「日本の忍者」…ベルギーメディアがデビュー戦決勝弾のヘントFW久保裕也を称賛2017.01.30 12:19 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽加入から4日でデビューを果たし、決勝ゴールを決めたヘントの日本代表FW久保裕也。ベルギー『Nieuwsblad』が久保の活躍に賞賛の言葉を送った。

▽25日にヤング・ボーイズからの完全移籍加入が発表された久保は、加入4日後にベルギー・ジュピラーリーグでデビュー。対戦相手は首位を走るクラブ・ブルージュだった。

▽3トップの一角として先発した久保は53分にデビューゴールを記録。相手ボックス手前で得たFKのキッカーを任されると、右足から放たれたシュートはゴール左隅に決まった。後半アディショナルタイムにはクリバリも追加点を奪い、ヘントは2-0で首位を下した。

▽『Nieuwsblad』は直接FKから決勝ゴールを奪った久保について「日本の忍者」と紹介。「ヘントの日本人が天才的なフリーキックを決めた」とゴールを表現し、称賛の言葉を送った。

▽また、73分に久保がピッチを去る時のことも触れ、「彼はすでに多くの心を盗んだ」と表現。「スタンドから当然のごとく拍手が鳴らされた」と伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

主将、酒井高徳が語るHSVの現状とは…「常に100%じゃないと勝つことができない」

ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が、ブンデスリーガ公式メディアでインタビューに応じている。<br><br>チームは開幕から2連勝したものの、その後は勝ち星から見放され今シーズンも残留争いを余儀なくされている。そんな状況について「スタートが良かった分、その後の試合で少し気の緩みが出て、少しずつ下がって行ったのかなと思います。やっぱり、ブンデスリーガの一試合を戦い抜くには、常に100%ではないと試合に勝つことができないと思い知りました」と語っている。<br><br>上位勢には健闘する一方で、ハンブルガーSVは順位を競っているライバルチームを相手に勝ち点を落とすケースも多い。それについては「強い相手とは守備から入ったり、ボールを取りに行く、自分たちは気持ちの面で負けないところを全面に出しやすい。ところが、自分たちと同じくらいの下位チームとの対戦では、どうしても自分たちのリズムをつくりたい、主導権を握りたいというところで、それぞれの試合で戦術の違いが出てしまうのかなと」と分析。<br><br>また、開幕戦でゴールを決めたニコライ・ミュラーがゴールパフォーマンス中にひざのじん帯を断裂し、シーズン序盤でいきなり得点源を失うことになった。同選手について「ニコが戻ってきたら非常に力強いと思う。彼がもたらしてくれる得点力は僕たちにとって非常に重要になるし、皆が彼の復帰を待ち望んでいます。ニコや他の負傷者が帰ってきたら、そこでもっと安定感のある試合ができたらなと思います。そしたら、もう少し上の順位にいける可能性が上がるのかな」と述べ、今後の巻き返しに向けて気概を示している。<br><br>提供:goal.com 2017.12.16 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

3試合ぶり先発の酒井高がフル出場のHSV、ボルシアMGに敗戦で2連敗《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは15日、ブンデスリーガ第17節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽1-2と敗れた前節フランクフルト戦で途中出場した伊藤がベンチスタートとなり、ここ2試合出場機会のなかった酒井高がスタメンに戻った一戦。 ▽8位ボルシアMG(勝ち点25)に対し、HSVはこれまでの4バックから[3-5-2]を採用。酒井高は中盤右サイドでの起用となった。試合は開始6分、CKの流れからオックスフォードの強烈なボレーシュートがバーを直撃した。 ▽バーに助けられたHSVだったが、9分に失点する。ラファエウのスルーパスでゴールエリア右に侵入したT・アザールにGKとの一対一を制された。 ▽失点したHSVは両ウイングバックを押し上げて反撃を狙うと、18分にFKからチャンス。左サイドからのフントのFKをファーサイドのマフライがヘディングシュート。しかし、枠を捉えていたシュートはゴールライン前のDFにクリアされた。 ▽その後、23分にディフェンスライン裏を取ったラファエウのシュートがわずかに枠を外れて助かったHSVだったが、38分にもボックス手前右のキュイサンスの左足ミドルが左ポストを直撃し、肝を冷やされる。さらに42分にはヴェントのミドルシュートが襲い、劣勢の中、前半を1点のビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、最初にチャンスを得たのはカウンターを狙うボルシアMG。52分にT・アザールがディフェンスライン裏を取って独走。しかし、ボックス右から放ったシュートはGKマゼニアがビッグセーブで防いだ。 ▽すると直後、HSVが同点に追いつく。フントのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったハーンがGKとの一対一を制した。 ▽ハーンの古巣に対するゴールで試合を振り出しに戻したHSVは、互角の攻防に持ち込み、1-1のまま試合は推移していく。 ▽しかし74分、ボルシアMGに勝ち越されてしまう、グリフォのスルーパスに反応したラファエウにボックス左へ侵入され、左足のシュートでゴール左隅に流し込まれた。 ▽さらに79分、ボルシアMGが突き放す。T・アザールがボックス右でスルーパスを受け、折り返したボールをラファエウが押し込んだ。 ▽このままHSVは1-3で敗戦。2連敗で4試合勝利なく前半戦を終えることとなった。 2017.12.16 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美が42分から出場のデュッセルドルフ、7試合ぶり勝利《ブンデスリーガ2部》

▽デュッセルドルフは15日、ブンデスリーガ2部第17節でブラウンシュヴァイクとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。FW宇佐美貴史は42分から出場している。 ▽前節ニュルンベルク戦を0-2と敗れ、6試合勝利のない3位デュッセルドルフ(勝ち点28)が、7位ブラウンシュヴァイク(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は9分にデュッセルドルフが先制する。相手FKを跳ね返したロングカウンターからラマンが持ち上がり、ルーズとなったボールをロブレンが拾ってGKと一対一に。ロブレンが冷静にチップキックシュートを流し込んだ。 ▽幸先良く先制したデュッセルドルフが試合をコントロールする中、42分に先制ゴールを挙げたロブレンに代わって宇佐美が左サイドに投入される。 ▽迎えた後半、自陣に引きながら様子を見るデュッセルドルフは、61分にピンチ。レイチェルのミドルシュートが右ポストに直撃した。 ▽ひやりとしたデュッセルドルフはその後、カウンターを仕掛けながら主導権を渡さない。宇佐美も守備に気を配りながら試合を進めていく。 ▽終盤にかけても守備に徹したデュッセルドルフがブラウンシュヴァイクをシャットアウト。7試合ぶりの勝利を飾って暫定2位に浮上している。 ブラウンシュヴァイク 0-1 デュッセルドルフ 【デュッセルドルフ】 ロブレン(前9) 2017.12.16 05:20 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、今冬退団が既定路線か…地元紙「CWC3位決定戦が最後の試合になるだろう」

2017年夏にメキシコリーグのパチューカに加わった日本代表MF本田圭佑は、現在クラブ・ワールドカップに参戦している。<br><br>だが、同大会準決勝でグレミオに敗れ、3位決定戦に回るとともに、退団報道が加速化する状況となっているようだ。<br><br>メキシコメディア『depor』や『Futbol Total』など複数のメディアが「アルジャジーラとの試合(CWC3位決定戦)は、本田がパチューカのユニフォームを着てプレーする最後に試合になるだろう」と伝えている。<br><br>一方で本田本人は自身の公式メディアを通して、2018年6月までとなっているパチューカとの契約を満了する意向を示している。だが、メキシコメディアは「日本のMFはチームメートに別れを告げ、メキシコリーグ17-18シーズンのクラウスラ(後期)を戦うことさえしないだろう」と今冬の退団が既定路線になっていると強調した。<br><br>ロシア・ワールドカップを半年後に控え、果たして移籍というリスクを冒して新天地を求めるのか。それとも、メキシコリーグ17-18シーズン後期でメキシコの王座奪還を目指すのか。クラブW杯終了後、本田の動向から目が離せない状況が続きそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 12:22 Fri
twitterfacebook
thumb

「ガクは監督に悩みをもたらす」柴崎岳、前節実戦復帰も先発出場は時期尚早か

9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節ヘタフェvsエイバルの一戦は、スコアレスドローでフルタイムを迎えた。エイバルの乾貴士が先発出場を果たし63分に途中交代。一方でヘタフェの柴崎岳は74分から途中出場を果たし、リーガの日本人対決は入れ違いで実現しなかった。<br><br>9月のバルセロナ戦以来、戦列を離れていた柴崎にとっては約3カ月ぶりの復帰となった。次節は17日のジローナとのアウェー戦が控えているが、柴崎は「まだスタメンで出場するのは難しいだろう」と地元紙『AS』が見解を示している。<br><br>「柴崎は負傷するまで、ヘタフェで最高の選手だった。彼はヘタフェに容易に適応し、バルセロナ戦ではゴールを決めた後、足を負傷し3カ月離脱していた」<br><br>「ヘタフェの(ホセ)ボルダラス監督は柴崎の離脱によって異なるシステムを模索した。4-4-2を用いていたが、4-2-3-1も試すようになった。ここしばらくはホルヘ・モリーナとアンヘルを攻撃のキーマンとして起用していたが、ガクの復帰はボルダラスに新たな悩みをもたらすだろう」<br><br>記事では「次節のジローナ戦では柴崎をスタメンで起用するにはまだ早いかもしれないが、これは議論の対象になるだろう」と続け、柴崎は次節もベンチスタートの可能性が高いと伝えている。<br><br>第15節終了時点で5勝5分け5敗の7位と1部昇格チームながら奮闘しているヘタフェ。上位争いに踏みとどまるうえで、ボルダラス監督は柴崎をどう起用するのか、次節の采配に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 08:45 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース