シティ、若手MFマヌ・ガルシアがNACへレンタル移籍2017.01.12 00:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは11日、スペイン人MFマヌ・ガルシア・アロンソ(19)が今シーズン終了までのレンタル移籍でエールディビジのNACブレダに加入することを発表した。

▽今シーズン、母国スペインのアラベスにレンタル移籍で加入したマヌ・ガルシアだったが、公式戦の出場はコパ・デル・レイでの1試合のみとなっていた。この状況を受けて、シティと同選手は、より定期的にプレー機会を得るため、10日にアラベスとのレンタル契約解消に踏み切っていた。

▽2014年にスポルティング・ヒホンの下部組織からシティに加入したマヌ・ガルシアは、2016年3月に行われたアストン・ビラ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、昨シーズンは公式戦4試合に出場。また、昨年12月には2020年までの新契約を結んでいた。

コメント

関連ニュース

thumb

2ゴールを奪い存在感を示したアグエロ「このクラブに残りたい」

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、21日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのモナコ戦を振り返っている。アメリカ『ESPN』が伝えた。 ▽アグエロはホームで行われたモナコ戦に先発出場を果たした。同選手は1-2で迎えた58分と2-3で迎えた71分にゴールネットを揺らし、5-3の勝利に大きく貢献している。 ▽ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの台頭により出場機会を失いつつあったアグエロだが、同選手は指揮官であるジョゼップ・グアルディオ監督の決定を尊重すると強調。モナコ戦のように、自分の出番で結果を残すだけだと口にした。 「すべての決定権は監督が持っている。そして僕ができる唯一のことは、自分の出番で結果を残すことだ。チームを助けるためにできる限りのことをする。今日はそれができたと思っているよ」 「移籍について言われているけれど、僕は常にこのクラブに残りたいと言ってきた。僕の移籍に関して決めるのはクラブだ。けれど、僕の考えを言わせてもらえるのなら、ここに残りたい」 ▽またアグエロは34分に迎えた場面について振り返った。デ・ブライネのスルーパスに抜け出したアグエロはGKをかわしにかかると、GKスバシッチの足がかかって転倒。しかしレフェリーはアグエロのダイブだとしてイエローカードを提示した。 「レフェリーはPKではないと僕に言った。こういうことは時々起こることで、彼らだって間違いを犯す。そして僕らはそれを受け入れなければいけない」 2017.02.22 11:02 Wed
twitterfacebook
thumb

PKストップでチームの勝利に貢献したカバジェロ「クレイジーな試合だった」

▽マンチェスター・シティの元アルゼンチン代表GKウィルフリード・カバジェロが、21日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのモナコ戦を振り返った。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 ▽カバジェロはホームで行われたモナコ戦に先発出場を果たすと、49分にはPKの場面でショットストップを見せ、3失点を喫しながらも5-3と逆転勝利したチームに貢献した。 ▽インタビューに応じたカバジェロはPKの場面を振り返り次のようにコメントしている。 「僕とチームに幸運が舞い降りたね。あの場面で、僕は1つの方向を選択した。キッカーについてはいろいろと分析していて、その中で正しい方向を選択できてよかったと思っているよ。相手の先制点の場面では、ちょっとしたエラーがあった。でも僕は諦めずに戦い続けたんだ」 ▽またカバジェロは試合については次のように分析している。 「クレイジーな試合だったと思っているよ。処理できたことは幸運だ。素晴らしい相手に対して、次も勝利しなければいけない。今日の結果を楽しみたいところだけれど、まだ何も決まっていないんだ。今日は試合中にチームのメンタルとスピリットを取り戻せたことが勝因だと思う」 2017.02.22 10:58 Wed
twitterfacebook
thumb

打ち合いの末に勝利したシティ、ペップは「結果とパフォーマンスに満足」

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、21日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのモナコ戦を振り返った。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 ▽ホームにモナコを迎えたシティは、立ち上がりから壮絶な打ち合いを演じた。26分にスターリングのゴールで先制するも、前半に2点を失ってハーフタイムを迎えた。すると後半も点の奪い合いになるも、3-3で迎えた77分にストーンズ、82分にL・ザネがゴールを奪い、5-3で勝利した。 ▽試合後の会見に出席したグアルディオラ監督は苦しみながらも勝ち切った選手たちを称えている。 「特別な試合だったことを否定するつもりはない。浮き沈みがあったが、よい攻撃を見せられたと思う。相手も組織的なチームであり、簡単ではなかった。今日の結果とパフォーマンスには満足している。こういう経験が、クラブを次のレベルへと引き上げてくれるだろう。選手たちには賛辞を送りたい」 ▽また、1-2で迎えた49分にはシティがモナコにPKを与えた。しかしここはGKカバジェロがショットストップを見せて、モナコに追加点を奪わせなかった。グアルディオラ監督はカバジェロを称賛している。 「1-3になってもおかしくない状況であり、仮にそうなっていればよりタフな戦いになっていた。しかしウィリーが素晴らしいPKセーブを見せてくれた。本当に素晴らしい試合であり、スタジアムで観戦したものだけでなく、自宅で観戦した者たちも楽しめた試合だったと思う」 2017.02.22 10:47 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 5-3 モナコ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、マンチェスター・シティvsモナコが21日にシティ・オブ・マンチェスターで開催され、ホームのシティが5-3で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 カバジェロ 6.0 1失点目に絡んだが、チームの窮地を救うPKストップなど、2つのビッグセーブを見せた DF 3 サーニャ 5.5 前半は押し込まれる場面が多かったが、徐々に盛り返した 24 ストーンズ 5.5 2失点に絡む低調な守備も値千金の決勝点で帳消しに 30 オタメンディ 5.0 PK献上や簡単に中央を割られるなど、精彩を欠いた 25 フェルナンジーニョ 5.5 守備時にサイドバック。マイボール時にセントラルMFの役割を担うもやや苦戦 (→サバレタ 5.5) 気迫のこもったプレーでチームを鼓舞 MF 7 スターリング 6.5 1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献 (→ヘスス・ナバス -) 17 デ・ブライネ 5.5 相手とのフィジカルバトルに大苦戦も要所で精度の高いプレーを見せた 42 ヤヤ・トゥーレ 6.0 決勝点をアシスト。中盤のバランスを取ることに腐心 21 シルバ 6.5 1アシストを記録するなど、3点に絡む質の高いチャンスメークを披露 19 L・ザネ 6.5 1ゴール1アシスト。鋭い仕掛けと背後を突く動きで躍動 FW 10 アグエロ 7.0 幻のPK獲得を含め、2ゴール1アシスト。チームを勝利に導くエースの働きだった (→フェルナンド -) 監督 グアルディオラ 6.0 相手のハイプレスに苦しめられたが、エースに救われて辛くも先勝 ▽モナコ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 スバシッチ 4.0 痛恨の後逸を含め、屈辱的な5失点… DF 19 シディベ 5.0 前半は良い出来だったが、後半は失点に絡むなどバタバタした 25 グリク 5.0 アジリティの低さをポジショニングでカバーし切れず、大量失点を招いた。次節は出場停止 24 ラッジ 5.0 ジェメルソンの代役をこなせず。無理が利かない守備で蹂躙された 23 メンディ 5.5 前半は持ち味の攻撃力で押し込めたが、後半は劣勢に MF 10 ベルナルド・シウバ 6.0 決定的な仕事こそなかったが、決定機に繫がるプレーが多かった (→モウティーニョ -) 2 ファビーニョ 6.5 持ち味の守備や繋ぎに加え、2アシストを記録 14 バカヨコ 5.5 前半は持ち味のダイナミックなプレーを見せたが、ケガを抱えた影響で後半はトーンダウン (→ディラール -) 27 ルマール 6.0 1アシスト。精度の高い左足で幾度もチャンスを創出 FW 29 エムバペ 6.5 CL初ゴールを含め、強豪シティ相手に堂々のプレー。末恐ろしい18歳 (→ジェルマン 5.0) 目立った仕事を見せられず 9 ファルカオ 6.5 PK失敗もあったが、圧巻のループシュートに代名詞のダイビングヘッドと苦難の日々を過ごしたマンチェスターの地で躍動 監督 ジャルディム 5.5 善戦もペース配分の問題ややや消極的な交代策で敗戦 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アグエロ(マンチェスター・シティ) ▽ガブリエウ・ジェズス不在で苦戦が予想された試合で、エースとしての真価を発揮する大活躍。さすがのフィニッシュのクオリティに加え、苦しい時間帯に守備参加を見せるなど、気持ちも見せた。 マンチェスター・シティ 5-3 モナコ 【マンチェスター・シティ】 スターリング(前26) アグエロ(後13) アグエロ(後26) ストーンズ(後32) L・ザネ(後37) 【モナコ】 ファルカオ(前32) エムバペ(前40) ファルカオ(後16) 2017.02.22 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがモナコとの壮絶な打ち合い制して先勝! アグエロ&ファルカオの両エースが共に2ゴール!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、マンチェスター・シティvsモナコが21日にシティ・オブ・マンチェスターで開催され、ホームのシティが5-3で先勝した。 ▽バルセロナ、ボルシアMG、セルティックと同居したグループCを2位通過したシティは、直近のFAカップ5回戦では格下ハダースフィールド相手に引き分け再試合に持ち込まれるも、国内リーグでは3連勝中で2位浮上と好調を継続。モナコとの初対決に向けてはキャプテンのコンパニ、ガブリエウ・ジェズスを欠いたものの、決勝トーナメントから登録メンバー入りした古巣対戦のヤヤ・トゥーレが今季CL初出場を飾るなど、現状のベストメンバーを起用した。 ▽一方、モナコは実力拮抗となったグループEでトッテナム、レバークーゼンらを退けて見事に首位通過。国内リーグでは直近のバスティア戦で痛恨のドローを喫したものの、4連覇中の王者パリ・サンジェルマンを抑えて首位に立つ。一昨シーズンのアーセナルに続きイングランド屈指の強豪シティ撃破を目指すジャルディム監督は、出場停止のジェメルソンの代役にラッジを起用した以外、こちらもベストメンバーを起用。ファルカオの相棒にはジェルマンではなく、18歳の新星FWエムバペが抜擢された。 ▽[4-4-2]のコンパクトな陣形からハイプレスを仕掛けるモナコに対して、本職守備的MFのフェルナンジーニョを左サイドバックで起用する[4-1-4-1]の布陣で臨んだシティ。立ち上がりは出足で勝るモナコが、エムバペの果敢な仕掛けやサイドバックの積極的な攻撃参加でホームチームを押し込む。18分にはカウンターから持ち上がったエムバペのスルーパスに反応したメンディがボックス左でニアを狙ったシュートを放つが、これはGKカバジェロの正面を突いた。 ▽ボールを保持するものの、出足の鋭さと球際で強さを見せるモナコに手を焼くシティは、スターリングやリロイ・ザネのスピードを生かして単発的にチャンスを作るが、主導権を握るまでには至らず。それでも、26分に左サイドで圧巻の仕掛けからDF3枚を剥がしたザネがシルバにボールを預けてボックス左に走り込んでリターンパスを受けると、ゴール前に走り込んだスターリングにマイナスのクロス。これをスターリングがスライディングで流し込み、ワンチャンスを生かしたホームチームが先制に成功した。 ▽良い流れの中で相手の個の力に屈したモナコだったが、失点から数分後に相手のミスを突き頼れるエースストライカーが試合を振り出しに戻す。32分、相手GKカバジェロの中途半端なパスをカットしたファビーニョがベルナルド・シウバに預けて右サイドに流れながらクロスを上げる。これに反応したファルカオが豪快なダイビングヘッドで流し込んだ。 ▽痛恨のアウェイゴールを献上したシティだが、失点直後の34分に絶好の勝ち越し機を迎える。デ・ブライネのスルーパスに抜け出したアグエロがGKと一対一の場面でかわしにかかると、GKスバシッチの足がかかってピッチに倒れ込む。このプレーでシティがPK獲得と思われたが、マテウ・ラオス主審はアグエロが大げさに倒れたとしてダイブの判定を下し、アルゼンチン代表FWにはイエローカードが掲示された。 ▽微妙な判定で勝ち越しのチャンスを逃がしてイラ立つシティは、プレーのリズムを失う。すると40分、ハーフウェイライン付近で与えたFKの場面でファビーニョに素早いリスタートを許すと、センターバック2枚の間を割ったエムバペにボックス右から強烈な右足のシュートを叩き込まれ、逆転を許した。 ▽モナコの1点リードで折り返した後半も早い時間帯に試合が動く。49分、味方からのスルーパスに抜け出したファルカオが、後方からDFオタメンディに倒されてPKを獲得。だが、グループステージのトッテナム戦でもPKを失敗しているファルカオはGKカバジェロとの駆け引きに敗れ、痛恨のPK失敗。手負いのシティにとどめを刺すことができない。 ▽カバジェロのPKストップで望みを繋いだシティは、今度は相手の信じられないミスから同点に追いつく。58分、右サイドを突破したスターリングのスルーパスに抜け出したアグエロがボックス右からシュートを放つ。低い弾道のシュートはGKスバシッチの正面を突くも、このイージーなシュートをスバシッチがまさかの後逸。モナコゴールに吸い込まれた。 ▽守護神の痛恨ミスで試合を振り出しに戻されたモナコだったが、先ほどPKを失敗したエースが汚名返上の圧巻ゴールを奪う。61分、左サイド深くでルマールのロングフィードを受けたファルカオが、DFストーンズを引きずりながらボックス内に切り込んで意表を突いたループシュート。美しい弧を描いたこのシュートがゴールネットに吸い込まれた。 ▽追いついた直後に再逆転を許す拙い試合運びとなったシティは、62分にフェルナンジーニョを下げて本職がサイドバックのサバレタを投入。よりシンプルな戦い方で攻勢を強めていく。 ▽前半から飛ばしてきたモナコに疲れが出始めた後半半ば過ぎからシティが猛攻を仕掛けていく。すると71分、右CKの場面でキッカーのシルバが入れたクロスをファーでDFシディベの前に身体を入れたアグエロが右足ダイレクトボレーで合わせ、同点に追いつく。勢い付くシティは続く77分、今度は左CKの場面でキッカーのデ・ブライネが入れたクロスをニアでヤヤ・トゥーレが頭でフリック。これをファーに飛び込んだストーンズが押し込み、勝ち越しに成功した。 ▽セットプレーからの連続失点で試合を引っくり返されたモナコは、エムバペに代えてジェルマンを投入し、ゴールを奪いに行く。だが、82分にシルバの浮き球パスに反応したアグエロに完璧に裏を取られてしまい、ボックス左で折り返したボールを難なくザネに流し込まれ、リードを2点に広げられてしまった。 ▽その後、モウティーニョ、ディラールとアタッカーを投入し攻勢に出るモナコに対して、殊勲のアグエロ、スターリングを下げてフェルナンド、ヘスス・ナバスをピッチに送り込み逃げ切りを図るシティは、84分にファルカオに与えた決定機をGKカバジェロの好守で凌ぎ、2点リードのまま試合をクローズ。モナコとの壮絶な打ち合いを5-3で制したシティは、3点のアウェイゴールを献上したものの、ベスト8進出に向けて大きなアドバンテージを手にした。 2017.02.22 06:54 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース