ニューヨーク・シティを退団しフリーのランパードがプレミアからのオファーを明かす「もう少しプレーする」2017.01.28 15:23 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨シーズン限りでメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティを退団し、現在はフリーとなっている元イングランド代表MFフランク・ランパードが現役引退の可能性を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽ウェストハムの下部組織出身のランパードは、2001年にチェルシーへと移籍。チェルシーでは中心選手として活躍したものの、2014年にチェルシーを退団しニューヨーク・シティへと移籍。マンチェスター・シティへのレンタル移籍を経て、2015年からニューヨーク・シティでプレーした。MLSの2シーズンで29試合の出場に留まったが15得点を記録するなど、得点力を見せつけた。

▽ランパードは所属チームが決まっていないものの、プレミアリーグのクラブに加入する可能性があるとのこと。現在の心境を語り、現役続行の意向を明かした。

「僕の一部が試合に出たいと思っている。時々、自分でもなぜだか分からない」

「まだ離れたくないし、僕自身もそう思っている。多分、もう少しプレーするだろう。そこは僕の家であり、いくつかのプレミアリーグからのオファーを熟考しているよ。でも、長い間チェルシーでプレーしたし、その後マンチェスター・シティでプレーした。降格争いには関わりたいと思わない」

「チャレンジということは気にしないが、吟味する必要はある。僕は自分の弱点も理解している。今は1月下旬であり、チームに入ってフィットし、インパクトを残す必要がある…十分な貢献ができるとは感じていない」

「正しい決断をしたいと思う。38歳であり、選択肢を得られたことに感謝したい」

コメント

関連ニュース

thumb

最下位サンダーランド、モイーズの後任にヴィエラ招へいを計画?

▽プレミアリーグで最下位に転落したサンダーランドは、デイビッド・モイーズ監督の後任として、ニューヨーク・シティのパトリック・ヴィエラ監督の招へいを考えているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽今シーズンからデイビッド・モイーズ監督を招へいしたサンダーランドだが、ここまでプレミアリーグでわずか4勝。直近5試合では1分け4敗と結果が出ず、降格圏の最下位に位置している。 ▽サンダーランドの首脳陣は、モイーズがチームを去った場合のバックアッププランとして、かつてアーセナルやマンチェスター・シティでプレーしたヴィエラ氏の招へいを考えているとのこと。現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティで指揮を執っているが、プレミアリーグでのマネジメントを望んでいるようだ。 ▽残留ラインの17位スウォンジーとは勝ち点差3、16位のミドルズブラとは勝ち点差5とまだまだ残留の可能性はあるが、監督交代が近いかもしれない。 2017.01.22 20:24 Sun
twitterfacebook
thumb

MLSでMVPを獲得したビジャ、古巣へのレンタル復帰を否定「子供たちの学校があるから…」

▽ニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャが、噂される古巣へのレンタル復帰を否定している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽2015シーズンからMLSでプレーするビジャは、今シーズンのリーグ戦35試合で23ゴール4アシストを記録し、同リーグの年間MVPに選出された。 ▽35歳を迎えてなお衰えが見えないビジャに対して、一部ではMLSのオフシーズンを利用して2カ月間限定でリーガエスパニョーラに復帰するのではないかと噂されている。その移籍先の筆頭として、ビジャがプロキャリアを歩み始めたスポルティング・ヒホンの名前が挙がっている。 ▽しかしこの噂を受けてビジャは真っ向から否定。来年1月21日から始まるニューヨーク・シティのプレシーズントレーニングから参加するとした。 「僕はもう1年間、ニューヨーク・シティとの契約が残っている。そもそも、だれも僕とコンタクトを取っていないんだ。移籍期間は1月1日から始まるけれど、僕には関係のないことだ。1月21日にからプレシーズントレーニングが始まり、それに参加するよ」 「それに子供たちの学校もあるからね。12月16日にスペインへ行くけれど、1月8日にはまたニューヨークへ戻ってくるよ」 ▽バレンシアやバルセロナ、アトレティコ・マドリーとリーガエスパニョーラの強豪チームでプレーしてきたビジャだが、もうその姿をリーガで目にすることはできないのだろうか――。 2016.12.09 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャがMLS2016のMVP受賞!! 23ゴール4アシストの活躍!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)は6日、2016シーズンの最優秀選手賞にニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャ(35)を選出したことを発表した。 ▽2014年にアトレティコ・マドリーからMLS新規参入クラブのニューヨーク・シティに加入したビジャは、シーズン開始までのメルボルン・シティへのレンタル移籍を経て、2015シーズンからMLSでプレー。2年目となった今シーズンは、リーグ戦35試合(プレーオフを含む)に出場し、23ゴール4アシストを記録。チームをMLSカッププレーオフ準々決勝まで導いていた。 ▽その他の候補には、昨シーズンのMVPであり、今季のリーグ戦21ゴール16アシストを記録したトロントFCの元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ、リーグ戦26ゴールで得点王に輝いたニューヨーク・レッドブルズのイングランド人FWブラッドリー・ライト=フィリップス、ニューヨーク・レッドブルズのアメリカ代表MFサーシャ・クリエスタンの名前も挙がっていたが、35歳の元スペイン代表FWが初受賞を果たした。 ▽ビジャは、授賞式の場で以下のようなコメントを残している。 「私はニューヨーク・シティを代表して、この賞を受け取ることができたことを非常に光栄に思っている」 「2年前にここに来たときから、欲しいと思っていたものの1つだったので、今日は私にとって素晴らしい日になった。同様にキャリアにおいても、重要な日、重要な瞬間となった。この賞は、多くのトッププレーヤーを擁するこの素晴らしいリーグのベストプレーヤーを表すものなのだからね」 2016.12.07 03:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ビルバオで長らく活躍したニューヨーク・シティの元スペイン代表MFイラオラが現役引退

▽かつてアスレティック・ビルバオでプレーし、メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティに所属していた元スペイン代表MFアンドニ・イラオラ(34)が現役引退を発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽イラオラはビルバオの下部組織出身で、2003年にトップチームに昇格。ビルバオ一筋で12シーズンプレーし、2015年7月にニューヨーク・シティへと移籍した。 ▽ビルバオでは公式戦498試合に出場し、37得点42アシストを記録。ボランチの他、センターバック、右サイドバックでもプレー。2008年8月にはスペイン代表デビューを飾り8試合に出場した。 ▽ニューヨーク・シティでは、1シーズン半プレー。公式戦40試合に出場していた。今シーズンはMLSのレギュラーシーズンで25試合に出場。クラブ史上初となるMLSカップ(プレーオフ)出場に貢献した。 ▽イラオラの現役引退により、ニューヨーク・シティでは元イングランド代表MFフランク・ランパードの退団に続き2人目のベテラン選手がチームを去ることとなった。 2016.11.18 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ランパードがニューヨーク・シティ退団を発表

▽元イングランド代表MFフランク・ランパード(38)は14日、自身のツイッターで契約満了を持ってニューヨーク・シティを退団することを発表した。契約は2016年末までとなっている。 ▽ランパードはツイッターで次のようなコメントを残した。 「まもなく次のステージに進む時が来た。ニューヨーク・シティでの時間を楽しむことができた。大きなクラブで、素晴らしい都市でプレーできたことにとても感謝している。たくさんの思い出とともにここを去るよ」 ▽2015年夏よりニューヨーク・シティでプレーしていたランパードは、公式戦31試合に出場して15ゴールをマークしていた。 ▽ニューヨーク・シティは6日に行われたMLSカッププレーオフ準々決勝でトロントFCに2戦合計スコア0-7で敗れ、シーズンを終えていた。 ▽なお、一部報道ではランパードはこのまま現役を引退し、コーチへ転身するものと報じられている。 2016.11.15 00:19 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース