【2017Jリーグ補強診断】リーグタイトル、アジアタイトルへ盤石の布陣を形成《浦和レッズ》2017.02.02 20:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。昨シーズン年間勝ち点1位ながらリーグタイトルを逃した浦和レッズ編をお届けする。

◆主力の放出なく盤石の布陣
Getty Images
【OUT】
GK
大谷幸輝(27)→アルビレックス新潟/完全

DF
橋本和(30)→ヴィッセル神戸/期限付き→完全
永田充(33)→東京ヴェルディ/完全
茂木力也(20)→モンテディオ山形/期限付き
加賀健一(33)→モンテディオ山形/完全
岡本拓也(24)→湘南ベルマーレ/期限付き延長

MF
斎藤翔太(20)→水戸ホーリーホック/期限付き延長
山田直輝(26)→湘南ベルマーレ/期限付き延長

FW
阪野豊史(26)→モンテディオ山形/完全
石原直樹(32)→ベガルタ仙台/期限付き
▽期限付き移籍を含めチームを去った選手は10名だが、期限付き移籍期間延長が3名、期限付き移籍から完全移籍に切り替わった選手が1名となった。また、GK大谷幸輝やDF永田充らは完全移籍で退団したものの、主力の放出はなく戦力ダウンも起こることはなかった。

◆補強診断(★5つが最高)
★★★★★
▽4選手を完全移籍、1選手を期限付き移籍で獲得。さらに、期限付き移籍から3名を復帰させた。各クラブで主力を担っていた選手を補強したことで、リーグタイトル、アジアタイトルを目指せる陣容は揃った。

◆GKは厚みを、DFはバリエーションを【GK&DF】
Getty Images
【IN】
福島春樹(23)←ガイナーレ鳥取/復帰
榎本哲也(33)←横浜F・マリノス/完全
田村友(24)←アビスパ福岡/期限付き
▽控えGKに横浜FMの守護神を長らく務めたGK榎本哲也を補強。GK西川周作のライバルが不在だったが、ポジション争いが激化することでさらなるレベルアップが見込める。また、J1、ACLと2つのコンペティションでの併用も可能となった。また、福岡から加入のDF田村友はボランチが本職ながら最終ラインでもプレー。福岡でも3バックは経験しており、フィットすれば最終ラインのバリエーションが増えることとなる。

◆戦力の底上げに成功【MF】
Getty Images
【IN】
長澤和輝(25)←ジェフユナイテッド千葉/復帰
矢島慎也(23)←ファジアーノ岡山/復帰
菊池大介(25)←湘南ベルマーレ/完全
▽ケルンから獲得後にすぐさま千葉へ期限付き移籍したMF長澤和輝、岡山で2年間の武者修行を終え大きく成長したMF矢島慎也と2枚のボランチを獲得。MF柏木陽介、MF阿部勇樹、MF青木拓矢で回していたポジションが底上げされた。また、湘南から加入のMF菊池大介はドリブルを得意とするサイドアタッカー。特にMF宇賀神友弥のバックアッパー不在に苦しんだ昨シーズンの課題は解消できそうだ。

◆豊富なタレントが揃った前線【FW】
Getty Images
【IN】
ラファエル・シルバ(24)←アルビレックス新潟/完全
オナイウ阿道(21)←ジェフユナイテッド千葉/完全
▽前線の補強は2名。新潟から加入のFWラファエル・シルバは昨シーズンのリーグ戦で23試合出場11得点を記録。スピードに乗ったプレーと卓越した個人技が魅力で、ゴールの量産に期待が懸かる。対する地元出身のオナイウ阿道は昨シーズンのJ2で23試合6得点。身体の強さ、空中戦の強さを生かし、FWズラタンに近い役割が期待される。確実に補強を施した格好となった。

コメント

関連ニュース

thumb

仙台FWジャーメイン良がプロA契約締結…今季ここまで公式戦12試合に出場

▽ベガルタ仙台は23日、FWジャーメイン良(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽ジャーメイン良は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレ戦でプロA契約変更に必要な規定出場時間に到達した。 ▽アメリカ人の父と日本人の母を持つジャーメイン良は仙台に今シーズン入団。ここまでJ1リーグ7試合、ルヴァンカップ5試合(1得点)に出場している。 ▽プロA契約締結発表を受け、ジャーメイン良はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「A契約を締結することができ、うれしく思います。ここからが本当の勝負だと思っていますので、さらに高みを目指し、チームの勝利に貢献できる選手になるために日々のトレーニングに全力で取り組んでいきたいと思います」 2018.04.23 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和、オリヴェイラ体制発表…大槻毅前暫定監督はトップチームヘッドコーチに就任

▽浦和レッズは22日、オズワルド・オリヴェイラ監督の就任に伴い、トップチーム・育成の新体制を発表した。 ▽明治安田生命J1リーグで5試合未勝利と開幕スタートに失敗した浦和は2日に堀孝史監督と天野賢一ヘッドコーチを解任。後任として暫定的に育成ダイレクター兼ユース監督を勤めていた大槻毅氏が就任し、上野優作ユースコーチがトップチームコーチに就任していた。 ▽そんな中、かつて鹿島アントラーズでJリーグ史上初となるリーグ3連覇を達成したオズワルド・オリヴェイラ氏の就任が19日に決定。大槻体制ラストマッチとなった21日のJ1第9節・北海道コンサドーレ札幌戦ではゴールレスドローで終えたものの、公式戦6試合無敗(4勝2分け)でオリヴェイラ氏にバトンタッチすることとなった。 ▽今回の新体制については以下の通り。 【トップチーム】 監督 オズワルド・オリヴェイラ ヘッドコーチ 大槻 毅 ヘッドコーチ ルイス・アルベルト・シルバ コーチ 池田伸康 コーチ 小坂雄樹 GKコーチ 土田尚史 フィジカルコーチ ウェイリントン コーチ(分析) 山田栄一郎 【育成】 育成ダイレクター 上野優作 ◆ユース 監督 上野優作 コーチ 石栗 建 コーチ 工藤輝央 コーチ 末藤崇成 GKコーチ 安藤智安 アスレチックトレーナー 大澤 真 ◆ジュニアユース 監督 吉田 靖 コーチ 城定信次 コーチ 内舘秀樹(ジュニアアカデミー兼務) コーチ 金生谷 仁 GKコーチ 杉尾一憲 スカウト担当/コーチ 名取 篤 スカウト担当/コーチ 田畑昭宏 アスレチックトレーナー 飯園翔太 ◆ジュニア 監督 村松 浩 コーチ 酒井友之 コーチ 土橋正樹 トレーナー 入江美友梨 2018.04.22 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和、新指揮官にオリヴェイラ氏を招へい…鹿島時代にはJ史上初の3連覇を達成

▽浦和レッズは19日、ブラジル人のオズワルド・オリヴェイラ氏(67)が就任したことを発表した。 ▽1999年にコリンチャンスで監督業をスタートさせたオリヴェイラ氏は、ヴァスコ・ダ・ガマやフルミネンセ、サンパウロやクルゼイロなどブラジル国内クラブでの指揮を経て、2007年に鹿島アントラーズの監督に就任。1年目でJ1リーグ優勝と天皇杯の2冠を達成すると、2008年、2009年でもリーグ優勝を果たし、Jリーグ史上初となるJリーグ3連覇を成し遂げた。2011年まで鹿島を率いたオリヴェイラ氏はその後、母国・ブラジルで国内複数クラブを指揮。2017年からこれまではアトレチコ・ミネイロを率いていた。 ▽浦和の監督に就任したオリヴェイラ氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「浦和のファン・サポーターのみなさん、力強い応援に後押しされるこの素晴らしいチームの指揮をとる機会をいただき光栄に思います。高いモチベーションをもって結果をもとめ、みなさんと共に戦いたいと思います。私たちの努力とみなさんの応援の融合があることを信じています。がんばりましょう!」 ▽また、中村修三GMは、今回の件に関して、以下のように述べている。 「オリヴェイラ監督に就任いただくことになりました。私がGMに就任後直ちに着手して選定を進めてまいりましたが、監督選定の基準は3点ありました。1点目は、タイトル獲得経験があること、2点目は、日本をよく知っていること、そして3点目は、これまで目指してきた強くて魅力あるチーム作りを行える人材であることです」 「さらにオリヴェイラ監督は情熱と厳しい規律を持って指導してくださる方ですから、大槻監督が立て直してくれたチームを、今後、さらに改善してくださる人物だと考えています」 ▽なお、オリヴェイラ監督は、4月25日(水)の明治安田生命J1リーグ第10節の柏レイソル戦から指揮を執る。 2018.04.19 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮に痛手…右SBのレギュラー・渡部大輔が右足関節部内果骨折で全治約3カ月

▽大宮アルディージャは18日、DF渡部大輔の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、渡部は14日に行われた明治安田生命J2リーグ第9節のファジアーノ岡山戦で負傷。右足関節部内果骨折と診断。全治は約3カ月とのことだ。 ▽大宮生え抜きの渡部は、今シーズンのJ2で8試合に出場していた。 2018.04.18 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸、DF東隼也とプロA契約…今季は福島に育成型期限付き移籍

▽ヴィッセル神戸は17日、福島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍中のDF東隼也(20)とのプロA契約締結を発表した。 ▽東は、7日に行われた明治安田生命J3リーグ第6節のY.S.C.C.横浜戦でプロA契約に必要な出場時間を満たした。 ▽東は神戸の公式サイトで「ここから新たなスタートなのでひと回りもふた回りも大きくなった姿を見せられるように、より一層頑張りたいと思います」とコメントしている。 ▽兵庫県出身の東は、2016年に神戸の下部組織からトップチームに昇格。今シーズンから福島に活躍の場を求め、ここまでJ3リーグ3試合に出場している。 2018.04.17 10:45 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース