ガラタサライ監督も神戸行き浮上のポドルスキ残留を望む「残ると思っている」2017.02.02 23:18 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸への移籍が噂されたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだが、ガラタサライの指揮官も残留を願っていると語った。トルコ『ajansspor』が報じた。

▽今冬の移籍市場で神戸が獲得に動いていたポドルスキ。しかし、交渉がまとまらず、ガラタサライ側に売却の意思がなかったため、破談に終わったことが報じられていた。

▽チームを率いるヤン・オルデ・リーケリンク監督は記者会見でポドルスキの残留を望んでいると強調。可能性はゼロではないが、シーズン終了まではチームに残ると語った。

「ヨーロッパとトルコの移籍期間は終わったが、日本と中国はまだ終わっていない。ポドルスキが我々のチームに残ってくれるのは嬉しい。シーズン終了までは、残ってくれるだろう」

「ルーカス・ポドルスキは今我々と共にいる。我々には新たな移籍のチャンスがない。ここに残ってくれると考えている。実現していないオプションについて考えるのは正しいことではないが、私はポドルスキが残ると考えている」

コメント

関連ニュース

thumb

神戸主将ポルディ「イニエスタ加入は激アツ」

▽ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)との共演に心を躍らせた。 ▽バルセロナが誇るマエストロとして名を馳せたイニエスタは、今シーズン限りでの退団が決定。移籍先として、一時中国行きが盛んに取り沙汰されたが、ここに来て神戸入りの可能性が高まっており、24日に来日とも報じられている。 ▽現在、ケガを理由に一時帰国しているポドルスキ。ドイツ『エクスプレス』によれば、イニエスタの神戸移籍報道について問われると、次のように語った。 「イニエスタは素晴らしい選手。あらゆるチームが求めるぐらいだ。彼ならどこに行っても歓迎されるだろう。彼が来るとなれば、とてつもなく熱いことだ。彼のような選手とのマッチアップもすごいことだけど、同僚になるとなれば、僕にとっても1つのハイライトになるだろうね」 「名前だけじゃチームを上に導くことはできない。中国での現状がそれを物語っている。常にコンセプトがはっきりしていないとダメだ。チームはポルディやイニエスタがいなくなっても安定感を維持しないとならない。だから、神戸は多くのインフラ整備に努めているんだ」 2018.05.22 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸入り報道が過熱するイニエスタが来日へ

▽バルセロナでのラストゲームを終えたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が、来日することになるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今シーズン限りでバルセロナを退団するイニエスタは、中国スーパーリーグへの移籍が噂されていたものの、現在はJリーグのヴィッセル神戸入りが濃厚と報じられている。 ▽今シーズンからバルセロナのスポンサーになった楽天株式会社が保有することでも共通するバルセロナと神戸。『アス』によると、月曜日から水曜日まで日本に滞在するとのことだ。 ▽21日に発表されたロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表にも招集されているイニエスタ。スペイン代表合流前に来日し、その後はワールドカップへ向けて集中するとのことだ。 ▽神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが所属しており、かつてはバルセロナでもプレー経験があるミカエル・ラウドルップ氏(1996-97)がプレー。ビジャレアルやレアル・マドリーで指揮を執っていたスペイン人指揮官のベニート・フローロ氏が1998年に指揮をしていたクラブとしても知られている。 2018.05.21 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

9人の札幌、無敗記録は「11」でストップ…ウェリントン2G2Aの活躍で神戸が完勝! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が20日にノエビアスタジアム神戸で行われ、4-0で神戸が勝利した。 ▽前節のジュビロ磐田戦を2-0で制した7位・神戸(勝ち点19)は、1-1で引き分けたミッドウィークのYBCルヴァンカップ サガン鳥栖戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGKキム・スンギュ、最終ラインに渡部、チョン・ウヨン、高橋、ティーラトン、中盤に三田、藤田、田中、大槻、最前線にウェリントン、渡邉を起用した。 ▽リーグ11試合負けのない3位・札幌(勝ち点26)も、0-3で完敗したミッドウィークのYBCルヴァンカップ 清水エスパルス戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGKク・ソンユン、最終ラインに福森、キム・ミンテ、進藤、中盤に深井、宮澤、駒井、チャナティップ、菅、三好、最前線に都倉を起用した。 ▽9分、神戸が右CKを獲得。キッカーの藤田が右足で質の高いクロスを供給すると、DFキム・ミンテのマークを振り切ったウェリントンが頭でボールを捉える。高い打点から放たれたヘディングシュートがゴール右隅を捉え、神戸が先制に成功した。 ▽同点を目指す札幌はサイドからのクロスを主体に攻め込もうとするが、神戸の強固な守備に苦しみなかなかシュートに繋げることができない。 ▽すると23分、神戸がまたしても札幌ゴールに襲い掛かる。ボックス左でボールを持った田中が、中央にグラウンダーのボールを折り返す。ウェリントンが右足のダイレクトシュートを放つと、札幌DFに当たって軌道の逸れたボールがネットを揺らした。 ▽37分、札幌は右CKを獲得。キッカーの福森がインスウィングでファーにボールを供給すると、後方にポジションを取っていた菅が左足でボレーシュートを放つ。しかし、このシュートは枠を捉えることができず、得点には繋がらない。 ▽ビハインドで折り返した試合、札幌はハーフタイム中に2枚替えを敢行。三好、菅に代えてジェイ、石川を送り出し、無敗記録の継続を目指していく。 ▽すると、徐々に札幌の決定機が増加し始める。53分、ボックス右のキム・ミンテがファーサイドにクロスを供給し、反応したジェイのヘディングシュートが左ポストに直撃。こぼれ球に詰めた進藤のシュートも神戸DFにブロックされたものの、神戸ゴールを脅かしていく。 ▽しかし直後の55分、札幌に漂い始めた得点の匂いを、神戸がかき消す。GKキム・スンギュのゴールキックが最前線まで届くと、ウェリントンが頭でディフェンスラインの裏に落とす。抜け出した渡邉がGKク・ソンユンとの一対一を制し、リードを3点に広げた。 ▽64分、右サイドを持ち上がる途中出場の藤谷に対し、キム・ミンテが厳しくチェックにいき倒してしまう。すると、このプレーでキム・ミンテに2枚目のイエローカードが提示されて退場に。劣勢の札幌は10人で戦うこととなった。 ▽さらに73分にも、三田からスライディングでボールを奪った宮澤が2枚目のイエローカードを貰い退場。札幌の選手たちの抗議も空しく、続けざまの退場により9人での戦いとなってしまう。 ▽圧倒的に数的不利を抱える札幌は神戸からボールが奪えず、試合は一方的な展開に。76分に田中のボレーシュートが左ポストを叩けば、81分には枠こそ捉えなかったものの藤谷のミドルシュートが札幌ゴールを脅かす。 ▽試合終了間際の87分、三原の縦パスをボックス手前のウェリントンがヒールで逸らす。ボックス内に抜け出した渡邊がシュートを放ち、スコアが4-0となったところで試合は終了を迎えた。 ▽この結果、神戸は好調のクラブを下して連勝を飾ることに。対する札幌は、クラブ記録を更新していた無敗記録を「11」でストップさせることとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸、MF佐々木大樹とのプロA契約締結を発表! 「ここからがスタートライン」

▽ヴィッセル神戸は19日、今シーズンからトップチームに昇格したU-18日本代表MF佐々木大樹(18)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽佐々木は、6日の明治安田生命J1リーグ第13節サンフレッチェ広島戦(0-2で神戸は敗北)に先発出場し、規定出場時間に到達。契約締結に際し、同選手はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆佐々木大樹 「ここからがスタートラインだと思っています。ヴィッセル神戸の勝利に貢献できる様に、より一層頑張っていきます」 ▽佐々木は、今シーズンここまで公式戦9試合に出場し、2ゴールをマークしている。 2018.05.19 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

グループDは神戸が首位通過! 長崎を破った湘南が2位通過に《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・グループD最終節の2試合が16日に行われた。 ▽同勝ち点で並ぶ湘南ベルマーレとV・ファーレン長崎の一戦は、2-0で湘南が勝利した。 ▽互いにチームを全員変更して臨んだ一戦。まずは13分、ドリブルで相手のマークを外した齊藤がボックス手前左から枠内シュートを放ち、湘南がゴールに迫る。対する長崎も16分、名倉が胸トラップからゴール左を掠めるシュートを放つ。 ▽徐々に湘南がペースを握るようになると35分、左サイドの表原のクロスのこぼれ球を端戸が押し込みネットを揺らした。さらにその2分後には、右サイドの展開から山口がワンタッチで浮き球パスを前線に送ると、鈴木がこれに反応しゴール前へ。GKとの一対一を制して、湘南に追加点をもたらした。 ▽一気に2点のビハインドを負った長崎。前半終盤の43分に新里がゴール前にクロスを送るが平松は合わせられない。また、44分の米田のヘディングシュートは惜しくも枠の外。試合は湘南の2点リードで折り返した。 ▽後半頭にベン・ハロランを下げて木村を投入した長崎は57分、前田のスルーパスその木村が反応。右サイドに侵攻し折り返したクロスを香川がダイレクトで打ちにいくが大きく枠を越えてしまう。 ▽その後は互いにチャンスなく時間は経過。結局、勝ち点「7」で並んでいた両者の対決は、勝利した湘南が勝ち点を「10」に伸ばし、2位でグループステージ突破。長崎は惜しくも3位敗退という結果になった。 湘南ベルマーレ 2-0 V・ファーレン長崎 【湘南】 端戸仁(前35) 鈴木国友(前37) ▽グループDのもう一試合では、引き分け以上で突破が決まるヴィッセル神戸と、すでに敗退が決まっているサガン鳥栖が対戦し、1-1で引き分けた。 ▽まずは7分、神戸の中坂がミドルシュートでゴールを狙うと、そのこぼれ球に小川が反応し畳みかけるが相手のブロックに遭う。20分にはトスも石井のシュートで迫るがボールを枠の上へ。 ▽0-0で折り返した試合は、後半に動きを見せる。62分、神戸の郷家が高橋祐に倒された際に、報復行為で相手を蹴ってしまい一発退場に。 ▽数的優位を得た鳥栖は67分、左サイドのクロスから粘り強く繋げたボールを、最後は安在がボックス手前右から振り抜き、地を這うシュートをゴール右に突き刺した。 ▽1人少なくなってからは交代枠を使いながら試合を組み立てていく神戸。77分に三原に代えてハーフナーを投入。88分にはそのハーフナーの落としを増山が狙いに行くが、シュートは相手に当たってしまう。 ▽このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイムの94分、自陣からのFKをGK吉丸がゴール前に蹴り込むと、これを胸で収めたハーフナーが左足で押し込んで土壇場で同点に。 ▽その後まもなく試合終了のホイッスルが吹かれ、結果は1-1のドロー。勝ち点を「11」に伸ばした神戸が首位通過を決めている。 ヴィッセル神戸 1-1 サガン鳥栖 【神戸】 ハーフナー・マイク(後49) 【鳥栖】 安在和樹(後22) ◆グループD最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴィッセル神戸</span> 11pt/+5 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ</span> 10pt/+0 3.V・ファーレン長崎 7pt/-2 4.サガン鳥栖 5pt/-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※プレーオフ進出</span> 2018.05.16 21:42 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース