広島が新シーズンの背番号を発表! 工藤壮人は「50」、森崎浩司の「7」は茶島雄介が着用も佐藤寿人の「11」は空き番2017.01.11 18:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽広島は昨シーズン、明治安田生命J1リーグで年間で6位、YBCルヴァンカップはベスト8、天皇杯はベスト8の成績を残した。

▽新加入選手ではMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスから加入したFW工藤壮人が「50」を着用。ヴァンフォーレ甲府から加入したMF稲垣祥は「15」、新外国人のフェリペは「10」を着用する。

▽また昨シーズン限りで現役を引退した森崎浩司の「7」はMF茶島雄介が着用するも、名古屋グランパスに移籍した佐藤寿人の「11」は空き番となった。

▽なお、広島は公式サイト上で昨シーズンに期限付き移籍で加入したFWピーター・ウタカと契約交渉を行っていることを発表した。今回発表された背番号は以下の通り。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.林卓人
21.廣永遼太郎
34.中林洋次☆←(ファジアーノ岡山)※完全移籍

DF
2.野上結貴
3.高橋壮也※背番号変更
4.水本裕貴
5.千葉和彦
19.佐々木 翔
25.イヨハ理ヘンリー※昇格
26.川崎裕大
33.塩谷司

MF
6.青山敏弘
7.茶島雄介※背番号変更
8.森崎和幸
10.フェリペ ☆←(セアラ・スポルティング・クラブ)※完全移籍
14.ミキッチ
15.稲垣祥☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全移籍
16.清水航平
18.柏好文
24.長沼洋一
28.丸谷拓也
29.森島司
30.柴崎晃誠
32.松本泰志☆←(昌平高)※新加入

FW
22.皆川佑介
31.宮吉拓実
44.アンデルソン・ロペス
50.工藤壮人☆←(バンクーバー・ホワイトキャップス)※完全移籍

コメント

関連ニュース

thumb

札幌が都倉の公式戦3試合連続弾で初白星! 広島はいまだ今季未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節の北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島が18日に札幌ドームで行われ、2-1で札幌が勝利した。 ▽ここまで1分け2敗という同成績で初勝利を狙う2チームが相まみえた。札幌は、2トップに都倉と金園を起用。一方の広島は前線に工藤、フェリペ・シウバ、柴崎を起用し、中盤に右からミキッチ、稲垣、青山、清水と並べた。 ▽先に決定機を迎えたのは広島。5分、バイタルエリアでボールを持ったフェリペ・シウバのスルーパスでゴール前に抜け出した工藤がシュートに持ち込む。このシュートが枠を捉えたが、コースが甘くGKク・ソンユンにセーブされる。 ▽すると、試合の均衡を破ったのは札幌だった。12分、兵藤のフィードでゴール前に抜け出した都倉が、左足で冷静にフィニッシュ。都倉の公式戦3試合連続ゴールにより、札幌がリードを手にした。 ▽それでも、失点後に反撃に転じた広島は、セットプレーから追いつく。21分、フェリペ・シウバの左CKにニアサイドに走り込んだ水本が合わせる。このヘディングシュートがネットを揺らし、広島が試合を振り出しに戻す。 ▽勢いに乗る広島は、続く29分にもビッグチャンス。相手陣内で単騎突破を図ったフェリペ・シウバがボックス右に抜け出し、シュートに持ち込む。しかし、これは左ポストに直撃し、ゴールとはならない。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となったが、スコアを動かしたのは札幌。44分、福森がゴール前に入れたFKから、ボックス右のキム・ミンテが折り返す。このボールが広島MF稲垣のオウンゴールを誘い、札幌が再びリードした。 ▽迎えた後半は、ビハインドを背負う広島がボール保持率を高める。53分にはバイタルエリアで仕掛けた塩谷がシュートまで持ち込むも、これはGKの正面を突く。 ▽対する札幌は、73分に決定機を迎える。左サイドから金園が入れたクロスにファーサイドの福森が合わせる。このシュートが枠に飛んだが、GK林のファインセーブに阻まれる。 ▽その後は、広島が同点弾を狙うも、札幌が最後まで逃げ切って試合終了。札幌が今季リーグ戦初勝利を挙げた一方、広島はリーグ4戦未勝利となっている。 2017.03.18 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

控え中心のメンバーで臨んだ広島vs甲府は決定力を欠きゴールレスドロー《YBCルヴァンカップ》

▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕。グループBのサンフレッチェ広島vsヴァンフォーレ甲府がエディオンスタジアムで行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽直近のリーグ戦でサガン鳥栖に1-0と敗れた広島は、MF青山敏弘やFW工藤壮人、MFミキッチら主力の大半を温存。若手主体で臨んだ。一方の甲府は、浦和レッズに4-1で大敗。こちらも控えメンバー中心で臨んだ。 ▽試合は3分、川崎のタックルを受けた河本が足を痛めピッチに倒れ込み試合が中断。一旦はピッチを後にするも、戻ってプレーを継続した。 ▽甲府は10分、河本がドリブルで運びパス。これを曽根田が受けてクロスを上げるも、クリアされてしまう。さらに22分には、河本の浮き球のパスに保坂が抜け出してシュート。しかし、これはGK廣永が好セーブを見せる。 ▽エンジンがかからない広島はセットプレーからチャンスを窺う。CKのキッカーを務める森島がクロスを入れるも、わずかに合わずに得点を奪うには至らない。 ▽35分には古巣対決となった稲垣が鋭いミドルシュートを放つもGK河田がセーブ。37分には左サイドを抜け出した長沼が中央に折り返すも、味方には合わない。 ▽ゴールレスで前半を終えると、後半は互いに攻め合う展開に。50分には皆川、宮吉とつなぐと、クロスをアンデルソン・ロペスが合わせるも、ゴールは決まらない。 ▽徐々に広島がサイド攻撃からチャンスを作り出す機会が増えていったが、フィニッシュの精度を欠き決定機を作れず。75分には青山を投入して流れを変えにかかるが、甲府の集中した守備の前にゴールに迫れない。 ▽終盤にかけては甲府が堀米を投入して勢いをつけるも、広島が体を張って守り得点を許さず。結局そのまま試合は終了し、0-0の引き分けに終わった。 2017.03.15 21:24 Wed
twitterfacebook
thumb

広島、GK大迫敬介とプロ契約締結…ユース出身のU-18日本代表GK

▽サンフレッチェ広島は13日、同クラブユースに所属するGK大迫敬介(17)とのプロ契約締結を発表した。なお、今シーズンは2種登録選手としてトップチームに帯同する。 ▽鹿児島県出身の大迫は、身長185cm、体重82kgのU-18日本代表歴を持つGK。プロ契約締結を受けて、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今回、プロ契約をすることができて本当に嬉しく思っています。やっとスタート地点だという楽しみな気持ちの反面、今まで以上に厳しい環境に身を置くことに対する危機感もあります。1日1日の練習を大切にし、1日でも早く、そして多くの試合に出て、多くのサポーターに愛され応援される選手になりたいです。また、これまで自分を支え、応援してくださった方々に自分がプレーしている姿を見せて、恩返しがしたいです。応援をよろしくお願いします」 2017.03.13 15:19 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖が原川の直接FK弾で10人の広島を撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第3節のサガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が11日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽共に1分け1敗スタートとなった両チームが、初勝利を目指して激突した。中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]を採用した鳥栖は豊田と富山の2トップでトップ下に鎌田。高橋をアンカーに、福田、原川をインサイドに置いた。一方、[3-4-2-1]の広島は、最前線の工藤の後方にフェリペ・シウバと柴崎、中盤は右からミキッチ、青山、丸谷、清水と並べた。 ▽立ち上がりから積極性を見せた広島は、10分にチャンス。左サイドからカットインした清水が、ボックス左手前から右足を振る。しかし、このミドルシュートは、右のクロスバーの外へとそれていく。 ▽さらに広島は17分、青山のパスでボックス左に抜け出した柴崎が冷静にネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。リプレーでは微妙な判定だったが、ゴールは認められない。 ▽ハーフタイムにかけては、ホームの鳥栖が反撃に出る。サイドアタックから豊田にボールを集める鳥栖はなかなかゴールを奪えなかったものの、前半終了間際に一撃で先行する。ゴール正面から左、やや遠い位置でFKを獲得すると、原川が直接狙う。鋭いシュートがニアサイドを射抜き、原川の開幕節に続く直接FK弾により、鳥栖がリードを手にした。 ▽迎えた後半、追いつきたい広島は、64分にゴール正面で決定機。しかし、工藤が放った枠内シュートはGK権田の好守に遭う。得点機を逸した広島は直後、丸谷が2枚目のイエローカードを受けて退場。ビハインドの状況で数的不利となる苦境に立たされる。 ▽数的不利ながらもリスクを冒して前に出る広島に対して、鳥栖は72分に追加点に近づく。左サイドから福田が入れたクロスにニアサイドに走り込んだ豊田が合わせる。しかし、これはわずかに枠をはずれる。 ▽10人ながらも攻める広島は、塩谷や途中出場のアンデルソン・ロペスがボックス内から枠内シュートに持ち込むも、安定したゴールキーピングを見せる権田の牙城を崩せず、そのままタイムアップ。原川の直接FK弾を守り切った鳥栖が今季初白星を手にした。 2017.03.11 17:14 Sat
twitterfacebook
thumb

鄭大世PK弾で広島撃破の清水が昇格後初白星《J1》

▽4日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第2節のサンフレッチェ広島vs清水エスパルスは、アウェイの清水が1-0で勝利した。 ▽アルビレックス新潟との開幕戦をドロー(1-1)で終えた広島と、ヴィッセル神戸(0-1)に敗れた清水が対峙した。広島はGK林が先発復帰となり、負傷の柏に代わって清水をスタメン起用。対する清水は前節の先発から野津田、河井が外れ、鎌田と枝村が起用された。 ▽開幕からホーム連戦となる広島。立ち上がりからポゼッションサッカーを展開。その中、自陣でブロックを敷く慎重な入りを見せた清水は、10分にカウンターに持ち込むが、左サイドを突破した鄭大世の左足シュートはわずかゴール右に外れてしまう。 ▽その後もボールの主導権を握る広島。清水の縦に速い仕掛けの対応に追われる中、稲垣や塩谷らがコースを見つければ積極的にミドルシュートを放っていく。しかし、鄭大世を中心とした清水の反撃を受けてリズムを掴み切れず、無得点で前半を終えた。 ▽迎えた後半も広島を攻め立てた清水は52分、相手のボックス内で浮き球パスに反応した松原が後方から稲垣のチャージを受けて、PKのチャンスを獲得。キッカーの鄭大世が右足のシュートをゴールマウスに突き刺し、アウェイの清水が先制に成功した。 ▽先制を許した広島は、56分に茶島を下げて柴崎を投入。攻撃陣のテコ入れで活性化を図るが、なかなかバイタルエリアで動きをつけられず、清水の守備陣の前に攻めあぐねる展開が続くと、70分に2枚目の交代カードで森島に代えて宮吉を送り込んだ。 ▽続く77分に稲垣に代えて丸谷を途中起用した広島は、ミキッチの右サイドを起点に猛攻を仕掛けるが、最後までゴールが遠く、そのまま試合終了。敵地で勝利した清水が昇格後初白星を手にした。敗れた広島は、ホーム開幕連戦を1分け1敗で未勝利となった。 2017.03.04 16:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース