川島所属のメス、ブレーメンからセネガル代表DFを買取OP付きレンタルで獲得!2017.01.12 00:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メスは11日、ブレーメンからセネガル代表DFファロウ・ディアニェ(27)を買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽昨夏、レンヌからブレーメンに完全移籍で加入したディアニェだが、ここまでリーグ戦2試合の出場にとどまっていた。そして、出場機会を求める同選手は、2008年にプロデビューを飾り、2012年までプレーしていた古巣のメスへの復帰を決断した。

コメント

関連ニュース

thumb

激しいポジション争いについてGK川島永嗣「周作の存在は自分にとって常に大きい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は25日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを再開した。 ▽練習終了後、GK川島永嗣(メス)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。UAE戦を振り返るとともに、GKのポジション争いやタイ戦についても見解を述べた。 <span style="font-weight:700;">◆GK川島永嗣</span>(メス/フランス) <span style="font-weight:700;">──UAE戦を改めて振り返って</span> 「UAEはもう終わったことなので、タイ戦に向けて気持ちを切り替えていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ケガ人が3人も同時に出てしまいましたが</span> 「なかなかないですね。最初マコ(長谷部誠)がケガして、こういった厳しい戦いにはケガがつきものだと思います。こうやって重要な戦力がね…今ちゃん(今野泰幸)も久々に代表に来て出て活躍したので、ケガというのは残念です。そういったところをみんなでカバーして、グループとしてまとまって前に行かないといけないので、みんなが気持ちを切り替えてやって行かなくてはいけないです」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦後に切磋琢磨という言葉を使われていましたが、GKの中でもそういったものはありますか</span> 「それはいつも言っていますが、誰が出てもおかしくないと思いますし、お互いがレベルを上げることで日本人GKのレベルも上がって行くと思います。そもそも自分が年齢を気にしているタイプではないですが、みんな試合に出たいと思っていますし、試合に出た人が常にベストを尽くさなくてはいけないと思います。前回に関しては自分がチャンスをもらえたし、その中では日本が勝つために全力でやるということが大切だと思います。そう言った1人1人の思いがレベルを押し上げてくれると思います」 <span style="font-weight:700;">──久々に試合に出場した感覚というのはいかがですか</span> 「アウェイで重要な予選の今後を占うゲームでしたし、そう言った意味では色々な思いが試合前にありました。ただ、長く代表でやらせてもらっている分、そう言った部分で自分では心配していませんでしたし、90分間臨めたなという感じです」 「幸運なことにこれだけ代表で試合に出させてもらっていますし、最終予選やワールドカップで厳しい戦いや緊張感という点では、厳しさを知っている分、それだけ集中して入らなくてはいけないというのは分かっていました。そういった部分はプラスに働いたと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームにどのような声をかけていたか</span> 「前半は1-0で勝っていましたが、暑さを含めてコンディション面では厳しくなるので、これからまだまだ厳しくなるとは言いました。大一番を乗り越えたとは思いますが、ワールドカップ出場が決まったわけではないですし、もう1回自分たちが気を引き締めて、次のタイ戦に臨んでいかなくてはいけないです。次の試合でよくないゲームをすれば、せっかく勝ち取って来たゲームがものが無駄になってしまうので、もう1回気を引き締めてやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──クラブではリザーブリーグでプレーしていると思いますがどのようにコンディション調整をしているか</span> 「試合に関しては2試合ベンチに入って、2試合リザーブチームというのがローテーションでした。1月に初めてカップ戦で試合に出られましたが、その前も後も2試合ベンチに入って、2試合リザーブチームで試合に出てという感じです。コンディションに関しては、自分では試合に出られない立場なので、練習の中で毎日アピールするしかありません。気を抜いてポジションが取れるとは思いませんし、代表のためではなく、自分がチームで試合に出られることが一番だと思います。そういった状況なので、コンディションがどうこうということも考えていません。やれることをやるしかないです」 <span style="font-weight:700;">──短い期間でタイ戦に向けても連携を高める必要があると思いますが</span> 「やり慣れている選手の方が連携が良かったりというのがありますが、そもそも11月から代表期間がなくて3月のこの試合が一番難しかったと思います。時間が空いてやらなければいけないというのは難しいことです。ただ、今の選手のクオリティやチームのグループを考えれば、誰が出てもやれるだけの力はあると思います。GKの話ではないですが、1人1人が与えられたチャンスを掴んでいかなくてはいけませんし、それがグループを強くすると思います」 <span style="font-weight:700;">──今日の練習では西川選手がPKを止めるなど気を吐いていましたが</span> 「(西川)周作の存在は自分にとって常に大きいです。ここまで周作が守って来てくれているから、この結果があると思います。そう言った意味でみんなが試合に出たい気持ちを持っていますが、レベルアップにはそこがベースだと思います」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦での手応えは、今野選手が抜けるなどタイ戦に向けてはどうなのか</span> 「タイ戦で自分たちがどうやっていくかまでは話していませんが、ゲームの内容自体が大きく変わると思いますし、注意しなくてはいけない点も変わってくると思います。UAE戦で自分たちが掴んだ自信はフォーメーションも含めて継続していかなくてはいけませんが、全く違ったゲームになると自分たちが意識して臨まなくてはいけませんし、ある意味難しい試合になると感じています」 2017.03.26 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ついに公式戦デビューを果たしたGK川島永嗣「半年かかりました。。」

▽メスに所属する日本代表GK川島永嗣が自身のブログでデビュー戦を振り返った。 ▽ダンディー・ユナイテッド退団後、今シーズンからリーグ・アンのメスに加入した川島。第3GKとしてのポジションを任され、これまで公式戦でのプレーは一度もなかった。しかし、8日に行われたクープ・ドゥ・フランスのランス戦で公式戦デビュー。2-0で敗れたものの、川島はブログで試合を振り返った。 「今日のCoupe de FranceのLens戦で、Metzに来てから初めて試合に出る事ができました。ようやくフランスデビュー。半年かかりました。。結果は0-2と敗戦してしまいましたが、それでもようやくフランスでスタートを切ることができました。まずはまた一歩前に進む事ができました」 ▽また、この先についても意気込みを語り、成長していくと綴っている。 「ここからが勝負。まだまだ自分が思い描く姿には程遠いけど、ここからまた1日1日、自分を越えるために成長し続けるしかありません。しかし、やっぱり試合っていいな(笑)」 ▽この冬にはサガン鳥栖への移籍が浮上するなどしていた川島だが、オファーを断り、ついに新天地でデビュー。この先のプレーにも注目が集まる。 2017.01.09 22:54 Mon
twitterfacebook
thumb

厳しい現状でもチームのために…GK川島永嗣「必要なのは後ろからの後押し」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は14日、15日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、ミックスゾーンで記者陣のインタビューに応対したGK川島永嗣(メス/フランス)は、チームの雰囲気、コンディション共に良好であることを強調。出場機会がないクラブと同様、代表でも厳しい立場にあるものの「必要なのは後ろからの後押し」とチームを鼓舞する姿勢を見せた。 <span style="font-weight:700;">◆GK川島永嗣(メス/フランス)</span> <span style="font-weight:700;">──チームの状況について</span> 「雰囲気は良いと思いますし、今回はこの試合までフレンドリーマッチもできて時間も十分にあったので、コンディション的にも良い状態で明日の試合に臨めるんじゃないかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──サウジアラビアを叩かないといけないという厳しいゲームになるが</span> 「そうですね。僕たちも初戦を落としていることでこの一戦は自分たちにとって大事なゲームになると思いますし、状況はどうであれホームでやるので相手が首位だろうが自分たちとしては何もやらせないぐらいの気持ちで試合に入っていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ピッチに立てば怒り声でチームを動かすのが印象的だが、現在はチームを励ます姿がうかがえる</span> 「今、こういう状況の中でチームに必要なのはやはりもっと後ろからの後押しだろうし、選手自身が一人一人自信を持って戦うことだと思います」 「良い意味で自信がなければ、思い切ったプレーもできなくて、守りの部分でも日本の気持ちが一体になることはない。ちょっとしたところでもチームの雰囲気は変わってくるので、自分がベンチに座っているのであればやれることをやりたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──下の世代からの突き上げが結構あってむしろ経験豊富な選手が自信を失いつつあるようにも見えるが</span> 「経験のある選手も自信がなければこういう場所にいないと思うし、逆にそれぞれが厳しい環境で戦っているという自負があると思う」 「役割というのは長くいればいるほど変わってくる部分もあるかもしれないですけど、どんな選手も試合に出られなければ、それを取り返すために練習の中で見せる必要がある」 「ただ単純に、自分の出番が回ってこないからってサポートするだけではチームは強くならないと思うし、そういう経験のある選手は経験のある選手なりにそういう部分は出していかなきゃいけないと思う」 「若い選手は若い選手で思い切って自分の力を発揮して点を取ったりとかそういうものを出していくっていうのが今のチームには必要なことだと思いますし、今の日本代表を上に引き上げてくれる力になってくれるのかなと思います」 2016.11.14 22:53 Mon
twitterfacebook
thumb

イラク戦をベンチから見守ったGK川島永嗣「最終予選の厳しさを実感できた」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は7日、さいたま市内で11日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦向けトレーニングを行った。 ▽練習後、GK川島永嗣が取材に応じ、イラク戦を振り返ってコメント。また、チームとしての現在の立ち位置を語った。 ◆<span style="font-weight:700;">GK川島永嗣</span>(メス/フランス) ──<span style="font-weight:700;">ベンチから見ていた昨日の試合を振り返って</span> 「あそこで引き分けていれば、今自分たちが受けている感情というのは真逆だったと思うし、そういった意味では、最後の最後で(山口)蛍が途中から出て、途中から出た選手が結果を残せたというのは、今のチームにとっては良いサインだと思います」 「今日もそうですが、先発で出る11人だけが最終予選を戦っているわけではないですし、チームとして戦って行かなくてはいけないという意味では、自分も含めて良い例になったかなと思います」 「今は勝って反省できる部分があります。そういった意味では前向きに捉えられると思います。ただ、昨日の試合を振り返って、1人1人が最終予選の厳しさを、何が厳しさかは簡単には説明できませんが、昨日の様な時間を乗り越えないとワールドカップには出られないです。そういったことを実感できたゲームだったかなと思います」 ──<span style="font-weight:700;">香川や長友を外した中でも勝利しましたが、チームには指定席が無くなって変化がでてきたのかなと思いますが</span> 「監督はその時、その時で一番良いと思った選手を使うと思いますし、そういった意味で、元々日本代表というものに招集される保証もなければ、試合に出られる保証もありません。そういった高いレベルでの競争があるのが当たり前の場所です。昨日もキヨ(清武弘嗣)とか、(原口)元気とか、蛍もそうですが、若い選手が活躍してくれることが、チームにとって本当に良いことだと思います」 「僕も含めて元々居る選手が引っ張っていかなくてはいけませんが、経験あるということだけが答えではないし、今のチームが新しい経験をしていかなくてはいけません。僕たちが引っ張りながら、昨日の様に出た選手が結果を出せるのが一番かなと思います」 ──<span style="font-weight:700;">絶対的な地位が揺らぐということは選手にとっては必要だと思うか</span> 「試合に出られなければ満足する選手は居ないと思いますし、昨日の試合を観て、(香川)真司もそうだし、(長友)佑都もそうだし、そういった選手がそういった気持ちを押し隠さないということは、そういった気持があるから伸びるとも思います。僕自身もそうです。途中から出た蛍もそうかもしれません」 「ただ、チームとして勝つことは大前提であって、出ない選手は出ない選手で、そういった気持をどんどん出していかなければ、さらに強いチームにはならないと思いますし、個人個人の成長にもつながらないと思います。そういったところは、ただ仲良いグループではなく、誰が出てもそれぞれの120%を出せる様なグループであることが一番だと思います」 「試合中に、試合に出られない選手が悔しい思いをしていないこともないと思いますし、それがチームとしての新たな力になると思います」 ──<span style="font-weight:700;">セットプレーからの失点はどう見ていたか</span> 「FKが多かったかなという印象はあります。ただ、イラクもフィジカルが強い部分もあって、前半もロングボールから相手に競り負けて拾われて、危険なシーンを作られる場面もありました。自分たち自身もフィジカルが長所ではないですが、補う部分をもっと詰めていかなければいけないと思います」 「体を当てるとか、どういった形で守るとか。苦手な部分にフタをしないで、しっかり向き合っていくことが重要かなと思います」 2016.10.07 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

監督推薦の”精神的支柱”GK川島永嗣「経験させてもらったからこそできることがある」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は3日、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向けたトレーニングを埼玉スタジアム2002のサブグラウンドで行った。 ▽練習後、ミックスゾーンで記者陣のインタビューに応じたGK川島永嗣(メス)が、チームに再び輝きを取り戻させるべく、監督がメンバー発表会見で明かしたチームの精神的支柱としての役割遂行に意欲を示した。 <span style="font-weight:700;">◆GK川島永嗣(メス/フランス) </span> <span style="font-weight:700;">──監督と何か話したか</span> 「監督との話は監督との間の話だから内容を言うことはできない。でも、今回呼ばれたことに関して、自分が監督からのメッセージを受けて、しっかりとこのキャンプでトレーニングをやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──メスでの現状はどうか</span> 「メンバーにはなかなか入れていないので、自分としては難しい状況にある。ただ、メンバーに入れないときは、リザーブでプレーしたりしていて、自分もこの状況をわかってメスと契約した」 「自分にとっては、ヨーロッパでも大きなリーグでのチャレンジだし、そういった中でも日本人GKとしてどこまでやれるのか突き詰めていきたいと思っている。そこで、自分はトレーニングでアピールしていくしかない」 <span style="font-weight:700;">──9月の2試合を見たか</span> 「結果を見たときは正直、ショックだった。呼ばれていないときは、自分も日本人として日本代表を応援している。この最終予選の持つ意味や大きさも自分自身が経験しているので、痛みも責任の大きさもわかる。そういう意味で、自分の中でショックが大きかった」 「前回のワールドカップに向けた最終予選も厳しい時期もあったが、どちらかと言えば順調に行った方。それまでの厳しい最終予選を経験している選手は今いないと思う。これからも厳しい戦いが続く。それを取り戻すためには、まずこの2試合でどれだけ結果にこだわってやれるかどうか。そこに集中してやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──監督がメンタルプレーヤーとしての役割に期待したいと言っていたが</span> 「自分としては特別に意識することはない。でも、長く代表に呼んでもらっている中で、色んな経験もさせてもらった。だからこそ、自分にできることもある。ただ、今大切なのは、チーム全体の一人一人が自信を持って戦うこと」 「一人一人の輝きを取り戻して戦うことが一番だと思うし、この2試合でチーム全体が生き生きプレーできるように全体で押し上げていきたい」 2016.10.03 22:20 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース