広島が新シーズンの背番号を発表! 工藤壮人は「50」、森崎浩司の「7」は茶島雄介が着用も佐藤寿人の「11」は空き番2017.01.11 18:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽広島は昨シーズン、明治安田生命J1リーグで年間で6位、YBCルヴァンカップはベスト8、天皇杯はベスト8の成績を残した。

▽新加入選手ではMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスから加入したFW工藤壮人が「50」を着用。ヴァンフォーレ甲府から加入したMF稲垣祥は「15」、新外国人のフェリペは「10」を着用する。

▽また昨シーズン限りで現役を引退した森崎浩司の「7」はMF茶島雄介が着用するも、名古屋グランパスに移籍した佐藤寿人の「11」は空き番となった。

▽なお、広島は公式サイト上で昨シーズンに期限付き移籍で加入したFWピーター・ウタカと契約交渉を行っていることを発表した。今回発表された背番号は以下の通り。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.林卓人
21.廣永遼太郎
34.中林洋次☆←(ファジアーノ岡山)※完全移籍

DF
2.野上結貴
3.高橋壮也※背番号変更
4.水本裕貴
5.千葉和彦
19.佐々木 翔
25.イヨハ理ヘンリー※昇格
26.川崎裕大
33.塩谷司

MF
6.青山敏弘
7.茶島雄介※背番号変更
8.森崎和幸
10.フェリペ ☆←(セアラ・スポルティング・クラブ)※完全移籍
14.ミキッチ
15.稲垣祥☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全移籍
16.清水航平
18.柏好文
24.長沼洋一
28.丸谷拓也
29.森島司
30.柴崎晃誠
32.松本泰志☆←(昌平高)※新加入

FW
22.皆川佑介
31.宮吉拓実
44.アンデルソン・ロペス
50.工藤壮人☆←(バンクーバー・ホワイトキャップス)※完全移籍

コメント

関連ニュース

thumb

小林3戦連発! 逆転V狙う川崎F、残留争い中の広島に3発快勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節、サンフレッチェ広島vs川崎フロンターレが21日にエディオンスタジアム広島で行われ、3-0でアウェイの川崎Fが勝利した。 ▽残り5試合となったJ1リーグ。残留に向けて是が非でも勝利が欲しい16位の広島(勝ち点27)は、7試合ぶりに敗戦を喫した前節の鹿島アントラーズ戦から3選手を変更。椋原、フェリペ・シウバ、パトリックを代えて、高橋、森島、皆川を先発に起用した。 ▽対する2位の川崎(勝ち点59)は、こちらも逆転優勝の芽を残しておくためにも負けられない。劇的な逆転勝利を演じた前節のベガルタ仙台戦で退場処分となった家長と、累積警告で出場停止のエドゥアルド・ネットの代わりに、エドゥアルドと長谷川が先発に名を連ねた。 ▽試合開始から積極的に点を獲りに行く両軍。先にチャンスを迎えたのはアウェイの川崎F。5分、森谷がボックス手前から強烈なシュートでゴールに迫るが、GK中林がファインセーブで防ぐ。13分にはボックス左からのクロスに小林が頭で合わせ枠を捉えるが、再びGK中林のファインセーブに遭い、得点を奪えない。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだ広島も反撃に出る。15分、柏の左CKからの折り返しをゴール至近距離で合わせた皆川。しかし、川崎FのGKチョン・ソンリョンも鋭い反応を見せ、広島はビッグチャンスをモノにできなかった。 ▽激しさが増してきた20分には、広島が左サイド後方からのロングボールに、アンデルソン・ロペスが頭でゴール前に折り返す。そこに飛び込んだ稲垣がネットを揺らしたが、アンデルソン・ロペスがオフサイドをとられゴールは無効になった。 ▽前半半ばにかけて、徐々に広島に押され始めた川崎Fにアクシデント。33分にGKチョン・ソンリョンが足を痛め、GK新井との交代を余儀なくされてしまった。だが、この交代から川崎Fに流れが傾き始める。 ▽目まぐるしい攻防が続く中、40分に敵陣中央左サイドでFKを獲得した川崎Fは、キッカーの中村がゴール前に高いクロスを送る。何でもないボールだったが、GK中林がこれをファンブル。いち早くこぼれ球に反応したエドゥアルドのパスに最後は谷口が押し込んで先制点をもたらした。 ▽先制し肩の力が抜けた川崎Fは前半のうちに2点目を決める。46分、ボックス手前左で中村からのパスを受けた三好。DFのチェックが緩いとみるや、そこから左足を振り抜き見事なミドルシュートで追加点を奪った。 ▽川崎Fペースで始まった後半だが、55分に左サイドを突破した高橋のクロスに、皆川がダイビングヘッド。ここは枠を外してしまったが広島がチャンスを演出。62分にも、今度は右サイドの椋原のクロスに皆川が合わせるが、ここも枠に収められない。 ▽2度の絶好機を不意にしてしまった広島は、66分に森島を下げてパトリックを投入。そのパトリックは77分に左からのクロスに頭で合わせるも川崎F守備陣が阻止。守りに重点を置く川崎Fに対して、攻勢を強める広島だがなかなかその牙城を崩すことができない。 ▽後半のチャンスを活かし切れなかった広島に終盤にツケが回ってくる。85分、カウンターから一気に前線に抜け出した小林が、DFと競り合いながらも、ゴール右上隅を突く豪快なシュートで追加点。ワンチャンスをモノにし、3試合連続ゴールを決めた川崎Fのエースはこれで今季18得点目となった。 ▽試合はこのまま終了。最後までゴールを奪えなかった広島が2連敗で降格圏脱出ならず。一方、快勝した川崎Fは逆転優勝に望みをつないだ。 2017.10.21 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

さすがパトリックの息子! 父彷彿の圧倒的フィジカルが話題

▽サンフレッチェに所属するブラジル人FWパトリックの息子が父親譲りのフィジカルを披露して話題を呼んでいる。 ▽今夏にガンバ大阪を去り、サルグエイロからの期限付き移籍で広島に活躍の場を移したパトリック。G大阪時代からピッチを離れればアフロヘアが印象的な一人息子を溺愛する良いパパとしても知られる。 ▽定期的に息子とのプライベートの様子を明かしてきたパトリックは18日、ツイッター(@patricaguiar)を更新。6歳の息子が9歳や10歳の年上チームに交じり、サッカーを楽しむ様子を動画で伝えた。 ▽そこに写っていたのは、パトリック息子が1人の少年と一対一を仕掛けたシーン。父親を彷彿とさせるドリブルとフィジカルを武器に、年上相手を吹き飛ばすなど、圧巻のプレーを披露した。 ▽このツイートを閲覧したユーザーからも反応が続々。「パパ譲りのフィジカル」、「将来有望ですね!」、「さすがパトリックの息子」など、驚きの声が寄せられている。 2017.10.19 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

広島DF千葉和彦に第一子となる長男が誕生

▽サンフレッチェ広島は18日、DF千葉和彦(32)に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、2017年10月18日に広島市内の病院で誕生。広島のゴールを守る千葉に、新たに守るものが増えたようだ。 ▽千葉は今シーズンの明治安田生命J1リーグで26試合に出場。2012年の加入以降、通算248試合に出場するなど広島の守備を支え続けている。 2017.10.18 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

土居&鈴木のゴールで広島に快勝の鹿島が優勝に向けて前進!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が14日に行われ、2-0で鹿島が勝利した。 ▽代表ウィークを挟んで2週間ぶりに再開されたJ1リーグ。優勝に向けて独走態勢に入りつつある首位の鹿島(勝ち点61)は前節の鳥栖戦では痛恨の敗戦。その試合から金崎を代えてペドロ・ジュニオールを先発に起用した。対する15位の広島(勝ち点27)も残留に向けて負けられない戦いが続く。広島は前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同じスタメンで臨んだ。 ▽序盤から攻勢に出る鹿島は、4分に間接FKからボックス右の中村がシュートを放つがDFにブロックされる。さらに攻め続ける鹿島に対して、広島も最終ラインが集中した守りを見せ得点を許さない。前半半ばにかけては広島も反撃に出る。23分、フェリペ・シウバがボックス手前からゴール左をかすめるシュートを放つと、28分にはカウンターからパトリックがゴールに迫るがファーストタッチがずれてDFのクリアに遭う。 ▽広島がチャンスをものにできないでいると、常勝軍団鹿島が一気に牙をむく。30分、敵陣でボールを奪った鹿島は、三竿健斗から土居にパスを送る。土居はドリブルで敵陣中央を切り裂きボックスに侵攻すると、最後は千葉をかわして勢いよくシュートを突き刺した。 ▽失点を許した広島はパトリックを中心に攻める。38分に右CKからパトリックが頭で狙う。42分には、左サイドの柏のクロスをパトリックが胸で落としてアンデルソン・ロペスが押し込むがGK曽々端がファインセーブを見せ、同点には至らない。 ▽鹿島の1点リードで迎えた後半、積極的に攻める鹿島は52分、中村とのパス交換からペドロ・ジュニオールがボックス右からシュートに行くが、青山が身体でブロック。攻撃に転じたい広島だが、鹿島の守備を前に攻撃がかみ合わない。そんな中、丹羽と交代した茶島がゴールに迫る。68分、そのまま右サイドバックに入った茶島が、ボックス外右から左足でクロスバー直撃のミドルシュートを放つ。 ▽少しずつ攻撃の形が出来てきた広島だったが、鹿島に痛恨の2点目を許してしまう。84分、途中出場の伊東が右サイドを突破しグラウンダーのクロスを送る。ニアで土居が潰れてこぼれたところを、こちらも途中出場の鈴木が押し込んで追加点を挙げた。 ▽試合はこのまま終了し、鹿島が危なげない試合運びで2-0と快勝。優勝に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2017.10.14 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】立場は違えど目標に突き進みたい両者《鹿島vs広島》

▽14日、明治安田生命J1リーグ第29節の鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が県立カシマサッカースタジアムで行われる。 ▽首位を走る鹿島アントラーズが、残留争いまっただ中のサンフレッチェ広島を迎える一戦。両者にとって意味合いは違うが、勝ち点3を得なくてはいけない試合となる。 <span style="font-weight:700;">◆立場は違えど好調維持の両者</span> ▽鹿島は現在勝ち点61で首位。J1連覇に一歩ずつ近づいている。しかし、前節はアウェイでサガン鳥栖相手に1-0で敗戦。連勝が「5」でストップし、2位の川崎フロンターレとは勝ち点差が「5」に縮まった。 ▽インターナショナルマッチウィークでは試合がなく、日本代表に招集された2選手以外はチームでトレーニング。優勝に向けて、リスタートを切る準備は整っている。 ▽一方の広島は、現在勝ち点27で15位。残留ラインギリギリではあるが、降格圏の16位ヴァンフォーレ甲府とは勝ち点で並んでいる。ここ6試合で3勝3分けと一気に勝ち点を伸ばし、降格圏を脱出したが、まだ気は抜けない。元王者の力をみせ、一気に安全圏に浮上したいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆ラストスパートへの一歩〜鹿島アントラーズ〜</span> ▽前述のとおり、5連勝で2位以下を突き放しにかかっていた鹿島だが、前節は完封負け。ゴールが生まれなかったのは5月の第12節以来、16試合ぶりの出来事だった。 ▽そんな中、今節はチーム最多の11得点を記録しているMF金崎夢生が出場停止。前節復帰したFWペドロ・ジュニオールが先発に復帰することが濃厚だ。大岩剛体制の序盤でゴールを量産していたペドロ・ジュニオールの復帰はプラスに働くはずだ。 ▽ベンチ入りメンバーを含め、優勝を掴むためにはチーム全員の力が必要だ。ペドロ・ジュニオールが結果を残せれば、一気に優勝へ加速するだろう。 <span style="font-weight:700;">◆地力を見せられるか〜サンフレッチェ広島〜</span> ▽広島もここ数試合で結果を残しているチーム。降格圏に位置しながら、3勝3分けと6試合で勝ち点12を稼げたことは大きい。何よりもゴールを奪えるようになったことが大きな変化であり、ヤン・ヨンソン監督が推し進めてきたシステム変更が、結果に繋がっている。 ▽リーグ優勝を経験しているMF青山敏弘やDF千葉和彦、DF水本裕貴、MF柏好文らの長所を生かし、さらにガンバ大阪から勝利の味を知っているFWパトリック、DF丹羽大輝が加入。2人もチームにすぐさまフィットし、チームの好調に一役買っている。 ▽FWアンデルソン・ロペス、MFフェリペ・シウバもここに来てパフォーマンスが向上。チーム力が上がってきている印象だ。残留を一気に掴むためにも、王者相手に勝利し、下を突き放したい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171013_8_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:曽ヶ端準 DF:西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗 MF:中村充孝、三竿雄斗、レオ・シルバ、レアンドロ FW:土居聖真、ペドロ・ジュニオール 監督:大岩剛 出場停止:金崎夢生<hr>▽金崎を出場停止で欠くものの、その他はベストメンバーで挑めるだろう。金崎の代わりは、ケガから復帰したペドロ・ジュニオール。さらに、日本代表に招集されていたDF植田直通、DF昌子源も先発すると見る。広島のカウンターを封じ、カウンター返しでゴールを奪いたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171013_8_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:丹羽大輝、千葉和彦、水本裕貴、椋原健太 MF:稲垣祥 MF:アンデルソン・ロペス、青山敏弘、柏好文、フェリペ・シウバ FW:パトリック 監督:ヤン・ヨンソン<hr>▽4バックを取り入れたヤン・ヨンソン監督は、[4-2-3-1]から、より攻撃に比重を置ける[4-1-4-1]にシフトをし始めている。青山や柏がインサイドに入り、アンデルソン・ロペス、フェリペ・シウバをワイドに置くことで、相手の守備に的を絞らせない。1トップのパトリックの強さを生かし、どこからでもゴールを奪える状況を作り出している。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MFレアンドロ</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171013_8_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鹿島の注目選手はMFレアンドロをピックアップ。先発復帰濃厚のペドロ・ジュニオールも注目だが、そのペドロ・ジュニオールとのコンビで爆発が期待されるのがレアンドロだ。前回対戦では広島から2得点を奪う活躍。ペドロ・ジュニオールが入ったことで、躍動感を取り戻しての結果だ。出場した直近5試合でも6得点を記録。エース金崎の穴を埋める活躍で、勝利に導きたい。 <span style="font-weight:700;">◆MFフェリペ・シウバ</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171013_8_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する広島は、MFフェリペ・シウバに注目だ。中々結果を残せなかったフェリペ・シウバだが、第26節のセレッソ大阪戦で初ゴールを記録。第27節の清水エスパルス戦でもゴールを奪い、第28節の北海道コンサドーレ札幌戦では久々に先発に復帰した。チームにフィットしきれなかったフェリペ・シウバだが、今はイマジネーションと正確なテクニックで攻撃を牽引。パトリック、アンデルソン・ロペスとのブラジルトリオで鹿島の牙城を崩しにかかる。 <span style="font-weight:700;">◆優勝へ、残留へ</span> ▽置かれている状況は間逆だが、両チームにとっては目標に向けて落とせない一戦となる。鹿島は、敗れることがあれば2位以下に接近される可能性があり、1ゲームでひっくり返されてしまう状況にもなる。一方で、広島は残留への崖っぷち。団子状態の残留争いから抜け出せるかどうかが懸っている。 ▽かつては優勝を争っていた両者だけに、この戦いもレベルの高い試合が期待される。王者として連覇への意地を見せるのか、過去の降格・優勝を知る選手たちが意地を見せるのか。優勝争いvs残留争いの一戦は、14日(土)の15時00分にキックオフを迎える。 2017.10.13 18:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース