元鹿島のDFファン・ソッコが天津泰達に加入…ミケルやグデリと同僚に2017.01.30 10:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグの天津泰達は、鹿島アントラーズを退団していた元韓国代表DFファン・ソッコ(27)の加入を発表した。

▽ファン・ソッコは観光の大邱大学から2012年にサンフレッチェ広島へ入団。3シーズンを過ごし、J1で56試合に出場し3得点を記録。2012年にはロンドン・オリンピックに臨むU-23韓国代表に選出され、銅メダル獲得に貢献した。

▽鹿島には2015年に加入すると、J1で36試合に出場。しかし、2016年シーズンで契約満了となり退団していた。

▽天津泰達は今オフにチェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルやアヤックスのセルビア代表MFネマニャ・グデリを獲得していた。
コメント
関連ニュース
thumb

安部裕葵がベストヤングプレーヤー賞を受賞! 鹿島から歴代最多史上4人目

▽Jリーグは13日、鹿島アントラーズに所属するU-19日本代表FW安部裕葵(19)のベストヤングプレーヤー賞受賞を発表した。 ▽安部は2017年に瀬戸内高校から鹿島に入団。プロ2年目の今シーズンは明治安田生命J1リーグ22試合に出場して2得点を記録した。Jリーグ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ベストヤングプレーヤー賞に選んでいただきありがとうございます。この賞は自分ひとりの力ではなく、チーム、先輩方、そして関係者の皆さまが僕をサポートしてくれたので受賞できたと思っています。そして僕をずっと支えてくれた家族にも、とても感謝しています。クラブワールドカップ出場のため、Jリーグアウォーズへの参加はできませんが、Jリーグを代表して戦ってきますので、皆さま応援よろしくお願いいたします」 ▽なお、安倍は柳沢敦氏や日本代表MF柴崎岳(現ヘタフェ)、MFカイオ(現アル・アイン)に続く鹿島史上4人目のベストヤングプレーヤー賞(新人王を含む)受賞者に。クラブとしても歴代最多受賞となる。 ◆歴代ベストヤングプレーヤー賞受賞者(新人王を含む) 1993:MF澤登正朗(清水エスパルス) 1994:MF田坂和昭(ベルマーレ平塚) 1995:GK川口能活(横浜F・マリノス) 1996:DF斉藤俊秀(清水エスパルス) 1997:FW柳沢敦(鹿島アントラーズ) 1998:MF小野伸二(浦和レッズ) 1999:DF中澤佑二(ヴェルディ川崎) 2000:MF森崎和幸(サンフレッチェ広島) 2001:MF山瀬功治(コンサドーレ札幌) 2002:DF坪井慶介(浦和レッズ) 2003:DF那須大亮(横浜F・マリノス) 2004:FW森本貴幸(東京ヴェルディ) 2005:FWカレン・ロバート(ジュビロ磐田) 2006:MF藤本淳吾(清水エスパルス) 2007:GK菅野孝憲(横浜FC) 2008:MF小川佳純(名古屋グランパス) 2009:FW渡邉千真(横浜F・マリノス) 2010:MF宇佐美貴史(ガンバ大阪) 2011:DF酒井宏樹(柏レイソル) 2012:MF柴崎岳(鹿島アントラーズ) 2013:FW南野拓実(セレッソ大阪) 2014:MFカイオ(鹿島アントラーズ) 2015:FW浅野拓磨(サンフレッチェ広島) 2016:MF井手口陽介(ガンバ大阪) 2017:DF中山雄太(柏レイソル) 2018:FW安部裕葵(鹿島アントラーズ) 2018.12.13 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島FW垣田裕暉の金沢への育成型期限付き移籍期間が延長「鹿島に帰って来られるように頑張ります!!」

▽鹿島アントラーズは12日、ツエーゲン金沢へ育成型期限付き移籍をしているFW垣田裕暉(21)の期限が延長となることを発表した。新たな期間は、2019年2月1日~2020年1月31日となる。 ▽垣田は、ジュニアユースから鹿島に所属し、ユース、トップチームと順調に昇格。金沢へは2017シーズンから育成型期限付き移籍で加入しており、来シーズンで3年目となる。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ38試合9ゴールとチームトップタイに得点を記録していた。 ▽垣田は、両クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆鹿島アントラーズ 「さらに活躍して鹿島に帰って来られるように頑張ります!!ご声援よろしくお願いします! 」 ◆ツエーゲン金沢 「来シーズンはもっとゴールを決められるように全力で頑張ります!!応援よろしくお願いします! 」 2018.12.12 17:03 Wed
twitterfacebook
thumb

ACL参戦の鹿島から離脱した三竿健斗と鈴木優磨、Jリーグアウォーズ参加

▽Jリーグは10日、鹿島アントラーズに所属する日本代表MF三竿健斗と同代表FW鈴木優磨の「2018Jリーグアウォーズ」参加決定を発表した。 ▽三竿と鈴木はUAEで行われるFIFAクラブ・ワールドカップに出場予定だったが、それぞれケガで遠征メンバーに帯同せず、「2018Jリーグアウォーズ」参加が決まった。 ▽「2018Jリーグアウォーズ」は18日に横浜アリーナで開催。両選手は共に優秀選手賞を受賞しており、Jリーグ最優秀選手賞およびベストイレブンに選ばれる可能性がある。 2018.12.10 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

12日開幕のクラブW杯最後の1枠はリーベル・プレート! 鹿島は15日に初戦《クラブ・ワールドカップ》

▽今月12日から22日にかけてUAEで開催されるFIFAクラブ・ワールドカップの出場チームが出揃った。 ▽鹿島アントラーズ(日本/アジア王者)、レアル・マドリー(スペイン/ヨーロッパ王者)、グアダラハラ(メキシコ/北中米カリブ海王者)、エスペランス(チュニジア/アフリカ王者)、チーム・ウェリントンFC(ニュージーランド/オセアニア王者)、アル・アイン(UAE/開催国王者)の出場が11月までにすでに決定した中、残り1枠の南米王者の決定はリーベル・プレートサポーターのバス襲撃による騒動などで同大会が開催される12月にまでずれ込んだ。 ▽そんな中、9日にサンティアゴ・ベルナベウで無事に開催されたコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグのリーベル・プレートvsボカ・ジュニアーズで、リーベル・プレートが延長戦の末に3-1で勝利。2戦合計スコア5-3でリーベル・プレートが3年ぶり4度目の南米王者に輝いた。 ▽この結果、クラブW杯の全出場チームが決定。南米王者のリーベル・プレートは18日の準決勝から登場する。 ▽アジア王者の鹿島は15日に北中米カリブ海王者のグアダラハラと対戦。この一戦に勝利すれば、19日に行われる準決勝でヨーロッパ王者レアル・マドリーと2016年大会以来の激突となる。対戦カード及び試合日程は以下の通り。 ◆1回戦 ▽12月12日(水) 《24:30》 アル・アイン(UAE/開催国王者) vs チーム・ウェリントンFC(ニュージーランド/オセアニア王者)-【M1】 ◆準々決勝 ▽12月15日(土) 《22:00》 鹿島アントラーズ(日本/アジア王者) vs グアダラハラ(メキシコ/北中米カリブ海王者)-【M2】 《25:30》 エスペランス(チュニジア/アフリカ王者) vs 【M1】勝者-【M3】 ◆5位決定戦 ▽12月18日(火) 《22:30》 【M2】の敗者 vs 【M3】の敗者 ◆準決勝 ▽12月18日(火) 《25:30》 リーベル・プレート(アルゼンチン/南米王者) vs 【M3】勝者-【M5】 ▽12月19日(水) 《25:30》 【M2】勝者 vs レアル・マドリー(スペイン/ヨーロッパ王者)-【M6】 ◆3位決定戦 ▽12月22日(土) 《22:30》 【M5】敗者 vs 【M6】敗者 ◆決勝 ▽12月22日(土) 《25:30》 【M5】勝者 vs 【M6】勝者 2018.12.10 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島痛恨…FW鈴木優磨が右ハムストリング筋損傷で全治約2カ月

▽鹿島アントラーズは9日、FW鈴木優磨の負傷を発表した。 ▽鹿島の発表によると、鈴木は5日に行われた第98回全日本サッカー選手権大会の準決勝、浦和レッズ戦で負傷。チームドクターによる検査の結果、右ハムストリング筋損傷と診断。全治は約2カ月とのことだ。 ▽鈴木は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで32試合に出場し11得点を記録。AFCチャンピオンズリーグでもMVPを受賞するなど活躍していたが、クラブ・ワールドカップの欠場が確定。また、日本代表が来年1月に臨むアジアカップに招集される可能性もなくなった。 2018.12.09 17:17 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース