ヘント加入4日でデビューの久保裕也が直接FK弾! 首位クラブ・ブルージュを撃破《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.01.30 00:26 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日、ベルギ・ジュピラーリーグ第24節のヘントvsクラブ・ブルージュが行われ、2-0でヘントが勝利した。ヤング・ボーイズから加入した日本代表FW久保裕也は先発出場し73分までプレー。53分に決勝ゴールを記録した。

▽25日にヤング・ボーイズからの完全移籍加入が発表された久保は、加入4日後でのデビューとなった。久保のデビュー戦となったホームゲームで、ヘントは首位のクラブ・ブルージュを迎えた。

▽3トップの右で先発した久保は前半から精力的にプレー。しかし、ゴールレスのまま前半を終えると、迎えた53分に久保がいきなりゴールを奪う。ヘントは相手ボックス手前でFKを得ると久保がキッカーに。直接ゴールを狙ったシュートは、壁の横を抜けてゴール左隅に突き刺さり、ヘントが先制する。

▽1-0でリードしたまま迎えた後半アディショナルタイムには、ヘントのFWクリバリがダメ押しゴール。そのまま試合は終了し、ヘントがホームで首位のクラブ・ブルージュを下した。

ヘント 2-0 クラブ・ブルージュ
【ヘント】
久保裕也(後8)
クリバリ(後38)

コメント

関連ニュース

thumb

イカルディのドッピエッタなどで新生インテルが快勝スタート!《セリエA》

▽20日にセリエA開幕節のインテルvsフィオレンティーナがジュゼッペ・メアッツァで行われ、3-0でインテルが勝利した。インテルの日本代表DF長友佑都はフル出場を果たした。 ▽前ローマ指揮官のルチアーノ・スパレッティ氏を新指揮官に迎えた昨季7位のインテルは、イカルディを最前線に配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からカンドレーバ、ブロゾビッチ、ペリシッチを起用。胃腸炎で12日のプレシーズンマッチを欠場した長友は左サイドバックで先発に名を連ねた。 ▽一方、新指揮官に昨季途中にインテルを率いたステファノ・ピオリ監督を迎えたフィオレンティーナは、新シーズンを前に昨季の主力が大幅に流出。過渡期を迎えたチームは、ジョバンニ・シメオネやジル・ディアスなど、若手選手をスタメンに起用。インテルとの今季開幕節に臨んだ。 ▽試合は開始早々に動く。5分、長友のロングフィードを最前線で受けたイカルディがボックス内でアストーリに倒され、PK獲得。このPKをイカルディがゴール右隅に決め、インテルが先制した。 ▽先制点で勢いづくインテルは9分、カンドレーバのスルーパスでボックス左に抜け出した長友がマイナスの折り返しを供給。走り込んだヴェシーノがダイレクトで合わせたが、シュートは枠の右に外れた。 ▽主導権を握ったインテルは、15分に追加点を奪う。右サイドを持ち上がったカンドレーバがボックス付近でペリシッチに預けると、ペリシッチのクロスをゴール前に走り込んだイカルディがヘディングで叩き込んだ。 ▽なかなか攻勢に出ることができなかったフィオレンティーナだが、27分に最初の決定機。左サイドからカットインしたエイセリックのクロスをゴール前に抜け出したシメオネがヘディングシュート。しかし、これはGKハンダノビッチの好守に阻まれた。 ▽迎えた後半、2点を追うフィオレンティーナは55分にベナッシを下げてクリストーフォロ、60分にシメオネを下げてババカルをピッチに送り出す。対するインテルは、63分に古巣対戦となったボルハ・バレロに代えてジョアン・マリオを投入した。 ▽すると64分、インテルは長友にチャンスが訪れる。ボックス左から仕掛けたペリシッチのパスでボックス左深くまで侵攻した長友が折り返しを狙うも、これは飛び出したGKスポルティエッロがキャッチ。 ▽その後、フィオレンティーナに攻め込まれる時間帯が続いたインテルだが79分、ボックス右付近でボールを受けたジョアン・マリオのクロスを、ファーサイドでフリーのペリシッチがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。イカルディのドッピエッタなどで快勝のインテルが、ホーム開幕戦を快勝で飾った。 2017.08.21 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

関根が欧州デビューも失点に関与… 投入後3失点でチームは開幕3連敗《ブンデスリーガ2部》

▽インゴルシュタットは20日、ブンデスリーガ2部第3節でレーゲンスブルクをホームに迎え、2-4で敗れた。インゴルシュタットのMF関根貴大は61分からプレーしている。 ▽11日に浦和レッズから加入した関根が移籍後初めてベンチ入りした一戦。2連敗スタートとなったインゴルシュタットが、同じく2連敗スタートとなったレーゲンスブルクをホームに迎えた試合は、27分にインゴルシュタットが先制を許す展開に。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、52分にキッテルのゴールで同点としたインゴルシュタットは、57分にFKからマティプのヘディングシュートで逆転に成功した。そして61分、レックスに代わって欧州デビューとなる関根が右サイドに投入される。 ▽その関根は持ち味の縦への推進力と球際に激しく当たる守備でチームに勢いをもたらしていく。しかし73分にジョージに同点ゴールを許すと、79分には関根のパスミスから攻撃を受け、再びジョージにゴールを奪われインゴルシュタットは逆転されてしまう。 ▽結局、追加タイムにも失点したインゴルシュタットは関根のデビュー戦を飾れず、開幕3連敗スタートとなった。 2017.08.20 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

2戦連発のレスター岡崎慎司にイギリス紙も高評価「抜け目ないポーチャー」

レスター・シティを今シーズン初勝利に導くゴールを挙げた日本代表FW岡崎慎司に、イギリスメディアからは高評価が与えられている。<br><br>レスターは19日、プレミアリーグ第2節で昇格組のブライトンと対戦。2試合連続で先発出場した岡崎は、開始からわずか50秒で結果を残す。右サイドからFWリヤド・マフレズが切れ込んでシュート。するとGKが弾いたボールを岡崎が押し込んで、先制点をマークした。<br><br>54分にもレスターは追加点を挙げて2-0で勝利。今季初の白星を手にした。地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎にチーム2位タイとなる「8」の採点。「ポーチャーとしての働きで今季2点目を挙げた」と評価している。ポーチャーとは英語で&ldquo;密猟者&rdquo;という意味となるが、フットボールではエリア内で強さを発揮するルート・ファン・ニステルローイやフィリッポ・インザーギのような選手を指すことが多く、ゴール付近で仕事ができる選手を評価する単語だ。<br><br>また、イギリス紙『デイリー・メール』でも「7.5」と高採点を与えられた。なお、両紙ともに最高評価はマフレズとなっている。<br><br>開幕から2試合連続でゴールをマークし、好調をキープする岡崎。次節のシェフィールド戦でもゴールは生まれるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ内田篤人、構想外で今夏退団か

▽日本代表DF内田篤人(29)に7年間を過ごしてきたシャルケ退団の可能性が急浮上した。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽内田は2010年夏に鹿島アントラーズからシャルケに移籍。加入当初から右サイドバックとして活躍してきた。だが、2015年夏に右ヒザの手術を受けた影響でチームから長期離脱。昨年12月に行われたヨーロッパリーグのザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりの復帰を果たした。 ▽しかし、『ビルト』によれば、ドメニコ・テデスコ新監督は守備力に欠けるとして内田を構想外に。その内田は18日に代理人を伴って、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアン・ハイデル氏との会談に臨み、将来について話し合ったという。 ▽内田の退団理由は、右サイドバックのレギュラー争い。テデスコ新監督は、同ポジションでプレーできるMFダニエル・カリジウリやMFアレッサンドロ・シェプフ、DFコケを評価しているようだ。なお、内田は19日に行われたブンデスリーガ開幕節のライプツィヒ戦でメンバー外となっている。 2017.08.20 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘーレンフェーン小林祐希が2戦連続先発! 直接FKで見せ場《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは19日、エールディビジ第2節のヘラクレス戦に臨み、1-1で引き分けた。小林は2戦連続先発。74分までプレーした。 ▽今シーズン初連勝を目指したヘーレンフェーンだったが、前半アディショナルタイムに失点。小林は73分にバイタルエリア右の位置で得たFKから直接ゴールを狙うが、ゴール右下を突いたシュートは相手GKに阻まれてしまう。 ▽それでも、後半アディショナルタイムにFWネマンヤ・ミハイロビッチのヘディングシュートで追いついたヘーレンフェーンが勝ち点1を獲得。26日に行われる次節は、ADOデン・ハーグとのアウェイゲームに臨む。 2017.08.20 08:13 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース