新潟が2017シーズンの背番号を発表!復帰のDF矢野貴章は「19」、MF本間勲は当時の「15」を着用!2017.01.11 20:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルビレックス新潟は11日、2017シーズンの新体制、選手背番号を発表した。

▽今シーズンから三浦文丈新監督が率いる新潟は、主力選手の多くが移籍。新加入選手として浦和レッズからGK大谷幸輝、北海道コンサドーレ札幌からDF堀米悠斗、ジェフユナイテッド千葉からDF富澤清太郎らを獲得。また、名古屋グランパスからDF矢野貴章、栃木SCからMF本間勲が復帰した。

▽新外国人選手として加入するMFジャン・パトリックは「6」、FWホニは「7」、MFチアゴ・ガリャルドは「10」を着用することとなる。

▽また、MF小泉慶が「25」から「8」、MF端山豪が「26」から「20」、DF西村竜馬が「24」から「33」、FW鈴木武蔵が「19」から「49」に背番号を変更している。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.大谷幸輝☆←(浦和レッズ)※完全移籍
21.守田達弥
22.川浪吾郎
31.稲田康志☆←(柏レイソル)※完全移籍

DF
2.大野和成
3.増田繁人
4.ソン・ジュフン☆←(水戸ホーリホック)※期限付き移籍満了
5.前野貴徳
19.矢野貴章☆←(名古屋グランパス)※完全移籍
24.川口尚紀☆←(清水エスパルス)※期限付き移籍満了
25.長谷川巧☆←(アルビレックス新潟U-18)※昇格
26.酒井高聖☆←(福島ユナイテッドFC)※期限付き移籍満了
27.堀米悠斗☆←(北海道コンサドーレ札幌)※完全移籍
33.西村竜馬※背番号変更
50.富澤清太郎☆←(ジェフユナイテッド千葉)※完全移籍

MF
6.ジャン・パトリック☆←(ルーヴェルデンセ/ブラジル)※完全移籍
8.小泉慶※背番号変更
10.チアゴ・ガリャルド☆←(ポンチ・プレッタ/ブラジル)※完全移籍
13.加藤大
15.本間勲☆←(栃木SC)※完全移籍
17.伊藤優汰
18.成岡翔
20.端山豪※背番号変更
23.酒井宣福☆←(ファジアーノ岡山)※期限付き移籍満了
29.森俊介☆←(関西学院大学)※新加入
30.ロメロ・フランク☆←(水戸ホーリホック)※期限付き移籍満了
34.原輝綺☆←(船橋市立船橋高校)※新加入

FW
7.ホニ☆←(クルゼイロ)※完全移籍
9.山崎亮平
11.指宿洋史
14.田中達也
16.平松宗☆←(水戸ホーリホック)※期限付き移籍満了
32.河田篤秀☆←(アルビレックス新潟シンガポール)※完全移籍
49.鈴木武蔵※背番号変更

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】新潟DF矢野貴章、MFロメロ・フランクの2名が出場停止

▽Jリーグは28日、明治安田生命J1リーグ第2節の出場停止選手情報を発表した。 ▽第2節で出場停止となるのは、アルビレックス新潟のDF矢野貴章、MFロメロ・フランクの2名となる。 ▽矢野は、25日に行われた明治安田生命J1リーグ第1節のサンフレッチェ広島戦に先発出場。82分にこの試合2枚目の警告を受け、退場処分となっていた。また、ロメロ・フランクは昨シーズン所属した水戸ホーリーホックで明治安田生命J2リーグ最終節で退場処分となり、未消化分の消化となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF矢野貴章</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J1リーグ 第2節 vsヴィッセル神戸(3/4) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFロメロ・フランク</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J1リーグ 第2節 vsヴィッセル神戸(3/4) 今回の停止:その他の停止 2017.02.28 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

広島、工藤弾で先制も追いつかれて田中弾の新潟とドロー《J1》

▽25日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のサンフレッチェ広島vsアルビレックス新潟は、1-1のドローに終わった。 ▽2015年以来4度目のJリーグ制覇を狙う森保体制6年目の広島は、新戦力のフェリペ・シウバを2シャドーの一角に、工藤を1トップ起用。一方、三浦体制初年度の新潟は、復帰の矢野やホニ、高卒ルーキーの原、富澤の新戦力をスタートから起用した。 ▽ホームで迎えた開幕戦だけに、幸先の良いスタートを切りたい広島だったが、立ち上がりから新潟の縦に速い仕掛けに苦戦。3分にホニのヒールパスから山崎が右足シュートを放てば、続く6分に加藤の右CKから矢野が右ポスト直撃のヘディング。新潟が良いリズムで立ち上がる。 ▽しかし、何とか無失点で試合を折り返した広島は、53分に柏の負傷交代というアクシデントに遭う中、57分に先制。フェリペ・シウバの右CKから相手のマークを剥がした水本がヘディングシュートを放つ。これはGK守田に止められたものの、こぼれ球を工藤が右足で押し込んだ。 ▽工藤の移籍後初ゴールで先制した広島。攻勢を強めるが、なかなか追加点を奪えずにいると、71分に新潟の反撃を受ける。58分から出場の田中が水本と加藤の競り合いから生まれたこぼれ球を拾い、左足を一閃。これがゴール右隅に突き刺さり、新潟が同点に追いついた。 ▽その後も次の1点を目指して激しい攻防戦が続く中、新潟は82分に矢野がこの日2枚目のイエローカードを受けて退場。結局、このままスコアが動くことなく、広島と新潟は開幕戦で勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 2017.02.25 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【2017 J1チーム診断】“ダブル”シルバ流出を新外国人で埋められるか《アルビレックス新潟》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は昨シーズン薄氷のJ1残留を達成したアルビレックス新潟編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆主力入れ替わりの影響は</span> ▽昨季は最終節でぎりぎり残留を決める薄氷のシーズンを送ったが、新シーズンに向けては中盤の要となっていたMFレオ・シルバと11得点を挙げて得点源となっていたFWラファエル・シルバの“ダブル”シルバが揃って移籍。さらに守備の要のDF舞行龍ジェームズに、レオ・シルバと中盤で不動のコンビを組んでいたMF小林裕紀、主力サイドバックのDFコルテースとDF松原健が移籍と、昨季までのレギュラー陣がごっそりチームを後にした。戦力ダウンに陥ったチームはブラジルからFWホニ、MFジャン・パトリック、MFチアゴ・ガリャルドの3選手を補強。彼らのパフォーマンスがチームの浮沈を左右することになるのは必至で仮にフィットできないようだと、昨季辛くも回避した降格が現実味を増すことになる。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽戦力ダウンに陥ったチームの指揮を任された三浦文丈新監督の手腕が、新シーズン最大の注目ポイントとなる。2013、14年と柳下正明監督の下、新潟でコーチを務めていた三浦監督は、昨シーズン明治安田生命J3リーグのAC長野パルセイロで3位に導く手腕を発揮。その三浦監督は吉田達磨監督がチャレンジした昨季のポゼッションスタイルから堅守速攻スタイルへの回帰を明言。新潟伝統のハードワークスタイルを再び定着させられるかに注目したい。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_niigata_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:守田達弥 DF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">矢野貴章</span>、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">富澤清太郎</span>、大野和成、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">堀米悠斗</span> MF:加藤大、小泉慶、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ジャン・パトリック</span>、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">チアゴ・ガリャルド</span> FW:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ホニ</span>、山崎亮平<hr>▽新潟の伝統的システムであるフラットな[4-4-2]が基本布陣となるようだ。新戦力のDF矢野貴章、DF富澤清太郎の両ベテランがバックラインに入り、北海道コンサドーレ札幌から加入のDF堀米悠斗が左サイドバックで起用される見込み。FWホニとMFジャン・パトリックはチームの核としての活躍が期待されるが、MFチアゴ・ガリャルドは控えに回る可能性がある。サイドのポジションではMF酒井宣福やFW田中達也の起用も考えられる。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span> FWホニ(ブラジル) 1995年5月11日(21歳) 2016シーズン(ブラジル・セリエB):35試合11得点<hr>▽浦和レッズに移籍したラファエル・シルバに劣らない爆発的なスピードと、切れ味鋭いドリブルが持ち味の小兵アタッカー。ブラジルの名門・クルゼイロ出身で昨シーズンはレンタル先のナウチコで35試合に出場して11ゴールとキャリアハイのシーズンを過ごした。堅守速攻スタイルを掲げる新潟にフィットしそうな新戦力だ。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_niigata_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>DF大野和成(日本) 1989年8月4日(27歳) 2016シーズン(J1):28試合1得点<hr>▽アルビレックス新潟ユース出身のディフェンスリーダーに注目だ。今シーズンからキャプテンに就任した大野は、スピードと対人能力に優れたレフティーのセンターバック。コンパクトな陣形を保ってプレッシングを効かせたい新潟にとって、最終ラインの要である大野のラインコントロールが鍵を握る。 2017.02.22 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】新潟のMFロメロ・フランクが2試合の出場停止処分…昨季最終節の処分未消化のため

▽Jリーグは16日、2017シーズンの出場停止情報を発表した。 ▽日本サッカー協会(JFA)の定める『懲罰基準の運用に関する細則』に基づき、2016シーズンの出場停止処分が未消化となっている選手に対し、新シーズンに適用することを発表した。 ▽適用となるのは、今シーズンからアルビレックス新潟に所属するMFロメロ・フランク。2016年11月20日に行われた2016明治安田生命J2リーグ 第42節のレノファ山口FC戦で、1試合に2度の警告による退場処分を受けていた。また、それが同大会において繰り返しにあたり2試合が未消化となるため、今シーズンに適用される。 ▽なお、出場停止となるのは、2月25日(土)に行われる開幕戦のサンフレッチェ広島戦、そして3月4日(土)に行われるヴィッセル神戸戦が対象となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MFロメロ・フランク</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J1リーグ 第1節 vsサンフレッチェ広島(2/25) 今回の停止:その他の停止 明治安田生命J1リーグ 第2節 vsヴィッセル神戸(3/4) 今回の停止:その他の停止 2017.02.16 12:24 Thu
twitterfacebook
thumb

【2017Jリーグ補強診断】薄氷の残留も核を放出、戦力アップも厳しいものに《アルビレックス新潟》

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。昨シーズン首の皮一枚繋がってJ1に残留したアルビレックス新潟編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆助っ人3人を含む主力大量放出</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170204albirex_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【OUT】 GK 小澤章人(24)→ブラウブリッツ秋田/完全 黒河貴矢(35)→現役引退 渡辺泰広(24)→JAPANサッカーカレッジ/期限付き DF 松原健(23)→横浜F・マリノス/完全 コルテース(29)→サンパウロ(ブラジル)/期限付き満了 舞行龍ジェームズ(28)→川崎フロンターレ/完全 早川史哉(23)→契約凍結 MF 小林裕紀(28)→名古屋グランパス/完全 野津田岳人(22)→サンフレッチェ広島/期限付き満了 宮崎幾笑(18)→ツエーゲン金沢/期限付き レオ・シルバ(31)→鹿島アントラーズ/完全 小塚和季(22)→レノファ山口FC/期限付き FW ラファエル・シルバ(24)→浦和レッズ/完全 カリウ(20)→クリシューマ(ブラジル)/期限付き満了<hr>▽最終節まで残留争いを繰り広げた新潟だが、主力を大量に放出。チームの中心であったMFレオ・シルバ、FWラファエル・シルバ、DFコルテースのブラジル人3選手に加え、DF松原健、DF舞行龍ジェームズ、MF小林裕紀と核をことごとく手放すこととなった。 <span style="font-weight:700;">◆補強診断</span>(★5つが最高) <span style="color:#FF0000;font-weight:700;">★★</span>☆☆☆ ▽残留争いの翌シーズンに大幅な選手の入れ替え。監督も交代と不安材料が並ぶ。19選手を迎え入れるも6名が期限付き移籍からの復帰、3名が新人となっており、経験不足が否めない。チームの土台作りが遅れれば、昇格以来初のJ2降格も現実味が帯びてくる。 <span style="font-weight:700;">◆最終ラインを入れ替え【GK&DF】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170204albirex_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 大谷幸輝(27)←浦和レッズ/完全 稲田康志(31)←柏レイソル/完全 川口尚紀(22)←清水エスパルス/復帰 堀米悠斗(22)←北海道コンサドーレ札幌/完全 矢野貴章(32)←名古屋グランパス/完全 酒井高聖(20)←福島ユナイテッドFC/復帰 富澤清太郎(34)←ジェフユナイテッド千葉/完全 ソン・ジュフン(23)←水戸ホーリーホック/復帰 長谷川巧(18)←アルビレックス新潟ユース/昇格<hr>▽昨季の最終ラインを支えた舞行龍、松原、コルテースの代役を確保。復帰となったDF矢野貴章やDF富澤清太郎、DF堀米悠斗が加入した。さらに、DF川口尚紀、DFソン・ジュフンとJ2で経験を積んだ選手が復帰。守護神・守田のライバルにGK大谷幸輝も獲得した。頭数は揃っただけに三浦文丈監督が最適解を見つけられるかが重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆補強ではなく補充に終わる【MF】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170204albirex_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【IN】 本間勲(35)←栃木SC/完全 酒井宣福(24)←ファジアーノ岡山/復帰 ロメロ・フランク(29)←水戸ホーリーホック/復帰 チアゴ・ガリャルド(27)←コリチーバ(ブラジル)/期限付き ジャン・パトリック(24)←ルヴェルデンセ(ブラジル)/完全 原輝綺(18)←市立船橋高/新加入 森俊介(22)←関西学院大/新加入<hr>▽レジェンドであるMF本間勲が復帰。レオ・シルバ、小林が抜けた中盤に安定感をもたらせてくれる貴重な存在を獲得した。しかし、2人の助っ人の実力は未知数。また、MF酒井宣福、MFロメロ・フランクを復帰させるも新潟でのプレー経験は少ない。放出選手と比べると戦力ダウンの印象が拭えない補強となった。 <span style="font-weight:700;">◆エースの穴を埋めるのは【FW】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170204albirex_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【IN】 河田篤秀(24)←アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)/完全 平松宗(24)←水戸ホーリーホック/復帰 ホニ(21)←クルゼイロ(ブラジル)/完全<hr>▽完全移籍でFW河田篤秀、FWホニを獲得。FW平松宗が期限付き移籍から復帰した。ラファエル・シルバの穴埋めが当面の課題となり、ホニに期待が懸かる。昨シーズン1試合1得点以下に終わった攻撃陣の立て直しが急務となるため、山崎、指宿、田中、鈴木との相性を見極める必要がありそうだ。 2017.02.04 17:31 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース