浦和レッズの新ユニフォームが発表! 25周年を記念しローマ数字の“XXV”がデザイン!2017.01.11 19:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ナイキは11日、浦和レッズの新ユニフォームを発表した。クラブ設立25周年とリーグ25周年を祝ったこれまでにない、革新的で斬新なユニフォームとなっている。

▽ホームキットは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ字“XXV”で表現したグラフィックがフロント部分に大胆にデザイン。ピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表している。

▽中央のダイヤモンドの中には、縦に25本のストライプが描かれており、これは25周年を表現。太さの違うピンストライプの先端部分を描くことで、流れるようなスピード感と躍動感を与えている。また、背面のリブにもローマ数字“XXV"がデザイン。“1992/2017”の数字がエンブレムの両端に刻まれ、これも25周年を表現している。

▽アウェイキットはクラブにとってこれまでないボルトカラーを使用。クラブエンブレムに使用されているイエローのサッカーボールからインスピレーションを得て、インパクトのあるボルトカラーを採用した。イエローの持つ特徴としてWARNING やCAUTION といった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和レッズのイレブンがアウェイの地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることを表している。

コメント

関連ニュース

thumb

ポドルスキのJリーグ参戦のうわさに元同僚槙野も歓迎「たくさん仲良くしてくれた」

元ドイツ代表ルーカス・ポドルスキにJリーグ入りのうわさが浮上しているが、移籍の実現を浦和所属の槙野智章が待ち望んでいる。槙野がtwitterで『本当にナイスな男だし選手だ!楽しみだなー』とツイートしている。<br><br>ポドルスキが日本に来るかも??<br />ケルン時代にはたくさん仲良くしてくれたし、日本語もたくさん教えたし、東北の震災の時はこうして一緒にメッセージしてくれたし、本当にナイスな男だし選手だ!楽しみだなー。<br /><br />槙野は10-11シーズンの冬にケルンに加入。ケルンには当時同クラブの象徴であるポドルスキが在籍しており、海外移籍でドイツにやってきた槙野を、ケルンのキャプテンとして歓迎。2011年の3月に東日本大震災が起きた際には、槙野がインナーシャツに書き込んだ被災地へのメッセージに賛同するなど、槙野と親交を温めていた。<br><br>ポドルスキはその後2012年夏にアーセナルに移籍し、インテルに期限付き移籍した後にトルコのガラタサライでプレーしていた。<br><br>一方の槙野もケルン加入から1年後、11-12シーズンの冬の移籍市場でドイツを去り、浦和でJリーグ復帰を果たした。<br><br>もしポドルスキがJリーグ入りとなれば、槙野とは6シーズンぶりに再会することになる。果たして、ポドルスキのJリーグ入りはなるのか、その動向から目が離せない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 20:33 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉のなでしこジャパンFW菅澤優衣香が浦和に完全移籍

▽浦和レッズレディースは14日、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースのなでしこジャパンFW菅澤優衣香(26)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽菅澤はJFAアカデミー福島から2009年にアルビレックス新潟レディースへ入団。2013年からジェフユナイテッド市原・千葉レディースでプレー。ジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは、2014年、2015年と2年連続でなでしこリーグ得点王に輝き、2年連続でベストイレブンにも選出されていた。昨シーズンはなでしこリーグで17試合出場5得点。 ▽また、2010年からはなでしこジャパンにも選出され、2014年のAFC 女子アジアカップ優勝や、2015年のカナダ女子ワールドカップ準優勝などに貢献した。菅澤は今回の移籍について、浦和レッズレディースを通じてコメントしている。 「今シーズンから浦和レッズレディースに加入することになりました。今までのサッカーはもちろんですが、それ以上にレベルアップし、チームの力になれるよう頑張りたいと思います。ファン・サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします」 ▽また、4シーズンを過ごしたジェフユナイテッド市原・千葉レディースを通じてもコメントしている。 「新年、明けましておめでとうございます。年明け早々ですが、皆さんにご報告があります。今季でジェフレディースを移籍することになりました。ジェフに移籍してきて4年間、たくさんの方々に支えて頂いて今の自分があると思います。新しい環境に身を置き、また新たな気持ちでサッカーに向き合いたいと思っています。更に上を目指せる選手になれるよう頑張っていきたいと思っています」 「今までご指導サポートして頂いたスタッフ、選手、スポンサー企業の皆様、それから、何を置いてもなくてはならないサポーターの皆様、そして身近で支えてくれた家族にこの場をかりて改めて感謝申し上げます。最後に、チームは違いますがなでしこリーグをこれからも一緒に盛り上げていけたらと思っていますので今後も陰ながら応援して頂ければと思っています。4年間、本当にありがとうございました」 2017.01.14 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

リベンジに燃える浦和DF遠藤航「いきなり昨季の借りを返すチャンス」《FUJI XEROX SUPER CUP2017》

▽13日にFUJI XEROX SUPER CUP2017の開催発表記者会見が行われた。会見に出席した浦和レッズのDF遠藤航が、大会に向けた意気込みを語っている。 ▽Jリーグ王者である鹿島アントラーズが天皇杯を制したことで、年間順位2位の浦和が繰り上がりでの出場となった。遠藤は昨シーズンのチャンピオンシップ決勝で敗れた鹿島を相手にリベンジする絶好の機会だと感じているようだ。 ◆DF遠藤航 「去年に悔しい思いをした鹿島を相手にいきなり借りを返すチャンスということで、浦和としてはシーズン最初からモチベーション高く練習やキャンプに入れます。そのキャンプや練習の中で良い準備してまずこの大会で、伝統ある鹿島にチャレンジャー精神を持って、1つ勝利できるように頑張っていきたいと思っています」 ――昨年の成績は2勝2敗だったが、戦ってみてお互いのチームの良さや強みは 「鹿島の印象は戦い方がうまいです。状況に応じた選手の判断がチームのためになっているイメージです。僕はセンターバックで出ていましたが、前の選手も前線からの守備などチームの統一感が素晴らしいチームだと思っています。また、どの選手が交代で入っても結果が残せるところが強みかなと思います。カウンターや、ゴールに向かう前線の迫力は、センターバックとして守りづらかった印象がありました」 ――チーム作りはこれからだが、大会の勝敗を分けるポイントのイメージは 「浦和は昨シーズンよりも人数が増え、特に前線が増えて選手層がより厚くなりました。より一人一人の競争意識、ライバル意識が出てくるのかなと。明日から始動しますが、キャンプからメンバーの組み合わせをやる中で、新加入選手がどうフィットするかが大事になります」 「また、去年までいた選手も新加入選手たちとのライバル意識、競争意識持って良い準備できればなと。そうすれば大会にはコンディションが整った状態で臨めますし、どのメンバーでも結果出すことを意識して臨みたいと思います」 2017.01.13 15:17 Fri
twitterfacebook
thumb

新シーズン最初のタイトルに向けて、鹿島DF伊東幸敏「僕らが取らなければいけない大会だと思っている」《FUJI XEROX SUPER CUP2017》

▽13日にFUJI XEROX SUPER CUP2017の開催発表記者会見が行われた。会見に出席した鹿島アントラーズのDF伊東幸敏が、大会に向けた意気込みを語っている。 ▽2016シーズンのJリーグと天皇杯の2冠を達成した鹿島。伊東は年間勝ち点では1位である浦和に対してリスペクトが必要だと主張。しかし自分たちがリーグ王者であり天皇杯を制したチームだと自信を示した。 ◆DF伊東幸敏 「去年の年間勝ち点1位は浦和なのでそこはリスペクトしつつ、ただルール上は僕らがリーグ王者であり天皇杯も取りました。その中で、この大会は僕らが勝たなければいけないものだと思っています。また鹿島は去年2冠を達成しましたが、今年は全てのタイトルを取りに行きたいと思っています。その上で、シーズン最初のこの大会、シーズンの明暗を分ける大事な一戦を全身全霊で勝ちにいきたいと思います」 ――昨年の成績は2勝2敗だったが、戦ってみてお互いのチームの良さや強みは 「浦和は日本のどのチームよりも、やるサッカーがはっきりしています。選手のポジションごとの決まりがはっきりしていて掴みづらい印象です。また、個々の能力もトップレベルで、選手層の厚さも日本で一番かなと思っています。毎試合、誰が出るかわからないですし、誰が出てきても同じサッカーをします。試合前にはどう準備していいのか難しい相手です」 ――チーム作りはこれからだが、大会の勝敗を分けるポイントのイメージは 「今年はトップレベルの選手を補強して競争も高まりました。最初の試合のメンバーは、まだわからないですが鹿島の強みは、補強した選手たちがいつ出ても鹿島のサッカーは変わらないところ。鹿島は鹿島というのが、このクラブの歴史の一番の強さだと思います。誰が出てもやるサッカーは変わらないです。全員が一体感を持ってやることを考えて戦いたいです」 2017.01.13 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

天皇杯王者の鹿島と年間2位の浦和が日産スタジアムで激突!!《FUJI XEROX SUPER CUP2017》

▽13日にFUJI XEROX SUPER CUP2017の開催発表記者会見が行われた。 ▽今回のFUJI XEROX SUPER CUP2017はJリーグ王者であり天皇杯優勝チームの鹿島アントラーズと、鹿島が天皇杯を制したことで繰り上がりとなる年間順位2位の浦和が、2017シーズンの開幕を告げる大会で激突。試合は2月18日に日産スタジアムで行われる。 ▽大会の開催に当たってJリーグの村井満チェアマンは次のようにコメントした。 ◆村井満チェアマン(Jリーグ) 「みなさんこんにちは、タイミングが遅くなりましたが本年もよろしく願いいたします。今年もFUJI XEROX SUPER CUPのご案内ができるタイミングとなりました」 「早いもので、2017年Jシーズンの開幕を告げる大会となりますFUJI XEROX SUPER CUPですが、数えて24回目の大会となります。今回は鹿島と浦和という最強の2チームにおけるカードとなりました。両チームは昨年CSファイナルで戦い、リーグ戦の2試合を合わせると合計4試合で2勝2敗ということである意味、因縁であり雌雄を決する対戦が今年の幕開けとなりました」 「鹿島についてはCSを制覇してクラブ・ワールドカップでは堂々と戦い、天皇杯を制しました。後半に素晴らしい成績を残しており、その勢いのままにスタートダッシュ切りたいはずです。浦和は年間1位ながらも大変悔しい思いをした昨シーズンでしたが、今シーズンに関しては出鼻で鹿島を破って勢いに乗りたい思いだろうと思います。そういう意味では今から楽しみな対決となります」 「また両チームは、ACLに出場します。アジアでの戦いはタフで激しくレベルの高い戦いです。極めてスタートダッシュが大事だという認識を持っています。この大会で、タフで激しい戦いをすることでACLでのスタートダッシュをかけたい共通の思いがあると思います」 「浦和は2007年にタイトルを取って以来、アジアチャンピオンにはなっていません。また日本のチームも2008年のG大阪以降はタイトルがありませんが、アジアのタイトルを獲得するという悲願に向けても、極めて大事なスタートだと思います」 「この大会はリーグの幕開けとの位置付けもありますが、これからJデビューする若手、育成年代に取っても大事な大会です。ご存じのようにネクストジェネレーションマッチという、Jユースと高校サッカー代表の試合もあります。多くのJリーグデビューする選手も名を連ねている大会です。リーグの幕開けを告げ、Jリーガーとしての幕開けを告げる試合でもあって、楽しみにしていただければと思います」 「さらにピッチ外でもエンターテイメントが満載です。全クラブからマスコットが集まり、スタジアムグルメのイベントもあるなど1日サッカーで楽しめる日となると思っております。ぜひ、多くの人にお越しいただければと思いますし、お越しいただけなくても日本テレビで全国中継が予定されているのでそちらもごらんください」 「また、この場をお借りして特別協賛であり24回もの長期にわたって大会をサポートしていただいているFUJI XEROX様に厚く御礼申し上げます。また、日本テレビ系列のみなさんにも深く御礼申し上げます。2017シーズンを改めてよろしくお願いいたします」 2017.01.13 15:10 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース