浦和レッズの新ユニフォームが発表! 25周年を記念しローマ数字の“XXV”がデザイン!2017.01.11 19:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ナイキは11日、浦和レッズの新ユニフォームを発表した。クラブ設立25周年とリーグ25周年を祝ったこれまでにない、革新的で斬新なユニフォームとなっている。

▽ホームキットは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ字“XXV”で表現したグラフィックがフロント部分に大胆にデザイン。ピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表している。

▽中央のダイヤモンドの中には、縦に25本のストライプが描かれており、これは25周年を表現。太さの違うピンストライプの先端部分を描くことで、流れるようなスピード感と躍動感を与えている。また、背面のリブにもローマ数字“XXV"がデザイン。“1992/2017”の数字がエンブレムの両端に刻まれ、これも25周年を表現している。

▽アウェイキットはクラブにとってこれまでないボルトカラーを使用。クラブエンブレムに使用されているイエローのサッカーボールからインスピレーションを得て、インパクトのあるボルトカラーを採用した。イエローの持つ特徴としてWARNING やCAUTION といった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和レッズのイレブンがアウェイの地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることを表している。

コメント

関連ニュース

thumb

ラファエル・シルバ移籍後初弾含む4発で浦和が白星スタート!《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・グループF第1節ウェスタン・シドニー(オーストラリア)vs浦和レッズが行われ、アウェイの浦和が4-0で勝利した。 ▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグで2位となり、3年連続6度目の出場となった浦和レッズは、昨季Aリーグ2位のウェスタン・シドニーと対戦した。 ▽18日に行われた鹿島アントラーズとのFUJI XEROX SUPER CUP 2017に敗れた浦和は、その試合から先発メンバーを3人変更。駒井と菊池、ズラタンに代えて槙野、関根、興梠を起用した。 ▽中2日でのアウェイ戦となった浦和は、立ち上がりから積極性を見せる。5分、左サイドでロングボールを受けた宇賀神が縦への仕掛けから低いクロスを供給。これに武藤が飛び込むも、合わせることができない。さらに13分、森脇の大きなサイドチェンジから左サイドを駆け上がった宇賀神がダイレクトでクロス。走りこんだ武藤がそのままシュートを放つも、これはGKヤニェトビッチに防がれる。 ▽その後も浦和は、両サイドを駆使して攻撃を組み立てる。一方のウェスタン・シドニーは、浦和のコンパクトな守備に苦しみ、押し込まれる時間が続く。 ▽徐々に浦和のスピードに慣れてきたウェスタン・シドニーがゴールを脅かす。39分、敵陣中央からスルーパスを送ると、マジョクがディフェンスラインの裏に抜け出し、GKと一対一。左足で冷静に押し込み、ゴールネットを揺らすも、これはオフサイドの判定が下される。 ▽苦しい時間帯が続く浦和は前半アディショナルタイム、武藤からの右CKに槙野が合わせるも、ボールはゴールバーの上に外れ、スコアレスのまま試合を折り返す。 ▽後半立ち上がりは押し込まれていた浦和が56分、ついに均衡を破る。李がドリブルで敵陣中央まで運び、左に流すと、走りこんだ興梠がワンタッチでボックス内に侵攻。これを冷静に右足で押し込み、ゴールネットを揺らす。さらに58分、ボックス手前でセカンドボールを拾った青木がボックス左につなぐと、興梠がダイレクトでゴール前に浮き球を供給。反応した李が押し込み、追加点を挙げる。 ▽立て続けにゴールを奪い、勢いに乗る浦和は68分にも左CKから槙野が右足で合わせ、ゴール右隅に突き刺すと、86分にも矢島のパスを受けたラファエル・シルバが敵陣中央からボックス内にドリブルで侵攻。右足を振り抜くと、ゴール右隅に吸い込まれ、移籍後初ゴールを記録した。 ▽結局、後半に大量4得点を挙げた浦和がACL初戦を白星。そ浦和は25日に行われる2017シーズンのJ1リーグ開幕戦で横浜F・マリノスとのアウェイゲームに臨む。 2017.02.21 19:06 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACL2017】10年ぶりの戴冠へ…浦和がオスカル、フッキ擁する上海上港と同居〜グループF〜

▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしれプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。 ▽日本勢でグループFに入ったのは、昨シーズンの明治安田生命J1リーグ2位の浦和レッズだ。3大会連続でのACL出場となる浦和は、今シーズン国内タイトルを含めて4冠を宣言。2007年以来2度目のACL制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。<hr>■グループF FCソウル(韓国) 浦和レッズ(日本) 上海上港(中国) ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)<hr><span style="font-weight:700;">★FCソウル</span>(韓国/7回目) 【出場資格】 Kリーグ・クラシック2016 優勝 【前回出場】 2016年 【前回大会】 ベスト4(2016) 【最高成績】 ベスト4(2016)<hr>▽昨シーズンのKリーグ・クラシックチャンピオンに輝いたFCソウル。ACLでもグループステージから驚異的な得点力を見せると、ラウンド16では浦和レッズ、準々決勝では山東魯能を下してベスト4進出。しかし、準決勝でリーグ戦でもタイトルを争った全北現代モータースの前に敗退。FWアドリアーノやMF高萩洋次郎が退団したチームがどの程度の力を持っているかに注目だ。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_acl_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MFハ・デソン(韓国) 1985年3月2日(31歳)<hr>▽昨シーズンまでFC東京、名古屋グランパスでプレーしたMFハ・デソンに注目。昨シーズンまで高萩が務めたポジションでの起用が見込まれており、攻守両面での 貢献が期待されている。 <span style="font-weight:700;">★浦和レッズ</span>(日本/6回目) 【出場資格】 明治安田生命J1リーグ2016 2位 【前回出場】 2016年 【前回大会】 ラウンド16 【最高成績】 優勝(2007)<hr>▽2016シーズンの明治安田生命J1リーグで年間勝ち点1位を獲得しながらも、チャンピオンシップで敗れて2位に終わった浦和。昨シーズンのACLではPK戦の末に敗退と悔しい思いをしているだけに、国内タイトルだけでなくアジアタイトルの奪還を目指したい。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_acl_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FWズラタン(スロベニア) 1983年12月15日(33歳)<hr>▽注目選手にはズラタンをピックアップ。チームではFW興梠慎三の控えの位置付けにあるものの、アジアでの戦いを考えるとズラタンの力が必要となるだろう。全4冠を目指す中でも特に激戦が続くと予想されるACL。前線でのキープ力や馬力のある攻撃は浦和の大きな力となるだろう。 <span style="font-weight:700;">★上海上港</span>(中国/2回目) 【出場資格】 中国スーパーリーグ 3位 【前回出場】 2016年 【前回大会】 ベスト8 【最高成績】 ベスト8(2016)<hr>▽プレーオフを勝ち上がって出場権を獲得した上海上港。“爆買い”で話題となった昨シーズンは、ブラジル代表FWフッキを獲得してACLでも一定の結果を残した。今シーズンはチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得。さらに、ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョもチームに加え、指揮官にはポルトやチェルシー、ゼニトで指揮を執っていたアンドレ・ビラス=ボアス監督を招へい。より一層チーム力を高め、アジアタイトルを目指す。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_acl_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MFオスカル(ブラジル) 1991年9月9日(25歳)<hr>▽チェルシーで中心選手として活躍し、ブラジル代表での将来も期待されていたオスカルに注目せざるを得ない。パスやシュートの精度の高さはもちろんのこと、ゲームを作る能力に長けており、攻守にわたって献身的なプレーも可能。チーム内でも一つ頭が抜けた存在あるものの、FWフッキにとってはプレーしやすい相棒を手に入れた形になる。欧州でもトップクラスの実力がアジアでどの様な結果を残すのかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">★ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ</span>(オーストラリア/3回目) 【出場資格】 Aリーグ2015-16 2位 【前回出場】 2015年 【前回大会】 不参加 【最高成績】 優勝(2014)<hr>▽3大会前にクラブ創設3年目でアジアを制したウェスタン・シドニー。かつてはMF小野伸二やMF高萩洋次郎、DF田中裕介と日本人選手が所属。今シーズンはサガン鳥栖から加入したMF楠神順平が所属している。オーストラリア勢はACLではあまり結果を残せていないが、4大会ぶりのアジアタイトルを目指す。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_acl_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF楠神順平(日本) 1987年8月27日(29)<hr>▽川崎フロンターレやセレッソ大阪、サガン鳥栖でプレーしていたMF楠神順平に注目。出場機会を求めて昨年7月にウェスタン・シドニーへと移籍を果たすと、今シーズンのAリーグでは20試合に出場し3得点を記録するなど、チームの中心選手として活躍。川崎F、C大阪時代にもACLに出場していたが、新天地でのアジアタイトル獲得に挑む。 2017.02.21 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【2017 J1チーム診断】4冠明言で真の王者へ《浦和レッズ》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、全冠奪取を狙う浦和レッズ編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆今年こそ勝負弱さのレッテル返上へ</span> ▽2016シーズンはルヴァンカップ優勝、2ndステージ優勝とともに目標に掲げていた年間勝ち点1位の座を奪取。しかし、10年ぶり2度目のリーグ優勝を懸けたチャンピオンシップでは鹿島アントラーズの前にアウェイゴールの差で敗れ、最後の最後で悪癖の勝負弱さを露呈してしまった。雪辱を誓うミハイロ・ペトロヴィッチ体制6季目となる新シーズンは主力の流出がない中、昨季新潟で11ゴールを挙げたFWラファエル・シルバや岡山で成長したMF矢島慎也、両サイドでプレー可能なMF菊池大介、経験豊富なGK榎本哲也と各ポジションに即戦力を補強。Jリーグ、ACL、ルヴァンカップ、天皇杯の4冠を目指せるだけの分厚い選手層を手にした。慎重な姿勢を崩さなかった指揮官も今季は全タイトル獲得を明言した中、定着してしまった勝負弱さのレッテルを剥がしにかかる。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽JリーグとACLを平行して戦う浦和にとって両タイトルを目指すには2チーム分の戦力が必要不可欠となってくる。その厳しい戦いに向けてチームは即戦力を各ポジションに迎え入れ、ペトロヴィッチ監督も完全ターンオーバー制を敷くことを明言。新戦力がチームの底上げを図り、既存戦力との融合をいかにスムーズに行えるかがポイントとなる。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション[3-4-2-1]</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170220_urawa_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:森脇良太、遠藤航、槙野智章 MF:関根貴大、柏木陽介、阿部勇樹、宇賀神友弥 MF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ラファエル・シルバ</span>、武藤雄樹 FW:興梠慎三<hr>▽新戦力で確実にレギュラーに割って入ってきそうなのがラファエル・シルバだ。興梠が場合によってはシャドーに下がり、ラファエル・シルバがトップで起用される可能性があるかもしれない。その他、菊池や駒井がサイドでレギュラーポジションを掴む可能性がある。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170220_urawa_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FWラファエル・シルバ(ブラジル) 1992年4月4日(24歳) 2016シーズン(J1):23試合11得点<hr>▽新潟で2年半を過ごし、昨季はケガがありながらも11ゴールをマークした成長過程にあるブラジル人アタッカーに期待したい。爆発的なスピードはこれまでの浦和に欠けていたカウンター時の脅威を増大させる上、優れたボールスキルは興梠とポジションチェンジを図りながら流動的に崩すことを可能にさせる。プレシーズンマッチではそんな自身の持ち味を既に発揮しており、早くもチームメートの信頼を掴んでいる。ラファエル・シルバが浦和の新たな攻撃のオプションとなれば、昨季以上の破壊力を手にすることになる。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170220_urawa_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>MF柏木陽介(日本) 1987年12月15日(29歳) 2016シーズン(J1):33試合5得点<hr>▽キープレーヤーは浦和の絶対的ゲームメーカーである柏木だ。ケガに強くコンスタントに30試合5ゴール以上の成績を残すレフティーは、浦和になくてはならない存在だ。攻撃のスイッチを入れる縦パスや精度の高いプレースキックで得点を演出し、守備面でも攻から守への切り替えの早さを徹底し、攻守に貢献している。昨季から10番を背負って逞しさが増す中、今季こそ自身初のリーグ優勝を目指す。 2017.02.20 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

同点ゴールを奪うも悔しさを見せた浦和FW武藤雄樹「もっと前で収めないと」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

▽18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017、鹿島アントラーズvs浦和レッズは 3-2で鹿島が勝利した ▽試合後、浦和のFW武藤雄樹がミックスゾーンで取材に応対。同点ゴールを振り返るとともに、前半の問題点を語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW武藤雄樹</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──得点シーンについて</span> 「ゴールシーンに関しては、僕のところにボールがこぼれてきたのでしっかりと決められて良かったです。同点ゴールだったので、そこからもう1点と思っていましたが、それが取れなかったことは残念です」 <span style="font-weight:700;">──本当に良いポジションにいたと思いますが</span> 「狙っているといえば狙っていますし、ラッキーと言えばラッキーです。ああやってゴールを決めるのは自分の特徴の1つだと思っているので、最初の公式戦でゴールが出たのは自分の中で少しホッとしました」 <span style="font-weight:700;">──前半はうまくいっていない感じが見えました</span> 「前半は攻撃がうまく組み立てられていませんでした。前でボールを収めてあげないと、後ろもキツくなります。カウンターをあれだけ食らうとさすがにキツいと思うので、ボールの回し方もそうですが、もう少し前が頑張らないといけません。それは今日の前半の反省ですし、後半はボールも収まって良い攻撃の形が作れていたと思います」 2017.02.18 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和GK西川周作、今年初フル出場に手応え…3失点という結果に「良いところも悪いところも出た」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

▽18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017、鹿島アントラーズvs浦和レッズは 3-2で鹿島が勝利した。 ▽試合後、浦和のGK西川周作がミックスゾーンで取材陣の囲み取材に応対。負傷明け初のフル出場となった試合に手応えを感じつつ、3失点敗戦という結果を真摯に受け止め、次なる戦いに目を向けた。 ◆<span style="font-weight:700;">GK西川周作</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──3失点目のシーンについて</span> 「出てキャッチするというイメージもあったと、(遠藤)航は言っていましたし、僕自身一回前に出て下がりながらポジションを取っていたので、うまく準備できていなかった。僕が主導権を取ってもっとアクションを起こしてあげれば、航も良い選択ができたんじゃないかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームの状態について</span> 「毎年、ここがピークではないですし、僕自身もチームもどんどん上がっていく。試合をやっていけばやっていくほど失敗はありますし、その失敗から学ぶこともある。同じことを繰り返さないことを心がけたいし、今日の試合で良いところも悪いところも出たと思うので、ACLに生かしていきたい」 <span style="font-weight:700;">──自身の動くはそれほど悪くなかった</span> 「GKとして最悪な状況は常に想像しているし、一番ミスをしてはいけないポジション。逆にたくさんシュートが来た方が乗っていけるところもあるので、そこはポジティブに捉えながら、守るところはしっかり守ろうとしていた」 2017.02.18 22:20 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース