2戦連発弾に岩波弾で迷走の大宮撃破《J1》

▽8日にNACK5スタジアム大宮で行われた明治安田生命J1リーグ第6節の大宮アルディージャvsヴィッセル神戸は、アウェイの神戸が2-0で勝利した。 ▽クラブワーストの開幕5連敗で最下位に沈む大宮と、4勝1敗で首位に立つ神戸が激突した。大宮は前節からドラガン・ムルジャ、菊地に代えて、清水、山越を先発起用。対する神戸は、田中に代えて、中坂をスタートからピッチに送り込んだ。 ▽互いに[4-4-2]のフォーメーションを用いたミラーゲームは、攻め手を探る大宮と効率よくシュートに持ち込む神戸という構図で立ち上がる。その中で、14分には大宮に決定機が巡ってくるが、ボックス中央で反応した江坂のシュートはGKにブロックされてしまう。 ▽その後、苦しい時間帯を経て、単発ながら攻撃の形を見いだしていった大宮だったが、先制したのは神戸。37分、奥井のパスをカットした渡邉がボックス内までドリブルでボールを持ち運び、左足でグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前の中坂がワンタッチで押し込んだ。 ▽中坂の2戦連発弾でリードした神戸は後半も優位に進めると、53分に2点目。敵陣左からのロングスローがゴール前の混戦を生み、ファーサイドにいた岩波のもとにボールが流れる。岩波が落ち着いて右足を振り抜き、カバーに入った横谷に当たってそのままゴールマウスに吸い込まれた。 ▽2失点目を許した大宮は、大前と長谷川アーリアジャスールに代えて、ドラガン・ムルジャと黒川、さらに最後の交代枠で金澤から岩上にスイッチ。しかし、勢いに乗る神戸の攻撃に手を焼き、なかなか反撃のリズムを作り出すことができない。 ▽結局、最後まで大宮を相手に内容でも圧倒した神戸が2試合ぶりの白星で今シーズン5勝目。敗れた大宮は、4試合連続の無得点に終わり、開幕から泥沼の6連敗となっている。 2017.04.08 16:58 Sat
twitterfacebook
thumb

柏木2G1Aの浦和が開幕4連勝の神戸を叩く《J1》

▽1日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第5節のヴィッセル神戸vs浦和レッズは、アウェイの浦和が3-1で勝利した。 ▽第4節終了時点で唯一の開幕4連勝で首位に立つ神戸と、2勝1分け1敗で6位の浦和が対峙した。クラブ初タイトルに向けて好スタートの神戸は、松下と小林を起用。対する浦和はラファエル・シルバが欠場となり、興梠、武藤、李の顔ぶれを前線に並べた。 ▽今後のタイトルレースを占うであろう一戦。序盤からボールの主導権を握った浦和が能動的に試合を進めるが、対する神戸も奪いどころを定めた前からのプレッシングと鋭いカウンターで応戦する展開となる。しかし、互いに決定打演出に至らず、ゴールレスでハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半も前半と似た展開で進むが、59分に武藤から駒井にスイッチした浦和が均衡を破る。右サイドからのパスにバイタルエリア中央で反応した興梠が潰れ役になり、こぼれ球に柏木が反応。細かいタッチで相手を撹乱し、左足のつま先で放ったシュートが神戸のゴールネットを揺らした。 ▽ついにスコアを動かした浦和は64分に左CKのチャンスを獲得。キッカーの柏木が左足でクロスを送ると、正面の遠藤が高い打点のヘディングシュートを放つ。これがGKキム・スンギュの右側に抜け、そのままゴール右に吸い込まれた。 ▽早いうちに1点を返したい神戸は66分に田中を下げて大槻を投入。その直後に、ニウトンが藤田のクロスに頭で合わせるが、惜しくも右ポストに嫌われてしまう。その流れから味方がこぼれ球に詰め寄るが、押し込み切ることができない。 ▽後がない神戸は71分に大森から中坂にスイッチ。すると、81分にはディフェンスライン裏のパスに走り込んだ中坂が拾い、飛び出した西川を悠々と交わして、ボックス内からGK不在の浦和ゴールマウスに流し込み、神戸が1点差に詰め寄る。 ▽しかし、浦和は後半アディショナルタイムに宇賀神のアシストから柏木が試合を決定付ける3点目。柏木の2ゴール1アシストの活躍により、開幕から勝ち点3を積み上げ続ける神戸を叩いた浦和が、勝ち点2差に迫った。 2017.04.01 18:04 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース