広島が新シーズンの背番号を発表! 工藤壮人は「50」、森崎浩司の「7」は茶島雄介が着用も佐藤寿人の「11」は空き番2017.01.11 18:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽広島は昨シーズン、明治安田生命J1リーグで年間で6位、YBCルヴァンカップはベスト8、天皇杯はベスト8の成績を残した。

▽新加入選手ではMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスから加入したFW工藤壮人が「50」を着用。ヴァンフォーレ甲府から加入したMF稲垣祥は「15」、新外国人のフェリペは「10」を着用する。

▽また昨シーズン限りで現役を引退した森崎浩司の「7」はMF茶島雄介が着用するも、名古屋グランパスに移籍した佐藤寿人の「11」は空き番となった。

▽なお、広島は公式サイト上で昨シーズンに期限付き移籍で加入したFWピーター・ウタカと契約交渉を行っていることを発表した。今回発表された背番号は以下の通り。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.林卓人
21.廣永遼太郎
34.中林洋次☆←(ファジアーノ岡山)※完全移籍

DF
2.野上結貴
3.高橋壮也※背番号変更
4.水本裕貴
5.千葉和彦
19.佐々木 翔
25.イヨハ理ヘンリー※昇格
26.川崎裕大
33.塩谷司

MF
6.青山敏弘
7.茶島雄介※背番号変更
8.森崎和幸
10.フェリペ ☆←(セアラ・スポルティング・クラブ)※完全移籍
14.ミキッチ
15.稲垣祥☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全移籍
16.清水航平
18.柏好文
24.長沼洋一
28.丸谷拓也
29.森島司
30.柴崎晃誠
32.松本泰志☆←(昌平高)※新加入

FW
22.皆川佑介
31.宮吉拓実
44.アンデルソン・ロペス
50.工藤壮人☆←(バンクーバー・ホワイトキャップス)※完全移籍

コメント

関連ニュース

thumb

“タイの英雄”がJデビュー戦で初ゴール! 札幌との新指揮官対決制した城福広島が開幕白星スタート《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第1節、サンフレッチェ広島vs北海道コンサドーレ札幌が24日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利した。 ▽互いに新監督を招へいして臨む新シーズン。城福監督が率いるホームの広島は開幕戦に向けて[4-4-2]のフォーメーションを採用。GKに林、ディフェンスラインは右から和田、千葉、水本、佐々木が入り、中盤は青山と稲垣のダブルボランチ、川辺、柏がそれぞれ右と左に配置され、パトリックとティーラシンが2トップに採用された。 ▽一方、ペトロヴィッチ監督にとって古巣対決となった札幌のフォーメーションは[3-6-1]。GKはク・ソンヨン、3バックは進藤、キム・ミンテ、福森が務め、中盤は駒井と菅が両ウイングバック、宮澤と深井が底に入った。三好とチャナティップを2シャドーに、ジェイがワントップに起用された。 ▽最初のシュートはジェイ。右サイドのクロスに頭で合わせ札幌がゴールに迫った。広島も4分にFKのチャンス。左サイドからのFKを川辺がゴール前に入れると、水本がバックヘッドで逸らすも味方には繋がらず。 ▽一進一退の攻防が続く中、札幌の三好がドリブルで広島守備陣を切り裂くが、フィニッシュには持ち込めない。対する広島も2度のCKを得たが、佐々木のダイビングヘッドは枠を越えた。15分には、広島のティーラシンが胸トラップから初シュートに繋げて三度CKを獲得。その流れから、左サイドの佐々木のクロスを千葉が合わせたが惜しくも枠に飛ばすことができなかった。 ▽徐々にペースを握り始めた広島は20分過ぎに怒涛の攻撃を見せる。まずは柏のクロスにパトリックがヘディングシュート。直後には柏がコンビネーションからボックス右に侵攻しシュートを浴びせる。さらにそのCKでは水本が頭で合わせるも枠の右へ。ホームチームの攻撃はまだ続く。26分に左CKを獲得すると、佐々木がポスト直撃のヘディングシュートを見舞った。 ▽すると迎えた29分、広島の攻撃がようやく実を結ぶ。ここまで攻撃をけん引してきた柏の左からのクロスに合わせたのはティーラシン。相手のマークを外してフリーでヘディングシュートを叩き込んだ。 ▽“タイの英雄”のJリーグ初ゴールで先制した広島。37分にボックス手前の絶好の位置でFKを得ると、川辺のシュートは壁に入った味方に当たり枠を外れてしまった。札幌は40分に久々のシュートを放つ。三好のシュートのこぼれ球を宮澤が押し込みにかかるが、シュートはGK林がしっかりキャッチ。チャンスをものにできす、前半を終えた。 ▽広島の1点リードで迎えた後半、早めに追いつきたい札幌は三好のヘディングシュートでゴールに迫る。52分には、再び三好がドリブル突破から左足を振り抜いたが枠の右へ逸れた。さらに、駒井のクロスにチャナティップが頭で合わせるなど、後半の立ち上がりから札幌の同点の雰囲気が漂う。 ▽後半は守勢を強いられている広島にアクシデントが襲う。千葉がクロスのクリアを試みた際に、右腕に全体重がかかるような落ち方をしてしまい、野上と負傷交代を余儀なくされてしまった。 ▽後半は一方的な試合展開を見せる札幌は、71分にチャナティップと深井を代えてヘイスと小野を同時投入。すでに菅に代えて石川をピッチに送っていたためこれで交代枠を全て使い切った。 ▽試合が残り10分を切ったところで、先制点を挙げたティーラシンはお役御免。渡との交代でベンチへ下がった。さらに広島は川辺を下げて柴崎を投入。交代枠を使い切る。 ▽なかなか点が奪えない札幌は89分に、左サイドのクロスをヘイスが頭で押し込んでネットを揺らすが、直前にファウルがありゴールには至らない。後半アディショナルタイムには福森が強引にシュートを放つが枠を捉えられず。後半に押し込んだ札幌だが、最後まで得点を挙げることができず、1-0で広島が勝利。札幌との新指揮官対決を制した城福サンフレッチェが開幕白星スタートを切った。 2018.02.24 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

広島、東京五輪代表候補MF森島司の2度目の交通事故を謝罪…双方にケガなし

▽サンフレッチェ広島は23日、所属するU-21日本代表MF森島司(20)が同日に関わった自動車での接触事故について報告し、謝罪した。なお、双方にケガがなかったことも伝えている。 ▽事故が発生したのは17時53分ごろの広島市安佐南区。森島は、乗用車で利用店舗駐車場から出て右折し、本線に合流しようとした際に右方向から直進した乗用車と接触した。広島は、この件について以下のように公式サイト上に声明を出し、再発防止の徹底を誓っている。 「2月23日(金)午後5時35分頃、広島県安佐南区内の路上で、弊クラブ所属の森島司選手が運転する普通乗用車による接触事故が発生しました。この事故により、双方に怪我はありません。本事故により、ご迷惑をおかけしました皆さまに、深くお詫び申し上げます」 「なお、クラブでは、森島選手に厳重注意を行うとともに、事故再発防止に向けて、全選手、クラブ関係者に安全運転の取り組みを徹底いたします」 ▽森島は、昨年12月25日にも三重県四日市市内の路上で信号待ちのため停車していた乗用車に接触。その際も双方にケガはなかったものの、飛躍のかかる開幕を明日に控えた最悪のタイミングで2度目の事故を起こすこととなった。 ▽森島は、2016年に四日市中央工業高等学校を卒業してサンフレッチェ広島に入団。昨年2月25日に明治安田生命J1リーグ開幕節のアルビレックス新潟戦で初先発を飾ると、昨シーズンは公式戦22試合に出場していた。 2018.02.23 22:23 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】充実の火力! “ムービング・フットボール”で上位を狙う《サンフレッチェ広島》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初の金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来を先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第16弾はサンフレッチェ広島を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆城福監督の手腕はいかに?! 高火力を操り上位進出へ!</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ひと桁順位】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_sanfrecce_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは悪夢の連続ではあったが、ヤン・ヨンソン監督に率いられたチームは、終盤の2度の連勝などで15位に浮上し薄氷の残留を手にした。城福浩新監督を迎え、再起を図らんとする新シーズンは、去年までの主力をキープしつつ、新たに即戦力となり得る実力者を獲得している。 ▽気になるのは城福監督の手腕だが、これまでアンダー世代の日本代表やヴァンフォーレ甲府、FC東京の監督を歴任しており、甲府では就任1年目でJ2優勝に導いた実績を持つ。ボールも選手も連動して動かしていく “ムービング・フットボール”を基本戦術とし、プレシーズンマッチでも勝利を重ねており、新戦力も好調を維持。城福監督は、選手起用に頭を悩ますことになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆攻撃陣に充実の戦力補強</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;"> 【補強達成度:B】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_sanfrecce_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今回の補強はディフェンスからオフェンスまで満遍なく行った。昨シーズン、得点不足に陥った最前線には、徳島ヴォルティスで23得点を挙げ、昨季のJ2で日本人得点王になったFW渡大生と“タイの英雄”FWティーラシンを獲得。また、“ムービング・フットボール”を掲げる城福監督のサッカーにおいて肝となりそうなインサイドハーフには、3年間の期限付き移籍を経てジュビロ磐田からMF川辺駿を呼び戻した。 ▽主力メンバーの放出は避けられ、大きく戦力ダウンしたポジションは見当たらない。だが、長年広島のディフェンスラインを支え続けるDF水本裕貴とDF千葉和彦の代わりとなれる選手の確保ができていないことも事実。両選手とも今年で33歳を迎えるため、早いところ後釜候補を見つけたいところだが…。<hr>【IN】 DF和田拓也(27)←大宮アルディージャ/完全 DF馬渡和彰(26)←徳島ヴォルティス/完全 MF吉野恭平(23)←京都サンガF.C./期限付き復帰 MF川辺駿(22)←ジュビロ磐田/期限付き復帰 MF川井歩(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格 MF川村拓夢(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格 FWティーラシン(29)←ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き FW渡大生(24)←徳島ヴォルティス/完全 【OUT】 DFイヨハ理ヘンリー(19)→FC岐阜/期限付き DF椋原健太(28)→セレッソ大阪/期限付き移籍期間満了 DF川崎裕大(25)→横浜FC/完全 DF大谷尚輝(22)→FC町田ゼルビア/完全 MF長沼洋一(20)→FC岐阜/期限付き MFミキッチ(37)→湘南ベルマーレ/完全 MF茶島雄介(26)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き MF丸谷拓也(28)→大分トリニータ/完全 FWネイサン・バーンズ(29)→ウェリントン・フェニックス(オーストリア)/完全 FWアンデルソン・ロペス(24)→FCソウル(韓国)/期限付き移籍期間満了 FW宮吉拓実(25)→北海道コンサドーレ札幌/完全 FW皆川佑介(26)→ロアッソ熊本/期限付き FWピーター・ウタカ(33)→未定/契約満了<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_sanfrecce_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF川辺駿(22) 2017シーズン(J1) 32試合出場5得点<hr>▽新シーズン注目となるのは4年ぶりに古巣復帰となったMF川辺駿だ。3年間ジュビロ磐田で武者修行を積んだ広島出身MFは、昨季はJ1で32試合に出場し5得点4アシストをマーク。磐田の堅守速攻に欠かせない中心選手であった。 ▽豊富な運動量とパスセンスが光る若き逸材は、ボランチでもトップ下でもプレー可能で、城福監督に選択の幅をもたらせることは間違いない。また、世代交代を見据える広島にとって22歳という年齢も期待せざるを得ない理由1つ。磐田で得た経験をどこまで広島に還元できるか期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_sanfrecce_tw7.jpg"style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、千葉和彦、水本裕貴、佐々木翔 MF:川辺駿、青山敏弘、柴崎晃誠 FW:フェリペ・シウバ、パトリック、柏好文<hr>▽予想フォーメーションはアンカーを置く[4-3-3]を予想する。GKは昨シーズン終盤にケガから復帰した林卓人。センターバックにはお馴染みのDF千葉和彦とDF水本裕貴が有力だ。昨季後半戦でDF丹羽大輝が務めた右サイドバックには新加入のDF和田拓也を、左サイドバックにはケガからの復活を期すDF佐々木翔を選出した。 ▽中盤はMF青山敏弘をアンカーに、MF川辺駿とMF柴崎晃誠がインサイドハーフとしてコンビを組み、3トップは右にMFフェリペ・シウバ、左にMf柏好文、センターにFWパトリックというのが妥当だろう。 ▽プレシーズンマッチ最後となったレノファ山口FCとの試合では、[4-4-2]のフォーメーションを採用した広島。FWパトリックとFWティーラシンを2トップに据え、右サイドに川辺駿、左サイドに柏、MF稲垣祥とMF青山敏弘がダブルボランチを組んだ。より攻撃的なこの布陣では、FW工藤壮人、FW渡大生も控える個性豊かなアタッカー陣をより生かすことができそうだ。 2018.02.22 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 2月22日は、紫色の魂を宿す男、広島を愛し愛される頼れるキャプテン

◆青山敏弘 【Profile】 国籍: 日本 誕生日:1986/2/22 クラブ:サンフレッチェ広島 ポジション:MF 身長:174㎝ 体重:73kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月22日はサンフレッチェ広島MF青山敏弘だ。 ▽岡山県出身の青山は、サッカーの名門校岡山県作陽高校を卒業後、2004年に広島に入団した。 ▽公式戦デビューは2004年。ナビスコカップの横浜F・マリノス戦で、右ウイングバックとして出場した。それ以降、なかなか目が出なかった青山だが、2006年6月にミハイロ・ペトロビッチ監督が就任して以降、ボランチで起用されるようになり、広島の中心選手に。 ▽2012年には、広島のJ1初優勝に貢献。Jリーグベストイレブンに選出され、2013年7月には東アジアカップのメンバーとして日本代表に初選出された。同年には広島でJ1連覇。さらに2015年にも広島をJ1優勝に導き、プロデビューから今まで、広島の顔として活躍し続けている。 ※誕生日が同じ主な著名人 フレデリック・ショパン(作曲家) ブライアン・ラウドルップ(元サッカー選手) 大暮維人(漫画家) マイケル・チャン(元テニス選手) 陣内智則(お笑い芸人) 狩野英孝(お笑い芸人) ブラニスラフ・イバノビッチ(サッカー選手/ゼニト) セルヒオ・ロメロ(サッカー選手/マンチェスター・ユナイテッド) 水沼宏太(サッカー選手/セレッソ大阪) 岸本セシル(モデル) 2018.02.22 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

広島、痛っ! DF高橋壮也が開幕前に全治2カ月の負傷離脱

▽サンフレッチェ広島は19日、DF高橋壮也(21)の負傷を発表した。 ▽高橋は13日のトレーニング中に負傷。18日にチームドクターの診察を受けたところ、右ハムストリング肉離れで全治2カ月と診断された。 ▽広島は、24日に開幕する明治安田生命J1リーグ第1節で北海道コンサドーレ札幌をホームで迎え撃つ。 2018.02.19 10:15 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース