超ワールドサッカー

元鹿島のDFファン・ソッコが天津泰達に加入…ミケルやグデリと同僚に2017.01.30 10:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグの天津泰達は、鹿島アントラーズを退団していた元韓国代表DFファン・ソッコ(27)の加入を発表した。

▽ファン・ソッコは観光の大邱大学から2012年にサンフレッチェ広島へ入団。3シーズンを過ごし、J1で56試合に出場し3得点を記録。2012年にはロンドン・オリンピックに臨むU-23韓国代表に選出され、銅メダル獲得に貢献した。

▽鹿島には2015年に加入すると、J1で36試合に出場。しかし、2016年シーズンで契約満了となり退団していた。

▽天津泰達は今オフにチェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルやアヤックスのセルビア代表MFネマニャ・グデリを獲得していた。

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島DF町田浩樹が右ヒザ前十字靭帯損傷…全治は約6カ月

▽鹿島アントラーズは20日、チームドクターの検査によりDF町田浩樹が右ヒザ前十字靭帯損傷と診断されたことを発表した。全治は約6カ月とのことだ。 ▽町田は、19日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節の川崎フロンターレ戦(0-3で敗北)に先発出場を果たしたものの、阿部にプレスをかけた際に右ヒザを負傷。36分にブエノと負傷交代をした。 ▽2016年に鹿島ユースからトップチーム昇格を果たした町田は今シーズン、J1リーグにここまで2試合に出場していた。 2017.05.20 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎F、3発快勝の今季初3連勝! 鹿島は初の連敗で今季ホーム5敗目《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節の鹿島アントラーズvs川崎フロンターレが19日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-0で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで7勝4敗で4位につける鹿島(勝ち点21)と、5勝4分け2敗で7位につける川崎F(勝ち点19)が激突した。前節のヴィッセル神戸戦を落としたことで首位キープに失敗した鹿島は、その一戦から先発メンバーを5人変更。左ヒザ半月板損傷で手術を受けたレオ・シルバと左大腿二頭筋筋損傷と診断された遠藤らに代えて、永木とレアンドロらを起用した。また、金森がリーグ戦初出場となった。 ▽一方、前節のジュビロ磐田戦を2-0で勝利し、今シーズン初の連勝を飾った川崎Fは、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ハイネルに代えて長谷川を起用した。 ▽かつて鹿島でチームメイトだった鹿島の石井正忠監督と川崎Fの鬼木達監督の指揮官対決となった一戦は、互いに主導権を譲らない球際の激しい立ち上がりとなる。そんな中、まずはホームの鹿島が仕掛ける。5分、ハーフウェイライン付近から永木がディフェンスラインの裏へロングボールを送ると、鈴木が反応。ボックス内へ抜け出してダイレクトで左足を合わせるもミートすることができない。 ▽ここまで押し込まれる展開が続く川崎Fだが、一瞬の隙から先制点を奪う。19分、左CKから鈴木のシュートをGKチョン・ソンリョンがブロックすると、こぼれ球を拾った車屋が左サイドを駆け上がり、ボックス左へスルーパス。抜け出した長谷川が左足でシュートを放ち、GKクォン・スンテのパンチングを誘うと、こぼれ球を阿部が押し込んだ。 ▽先制を許した鹿島はその後も川崎Fを押し込むが、前半終盤に差し掛かると、追い打ちとなるアクシデント。32分に阿部にプレスをかけた町田が接触の際に右ヒザを痛め、プレー続行不可能に。36分にブエノとの負傷交代を余儀なくされてしまう。 ▽この事態を契機に流れを引き寄せたのは川崎F。徐々に持ち味であるパスワークを発揮し始めると45分、最終ラインの谷口からの縦パスを大島がスルー。そのままボールは鹿島ディフェンスの裏へと転がり、ボックス右に侵攻した小林のクロスをゴール正面の阿部が右足で合わせる。一度はGKクォン・スンテに弾かれるも、こぼれ球を長谷川が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽2点ビハインドで試合を折り返した鹿島は攻勢を強める。すると49分、ボックス右手前から西がクロスを供給。これをゴール前の山本が頭で合わせるも、GKチョン・ソンリョンの好守に阻まれる。さらに54分、ブエノのスルーパスに抜け出した金森がGKチョン・ソンリョンとの一対一を迎えるが、決め切ることができない。 ▽立て続けのピンチを防いだ川崎Fは61分、ボックス左外の車屋がボックス左手前にパスを送ると、登里がボックス内へと侵攻。強引に突破して左足を振り抜くと、右ポストに直撃してゴールに吸い込まれた。 ▽3点目を奪われた鹿島はその直後、金森を諦めて金崎を投入。猛攻を仕掛けるも、相手ゴールを脅かすことができない。85分にはボックス右手前でパスを受けた金崎が一人交わしてシュートを放つも、GKチョン・ソンリョンのファインセーブに防がれる。 ▽終盤は鹿島に押し込まれる展開が続くも、川崎Fが最後までゴールを許さず試合終了。計3発のゴールを奪った川崎が今季初の3連勝。対する鹿島はホーム5敗目を喫した。 2017.05.19 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島に痛手…手術のMFレオ・シルバとMF遠藤康が離脱

▽鹿島アントラーズは18日、MFレオ・シルバとMF遠藤康の負傷について発表した。 ▽14日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節のヴィッセル神戸戦で負傷したレオ・シルバは、左ヒザ半月板損傷のため17日に手術を行った。全治は6~8週間とのことだ。 ▽一方、同じくヴィッセル神戸戦で負傷した遠藤は、左大腿二頭筋筋損傷と診断された。全治は3~4週間と発表されている。 ▽鹿島は現在、7勝4敗で4位に位置。19日にはホームでの川崎フロンターレ戦を控えているが、主力2選手の離脱は優勝を狙うチームにとって大きな痛手となるだろう。 2017.05.18 13:07 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島で日本生活体験のレオナルド、外国資本のクラブの発展には「異文化交流が重要」

元ブラジル代表で、ミランや鹿島アントラーズでプレーした経験を持つレオナルド氏が15日、イタリアのサッカー専門ラジオ放送『TMW Radio』のインタビューに応じ、異文化交流の大切さを説いた。<br><br>レオナルド氏はサンパウロに所属していた1993年に元日本代表監督のジーコから誘いを受け、翌年に鹿島へ入団することを決断した。当時日本でプレーしていた選手は、カレカ、ギャリー・リネカー、ピエール・リトバルスキーなどすでにピークを過ぎた選手が多く、まだ25歳だったレオナルド氏は珍しい存在だった。レオナルド氏は鹿島への移籍がきっかけで、「知らない国や異文化に対して、学ぼうという姿勢が生まれた」と振り返っている。<br><br>レオナルド氏はその経験をベースに、近年、サッカー界において勢いを増す中国資本の参入について触れ、異文化交流の重要さを述べている。<br><br>「ミランやインテルなど中国資本による外国の強豪クラブの買収が続いている。僕は日本で暮らしたことがあるし、パリ・サンジェルマンのように外国資本のクラブで働いたことがある。だから異文化交流や情報交換はプロジェクトを成長させる上で非常に重要となる」<br><br>監督やスポーツディレクターとしての経験もあるレオナルド氏だが、自身の将来については言葉を濁している。<br><br>「自分が求める注文が少々多くなってきている。サッカー選手としての自分のキャリアに満足しているし、引退後の仕事は個人的なコネクションを通じてオファーを受けたものだ。現在はオファー待ちの状態だが、急いでいない。コンサルタントみたいな仕事をしているけど、建築家みたいな感じで結構気に入っているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.16 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

5試合ぶりの勝利となった神戸、首位鹿島を下す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節鹿島アントラーズvsヴィッセル神戸が14日に行われ、2-1でアウェイの神戸が勝利した。 ▽現在2連勝中で首位を走る鹿島は、浦和レッズ相手に1-0で勝利した前節から、伊東、植田、金崎を代えて、町田、三竿、鈴木を先発に起用。一方、ここ4試合で1分け3敗と、開幕当初の好調ぶりが影を潜めている8位の神戸は、前節から、三原、ウエスクレイ、田中に代わり、松下、中坂、渡邉がスタメンに名を連ねた。 ▽開始5分、最初のチャンスは鹿島に訪れる。厳しいチェックでニウトンのパスミスを誘うと、これを奪ったペドロ・ジュニオールがドリブルでボックスまで持ち込み、そのままシュート。しかしGKキム・スンギュに弾かれ、得点には至らない。 ▽鹿島優勢かと思われたが、アウェイの神戸が先にスコアを動かす。10分、敵陣中央の右サイドでFKを得ると、キッカー松下が左足で挙げたクロスボールが、競り合いに行った鹿島DF西の頭に当たりオウンゴール。ラッキーな形で先制点を奪った神戸は、さらに首位の鹿島を突き放す。 ▽先制点を取った直後の14分、橋本が左サイド深くまで攻め込むと、そこからクロスを供給。DFのマークを上手く外した渡邊が頭で合わせて追加点をマークした。 ▽立て続けに2点を奪われてしまった鹿島は、28分に、ボックス外から遠藤が狙うが、僅かにゴールの右に外れて得点とはならず。前半のうちに、何とか1点でも返しておきたい鹿島だったが、36分には、渡邊にポスト直撃のシュートを打たれるなど、神戸に攻め込まれる展開で前半を終えた。 ▽迎えた後半、2点差を追う鹿島が先にチャンスを作る。57分、ボックス手前でレオ・シルバが、前半の交代で入った金崎にスルーパスを送ると、ゴールエリア右からシュート。GKに弾かれたところを、今度は鈴木が押し込むが、再びGKに阻まれ得点機を生かすことができない。 ▽79分にも鹿島にビッグチャンス。右CKをファーの昌子が中へ折り返すと、町田がダイレクトでボレーシュート。クロスバーに直撃して跳ね返ったボールを三竿が頭で押し込むが、ゴール手前でクリアされてしまう。 ▽さらに84分、ボックス手前中央でFKを獲得した鹿島は、キッカーの永木が右ポストを叩くシュートを放つ。こぼれ球に金崎が反応、さらにレアンドロもシュートを狙うが、得点を奪うことはできず。 ▽後半攻め続けた鹿島が、89分にようやく1点を返す。右サイドの西からグラウンダーのクロスが供給されると、これを中央のレアンドロが左足ダイレクトで合わせてゴール。アウト回転のかかったシュートは、GKキム・スンギュが防ぎ切れず、ゴールに吸い込まれた。 ▽同点にしたい鹿島はなおも攻めるが、追いつくまでには時間が足りず、1-2のまま試合は終了。早い時間帯で2点を奪った神戸が、そのまま逃げ切りに成功し、5試合ぶりの勝利となった。 2017.05.14 16:29 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース