元鹿島のDFファン・ソッコが天津泰達に加入…ミケルやグデリと同僚に2017.01.30 10:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグの天津泰達は、鹿島アントラーズを退団していた元韓国代表DFファン・ソッコ(27)の加入を発表した。

▽ファン・ソッコは観光の大邱大学から2012年にサンフレッチェ広島へ入団。3シーズンを過ごし、J1で56試合に出場し3得点を記録。2012年にはロンドン・オリンピックに臨むU-23韓国代表に選出され、銅メダル獲得に貢献した。

▽鹿島には2015年に加入すると、J1で36試合に出場。しかし、2016年シーズンで契約満了となり退団していた。

▽天津泰達は今オフにチェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルやアヤックスのセルビア代表MFネマニャ・グデリを獲得していた。

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島あと一歩及ばず…! 逃げ切った横浜FMが17年ぶり決勝へ《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが、14日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが決勝進出を決めた。 ▽20日に県立カシマサッカースタジアムで行われた第1戦では、横浜FMが2-1で勝利。横浜FMは、その試合から全くスタメンを変更せずに勝ち抜きを目指した。 ▽一方、巻き返しが必要な鹿島はスタメンを3名変更。内田、中村、セルジーニョに代えて、山本、西、金森を先発させた。 ▽試合の立ち上がり、お互いに積極的にゴールに迫っていく。5分に遠藤渓が左サイドから惜しいクロスを供給して横浜FMがチャンスを作れば、10分にはボックス内へのパスに反応した安西がダイレクトシュートを放ち鹿島も応戦。スコアこそ動かないものの、激しくアップダウンが繰り返される。 ▽すると20分、横浜FMが先に結果を出す。ボックス手前中央の天野がミドルシュートを放つと、鹿島DFにブロックされたボールがボックス内にこぼれる。反応したウーゴ・ヴィエイラが、右足でゴール左下隅に沈めた。 ▽最低でも2点以上が奪わなければ敗退となる鹿島は盛り返そうとするが、横浜FMがそれを許さない。右サイドの仲川が幾度かタイミングの良い駆け上がりを見せるなど、横浜FMが牽制しつつ時計の針を進めていく。 ▽34分、横浜FMが効率的に攻撃を繰り出していく。ボックス手前中央でボールを持った遠藤渓がボックス左にスルーパスを供給。天野が最終ラインの裏に抜け出してファーサイドに折り返し、仲川が無人のゴールに流し込んだ。 ▽0-2のビハインドで試合を折り返した鹿島は、ハーフタイム中に永木に代えてセルジーニョを投入。フォワードの枚数を増やし逆転を目指していく。 ▽すると53分、ボックス手前右で鹿島がFKを得ると、遠藤康のクロスに町田が頭で合わせてネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定でこの得点は認められない。 ▽徐々に鹿島の勢いが増してきた61分、横浜FMは前半からハードワークしていた大津に代えて喜田を送り出しちゅばんの活性化を図る。 ▽しかし、直後の62分に痛恨のミスから鹿島の得点を許すことに。ボールを持ったGK飯倉が中途半端なショートパスを蹴り、土居がカット。落ち着いてゴール右を捉えて点差を縮めた。 ▽さらに70分、またしても鹿島が決定機を迎える。左サイドを駆け上がった途中出場の山口がボックス内中央に山なりのクロスを供給。DFドゥシャンのマークを剥がしたセルジーニョが、指揮官の起用に応える同点弾を決め切った。 ▽この得点で、2戦合計スコアは4-3で横浜FMがリード。しかし、アウェイゴールは2点ずつで並び、勝負は1点を争う状況に変貌した。 ▽その後、守備の意識を強めた横浜FMを相手に鹿島のリスクを冒した攻撃が続く。84分、鹿島は金森に代えて高さのある昌子を投入。ディフェンスリーダーを約3か月ぶりに復帰させた。 ▽しかし、守備を固めた横浜FMからこれ以上得点を奪うことができず。試合は2-2の引き分けに終わった。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが勝ち抜けを決めている。 ▽2001年以来17年ぶりに決勝進出を果たした横浜FMは、湘南ベルマーレvs柏レイソルの勝者と対戦。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

4冠残す鹿島、内田篤人が負傷離脱…治療期間は中村充孝と共に約6週間

▽鹿島アントラーズは12日、元日本代表DF内田篤人、MF中村充孝の負傷離脱を発表した。 ▽内田と中村は、10日にホームで行われたJリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦の横浜F・マリノス戦(1-2で鹿島が敗戦)で負傷。内田は左ハムストリング筋損傷、中村は右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、共に約6週間の治療期間が見込まれる。 ▽今シーズンの鹿島は現在、明治安田生命J1リーグ13勝7分け9敗の3位。クラブとして悲願に掲げるAFCチャンピオンズリーグのほか、J1リーグ、天皇杯、ルヴァンカップでもタイトルの可能性を残している。 ▽なお、次戦は14日に敵地で行われるJリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦の横浜FM戦。ホームで先勝を許しており、負けられない戦いとなる。 2018.10.12 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

同点の歓喜から一変、鹿島後半ATに同点も2分後に失点…横浜FMがアウェイで2G奪い先勝!《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第1戦の鹿島アントラーズvs横浜F・マリノスが10日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 ▽準々決勝で昨季ファイナリストの川崎フロンターレを下した鹿島は、直近のリーグ戦でも川崎Fと対戦。2位と3位の上位対決はゴールレスドローに終わった。AFCチャンピオンズリーグでも準決勝まで勝ち上がっている鹿島は、この試合では直近の川崎F戦からスタメンを5選手変更。GK曽ヶ端や内田、中村や土居が先発に起用された。 ▽一方、ガンバ大阪に2戦合計で7-1と大勝して準決勝に進んだ横浜FMは現在リーグ戦3連勝中。優勝した2001年以来の決勝進出を目指す今回は、直近の北海道コンサドーレ札幌戦からのスタメン変更は1点のみ。畠中に代わり、ドゥシャンが先発となった。 ▽試合はオープンな展開になる。まずは横浜FMが3分に天野が得たFKでチャンスを得る。ボックス外左からのFKでキッカーは山中。難しい角度からのFKを得意の左足で直接狙うとこれが右ポストを直撃。序盤からヒヤリとする場面を作られた鹿島も19分、左サイドの安西のスルーパスに反応した土居がゴール前に飛び込んだが、こちらのシュートもポストに嫌われてしまった。 ▽28分には、鹿島はレオ・シルバがボックスの端からのシュートでトライ。徐々に鹿島がペースをつかむようになると迎えた32分、敵陣でボールを奪った中村がセルジーニョを経由して再びゴール前でパスを受けると、スライディングにきたチアゴ・マルチンスに倒される。リプレイではチアゴ・マルチンスの足は当たっていないように見えたが、主審はPKの判定。しかしこのPKを務めた土居のシュートはクロスバーをたたいてしまい、絶好のチャンスを逸してしまった。 ▽鹿島はさらに43分にも、安西のクロスが相手のチアゴ・マルチンスの足に当たってゴール前のセルジーニョの下にこぼれたが、股下を狙ったシュートはGK飯倉に読まれてしまいネットを揺らすことは出来なかった。再三のチャンスをモノにできない鹿島は逆に前半アディショナルタイムに、横浜FMのウーゴ・ヴィエイラにボックスへの侵入を許すと、個人技からシュートに持っていかれる。だが、このシュートはGKの正面に飛び、前半はゴールレスで終えた。 ▽後半も立ち上がりから激しいボールの奪い合いを見せる。52分に右サイドのクロスから土居がヘディングシュートに合わせるなど良い入りを見せた鹿島だったが60分、松原と衝突した中村が負傷交代。代わって金森がピッチに送られた。 ▽ここまで若干守勢を強いられていた横浜FMも66分、左サイドを突破した遠藤のグラウンダーのクロスにウーゴ・ヴィエイラがニアで合わせてシュートに繋げたが惜しくも枠の左に外れてしまった。73分にも再びウーゴ・ヴィエイラがドリブルシュートでトライするが、今度は安西がシュートブロックに入り枠に飛ばすことは出来なかった。 ▽だが、ここに来て攻勢を強めてきた横浜FMがついに試合を動かした。76分、相手のハンドでゴール正面でFKを獲得すると、天野が壁の隙間を突くシュートをゴール左隅に流し込み、アウェイチームが均衡を破った。 ▽アウェイゴールを奪われてしまったか今は85分、途中出場の金森がレオ・シルバとのコンビネーションからシュートに運ぶも、ドゥシャンのクリアに遭う。横浜FMもその直後にカウンターからゴール前に侵攻するも追加点とはならない。 ▽このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、鹿島の左CKの場面。永木のクロスに犬飼が相手に挟まれながらもヘディングシュートを叩き込み土壇場で同点に追いついた。 ▽しかし、ここでもまだ終わらなかった。同点弾から2分後、ボックス手前でFKを得た横浜FMは、山中が低弾道のシュートを放つと、GK曽ヶ端がこれをファンブル。そのこぼれ球をウーゴ・ヴィエイラが押し込み、勝ち越しゴールを決めた。 ▽その直後にホイッスルが鳴り試合終了。横浜FMがセットプレー2発でアウェイで勝利。鹿島は次戦、少なくとも2点は必要となった。 2018.10.10 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

小林PK失敗&阿部退場の首位・川崎F、鹿島との上位決戦をドローも単独首位に《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節の鹿島アントラーズvs川崎フロンターレが、7日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで13勝6分け9敗で3位につける鹿島(勝ち点45)と、17勝5分け6敗で首位に立つ川崎F(勝ち点56)が激突した。前節のヴィッセル神戸戦を5-0で大勝し、3日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・準決勝第1戦で3-2の劇的勝利を収めた鹿島は、その一戦から先発メンバーを2人変更。内田と永木に代えて、安西とレオ・シルバを起用した。 ▽一方、前節のV・ファーレン長崎戦を2-1で勝利して、得失点の差でサンフレッチェ広島から首位の座を奪取した川崎Fは、その一戦から先発メンバーを2人変更。累積警告により出場停止となった家長、知念に代えて、負傷から復帰した守田と阿部を起用した。 ▽6日に行われたサンフレッチェ広島vs柏レイソルの一戦で、2位・広島が0-3で敗れたため、川崎Fにとっては勝ち点3差をつけるチャンス。しかし、鹿島が立ち上がりから激しいプレスをかけてそこに立ちはだかる。 ▽それでも川崎Fは8分、中村憲剛が敵陣中央からボックス右外にスルーパス。走り込んだエウシーニョがニアサイドに低いクロスを入れると、小林が右足を伸ばして触る。ボールはGKクォン・スンテの横をすり抜けたが、左ポストに嫌われてしまい、先制点とはならない。 ▽立ち上がりが経過すると、川崎Fが敵陣に入ってボールを保持する時間帯が増加。しかし、鹿島もゴール前への侵攻を許してはくれず、決定機を作ることができない。一方の鹿島は、カウンターからチャンスを狙うが、ラストパスの精度を欠いてフィニッシュまで持ち込めない。 ▽互いにシュートまで繋げることができない時間が続くと、球際が激しくなる。29分にはレオ・シルバと阿部が競り合いから熱くなる場面も。 ▽迎えた36分、我慢の時間帯が続いていた川崎Fにチャンス到来。ボックス右手前でパスを受けたエウシーニョが、ボックス内へパスを送る。これに反応した小林が体を張って、チョン・スンヒョンと入れ替わると倒されてPKを獲得。これを小林が自らキッカーを務めたが、ゴール右を狙ったシュートはGKクォン・スンテに完全に読まれてしまう。小林は9月26日の第18節延期分湘南ベルマーレ戦に続くPK失敗となった。 ▽守護神のビッグプレーに応えたい鹿島は41分、敵陣中央でパスを受けた鈴木がボックス右に流れてミドルシュート。強烈なシュートだったが、ゴール上へと外れる。さらに前半終了間際には、ボックス左手前でFKを獲得し、レオ・シルバのクロスを犬飼が頭で合わせる。しかし、これも枠を捉えることはできず、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、ホームの鹿島が開始から攻勢を強めて川崎Fを押し込み始める。55分、ボックス手前でボールを持ったレオ・シルバがボックス左へ浮き球のパスを供給。これは相手DFにクリアされたが、こぼれ球を遠藤が左足ダイレクトでシュートを放つと、ブロックに入った谷口に防がれる。この場面で手に当たってはいたが、ハンドの判定は下されず。 ▽前半とは一転して鹿島ペースで試合が進む中、川崎Fは66分に守田に代えて知念を投入する。すると69分、ボックス左でスローインを受けた知念がキープからポストプレー。ボックス左外の中村憲剛が左足ダイレクトでクロスを送り、阿部がヘディングシュートを放つも、GKクォン・スンテに触られてクロスバーに直撃する。 ▽一進一退の攻防が続く展開も、ゴールを許さない両者。すると終盤、川崎Fにアクシデントが起こる。82分、小林が体を痛めて倒れ込み、担架でピッチの外へ。そのまま長谷川と交代した。さらに後半アディショナルタイム、ファウルでカウンターを阻止した阿部がこの日2枚目のイエローで退場に。 ▽数的不利となった川崎Fは、その後鹿島のサイド攻撃やセットプレーに苦しめられる展開に。それでもなんとか耐え凌ぎゴールレスドローで試合終了。鹿島は公式戦8戦無敗。一方の川崎Fは、5戦無敗で貴重な勝ち点1を積み重ねた。 2018.10.07 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】激戦必至…這い上がってきた鹿島、首位浮上の川崎Fに立ちはだかる《鹿島vs川崎F》

▽明治安田生命J1リーグ第29節が5日から7日にかけて行われる。県立カシマサッカースタジアムでは7日、3位・鹿島アントラーズ(勝ち点45)と首位・川崎フロンターレ(勝ち点56)が激突する。 ◆勢い継続でACL確保へ~鹿島アントラーズ~ ▽今シーズン中位を彷徨い続けた鹿島だが、YBCルヴァンカップや天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を並行して戦う過密日程の中で、前節ついに暫定3位に浮上した。9月29日に行われた前節のヴィッセル神戸戦では、相手を寄せつけず5発大勝。続く今月3日に行われた水原三星とのACL準決勝第1戦では開始6分で2失点を喫するも、底力を見せつけて3-2の劇的勝利を収めた。公式戦7連勝中。チームの雰囲気も最高潮だ。 ▽中3日で迎える今節の相手は、9月上旬のルヴァンカップ準々決勝(第1戦:1-1△、第2戦:3-1◯)で勝利して、連勝街道に突入するきっかけとなった川崎F。しかし、リーグ戦では4連敗中だ。相手は前節首位浮上。昨シーズン最終節で優勝をかっさらわれた遺恨があるだけに、このまま連覇に向けて走らせる訳にもいかない。自身たちにも微かにリーグ優勝の可能性も残しているが、まずはACL確保に向けて現在の勢いを持って首位を撃破したい。 ◆ルヴァンのリベンジで首位固めへ~川崎フロンターレ~ ▽一方の川崎Fも4戦無敗中と充実な戦いぶり。そして前節には、最大で勝ち点13差をつけられていたサンフレッチェ広島についに勝ち点で並び、得失点の差で首位の座を奪取した。しかし、前節のV・ファーレン長崎戦では2点先取しながら試合終了間際に1失点。試合を上手く締めることができず、首位浮上も選手たちには笑顔がなかった。今後は追われる立場となるだけに、もう一度気を引き締め直したいところだ。 ▽そんな中、今節は鹿島戦といきなり難所を迎える。さらに、ここまで攻撃をけん引し続けてきたMF家長昭博が累積警告で出場停止だ。一方で日本代表デビューから負傷していたMF守田英正に復帰の可能性が。首位返り咲きを果たした直後に足踏みは許されない。ルヴァンカップ準々決勝での雪辱もある。難敵ではあるが、ここでしっかりと勝利して首位固めといきたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181006_100_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:安西幸輝、チョン・スンヒョン、犬飼智也、山本脩斗 MF:遠藤康、三竿健斗、レオ・シルバ、安部裕葵 FW:セルジーニョ、鈴木優磨 監督:大岩剛<hr>▽水原三星戦から中3日だけに複数の入れ替えがありそうだ。また、DF西大伍が練習中に負傷したことにより、DF安西幸輝の右サイドバックでの出場が濃厚に。同試合で出場停止だったMFレオ・シルバは万全で、日本代表に選出されたMF三竿健斗とボランチを組むことを予想。左サイドバックには川崎Fとのルヴァンカップ準々決勝で躍動したDF山本脩斗が入り、2トップはFWセルジーニョとFW鈴木優磨の好調な2人が並ぶ。 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181006_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:守田英正、大島僚太 MF:阿部浩之、中村憲剛、登里享平 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽一方の川崎Fは、守田が復帰か。出場停止の家長の位置にはDF登里享平が務め、阿部浩之が右サイドに回ることになりそうだ。1トップには日本代表に選出されたFW小林悠が務める。 【注目選手】 ◆MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181006_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">getty images<hr></div>▽首位撃破へのカギを握るのは、レオ・シルバだ。今シーズン序盤こそケガに悩まされたが、後半戦にかけて復活。前節では攻守に圧巻なパフォーマンスを披露して、1ゴールも記録した。水原三星戦を欠場した分、今節では疲労が蓄積しているチームをどれだけ助けることができるか。彼の働きぶりが勝敗に繋がると言っても過言ではない。 ◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181006_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方、首位固めを目指す川崎Fのキープレーヤーは、MF中村憲剛だ。衰え知らずの38歳は、前節ボランチの位置から相手守備陣のスキを突き続けてチームを首位浮上に導いた。今節は、守田が復帰したことでトップ下での出場が濃厚。家長を欠き、前線の組み合わせが変わる中、ボールハンターが並ぶ鹿島の中盤を翻弄できるか。 ◆充実の両者…ラストスパートへ加速できるか ▽公式戦7連勝中の3位・鹿島と、4戦無敗中の首位・川崎F。両者共前節に現在の順位に浮上したばかりであり、敗れればすぐさま抜かれてしまう可能性がある。どちらにとっても負けられない一戦だ。 ▽ホームの鹿島は現在公式戦7試合連続複数得点中と攻撃陣が好調。一方の川崎Fはリーグ最少失点中で、鹿島にとっては攻撃陣の勢いが本物かどうか試される一戦となりそうだ。対する川崎Fは、家長を欠き、盤石なメンバーではないものの、休養は十分。中3日で臨む鹿島に対して、体力的なアドバンテージをしっかりと生かして行きたいところだ。 ▽リーグ戦も残り6試合。ラストスパートへ加速できるか。注目の上位決戦、鹿島vs川崎Fは7日の13時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">激戦必至の上位決戦<br />鹿島vs川崎FをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.06 19:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース