超ワールドサッカー

シティ、若手MFマヌ・ガルシアがNACへレンタル移籍2017.01.12 00:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは11日、スペイン人MFマヌ・ガルシア・アロンソ(19)が今シーズン終了までのレンタル移籍でエールディビジのNACブレダに加入することを発表した。

▽今シーズン、母国スペインのアラベスにレンタル移籍で加入したマヌ・ガルシアだったが、公式戦の出場はコパ・デル・レイでの1試合のみとなっていた。この状況を受けて、シティと同選手は、より定期的にプレー機会を得るため、10日にアラベスとのレンタル契約解消に踏み切っていた。

▽2014年にスポルティング・ヒホンの下部組織からシティに加入したマヌ・ガルシアは、2016年3月に行われたアストン・ビラ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、昨シーズンは公式戦4試合に出場。また、昨年12月には2020年までの新契約を結んでいた。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドがデ・ヘア後釜にハートをリストアップか? 実現すれば21年ぶりの“禁断の移籍”

▽マンチェスター・シティは、現在トリノへレンタルで加入しているイングランド代表GKジョー・ハート(30)に関心を寄せるマンチェスター・ユナイテッドとの“禁断の移籍”の可能性を除外しないようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽ハートは今シーズン、ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任とチリ代表GKクラウディオ・ブラーボの加入に伴い、出場機会確保のため、昨年8月にトリノへレンタル移籍を果たした。今シーズンのセリエAではここまで32試合に出場し、5度のクリーンシートを達成している。 ▽今回の報道によると、そんなハートに対して現在、ライバルクラブでもあるユナイテッドが同選手の獲得に興味を持っているとのこと。レアル・マドリーから強い関心を寄せられているスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)の後釜としてリストアップしているようだ。 ▽また、シティ側としても移籍金である3000万ポンド(約43億3000万円)に見合うオファーであれば、ハートの移籍先にユナイテッドを除外する考えは持っていないようだ。同クラブの関係者が主張している。 「ジョー(・ハート)に関して可能性を除外することは何もないよ」 「しかし、彼は国内外問わず多くの関心が寄せられていて、正しい市場価格より低いオファーでは受け入れられないこともわかっている」 ▽なお、最後にシティからユナイテッドへ移籍したのは、GKトニー・コットンの1996年。もしハートがユナイテッドに移籍することになれば、21年ぶりの“禁断の移籍”となる。 2017.05.01 03:48 Mon
twitterfacebook
thumb

終盤のG・ジェズス弾で追いつくもシティが下位ボロに手痛いドロー《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは4月30日、プレミアリーグ第35節でミドルズブラとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽ミッドウィークに行われた第26節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦を0-0で引き分け、3位浮上のチャンスを逃した4位シティ(勝ち点64)。その試合から中2日で行われた今節は、19位ミドルズブラ(勝ち点27)の本拠地リバーサイド・スタジアムに乗り込んだ。チャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に向けて3ポイントが必須のシティは、マンチェスター・ダービーから先発メンバーを5人変更。前節に左足ふくらはぎを痛めたGKブラーボ、スターリングらに代えてGKカバジェロとヘスス・ナバスらを起用。また、19歳のアレックス・ガルシアがリーグ戦初スタメン、ガブリエウ・ジェズスが負傷明け初の先発復帰となった。 ▽ポイントロスが許されないシティは、開始から相手ゴールに迫る。1分、ボックス左を突破したアグエロがゴール前に速いパスを供給。これにニアサイドで待ち構えていたG・ジェズスが右足を出すも、わずかにタイミングが合わず。さらに8分、ボックス右でスルーパスを収めたアグエロがカットインから左足を振り抜くも、これはゴール左上を外れる。 ▽立ち上がりから攻勢に出るシティだが、ミドルズブラの反撃に遭う。12分、右サイドからファビオにクロスを許すと、ゴール前左に流れたセカンドボールをネグレドにフリーでボレーを放たれるも、枠を外れて難を逃れる。 ▽シティは序盤こそスムーズにシュートまで結びつけていたものの、前半半ばに差し掛かると、アタッキングサードで攻撃が停滞。速攻からミドルズブラに自陣への侵攻を許してしまう時間帯が続くと、38分には敵陣中央でボールを奪われ、ミドルズブラにカウンターを許す。スルーパスに反応したダウニングに左サイドをえぐられ、ボックス手前にグラウンダーのクロスを入れられると、フレンドの落としを受けたネグレドが軸足を滑らせながらも左足で放ったシュートが、左ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽思惑とは裏腹に1点ビハインドで試合を折り返したシティは50分に2枚替え。A・ガルシアとクリシを諦めて、リロイ・ザネとスターリングを投入し、攻撃の活性化を図る。すると52分、フェルナンジーニョから浮き球のスルーパスをボックス右で受けたスターリングが左足でシュート。これがゴール右隅を捉えるも、DFチャンバースの体を張ったディフェンスに阻まれる。55分にもボックス手前でパスを受けたデ・ブライネが左足でシュートを放つも、GKグザンに正面でキャッチされる。 ▽この交代で敵陣へ侵攻する回数が増えたシティは、途中出場のL・ザネの仕掛けから同点のチャンスを迎える。66分、左サイドのL・ザネがボックス左手前のアグエロとのワンツーでボックス内へと侵攻すると、対峙したデ・ルーンに倒されてPKを獲得。ミドルズブラにとってはアンラッキーな判定だったが、これをキッカーのアグエロがゴール左上に突き刺した。 ▽試合を振り出しに戻したシティだったが、ホームの粘りを見せるミドルズブラにセットプレーから勝ち越しを許してしまう。77分、ボックス右手前でFKを与えてしまうと、ダウニングが左足でシュート。これが壁に当たって混戦になり、ゴール前右で粘るネグレドに左足でつつかれボールはゴール前に。これを待ち構えていたチャンバースに押し込まれた。 ▽またも追いかける立場となったシティはその後猛攻を仕掛ける。すると85分、ボックス左手前でパスを受けたアグエロがゴール前に柔らかいクロスを供給。これに反応したG・ジェズスが頭で押し込んだ。再び同点に追いついたシティだったが、これが精一杯。逆転ゴールを奪うことができず、下位相手に手痛いドローを喫した。 2017.05.01 00:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ランパード、グアルディオラのプレミアリーグ1年目を「要求過多」と批判的

チェルシーのレジェンドで、マンチェスター・シティでもプレーした元イングランド代表MFフランク・ランパードが、ジョゼップ・グアルディオラ監督のプレミアリーグ初年度について『talkSPORT』で言及した。<br><br>グアルディオラ監督は昨夏、マンチェスター・Cの指揮官に就任。シーズン序盤は開幕6連勝を飾るなど、順調なスタートを切った。第7節でトッテナムに初黒星を喫したが、第10節までは首位をキープ。しかし、第11節で首位を受け渡すと、徐々にタイトル争いから後退、33試合を終えて4位に位置し、チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指している。また、チャンピオンズリーグではラウンド16でモナコに敗れ、FAカップではアーセナル相手に準決勝で敗退し、監督キャリア初の無冠でシーズンを終えることが濃厚となっている。ランパードはグアルディオラの1年目を以下のように分析した。<br><br>「ペップ・グアルディオラが今シーズンこれまでで一番多くのことを学んだ。というのは確かだろう。バルセロナでは、すでに素晴らしいチームがあって、スタイルも完成していて、そのチームに改良を加えた。バイエルンでも同じようなことをした」<br><br>「マンチェスター・Cでも素晴らしい選手たちがいたが、彼らに多くのことを要求した。私は彼が今シーズン残りの期間ですべきは、グループへの要求が過大だったかどうかを振り返ることだと考えている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.30 13:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクの希望はペップ率いるシティ移籍か リバプール&アーセナル行きを固辞

▽今夏のサウサンプトン退団が噂されるオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)が希望する移籍先はマンチェスター・シティのようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ▽2015年にセルティックからサウサンプトンに加入したファン・ダイクは、優れた対人対応にカバーリングとソリッドな守備に加え、強烈なフリーキックを武器とするなど、攻守に貢献できるモダンなセンターバックとして高い評価を集める。そして、同選手の元にはチェルシーとアーセナルのロンドン勢に加え、リバプールが獲得に興味を示している。 ▽だが、『マンチェスター・イブニング・ニュース』の伝えるところによれば、ファン・ダイクはジョゼップ・グアルディオラ監督と共に働くことを熱望しており、リバプールとアーセナルからのオファーを固辞しているようだ。 ▽ただ、ファン・ダイクとシティが相思相愛の関係を築いている一方、移籍に向けた障壁となっているのが、サウサンプトンが設定している5000万ポンド(約71億7000万円)という高額な移籍金のようだ。現在、シティは来シーズンに向けて大型投資を行う準備を進めているものの、センターバックのポジションに高額な移籍金を注ぎ込むことに難色を示している模様だ。 2017.04.29 06:47 Sat
twitterfacebook
thumb

アグエロ、G・ジェズス復帰に危機感も「ペップの采配を尊重」

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、チームメイトのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰したことに危機感を抱きながらも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の決断を尊重することを主張している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽シティは、27日に行われたプレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを0-0で引き分けた。この一戦では、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦(2-0で勝利)で右足中足骨を骨折し、今季絶望かと思われていたG・ジェズスがベンチ入り。86分にはスターリングに代わって約2カ月ぶりの復帰を果たした。 ▽1月にG・ジェズスがシティに加入してから負傷するまでの間、先発メンバーから外れることが増えたアグエロは、同選手の復帰に気を引き締めた。また、再びベンチに座ることになっても監督の采配に従うことを強調している。 「彼は、シティに所属するに相応しく、若くて素晴らしいプレーヤーだよ」 「僕は、身を引かなくてはいけない時があるということをわかっている。いくつか年齢を重ねていくと、若い選手たちがプレッシャーをかけてくるもんだ。その時に、さらに成長しなくてはいけない」 「彼が復帰したことで、僕はさらに集中してプレーしなくてはいけない。それが嬉しいよ。もし、またベンチスタートとなってしまったら、それを受け入れなければならない。それがフットボールだ」 「僕は常に監督を尊敬しているし、ペップを尊重しているよ。シーズンが終わるまでに自分の全てを与えられるようにプレーしていきたいね」 2017.04.28 22:38 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース