広島が新シーズンの背番号を発表! 工藤壮人は「50」、森崎浩司の「7」は茶島雄介が着用も佐藤寿人の「11」は空き番2017.01.11 18:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽広島は昨シーズン、明治安田生命J1リーグで年間で6位、YBCルヴァンカップはベスト8、天皇杯はベスト8の成績を残した。

▽新加入選手ではMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスから加入したFW工藤壮人が「50」を着用。ヴァンフォーレ甲府から加入したMF稲垣祥は「15」、新外国人のフェリペは「10」を着用する。

▽また昨シーズン限りで現役を引退した森崎浩司の「7」はMF茶島雄介が着用するも、名古屋グランパスに移籍した佐藤寿人の「11」は空き番となった。

▽なお、広島は公式サイト上で昨シーズンに期限付き移籍で加入したFWピーター・ウタカと契約交渉を行っていることを発表した。今回発表された背番号は以下の通り。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.林卓人
21.廣永遼太郎
34.中林洋次☆←(ファジアーノ岡山)※完全移籍

DF
2.野上結貴
3.高橋壮也※背番号変更
4.水本裕貴
5.千葉和彦
19.佐々木 翔
25.イヨハ理ヘンリー※昇格
26.川崎裕大
33.塩谷司

MF
6.青山敏弘
7.茶島雄介※背番号変更
8.森崎和幸
10.フェリペ ☆←(セアラ・スポルティング・クラブ)※完全移籍
14.ミキッチ
15.稲垣祥☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全移籍
16.清水航平
18.柏好文
24.長沼洋一
28.丸谷拓也
29.森島司
30.柴崎晃誠
32.松本泰志☆←(昌平高)※新加入

FW
22.皆川佑介
31.宮吉拓実
44.アンデルソン・ロペス
50.工藤壮人☆←(バンクーバー・ホワイトキャップス)※完全移籍

コメント

関連ニュース

thumb

【2017 J1チーム診断】バンディエラ去り…新陳代謝必要もリーグ集中でACL圏以上へ《サンフレッチェ広島》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、一昨シーズンの王者でありながら昨シーズン苦しみ、再び上昇を狙うサンフレッチェ広島編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆新陳代謝しながら前進できるか</span> ▽リーグ連覇を目標とした昨シーズンは、負傷者が相次いだこともあって、年間順位6位と振るわず。1stステージは4位とまずまずの成績だったものの、夏にFW浅野拓麿が欧州に移籍した後の2ndステージは、10位と二桁順位の屈辱を味わった。長年クラブを支えた生え抜きのMF森崎浩司が昨季限りで引退し、オフシーズンにはクラブのバンディエラだったFW佐藤寿人が移籍。森保体制の6年目となる2017シーズンは、過渡期を迎えていると言えるチームを新陳代謝しつつも、昨季からの前進をアピールしたい。リーグに集中できる状況だけに、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得のラインは狙っていきたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽一昨シーズンからFWドウグラス、FW浅野、FW佐藤と抜けていった攻撃の“トリデンテ”の連係をいかに構築するかに注目。右ヒザ前十字じん帯断裂で全治8カ月となったDF佐々木翔の長期離脱は痛いが、最終ラインと中盤にはDF千葉和彦、DF塩谷司、DF水本裕貴、MF青山敏弘、MF柏好文といった経験と実績を備える計算可能な選手たちがおり、大崩れは考えにくい。そのため、課題はゴールを奪うための得点パターン確立。新戦力のFW工藤壮人を軸に、MF柴崎晃誠、MFアンデルソン・ロペス、MF宮吉拓実、MFフェリペ・シウバといったアタッカー陣のベスト構成をいかに早く見つけられるかがポイントになる。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション[3-4-2-1] </span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170224_hiroshima_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:塩谷司、千葉和彦、水本裕貴 MF:ミキッチ、青山敏弘、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">稲垣祥</span>、柏好文 MF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">フェリペ・シウバ</span>、柴崎晃誠 FW:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">工藤壮人</span><hr>▽森保監督が一貫して使用してきた[3-4-2-1]を引き続き採用する見込み。ヴァンフォーレ甲府から獲得したMF稲垣祥がMF丸谷拓也やMF森崎和幸と、ファジアーノ岡山から加わったGK中林洋次がGK林卓人とそれぞれポジションを争う。また、セカンドトップのポジション争いも激しくなりそうで、柴崎、宮吉、フェリペ・シウバ、アンデルソン・ロペス、MF茶島雄介らが2枠をかけて凌ぎを削る。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170224_hiroshima_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FW工藤壮人(日本) 1990年5月6日(26歳) 2016シーズン(MLS:バンクーバー):17試合2得点<hr>▽電撃的な加入に驚いた人も多いであろう工藤に期待が懸かる。FWピーター・ウタカとはタイプが異なり、むしろFW佐藤に近いプレースタイル。オフ・ザ・ボールの動きに長けており、相手最終ラインとの駆け引きもうまい。ゴールだけでなくアシストもできるため、シャドーストライカー陣や両ウイングの選手は、可能な限り早く工藤の特徴を掴みたい。26歳という年齢から伸び代も大きく、すんなりフィットすれば2ケタ得点も期待できる。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170224_hiroshima_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF青山敏弘(日本) 1986年2月22日(30歳) 2016シーズン(J1):28試合2得点<hr>▽2014シーズンからクラブの主将を務めているが、今季はFW佐藤とMF森崎浩が抜けたことで、より一層とチームのまとめ役としての責任がかかる。昨シーズンは、優勝した一昨シーズンに比べれば出来が安定しなかっただけに、今シーズンは一貫したパフォーマンスを見せたい。献身的な守備のほか、持ち味であるロングフィード能力を生かし、裏への抜け出しが得意な工藤へのパス供給源としても期待。中盤をオーガナイズする主将のパフォーマンスがチームの浮沈のカギを握る。 2017.02.24 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグが広島DF千葉和彦のドーピング問題により、記録の一部失効を発表

▽Jリーグは21日サンフレッチェ広島DF千葉和彦(31)のドーピング問題を受けて、記録の一部失効を発表した。 ▽広島は昨年10月27日、千葉がドーピング検査において禁止物質(特定物質)が検出されたことを発表。クラブの発表によれば、千葉は公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(以下「JADA」)が、平成28年9月25日に実施したドーピング検査において、AとBの容器に分けられて採取された検体のうちの1個(A検体)より、禁止物質(特定物質)の「メチルヘキサンアミン」が検出された。 ▽そのためJリーグは千葉に対して資格停止処分としていたが、意図的な摂取ではなかったことが証明され、同年の12月20日付けで解除されていた。 ▽今回Jリーグは、「日本アンチ・ドーピング規律パネル決定(理由書)」に基づき個人記録を抹消することを発表した。抹消される記録は以下の通り。 ◆失効する個人記録 ▽2016年9月25日(日) 明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節 浦和レッズvsサンフレッチェ広島 出場時間:90分 シュート数:1本 ▽2016年10月1日(土) 明治安田生命J1リーグ2ndステージ第14節 サンフレッチェ広島vsFC東京 出場時間:90分 シュート数:2本 ◆千葉和彦のJ1通算記録(2016シーズン終了時点) ▽失効前 J1通算出場試合数:308試合 J1通算出場時間:26,227分 J1通算シュート数:87本 ▽失効後 J1通算出場試合数:306試合 J1通算出場時間:26,047分 J1通算シュート数:84本 2017.02.22 12:33 Wed
twitterfacebook
thumb

広島、山口に4発快勝…新戦力フェリペ・シウバが1G1Aの活躍《Jリーグプレシーズンマッチ》

▽19日に維新百年記念公園陸上競技場で行われた2017Jリーグプレシーズンマッチ、レノファ山口FC(J2)vsサンフレッチェ広島(J1)は、アウェイの広島が4-1で勝利した。 ▽今冬に多くの主力が流失した山口と、ピンポイント補強を行った広島が激突した。2015シーズン以来のJ1王者奪還を目指す広島は、工藤、フェリペ・シウバ、稲垣の新戦力3名が先発。GKには廣永が起用された。 ▽立ち上がりからハイライン&ハイプレッシャーで主導権を握りにかかった広島は開始4分、敵陣中央のやや左寄りの位置でFKのチャンスを獲得。塩谷が右足を力強く振り抜くと、これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽幸先良く先制した広島は19分、森島が相手のマークを搔い潜ってボックス中央に侵攻。左のスペースに流れてボールを受けたフェリペ・シウバが右足裏フェイントで相手を交して左足でボールをゴール上に叩き込んだ。 ▽その後も試合をコントロールし続けた広島。しかし、山口も徐々に縦に速い仕掛けで反撃に転じると、36分にカウンターから新加入の米澤がボックス内に侵攻し、飛び出してきた相手GKとの一対一を制した。 ▽1点リードの広島は49分に工藤とのワンツーでフェリペ・シウバがボックス右に侵攻。ダイレクトでファーサイドにグラウンダーのパスを供給すると、詰めていたフリーの柏が冷静に右足で押し込んだ。 ▽その後、守備に回った広島だったが、途中出場の茶島が68分にボックス内で三幸のファウルを受けてPKのチャンスを獲得。その茶島は一度目を外したものの、蹴り直しで得た2度目のPKをきっちりと沈めた。 ▽結局、試合は4-1で広島が快勝。順調な仕上がり具合を見せた広島は25日に開幕する明治安田生命J1リーグ第1節でアルビレックス新潟をホームで迎え撃つ。山口は、26日に行われるJ2リーグ開幕節でFC岐阜とアウェイで対戦する。 レノファ山口FC 1-4 サンフレッチェ広島 【山口】 米澤令衣(36分) 【広島】 塩谷司(4分) フェリペ・シウバ(19分) 柏好文(49分) 茶島雄介(70分) 2017.02.19 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

Jリーグマスコット総選挙2017はサンチェが1位に!前回王者・ベガッ太は2位、初出場のレノ丸が3位

▽Jリーグは18日、Jリーグマスコット総選挙2017の最終順位を発表した。 ▽Jリーグ各クラブのマスコット48体とJリーグのマスコットであるJリーグキングの49体によって争われたJリーグマスコット総選挙2017。1月27日から2月13日まで、Jリーグ公式サイトやSNSなどを通じて投票を実施していた。 ▽1位に輝いたマスコットは、2015年のJリーグマスコット総選挙で優勝を果たしていたサンフレッチェ広島のサンチェとなった。また、2位は2016年の王者であるベガルタ仙台のベガッ太、3位は初出場となったレノファ山口FCのレノ丸が輝いた。 ▽見事に優勝を果たしたサンチェは18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017で撮影する、集合写真のセンターポジションに立った。 <span style="font-weight:700;">◆Jリーグマスコット総選挙2017</span> 【2月18日(土)発表】 1位(1):サンチェ(サンフレッチェ広島) 2位(2):ベガッ太(ベガルタ仙台) 3位(5):レノ丸(レノファ山口FC) 【2月17日(金)発表】 4位(3):ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌) 5位(6):東京ドロンパ(FC東京) 6位(4):グランパスくん(名古屋グランパス) 7位(8):ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府) 8位(7):カブレラ(川崎フロンターレ) 9位(9):マリノスケ(横浜F・マリノス) 10位(14):ガンズくん(松本山雅FC) 11位(12):ニータン(大分トリニータ) 12位(13):レイくん(柏レイソル) 13位(27):モーヴィ(ヴィッセル神戸) 14位(11):GAMBA BOY(ガンバ大阪) 15位(19):パルちゃん(清水エスパルス) 16位(10):ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎) 17位(15):ゼルビー(FC町田ゼルビア) 18位(16):アルディ(大宮アルディージャ) 19位(17):ロビー(セレッソ大阪) 【2月16日(木)発表】 20位(18):ライオー(AC長野パルセイロ) 21位(20):しかお(鹿島アントラーズ) 22位(24):ウィントス(サガン鳥栖) 23位(22):ジュビロくん(ジュビロ磐田) 24位(26):アルビくん(アルビレックス新潟) 25位(21):ジェフィ(ジェフユナイテッド千葉) 26位(30):ガミティ(SC相模原) 27位(23):ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 28位(25):ディーオ(モンテディオ山形) 29位(28):ゲンゾー(ツエーゲン金沢) 【2月15日(水)発表】 30位(33):コトノちゃん(京都サンガF.C.) 31位(31):ロアッソくん(ロアッソ熊本) 32位(29):ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 33位(32):アビーくん(アビスパ福岡) 34位(34):キングベルⅠ世(湘南ベルマーレ) 35位(35):ファジ丸(ファジアーノ岡山) 36位(38):ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 37位(37):トッキー(栃木SC) 38位(45):ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 39位(43):名前は公募中(FC琉球) 【2月14日(火)発表】 40位(36):フリ丸(横浜FC) 41位(47):ヴェルディ君(東京ヴェルディ) 42位(41):ライカくん(カターレ富山) 43位(39):ギラン(ギラヴァンツ北九州) 44位(40):伊予柑太(愛媛FC) 45位(46):ミナモ(FC岐阜) 46位(42):レディア(浦和レッズ) 47位(48):湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬) 48位(44):ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 49位(49):Jリーグキング(Jリーグ) ※カッコ内は中間発表順位 2017.02.18 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

広島DF佐々木翔が右ヒザ前十字じん帯再断裂で全治8カ月…昨年3月にも同箇所を負傷

▽サンフレッチェ広島は14日、DF佐々木翔の負傷を発表した。 ▽広島の発表によると、佐々木は1月22日のトレーニング中に負傷。右ヒザ前十字じん帯再断裂と診断され、14日に広島市内の病院で手術を行ったとのことだ。全治は8カ月。 ▽佐々木は昨年3月に行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第4節の大宮アルディージャ戦で負傷。右ヒザ前十字じん帯断裂と診断され、シーズンを棒に振っていた。 2017.02.14 21:47 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース