浦和レッズの新ユニフォームが発表! 25周年を記念しローマ数字の“XXV”がデザイン!2017.01.11 19:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ナイキは11日、浦和レッズの新ユニフォームを発表した。クラブ設立25周年とリーグ25周年を祝ったこれまでにない、革新的で斬新なユニフォームとなっている。

▽ホームキットは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ字“XXV”で表現したグラフィックがフロント部分に大胆にデザイン。ピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表している。

▽中央のダイヤモンドの中には、縦に25本のストライプが描かれており、これは25周年を表現。太さの違うピンストライプの先端部分を描くことで、流れるようなスピード感と躍動感を与えている。また、背面のリブにもローマ数字“XXV"がデザイン。“1992/2017”の数字がエンブレムの両端に刻まれ、これも25周年を表現している。

▽アウェイキットはクラブにとってこれまでないボルトカラーを使用。クラブエンブレムに使用されているイエローのサッカーボールからインスピレーションを得て、インパクトのあるボルトカラーを採用した。イエローの持つ特徴としてWARNING やCAUTION といった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和レッズのイレブンがアウェイの地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることを表している。

コメント

関連ニュース

thumb

興梠の2Gで浦和が連勝! FC東京は6試合ぶり敗戦《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節、浦和レッズvs FC東京が19日に行われ、2-1で浦和が勝利を収めた。 ▽前節のヴァンフォーレ甲府戦から、スルガ銀行チャンピオンシップのシャペコエンセを挟んで挑む8位の浦和(勝ち点33)。そのシャペコエンセ戦から榎本、森脇、宇賀神、ラファエル・シルバ、ズラタンを、西川、遠藤、菊池、李、興梠に代えて挑んだ。 ▽一方、浦和と同じ勝ち点で並ぶ9位のFC東京(勝ち点33)は、前節のヴィッセル神戸戦から、東に代えて米本を起用。ここ5戦無敗の勢いで勝利を目指す。 ▽悪天候のため1時間遅れでキックオフされた試合は、中盤にタレントを揃える両チームの潰し合いが続く。そんな中、ホームの浦和が先制する。17分、駒井が右サイドを突破すると、アーリークロスを選択。これをゴール前の武藤がワンタッチで落とし、詰めていた興梠がボレーで叩き込んだ。 ▽先制されたFC東京もすぐさま反撃。22分、敵陣中央でボールを持った大久保が、ボックス右の室屋に展開。室屋はこれをワンタッチで中に折り返すと、走り込んだ橋本が押し込んで同点に追いついた。 ▽しかし喜びも束の間、FC東京は再びリードを許してしまう。30分、柏木から李、武藤とワンタッチで繋いでディフェンスラインの中央の切り裂くと、最後は興梠が右足で流し込んで、浦和に2点目をもたらした。 ▽迎えた後半、追いつきたいFC東京は、頭から前節1ゴールのピーター・ウタカを投入。その後も永井、中島を次々と交代させ攻撃力を高める。しかし、決定機を作ったのはリードしている浦和だった。68分、カウンターから武藤がボックス左に侵攻し、左足を振り抜いてゴールを狙うが、GK大久保択の正面を突く。 ▽終了間際には、太田のFKや、途中出場の中島のミドルシュートからFC東京も惜しい場面を迎えるが、結局ネットを揺らすことができなかった。そして、試合は2-1のまま終了。興梠の2ゴール守り切った浦和がリーグ戦2連勝を飾った。 2017.08.19 22:01 Sat
twitterfacebook
thumb

終了間際の阿部のPK弾で浦和がシャペコエンセを退け、大会初優勝!《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽スルガ銀行チャンピオンシップ、浦和レッズvsシャペコエンセが15日に、埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利。今大会初優勝を飾った。 ▽2008年から始まったスルガ銀行チャンピオンシップも今回で10回目を迎えた。記念すべき今大会は、昨年のYBCルヴァンカップ王者の浦和と、コパ・スダメリカーナ王者のシャペコエンセ(ブラジル)が対戦した。 ▽ホームの浦和はGKに榎本、ディフェンスラインはマウリシオ、槙野、森脇の3人が固めた。中盤は宇賀神、柏木、駒井、阿部の4枚、前線の3トップにラファエル・シルバ、武藤、ズラタンが入った。 ▽一方、昨年11月のラミア航空2933便墜落事故で、元Jリーガー4名を含む選手19名や監督、スタッフら71名が犠牲となったシャペコエンセの先発メンバーには、かつて東京ヴェルディでプレーしたアポジや、アビスパ福岡に在籍したモイゼス・リベイロが選ばれた。 ▽試合序盤は浦和がボールを支配する展開が続いた。シャペコエンセの選手は遠征疲れからか、少々動きが重い様子。柏木を中心に攻める浦和は15分に、その柏木のスルーパスからボックス右に抜け出したズラタンがクロスを上げるが、シャペコエンセDFにカットされる。 ▽攻め込まれるシャペコエンセだが、粘り強い守りで浦和にゴールを許さない。主に右サイドから攻撃の起点を作るシャペコエンセは、アポジのクロスから何度かゴール前まで運ぶものの、なかなかシュートで終われない。 ▽ここまで拮抗した試合が続く中、浦和が42分に前半最大の決定機を迎える。ボックス外右からの柏木のFKに、ゴール前でズラタンが頭で合わせるがGKジャンドレイの正面。無得点のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初のチャンスはアウェイのシャペコエンセに訪れる。54分、右サイドの深い位置で得たFKから、ゴール前で192cmの長身トゥーリオ・デ・メロが頭で合わせるが枠を外した。 ▽後半になってギアを1つ上げてきたシャペコエンセは、59分にスルーパスに抜け出したカイケが無人のゴールにシュートを放つが、角度がなくサイドネットに外してしまった。対する浦和は、攻撃のキーマンだった柏木を封じられ、思うような攻撃を作れない。 ▽このまま終わるかに思われた後半終了間際の88分、相手のクリアボールに反応したズラタンが、シャペコエンセDFグローリにボックス内で倒され浦和にPKの判定。シャペコエンセの選手たちは主審に猛抗議したが、判定は覆らず。このPKを阿部がきっちり決めて、浦和に待望の先制点をもたらした。 ▽後半アディショナルタイムも10分を経過し、ようやく試合終了。試合終了間際の阿部のPK弾で、1-0で勝利した浦和がスルガ銀行チャンピオンシップ初優勝を決めた。 2017.08.15 21:17 Tue
twitterfacebook
thumb

シャペコエンセの来日メンバーが発表! 墜落事故の生存者DFルシェウは来日せず…《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、「スルガ銀行チャンピオンシップ2017SAITAMA」で浦和レッズと対戦するシャペコエンセ(ブラジル)の来日メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、かつて東京ヴェルディに所属していたDFアポジや、ル・マン時代に元日本代表MF松井大輔とプレーした経験を持つFWトゥーリオ・デ・メロらも含まれている。なお、昨年11月にコパ・スダメリカーナ決勝前に発生した悲劇の飛行機墜落事故の生存者でバルセロナとのジョアン・ガンペール杯で復帰を果たしたDFアラン・ルシェウは、来日メンバーから外れた。 ▽今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆シャペコエンセ来日メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">アルトゥール・モライス</span>(ブラジル) 93.<span style="font-weight:700;">ジャンドレイ</span>(ブラジル) 12.<span style="font-weight:700;">エリアス</span>(ブラジル) <span style="font-weight:700;">DF</span> 22.<span style="font-weight:700;">アポジ</span>(ブラジル) 6.<span style="font-weight:700;">レイナウド</span>(ブラジル) 3.<span style="font-weight:700;">グローリ</span>(ブラジル) 26.<span style="font-weight:700;">ディエゴ・レナン</span>(ブラジル) 21.<span style="font-weight:700;">ルイス・オタビオ</span>(ブラジル) 14.<span style="font-weight:700;">ファブリシオ・ブルーノ</span>(ブラジル) <span style="font-weight:700;">MF</span> 40.<span style="font-weight:700;">セイハス</span>(ベネズエラ) 23.<span style="font-weight:700;">ゲレーロ</span>(エクアドル) 5.<span style="font-weight:700;">モイゼス・リベイロ</span>(ブラジル) 11.<span style="font-weight:700;">ルイス・アントニオ</span>(ブラジル) 33.<span style="font-weight:700;">ルーカス・マルケス</span>(ブラジル) 25.<span style="font-weight:700;">ルーカス・ミネイロ</span>(ブラジル) <span style="font-weight:700;">FW</span> 30.<span style="font-weight:700;">ネネン</span>(ブラジル) 9.<span style="font-weight:700;">ウェリントン・パウリスタ</span>(ブラジル) 10.<span style="font-weight:700;">トゥーリオ・デ・メロ</span>(ブラジル) 7.<span style="font-weight:700;">ペニージャ</span>(エクアドル) 17.<span style="font-weight:700;"> アルトゥール・カイケ</span>(ブラジル) 2017.08.13 16:02 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和MF関根貴大のインゴルシュタット移籍完了! 契約期間は4年、背番号は「22」

▽ブンデスリーガ2部に所属するインゴルシュタットは11日、浦和レッズからMF関根貴大(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年。背番号は「22」に決定している。 ▽浦和は6日、関根のインゴルシュタット移籍合意を発表。関根は、9日に行われた自身のラストゲームである明治安田生命J1リーグ第21節のヴァンフォーレ甲府戦(1-0で浦和が勝利)でプレー後、翌10日に離日していた。 ▽自身の憧れであった海外挑戦の一歩を踏み出した関根は、インゴルシュタット公式サイトで次のようにコメントしている。 「僕自身が成長できる野心に満ちたドイツのクラブに行くことが目標として常にあった。モチベーションは高い。早くドイツ語を習得して、一緒に成功を収めてきたい」 2017.08.11 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和MF関根貴大、移籍金8900万円でインゴルシュタットへ?

▽浦和レッズに所属するMF関根貴大(22)は10日、完全移籍で合意したインゴルシュタット(ブンデスリーガ2部)のメディカルチェックを受けるため、ドイツに旅立った。 ▽これを受けて、ドイツ『Liga-Zwei.de』も浦和の生え抜きドリブラーのインゴルシュタット加入を報道。移籍金70万ユーロ(約8900万円)での加入になるという。 ▽なお、ブンデスリーガ2部は7月29日に開幕。開幕2連敗スタートのインゴルシュタットは20日に行われる次節、レーゲンスブルクとホームで対戦する。 2017.08.11 12:15 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース