金沢のMF古田寛幸が秋田に期限付き移籍「よりワクワクする選択をした」2017.01.11 18:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブラウブリッツ秋田は11日、ツエーゲン金沢のMF古田寛幸(25)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2017年2月1日から2018年1月31日。金沢との公式戦には出場できない。

▽北海道コンサドーレ札幌の下部組織出身の古田は、昨シーズン金沢に完全移籍。明治安田生命J2リーグで23試合に出場、天皇杯で2試合に出場していた。古田は秋田を通じてコメントしている。

「ツエーゲン金沢から期限付き移籍してきた古田寛幸です。自分の中で、よりワクワクする選択をしました。自分が持っているものの全てを、この秋田で出し切りたいと思います。よろしくお願い致します」

▽また、金沢を通じてもコメントしている。

「札幌で満了になった自分に声をかけていただいて、本当に感謝しています。チームに貢献しきれなかったことが大変悔しいですが、みんなで勝ち取ったJ2残留と、1年間色々な事を学び、成長させてくれた仲間たちとの時間は僕の誇りです。秋田に期限付き移籍することを決断しましたが、これからも共に戦ったサポーターの皆さんと仲間たちに感謝し続けたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

秋田MF江口直生が右足腓腹筋損傷で全治3~4週間

▽ブラウブリッツ秋田は21日、MF江口直生の負傷について発表した。 ▽発表によると、江口は17日のトレーニング中に負傷。右足腓腹筋損傷で全治3~4週間を要する見込みだ。 ▽今シーズン、愛媛FCから秋田に加入した江口は、明治安田生命J3リーグでここまで1試合に出場している。 2017.08.21 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田が今季タイ1部リーグのタイ・ホンダFCでプレーしていたMF乾達朗を獲得

▽ブラウブリッツ秋田は17日、タイ・プレミアリーグに所属するタイ・ホンダFCでプレーしていたMF乾達朗(27)の加入が決定したことを発表した。背番号は2番となる。 ▽ジェフユナイテッド千葉の下部組織出身である乾は、2008年にトップチームへと昇格。その後、2010年にはアルビレックス新潟シンガポール、2012年にはウォリアーズFCと活躍の場をシンガポールへと移した。2014年にはSC相模原に加入し、日本復帰を果たしたが同年6月に退団。その後は、シンガポールのゲイラン・インターナショナルFCやアルビレックス新潟シンガポール復帰を経て、今シーズンはタイ・プレミアリーグのタイ・ホンダFCでプレーしていた。 ▽秋田への加入が決定した乾は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ブラウブリッツ秋田サポーターの皆さん。初めまして乾達朗です。このようなタイミングになりましたが、ブラウブリッツ秋田の一員になれてとても嬉しく思います。チームの目標達成に向けてベストを尽くしたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。あきぎんスタジアムで会いましょう」 2017.08.17 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

小牧2得点で沼津が首位・秋田下す! …秋田は今季無敗から一転、初の連敗喫す《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第18節の4試合が23日に各地で行われた。 ▽首位の秋田(勝ち点37)と3位の沼津(勝ち点31)が激突した上位対決は、2-0で沼津が勝利した。 ▽首位に君臨している秋田は前節、下位に沈んでいるG大阪U-23との試合に1-2で敗北。昨シーズンから続いていたJ3無敗記録は、18試合で打ち止めとなった。対する沼津は、直近のリーグ戦4試合で負けなし。秋田との勝ち点差は「6」と、この試合の結果で順位が入れ替わることはないが、“首位崩し”のきっかけを掴むためには負けられない対決となった。 ▽試合は序盤からスピーディーな応酬が続く中、秋田が惜しいシーンを作り出す。7分に秋田の前山がポストプレーで上手く田中智大へ落とすと、そのままボックス手前から右足を振り抜いた。シュートは枠を外れたが、2試合連続得点中の田中智大が調子の良さを窺わせた。18分にも秋田FKからボックス内へボールが上がると、得点とはならなかったが、合わせていれば1点という絶妙なタイミングで田中智大が飛び込みをみせた。その後も、秋田がミドルシュートを多用しつつ攻撃的にプレーし、試合の主導権を握った。 ▽それでも、25分に沼津がカウンターの場面で薗田、中村と繋ぎ前線へ走り込む染矢へのスルーパスが通る。ボックス内まで運びGKとの一対一まで持ち込んだが、シュートはGKに阻まれた。35分には、左サイドでスローインを受けた薗田が独力でボックス内まで持ち込みシュートを放つ。これは枠を外れたが、得点ランキングトップタイに位置している実力の片鱗を見せた。 ▽折り返して後半に入ると、沼津が前線へ上がる人数を増やし攻勢をかける。49分には、薗田がボックス手前でボールをキープし、巧みな反転からシュートを放ったが枠を外れた。前半とは変わり沼津がボールを保持する展開が増えつつある53分、秋田カウンターから前山のクロスが上がると、ボックス手前中央で待つ前山の元へ。しかし、フリーで放ったシュートは枠を外れた。高くなったディフェンスラインの裏へのパスを秋田が多用し始めると、沼津は再び自陣低めに引いて対応した。 ▽すると71分、沼津が先制に成功する。カウンターの場面、薗田がドリブルで運び、ボックス手前へパスを送る。ボールを受けた小牧がDFをかわしてボックス内へ進入し、丁寧なシュートをゴールへ流し込んだ。直後の76分にも、小牧が相手のミスを見逃さずにボールを奪い、そのまま1人でボックス内まで持ち上がり追加点を決めてみせた。 ▽試合はこのまま終了。この結果、順位は変動しないものの首位秋田(勝ち点37)と3位沼津(勝ち点34)との勝ち点差は「3」に縮んだ。また、秋田は無敗記録を崩された前節のG大阪U-23戦での敗北に続き今季初の連敗を喫し、不安を抱えた状態でリーグ中断期間へ突入することとなった。 ▽7/23(日) ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アスルクラロ沼津</span> グルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ガイナーレ鳥取</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 1</span>-0 FC琉球 セレッソ大阪U-23 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 鹿児島ユナイテッドFC</span> ▽7/22(土) 藤枝MYFC 2-0 福島ユナイテッドFC FC東京U-23 1-2 ギラヴァンツ北九州 栃木SC 1-0 SC相模原 ガンバ大阪U-23 0-2 カターレ富山 2017.07.23 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

一美2発でG大阪U-23が首位秋田の無敗記録を止める大金星!!《J3》

▽明治安田生命J3リーグの第17節の4試合が15日に行われた。 ▽16位のガンバ大阪U-23(勝ち点12)が万博記念競技場で、首位のブラウブリッツ秋田(勝ち点37)に2-1で勝利した。 ▽試合は立ち上がりから秋田が猛攻を仕掛けたが、G大阪U-23が一瞬の隙を突き先制に成功する。8分、ボックス手前左で一美がボールを持つと、ドリブルを選択。相手DFに囲まれながらも巧みな足さばきでボックス内へ侵攻し、右足でゴールへ流し込んだ。その後、27分に秋田がPKを獲得するも、GK林が見事な反応で弾き、チームのリードを守る。すると直後の31分、G大阪U-23がFKを獲得。キッカーの芝本がボックス内中央へ蹴り込むと、一美がこの日2得点目となるヘディングゴールを決めた。 ▽2点のビハインドを追う秋田はより攻勢を強めたが、GKの林がビッグセーブを連発。それでも、ここまで無敗を継続する首位チームは、折り返した75分に再びPKを獲得すると、キッカーの田中が落ち着いて決め、今季9得点目とした。その後も、攻勢を続けた秋田だったが、前半のリードを守り抜いたG大阪U-23の勝利で試合は終了。秋田は首位キープも開幕から16試合目で今季初黒星を喫した。 ▽その他の試合では、FC東京U-23がガイナーレ鳥取とのアウェイゲームで6-0の大勝を収めた。81分に久保建英に代わってJリーグデビューを飾ったリッピ・ヴェローゾは、その4分後の85分にいきなりデビューゴールを記録し、チームの大勝に大きく貢献した。 ▽7/15(土) AC長野パルセイロ 0-0 栃木SC ガイナーレ鳥取 0-6 FC東京U-23 ガンバ大阪U-23 2-1 ブラウブリッツ秋田 FC琉球 0-0 ギラヴァンツ北九州 ▽7/16(日) 《15:00》 福島ユナイテッドFC vs セレッソ大阪U-23 SC相模原 vs 鹿児島ユナイテッドFC アスルクラロ沼津 vs グルージャ盛岡 《17:00》 Y.S.C.C.横浜 vs 藤枝MYFC 2017.07.15 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

土壇場被弾も首位秋田が無敗継続! 3連勝の2位富山が勝ち点差縮める《J3》

▽明治安田生命J3リーグの第15節の4試合が1日に行われた。 ▽味の素フィールド西が丘で行われたFC東京U-23vsブラウブリッツ秋田は、1-1のドローに終わった。13戦無敗で首位を快走する秋田(勝ち点33)が、13位FC東京U-23(勝ち点14)のホームに乗り込んだ一戦。前日にJ2ライセンス取得不可が発表されメンタル面の影響が懸念された秋田は、格下と目されるホームチーム相手に苦戦。前半終了間際には自陣ボックス手前で久保にあわや16歳初ゴールを献上しそうなピンチも招いた。その後も難しい展開が続くも、80分に田中の個人技からシュートのこぼれ球を遊馬が押し込み、ようやく先制に成功する。だが、試合終盤に187cmの長身FW原を投入したFC東京U-23に試合終了間際の同点ゴールを許し、1-1のドロー。無敗をキープしたものの、勝ち点3を逃した。 ▽また、首位秋田を勝ち点5差で追う2位カターレ富山(勝ち点28)が、7位ギラヴァンツ北九州(勝ち点20)をホームに迎えた一戦は、富山が2-1で競り勝ち3連勝を飾った。前半終了間際に佐々木一のゴールで先制した冨山だったが、後半立ち上がりの61分に池元にPKを決められ、追いつかれる。それでも、勝利を諦めない富山は、試合終了間際の後半アディショナルタイムに右CKから山形のクロスを柳下が頭で流し込み、土壇場で劇的勝利を飾った。 ▽その他では、16位Y.S.C.C.横浜(勝ち点16)vs8位FC琉球(勝ち点20)、15位セレッソ大阪U-23(勝ち点11)vs9位SC相模原(勝ち点17)は、いずれも2-2のドローに終わった。 ◆明治安田生命J3リーグ第14節 ▽7/1(土) FC東京U-23 1-1 ブラウブリッツ秋田 Y.S.C.C.横浜 2-2 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カターレ富山 2</span>-1 ギラヴァンツ北九州 セレッソ大阪U-23 2-2 SC相模原 ▽7/2(日) 《15:00》 ガイナーレ鳥取 vs アスルクラロ沼津 グルージャ盛岡 vs 鹿児島ユナイテッドFC 《17:00》 AC長野パルセイロ vs 藤枝MYFC 《18:00》 ガンバ大阪U-23 vs 栃木SC 2017.07.01 22:06 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース