元鹿島のDFファン・ソッコが天津泰達に加入…ミケルやグデリと同僚に2017.01.30 10:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグの天津泰達は、鹿島アントラーズを退団していた元韓国代表DFファン・ソッコ(27)の加入を発表した。

▽ファン・ソッコは観光の大邱大学から2012年にサンフレッチェ広島へ入団。3シーズンを過ごし、J1で56試合に出場し3得点を記録。2012年にはロンドン・オリンピックに臨むU-23韓国代表に選出され、銅メダル獲得に貢献した。

▽鹿島には2015年に加入すると、J1で36試合に出場。しかし、2016年シーズンで契約満了となり退団していた。

▽天津泰達は今オフにチェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルやアヤックスのセルビア代表MFネマニャ・グデリを獲得していた。

コメント

関連ニュース

thumb

レアンドロ&金崎弾の鹿島が清水撃破で首位キープ《J1》

▽19日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第23節の鹿島アントラーズvs清水エスパルスは、ホームの鹿島が2-0で勝利した。 ▽川崎フロンターレとの前節に大岩体制10試合目にして初黒星を喫した首位の鹿島(勝ち点46)。今回の清水戦は、仕切り直しの一戦となる。先発は川崎F戦から2名を変更。遠藤、レオ・シルバに代わり、小笠原、土居がスタメン復帰した。 ▽一方、13位の清水(勝ち点25)は、前節の柏レイソル戦を1-4の完敗。今節は、2試合ぶりの勝利を狙う。先発は前節から1名のみを入れ替え、鄭大世が引き続き負傷欠場。今夏加入の増田が初先発となり、清水がベンチから戦況をうかがった。 ▽日本代表のハリルホジッチ監督が視察した試合は、17分に動く。敵陣中央の低い位置で小笠原の縦パスに反応した金崎がワンタッチでボールを叩く。これを受けたレアンドロが中央を突破。その流れから冷静にボールを沈め、鹿島が先制する。 ▽見事な崩しから均衡を破った鹿島は、その後も清水を相手に試合の主導権を掌握。しかし、追加点を奪うことはできない。迎えた後半も同様の展開が続く。すると、鹿島は67分に中村に代えて鈴木を投入。清水を引き離しにかかる。 ▽その中で、清水は村田、清水、金子を立て続けに投入。しかし、次にネットを揺らしたのも鹿島だった。87分、三竿健斗が金崎にボールを供給する。ボックス右に持ち込んだ金崎が対面したDFの間をずらして右足シュートを決めた。 ▽結局、清水を相手に貫禄の戦いを見せた鹿島が連敗を阻止。首位の座を守った。 2017.08.19 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

家長の移籍後リーグ初弾などで完勝の川崎Fが首位鹿島にシーズンダブル達成!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節の川崎フロンターレvs鹿島アントラーズが13日に等々力陸上競技場で行われ、3-1で川崎Fが勝利した。 ▽前節のアルビレックス新潟戦で中断明け初勝利を飾った4位川崎F(勝ち点39)は、前節から先発メンバーを2人変更。右モモ裏に違和感を訴えた小林と長谷川に代えて、家長と登里が先発。[4-2-3-1]の布陣を採用し、1トップには阿部が起用された。 ▽一方、リーグ戦9試合無敗で首位に返り咲いた鹿島(勝ち点46)は、前節の神戸戦から土居に代えて遠藤を先発で起用。[4-4-2]の布陣を採用し、金崎の相棒には中村充が起用されている。 ▽雨の降りしきる中スタートした一戦は、ホームの川崎Fが立ち上がりから攻勢に出る。4分、敵陣でボールを奪った大島が前線に繋ぐと、中村憲の落としをボックス左で受けた阿部が切り返しからシュート。さらに6分には、阿部とのパス交換でボックス左から仕掛けた登里にチャンスが生まれたが、シュートは西のスライディングブロックに阻まれた。 ▽試合の主導権を握る川崎Fは、20分にもセットプレーから決定機。中村憲の右CKをゴール前の家長が胸で落とすと、これに反応したエウシーニョがゴール左からシュート。しかし、これは枠の左に外れた。 ▽川崎Fのコンパクトな守備に苦しむ鹿島は、40分に最初のチャンスを迎える。ボックス右手前でボールを受けた中村充が強烈なミドルシュートを放つと、GKチョン・ソンリョンの弾いたボールに金崎が詰めたが、ヘディングはミートできず。 ▽このまま前半終了かと思われたが、前半終盤に川崎Fが試合を動かす。前半アディショナルタイム1分、右サイドを持ち上がった家長がボックス中央の阿部へパスを送ると、阿部のスルーが守備に戻った西のオウンゴールを誘った。 ▽先制した川崎Fは、後半開始早々に追加点を奪う。46分、右サイドを突破したエウシーニョがボックス内の登里へパス。これを登里がワンタッチで落とすとボックス右の阿部がコントロールシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽2点を追う鹿島は、56分に中村充を諦めて鈴木を投入。さらに61分には、レアンドロに代えて安部をピッチに送り出した。すると65分には、西のスルーパスでゴール右まで侵攻した安部に決定機が生まれたが、シュートは枠の左に外れた。 ▽対する川崎Fは64分に登里を下げハイネルを、72分に中村憲に代えて小林を投入した。すると、小林のファーストプレーが追加点を生む。小林とのパス交換でボックス右から侵攻した家長がカットインから左足を振り抜く。これがGK曽ヶ端の右手をかすめるも、そのままゴール左に吸い込まれた。 ▽鹿島は87分に途中出場の伊東の右クロスから鈴木が1点を返すも、反撃はここまで。家長の移籍後リーグ初ゴールなど3ゴールを奪った川崎Fが、首位鹿島にシーズンダブルを達成した。 2017.08.13 21:23 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島が阪南大MF山口一真の来季加入内定を発表! 昨年には全日本大学選抜に選出

▽鹿島アントラーズは13日、阪南大学MF山口一真選手(21) の来季加入内定を発表した。 ▽東京都出身の山口は、山梨学院大付属高校から阪南大学へ進学。2014年にデンソーカップチャレンジ関西選抜に選ばれると、翌年からはデンソーカップチャレンジ全日本選抜に選出。2016年には全日本大学選抜にも参加した。 ▽クラブの公式サイトでは同選手の特徴を「優れた個人能力で前線のポジションを幅広くこなす、攻撃的プレーヤー。質の高いドリブルとパス、左右両足による正確なシュートで決定的な仕事を行う」と評している。 2017.08.13 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】上位戦線を占う一戦…川崎Fの踏みとどまりか、鹿島の独走態勢か《川崎Fvs鹿島》

▽明治安田生命J1リーグ第22節が13日に行われる。今節、ピックアップするのは、ミッドウィークに行われた前節から中3日で迎える19時キックオフの4位・川崎フロンターレ(勝ち点39)と1位・鹿島アントラーズ(同46)の一戦だ。 <span style="font-weight:700;">◆因縁の両者が上位争いで再会</span> ▽今シーズンも上位争いを演じる両者。昨シーズンもタイトルを目指す中で激闘を繰り広げてきた。昨シーズンのリーグにおける対戦戦績は、1勝1分けで川崎Fに軍配。しかし、チャンピオンシップ準決勝、天皇杯決勝とタイトルが懸かった一戦では常に鹿島が制している。 ▽今シーズンにおいても両者は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)との兼ね合いの中、序盤から着々と勝ち点を蓄積。川崎Fはここまで連敗することなく、順調に白星を挙げて現在4位、鹿島に至ってはシーズン途中に石井正忠監督から大岩剛監督への交代劇があったものの、その後は9戦負けなしで首位に位置している。 ▽両者の勝ち点差は「7」。川崎Fは、因縁の相手からダブルを達成することで悲願のタイトル獲得に向けてギアを上げたい。一方、前節首位に浮上した鹿島にしても、不敗街道に乗る最後に土をつけられた川崎Fにリベンジを果たし、連覇に向けて足元を固めていきたいところ。ちなみに、7日の時点でチケットは完売。白熱すること間違いなしの優勝争いを占う一戦と言えそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆前回対戦は川崎Fの圧勝</span> ▽両者の前回対戦は、5月19日に県立カシマサッカースタジアムで行われた第12節。ほぼベストメンバーで挑んだ川崎Fに対して、鹿島はDF植田直通やMF遠藤康、MFレオ・シルバら多くの主力選手を欠いた。試合は序盤から激しい攻防が繰り広げられる中、川崎Fが19分に鹿島のお株を奪うようなカウンターからMF長谷川竜也のシュートのこぼれ球をMF阿部浩之が押し込んで先制。前半終了間際にも長谷川が追加点を奪った川崎Fは、61分にMF登里享平が試合を決定づける3点目を挙げ、川崎Fが3-0で勝利した。 <span style="font-weight:700;">◆ホームで雪辱晴らし連勝街道復帰へ〜川崎フロンターレ〜</span> ▽前節のアルビレックス新潟戦(2-0)で中断期間明け以降の初勝利。順位も1つ上げて4位に浮上した。とは言え、反省すべき点も多々ある。勝利こそしたものの、試合の入り方が悪く、終盤にもペースダウン。最下位相手に押し込まれる時間帯が長くあった。GKチョン・ソンリョンの好守がなければ、結果が変わっていてもおかしくない出来だった。今節の相手は勝負強さの面で上手の鹿島。一瞬の隙も見逃してくれないだろう。しかし、試合巧者相手にダブルを達成することができれば、大きな自信になるはずだ。昨シーズンのチャンピオンシップ準決勝で苦渋を味わったホーム・等々力で雪辱を晴らし、連勝街道復帰を果たしたい。 <span style="font-weight:700;">◆得意のアウェイで首位独走態勢へ〜鹿島アントラーズ〜</span> ▽前節のヴィッセル神戸戦(2-1)では、後半立ち上がりに先制点を許したものの、その後は運動量が落ちた神戸の隙を突いてFW金崎夢生の2ゴールで逆転勝利。9試合負けなしで首位復帰を果たした。チームは中断期間明け以降、7得点1失点と好守において好調ぶりをキープ。さらに、MFレアンドロやMF三竿健斗、FW安部裕葵といった新戦力や若手の台頭もあり、選手層にも厚みが増している充実ぶりだ。しかし、前回対戦では、川崎Fに0-3で屈辱の惨敗。9勝1分けで得意とするアウェイの地で川崎Fに前回対戦のリベンジを果たすことで優勝争いのライバルを蹴落としておきたいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>(4-2-3-1)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170811_18_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、谷口彰悟、エドゥアルド、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット、小林悠、中村憲剛、登里享平 FW:阿部浩之 監督:鬼木達 ▽川崎Fは常用の[4-2-3-1]。前節からの変更点は2点か。DF奈良竜樹と長谷川に代えてDFエドゥアルドと登里を起用することが予想される。万全の態勢だ。右サイドバックには加入した2015年から鹿島とのリーグ戦で4試合3ゴールのエウシーニョを配置。前回対戦で先制点を挙げた阿部が1トップを務める。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ</span>(4-4-2)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170811_18_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:曽ヶ端準 DF:西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗 MF:レオ・シルバ、三竿健斗、レアンドロ、中村充孝 FW:金崎夢生、土居聖真 監督:大岩剛 ▽伝統の[4-4-2]を採用。負傷離脱のFWペドロ・ジュニオールは痛手も特に問題はなしか。ダブルボランチの位置では、前回対戦で出場しなかったレオ・シルバと三竿がコンビを組むことになりそうだ。両サイドハーフは、右にレアンドロ、左にMF中村充孝と好調な2人の先発を予想。2トップには前回対戦で途中出場だった金崎とFW土居聖真が務めるだろう。 <span style="font-weight:700;">【キープレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW小林悠</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170811_18_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽川崎FのキープレーヤーにはFW小林悠をチョイスする。前節では、中断期間明け初ゴールで2ケタ得点に到達。調子は上向きだ。しかし、MF中村憲剛と阿部とのコンビネーションは停滞気味。連携を改善し、持ち前の裏への抜け出しで試合巧者である鹿島のディフェンスをかく乱させたい。チームを勢いづかせるためにも主将の2戦連発に期待がかかる。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170811_18_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty images<hr></div>▽10戦無敗継続へ鍵を握るのはDF昌子源だ。ここ数試合らしくないプレーもあったものの、調子は復調しつつある。最近ではキャプテンマークを巻く機会も増え、責任感も増加。前節のFW渡邉千真とのマッチアップで見せた這いつくばりながらのディフェンスには凄まじい執念さえを感じた。前回対戦では3失点を喫しただけに、この一戦に賭ける思いは強いだろう。DF植田直通との好連携でJ屈指の攻撃陣を擁する川崎Fを封殺したい。 2017.08.12 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

金崎2発で鹿島が首位浮上! 神戸はハーフナー初起用も逆転負けで11位後退《J1》

▽9日に明治安田生命J1リーグ第21節のヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズがノエビアスタジアム神戸で行われ、2-1で鹿島が勝利した。 ▽14勝1分け5敗で2位の鹿島(勝ち点43)は、首位のセレッソ大阪(勝ち点44)と勝ち点1差で肉薄。大岩監督就任以降、公式戦11戦無敗かつ直近の8戦では7勝している。首位奪還を狙う鹿島は2-0で勝利したベガルタ仙台戦からスタメンを3名変更。伊東、小笠原、遠藤に代えて、山本、レオ・シルバ、レアンドロを送り出した。 ▽対して、神戸(勝ち点29)は9勝2分け9敗で10位に沈んでいる。前節の柏レイソル戦では1-3で敗れ、大型助っ人のルーカス・ポドルスキも完封。リーグ後半戦の最初の試合となった大宮アルディージャ戦を3-1勝利でスタートし良いムードが流れつつあったタイミングでの敗北だっただけに、中3日の過密日程とはいえホームの舞台で連敗を晒す事態は避けたいところ。リーグ屈指の強敵との試合に臨む神戸は、前節からスタメンを4名変更。伊野波、ニウトン、田中、三原に代えて、藤谷、高橋、藤田、小川を送り出した。 ▽試合の序盤は神戸がポドルスキを中心に攻勢をかけた。9分、橋本がディフェンスラインの裏に浮き球のパスを供給すると、ポドルスキにシュートチャンスが訪れる。上手い抜け出しからシュートを放ったが、GKに阻まれた。続いて、15分にもポドルスキがこぼれ球を拾って右足を振りぬいたが、またもGKが立ちはだかった。 ▽縦に素早くボールを運ぶ神戸が頻繁に鹿島のゴールマウスを襲う展開が続くが、鹿島はGK曽ヶ端を中心に全員で守り、得点には至らない。前半終了間際の46分、敵陣中央で得たFKをキッカーのレオ・シルバが意表を突いてショートパスで始めたが、DFにクリアされた。結局、点が動かないまま試合は折り返しを迎えた。 ▽後半に入っても神戸の攻撃は続いた。48分、ボックス内左でボール受けたポドルスキがDFをかわして左足から強烈なシュートを繰り出す。しかし、これはGKが弾いて右CKに。キッカーを藤田が務めると、神戸の猛攻が実を結んだ。高い弾道のクロスが供給されると、渡部がDFと競り合いながら頭で叩きつけ、ネットを揺らした。 ▽負けられない鹿島は55分、ボックス手前中央で得たFKのキッカーをレオ・シルバが務めると、シュートを選択。低い弾道のシュートは壁に当たり、枠には飛ばなかった。続く62分、64分にもCKを獲得した鹿島がゴールに迫ったが、得点には繋がらなかった。それでも徐々に鹿島に得点の気配が漂い始める。 ▽すると69分、鹿島が同点弾を奪いきった。鈴木が左サイドからグラウンダーのクロスを送ると、ボックス内で反応した中村がワンタッチで後方に落とす。走り込んだ金崎がダイレクトで合わせ、ゴールに流し込んだ。 ▽勢いに乗る鹿島がサイドの西や山本を起点にして攻勢を強め始めると、神戸は76分にポドルスキに代えてハーフナー・マイクを獲得後初めて起用。ディフェンスラインからの長いボールを多用し始める。しかし、ハーフナーにはなかなか収まらない。 ▽神戸が流れを引き戻せずにいると、86分に鹿島が逆転弾を叩き込んだ。西のパスを敵陣で受けたレアンドロが素早く前線にスルーパスを送る。走りこんでいた金崎がボールを受け取ると、ドリブルを開始。GKをかわして冷静にゴールに蹴り込み、この日の2得点目とした。 ▽結局、試合はこのまま終了。この結果、大岩監督就任以降の無敗記録を「12」に伸ばした鹿島(勝ち点46)は、C大阪(勝ち点44)を追い抜いて首位に浮上した。対して、ホームで手痛い逆転負けを喫した神戸は、新戦力ハーフナーの起用も及ばずに連敗に。順位を1つ下げ、11位に後退することとなった。 2017.08.09 21:20 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース