超ワールドサッカー

浦和レッズの新ユニフォームが発表! 25周年を記念しローマ数字の“XXV”がデザイン!2017.01.11 19:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ナイキは11日、浦和レッズの新ユニフォームを発表した。クラブ設立25周年とリーグ25周年を祝ったこれまでにない、革新的で斬新なユニフォームとなっている。

▽ホームキットは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ字“XXV”で表現したグラフィックがフロント部分に大胆にデザイン。ピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表している。

▽中央のダイヤモンドの中には、縦に25本のストライプが描かれており、これは25周年を表現。太さの違うピンストライプの先端部分を描くことで、流れるようなスピード感と躍動感を与えている。また、背面のリブにもローマ数字“XXV"がデザイン。“1992/2017”の数字がエンブレムの両端に刻まれ、これも25周年を表現している。

▽アウェイキットはクラブにとってこれまでないボルトカラーを使用。クラブエンブレムに使用されているイエローのサッカーボールからインスピレーションを得て、インパクトのあるボルトカラーを採用した。イエローの持つ特徴としてWARNING やCAUTION といった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和レッズのイレブンがアウェイの地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることを表している。

コメント

関連ニュース

thumb

鈴木啓太氏の引退試合、追加メンバー発表…ワシントン、マリッチ、田中達也らも参加へ

▽浦和レッズは23日、「鈴木啓太氏 引退試合」の参加メンバーとして、元クロアチア代表のマリッチ氏、元ブラジル代表のワシントン氏、アルビレックス新潟のFW田中達也とDF矢野貴章、AC長野パルセイロのMF明神智和の5選手が追加されたことを発表した。 ▽「鈴木啓太氏 引退試合」は、7月17日(月・祝)に埼玉スタジアム2002で17時にキックオフ。REDS LEGENDS(浦和レッズOB主体のチーム)と、BLUE FRIENDS(鈴木啓太氏と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち主体のチーム)が激突する。 【追加決定メンバー(カッコ内は浦和レッズ在籍年)】※敬称略 ・マリッチ(2005年) ・ワシントン(2006年~2007年) ・明神智和 元日本代表/現所属 AC長野パルセイロ ・田中達也(2001年~2012年) ・矢野貴章 元日本代表/現所属 アルビレックス新潟 ◆6月13日発表 ・福西崇史 元日本代表 ・ロブソン・ポンテ(2005年~2010年) ・中村俊輔 元日本代表/現所属 ジュビロ磐田 ・橋本英郎 元日本代表/現所属 東京ヴェルディ1969 ・巻誠一郎 元日本代表/現所属 ロアッソ熊本 ・松井大輔 元日本代表/現所属 ジュビロ磐田 ・岩政大樹 元日本代表/現所属 東京ユナイテッドFC ・細貝 萌(2005年~2010年) 元日本代表/現所属 柏レイソル ◆5月26日発表 ・福田正博 (1989年※~2002年) ※前身の三菱重工業サッカー部時代含む ・内舘秀樹 (1996年~2008年) ・室井市衛 (2000年~2001年7月、2002年~2004年) ・阿部敏之 (2000年~2002年) ・三都主アレサンドロ (2004年~2009年) ・都築龍太 (2003年~2010年) ※2010年は湘南ベルマーレへ期限付き移籍 ・酒井友之 (2004年~2006年) ・堀之内聖 (2002年~2010年) ・相馬崇人 (2006年~2008年) ◆6月2日発表 ・ギド・ブッフバルト(選手 1994年~1997年、監督 2004年~2006年) ・ゲルト・エンゲルス(トップチームコーチ 2004年~2008年、監督 2008年) ・池田太(選手 1993年~1996年、トップチームコーチ 2002年~2008年) 現所属 U-19日本女子代表監督 ・土田尚史(選手 1989年※~2000年、トップチームGKコーチ 2001年~現在) ※前身の三菱重工業サッカー部時代含む ・大槻毅(トップチームコーチ 2006年~2010年) ・岡野雅行(1994年~2001年、2004年~2008年) ・千島徹(2000年~2006年) 2017.06.23 17:37 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場のMF松浦2発で磐田が逆転で浦和を破り2連勝! 31歳バースデーのGK西川は悪夢の4失点…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節、浦和レッズvsジュビロ磐田が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、アウェイの磐田が4-2で勝利した。 ▽1試合未消化で暫定6位の浦和(勝ち点23)と、11位磐田(勝ち点19)がインターナショナルマッチウィークによる中断期間明けで対峙する一戦。前節、柏レイソルとの上位対決に敗れ、2戦未勝利の浦和は、その試合のメンバーから高木に代えて武藤を先発で起用。また、負傷明けのラファエル・シルバが約1カ月ぶりにベンチ入りを果たした。 ▽一方、前節ガンバ大阪相手に3-0の快勝を収め、リーグ6戦ぶりの白星を手にした磐田だが、この試合に向けては太もものケガを再発した中村俊がベンチ外となり、松井を代役に起用。また、小川に代わって宮崎が先発に復帰した。 ▽浦和のビルドアップに対して、アウェイの磐田が勇気を持って前がかりなハイプレスを仕掛けて主導権を奪いにかかる。9分には大井の中盤でのボール奪取からシュートカウンターに転じ、アダイウトンからボックス左に走り込む松井へパスが通るが、松井のニアを狙った左足シュートはサイドネットを叩く。 ▽やや相手の出方に戸惑った浦和だったが、11分に自陣低い位置でのボール奪取から関根のロングフィードに抜け出した興梠がボックス左から左足のシュートを放つなど、相手の背後を狙う興梠の動き出しに合わせたシンプルな縦パスや、素早い攻守の切り替えでチャンスを窺う。 ▽インテンシティの高い見応えのある攻防が続く中、20分過ぎに浦和にアクシデント。アダイウトンとの競り合いで目尻を切った槙野が流血。だが、槙野はバンテージを巻いてプレーに復帰した。 ▽その後、磐田の勢いが落ち始めると、徐々に浦和が得意のダイレクトプレーで相手のマークを剥がしてチャンスを創出していく。だが、この日が31歳の誕生日となる守護神の痛恨ミスでアウェイチームに先制点を許す。 ▽36分、磐田が相手陣内左サイドでFKを得ると、キッカーの宮崎が左足のクロスをゴール前に送る。ここでGK西川が飛び出してパンチングを試みるが、ボールを触れずに川又が頭で合わせる。そして、ゴール方向に向かった浮き球のボールを大井が頭で押し込んだ。 ▽リズムに乗り始めた矢先に守護神のミスからリードを許した浦和はすぐさま反撃を開始。サイドをえぐって宇賀神、興梠と続けて際どいクロスを入れると、この流れで得た右CKから追いつく。43分、右CKの場面でキッカーの柏木が鋭いボールを入れると、ニアでDFを振り切った阿部がうまく頭でコースを変えて左隅に流し込んだ。畳みかけるホームチームは、直後にもボックス左で興梠が折り返したボールに関根が反応も右足のシュートはうまくミートせず、前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽前半のうちに追いついた浦和は、後半立ち上がりにアダイウトンに決定機を許したものの、ここから自慢のパスワークと個人技で相手を圧倒。すると55分、左サイドの武藤からパスを受けた興梠がバイタルエリアで絶妙なタメから攻め上がった阿部に短いパスを通す。このままゴール前に抜け出した阿部のシュートはGKカミンスキーに触られるも、このままゴールネットに吸い込まれた。 ▽キャプテン阿部の2ゴールで逆転に成功した浦和は、58分に宇賀神を下げて駒井、61分に李を下げてラファエル・シルバを投入。より前がかって相手にとどめを刺しに行く。興梠のポストプレー、駒井と関根の両ウィングバックの積極的な仕掛けで相手を自陣深くに押し込むが、ラファエル・シルバらが決め切れず。 ▽一方、足が止まって防戦一方の磐田は、宮崎と松井を下げて小川、松浦とフレッシュな選手をピッチに送り出すと、ワンチャンスを生かして追いつく。 ▽68分、自陣深くで川又が大きく蹴り出したボールに反応したアダイウトンが完璧な形で裏へ抜け出す。ここはリスク管理を怠らずに飛び出したGK西川が先にクリアすると思われたが、西川のクリアがアダイウトンに当たってしまう。このこぼれ球を回収したアダイウトンがそのままボックス内に持ち込み、最後は冷静にDFを外して無人のゴールへ流し込んだ。 ▽再び相手守護神の微妙な対応からゴールを奪い、息を吹き返した磐田は、ここから途中出場の松浦が躍動。74分、右サイドでボールを持った松浦がバイタルエリアのアダイウトンとのパス交換でボックス右に抜け出すと、腰を強く捻った左足のシュートでニアを破り、逆転ゴールを奪う。さらに80分には左サイドで川又が潰れてアダイウトンが裏へ出したスルーパスに抜け出した松浦がボックス内でGK西川との一対一を制し、点差を2点に広げる4点目を奪った。 ▽痛恨の連続失点で試合を引っくり返された浦和は、関根に代えてズラタンを投入してゴールを目指すが、87分に阿部のクロスをボックス内で胸トラップしたラファエル・シルバのシュートも枠を捉え切れず、万事休す。 ▽90分を通してのハードワーク、松浦投入が嵌った磐田が、前節のG大阪戦に続き格上撃破で2連勝を飾った。一方、守護神西川の痛恨のミスや決定力不足が響いた浦和は、厳しい連敗で3戦未勝利となった。 2017.06.18 21:11 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和が鹿島戦での観客の違反行為を発表…クラブスタッフへの乱暴な行為で7試合の入場禁止

▽浦和レッズは16日、5月4日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節の鹿島アントラーズ戦での観客の違反行為を発表した。 ▽浦和によると、鹿島戦を南サイドスタンドホーム自由席で観戦されていた方がクラブスタッフへ乱暴な行為を行ったとのこと。5月10日から6月18日の期間に行われる浦和が出場する全試合への入場禁止処分を下した。合計7試合とのことだ。 ▽浦和はクラブ公式サイトを通じて「スポーツは闘いです。しかし、そこにはルールがあります。浦和レッズは、「SPORTS FOR PEACE!」プロジェクトのもと、安全で快適なスタジアムづくりに取り組んでおります」と声明。また、「観戦ルールやマナーは、選手や観戦するみなさまの安全のために設けられております。ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、遵守いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」と度重なるファン・サポーターの違反行為に警鐘を鳴らした。 2017.06.16 17:48 Fri
twitterfacebook
thumb

【浦和編】浦和はドルトムントのパススピードについていけるか《Jリーグワールドチャレンジ2017 トークイベント》

▽「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017 トークイベント」が15日にJFAハウスで行われた。 ▽ゲストの鹿島アントラーズOBで東京ユナイテッドFCのDF岩政大樹、浦和レッズOBの鈴木啓太氏、Jリーグ副理事の原博実氏がトークイベントに参加した。 ▽3者は司会者を交えて様々な話題でトークセッション。7月15日に行われる浦和vsドルトムントの展望やスコアを予想した。 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「両クラブのカラーを具体的にご紹介したいと思いますが、日本では早いと言われる浦和のパススピードをドルトムントは越えていますが…」 <span style="color:#FF0040;font-weight:700;">鈴木</span>「画面から伝わってきますもんね。ドルトムントはショートカウンターが得意なチームですけど、後ろからのビルドアップからの縦へのパスが早いですね。レッズがどう感じるか。自分たちが速いと思っていたのがさらに上のレベルがある。バイエルンと対戦したときはポドルスキやシュバインシュタイガーはシュートのようなパスをピタッと止めますからね」 <span style="color:#00BFFF;font-weight:700;">原</span>「(実際のパススピードと選手の体感は)違うんだろうね。選手たちは、少しの差が寄せるか寄せられないかを分ける。Jリーグとヨーロッパのレベルが違う感覚」 <span style="color:#8A0808;font-weight:700;">岩政</span>「そのパススピードからシュートまで持っていけるんでしょうから、動きも含めて対応はもう1つ早く頭を回していかないといけない。それを知るっていうのはすごく大事なことだと思います」 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「アントラーズもレッズも守備陣は相当頑張らないといけないんじゃないですか?」 <span style="color:#FF0040;font-weight:700;">鈴木</span>「頭が疲れるでしょうね。一瞬でも隙を見せたらスピードがあるボールが入ってきて、(香川)真司の(平均)38.3キロのパスが来る。彼の能力の高さはこういうところから成長しているのかなと思いますね」 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「香川選手については」 <span style="color:#FF0040;font-weight:700;">鈴木</span>「仕事させたくないですね。同じ日本人で、代表で…レッズの選手は仕事させたくないと思っていると思います」 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「浦和vsドルトムントのスコア予想をしていただきます」 <span style="color:#FF0040;font-weight:700;">鈴木</span>「期待値を込めて4-3。こういう展開になったらおもしろいなと。レッズのOBなのでレッズが負けると予想できませんし、右サイドの駒井選手のドリブルはブンデスでもなかなかないと思うんですよ。関根、駒井はチャンスがあると思います」 <span style="color:#8A0808;font-weight:700;">岩政</span>「2-2。どちらも戸惑う部分があるのではないかと。公式戦ではないので、両チームともそこまで対応してこないでしょうから、2点ずつぐらい入ると思います」 <span style="color:#00BFFF;font-weight:700;">原</span>「3-2。点を取り合ってほしい。早い時間帯に点が入ると逆も攻める。こうなると思う」 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「ドルトムントのピーター・ボス新監督はJリーグのジェフにいたんですよね。どんな選手だったんですか」 <span style="color:#00BFFF;font-weight:700;">原</span>「中盤の底の選手だった。落ち着いた選手。90年代後半にジェフで活躍した。ポジション争いをする選手のモチベーションは高いと思う」 2017.06.15 20:37 Thu
twitterfacebook
thumb

【大会編】強豪との対戦で監督・選手・サポーターのレベルアップを目指す《Jリーグワールドチャレンジ2017 トークイベント》

▽「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017 トークイベント」が15日にJFAハウスで行われた。 ▽ゲストの鹿島アントラーズOBで東京ユナイテッドFCのDF岩政大樹、浦和レッズOBの鈴木啓太氏、Jリーグ副理事の原博実氏がトークイベントに参加した。 ▽3者は司会者を交えて様々な話題でトークセッション。それぞれが大会を通じて期待する部分や、世界の強豪を相手にする意義について持論を展開した。 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「原さん、Jリーグ真っ最中のこのコンディションが良い時期に、真剣勝負が見たいですね。スケジュール調整が大分大変だったと思いますけど…」 <span style="color:#00BFFF;font-weight:700;">原</span>「今年のJリーグのカレンダーを考える時に、何とかヨーロッパや南米のビッグクラブと、クラブが戦うことによって、監督、選手、サポーターのレベルが上がるのではないかと思って調整しました」 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「それぞれのクラブチームで国外のクラブと試合をするのは普段のJリーグの試合とは勝手が違いますか? 1つレベルアップするには非常に重要なことなんですか?」 <span style="color:#FF0040;font-weight:700;">鈴木</span>「そうですね。もちろん海外のチームとやるっていう部分では成長させてもらえる良い経験ですけど、ただの親善試合やトレーニングマッチという形ではなくて、勝負にこだわる試合は自分の持っている物差しを広げてくれるので僕自身もとても良い経験でした。僕も現役の時にクラブワールドカップで、ミランと戦ったんですけど、そういう経験は選手にとってとても大きいですね」 <span style="color:#8A0808;font-weight:700;">岩政</span>「僕も加入1年目にバルセロナと試合して、2年目にマンチェスター・ユナイテッドと試合して、という時代だったんですけど、よく『どの選手がすごかったですか?』ていう質問をされるんですけど、だいたいその時の2試合のインパクトが強くて、そういう経験は選手のうちにそうできるものじゃないですから、良い経験だったなと捉えています。1年目からトップレベルを体感することができたというのはすごく大きかったです」 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「鹿島はレアル(・マドリー)やユナイテッドと試合しましたが…」 <span style="color:#8A0808;font-weight:700;">岩政</span>「その時は0-5で負けたんですけど、前半からすごい飛ばしてきていましたね。なぜでしょうね(笑) ユナイテッドは、うちが2点取って先行したんでそこから本気になって、後半からファン・ニステル・ローイが出てきて、彼を僕がガツガツ潰していたら、途中ボールがないところで蹴られたんですよ。すごくうれしかったですね(笑)」 <span style="color:#2EFE2E;font-weight:700;">司会</span>「両チームの印象を教えてください」 <span style="color:#8A0808;font-weight:700;">岩政</span>「2チームともクラブのスタイルがあるということですね。ドルトムントは取って早くっていうスタイルは監督が代わっても変わらないですね。セビージャは攻撃的で、監督が変わりましたけど、新しい監督もセルタで相当、攻撃的なサッカーをしていた。選手や監督が代わっても、クラブのスタイルを大事にしていますね」 <span style="color:#FF0040;font-weight:700;">鈴木</span>「全てのポジションで両チーム、クオリティの高い選手がいるので、個人個人のマッチアップはとても楽しみですね。鹿島も浦和も個人が自身を持っていると思うんですよ。世界でのトップクラブでの個人個人の勝負が気になる。勝負を仕掛けて欲しいです」 <span style="color:#00BFFF;font-weight:700;">原</span>「(ビッグクラブに行くような)若くて良い選手を揃えている。良いスタジアムだし、お客さんがいっぱい入るクラブ。どんどんステップアップしていく勢いのあるチームですよね。もっともっと自分に力があるって言うことを見せたいという思いがあると思いますよ」 <span style="color:#FF0040;font-weight:700;">鈴木</span>「ドルトムントは若い選手がもっと良いチームでもっと良い条件で、という貪欲さを持っている。そういうチームが日本に来てくれるのは楽しみで仕方ないです」 2017.06.15 20:29 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース