広島が新シーズンの背番号を発表! 工藤壮人は「50」、森崎浩司の「7」は茶島雄介が着用も佐藤寿人の「11」は空き番2017.01.11 18:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽広島は昨シーズン、明治安田生命J1リーグで年間で6位、YBCルヴァンカップはベスト8、天皇杯はベスト8の成績を残した。

▽新加入選手ではMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスから加入したFW工藤壮人が「50」を着用。ヴァンフォーレ甲府から加入したMF稲垣祥は「15」、新外国人のフェリペは「10」を着用する。

▽また昨シーズン限りで現役を引退した森崎浩司の「7」はMF茶島雄介が着用するも、名古屋グランパスに移籍した佐藤寿人の「11」は空き番となった。

▽なお、広島は公式サイト上で昨シーズンに期限付き移籍で加入したFWピーター・ウタカと契約交渉を行っていることを発表した。今回発表された背番号は以下の通り。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.林卓人
21.廣永遼太郎
34.中林洋次☆←(ファジアーノ岡山)※完全移籍

DF
2.野上結貴
3.高橋壮也※背番号変更
4.水本裕貴
5.千葉和彦
19.佐々木 翔
25.イヨハ理ヘンリー※昇格
26.川崎裕大
33.塩谷司

MF
6.青山敏弘
7.茶島雄介※背番号変更
8.森崎和幸
10.フェリペ ☆←(セアラ・スポルティング・クラブ)※完全移籍
14.ミキッチ
15.稲垣祥☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全移籍
16.清水航平
18.柏好文
24.長沼洋一
28.丸谷拓也
29.森島司
30.柴崎晃誠
32.松本泰志☆←(昌平高)※新加入

FW
22.皆川佑介
31.宮吉拓実
44.アンデルソン・ロペス
50.工藤壮人☆←(バンクーバー・ホワイトキャップス)※完全移籍

コメント

関連ニュース

thumb

広島の新ユニフォームはクラブの伝統とエンブレムからインスピレーション!

▽ナイキは13日、サンフレッチェ広島の2017シーズン新ユニフォームを発表した。ホームはクラブの伝統とエンブレムから、アウェイはクラブ設立25周年とリーグ25周年を祝ったデザインになっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170113_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ホームキットは、マツダサッカ ークラブ(旧東洋工業マツダサッカー部)のストライプとクラブエンブレムからインスピレーションを得たデザインを採用。ストライプの戦の太さに強弱をつけることで、スピード感と躍動感を与えるグラデーションを実現している。また、クラブ創立25周年を表すロゴがユニフォームの左袖に刻まれている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170113_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アウェイキットにはクラブ創立25周年とリーグ25周年を祝し、クラブのフラッグに用いられているグリーンからインスピレーションを得たベノムグリーンを採用。トップスとショーツにはアクセントカラーとしてベノムパープルを用いることで、色合いの拡張を抑えている。 2017.01.13 20:52 Fri
twitterfacebook
thumb

広島がFWアンデルソン・ロペスの期限付き移籍期間の延長を発表!

▽サンフレッチェ広島は7日、FWアンデルソン・ロペス(23)の期限付き移籍期間の延長が決定したことを発表した。同期間は、2017年2月2日~2018年1月1日となっている。 ▽ブラジル出身のアンデルソン・ロペスは、2016年7月にブラジルのトンベンセFCより期限付き移籍で広島に加入。加入初年度の昨シーズンでは明治安田生命J1リーグで7試合2得点、天皇杯で2試合1得点を記録している。 ▽期限付き移籍期間の延長が決まったアンデルソン・ロペスは、クラブの公式サイトを通じて、日本で長くプレーすることを望むコメントを残している。 「契約延長できたことをうれしく思っています。僕は日本に来ることを目標にしていましたが、その目標は日本で3年、4年と長くプレーすることです。2016年にタイトルを獲れなかった悔しさを今シーズンにぶつけていきたいと思います。応援をよろしくお願いします」 2017.01.07 15:36 Sat
twitterfacebook
thumb

森崎浩司氏がサンフレッチェ広島のアンバサダーに就任

▽サンフレッチェ広島は5日、2016シーズンをもって現役を引退した森崎浩司氏が、「サンフレッチェ広島 アンバサダー」に就任することが決定したことを発表した。 ▽広島県出身の森崎浩は、双子の兄であるMF森崎和幸とともに2000年に広島ユースからトップチームに昇格すると、在籍17年間でJ1リーグ戦250試合以上に出場。度重なる故障に苦しみながらも、チームの3度にわたるリーグ優勝に貢献し、昨シーズン限りで現役を引退していた。 ▽広島は、アンバサダーについて以下のように説明している。 「おかげさまで、サンフレッチェ広島は今年で創設25周年を迎えます。これもひとえにファン・サポーターをはじめとした、地域の皆さまの支えがあってこそです。そして今後、さらに『サッカー事業を通じて夢と感動を共有し、地域に貢献する』というクラブ理念を実現していくため、地元出身であり、ユースを含めて20年間、サンフレッチェ広島で活躍した森崎浩司氏を初代・アンバサダーとして任命することになりました」 「今後、アンバサダーは、各種イベントやメディア、SNS等を通じて、広島県にお住まいの方を中心に、広くサンフレッチェ広島の魅力を発信する『広報大使』として、様々な活動を行っていきます」 ▽森崎浩は、アンバサダー就任に際して以下のようにコメントしている。 「このたび、アンバサダーに就任することになりました森崎浩司です。これからもサンフレッチェ広島のために自分にできる限りの仕事をし、クラブに貢献していきたいと思います。今後ともサンフレッチェ広島の支援、応援をよろしくお願いします」 2017.01.05 19:37 Thu
twitterfacebook
thumb

清水MFキム・ボムヨンの期限付き移籍期間延長

▽清水エスパルスは5日、2016シーズンにサンフレッチェ広島から期限付き移籍で加入していたMFキム・ボムヨン(26)に関して、期限付き移籍期間延長を発表した。契約期間は2月2日から2018年1月1日まで。なお、キム・ボムヨンは、2017シーズンにおける広島との公式戦に出場することができない。 ▽昨年7月に期限付き移籍で清水入りしたキム・ボムヨンは、その後の明治安田生命J2リーグ8試合に出場した。 ▽キム・ボムヨンは、清水の公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「今シーズンも引き続きエスパルスのユニフォームを着てプレーすることが決まりました。チームが勝利するために、最大の努力をもって貢献します。これからもよろしくお願いします!」 2017.01.05 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

広島がMLSのバンクーバーから元日本代表FW工藤壮人を完全移籍で獲得!!

▽サンフレッチェ広島は31日、MLSのバンクーバー・ホワイトキャップスから元日本代表FW工藤壮人(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="konami161228_ios" data-page-id-and="konami161228_and" data-height="180px"></span> ▽柏レイソルU-18で育った工藤は2009年にトップチームデビューを飾ると、その後は主力として活躍。2015シーズンにリーグ戦で34試合10ゴールをマークすると今シーズンはバンクーバーに移籍し、リーグ戦17試合2ゴールを記録した。 ▽2年ぶりのJリーグ復帰となった工藤は、広島の公式サイト上で次のようにコメントしている。 「このたび、Vancouver Whitecaps FC から加入することになりました工藤壮人です。ここ数年、毎年優勝争いをしているサンフレッチェの一員になれることをうれしく思っています。広島の勝利のために全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」 2016.12.31 09:43 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース