超ワールドサッカー

広島が新シーズンの背番号を発表! 工藤壮人は「50」、森崎浩司の「7」は茶島雄介が着用も佐藤寿人の「11」は空き番2017.01.11 18:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽広島は昨シーズン、明治安田生命J1リーグで年間で6位、YBCルヴァンカップはベスト8、天皇杯はベスト8の成績を残した。

▽新加入選手ではMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスから加入したFW工藤壮人が「50」を着用。ヴァンフォーレ甲府から加入したMF稲垣祥は「15」、新外国人のフェリペは「10」を着用する。

▽また昨シーズン限りで現役を引退した森崎浩司の「7」はMF茶島雄介が着用するも、名古屋グランパスに移籍した佐藤寿人の「11」は空き番となった。

▽なお、広島は公式サイト上で昨シーズンに期限付き移籍で加入したFWピーター・ウタカと契約交渉を行っていることを発表した。今回発表された背番号は以下の通り。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.林卓人
21.廣永遼太郎
34.中林洋次☆←(ファジアーノ岡山)※完全移籍

DF
2.野上結貴
3.高橋壮也※背番号変更
4.水本裕貴
5.千葉和彦
19.佐々木 翔
25.イヨハ理ヘンリー※昇格
26.川崎裕大
33.塩谷司

MF
6.青山敏弘
7.茶島雄介※背番号変更
8.森崎和幸
10.フェリペ ☆←(セアラ・スポルティング・クラブ)※完全移籍
14.ミキッチ
15.稲垣祥☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全移籍
16.清水航平
18.柏好文
24.長沼洋一
28.丸谷拓也
29.森島司
30.柴崎晃誠
32.松本泰志☆←(昌平高)※新加入

FW
22.皆川佑介
31.宮吉拓実
44.アンデルソン・ロペス
50.工藤壮人☆←(バンクーバー・ホワイトキャップス)※完全移籍

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京が丸山弾で連勝! 敗れた広島は今季6敗目…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節のFC東京vsサンフレッチェ広島が30日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽ここまで4勝1分け3敗で6位のFC東京と、1勝2分け5敗で16位に低迷している広島が激突した。FC東京は、3-0で勝利した前節のアルビレックス新潟戦から橋本に代えて高萩を起用する1点を変更。一方の広島は、3-3で引き分けた前節のベガルタ仙台戦と同様のメンバーで臨んだ。 ▽序盤は一進一退の攻防となる。FC東京は東や高萩の仕掛けのプレーでゴールを目指す。24分にはボックス右に侵入した徳永のクロスからゴール前が混戦に。最後は正面の東がヒールシュートを放つも、広島GK林にブロックされる。 ▽ハーフタイムにかけては、FC東京が攻勢に出る。すると、アディショナルタイムに決定機を迎える。ボックス左の手前でFKを獲得すると、キッカーの太田が左足で直接ゴールを狙う。インフロントに巻いたシュートがゴールマウスに飛んだが、惜しくも右のクロスバーに弾かれ、先制点とはならなかった。 ▽迎えた後半も、FC東京が先にゴールへ近づく。51分、左サイドから太田が上げた鋭いクロスはGK林にパンチングで処理されるも、このクリアボールに反応した梶山がペナルティアーク付近からそのままヘディングシュート。これがゴールに飛んだが、GK林のファインセーブに阻まれる。 ▽それでも、FC東京は次のチャンスをモノにする。68分、太田が蹴った左CKに正面で飛び込んだ前田が潰れると、最後はファーに流れたボールを丸山がプッシュ。FC東京が試合の均衡を破る。 ▽その後、広島は高橋、水本を下げてミキッチ、皆川を投入。右サイドのミキッチを起点にリスクを冒して攻めるも、最後までゴールを割ることができず、試合終了。FC東京が前節に続く勝利を挙げた一方、広島は今季6敗目を喫している 2017.04.30 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

田中順&中坂が2発! 広島に4発快勝の神戸が首位浮上《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島が26日にノエビアスタジアム神戸で行われ、4-1で神戸が勝利した。 ▽初戦となった前節で勝ち点3を獲得した神戸と、ここまで1勝1分けの広島が対戦。神戸は直近のサガン鳥栖戦から、GKキム・スンギュ、橋本、高橋秀、松下以外の7選手を変更し、U-21の藤谷や中坂を起用した。広島は、前節に引き続き、U-21日本代表の長沼や森島がスタメンに名を連ねた。 ▽試合は、落ち着く間もない開始早々に神戸が動かす。ボックス手前で田中順が得意の左足を振る。このミドルシュートが広島GK廣永に触れられるもゴール左に収まり、広島がリードを手にした。 ▽幸先よく先制した神戸は、相手のミスから手にした次のチャンスもモノにする。10分、高い位置でウエスクレイが稲垣からボールを奪取し、仕掛けてラストパス。ゴール正面でパスを受けた中坂が冷静にGKとの一対一を制し、スコアを2-0とした。 ▽2点のビハインドを背負った広島は、22分にビッグチャンスを迎える。フェリペ・シウバのスルーパスでボックス左に抜け出した茶島がシュート。しかし、これはコースが甘く、GKのセーブに遭う。 ▽すると、スコアを動かしたのは、またしても神戸だった。25分、ボックス右の手前で中坂からボールを受けた田中順が切り返して左足シュート。コントロールされた見事なシュートがファーサイドのゴール左に吸い込まれ、田中順の2発目で神戸が3-0とする。 ▽さらに神戸の勢いは止まらない。42分にはウエスクレイのシュートがGKに弾かれたところを中坂がしっかりと詰めて、この日2ゴール目。神戸が前半だけで4-0としてハーフタイムを迎えた。 ▽ハーフタイム明け、広島の森保監督はフェリペ・シウバと稲垣を下げて、青山と野上を投入。後半開始から攻撃の姿勢を強調し、まずは1点を返しにかかる。 ▽しかし、広島はなかなかゴールをこじ開けることができない。72分には茶島に代えてアンデルソン・ロペスを投入。なんとか反撃に転じようとするが、78分にアンデルソン・ロペスが放った枠内シュートはGKキム・スンギュの好守に阻まれる。 ▽それでも、広島は88分にようやくゴールを奪う。森島の仕掛けのプレーから、最後はボックス左でこぼれ球に反応した長沼がシュート。これが決まり、広島が1点を返した。 ▽しかし、広島の反撃もここまで。2連勝の神戸が、1試合未消化ながらもグループ首位に浮上している。 2017.04.26 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

計6発の乱打戦はドロー…広島がラストワンプレーで仙台に追いつく! 《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のサンフレッチェ広島vsベガルタ仙台がエディオンスタジアム広島で行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽第7節を終えて、1勝1分け5敗で17位に沈む広島と、3勝4敗で12位につける仙台が激突した。0-1で敗れた前節の横浜F・マリノス戦で今シーズン初の連勝を逃した広島は、その一戦から丸谷と清水に代えて千葉と柏を先発起用。フィリペ・シウバに代えて青山がリーグ戦3試合ぶりの先発復帰を果たした。 ▽一方、前節の鹿島アントラーズ戦で1-4の黒星を喫したリーグ3連敗中の仙台は、広島と同様に先発メンバーを3人変更。石川と藤村、茂木に代えて増嶋と富田、永戸を起用した。 ▽24日をもってクラブ創立25周年を迎える広島が『25周年記念試合』として位置付けた一戦。試合は立ち上がりからホームの広島が仙台ゴールへと迫るも、ラストパスが前線とかみ合わず、シュートまで至らない。 ▽広島は21分、左サイドでボールを受けた柏がカットインから右足を振り抜く。しかし、枠を捉えることができない。 ▽その後もセカンドボールを拾い続け、青山を起点に何度も両サイドの裏を突くも、クロスの精度を欠き、仙台ゴールを脅かすことができない。対する仙台もカウンターから敵陣へ迫るも、攻め上がる枚数が少なく決定機を作ることができない。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、ここまでシュートまで結びつけることができなかった広島が先制に成功する。54分、右サイドの高橋からのクロスをゴール前中央で粘ると、ゴール前左で待ち構えていた柏が右足を振り抜いて、ニアサイドを射抜いた。 ▽待望の先制点を奪った広島は、攻勢を強める。すると60分、左サイドを突破した柏のクロスをファーサイドでアンデルソン・ロペスがダイレクトシュート。これは平岡にブロックされるも、こぼれ球を工藤が押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽立て続けに2点を奪われた仙台が反撃に出る。65分、ボックス手前で富田のパスを受けたクリスランがヒールでボックス左に送ると、走り込んだ三田が左足を振り抜く。しかし、ラインぎりぎりのところで千葉にかき出されてしまう。しかし、その3分後、右サイドを突破した三田がクロスを供給。これに反応した梁勇基が滑りながらも右足で合わせると、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽1点を返した仙台が攻勢を強めると73分、ボックス手前やや左でFKを獲得。これを三田が左足を振り抜いてゴール右上隅を狙うと、バーを叩いてゴールに突き刺した。さらに76分、ボックス手前での細かいパス回しからボックス左外に展開すると、増嶋が柔らかいクロスを供給。これに反応した石原が頭で押し込んだ。 ▽9分間で2点のリードを引っくり返された広島は、その後猛攻を仕掛けるも、守備固めに入った仙台ディフェンスを崩すことができない。 ▽それでも辛抱強く攻勢を続けると、ラストワンプレーでドローに持ち込む。後半アディショナルタイム5分、敵陣中央右から途中出場のミキッチがアーリークロス。ファーサイドに流れたセカンドボールを柏が頭で折り返すと、ゴール前で待ち構えていた柴崎が胸で収めて右足で押し込んだ。 ▽結局、そのまま試合終了。2点のリードを引っくり返されるも、土壇場で追いついた広島だったがメモリアルマッチを勝利で飾ることができず、対する仙台はリーグ戦4試合白星がない。 2017.04.22 16:41 Sat
twitterfacebook
thumb

中澤が今季初弾の横浜FMが広島の猛攻をしのいでリーグ戦2連勝!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節のサンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスがエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で横浜FMが勝利した。 ▽前節のガンバ大阪戦で1-0の勝利を挙げて今シーズン初勝利となった16位の広島(勝ち点4)が、ジュビロ磐田戦に勝利して4試合ぶりの白星を挙げた8位の横浜FM(勝ち点10)を迎えた。 ▽西日に照らされる中でキックオフを迎えた一戦は、開始4分に動く。左サイドの浅い位置でFKを得た横浜FMは、天野が入れたボールにフリーとなった中澤が右足でプッシュ。中澤の今シーズン初ゴールでアウェイの横浜FMが幸先よく先制した。 ▽その後もリードする横浜FMがバックラインからポゼッションを握り、ビルドアップしていく。広島は相手ボールの際には自陣に引いてブロックを作り、マイボールになった際に前線に飛び出していく。しかし攻撃は柴崎やア塩谷がミドルレンジから狙う散発的な形となった。 ▽24分には広島がカウンターからチャンスを作るも、アンデルソン・ロペスのスルーパスが長くなり、工藤がラインぎりぎりから強引に上げたクロスをアンデルソン・ロペスが頭で合わせる。しかし下がりながらのヘディングとなってしまい、ボールはクロスバーを越えてしまった。 ▽得点後、シュートを撃てていなかった横浜FMは34分に右サイドに流れてボールを受けた齋藤がドリブルを開始。ウーゴ・ヴィエイラとのパス交換から右足のアウトサイドで狙うが、これはGK林が正面で処理する。 ▽迎えた38分、広島は左サイドからのクロスにファーサイドの高橋が頭で合わせる。しかし左のポストを叩いてしまいゴールとはならなかった。広島も前半アディショナルタイムに横浜FMを押し込んでいくと、流れの中から柴崎が強烈なミドルシュートを放つが、これはGKの正面に飛んでしまった。 ▽直後、横浜FMは前半の終盤に負傷していた松原が一度はピッチに戻るもやはりプレー続行は不可能となり、新井が投入されて前半を終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半は、前半同様に広島が攻勢に出る。51分にはボックス右の水本が上げたクロスに工藤が頭で合わせるが、ここはオフサイドとなり、シュートもGKの正面に飛んでしまった。 ▽まずは追いつきたい広島は56分、フェリペ・シウバを下げてベンチスタートだった青山を投入。柴崎がシャドーの位置に入り、青山はボランチに入った。 ▽横浜FMも67分にカウンターから右サイドで仕掛けた天野がシュートを放つが、これは逆サイドのポストを叩いてしまう。広島も71分に楔のパスを受けた工藤の落としからアンデルソン・ロペスが左足でコントロールシュートを放つが、ここも決まらず。 ▽終盤も広島が一方的に攻め込む流れとなるが、横浜FMがシャットアウト。逆にアディショナルタイムには横浜FMが相手陣内で仕掛けていく中、試合終了のホイッスルが吹かれ逃げ切った横浜FMが2連勝を飾った。 2017.04.16 19:02 Sun
twitterfacebook
thumb

茶島弾の広島がアウェイで新潟を撃破《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第2節、アルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島が12日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-1で広島が勝利した。 ▽第1節で引き分けスタートとなった両者が相まみえた。新潟はトップに鈴木を先発で起用。広島は、U-21日本代表の長沼や森島がスタメンに名を連ねた。 ▽序盤は、堀米の仕掛けを軸とする新潟が積極的にシュートを狙いにいくが、広島も徐々にポゼッション率を高めて巻き返す。しかし、広島はトップの工藤に良質なボールをなかなか供給することができず、決定機をつくるまでには至らない。 ▽それでも、試合の均衡を破ったのは広島だった。30分、ボックス右に流れた森島が縦パスをダイレクトで折り返す。最後はゴール前の茶島が丁寧に合わせてネットを揺らし、広島が先行した。 ▽広島リードのまま迎えた後半は、新潟が反撃に転じる。なかなか同点弾に迫れない新潟は、端山、鈴木、本間勲と下げていき、田中、山崎、ホニを送り出していく。新潟は73分、左サイドで仕掛けた堀米のクロスに正面の加藤が合わせる。だが、このシュートもバーの上にはずれる。 ▽終盤にかけては、新潟がリスクを冒してゴールを狙いにいくも、堅実な守備で相手を封じた広島が最後までリードを保ったまま逃げ切り。1勝1分けの広島が勝ち点4まで伸ばした。 2017.04.12 21:13 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース