ガラタサライ監督も神戸行き浮上のポドルスキ残留を望む「残ると思っている」2017.02.02 23:18 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸への移籍が噂されたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだが、ガラタサライの指揮官も残留を願っていると語った。トルコ『ajansspor』が報じた。

▽今冬の移籍市場で神戸が獲得に動いていたポドルスキ。しかし、交渉がまとまらず、ガラタサライ側に売却の意思がなかったため、破談に終わったことが報じられていた。

▽チームを率いるヤン・オルデ・リーケリンク監督は記者会見でポドルスキの残留を望んでいると強調。可能性はゼロではないが、シーズン終了まではチームに残ると語った。

「ヨーロッパとトルコの移籍期間は終わったが、日本と中国はまだ終わっていない。ポドルスキが我々のチームに残ってくれるのは嬉しい。シーズン終了までは、残ってくれるだろう」

「ルーカス・ポドルスキは今我々と共にいる。我々には新たな移籍のチャンスがない。ここに残ってくれると考えている。実現していないオプションについて考えるのは正しいことではないが、私はポドルスキが残ると考えている」

コメント

関連ニュース

thumb

ポドルスキが写真の不正利用に対し法的措置を検討…ジェットスキーの写真が問題に

▽ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、自身の写真利用に関して法的措置を検討しているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽報道によると、右翼系のウェブサイト『ブライトバート』が不法入国に関する記事をアップした際、ポドルスキの写真を利用したとのこと。記事の内容は「スペインの警察当局がジェットスキーに乗せて不法移民を入国させていた」というものだった。 ▽現在は記事が訂正され、ポドルスキへの謝罪も行わたものの、ポドルスキは弁護士に対し、この件を調査するように依頼しているとのことだ。 ▽『ブライトバート』は新たな写真を掲載した記事に対し、編集者からの謝罪文をあわせて掲載している。 「この記事の前のバージョンには、ジェットスキーに乗るルーカス・ポドルスキの写真が含まれていました。この写真は、ジェットスキーの人物として掲載していました」 「ブライトバート・ロンドンは、ポドルスキ氏に謝罪したいと考えています。ポドルスキ氏は、移住者団体のメンバーでも、人身売買に関わっているという証拠も一切ありません。国際舞台から引退したポドルスキ氏の活躍を願っています」 2017.08.22 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

監督交代の神戸、ポドルスキ不発も横浜FMにドローで連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが20日にノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで9勝2分け11敗で11位に位置する3連敗中の神戸と、同13勝4分け5敗で3位につける3連勝中の横浜FMが相まみえた。先日にネルシーニョ監督を解任して吉田孝行コーチを昇格させた神戸は、0-1で敗れた前節のFC東京戦から橋本と田中英に代えて松下と大森を起用。一方の横浜FMは、1-0で勝利した前節のサガン鳥栖戦と同様の先発メンバーを並べた。 ▽試合序盤はホームの神戸が能動的に仕掛けていく。なかなか決定機を演出できない神戸だが、17分にゴールへ近づく。右サイドの深い位置から藤田がゴール前にロングスローでボールを供給。ダイレクトで合わせた渡部がヘディングシュートをゴール右上に飛ばしたが、これはGK飯倉のファインセーブを前に先制点とはならない。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。横浜FMは21分、山中が左サイドから入れたグラウンダークロスにペナルティアーク付近に走り込んだ松原が反応。左足でダイレクトシュートに持ち込んだが、これはわずかにバーの上にはずれる。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、先にチャンスを演出したのは横浜FMだった。49分、右サイドをドリブルで突破したマルティノスが一気にボックス右深くまで侵入。最後はマイナスの折り返しを正面のウーゴ・ヴィエイラがダイレクトで叩いたが、これはDFにブロックされた。 ▽終盤にかけて神戸を押し込んだ横浜FMは65分、ミドルレンジから扇原が左足を一閃。これが枠を捉えるが、GKキム・スンギュにセーブされる。さらに79分にも横浜FMに決定機。ボックス右でボールを受けたマルティノスの折り返しに正面の富樫が飛び込んだが、ミートしきれずシュートは枠に飛ばない。 ▽その後、神戸は不発のポドルスキを下げてハーフナー・マイクを投入。終盤は比較的オープンな展開となったが、両者共に最後までネットを揺らすことができず、試合終了。神戸が辛くも連敗を3試合で止めた一方、横浜FMは連勝が3試合でストップした。 2017.08.20 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】監督交代の神戸、好調・横浜FMを迎え撃つ港町対決《神戸vs横浜FM》

▽20日、明治安田生命J1リーグ第23節のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスがノエビアスタジアム神戸で行われる。 ▽加入前から大きな話題を呼んだ元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ擁する神戸だったが、中断期間明け初戦の大宮アルディージャ戦で快勝を収めるも、その後は3連敗。3年目を迎えていたネルシーニョ監督が解任される事態に陥っている。一方の横浜F・マリノスは12戦無敗。9勝3分けと勝ち点を伸ばし、首位の鹿島アントラーズと勝ち点差3の3位に迫っている。 <span style="font-weight:700;">◆明暗分かれる両チームが激突</span> ▽初戦で2ゴールを記録し、ファン・サポーターの心をガッチリ掴んだポルディだったが、続く3試合では不発。加入に湧いたあの頃が遠い昔に感じるほどチームは不振を極め、現在3連敗と目標であった優勝が絶望的になっている。Jリーグ屈指の名将でもあったネルシーニョ監督を解任し、今節からはヘッドコーチを務め、かつて神戸でもプレーした吉田孝行氏が暫定監督に就任。古巣でもある横浜FMが初陣の相手となったのも何かの縁だろうか。 ▽対する横浜FMは、シーズン序盤のつまづきが嘘のような好調ぶり。5月14日の第11節ヴァンフォーレ甲府戦で3連敗をストップさせると、前述の通り12戦無敗。ここ3試合はクリーンシートで3連勝と、再び波に乗り出した。前回対戦では2-0で勝利しているだけに、しっかりと勝って首位奪取を目指したい。 <span style="font-weight:700;">◆新監督が穴をどう埋めるか〜ヴィッセル神戸〜</span> ▽シーズン前にリーグタイトルを掲げて船出した神戸にとって、ここでの指揮官交代は大きな誤算と言える。ルーカス・ポドルスキ、ハーフナー・マイクと今夏加入した選手がフィットし切れていないこともあるが、最も計算外だったのは主力選手の相次ぐ負傷離脱だろう。しかし、そこに手を打たなかったことは少々疑問が残る。 ▽それでも、MF藤田直之やMF高橋秀人が復帰。結果こそ出ていないが、戦力が戻ってきた。ポドルスキやハーフナーを含め、今一度チームが1つになることが、再浮上のキッカケになるはず。ヘッドコーチとしてチームを見てきた吉田暫定監督の下、勝利だけを目指して戦う。 <span style="font-weight:700;">◆見えてきた頂、一気に掴むか〜横浜F・マリノス〜</span> ▽22試合で17失点、リーグ屈指の守備力はお見事の一言だ。無敗を続ける12試合で複数失点は第19節の清水エスパルス戦のみ。7試合は無失点で全勝と、隙が見つからない。世界を知るポドルスキを相手にすることになるが、しっかりと組織で守ることができれば、今の横浜FMにとっては抑えることも難しいことではないだろう。 ▽さらに、ポジションを1つ上げたMF天野純が好調を維持。ゲームメイクだけでなく、得点も奪えてきた。また、控えの時期も続いたウーゴ・ヴィエイラはスコアラーとして継続的に活躍。12戦無敗で無得点試合がないことも、好調を維持できている要因の1つだ。となると、期待したくなるのはエースMF齋藤学のリーグ戦初ゴール。しっかりとした守備を構築し、今節も勝ち切って首位浮上を目指す。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ヴィッセル神戸</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170818_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・スンギュ DF:藤谷壮、岩波拓也、渡部博文、橋本和 MF:小川慶治朗、藤田直之、高橋秀人、田中英雄 FW:渡邉千真、ルーカス・ポドルスキ 監督(暫定):吉田孝行<hr>▽吉田新体制の初陣は、組織的な守備をベースにメンバーを組んでくると見る。4バックとも3バックともとれるメンバーを揃え、[4-4-2]、[3-4-1-2]を併用。3バックの際は、高橋秀人が下がり、藤谷壮と橋本和が1列前へ。藤田直之、田中英雄がボランチに入る。2トップはルーカス・ポドルスキと小川慶治朗になり、渡邉千真がトップ下に入るイメージだ。大森晃太郎やニウトン、ハーフナー・マイクは後半に攻撃のアクセントとして起用か。まずは、不用意な失点を避けることを優先するだろう。 <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170818_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:マルティノス、天野純、齋藤学 FW:ウーゴ・ヴィエイラ 監督:エリク・モンバエルツ<hr>▽いつものメンバーだ。堅守を誇る守護神と最終ラインはいつものメンバー。右サイドバックの松原健は守備が安定しはじめ、左サイドバックの山中亮輔は攻撃面で持ち味を発揮しつつある。また、ボランチには喜田拓也と扇原貴宏のコンビを採用。ルーカス・ポドルスキを抑える上では、攻撃寄りの喜田も持ち前の粘り強さで守備タスクをこなす必要がありそうだ。2列目もいつも通りのメンバー。マルティノス、齋藤学は試合中に入れ替わる可能性もあり、天野純が全てをコントロール。ウーゴ・ヴィエイラの2戦連発にも期待がかかる。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWルーカス・ポドルスキ</span>(ヴィッセル神戸)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170818_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽デビュー戦で2ゴールとインパクトを残したものの、その後3試合は不発に終わっているFWルーカス・ポドルスキを選出。個の能力の高さは誰もが認めるところだが、チーム戦術にフィットしているとは言い難い。古巣対戦ともなるFW渡邉千真とのコンビが冴え渡れば、リーグ屈指の攻撃力を発揮するはずだ。自身がボールを捌くシーンが多く見られるが、最前線でプレーする怖さは、他の選手の比ではない。リーグ屈指の堅守である横浜FMを相手に、左足が4試合ぶりに火を放つか注目が集まる。 <span style="font-weight:700;">◆FWウーゴ・ヴィエイラ</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170818_27_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMは、1トップに入ると予想されるFWウーゴ・ヴィエイラに注目。前節のサガン鳥栖戦では、山中亮輔のシュートに反応し泥臭くゴール。チームを3連勝に導いた。前回の神戸戦でもゴールを決めているウーゴ・ヴィエイラは、得点を奪う能力に優れており、常にゴールの可能性を感じさせる横浜のスコアラー。MF齋藤学やMFマルティノス、MF天野純とのコンビで、神戸のゴールをこじ開ける。 <span style="font-weight:700;">◆港町のプライドを懸けた一戦</span> ▽対照的なチーム状態の両者は、港町同士でもあり、ライバル関係にもある。神戸は今年1月1日に開港150周年を迎え、ピンクをモチーフとした記念ユニフォームで横浜FM戦も戦う。一方の横浜は、今年で開港158周年。港町としては神戸よりも先を行く。他会場の結果によっては、今節での首位浮上もあるだけに、しっかりと勝ち点3を積み上げたいところだ。 ▽監督交代という“劇薬”を投じた神戸と、自分たちのスタイルで結果を残し続けている横浜FM。変化を付けるであろう神戸に、横浜FMの守備陣がしっかりと対応できるのか。そしてルーカス・ポドルスキ相手にどのような守備をみせるのか。港町対決は、20日(土)の18時30分にキックオフを迎える。 2017.08.18 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルディ補強の神戸がネルシーニョ監督解任を発表…後任はヘッドコーチを務める吉田孝行氏が昇格

▽ヴィッセル神戸は16日、ネルシーニョ監督(67)の解任を発表した。後任にはヘッドコーチを務めていた吉田孝行氏が昇格する。 ▽2015年から神戸を率いたネルシーニョ監督。3年目を迎えた今シーズンは、開幕から4連勝を飾るなど好調な出だしとなったが、その後は白星を重ねられず。また今夏には得点力不足を快勝するために元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキや元日本代表FWハーフナー・マイクらを獲得したが、チームは13日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節のFC東京戦に敗れて今季3度目の3連敗。22試合を終えて9勝2分け11敗の勝ち点29で11位と低迷していた。 ▽解任されたネルシーニョ監督は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ファン・サポーターの皆さま、これまでのすべてのサポートと応援に心から感謝します。残念ながら目指していた目標を達成することができませんでしたが、チームとしてフットボールのタイトルを獲得するための大きな成長を私は見ることができました。しかし、プロとして皆さんの期待に応えられなかったことに大きな責任を感じています。ただ、それと同時にプロとして沢山の経験を積み、人として強くなることができました。また、メディアの皆さま、いつも色々な話を聞いてくださり、愛情と大きなリスペクトを感じることができました。本当にありがとうございました」 ▽また、後任の吉田監督もクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「この度、ネルシーニョ監督の後任として指揮を執ることになりました。これまで前監督が築き上げてきた基盤とサッカーへの情熱を受け継つぎ、スタッフ・選手が一丸となって戦っていきます。勝利を追求する姿勢を示して今シーズンを戦い抜きたいと思います。クラブスポンサー、ファン・サポーターの皆さまのなお一層のご声援をよろしくお願いいたします」 2017.08.16 10:53 Wed
twitterfacebook
thumb

試合終盤のウタカ弾でFC東京が2連勝!! 敗れた神戸はポルディ不発で3連敗…《J1》

▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節のFC東京vsヴィッセル神戸が味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、10位のFC東京(勝ち点30)と11位の神戸(勝ち点29)による、中位に並ぶ2チームの対戦となった。 ▽前節の大宮アルディージャ戦で7試合ぶりの白星を飾ったFC東京は、その試合から4人を変更。GK林、DF吉本、MF米本、FW中島に代えてGK大久保択、DF徳永、MF東、FW大久保嘉を起用した。 ▽対する神戸は前節、鹿島アントラーズに敗れて2連敗。その試合から変更は1名だけで、MF大森に代えて田中を起用した。なお、元FC東京のMF高橋、FW渡邉は揃って先発出場となっている。 ▽試合は神戸が良い入りを見せると、3分にはルーカス・ポドルスキが倒されて得たFKを自身で狙う。しかしこのシュートは壁に当たり、こぼれ球を拾った藤田のシュートもディフェンダーにブロックされた。押し込まれるFC東京は、大久保嘉が積極的に裏を狙う姿勢を見せると、9分にはGK大久保択のロングボールに抜け出す。しかしここはオフサイドの判定でチャンスを作れない。 ▽神戸は15分、左サイドからのロングスローを起点にセカンドボールを拾った橋本がクロス。渡部がこのボールに頭で合わせるが枠を捉えきれず。19分にはスルーパスに抜け出した小川がボックス内からシュートを放つがGK大久保択の飛び出しに阻まれた。FC東京は27分に決定機を作り出すが、高萩のパスに抜け出した東のトゥキックはGKキム・スンギュがブロックしてゴールとはならず。 ▽その後も神戸が主導権を握り、チャンスを作っていったがゴールを奪えない。FC東京は前半終盤の40分に右サイドの室屋が入れたグラウンダーのマイナスのクロスに東が合わせたが、ボールはクロスバーを大きく越える。結局前半はそのままゴールレスで終えた。 ▽神戸はハーフタイムで小川を下げてハーフナー・マイクを投入するなど前線のユニットを変更。対するFC東京は前半の11人が後半もピッチに立った。すると最初のチャンスはFC東京で、49分にボックス手前でボールを受けた前田が、中央に流れながら右足を振り抜く。しかしこのシュートはGKキム・スンギュに弾かれてゴールとはならなかった。 ▽対する神戸は52分、自陣からのロングボールを相手陣内左でルーカス・ボドルスキがキープ。後方から走り込んだ渡邉がこの落としを受けてシュートを狙うが、GK大久保択の正面をついた。すると今度はFC東京にチャンス。55分にボックス左でパスを受けた高萩が右足でシュートを狙う。しかしボールは枠を捉えきれず、FC東京は先制のチャンスを逸した。 ▽一方の神戸は70分に渡邉が頭ですらしたボールに抜け出したハーフナー・マイクがループシュートを沈める。しかし、ハーフナー・マイクがDFを倒した場面でファウルを取られており、ノーゴールの判定となった。神戸はさらに74分、ルーカス・ポドルスキを起点として渡邉がシュートチャンスを迎えたが、DFにブロックされてボールを飛ばせず。 ▽FC東京も76分に、途中出場のピーター・ウタカが出したスルーパスに室屋が反応。ボックス右から中央にパスを入れて、最後は橋本が合わせたがディフェンダーのスライディングに阻まれた。しかし試合終盤の88分、遂に動く。大久保嘉のスルーパスから右サイドの深い位置まで侵入した室屋がグラウンダーのボールを入れる。最後はピーター・ウタカが楽々と押し込んでFC東京が先制した。 ▽結局このゴールが決勝点となり、FC東京は2連勝を飾り、神戸は3連敗となった。 2017.08.13 21:12 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース