仙台が新シーズンの背番号を発表!! 復帰のシュミット・ダニエルが「1」、新加入の増島は「50」、平山は「9」2017.01.11 18:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽仙台は昨シーズン、明治安田生命J1リーグは年間順位12位、YBCルヴァンカップはGL敗退、天皇杯は2回戦敗退を喫した。

▽新加入選手では、柏レイソルから期限付き移籍で加入のDF増嶋竜也が「50」、川崎フロンターレから期限付きで加入のMF中野嘉大が「23」、FC東京から加入のFW平山相太が「9」、浦和レッズから期限付き移籍で加入のFW石原直樹が「11」を着用する。

▽その他、期限付き移籍から復帰するGKシュミット・ダニエルが「1」を着用する。新背番号は以下のとおり。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.シュミット・ダニエル☆←(松本山雅FC)※期限付き移籍満了
21.関憲太郎
22.石川慧

DF
2.永戸勝也☆←(法政大学)※加入
4.蜂須賀孝治
5.石川直樹
13.平岡康裕☆←(清水エスパルス)※完全移籍
27.大岩一貴
32.小島雅也
33.常田克人
50.増嶋竜也☆←(柏レイソル)※期限付き移籍

MF
7.奥埜博亮
8.野沢拓也
10.梁勇基
14.金久保順
16.パブロ・ジオゴ
17.富田晋伍
18.三田啓貴☆←(FC東京)※完全移籍
23.中野嘉大☆←(川崎フロンターレ)※期限付き移籍
24.差波優人
25.菅井直樹
26.藤村慶太
28.佐々木匠
31.茂木駿佑
34.椎橋慧也

FW
9.平山相太☆←(FC東京)※完全移籍
11.石原直樹☆←(浦和レッズ)※期限付き移籍
30.西村拓真

コメント

関連ニュース

thumb

仙台GKシュミット・ダニエルが契約更新 「声援を背に仙台のゴールを守り抜きたい」

▽ベガルタ仙台は9日、GKシュミット・ダニエル(25)との契約更新を発表した。 ▽アメリカ出身ながら日本国籍を有するシュミット・ダニエルは、2014年に中央大学から仙台入り。その後、ロアッソ熊本、松本山雅FCへの期限付き移籍を経て、今シーズンから仙台に復帰した。 ▽その今シーズンの明治安田生命J1リーグで20試合出場を記録したシュミット・ダニエルは、契約更新を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「引き続きベガルタ仙台の一員としてプレーすることが決まり嬉しく思います。ユアスタに今シーズンよりも1人でも多くの方々に来場していただき、ベガルタゴールドに染まった満員のスタンド、声援を背に仙台のゴールを守り抜きたいです。来シーズンも熱い応援よろしくお願いいたします」 2017.12.09 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】後半戦は新スタイルが浸透、来季に繋がったシーズン《ベガルタ仙台》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第7弾は新たなスタイルに着手したベガルタ仙台を総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sendai_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●第3節ヴィッセル神戸戦は、東日本大震災発生後初めて3月11日に仙台で試合開催 ●第4節柏レイソル戦でJ1通算100勝達成 ●クラブ史上初となるYBCルヴァンカップベスト4進出 ●西村拓真がYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞を受賞 ●期待の新加入・平山相太は度重なるケガで出場なし<hr>▽渡邉晋政権下4年目を迎えた今シーズンは、チームの戦い方を大きく変えたシーズンとなった。ストーブリーグでは積極的な補強を行い、これ前の[4-4-2]による堅守速攻のスタイルから [3-4-3]に変更し、能動的かつ流動的な攻撃を仕掛けるサッカーへの切り替えに挑んだ。 ▽開幕2連勝を飾るなど順風満帆の船出となったが、第3節の神戸戦では東日本大震災後、初めて仙台で試合が行われるも0-2で敗戦。第4節の柏戦でJ1通算100勝を達成したが、そこから3連敗を喫し4戦未勝利(1分け3敗)と停滞。1つ白星を挟んで2連敗と不安定な戦いが続き、再び2連勝をするも第15節から第21節までの7試合で3分け4敗と苦戦を強いられた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sendai_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽それでもチームは今シーズンのスタイルを貫き続けると、中断期間後の第19節からは徐々にシステムが浸透しイニシアチブを握る試合が増加。相手に合わせたポジショニングや攻撃の仕掛けを続ける展開が増えたが、結果がなかなかついてこない苦しい時期が続いた。 ▽それでも、第31節のG大阪戦で引き分け残留が決定。リーグ戦のみならず、YBCルヴァンカップを利用して若手の経験値もアップさせ、結果以上にチームとして一回り大きくなれたシーズンだった。 ▽シーズン前の補強を考えると1桁順位も期待されたが、結果は昨年と同様の12位。しかしこれまでのリアクションサッカーから脱却し、アクションサッカーへのスタイル変更を考慮すべきだろう。後半戦の戦いぶりが新シーズンに継続され、ワンランク上の選手を補強できれば、1桁順位、ACL出場権獲得も期待できるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sendai_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FW石原直樹(33) 明治安田生命J1リーグ31試合出場(先発31試合)/10得点<hr>▽今シーズン浦和レッズから加入した石原だがすっかりチームの顔となった。ポゼッション志向となった仙台にとって、前線でタメを作れ、周りを使うプレーができる石原が重宝されたのは納得。前半戦ではクリスランが1トップに入ることもあったが、チームにフィットしてからは、より周りを使ったプレーができる石原が起用された。 ▽監督の期待に応えるように、自身も後半戦だけで6得点をマーク。3年振りの2桁得点を達成するなど、点取り屋としての復活を印象付けるシーズンとなった。期限付き移籍でのプレーだっただけに、新シーズンも留まらせることがチームとしては最優先すべきだろう。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「D」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sendai_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽守備陣に関しては新加入のDF増嶋竜也が主力として3バックの一角を形成。DF永戸勝也も新人ながら負傷するまでは出色の出来を見せていた。しかし失点数はワースト5であり、数字だけを見ると成功したとは言えない。 ▽中盤ではMF中野嘉大がケガから復帰してポジションを掴むも再び離脱し、そのままシーズンが終了。途中加入のMF野津田岳人、ウイングバックとしてプレーした古林将太もレギュラーとしてチームの力になった。 ▽前線に関しては石原とクリスランが奮闘も、期待されていたFW平山相太は度重なるケガにより公式戦では1試合もプレーできずに、移籍初年度を終えた。補強が失敗だったとは言えないが、シーズン前の期待値を考えるとやや物足りない結果に終わったと言える。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「D」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sendai_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チームスタイルの変更に伴い、ボールを奪いに行く攻撃的な守備に変わったことで、昨シーズンは48だった失点数が53に増加した点は、ある程度目をつぶらなければいけない。ただ、期待された得点の部分で、昨シーズンの39得点から微増となる44得点では今の順位も仕方ないと言える。 ▽守備に関して言えば、システムの変更による「ツメの甘さ」が散見された。中でも問題視されるべきは球際の弱さ。ボールを奪いにかかる際の寄せの甘さ、強度の低さにより、簡単にアタッキングサードを攻略される場面が散見された。さらに3バックの両脇に対するケアも甘く、新シーズンに向けて、まだまだ改善点は多い。 ▽攻撃に関しても、改善の余地が多い。シーズンが進むにつれて、アタッキングサードまでボールを運ぶ回数は増えたが、絶対的なフィニッシャーの不在が響いた。ボールを握れても、最後は個の能力がモノを言う。来シーズンはチャンスをゴールに結びつけるストライカーの補強が必要だろう。 ▽西村の台頭は大きく、大岩一貴、奥埜博亮、三田啓貴と中堅どころが力をつけてきている印象が強い。ベースアップを含め、積み上げを行っている仙台。期限付き移籍中の選手をどこまで留められるかが、新シーズンの成績を左右するだろう。 2017.12.08 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リンス弾で仙台に劇的勝利も…甲府、2012年以来3度目のJ2降格《J1》

▽2日に行われた山梨中銀スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ最終節のヴァンフォーレ甲府vsベガルタ仙台は、ホームの甲府が1-0で勝利した。しかし、2012年以来3度目のJ2降格が決定している。 ▽J2降格圏16位に沈む甲府が11位の仙台をホームで迎え撃った一戦。立ち上がりからアウェイの仙台がボールの主導権を握りにかかる中、ホームの甲府は自陣にブロックを敷き、カウンターの機会を狙っていく。 ▽26分には、その甲府にビッグチャンス。インターセプトした小椋、ドゥドゥを経由したカウンターからボックス左のリンスに決定機が巡ってくる。中に切り込み、右足シュートを放つが、相手GKの正面を突いてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半も良い守備から縦に速い繋ぎでゴールに迫る甲府。シュート数こそ増やしたものの、局面で仙台守備網に引っかかり、なかなかゴールに結びつけることができない。 ▽その後も猛攻を仕掛けた甲府だが、90分に新井がこの試合2度目の警告で退場。それでも、後半アディショナルタイム6分にドリブルで守備網を突破したリンスがネットを揺らし、甲府が土壇場で試合を動かした。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、甲府が1-0で勝利。だが、清水が今節を勝利で飾ったため、J2降格が決定した。 2017.12.02 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】人事を尽くして天命を待つ…「風林火山」で仙台攻略なるか《甲府vs仙台》

▽2日、明治安田生命J1リーグ最終節のヴァンフォーレ甲府vsベガルタ仙台が山梨中銀スタジアムで行われる。 ▽J1残留を果たしたい甲府は、この試合での勝利が必須。他会場の結果を待つ状況となる。 <span style="font-weight:700;">◆なかなか掴めない白星を</span> ▽ホームの甲府にとっては、勝たなければいけない試合が続いた中、ここ5試合で未勝利。降格圏に転落するだけでなく、追い抜かれたサンフレッチェ広島に残留を決められた。最終節では、15位の清水エスパルスとの残留争いに。勝ち点差2と勝利が必須なだけに、勝って歓喜の瞬間を迎えたいはずだ。 ▽対する仙台は、10位まで順位を上げるチャンスが残されている一方、13位まで転落する可能性もある。ここ4試合は1勝3分けの無敗。最終節を勝利で締めくくり、来シーズンに繋げたい。 <span style="font-weight:700;">◆人事を尽くして天命を待つ~ヴァンフォーレ甲府~</span> ▽前節は同じく残留を争う大宮アルディージャと対戦し、0-0のゴールレスドロー。清水、サンフレッチェ広島が前半を終えてリードしていただけに、試合終了直後は重々しい空気に包まれた。しかし、最下位のアルビレックス新潟が清水に逆転勝利を収め、最終節に首の皮一枚繋がった。 ▽甲府が勝利し、清水が引き分け以下に終わるという条件が達成されればJ1残留を掴むことができる。清水の相手はヴィッセル神戸。自分たちが勝利すれば、逆転残留の可能性もあり得るだろう。来シーズンも続投が決まっている吉田達磨監督の下、攻撃的にシフトしてきた甲府。堅守だけでは残留を掴めないために、今シーズン積み上げてきたものの真価が問われるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆中位フィニッシュを目指して~ベガルタ仙台~</span> ▽渡邉晋監督の下、新たなスタイルを標榜した仙台。結果が出ない試合が続いたが、後半戦は試合内容が変化。結果が伴わない試合でも試合を支配し、自分たちのスタイルを出すことができていた。仙台に必要なのは結果であり、来シーズンに繋げるためにも最終節では勝利を収めたい。 ▽前節は横浜F・マリノスと対戦し、終了間際にオウンゴールを喫して2-2のドロー。今シーズンの課題でもある勝ち切れない試合をしてしまった。今シーズンの良い流れを結果につなげるためには、しっかりと勝つこと。最終節で結果を残し、シーズンを終えることで来シーズンのさらなる飛躍を目指したい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ヴァンフォーレ甲府</span>[5-3-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171201_29_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:河田晃兵 DF:小出悠太、新里亮、山本英臣、エデル・リマ、高野遼 MF:小椋祥平、新井涼平、田中佑昌 FW:ドゥドゥ、リンス 監督:吉田達磨 ▽勝利が必須な甲府だが、ボランチの島川俊郎が前節の大宮戦で負傷。代わりに5バックの中央を務めていた新井が1列上がり、前節途中出場の山本が久々の先発に入ると予想する。2トップは破壊力抜群のドゥドゥ、リンスの2枚看板が入る。 <span style="font-weight:700;">◆ベガルタ仙台</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171201_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:関憲太郎 DF:平岡康裕、大岩一貴、増嶋竜也 MF:古林将太、奥野博亮、三田啓貴、蜂須賀孝治 MF:西村拓真、野津田岳人 FW:石原直樹 監督:渡邉晋 ▽対する仙台もベストメンバーを組んでくると予想する。安定したプレーを続けている11人が、今シーズンの集大成を見せ、しっかりと勝利を収められるか。絶対勝利が必要な甲府の圧力に屈せず、ウィークポイントを見つけて突くことができれば、快勝も待っているはずだ。 <span style="font-weight:700;">【キープレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWドゥドゥ</span>(ヴァンフォーレ甲府)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171201_29_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽注目選手は得点源として期待が懸かるドゥドゥだ。負傷の影響もあり、最終盤でチームに貢献できず。ドゥドゥのゴールが止まってからは勝利がなく、チームは降格圏に転落した。しかし、キレは戻ったとのこと。しっかりとゴールを奪い、チームを勝利に導き、J1残留への立役者となれるかに期待が懸かる。 <span style="font-weight:700;">◆FW石原直樹<span/>(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171201_29_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽今シーズン浦和から加入したストライカーの石原をピックアップ。前節のゴールで3年ぶりに2桁ゴールを記録。自身キャリアハイとなる11得点目を目指す。今シーズンは主力としてプレーし、チームのスタイルにもフィット。最後までエースとしての役割を果たせるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆風林火山でJ1残留へ</span> ▽勝利が必須条件の甲府は、まずは守備を固めること。そして、2トップを生かしたカウンターがベースとなるだろう。まさに、地元の武将である武田信玄が軍旗に記した「風林火山」を体現するということになるはずだ。 ▽吉田監督が積み上げてきた今シーズンのスタイルは、第27節~第29節の3試合で形が見えた。あの当時の戦い方を取り戻すことができれば、勝機は見えてくるはず。あとは、清水の結果を待つだけだ。注目の一戦は、2日の14時にキックオフを迎える。 2017.12.01 20:03 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が土壇場のオウンゴールで白星スルリ…横浜FMとドロー決着《J1》

▽26日に明治安田生命J1リーグ第33節のベガルタ仙台vs横浜F・マリノスがユアテックスタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽ここまで11勝7分け14敗の勝ち点40ですでに残留を決めている仙台が、16勝7分け8敗の勝ち点55で5位の横浜FMと対戦した。 ▽試合は横浜FMがポゼッションを握って仙台陣内に攻め込む場面が多く見られるが、守る仙台も統制されたブロックで簡単にはやらせず。機を見て鋭いカウンターで直線的にゴールを狙いにかかる。しかし5分、ボックス手前右でFKを獲得した横浜FMは、これを天野が直接叩き込んで幸先良く先制する。 ▽対する仙台は13分、右サイドを駆け上がった小林がクロスと見せかけたシュートを放つと、これがクロスバーを叩く。こぼれたところに石原が詰めるが、ヘディングシュートは枠の上へ飛ばしてしまい、決定機を逸してしまった。17分にも左サイドのクロスボールを石原が頭で合わせるが、GK飯倉が好セーブで凌ぐ。 ▽しかし19分、右CKの流れからニアの平岡がフリックし増嶋がヘディングでシュート。これは決めきれなかったが、こぼれたボールを大岩が押し込んで、仙台が勢いのままに同点とすると、27分にはやや距離のある位置からのFKでボックス左の平岡が落としたボールを石原が押し込み、仙台が一気に逆転する。 ▽追いかける展開となった横浜FMは、仙台のブロック攻略に手を焼き、ビルドアップの場面でもミスパスが目立ち効果的な攻撃が見せられない。逆に、仙台のサイド攻撃に押し込まれ、苦しい戦いを強いられたまま前半を終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半、最初のチャンスは横浜FMで46分にクロスボールのこぼれ球をダビド・バブンスキーがダイレクトボレーで狙うが、このチャンスでもボールは枠内に飛ばず。 ▽その後も横浜FMが押し込んでいくが、仙台も徐々に盛り返す。62分には左サイドを突破した蜂須賀のマイナスのボールに石川が合わせるが、ここはGKの正面を突いてしまう。しかし仙台が多くのチャンスを作り出す、前半と同じような展開となっていった。 ▽しかし88分、横浜FMは右CKを獲得するとこの流れから天野が放ったシュートを平岡がクリアミス。ボールはそのままゴールネットを揺らして、横浜FMがラッキーな形から同点とする。 ▽仙台はすかさずクリスランと菅井を投入して勝ち越しを目指す。しかし試合はそのまま終了し勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.11.26 15:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース