【2017Jリーグ補強診断】J1復帰初年度に向けて最小限の放出、ユーティリティさと経験値を加え戦力に厚みをもたらす《北海道コンサドーレ札幌》2017.02.01 19:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。5シーズンぶりのJ1復帰を果たした北海道コンサドーレ札幌編をお届けする。

◆5年ぶりのJ1に向け戦力放出は最小限に
Getty Images
【OUT】
DF
小山内貴哉(23)→福島ユナイテッドFC/期限付き→完全
前貴之(23)→レノファ山口/期限付き
堀米悠斗(22)→アルビレックス新潟/完全
櫛引一紀(23)→名古屋グランパス/期限付き
内山裕貴(21)→ガイナーレ鳥取/完全
パウロン(27)→水戸ホーリーホック/期限付き
MF
イルファン(28)→契約満了
上里一将(30)→ロアッソ熊本/完全
神田夢実(22)→愛媛FC/完全
中原彰吾(22)→ガンバ大阪/期限付き
FW
工藤光輝(25)→契約満了
▽昨シーズンの主力でチームを去ったのは、新潟に完全移籍したMF堀米悠斗のみ。33試合に出場した堀米の移籍は大きな穴だが、その他の若手選手は期限付き移籍で武者修行に出ることとなった。最小限の戦力放出に食い止めた。

◆補強診断(★5つが最高)
★★★☆☆
▽戦力ダウンは最小限に食い止め、J1挑戦に向けて経験値が高い選手を補強。複数ポジションをこなせる選手が加入したことで、チームとしての全体的な底上げに成功した。

◆福森の完全移籍加入が大きな補強【GK&DF】
Getty Images
【IN】
福森晃斗(24)←川崎フロンターレ/期限付き→完全
田中雄大(28)←ヴィッセル神戸/完全
濱大耀(18)←北海道コンサドーレ札幌ユース/昇格
▽GK、DF登録の選手としては神戸からDF田中雄大を補強。左サイドバックを主戦場とし、左足のキック精度には定評がある。また、川崎Fから期限付き移籍で加入し昨シーズンはJ2で39試合に出場し3得点を記録したDF福森晃斗が完全移籍で加入。3バックの左で主力を務め、精度の高い左足のキックで3得点を記録。チームを支えた福森の完全移籍加入が大きな補強となったと言えるだろう。

◆経験豊富なユーティリティプレーヤーの補強で厚みをもたらす【MF】
Getty Images
【IN】
キム・ミンテ(23)←ベガルタ仙台/完全
菊地直哉(32)←サガン鳥栖/期限付き延長
早坂良太(31)←サガン鳥栖/完全
横山知伸(31)←大宮アルディージャ/期限付き
兵藤慎剛(31)←横浜F・マリノス/完全
▽MF登録として5選手を補強。特に、昨シーズン鳥栖から期限付き移籍で加入していたDF菊地直哉の期限付き移籍延長、大宮から期限付き移籍加入のMF横山知伸、鳥栖から加入のMF早坂良太、横浜FMから加入のMF兵藤慎剛の4名は複数ポジションをこなせるユーティリティさが持ち味だ。菊地、横山は最終ラインで、早坂は最終ラインから中盤、前線と鳥栖でも力を発揮。兵藤も中盤であればどこでも高水準のプレーを見せる。久々のJ1挑戦においては、4選手の経験値もプラスに働くはずだ。

◆主軸の2人からポジションを奪えるかがカギ【FW】
Getty Images
【IN】
金園英学(28)←ベガルタ仙台/完全
菅大輝(18)←北海道コンサドーレ札幌ユース/昇格
▽菅大輝は昨シーズン2種登録としてJ2で5試合に出場し、正式にトップ昇格。前線の補強は仙台から獲得したFW金園英学の1人となった。昨シーズンのJ2でチームの得点源となったFW都倉賢(19得点)、FW内村圭宏(11得点)、FWヘイス(7得点)が残留。金園が3名の牙城を崩せるのかに注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島ユースDF松浦航洋、スペイン3部FCフミーリャに加入

▽鹿島アントラーズは28日、鹿島ユースに所属するDF松浦航洋(18)がスペイン・セグンダ・ディビジョンB(スペイン3部)のFCフミーリャに加入することが決定したことを発表した。 ▽茨城県出身の松浦は、身長178cm、体重72㎏のディフェンダー。同選手はジュニア時代から鹿島の下部組織でプレーしており、28日にスペインへと出発する。同国の選手登録規定上、公式戦出場は8月以降となる予定だ。 2017.03.28 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸が磐田MF清水貴文を期限付きで獲得

▽水戸ホーリーホックは25日、ジュビロ磐田に所属するMF清水貴文(24)を期限付きで獲得したことを発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。 ▽2015年に中京大学から磐田に加入した清水は、昨年の明治安田生命J1リーグに1試合、YBCルヴァンカップに4試合、天皇杯に2試合出場していた。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 ▽水戸への期限付き移籍が決定した清水は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「初めまして。ジュビロ磐田から期限付き移籍で加入することとなりました清水貴文です。水戸でプレーできる事を大変うれしく思います。水戸のJ1昇格に貢献できるように、自分の力を出し切りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆ジュビロ磐田 「この度、水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました。この2年間思うような結果は残せませんでしたが、新天地では新たな気持ちで、自分に厳しく、結果にこだわって戦ってきます。みなさんにまた成長した姿をお見せできるように頑張ります。引き続き、応援よろしくお願いします。ジュビロ磐田のJ1での活躍を応援しています」 2017.03.25 22:02 Sat
twitterfacebook
thumb

去就不透明の元磐田FWジェイ、今夏のJリーグ復帰で仮契約済みか

▽昨シーズン限りでジュビロ磐田を退団した元イングランド代表FWジェイ(34)は、今夏に再びJリーグに帰ってくるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽強さと巧さを備えたストライカーであるジェイは2015年、当時J2の磐田に加入すると、リーグ戦32試合で20ゴールを記録。J1昇格の翌年には22試合14ゴールを挙げ、高い決定力を見せつけた。しかし、2016シーズン終了後に磐田を退団。現在まで無所属の状況が続いている。 ▽そうした状況の中、「今夏の極東行きで合意済み」との見出しで伝えられたところによれば、ジェイはクラブ名こそ明らかにされていないものの、7月1日以降の加入で日本のクラブと仮契約。個人的な問題が理由で磐田退団後、すぐに他クラブと契約しなかったという。 2017.03.24 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、元日本代表MF細貝萌の加入合意を発表…2010年以来7季ぶりの国内復帰

▽柏レイソルは24日、シュツットガルトに所属する元日本代表MF細貝萌(30)の加入合意を発表した。2010年以来7シーズンぶりの国内復帰となる。 ▽群馬県出身の細貝は、2005年に前橋育英高校から浦和レッズに入団。その後、アウグスブルク、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、ブルサシュポル、シュツットガルトでプレーした。 ▽しかし、今シーズンはシュツットガルトで出場機会が減少。ケガなどにも泣かされ、ブンデスリーガ2部で10試合の出場に留まり、昨年12月以来出番がない。 ▽7シーズンぶりに国内復帰を果たした細貝は、柏の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、ドイツVfB Stuttgartから移籍してきました細貝萌です。まず、この移籍に関わっていただいた全ての方々に感謝したいと思います。そして、なにより無事に柏レイソルの一員となれたこと、本当に嬉しく思っています」 「2011年にドイツに移籍してから約6年間海外でプレーしてきたので、久しぶりに日本でプレーすることが楽しみである一方で不安もありますが、チームの目標達成に貢献できるよう自分の全てをこのチームに捧げたいと思っています」 「柏レイソルがもっともっと素晴らしいクラブになることが出来るよう、ピッチ上で全力を尽くします。レイソルサポーターの皆様、よろしくお願いします。日立台で皆様に会える日を今からとても楽しみにしています」 2017.03.24 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が韓国人GKイ・ユノを獲得

▽ベガルタ仙台は23日、中東高(韓国)に所属する韓国人GKイ・ユノ(18)の加入が決定したことを発表した。 ▽韓国出身のイ・ユノは身長190cm、体重88㎏のゴールキーパー。仙台への加入が決定したイ・ユノは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ベガルタ仙台に加入し、プロサッカー選手としてプレーする機会をいただき、感謝いたします。年齢は18歳と若いですが、1日でも早くチームの力になり、目標達成に貢献できるよう日々精進して参ります。サポーターのみなさま、応援よろしくお願いいたします」 2017.03.23 18:06 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース