超ワールドサッカー

仙台が新シーズンの背番号を発表!! 復帰のシュミット・ダニエルが「1」、新加入の増島は「50」、平山は「9」2017.01.11 18:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽仙台は昨シーズン、明治安田生命J1リーグは年間順位12位、YBCルヴァンカップはGL敗退、天皇杯は2回戦敗退を喫した。

▽新加入選手では、柏レイソルから期限付き移籍で加入のDF増嶋竜也が「50」、川崎フロンターレから期限付きで加入のMF中野嘉大が「23」、FC東京から加入のFW平山相太が「9」、浦和レッズから期限付き移籍で加入のFW石原直樹が「11」を着用する。

▽その他、期限付き移籍から復帰するGKシュミット・ダニエルが「1」を着用する。新背番号は以下のとおり。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.シュミット・ダニエル☆←(松本山雅FC)※期限付き移籍満了
21.関憲太郎
22.石川慧

DF
2.永戸勝也☆←(法政大学)※加入
4.蜂須賀孝治
5.石川直樹
13.平岡康裕☆←(清水エスパルス)※完全移籍
27.大岩一貴
32.小島雅也
33.常田克人
50.増嶋竜也☆←(柏レイソル)※期限付き移籍

MF
7.奥埜博亮
8.野沢拓也
10.梁勇基
14.金久保順
16.パブロ・ジオゴ
17.富田晋伍
18.三田啓貴☆←(FC東京)※完全移籍
23.中野嘉大☆←(川崎フロンターレ)※期限付き移籍
24.差波優人
25.菅井直樹
26.藤村慶太
28.佐々木匠
31.茂木駿佑
34.椎橋慧也

FW
9.平山相太☆←(FC東京)※完全移籍
11.石原直樹☆←(浦和レッズ)※期限付き移籍
30.西村拓真

コメント

関連ニュース

thumb

壮絶な打ち合いはC大阪に軍配! 大量4得点で仙台を下す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ベガルタ仙台vsセレッソ大阪が25日に行われ、4-2でC大阪が勝利を収めた。 ▽リーグ戦ではここ4試合で2勝2分けと調子を上げてきたものの、21日に行われた天皇杯2回戦で、筑波大学相手にまさかの黒星を喫した11位の仙台(勝ち点21)は、その試合から、大岩、奥埜、中野を除く8人をスタメン変更。先発には石原や西村といったおなじみの顔ぶれが名を連ねた。 ▽一方、2位のC大阪(勝ち点29)はリーグ戦ここ6試合で5勝1分けと波に乗り、直近の天皇杯2回戦では新潟医療福祉大学にも順当に勝利を収めるなど好調。その試合から、マテイ・ヨニッチ、ソウザ、山口、清武以外の7人が変更され、山村や柿谷らが先発入りした。 ▽試合は序盤から激しく攻め合う展開に。立ち上がりの2分、仙台が左サイドから攻めると、三田がボックス左外から鋭いミドルシュートで相手を脅かす。8分には今度はC大阪が華麗なパスワークから清武がボックス外右から左足を振り抜くが、枠を捉えることができない。12分には、左サイドの永戸のロングスローの流れから、西村がボレーで狙うがクロスバーの上へ外れて、仙台がチャンスを逸する。 ▽やや仙台が押し込む展開の中、試合を動かしたのはC大阪だった。16分、センターサークル付近からのロングボールに反応した柿谷。ボックス左で受けると、そのまま左足でゴールに突き刺し、先制点をもたらした。続く20分にもC大阪が追加点を挙げる。丸橋のパスを受けた杉本が、ボックス中央の山村へ供給。体を反転させDFを振り切った山村は右足で流し込んだ。 ▽2失点を許した仙台は、長短のパスを活用しながら、より攻撃の姿勢を強める。すると36分、敵陣中央でボールを持った奥埜が右サイドの中野に展開。ボックス右に侵入した中野は、DFの位置を冷静に見極め、ゴール前の石原に折り返す。フリーの石原がこれを流し込み、前半のうちに1点差に詰め寄った。 ▽早い時間に追いつきたい仙台だが、試合の流れはC大阪が掴む。ソウザを中心に攻めるC大阪。58分に左サイドのソウザを起点に丸橋がクロスを上げると、ファーサイドの山下が頭で合わせネットを揺らした。 ▽再び2点差に離された仙台は失点直後にクリスランを投入。すると、この交代が功を奏す。61分、クリスランがボックス手前でパスを受けると、ダイレクトでボックスに侵入した西村へスルーパス。西村はこれを冷静に流し込み、すぐに1点差に戻す。 ▽一進一退の攻防が続く中、C大阪がさらに追加点を奪う。68分、左サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪ったC大阪は、ソウザがカウンターでボックス内に侵入。左足を振り抜いてシュートを放つが、GKダニエル・シュミットに弾かれる。しかし、このこぼれ球に山口がいち早く反応。ボックス手前中央から目の覚めるようなボレーシューを突き刺し、C大阪が4点目をマークした。 ▽その後は、得点が動くことなく試合終了。激しい打ち合いになった試合は、4-2でアウェイのC大阪が勝利。引き分けを挟んで5連勝となった。一方の仙台は、筑波大学に敗れた汚名を返上することはできず、公式戦2連敗となった。 2017.06.25 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

流通経済大FWジャーメイン良が特別指定選手として仙台に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、流通経済大学のFWジャーメイン良(22)を、19日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はベガルタ仙台となる。 ▽神奈川県出身のジャーメイン良は、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2015年から全日本大学選抜に選出されていた。ジャーメイン良は、クラブを通じてコメントしている。 「ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変嬉しく思います。この貴重な経験を通して、ベガルタ仙台、流通経済大学の勝利に少しでも貢献できる選手になるために日々のトレーニングから全力で取り組んでいきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.23 16:53 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台MF金久保順が右ヒザ手術で全治約5カ月

▽ベガルタ仙台は23日、MF金久保順が右ヒザ大腿骨内顆軟骨損傷で6月17日に手術を受け、全治約5カ月の見込みと診断されたと発表した。 ▽29歳の金久保はこれまで大宮アルディージャ、アビスパ福岡、川崎フロンターレでプレー。2015年から仙台に加わり、今シーズンは明治安田生命J1リーグ2試合の途中出場を記録している。 2017.06.23 16:42 Fri
twitterfacebook
thumb

筑波大学に逆転負けを喫し2年連続天皇杯2回戦敗退の仙台、渡邉晋監督が謝罪「みなさまを失望させてしまった」

▽ベガルタ仙台は22日、クラブの公式インスタグラムに渡邉晋監督の謝罪動画を投稿した。 ▽仙台は筑波大学をホームに迎え、MF梁勇基、MF奥埜博亮、FWクリスランらを起用。6分、MF三笘薫に先制を許すも、MF中野嘉大の2得点で逆転に成功。しかし、FW中野誠也、MF三笘にゴールを許し、2-3で逆転負け。昨年の天皇杯でも2回戦でJ3のグルージャ盛岡と対戦し、2-5で敗戦。2年連続の2回戦敗退となっていた。 ▽これを受け渡邉監督が敗戦を謝罪。また、今後の試合でのサポートを呼びかけている。 「水曜日、筑波大学とのゲーム。痛い、悔しい敗戦を喫してしまいました。天皇杯2回戦での敗戦は2年連続ということもあり、サポーターのみなさまを失望させてしまいました。大変申し訳ありませんでした」 「この結果を真摯に受け止め、この敗戦をこれからの成長とチームの発展に必ず繋げていきたいと思っております」 「まずは日曜日、ホームでセレッソ大阪戦があります。そのゲームでは、仙台らしさを取り戻し、勇気を持って、果敢に戦うことをお約束します」 「今一度、我々に大きな大きなエネルギーとパワーを送ってください。ぜひ、これからも一緒に戦って頂けたらと思います。よろしくお願いいたします」 ▽仙台は今シーズンのJ1で15試合を終えて勝ち点21の11位に位置。25日に2位のC大阪とホーム・ユアテックスタジアム仙台で対戦する。 2017.06.22 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖vs仙台は両者譲らずドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のサガン鳥栖vsベガルタ仙台が17日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで5勝4分け5敗で12位の鳥栖と、6勝2分け6敗で10位に位置する仙台が激突した。鳥栖は、1-1で引き分けた前節の大宮アルディージャ戦から趙東建に代えて富山を起用する1点を変更。対する仙台も1カ所の入れ替えで、出場停止のクリスランの代わりに三田を起用した。 ▽試合序盤は、一進一退の攻防となる。うまくセカンドボールを拾いながら速めに縦にボールを運ぶ仙台に対して、鳥栖は原川を中心にゴールを目指す。鳥栖は20分、正面で得たFKから原川が直接ゴールを狙ったが、枠を捉えることができない。 ▽ハーフタイムにかけても拮抗した展開が続く。41分には鳥栖にビッグチャンス。アタッキングサードで仕掛けた鎌田がボックス左に進入し、DFをかわしてシュートに持ち込む。しかし、これは仙台GKシュミット・ダニエルのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、早い時間帯に試合を動かしたのは鳥栖だった。50分、ペナルティアーク付近から原川がミドルシュート。これが仙台DFにディフレクトしてコースが変わると、ボールがゴール右に吸い込まれた。 ▽ビハインドを背負った仙台は66分、蜂須賀と奥埜に代えて中野と梁勇基を投入する。すると、72分に同点弾を決める。左CKからニアサイドの平岡がそらすと、最後はゴール前の混戦から中野がプッシュ。仙台が試合を振り出しに戻した。 ▽終盤、富山に代えてイバルボを投入した鳥栖に対して、仙台も勝ち点3を狙いにいく。鳥栖は89分、ボックス左手前で左足を振った豊田の強烈なシュートがゴール右を捉える。しかし、これはGKシュミット・ダニエルのセーブに遭う。 ▽結局、その後にスコアは動かず、1-1で試合終了。両者が勝ち点を分け合った。 2017.06.17 20:59 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース