元鹿島のDFファン・ソッコが天津泰達に加入…ミケルやグデリと同僚に2017.01.30 10:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグの天津泰達は、鹿島アントラーズを退団していた元韓国代表DFファン・ソッコ(27)の加入を発表した。

▽ファン・ソッコは観光の大邱大学から2012年にサンフレッチェ広島へ入団。3シーズンを過ごし、J1で56試合に出場し3得点を記録。2012年にはロンドン・オリンピックに臨むU-23韓国代表に選出され、銅メダル獲得に貢献した。

▽鹿島には2015年に加入すると、J1で36試合に出場。しかし、2016年シーズンで契約満了となり退団していた。

▽天津泰達は今オフにチェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルやアヤックスのセルビア代表MFネマニャ・グデリを獲得していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴァラン「CWCは重要な大会」 レアル・マドリーは準決で鹿島と激突

▽レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランがクラブ・ワールドカップ(CWC)3連覇に闘志を燃やした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽レアル・マドリーは15日にホームで行われたリーガエスパニューラ第16節でラージョと対戦(1-0でレアル・マドリーが勝利)。内容こそ物足りなさを残したが、シーズン2度目のリーグ3連勝を飾り、その勢いのまま各大陸王者の集うCWCに参戦する。 ▽ヴァランはラージョ戦後、「前半に試合を決めるチャンスがあったけど、決め切れなかった。でも、チームとしてうまく戦い、重要な3ポイントを手にできたよ」とコメント。クラブW杯に向けても次のように語り、優勝に意欲を示した。 「僕らは情熱と高揚した気持ちを抱き、CWCに挑む。僕らにとって、あの大会は重要だ。ベストを尽くすよ」 ▽なお、ヨーロッパ王者としてCWCに臨むレアル・マドリーは準決勝から登場。そのベスト4では、アジア王者の鹿島アントラーズと激突する。 2018.12.16 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

安部の投入で流れ変えた鹿島、北中米王者に逆転勝利でレアル・マドリーと再戦へ!《CWC》

▽鹿島アントラーズは15日、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2018の2回戦でグアダラハラ(メキシコ)と対戦し、3-2で鹿島が勝利した。 ▽クラブ史上初のアジア王者に輝いた鹿島は、負傷で鈴木と三竿を欠く中、安部をベンチスタートとし、外国籍選手5人をスタメンで起用した。 ▽北中米カリブ海王者のグアダラハラに対し、いつも通りのフラットな[4-4-2]を採用した鹿島は2トップに土居とセルジーニョ、中盤右に遠藤、左にレアンドロ、中盤センターにレオ・シルバと永木を据えた。 ▽立ち上がりからポゼッションを許した鹿島は開始3分に失点する。自陣左サイドで昌子がブリスエラに交わされ、クロスボールを内田が被ったところをサルディバルにヘッドで押し込まれた。 ▽失点後も押し込まれた鹿島は13分にレアンドロがミドルシュートを放つも、GKの正面を突いてしまう。 ▽その後も攻め手なくペースを掴めない鹿島は、40分にロングスローの流れからサルディバルに決定的なシュートを許すも、GKクォン・ステンがセーブし、追加点は許さない。追加タイムにもバー直撃のミドルシュートを浴びるなど、劣勢のまま前半を終えてしまった。 ▽後半からレアンドロに代えて安部を投入した鹿島は、開始4分に追いつく。セルジーニョのパスを受けた土居がボックス左に侵入してクロスを入れると、ゴール前に走り込んでいた永木が押し込んだ。 ▽安部の投入で流れを引き寄せる鹿島が前半とは打って変わって互角の攻防を繰り広げると、68分にPKを獲得する。土居がボックス内でマリンに倒されたとしてPKとなり、このPKをセルジーニョが確実に決めて逆転に成功した。 ▽終盤、土居に代えて安西を投入し逃げ切りを図る鹿島は、84分に勝負を決定付ける。安西のパスを受けたボックス手前左の安部が右足を振り抜き、ゴール右上に流し込んだ。 ▽試合終了間際の追加タイム2分、山本がボックス内で相手選手を蹴ったプレーがVARによってPKとなり、1点差に詰め寄られた鹿島だったが、逃げ切り勝利。レアル・マドリーの待つ準決勝へ進出した。 2018.12.16 00:01 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFAがクラブW杯出場の鹿島に期待「もう一度決勝へ。さらに一歩進むことを望む」

鹿島アントラーズは15日に、FIFAクラブワールドカップの準々決勝で北中米カリブ王者のグアダラハラと対戦する。FIFA(国際サッカー連盟)が『2016年のスターが世界の舞台に戻ってくる』と題して鹿島の特集を組んだ。<br><br>鹿島は16年に明治安田生命J1リーグでチャンピオンシップを勝ち抜き優勝。日本で行われたクラブW杯へ開催国王者として出場した。すると、オセアニア王者、アフリカ王者、南米王者を次々に撃破。決勝ではチャンピオンズリーグを制したスペインのレアル・マドリー相手に一時逆転しながらも延長戦の末に2-4と力負け。それでもアジアのクラブとして初の決勝進出を果たすなど強烈なインパクトを残した。<br><br>FIFAは鹿島について「彼らは2016年に決勝へ進出した開催国チームでレアル・マドリーと延長戦を戦った。今度はアジア王者としてトーナメントに戻ってくる」と紹介。「2016年にキープレーヤーだった金崎夢生、植田直通、柴崎岳は移籍した」ものの、「2016年の中心メンバーは依然として残っている。そしてブラジルのトリオ、レアンドロ、レオ・シルバ、セルジョーニョの新顔もいる」と、アジア王者の分厚い選手層を評価した。<br><br>その中でFIFAは鹿島のキープレーヤー3人に土居聖真、遠藤康、昌子源をピックアップ。土居については「ミッドフィールドの中央と右側でうまくプレーすることで、多才さを証明した。2016年大会で3つの重要なアシストを記録し、アトレティコ・ナシオナルとの準決勝では先制点をマークしている」と、決定的なシーンに絡むキーマンに挙げた。<br><br>また、遠藤は「準々決勝のマメロディ・サンダウンズ戦で先制点を挙げ、準決勝ではリードを広げるゴールを奪うなど、遠藤は2016年大会で重要なゴールを決めた。大岩監督は当然、UAEでも彼が再現することを望んでいる」と、16年大会で見せた決定力の高さを取り上げた。<br><br>そして、昌子については「日本代表として出場したロシア・ワールドカップの3試合で、世界のエリートを相手に試合をした」と紹介。2016年大会に続いて「彼は2度目の世界大会に出場する」と、W杯を経て臨む日本代表センターバックも注目プレーヤーに推している。<br><br>2年前の快進撃もあり、今大会における鹿島への注目度は高い。FIFAは「2年前の鹿島の3つの勝利を見て、彼らがもう一度決勝に進出する、あるいはさらに一歩進んでいくことを望んでいる」と、16年大会以上の再現、優勝に期待を寄せた。<br><br>鹿島は15日に準々決勝で北中米カリブ海王者のグアダラハラと対戦。勝てば準決勝でレアル・マドリーと2年ぶりの再戦が実現する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.15 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島DF昌子源の今冬トゥールーズ移籍に現実味? 移籍金は約3億8000万円か

▽鹿島アントラーズに所属する日本代表DF昌子源(26)の今冬でのトゥールーズ移籍が現実味を帯びてきているようだ。フランス『LesViolets』が伝えている。 ▽常勝軍団・鹿島を支え続ける昌子。日本代表として今夏ロシア・ワールドカップに出場し、クラブでは今年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に貢献するなど、若きディフェンスリーダーとして成長を続けている。 ▽その昌子には最近リーグアンのトゥールーズが獲得への関心を示しているとの噂が浮上。そして今回同メディアは「方針転換がなければ、昌子源は今冬にトゥールーズの新入り選手となる」と移籍濃厚であることを報じた。移籍金は300万ユーロ(約3億8000万円)と推定されており、トゥールーズの経営陣が日本での交渉に向かうようだ。 ▽ロシア・ワールドカップ終了後、同じリーグアンのストラスブールに関心を寄せられながら移籍が実現しなった昌子。ついに海外挑戦することになるのだろうか。 2018.12.15 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

安部裕葵がベストヤングプレーヤー賞を受賞! 鹿島から歴代最多史上4人目

▽Jリーグは13日、鹿島アントラーズに所属するU-19日本代表FW安部裕葵(19)のベストヤングプレーヤー賞受賞を発表した。 ▽安部は2017年に瀬戸内高校から鹿島に入団。プロ2年目の今シーズンは明治安田生命J1リーグ22試合に出場して2得点を記録した。Jリーグ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ベストヤングプレーヤー賞に選んでいただきありがとうございます。この賞は自分ひとりの力ではなく、チーム、先輩方、そして関係者の皆さまが僕をサポートしてくれたので受賞できたと思っています。そして僕をずっと支えてくれた家族にも、とても感謝しています。クラブワールドカップ出場のため、Jリーグアウォーズへの参加はできませんが、Jリーグを代表して戦ってきますので、皆さま応援よろしくお願いいたします」 ▽なお、安倍は柳沢敦氏や日本代表MF柴崎岳(現ヘタフェ)、MFカイオ(現アル・アイン)に続く鹿島史上4人目のベストヤングプレーヤー賞(新人王を含む)受賞者に。クラブとしても歴代最多受賞となる。 ◆歴代ベストヤングプレーヤー賞受賞者(新人王を含む) 1993:MF澤登正朗(清水エスパルス) 1994:MF田坂和昭(ベルマーレ平塚) 1995:GK川口能活(横浜F・マリノス) 1996:DF斉藤俊秀(清水エスパルス) 1997:FW柳沢敦(鹿島アントラーズ) 1998:MF小野伸二(浦和レッズ) 1999:DF中澤佑二(ヴェルディ川崎) 2000:MF森崎和幸(サンフレッチェ広島) 2001:MF山瀬功治(コンサドーレ札幌) 2002:DF坪井慶介(浦和レッズ) 2003:DF那須大亮(横浜F・マリノス) 2004:FW森本貴幸(東京ヴェルディ) 2005:FWカレン・ロバート(ジュビロ磐田) 2006:MF藤本淳吾(清水エスパルス) 2007:GK菅野孝憲(横浜FC) 2008:MF小川佳純(名古屋グランパス) 2009:FW渡邉千真(横浜F・マリノス) 2010:MF宇佐美貴史(ガンバ大阪) 2011:DF酒井宏樹(柏レイソル) 2012:MF柴崎岳(鹿島アントラーズ) 2013:FW南野拓実(セレッソ大阪) 2014:MFカイオ(鹿島アントラーズ) 2015:FW浅野拓磨(サンフレッチェ広島) 2016:MF井手口陽介(ガンバ大阪) 2017:DF中山雄太(柏レイソル) 2018:FW安部裕葵(鹿島アントラーズ) 2018.12.13 20:55 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース