新潟が2017シーズンの背番号を発表!復帰のDF矢野貴章は「19」、MF本間勲は当時の「15」を着用!2017.01.11 20:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルビレックス新潟は11日、2017シーズンの新体制、選手背番号を発表した。

▽今シーズンから三浦文丈新監督が率いる新潟は、主力選手の多くが移籍。新加入選手として浦和レッズからGK大谷幸輝、北海道コンサドーレ札幌からDF堀米悠斗、ジェフユナイテッド千葉からDF富澤清太郎らを獲得。また、名古屋グランパスからDF矢野貴章、栃木SCからMF本間勲が復帰した。

▽新外国人選手として加入するMFジャン・パトリックは「6」、FWホニは「7」、MFチアゴ・ガリャルドは「10」を着用することとなる。

▽また、MF小泉慶が「25」から「8」、MF端山豪が「26」から「20」、DF西村竜馬が「24」から「33」、FW鈴木武蔵が「19」から「49」に背番号を変更している。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.大谷幸輝☆←(浦和レッズ)※完全移籍
21.守田達弥
22.川浪吾郎
31.稲田康志☆←(柏レイソル)※完全移籍

DF
2.大野和成
3.増田繁人
4.ソン・ジュフン☆←(水戸ホーリホック)※期限付き移籍満了
5.前野貴徳
19.矢野貴章☆←(名古屋グランパス)※完全移籍
24.川口尚紀☆←(清水エスパルス)※期限付き移籍満了
25.長谷川巧☆←(アルビレックス新潟U-18)※昇格
26.酒井高聖☆←(福島ユナイテッドFC)※期限付き移籍満了
27.堀米悠斗☆←(北海道コンサドーレ札幌)※完全移籍
33.西村竜馬※背番号変更
50.富澤清太郎☆←(ジェフユナイテッド千葉)※完全移籍

MF
6.ジャン・パトリック☆←(ルーヴェルデンセ/ブラジル)※完全移籍
8.小泉慶※背番号変更
10.チアゴ・ガリャルド☆←(ポンチ・プレッタ/ブラジル)※完全移籍
13.加藤大
15.本間勲☆←(栃木SC)※完全移籍
17.伊藤優汰
18.成岡翔
20.端山豪※背番号変更
23.酒井宣福☆←(ファジアーノ岡山)※期限付き移籍満了
29.森俊介☆←(関西学院大学)※新加入
30.ロメロ・フランク☆←(水戸ホーリホック)※期限付き移籍満了
34.原輝綺☆←(船橋市立船橋高校)※新加入

FW
7.ホニ☆←(クルゼイロ)※完全移籍
9.山崎亮平
11.指宿洋史
14.田中達也
16.平松宗☆←(水戸ホーリホック)※期限付き移籍満了
32.河田篤秀☆←(アルビレックス新潟シンガポール)※完全移籍
49.鈴木武蔵※背番号変更

コメント

関連ニュース

thumb

古巣セビージャの試合を解説した新潟FW指宿洋史「今季のセビージャは面白い」、リーガで日本人が成功する秘訣も語る

▽リーガ・エスパニョーラを放送するWOWOWが、今シーズンも「現役Jリーガー解説」を実施した。 ▽1月8日に行われたレアル・ソシエダvsセビージャでは、かつてセビージャでプレーしたアルビレックス新潟のFW指宿洋史選手が解説を担当。超ワールドサッカーでは、放送終了後に指宿選手にインタビューを実施。セビージャや今シーズンのリーガ・エスパニョーラについて、そしてアルビレックス新潟でのプレーについてお聞きした。(インタビューは1月8日に実施) <span style="font-weight:700;">◆FW指宿洋史(アルビレックス新潟)</span> <span style="font-weight:700;">──解説お疲れ様でした。今回担当されたのは古巣でもあるセビージャの試合でしたが印象はいかがですか</span> 「渋い試合になったなというのが率直な印象ですかね。お互い前からプレッシャーをかけていたので、お互いがお互いの良さを打ち消していた戦いでした。結果だけ見てみると、セビージャとしてはアウェイでしたし、戦い方としてはホームとは違います。それはそれで結果がしっかりとついてきたので、良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">──現在も普段からリーガ・エスパニョーラは観られていますか</span> 「シーズン中はなかなか自分のことでいっぱい、いっぱいですが、オフ期間などは観たりしています」 <span style="font-weight:700;">──現在のセビージャには当時一緒にやられていた選手などはいますか</span> 「ほとんどいないですね。GKのセルヒオ・リコ選手が一緒にやっていましたが、彼ぐらいですかね」 <span style="font-weight:700;">──当時とは監督や選手が違いますが、当時と比べて今のセビージャの印象はいかがですか</span> 「もちろんフォーメーションも違います。当時は4-4-2でやっていて、ヘスス・ナバスとかペロッティとか、サイドに典型的なドリブラーがいました。そして、中にはネグレド、カヌーテ、僕が行く少し前にはルイス・ファビアーノが居た時代ですね。あとは、ディエゴ・カペルとか。その時代に比べたら、大分変わりました」 「今シーズンのセビージャは面白いですね。監督の狙いというか、相手としたら非常にやりにくいチームになっているなと思います。試合によって戦い方も変わりますが、それでも結果がついてきています。単純にすごいなと思いますね」 「試合ごとにやり方を変えると自分たちのスタイルが分からなくなるので、難しいと思いますし、選手も戸惑いが生まれると思います。それでも結果を残しているというところは凄いと思います」 <span style="font-weight:700;">◆リーガで苦しむ日本人の要因は「戦術の理解度とハードワーク」</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170119_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──U-22日本代表で一緒にプレーしたMF清武弘嗣選手が在籍していますが、どのような印象でしょうか</span> 「単純に頑張ってもらいたいです。上手いですし、できると思います。ただ、セビージャは今非常に調子が良いので、難しいのも事実だと思います。頑張ってもらいたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──リーガ・エスパニョーラで日本人選手があまり活躍できないということがこれまでもありましたが、そこも含めて期待ということですかね</span> 「もちろんですね。それはやってもらいたいです」 <span style="font-weight:700;">──リーガ・エスパニョーラで日本人選手が成功できない難しさはどこにあると思われますか</span> 「一概に何がというと難しいですが、まずは戦術の理解度というのが非常に必要になるリーグだと思います。あとは、ハードワークを非常に求められるところですね。ボールを持っていないところでのハードワークが、実は求められているリーグなのかなと思います」 「日本人選手というのは、上手い選手は多いですし、ボールを持った時に何かができる選手というのは多いと思います。じゃあ、ボールを持っていないときにどれだけハードワークするかというところが非常に求められています。そこに戦術の理解度、そして言葉の壁もあります。そこに難しさがあるのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──実際にスペインでプレーされて感じた難しさなどはありますか</span> 「僕の場合は、色々な戦術の基盤などを柏レイソルのユース時代に植え付けられていたことと、若い時に行ったので、慣れることは早かったと思います。スポンジ状態だったので、全てを受け入れることができました」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンのリーガはどのように観られていますか</span> 「分からないですね(笑)。マドリッドが強いなという印象と、バルサには頑張って欲しいんですが、徐々に綻びが見え始めているかなという感じがしています。元々どちらが好きかと言われれば若干バルサが好きなので、悲しくもあります。ただ、変換期として良いタイミングなのかなとも思います。もう少しバルサが頑張ってくれないとリーグも楽しくなくなるかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──セビージャがそこに絡んでくると面白いですね</span> 「そうですね。ぜひ絡んでいただきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──現在ヨーロッパでプレーする選手で気になる選手などはいますか</span> 「自分と一緒にやっていた選手の動向は気になりますね。僕と一緒にやっていた選手は何人か活躍しているので、そこは注目しています」 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンは「1点でも多く獲る」</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170119_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">──話題を指宿選手のことに変えましょう。昨シーズンは難しいシーズンを過ごされたかと思いますが、改めて振り返ってみていかがですか</span> 「悔しいシーズンでした。自分自身も結果が出ず、チームとしても結果が出せなかったです。ただ、J1に残留できてもう1年チャンスがあるというのは、幸運なことだと思います。ただ、悔しかったです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンはどのようなシーズンにしたいですか</span> 「まずは1試合でも多く勝ちたいですし、僕は1点でも多く獲りたいです。本当にそれだけですね。去年の結果を超えなかったら降格しかないので、そういった意味では去年を超えたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームの先には日本代表という目標もあると思いますが</span> 「チームで活躍して、チームでスタメンを取って、チームが勝つ。自分が点を獲ってチームが勝つというのが第一の目標です。代表については、後からついてくることだと思いますので、まずはチームに集中してやっていきたいです」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr style="background-color:#000000;height:2px;border:none;">スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ WOWOWでは毎節最大5試合を生中継! <a href="https://goo.gl/pVkwE6" target="_blank">WOWOW番組オフィシャルサイト</a><hr style="background-color:#000000;height:2px;border:none;"></div> 2017.01.19 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国人DFソン・ジュフンが水戸から新潟に復帰「水戸で磨いたものを新潟で発揮できるように

▽アルビレックス新潟は11日、水戸ホーリーホックに期限付き移籍で加入していた韓国人DFソン・ジュフン(22)が復帰することを発表した。 ▽2015シーズン途中から水戸に期限付き移籍で加入していたソン・ジュフンは、2016シーズンの明治安田生命J2リーグで19試合1ゴールをマーク。水戸は今月10日に同選手との契約満了を発表していた。 ▽1年半ぶりに新潟へと復帰するソン・ジュフンは、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「1年半ぶりに新潟に戻ってくることができて嬉しく思います。新潟でプレーをしていた時はケガもあり、いい活躍ができませんでしたが、水戸で磨いたものを新潟で発揮できるように全力でプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」 2017.01.11 13:31 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸が新潟から期限付き移籍中のDF宋株熏の移籍期間満了を発表

▽水戸ホーリーホックは10日、アルビレックス新潟から期限付き移籍で加入していた韓国人DF宋株熏(22)の期限付き移籍期間満了を発表した。 ▽宋株熏は、韓国の建国大から2014年に新潟へ入団。2015年7月から水戸へと期限付き移籍していた。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで19試合に出場し1得点を記録していた。宋株熏はクラブを通じてコメントしている。 「こんにちはソン・ジュフンです。1年半という間、たくさん応援していただいて本当に幸せでした。いつまでも水戸を忘れません。本当にありがとうございました」 2017.01.10 19:34 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟が急性白血病と診断されたDF早川史哉との契約を凍結…復帰目処で再履行へ

▽アルビレックス新潟は10日、昨年4月に急性白血病と診断されたDF早川史哉(22)との契約を凍結することを発表した。 ▽新潟の発表によると、今回の決定は「急性白血病からの寛解に向けて治療に専念をするため」とのことで、トレーニングが開始できる期間まで凍結するとのことだ。新潟は、今後もクラブを挙げて寛解、またピッチへの復帰に向けて全力でサポートを行って行くとのことだ。 ▽早川の治療については、昨年11月に骨髄移植手術を実施。寛解、復帰に向けたステップを着実に踏んでいるとしている。契約については早川の家族と協議し、復帰の目処が付いた段階で、双方協議のうえ、改めて契約を履行することに同意したとしている。新潟は中野幸夫代表取締役社長、早川、そして早川の家族のコメントを公式サイトで発表した。 <span style="font-weight:700;">◆中野幸夫代表取締役社長</span> 「早川史哉選手には、アルビレックス新潟のサポーターの皆様をはじめ、全国の各クラブのファン・サポーターの皆様、選手をはじめとしたサッカー関係者の皆様、また広く一般の皆様からも、本当に温かい、そして多くのご支援と励ましのお言葉を頂戴していることを、改めて深く御礼申し上げます」 「早川選手ご本人も、アルビレックス新潟も、今回のゴールは早川選手が急性白血病との戦いに打ち勝ち、選手としてデンカビッグスワンのピッチに立ち、サポーターの皆様から多くのご声援を頂戴することと定めています。そのために、まずは治療に専念をし、寛解してピッチに復帰後、全力でトレーニングに励んで試合出場を目指すために、どの方法が良いかを協議し、こうした形を取らせていただくこととなりました」 「2017年も早川史哉選手の寛解に向けた治療、また選手として復帰することへ向けて、クラブを挙げて全力でサポートをしていくことには何も変わりがありません。アルビレックス新潟のサポーターの皆様、また多くの皆様におかれましては、引き続き温かく見守っていただけますよう、お願い申し上げます」 <span style="font-weight:700;">◆早川史哉</span> 「いつもご支援いただき本当にありがとうございます。皆様からの温かく、優しいサポートのお力にも頼りながら、1日も早く退院、そして復帰できるように頑張ります」 「白血病であると告げられてから、常に前を向いていくと自分自身決めていましたが、ふとした時に以前と大きく変わってしまった自分の体を見て、本当にピッチに戻れるのか不安になることも正直あります。しかし、そんな弱気な自分をまた前向きにしてくれるのは、皆様からいただいた励ましの言葉や手紙などです。ありがとうございます」 「このたび、このような形でチームと関わらせていただくことになりましたが、アルビレックス新潟というクラブに、どんな形であれ貢献できるように努めていきます。そしてもう一度アルビレックス新潟に、「28FUMIYA」のユニフォームで戦い貢献するという強い決意を持って日々過ごしていきます」 <span style="font-weight:700;">◆ご家族</span> 「ご支援いただいた皆様へ」 「このたびは、早川史哉への過分なるご支援を賜り、誠にありがとうございました」 「昨年の1月に念願のアルビレックス新潟に加入させていただき これからと思った矢先に、本人は勿論の事、私達家族も信じ難い病となり、悲しみと絶望感に打ちのめされました。しかし、アルビレックス新潟様、アルビレックス新潟のサポーターの皆様、全国のサッカーチームの皆様、そして、全国のサッカーファンの皆様から温かい励ましのお言葉、ご支援をいただき、病に立ち向かう決意をいたしました。改めて心より厚く御礼申し上げます。また、病院の先生方はじめスタッフの皆さん、そして快くドナーを引き受けてくださった方のおかげで、順調に治療が進んでおります」 「皆様の思いに報いるためにも、1日も早く治癒し、またビッグスワンのピッチに立ってほしいと思っております」 「末筆ではございますが、皆様のご健康とご多幸そして、アルビレックス新潟のご活躍をご祈念し、これまでご支援いただいたことに対しましての御礼とさせていただきます。家族一同」 2017.01.10 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟GK黒河貴矢が現役引退…新潟アカデミーのコーチに就任

▽アルビレックス新潟は10日、GK黒河貴矢(35)が2016シーズンをもって現役を引退することを発表した。 ▽市立船橋高から2000年に清水エスパルスに加入した黒河は、東京ヴェルディ、ジェフユナイテッド千葉に在籍した後、JAPANサッカーカレッジでのプレーを経て、2008シーズンに新潟入り。その後、9シーズンにわたって新潟に在籍した。 ▽通算では、J1リーグ86試合に出場。北信越リーグは通算で14試合に出場。カップ戦通算では13試合、天皇杯は12試合に出場した。 ▽今後、新潟アカデミーのコーチとして指導者のキャリアを歩む黒河は現役引退に際し、以下のコメントを残した。 「2016シーズン限りで現役を引退することにしました」 「アルビレックス新潟の選手、スタッフ、フロントの皆さん、ファン、サポーターの皆さん、9年間本当にありがとうございました。1日1日を全力でやってまいりましたが、足の状態と今年自分がサッカー選手を続けているところを想像した時より、現役を退いて新たなスタートを切ることを想像した方がワクワクするような感情が湧き、素直に自分の気持ちに従う決断をしました」 「自分がプロの世界に入って、思い描いていたような活躍、成績は残せませんでしたが、常に向上心を持って少しでも上手くなりたいと思って17年間やって来ました」 「こんなに長くプレーできたのも、今までお世話になった指導者、クラブスタッフの皆さん、たくさんの素晴らしいチームメイトに出会えたからだと思っています。それと色々な場所で色々な形で応援していただいたファン、サポーター皆さんのおかげです。本当にありがとうございました」 「また、自分の目標に向かってどんな時も一番近くで励まし続けてくれた家族にも感謝しています。それから自分を生んで、どんな時も自分を信じてくれて一番のサポーターであった母親にも本当に感謝しています」 「素晴らしい17年間をたくさんの人達のおかげで過ごすことができました。これからは今までに得た知識、経験を活かし、新たな道で頑張っていこうと思っています。本当に今までありがとうございました!」 2017.01.10 18:36 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース