シティ、若手MFマヌ・ガルシアがNACへレンタル移籍2017.01.12 00:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは11日、スペイン人MFマヌ・ガルシア・アロンソ(19)が今シーズン終了までのレンタル移籍でエールディビジのNACブレダに加入することを発表した。

▽今シーズン、母国スペインのアラベスにレンタル移籍で加入したマヌ・ガルシアだったが、公式戦の出場はコパ・デル・レイでの1試合のみとなっていた。この状況を受けて、シティと同選手は、より定期的にプレー機会を得るため、10日にアラベスとのレンタル契約解消に踏み切っていた。

▽2014年にスポルティング・ヒホンの下部組織からシティに加入したマヌ・ガルシアは、2016年3月に行われたアストン・ビラ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、昨シーズンは公式戦4試合に出場。また、昨年12月には2020年までの新契約を結んでいた。

コメント

関連ニュース

thumb

【FIFA18体験記】赤い悪魔・ユナイテッドが圧巻の強さを見せるシティを迎える“マンチェスター・ダービー"

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。超ワールドサッカー編集部体験記の第3回は10日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー"に挑戦します。 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンの覇権争いを左右するダービー</span> ▽ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられ、2シーズン目を迎えるユナイテッドと、圧倒的な強さを誇りリーグ首位を独走するシティの一戦。 ▽今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー"は、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで行われます。 ▽2位のユナイテッドと首位のシティ。両チームの勝ち点差は15節を終えた時点で「8」となっており、結果次第ではシーズンの行方が左右されるでしょう。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッドが牙をむく!</span> ▽ホームのユナイテッドを操作してまずはプレー。すでに、シティvsサウサンプトンをプレーしたことで、シティの強さは十分知り尽くしているつもりです。 ▽試合はユナイテッドが優勢に進めます。まずは17分、ヘンリク・ムヒタリャンのパスを受けたロメル・ルカクがボックス手前中央からシュート。これが決まり、ユナイテッドが先制します。 ▽さらに前半終了間際の42分には、フアン・マタがセンターサークル付近でボールを持つと、ロングスルーパス。これに反応したルカクが最終ラインの裏をとると、そのまま冷静に流し込み、ユナイテッドが2点リードで前半を終えます。 ▽圧倒的な強さを誇るシティに対し、リードしているユナイテッドは、76分にも追加点。アンソニー・マルシャルからのパスを受けたルカクがそのままダイレクトで叩くと、マルシャルが落ち着いて沈めて勝負あり。ユナイテッドが3-0でシティを下しました。ユナイテッド強し。 <span style="font-weight:700;">◆シティもやっぱり強かった…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ということで、例のごとくシティを使ってもプレー。するとやっぱり強いんですよ。シティは。 ▽まずは13分、右サイドを仕掛けたガブリエウ・ジェズスがグラウンダーのクロス。これを、セルヒオ・アグエロがシュート。GKダビド・デ・ヘアがセーブするも、アグエロが自ら詰めてシティが先制します。 ▽しかし35分、ユナイテッドが追いつきます。右サイドからのアシュリー・ヤングのクロスをマーカス・ラッシュフォードがファーで合わせて同点となります。 ▽それでもシティは強かった。前半終了間際の45分、CKからジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、最後はダビド・シルバが蹴り込み、シティが勝ち越しに成功。後半はこう着状態が続いたものの、93分にスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが決めて勝負あり。3-1でシティが勝利しました。 <span style="font-weight:700;">◆ハイレベルな戦い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回マンチェスターの両クラブを使用しましたが、どちらも選手個々のレベルの高さを感じました。ルカクはスピードだけでなくパワーと精度があり、シティのザネはテクニックとスピードに。どちらもチームも操作することで3得点を奪えたことを考えると、チームのレベルが高いことが分かります。ちなみに、サウサンプトンでの悔しさをユナイテッドで果たすことに成功しました! にしても、実際と同じでシティは強すぎるぞ…そんなところで、また次回です。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/pxonVw" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">★僕の「Alex Hunter」</span> ▽よもやのチェルシー退団、ロサンゼルス・ギャラクシー入りとなった「Alex Hunter」。しかし、世界中が注目する若き才能はMLSで爆発した。デビュー戦は途中出場ながら1ゴール1アシスト、2戦目には先発すると2ゴール3アシストと爆発。3戦目にしてハットトリックを達成するなど、アメリカでのキャリアは順風満帆なスタートとなった。 レーティング:78(2↑) 市場価格:$16,119,999(37%↑) 性格:情熱的 MLS:7試合14ゴール11アシスト プレミアリーグ:3試合出場4ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/6oqwwj" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.12.12 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【プレミア第17節プレビュー】シティ、新記録更新の15連勝なるか

▽前節では首位のマンチェスター・シティが2位のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーをアウェイで勝利し、プレミアリーグ記録の14連勝を達成。スパーズがストーク・シティに勝利してリーグ5戦ぶりの白星を挙げた一方、チェルシーはワトフォードに0-1で敗れた。また、アーセナルとリバプールもそれぞれ引き分け、勝ち点を落としている。迎える今節は、ミッドウィークにプレミアが開催される。 ▽ダービーを制してユナイテッドとの差を11ポイントまで広げたシティ(勝ち点46)は、ウェールズに赴いて19位のスウォンジー(勝ち点12)と対戦する。オールド・トラフォードでライバルを打ち負かしたチームは、リーグ戦5試合連続で1点差勝利と、勝負強さも発揮。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選会でも組みしやすいバーゼルを引き当てるなど、運も味方につけている。引き続きストーンズが離脱中だが、ユナイテッド戦でも得点を取ったオタメンディが好調。マンガラのコンディションも上げつつフェルナンジーニョをセンターバック起用するなどペップ采配も冴えている。スウォンジーは前節、WBAを1-0で下してリーグ戦連敗を6試合でストップしたが、シティ優位は揺るがない。 ▽ユナイテッド(勝ち点35)は、ホームでのボーンマス戦で白星を取り戻しにかかる。アーセナル戦で一発退場となったポグバが引き続き欠場する中で、疲労蓄積が顕著なルカクやマティッチも休ませる必要性が出ており、モウリーニョ監督のマネジメント力が問われている。14位のボーンマス(勝ち点16)はここ4戦未勝利と調子を落としているだけに、ここは勝ち点3必須の一戦だ。 ▽3位のチェルシー(勝ち点32)は前節、ウェストハムとのロンドン・ダービーを0-1で落とした。さらに、この試合で負傷したモラタが再離脱することに。リーグ戦15試合9得点のエースの離脱は、コンテ監督の頭を悩ますことになる上、チーム全体としての選手層の薄さがここから年末の過密日程に向けて不安なところ。12位のハダースフィールド(勝ち点18)は現在4連敗中と不調だが、今季はホームでユナイテッドを下し、シティ相手にも善戦している。侮れない相手になりそうだ。 ▽4位のリバプール(勝ち点30)は前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを終盤の失点により1-1で引き分けた。とはいえ、公式戦10試合負けなしで、引き続きサラーを中心した前線が好調で、チームパフォーマンスも上々。リーグ14試合未勝利で17位のWBA(勝ち点13)相手には確実に勝利が求められる。 ▽5位のアーセナル(勝ち点29)は、チェルシー撃破で波に乗りたいモイーズ・ウェストハム(18位=勝ち点13)とのアウェイ戦。サウサンプトン(11位=勝ち点11)vsレスター・シティ(8位=勝ち点23)では吉田vs岡崎の日本人対決実現に期待したい。そのほか、前節にブライトンを5-1と圧倒した6位のスパーズ(勝ち点28)は、13位のブライトン(勝ち点17)を引き続きウェンブリーに迎えるが、次節のシティ戦を前に勢いを持続できるか。 ◆プレミアリーグ第17節 ▽12/12(火) 《28:45》 バーンリー vs ストーク・シティ 《29:00》 ハダースフィールド vs チェルシー クリスタル・パレス vs ワトフォード ▽12/13(水) 《28:45》 スウォンジー・シティ vs マンチェスター・シティ ニューカッスル vs エバートン サウサンプトン vs レスター・シティ 《29:00》 ウェストハム vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs ボーンマス リバプール vs WBA トッテナム vs ブライトン 2017.12.12 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービーの場外戦…モウリーニョは水をかけられアルテタは殴られる?

▽プレミアリーグの天王山となったマンチェスター・ダービーの舞台裏で場外戦が行われていたようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽10日に行われたプレミアリーグ第16節では、首位に立つマンチェスター・シティと2位のマンチェスター・ユナイテッドの“マンチェスター・ダービー"が行われた。勝ち点8差で行われた大一番は、アウェイのシティが2-1で勝利しその差を「11」まで拡大させた。 ▽シティにとっては、プレミアリーグ記録となる14連勝を飾り、宿敵であるユナイテッドとのダービーマッチに勝利したことで喜びもひとしおのはず。実際に試合後のドレッシングルームではシティの選手たちが大騒ぎをしていたようだ。 ▽これに対して、ユナイテッドの指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督は「敗者への敬意を欠いている」として抗議行動に出た模様。その際に、シティのブラジル代表GKエデルソンと口論になったことからヒートアップ。両軍入り乱れての大乱闘が行われたようだ。 ▽この乱闘の中で、モウリーニョ監督は水をかけられたという。さらにシティでコーチを務めている元スペイン代表MFのミケル・アルテタは割って入ったところを殴られた模様。顔面に切り傷を負ったようで流血していたと伝えられている。最終的にはスタジアム警備員や警察が仲裁に入り、乱闘は収まったようだ。 2017.12.12 09:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ペップの揺るがない哲学 「ポゼッションがダメなら監督辞める」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が絶対に揺らぐことのない信念を示した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽グアルディオラ体制2年目のシティは、今シーズンのここまでプレミアリーグ首位を独走。16試合終了時点で「15勝1分け無敗」「リーグ最長記録に並ぶ14連勝」、「総得点48」、「総失点11」と他の追随を許さない戦いぶりを見せ、ほぼパーフェクトなシーズンを送っている。 ▽過去に率いたバルセロナやバイエルンでも数々の成功を収めてきたスペイン人指揮官は、「ポゼッションサッカーが機能不全になったらどうする?」との問いに対して、次のように返答した。 「そうなったら、私は引退する。他の術が思いつかないからね」 「より深く守ることはできる。でも、私はボールを持ってプレーしたい」 「バルセロナBを率いた当時から、それを追求してきた」 「うまくいかないときはある。それは相手が良かったからか、自分たちが悪かったからだ」 「でも、考え方を変えるつもりはない。絶対にね。私の人生において絶対ない」 2017.12.11 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、ジャッジ批判を繰り返すモウリーニョに辟易「昨日も今日も、昨年も…」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、主審を批判するマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に苦言を呈した。<br><br>10日に行われた「マンチェスターダービー」で、ダビド・シルバとニコラス・オタメンディのゴールで2-1の勝利を収めたマンチェスター・シティ。これでプレミアリーグ記録となる同一シーズン14連勝を飾り、2位との勝ち点差を「11」に広げ独走態勢を築いている。<br><br>試合後、モウリーニョ監督はマイケル・オリバー主審の判定を公然と批判。さらに昨季のダービーでの判定にも不満をぶちまけていた。グアルディオラ監督は、ポルトガル人指揮官の繰り返すレフェリー批判に辟易しているようだ。<br><br>『スカイスポーツ』に対し、「昨シーズンも、我々がレフェリーのおかげで勝てたと言っていた。そして今日もまた同じことを言っている。昨日も彼はレフェリーについて話していた。選手たちが簡単に倒れるとも言っていたが、我々は正直なチームで、私の選手たちが簡単に倒れるという事実はない。そのことを議論する必要もないね」<br><br>また、破竹の勢いで勝利を重ねるチームについては「私の思い通りにプレーできたと思う。我々のスタイルで、イングランドでも戦える。バルセロナでやってきたプレースタイルをイングランドで再現するのは不可能だと言われてきたが、そんなことはない。同じようにできている」と、ポゼッションを主体とするスタイルがイングランドでも通用すると自信をのぞかせた。<br><br>さらに「昨シーズンはそうではなかったが、常に実現できると信じてきた。このスタイルでスタンフォード・ブリッジとオールド・トラッフォードで勝利できて、とても満足している。ユナイテッド相手にどのような戦い方をするのか話し合ってきたが、セットプレーの話はしていなかった。でも我々はそこから2ゴールを挙げた。フットボールは本当に予想できない。でも、これはチームにとって大きな自信になる勝利だ」とコメントを残している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 11:45 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース