【2017Jリーグ補強診断】J1復帰初年度に向けて最小限の放出、ユーティリティさと経験値を加え戦力に厚みをもたらす《北海道コンサドーレ札幌》2017.02.01 19:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。5シーズンぶりのJ1復帰を果たした北海道コンサドーレ札幌編をお届けする。

◆5年ぶりのJ1に向け戦力放出は最小限に
Getty Images
【OUT】
DF
小山内貴哉(23)→福島ユナイテッドFC/期限付き→完全
前貴之(23)→レノファ山口/期限付き
堀米悠斗(22)→アルビレックス新潟/完全
櫛引一紀(23)→名古屋グランパス/期限付き
内山裕貴(21)→ガイナーレ鳥取/完全
パウロン(27)→水戸ホーリーホック/期限付き
MF
イルファン(28)→契約満了
上里一将(30)→ロアッソ熊本/完全
神田夢実(22)→愛媛FC/完全
中原彰吾(22)→ガンバ大阪/期限付き
FW
工藤光輝(25)→契約満了
▽昨シーズンの主力でチームを去ったのは、新潟に完全移籍したMF堀米悠斗のみ。33試合に出場した堀米の移籍は大きな穴だが、その他の若手選手は期限付き移籍で武者修行に出ることとなった。最小限の戦力放出に食い止めた。

◆補強診断(★5つが最高)
★★★☆☆
▽戦力ダウンは最小限に食い止め、J1挑戦に向けて経験値が高い選手を補強。複数ポジションをこなせる選手が加入したことで、チームとしての全体的な底上げに成功した。

◆福森の完全移籍加入が大きな補強【GK&DF】
Getty Images
【IN】
福森晃斗(24)←川崎フロンターレ/期限付き→完全
田中雄大(28)←ヴィッセル神戸/完全
濱大耀(18)←北海道コンサドーレ札幌ユース/昇格
▽GK、DF登録の選手としては神戸からDF田中雄大を補強。左サイドバックを主戦場とし、左足のキック精度には定評がある。また、川崎Fから期限付き移籍で加入し昨シーズンはJ2で39試合に出場し3得点を記録したDF福森晃斗が完全移籍で加入。3バックの左で主力を務め、精度の高い左足のキックで3得点を記録。チームを支えた福森の完全移籍加入が大きな補強となったと言えるだろう。

◆経験豊富なユーティリティプレーヤーの補強で厚みをもたらす【MF】
Getty Images
【IN】
キム・ミンテ(23)←ベガルタ仙台/完全
菊地直哉(32)←サガン鳥栖/期限付き延長
早坂良太(31)←サガン鳥栖/完全
横山知伸(31)←大宮アルディージャ/期限付き
兵藤慎剛(31)←横浜F・マリノス/完全
▽MF登録として5選手を補強。特に、昨シーズン鳥栖から期限付き移籍で加入していたDF菊地直哉の期限付き移籍延長、大宮から期限付き移籍加入のMF横山知伸、鳥栖から加入のMF早坂良太、横浜FMから加入のMF兵藤慎剛の4名は複数ポジションをこなせるユーティリティさが持ち味だ。菊地、横山は最終ラインで、早坂は最終ラインから中盤、前線と鳥栖でも力を発揮。兵藤も中盤であればどこでも高水準のプレーを見せる。久々のJ1挑戦においては、4選手の経験値もプラスに働くはずだ。

◆主軸の2人からポジションを奪えるかがカギ【FW】
Getty Images
【IN】
金園英学(28)←ベガルタ仙台/完全
菅大輝(18)←北海道コンサドーレ札幌ユース/昇格
▽菅大輝は昨シーズン2種登録としてJ2で5試合に出場し、正式にトップ昇格。前線の補強は仙台から獲得したFW金園英学の1人となった。昨シーズンのJ2でチームの得点源となったFW都倉賢(19得点)、FW内村圭宏(11得点)、FWヘイス(7得点)が残留。金園が3名の牙城を崩せるのかに注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

愛媛がDF三原向平、MF安田晃大、DF深谷友基、FW鈴木隆雅の退団を発表

▽愛媛FCは24日、DF三原向平(27)、MF安田晃大(28)、DF深谷友基(35)、FW鈴木隆雅(23)との契約満了を発表した。 ▽三原は、神奈川大学から2012年に湘南ベルマーレへ入団。2013年に期限付き移籍で愛媛FCに加入すると、2014年も引き続き期限付き移籍で所属。2015年から完全移籍で加入した。愛媛ではリーグ戦109試合に出場し6得点を記録。天皇杯では3試合に出場していた。 ▽安田は、ガンバ大阪、ギラヴァンツ北九州、東京ヴェルディ、ガイナーレ鳥取を経て2015年途中に加入。愛媛ではJ2で44試合に出場し2得点を記録、天皇杯では4試合に出場していた。 ▽深谷は、大分トリニータや大宮アルディージャ、FC岐阜を経て2016年に加入。J2で20試合に出場、天皇杯で4試合に出場していた。 ▽鈴木は、鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド千葉、栃木SCを経て2016年に加入。J2で18試合に出場し1得点、天皇杯で5試合に出場し3得点を記録していた。 2017.11.24 20:43 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐、クラブ支えたFW木島良輔(38)、MF山本翔平(35)含む5選手との契約満了を発表

▽カマタマーレ讃岐は24日、所属する5選手との契約を満了することを発表した。5名とも契約期限は今シーズン限りとなっている。 ▽各選手の今シーズンの明治安田生命J2リーグ出場記録、通算成績、コメントは以下のとおり。 ◆MF大沢朋也(33) 今シーズン成績:J2リーグ4試合 通算成績:J2リーグ36試合、天皇杯1試合、JFL204試合26ゴール 選手コメント 「今シーズンをもちましてカマタマーレ讃岐を退団することになりました。5年間応援して頂いたファン、サポーターの皆さん、スポンサーの皆さん本当にありがとうございました!今年は6位以内と大きな目標を掲げましたが、終わってみたら19位と最後まで残留争いをしてしまい、個人的にも期待に応えられず本当に申し訳ない気持ちです」 「この5年間J2に昇格し、ファン、サポーターの皆さんとJリーグの舞台で共に戦えた事は僕の財産です。今後につきましてはまだなにも決まっていませんが、正直悔しい気持ちもあるので来期も現役でチャレンジしたいと思ってます。決まり次第ご報告させていただきます!5年間本当にありがとうございました!」 ◆MF綱田大志(33) 今シーズン成績:J2リーグ6試合、天皇杯1試合 通算成績:J2リーグ44試合、天皇杯9試合、JFL88試合26ゴール 選手コメント 「2017年シーズンをもってカマタマーレ讃岐を退団することになりました。11年間本当にありがとうございました。カマタマーレ讃岐で地域リーグから始まり、J2の選手としてプレーできた事を誇りに思います。この11年間は私にとって大きな財産になりました。 地域リーグ、JFL、J2への2度の昇格など、カマタマーレ讃岐の歴史と一緒にここまで歩んでこられて、本当に最高のサッカー人生だとおもいます」 「これまで一緒にプレーしてきたすべての選手、関わってきてくれたすべての人々、そして最後まで応援してくれたサポーターのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。今までありがとうございました」 ◆MF玉城史也(24) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:J2リーグ1試合 選手コメント 「2年間応援してくださり、ありがとうございました。 讃岐ではプロとしての在り方、厳しさを学ぶことができ、成長することが出来ました。 2年間支えてくださった両親、カマタマーレ讃岐のスタッフ、そしてサポーターの皆様に感謝し、次のステップでも、カマタマーレ讃岐で学んだことを活かして躍動できるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」 ◆MF山本翔平(35) 今シーズン成績:J2リーグ17試合 通算成績:J2リーグ216試合1ゴール、天皇杯13試合、JFL163試合8ゴール 選手コメント 「まず始めにカマタマーレ讃岐に関わる、全ての方々に感謝しています。本当にありがとうございました。カマタマーレ讃岐で過ごしたこの5年間の経験を、これから先にも生かしていきたいと思います。今シーズンを持ちまして退団することとなりましたが、近い将来カマタマーレ讃岐がJ1に昇格する日を楽しみにしています。最後に5年間本当にありがとうございました」 ◆FW木島良輔(38) 今シーズン成績:J2リーグ10試合 通算成績:J1リーグ64試合3ゴール、J2リーグ180試合28ゴール、天皇杯23試合3ゴール、JFL88試合37ゴール 選手コメント 「5年間本当にありがとうございました。讃岐に来て1年目のJ2昇格入れ替え戦、J2初年度の長野と対戦した降格入れ替え戦が印象深く、共に戦ってくれたサポーターには感謝の気持ちでいっぱいです。貴重な経験をさせてもらいました。その感謝の気持ちを、ここでは伝えきれないことが残念です。スタジアムでは背番号33をサポーターの皆さんが、必死に応援してくれていたのに、自分の実力不足でこのような順位に終わってしまったことを大変申し訳なく思っています」 「このチームは去りますが、大好きなサッカーを続ける努力はしていきますので、再びピッチに立つことが出来たときには、また応援をよろしくお願いします。5年間本当にありがとうございました」 2017.11.24 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

相模原が安永聡太郎監督の退任を発表…本人からの申し出を了承

▽SC相模原は24日、安永聡太郎監督(41)が今シーズン限りで退任することを発表した。安永監督から申し出があり、双方話し合った結果、任期満了で退任することとなったようだ。 ▽安永監督は、現役時代に横浜マリノスや清水エスパルス、柏レイソルでプレー。スペインにも渡り、UEリェイダ、ラシン・フェロルでもプレーしていた。 ▽相模原の監督には2016シーズン途中に就任。今シーズンは2節を残した時点で11位に位置。ガンバ大坂U-23、鹿児島ユナイテッドFCとの試合が残っている。安永監督はクラブを通じてコメントしている。 「1年半に渡りご声援頂きありがとうございました。昨シーズン、今シーズンと皆様のご期待に添える結果にチームを導けなかった事を深くお詫び致します。大変申し訳ありませんでした」 「全く現場経験のない私を信頼し起用して頂きました会長はじめチーム関係者、スポンサーの皆様には感謝しかありません。ありがとうございます」 「私の考える現戦力での各々が生きるシステムに必死に対応しようと日々のトレーニングに集中して取り組んでくれた選手にも感謝しかありません。ありがとうございます」 「1年半に渡り私のワガママにしっかりと対応してくれた現場スタッフのみんな、本当にありがとう。最後になりますが、このような成績しか残せなかった私を最後まで暖かく見守ってくださいましたファン、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。SC相模原のこれからの躍進を心より願っております」 2017.11.24 19:42 Fri
twitterfacebook
thumb

富山、FW萱沼優聖との契約満了を発表「晴らしいチームでプレーできたことを誇りに思います」

▽カターレ富山は24日、FW萱沼優聖(かやぬまゆうせい)(24)との契約を満了することを発表した。契約期限は今シーズン限りとなっている。 ▽萱沼は、関東学院大学在学中の2015年夏に、特別指定選手として富山に加入してデビューを飾った。入団初年度には、明治安田生命J3リーグ6試合に出場して1ゴールを記録。2年目となった昨シーズンはJ3リーグ28試合7ゴールの活躍をみせたものの、今シーズンは第32節終了時点で11試合無得点に留まっている。 ▽萱沼は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「カターレ富山に加入して2年間、J2昇格という目標に向かって全力でプレーしてきましたが、その目標を達成することができず、応援してくれたファンやサポーターの皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「この2年間、たくさんの応援やサポートをしていただきありがとうございました。カターレ富山という素晴らしいチームでプレーできたことを誇りに思います。このカターレ富山での経験をこれからのサッカー人生にいかしていきたいと思います。2年間、ありがとうございました」 2017.11.24 18:21 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜、GK常澤聡、DF鈴木潤との契約満了を発表

▽FC岐阜は24日、GK常澤聡(32)、DF鈴木潤(24)との契約を満了することを発表した。また、次の所属先が決定した際には選手コメントを伝えることも知らせている。 ▽GK常澤は2015年に岐阜に入団。入団初年度の2015シーズンは公式戦19試合に出場し、昨シーズンは7試合に出場したものの、今シーズンは試合出場を果たせずにいた。 ▽DF鈴木は、2015年に岐阜に入団してプロデビュー。2年目となった昨シーズンは公式戦21試合に出場したものの、今シーズンの出場記録は天皇杯の1試合のみに留まっていた。 2017.11.24 18:03 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース