インテル、ユーベとの争奪戦制してイタリア代表MFガリアルディーニ獲得! 買取義務付きの18ケ月のレンタル移籍2017.01.12 01:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは11日、アタランタからイタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニ(22)を2018年6月30日までの18ケ月のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約にはレンタル期間終了後に完全移籍での買い取り義務付けられている。

▽インテルへの加入が決定したガリアルディーニは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「インテルのプレーヤーになることができて、本当に嬉しいよ。今回の出来事は僕にとって夢が叶ったような気持ちだ」

「ステフェノ・ピオリと共に仕事すること、新しいチームメートに会うこと、そして、サンシーロでインテルファンを前にこのユニフォームを着ることが、今から待ち切れないよ」

「個人的には、このクラブが値する成功を収めるため、助けとなれるように頑張っていきたいと思っているよ」

▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、インテルはガリアルディーニのレンタル料として1年あたり200万ユーロ(約2億4000万円)を支払い、完全移籍で買い取る際に2000万ユーロ(約24億4000万円)を支払うという。また、ボーナスを含めると、移籍金の総額は最大2800万ユーロ(約34億2000万円)ほどになるようだ。

▽若手育成に長けたジャン・ピエロ・ガスペリーニ新監督の下、今シーズンのセリエA6位に躍進している“ヤングアタランタ”を象徴する選手の1人であるガリアルディーニ。188cmの恵まれた体躯ながら運動量、パスセンス、強力なミドルシュートと攻撃センスにも優れるセントラルMFは、今季のセリエAで13試合に出場。ここでの活躍が認められ、アッズーリへの初選出も果たした。

▽先日にはユベントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラル・マネージャー)が、イタリア人DFマッティア・カルダラ(22)と共に、今冬の移籍市場での獲得を示唆していたが、一転してインテル行きが決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

インテルDFが長友佑都との共通点を明かす「皆がいない間、僕とユウトは自主トレ」

インテルのDFダニーロ・ダンブロージオが、同僚である日本代表のDF長友佑都との共通点をインテルチャンネルの番組『カッフェ・ドッピョ』で明かしている。<br><br>インタビューでダンブロージオは、インテルでの朝の日課について明かしている。<br><br>「朝8時に起きて、8時半に家を出る。朝食はアッピアーノ(インテルの練習場)でみんなと一緒にとる。それからみんなはシャワーを浴びに行くんだけど、僕はその45分間、ジムで自主トレとか、自分なりに時間を過ごすんだ。長友も同じだよ」<br><br>他のメンバーがシャワーを浴びている間、長友と同じように自主トレを行っていると話した。またこの自主トレが自身の成功の秘訣であると説明する。<br><br>「監督から要求されたことではないけど、僕はいつもこうやってきた。インテルへ来れたのも、自主トレの習慣のおかげなんだ。トレーニングを積むことで、目標を達成できると僕は信じている」<br><br>ダンブロージオは、長友同様に、筋トレに力を入れていることで知られている。<br><br>「100%の力を出すために、身体的にも精神的にもベストコンディションに整えて置くのが好きなんだ」<br><br>インテルのサイドバックとして、長友とポジションを争う立場のダンブロージオだが、平愛梨へのプロポーズやファッションについても意見が似通い、共通点は多いようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.21 10:04 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシの契約更新が遅れる理由を元MotoGP王者が妄想「インテルに行きたいから」

元MotoGP王者のヴァレンティーノ・ロッシが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの契約更新が遅れていることについて、「インテルのオファーを待っているからだ」と、スペインラジオ局『ラディオ・マルカ』で持論を主張した。<br><br>過去に9度、世界王者に輝いたMotoGP界の「ドクター」ことヴァレンティーノは、熱烈なインテルファンとして知られている。冗談ながらも、世界最高峰プレーヤーのインテル加入を熱望している。<br><br>「メッシがまだバルセロナと契約更新をしていないのは、インテルのオファーを待っているからだよ。正直言って、もし、インテルと契約してくれたら最高だね。でもかなり難しいことだとは思う」<br><br>また、2016年のバロンドールとFIFA年間最優秀選手賞を受賞したレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドについて問われると、「ロナウドも偉大なカンピオーネだ。どちらが上かと言われても分からない。2人とも凄すぎて、比較なんて難しすぎるよ」と話し、お決まりの「メッシとロナウド、どちらが上?」との質問には困惑を見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.21 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

長友佑都にプロポーズ方法をアドバイスしたチームメイトがいた…「彼は僕の真似をした(笑)」

インテルのDFダニーロ・ダンブロージオが日本代表のDF長友佑都のプロポーズやファッションについて、自分がアドバイスしたものだと、インテルチャンネルの番組『カッフェ・ドッピョ』で明かしている。<br><br>自身もプロポーズの際、SNSで呼びかけてミラノ中心部のドゥオモ広場に群衆を集め、ロマンティックなパフォーマンスを行った。大勢の人々に見守られる中、ダンブロージオは妻に101本の赤いバラの花束をプレゼントして求婚した。妻の答えは「シー(はい)」だった。<br><br>ダンブロージオは自分の成功体験に自信を得たのか、ジュゼッペ・メアッツァで女優の平愛梨に求婚して話題となった同僚の長友について、自分の真似をしたものだと明かしている。<br><br>「(長友が真似をしたかと問われ)ああ、そうだよ(笑)。アドバイスを求められて、良いプロポーズになるんじゃないかと伝えた。僕も最初はスタジアムでやりたかったんだけど、満員の観客の中でゴールを決めた時の方が良いかな」<br><br>長友のパフォーマンスを褒めながらも、自身は大勢の観客の中でのプロポーズの方が自分好みであることを強調している。<br><br>またダンブロージオは、長友のファッションについてもアドバイスをしていることを明かした。「僕にアドバイスを聞いてくるんだけど、もう完璧だよ。ネクタイにジレを合わせるなんてね」ダンブロージオは長友のファッションテクニックに脱帽の様子だった。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、長友佑都効果?セリエAで日本人の観客が29%増…ネット販売も影響か

セリエAにおける日本人のチケット購入数が、2016年は前年に比べて29%増加した。イタリアメディア『FC Inter 1908.it』が報じている。<br><br>イタリアのスタジアムまで直接出向き、セリエAの観戦を楽しむ日本人ファンが急増している。日本代表のMF本田圭佑やDF長友佑都がセリエAの人気チームであるミランやインテルに所属していることで、注目度が増しているとみられる。<br><br>また海外イベントのチケットの個人間売買を扱うインターネットサイト『Ticketbis(チケットビス)』が普及したことも、日本人の観客増加につながったようだ。<br><br>セリエAでは、外国人観客数のうち、日本人はフランス人に次いで2位とファンが多い。中でも日本人観客が多く訪れたのは、9月18日のインテル対ユヴェントス戦、11月20日のミラン対インテル戦、そして10月22日のユヴェントス対ミラン戦と、いずれもセリエAのビッグ3の試合だ。1枚あたりのチケット購入額の平均は107ユーロ(1万3000円)となっている。<br><br>『チケットビス』での最高購入額も日本人によるものだ。2016年5月21日に行われたコッパ・イタリアの決勝ユヴェントス対ミラン戦では424ユーロ(5万2000円)の最高記録が生まれた。次いで2位は10月22日のユヴェントス対ミラン戦の372ユーロ(4万6000円)となっている。<br><br>今冬の移籍市場では、本田と長友に移籍のうわさが上がっているが、チケットの売上には貢献しているだけに、不人気で低迷するセリエAとしては両選手の残留が望まれるところだろう。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

今冬加入のガリアルディーニ「インテルに溶け込むのは簡単だった」

▽今冬の移籍市場でインテルに加入したイタリア人MFロベルト・ガリアルディーニが17日に行われたコッパ・イタリア5回戦のボローニャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽アタランタからインテルにレンタル移籍で加入したガリアルディーニは14日に行われたセリエA第20節のキエーボ戦でフル出場を果たした。続く17日のボローニャ戦でも延長まで含めた120分を戦い、チームの2連勝に貢献している。 ▽ガリアルディーニはボローニャ戦を振り返りつつ、すでにインテルでのプレーに馴染んでいる実感を口にした。 「今日は終盤に簡単に2失点を喫してしまったね。もっと注意深くプレーする必要がある。とはいえ、次のラウンドに進めたことに満足している。戦いはまだ続くし、すぐにパレルモ戦があるから今はそこに切り替えることが重要だ」 「インテルは素晴らしい選手が揃っている。こういうチームに加入できて嬉しいよ。チームメートも監督も僕を歓迎してくれた。溶け込むことは簡単だったよ」 2017.01.18 10:24 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース