仙台が新シーズンの背番号を発表!! 復帰のシュミット・ダニエルが「1」、新加入の増島は「50」、平山は「9」2017.01.11 18:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽仙台は昨シーズン、明治安田生命J1リーグは年間順位12位、YBCルヴァンカップはGL敗退、天皇杯は2回戦敗退を喫した。

▽新加入選手では、柏レイソルから期限付き移籍で加入のDF増嶋竜也が「50」、川崎フロンターレから期限付きで加入のMF中野嘉大が「23」、FC東京から加入のFW平山相太が「9」、浦和レッズから期限付き移籍で加入のFW石原直樹が「11」を着用する。

▽その他、期限付き移籍から復帰するGKシュミット・ダニエルが「1」を着用する。新背番号は以下のとおり。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.シュミット・ダニエル☆←(松本山雅FC)※期限付き移籍満了
21.関憲太郎
22.石川慧

DF
2.永戸勝也☆←(法政大学)※加入
4.蜂須賀孝治
5.石川直樹
13.平岡康裕☆←(清水エスパルス)※完全移籍
27.大岩一貴
32.小島雅也
33.常田克人
50.増嶋竜也☆←(柏レイソル)※期限付き移籍

MF
7.奥埜博亮
8.野沢拓也
10.梁勇基
14.金久保順
16.パブロ・ジオゴ
17.富田晋伍
18.三田啓貴☆←(FC東京)※完全移籍
23.中野嘉大☆←(川崎フロンターレ)※期限付き移籍
24.差波優人
25.菅井直樹
26.藤村慶太
28.佐々木匠
31.茂木駿佑
34.椎橋慧也

FW
9.平山相太☆←(FC東京)※完全移籍
11.石原直樹☆←(浦和レッズ)※期限付き移籍
30.西村拓真

コメント

関連ニュース

thumb

仙台FWジャーメイン良がプロA契約締結…今季ここまで公式戦12試合に出場

▽ベガルタ仙台は23日、FWジャーメイン良(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽ジャーメイン良は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレ戦でプロA契約変更に必要な規定出場時間に到達した。 ▽アメリカ人の父と日本人の母を持つジャーメイン良は仙台に今シーズン入団。ここまでJ1リーグ7試合、ルヴァンカップ5試合(1得点)に出場している。 ▽プロA契約締結発表を受け、ジャーメイン良はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「A契約を締結することができ、うれしく思います。ここからが本当の勝負だと思っていますので、さらに高みを目指し、チームの勝利に貢献できる選手になるために日々のトレーニングに全力で取り組んでいきたいと思います」 2018.04.23 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

松浦連発! 小川大貴プロ初弾! 田口移籍後初弾! 3発で堅守・仙台撃破の磐田、今季初の連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節のベガルタ仙台vsジュビロ磐田が21日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-0で磐田が勝利した。 ▽ここまで4勝3分け1敗で2位につける仙台(勝ち点15)と、3勝2分け3敗で11位に位置する磐田(勝ち点11)の一戦。前節の川崎フロンターレ戦をゴールレスドローで終えて2試合負けなしで2位に浮上した仙台は、その一戦から先発メンバーを4人変更。菅井と石原、ジャーメイン良らに代えて金正也と梁勇基、中野を起用した。また、板倉が負傷から復帰した。 ▽一方、前節のサガン鳥栖戦を1-0で勝利して、3試合ぶり白星飾った磐田は、その一戦から先発メンバーを3人変更。櫻内と山田、上原に代えて小川大貴と松浦、山本を起用した。 ▽試合は序盤から磐田の川又が積極的にゴールに迫る。一方、徐々にボールを保持して攻撃を組み立てる仙台は18分、パスを受けた石原がボックス手前から右足シュート。しかし、わずかにゴール左外へと外れた。 ▽ヒヤリとする場面を迎えた磐田は20分、敵陣中央左でFKを獲得。中村がゴール前へクロスを送ると、川又がファーサイドにフリーで走り込んだが、手前でワンバウンドしたボールにうまく頭を当て切れずゴールとはならない。 ▽その後は仙台の時間帯が続いた。仙台は石原、磐田は川又をターゲットにクロスからチャンスを作ったが互いにゴールは生まれず0-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半、磐田にビッグチャンスが到来。49分、中村のパスを受けたギレルメがボックス左に侵攻してクロス。ファーサイドでフリーとなっていた田口がダイビングヘッドで合わせるも、GK関の好守に阻まれてしまう。 ▽それでも磐田は57分、中村の右足クロスをボックス内の田口が流れるようなトラップからボレーシュート。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球にいち早く反応していた松浦がプッシュして先制点を記録した。 ▽先制に成功した磐田はさらにその1分後、自陣ハーフウェイライン付近右でパスを受けた小川大貴が敵陣に持ち込み、ギアを上げてボックス手前に侵攻すると思い切りよく左足を振り抜く。これがゴール右上隅へと吸い込まれて、あっという間に試合を2-0にする。なお、小川大貴はこれがプロ初ゴール。 ▽連勝に大きく近づいた磐田は82分、敵陣中央右でFKを獲得すると、キッカーの中村がクロスを選択。うまく走り込んだ田口が頭で合わせ、移籍後初ゴールとなるチームの3点目を叩き込んだ。 ▽結局試合は3-0で試合終了。ここまで堅守を誇っていた仙台から3ゴールを奪った磐田が今シーズン初のリーグ戦連勝。一方の仙台は上位キープへ手痛い黒星を喫した。 2018.04.21 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台DF大岩一貴に第一子となる長男が誕生「より謙虚にひたむきに」

▽ベガルタ仙台は20日、17日にDF大岩一貴に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽大岩は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「元気な子を出産してくれた妻と、無事産まれてきてくれた息子に心から感謝しています。新たに家族が増えたことをエネルギーにして、ベガルタ仙台の勝利に貢献していけるよう、より謙虚にひたむきにサッカーに取り組んでいきたいと思います」 ▽大岩は2016年にジェフユナイテッド千葉から加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグにここまで7試合に出場し、現在2位のチームの好調キープに貢献している。 2018.04.21 08:36 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台vs川崎Fの上位対決、熱戦の末ゴールレス《J1》

▽14日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第8節のベガルタ仙台vs川崎フロンターレは、0-0のドローに終わった。 ▽仙台は、出場停止の大岩に代わり、常田がリーグ戦初出場で初先発。対する川崎Fは、エドゥアルド・ネットと小林が欠場となり、守田と知念をスタメン起用した。 ▽2位と5位の上位対決は、互いにボールの主導権を争い合う入りに。その中で、洗練されたコンビネーションサッカーでゴールに迫った川崎Fは、18分に右サイドのエウシーニョがクロスを送る。これに反応したボックス左の家長が頭で合わせるが、惜しくも左ポストの外側を叩く。 ▽続く25分にも、攻勢の川崎Fにビッグチャンス。GKチョン・ソンリョンのフィードキックに反応した知念のポストプレーから阿部のパスをボックス右のスペースに引き出した家長が右足でシュートを放つ。これがゴールの右隅に向かったが、右ポストに嫌われてしまう。 ▽運にも恵まれた仙台もパスサッカーを展開。平岡や金正也がゴールに迫ると、42分に右サイドで谷口の制止を振り切った梁勇基のクロスから野津田がヘディングシュートを放つ。さらに、44分に左サイドから切り込んだ古巣戦の中野が右足でゴールを狙うが、わずか右に外れた。 ▽Jリーグ王者を相手に臆することなくスタイルを貫く仙台は、ゴールレスで迎えた後半の頭にチャンス。後半開始から大久保を起用した川崎Fを尻目に、ドリブルでボックス右に抜け出したジャーメイン良がゴール前にパスを出す。だが、これに味方が合わせられず、不意にする。 ▽こう着状態が続く中、川崎Fは齋藤を途中起用。攻撃の活性化を試みるが、仙台の勢いに後手を踏む展開となり、なかなか厚みのある攻撃を仕掛けられない。結局、試合はゴールレスで終了。2連勝を目指した仙台と4試合ぶりの白星を狙った川崎Fの上位対決は痛み分けに終わった。 2018.04.14 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】昨季ルヴァンの激闘再び…覚醒匂わす若きストライカーに注目《仙台vs川崎F》

▽14日から15日に明治安田生命J1リーグ第8節が開催される。その中でも注目は、ユアテックスタジアム仙台で行われる2位・ベガルタ仙台(勝ち点14)と、5位・川崎フロンターレ(勝ち点11)の上位対決だ。 <span style="font-weight:700;">◆昨年10月の3連戦で激闘繰り広げた両者</span> ▽両者は昨年10月に3度激突し、激しい戦いを演じた。まずはYBCルヴァンカップ準決勝。1stレグでは仙台が前半だけで3得点。川崎Fも後半に2点を返したが、3-2で仙台が先勝した。迎えた2ndレグでは川崎Fが前半に2得点を奪って、2戦合計スコアで逆転。後半に仙台は1点を返して2戦合計スコアを同点としたが、そのままでもアウェイゴール数の差で決勝進出となった川崎Fが90分にトドメを差して3-1。2戦合計スコア5-4で川崎Fが決勝進出を決めた。 ▽さらに両者は、ルヴァンカップ準決勝の激闘から約1週間後、今度はリーグ戦で対戦。J1初優勝へ負けられない川崎Fと、ルヴァンカップのリベンジを企む仙台の一戦は、MF家長昭博の退場で1人少ない状況を強いられていた川崎Fに対して、仙台が2点を先行した。しかし、川崎Fが終盤に怒涛の3ゴールを決めて大逆転勝利。周知の通り、川崎Fはその後、J1初優勝へと加速していった。 <span style="font-weight:700;">◆昨季リベンジで再び連勝街道へ</span>~ベガルタ仙台~ ▽前節の名古屋グランパス戦を3-2で下した仙台は、2試合ぶり白星で2位浮上。2点を先取した前半には渡邉晋監督も「狙いを共有して、良いゲーム運びをできた」と両サイドからの攻撃に満足感を示した。反撃を許した後半に関しては「賢さ、したたかさは、まだまだ足りない」と反省を口にしたものの、メンバーを数人入れ替えた中でのアウェイ戦勝利に自信を得る戦いができたはずだ。 ▽しかし、今節に関しては不安もある。前節、DF大岩一貴が退場し、守備の要不在で川崎Fとの一戦に臨まなくてはならない。リーグで2番目に少ない失点数を誇るディフェンスをどこまで保つことができるか。川崎Fはここ数試合で結果が出ていないものの、得点チャンスは増加しているだけに調子に乗らせると怖い。それは昨季に思い知らされたはず。集中したディフェンスから川崎Fの隙を突き、再び連勝街道に乗りたい。 <span style="font-weight:700;">◆好相性な相手から復調の糸口を</span>~川崎フロンターレ~ ▽一方の川崎Fは、調子が上がらない。前節のセレッソ大阪戦では先制しながらも、逆転負けを喫してリーグ戦3試合未勝利。順位も5位に転落した。試合内容は良くなりつつあるだけに鬼木達監督が挙げる「2点目を取りにいく姿勢」「セットプレーでの守備」は修正したいところだ。 ▽それでも今節に向けてはポジティブな要素もある。前節のC大阪戦ではMF中村憲剛、MF阿部浩之が休養をとり、MF家長昭博も途中出場。DF車屋紳太郎も合流している。鬼木監督も「苦しい時期」と勝てない我慢の時期が続くが、昨年4戦3勝の仙台から4試合ぶり白星を飾り、復調への糸口を掴みたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ベガルタ仙台</span>[3-5-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:関憲太郎 DF:平岡康裕、常田克人、金正也 MF:蜂須賀孝治、富田晋伍、永戸勝也 MF:野津田岳人、中野嘉大 FW:石原直樹、西村拓真 監督:渡邉晋 ▽前節から数人を変更。最終ラインにはDF平岡康裕とDF金正也が復帰し、出場停止の大岩のポジションにはDF常田克人がリーグ戦初出場&初先発を予想する。2シャドーには古巣対決となるMF中野嘉大と、前節2ゴールのFW西村拓真が。1トップは今季3ゴール中のFW石原直樹が務める。また、6年ぶり仙台復帰となったMF関口訓充がベンチ入り濃厚だ。 <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:知念慶 監督:鬼木達 ▽一方、川崎Fは上述通り、前節体調不良で欠場した車屋が復帰。2列目には名古屋戦で途中出場の家長、完全休養の中村と阿部が入る。また、C大阪戦で左足ふくらはぎを痛めたFW小林悠に代わり、知念が先発に入ることになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW西村拓真</span>(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽今季2度目の連勝へカギを握るのは、ここまで3ゴールを記録している西村だ。上述通り、前節ではチームを助ける2ゴール。1点目はボレーシュート、2点目はハーフウェイライン付近からの単独突破から。ここ3試合3ゴールと昨季ルヴァンカップでニューヒーロー賞を獲得した21歳が飛躍を予感させている。ゴールパターンを増やしつつある貪欲なストライカー。川崎Fからゴールを奪い、さらなる自信を掴みたい。 <span style="font-weight:700;">◆FW知念慶</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方の川崎Fは、23歳のFW知念慶を注目選手に挙げる。前節には今季リーグ戦初ゴール。身体能力を生かしたポストプレーと動き出しは光るものがあり、特に動き出しには中村も太鼓判を押すほど。シュート精度に課題を残すものの、ゴールを量産するだけのポテンシャルを秘めている。そして、今節は中村と同じピッチに立つ可能性が。さらに自身のプロ初ゴールは、昨季ユアスタで行われた仙台とのルヴァンカップ準決勝第1戦。川崎F期待のストライカーから目を離してはいけない。 2018.04.13 20:40 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース