浦和レッズの新ユニフォームが発表! 25周年を記念しローマ数字の“XXV”がデザイン!2017.01.11 19:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ナイキは11日、浦和レッズの新ユニフォームを発表した。クラブ設立25周年とリーグ25周年を祝ったこれまでにない、革新的で斬新なユニフォームとなっている。

▽ホームキットは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ字“XXV”で表現したグラフィックがフロント部分に大胆にデザイン。ピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表している。

▽中央のダイヤモンドの中には、縦に25本のストライプが描かれており、これは25周年を表現。太さの違うピンストライプの先端部分を描くことで、流れるようなスピード感と躍動感を与えている。また、背面のリブにもローマ数字“XXV"がデザイン。“1992/2017”の数字がエンブレムの両端に刻まれ、これも25周年を表現している。

▽アウェイキットはクラブにとってこれまでないボルトカラーを使用。クラブエンブレムに使用されているイエローのサッカーボールからインスピレーションを得て、インパクトのあるボルトカラーを採用した。イエローの持つ特徴としてWARNING やCAUTION といった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和レッズのイレブンがアウェイの地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることを表している。

コメント

関連ニュース

thumb

出場欲を押し殺す浦和DF槙野智章「チームの勝利とW杯出場が最優先」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽練習終了後、DF槙野智章(浦和レッズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。ベンチを温めている状況を悔やみつつも、「チームの勝利とワールドカップ出場が最優先」と述べ、フォア・ザ・チームの精神を強調した。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──明日はいよいよタイ戦</span> 「ミーティングをたくさんし、皆さんも知ってのとおり、ケガ人もたくさん出ている中で、チームの雰囲気も非常に良い。厳しい状況で勝てたことは、今回の対戦で勝つことでより意味を増す。より良い緊張感で明日の試合に臨みたい」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦を外から見ての刺激</span> 「代表選手として試合に出たいという気持ちや、出れないのであれば悔しい気持ちがないと成長にも繋がらない。ただ、チームとして動いている以上、ワールドカップ出場というのが最優先。チームの勝利とワールドカップ出場が最優先なので、自分の立ち位置を考えて、やるべきことをしっかりとやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦のイメージ</span> 「皆さんが思っているとおり、簡単なゲームではない。たくさんの時間をかけて、タイの映像を見て、選手個々の特長を調べてきた。より多くのゴールが必要となるゲームになるだろうけど、アウェイでも苦しんでいるし、簡単なゲームではない。代わって入る選手だったり、ホームできる、アウェイでしっかりと勝ってきた勢いのまま、ゴールと勝利を取れれば」 <span style="font-weight:700;">──守りの課題</span> 「課題というよりも、監督が求めることだったり、長い時間だったり、UAEの良さを消すための策をやってきた中で、本当にパーフェクトに近かった守備だった。もちろん、自分が出たい気持ちはあるし、ライバルとなる選手たちの頑張っている姿が僕の刺激になるけど、アウェイのでの地で無失点に抑える難しさも重々承知。僕自身も負けれられないなと思っている」 2017.03.27 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和GK西川周作「落とすと取り返しがつかない」…来たるタイ戦に警戒心《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、GK西川周作(浦和レッズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。グループB最下位に沈むタイ代表戦に向けて、「落とすと取り返しがつかない」と述べ、警戒心を募らせた。 <span style="font-weight:700;">◆GK西川周作</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「自分としては常に良い準備をしておくことがテーマにある。ここ数日も良い準備ができていて、チーム全体としてもミニゲームをやったり、緊張感のあるトレーニングができている。全員が同じ方向を見ることができていると思う。UAEに勝ったからといって、浮かれている人も1人もいない。UAE戦での勝利を生かすためにも、タイ戦は必ず勝たないといけないので、勝ち点を積み重ねたい」 <span style="font-weight:700;">──監督の引き締め</span> 「監督から『タイ戦は罠』だということを言われていて、これを落としてしまうと取り返しのつかないことになるという危機感がある。自分たちもそのつもりで試合に臨まなければならないと思っている」 <span style="font-weight:700;">──チームが攻撃時におけるディフェンス陣の注意点</span> 「GKとしても、ディフェンスと上手くコミュニケーションを取りながら、練習からやれている。上手く時間を作ることは、1つの手かなと。早くやるのも1つのリズムだが、流れが悪いときにGKのところで時間を作ったり、ディフェンスの背後に蹴ることでラインを上げて、前がかりに行くことも1つの手。そこは流れを見ながら、個々がやっていければと思う」 <span style="font-weight:700;">──一発の危険性</span> 「ミーティングでも、(タイの攻撃陣を)フリーにさせてしまうと、仕事をやってのけてしまうクオリティがあることを再確認した。一対一のところで負けない、フリーにさせないというところは徹底してやっていきたい」 2017.03.27 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

MF登録で追加招集の浦和MF遠藤航「『ボランチとして出て欲しい』」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は25日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを再開した。 ▽練習終了後、MF遠藤航(浦和レッズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。合流直後の会談でハリルホジッチ監督から「ボランチでプレーしてほしい」と言われたことを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆MF遠藤航</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──追加招集について</span> 「選ばれたからには試合出られる準備をして、自分の良さをしっかり出すことが一番。クラブでもずっと試合に出ていて、コンディション的に問題ないので、このチームのためにやるべきことをやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──合流時に交わした監督との会話について</span> 「『クラブでボランチとして出て欲しい』と言われた。でも、そこにはクラブの事情もある」 「もちろん、自分もボランチでやりたいという気持ちはあるけど、3バックの真ん中でやっている現状にもやりがいを感じている」 「浦和には浦和のスタイルがあって、決めるのはミシャ。そういう風な話をしていた」 <span style="font-weight:700;">──監督にはボランチ志望の気持ちを伝えたか</span> 「もちろん」 <span style="font-weight:700;">──今回はMF登録での追加招集</span> 「基本的に、さっき言ったようなことを言ってくるということは、ボランチで考えているんだろうなと。センターバックだと背が足りないという話もされたので(笑)」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦の印象</span> 「そのときはそこまで考えていなかった。フォーメーションがどうなるのかなとか、これから頭に入れながらやっていく」 <span style="font-weight:700;">──タイの印象</span> 「そこまで大きな選手がいるわけじゃないけど、どちらかというと、自分の良さを生かしながらボールを持てる選手も何人かいる。その辺のケアは大事になってくる。向こうが引いた中でのカウンターだったりは注意したい」 <span style="font-weight:700;">──リオ世代のFW久保裕也との会話</span> 「久保もそうだし、(南野)拓海もそうだし、(浅野)拓磨もそうだし、僕らの世代は前線に海外で結果を出し続けている選手が多い。中盤だったり、後ろだったりはまだまだこの代表に入ってきている数が少ない。少しずつ結果を出せる選手が出てきているのは良いことだと思う。自分もその中に入って行けるように意識してやっている」 <span style="font-weight:700;">──久保の成長を感じるか</span> 「点を取れる選手だというのは彼が元々持っているものだと思う。そんなに話し込んだわけじゃない。移籍してどう?っていう話ぐらい」 <span style="font-weight:700;">──MF今野泰幸(ガンバ大阪)のプレーぶりを見て自身に当てはまるか</span> 「やったことがないので、なんとも言えない。基本的に、自分の良さは守備。あのポジションでいくなら、もっと前からボールを奪いにいく姿勢を出していけると思う」 2017.03.26 00:10 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和レッズが一部ファンに警告…G大阪戦でクラブ禁止事項のゲート旗を掲出か

浦和レッズは3月22日、19日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節・ガンバ大阪戦において、スタンド内でゲート旗が掲出されたとの情報提供があったことを発表した。<br><br>浦和は2014年に起きた差別的横断幕事件以降、一部の応援方法を制限。現在も、浦和ファン・サポーターによるゲート旗の掲出を禁止している。<br><br>クラブは公式サイトを通じ、「浦和レッズでは、ゲート旗の掲出をまだ解禁しておりません。現在、サポーターのみなさまとミーティングを重ね、解禁に向けて検討を行っています。このような行為は、ゲート旗の解禁に向けた議論に悪影響を及ぼし、さらには解禁を見送ることにつながりかねません。みなさまのご理解とご協力をお願いいたします」とコメントを発表している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.23 20:51 Thu
twitterfacebook
thumb

「リベリと岬太郎の融合」…浦和MF関根貴大を伊メディアが特集

浦和レッズに所属する21歳の若手、MF関根貴大について、イタリアメディア『トゥット・メルカート・ウェブ』が特集を組んだ。<br><br>日替わりで有望選手を紹介するコーナーにおいて、関根は「浦和レッズの彗星」として取り上げられている。<br><br>関根の特徴について、「サイドが専門のミッドフィルダーで、わずか165センチと小柄だがスピードとテクニックがある」とし、「フィジカルは欠点だが、素晴らしい戦術眼と魔法の右足を持ち、ゴールも決められる」と紹介している。<br><br>このため、プレースタイルはバイエルン・ミュンヘンに所属するフランス代表のMFフランク・リベリを想起させる点が多少あるとしている。また世界的にも有名な日本のアニメ「キャプテン翼」を挙げ、「岬太郎の代わりになれる」と太鼓判を押している。<br><br>提供:goal.com 2017.03.20 12:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース