超ワールドサッカー

仙台が新シーズンの背番号を発表!! 復帰のシュミット・ダニエルが「1」、新加入の増島は「50」、平山は「9」2017.01.11 18:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は11日、2017シーズンの選手背番号を発表した。

▽仙台は昨シーズン、明治安田生命J1リーグは年間順位12位、YBCルヴァンカップはGL敗退、天皇杯は2回戦敗退を喫した。

▽新加入選手では、柏レイソルから期限付き移籍で加入のDF増嶋竜也が「50」、川崎フロンターレから期限付きで加入のMF中野嘉大が「23」、FC東京から加入のFW平山相太が「9」、浦和レッズから期限付き移籍で加入のFW石原直樹が「11」を着用する。

▽その他、期限付き移籍から復帰するGKシュミット・ダニエルが「1」を着用する。新背番号は以下のとおり。

◆2017シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.シュミット・ダニエル☆←(松本山雅FC)※期限付き移籍満了
21.関憲太郎
22.石川慧

DF
2.永戸勝也☆←(法政大学)※加入
4.蜂須賀孝治
5.石川直樹
13.平岡康裕☆←(清水エスパルス)※完全移籍
27.大岩一貴
32.小島雅也
33.常田克人
50.増嶋竜也☆←(柏レイソル)※期限付き移籍

MF
7.奥埜博亮
8.野沢拓也
10.梁勇基
14.金久保順
16.パブロ・ジオゴ
17.富田晋伍
18.三田啓貴☆←(FC東京)※完全移籍
23.中野嘉大☆←(川崎フロンターレ)※期限付き移籍
24.差波優人
25.菅井直樹
26.藤村慶太
28.佐々木匠
31.茂木駿佑
34.椎橋慧也

FW
9.平山相太☆←(FC東京)※完全移籍
11.石原直樹☆←(浦和レッズ)※期限付き移籍
30.西村拓真

コメント

関連ニュース

thumb

清水に3発完勝の仙台がリーグ5戦ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節の清水エスパルスvsベガルタ仙台が30日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-3で仙台が勝利した。 ▽ここまで3勝2分け3敗で11位の清水と、3勝1分け4敗で13位に位置する仙台が相まみえた。清水は、2-2で引き分けた前節の川崎フロンターレ戦と同様の先発。対する仙台は、3-3で引き分けた前節のサンフレッチェ広島戦から佐々木に代えて梁を起用する1点を変更して試合に臨んだ。 ▽先にチャンスを作ったのは清水で14分、右CKがクリアされたこぼれ球を正面の六平がハーフボレーで叩く。枠をはずれたシュートをゴール前の鄭大世がコースを変えたが、ゴールを捉えることはできない。 ▽前半の半ばにかけても試合の主導権を握る清水は25分、ゴールから遠めの左サイドでFKを獲得すると、キッカーの鄭大世が直接ゴールを狙う。強烈なシュートがファーサイドに飛んだが、わずかに枠の右にはずれ、ここも先制点とはならない。 ▽攻め続ける清水は前半アディショナルタイム、鄭大世がミドルシュートでゴールを狙う。これが枠を捉えるも、GKシュミット・ダニエルのセーブに遭い、清水は攻勢に出ながらも無得点のままハーフタイムを迎える。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから仙台が盛り返す。すると55分、ゴール正面でクロスに反応した三田が角田に倒されてPKを獲得。これをクリスランが確実に沈め、ここまで劣勢だった仙台が先制した。 ▽これで勢いに乗った仙台は、続く67分に加点する。左サイドで仕掛けた永戸がグラウンダーのクロスを入れると、これに正面のクリスランが合わせる。左足でのダイレクトシュートがネットに突き刺さり、クリスランの2発目で仙台がリードを広げた。 ▽完全に主導権を掌握した仙台は、74分に3点目を決める。交代で入った奥埜が左サイドを突破して折り返すと、ニアの石原が合わせる。このシュートはミートせず、右に流れたが、走り込んでいた菅井がゴールに押し込み、仙台が3-0とした。 ▽その後、仙台は清水の反撃凌いで、そのままシャットアウト勝ち。快勝の仙台がリーグ5試合ぶり白星を手にした。 2017.04.30 14:58 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台が椎橋の初ゴールなどで逆転勝利! 清水はフレイレの退場が響き3連敗《YBCルヴァンカップ》

▽26日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第3節のベガルタ仙台vs清水エスパルスがユアテックスタジアム仙台で行われ、3-1で仙台が勝利した。 ▽ルヴァンカップでは2試合を終えて1勝1敗の4位につける仙台と、2試合で2連敗の6位につける清水の一戦。仙台はU-21枠として椎橋、茂木、西村を起用。一方の清水はユースから昇格した立田、そして2種登録の新関を起用した。 ▽試合は立ち上がりからアウェイの清水がペースを握る。8分、ミッチェル・デュークのパスに反応したチアゴ・アウベスが走り込むも、GK関が対応する。 ▽仙台は15分、三田がスペースにパスを出すと、走り込んだ茂木がボックス内左からシュートも、GK植草が対応する。仙台が攻め込む時間帯が続くものの、フィニッシュの精度を欠いて得点を奪えない。すると31分、ミッチェル・デュークからのパスを受けた村田が右サイドをドリブルで持ち上がると、マイナスのボールをチアゴ・アウベスが蹴り込んで、清水が先制する。 ▽先制した清水は34分、この試合がデビュー戦となった新関が前線でボールを奪うとそのまま持ち込みシュート。しかし、GK関がビッグセーブを見せて得点を許さない。その後も清水が攻め込むが、前半アディショナルタイムにアクシデント。セットプレーからバイシクルシュートを狙ったフレイレがこの試合2枚目のイエローカードをもらい、前半で退場となってしまう。 ▽数的不利ながらリードを得て後半を迎えた清水は、新関に代えて村松を投入。しかし、仙台がその立ち上がりを狙い同点ゴールを奪う。46分、ボックス付近で細かくパスをつなぐと、三田が冷静に沈めて同点に追いつく。 ▽同点に追いついた仙台は数的有利の状況を生かして攻勢を強める。すると68分、左サイドでFKを得ると、三田のクロスを椎橋がダイビングヘッド。プロ初ゴールで逆転に成功する。 ▽反撃に出たい清水だったが、選手交代もなかなかはまらず。80分には村田に代えてプロ初出場となる滝を投入。しかし83分、佐々木がセンターサークル付近でスルーパスを出すと、上手く抜けだしたクリスランがそのまま独走。冷静に沈め、リードを2点に広げる。 ▽その後も試合の主導権を握り続けた仙台が、得点を許さずに試合終了。3-1で清水を下した。 2017.04.26 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

計6発の乱打戦はドロー…広島がラストワンプレーで仙台に追いつく! 《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のサンフレッチェ広島vsベガルタ仙台がエディオンスタジアム広島で行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽第7節を終えて、1勝1分け5敗で17位に沈む広島と、3勝4敗で12位につける仙台が激突した。0-1で敗れた前節の横浜F・マリノス戦で今シーズン初の連勝を逃した広島は、その一戦から丸谷と清水に代えて千葉と柏を先発起用。フィリペ・シウバに代えて青山がリーグ戦3試合ぶりの先発復帰を果たした。 ▽一方、前節の鹿島アントラーズ戦で1-4の黒星を喫したリーグ3連敗中の仙台は、広島と同様に先発メンバーを3人変更。石川と藤村、茂木に代えて増嶋と富田、永戸を起用した。 ▽24日をもってクラブ創立25周年を迎える広島が『25周年記念試合』として位置付けた一戦。試合は立ち上がりからホームの広島が仙台ゴールへと迫るも、ラストパスが前線とかみ合わず、シュートまで至らない。 ▽広島は21分、左サイドでボールを受けた柏がカットインから右足を振り抜く。しかし、枠を捉えることができない。 ▽その後もセカンドボールを拾い続け、青山を起点に何度も両サイドの裏を突くも、クロスの精度を欠き、仙台ゴールを脅かすことができない。対する仙台もカウンターから敵陣へ迫るも、攻め上がる枚数が少なく決定機を作ることができない。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、ここまでシュートまで結びつけることができなかった広島が先制に成功する。54分、右サイドの高橋からのクロスをゴール前中央で粘ると、ゴール前左で待ち構えていた柏が右足を振り抜いて、ニアサイドを射抜いた。 ▽待望の先制点を奪った広島は、攻勢を強める。すると60分、左サイドを突破した柏のクロスをファーサイドでアンデルソン・ロペスがダイレクトシュート。これは平岡にブロックされるも、こぼれ球を工藤が押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽立て続けに2点を奪われた仙台が反撃に出る。65分、ボックス手前で富田のパスを受けたクリスランがヒールでボックス左に送ると、走り込んだ三田が左足を振り抜く。しかし、ラインぎりぎりのところで千葉にかき出されてしまう。しかし、その3分後、右サイドを突破した三田がクロスを供給。これに反応した梁勇基が滑りながらも右足で合わせると、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽1点を返した仙台が攻勢を強めると73分、ボックス手前やや左でFKを獲得。これを三田が左足を振り抜いてゴール右上隅を狙うと、バーを叩いてゴールに突き刺した。さらに76分、ボックス手前での細かいパス回しからボックス左外に展開すると、増嶋が柔らかいクロスを供給。これに反応した石原が頭で押し込んだ。 ▽9分間で2点のリードを引っくり返された広島は、その後猛攻を仕掛けるも、守備固めに入った仙台ディフェンスを崩すことができない。 ▽それでも辛抱強く攻勢を続けると、ラストワンプレーでドローに持ち込む。後半アディショナルタイム5分、敵陣中央右から途中出場のミキッチがアーリークロス。ファーサイドに流れたセカンドボールを柏が頭で折り返すと、ゴール前で待ち構えていた柴崎が胸で収めて右足で押し込んだ。 ▽結局、そのまま試合終了。2点のリードを引っくり返されるも、土壇場で追いついた広島だったがメモリアルマッチを勝利で飾ることができず、対する仙台はリーグ戦4試合白星がない。 2017.04.22 16:41 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台が昨年に引き続き仙台大MF山田満夫を特別指定選手として登録

▽ベガルタ仙台は21日、仙台大学に所属するMF山田満夫(22)を2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として申請し、承認されたことを発表した。 ▽2014年に松本山雅FCを退団し、仙台大学へと進学した山田は、昨シーズンにも特別指定選手として登録されていた。しかし、明治安田生命J1リーグでの出場はなかった。 ▽昨季に引き続き特別指定選手として登録された山田は、クラブを通じて以下のコメントを残している。 「昨シーズンに引き続き、ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変光栄に思います。同時にたくさんの方々の協力や支えに深く感謝しております。この経験を通してベガルタ仙台、仙台大学に貢献できるようがんばります。応援よろしくお願いします」 2017.04.21 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島、4発で仙台一蹴! 曽ヶ端&小笠原のJ1通算500試合目に勝利で飾る《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節、ベガルタ仙台vs鹿島アントラーズが16日にユアテックスタジアム仙台で行われ、鹿島が4-1で勝利した。 ▽6節終了時点で、3勝3敗で10位に付ける仙台と、4勝2敗で3位につける鹿島の一戦。前節の浦和レッズ戦で0-7と大敗し、今季初の連敗を喫した仙台は、その一戦から先発メンバーを7人変更。GK関憲太郎と梁、奥埜らに代えてGKシュミット・ダニエルと石原、クリスランを起用した。また、石原はこの試合がJ1通算200試合目となった。 ▽一方の鹿島は、前節のセレッソ大阪戦を0-1で敗れると、12日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・第4節のブリスベン・ロアー戦でも1-2で敗戦。公式戦で連敗中の鹿島は、ブリスベン・ロアー戦から先発メンバーを4人変更した。GKクォン・スンテとレオ・シルバ、金森に代えてGK曽ヶ端と永木、中村を起用。また、鈴木の欠場した前線には、右足首を負傷から復帰した金崎が入った。また、曽ヶ端と小笠原はこの試合がJ1通算500試合目となった。 ▽試合は立ち上がりから激しい攻防が繰り広げられる。まずは鹿島が6分、左サイドの山本からパスを受けた中村がボックス左手前から右足を振り抜く。対する仙台は10分、茂木のクロスをボックス右で収めた石原がシュート性のクロスで折り返す。これをファーサイドに走り込んだ佐々木が頭で合わせるも、わずかに枠を捉えきれない。 ▽試合が落ち着き始めると、次第に鹿島が流れを引き寄せる。19分、敵陣中央で永木が相手のパスをインターセプトすると、そのままボックス内にスルーパス。これに反応した土居がボックス内でシュートを放つも、GKシュミット・ダニエルの好守に阻まれる。 ▽迎えた25分、GK曽ヶ端のゴールキックをハーフウェイライン付近で西が収めると、ドリブルを開始。ボックス手前まで運ぶと、上体フェイントで一人交わし、右足を振り抜いてゴール右隅へと突き刺した。 ▽先制した勢いそのままに鹿島が仙台を攻め立てる。31分、中村が最終ラインの昌子からのスルーパスに反応してボックス内に侵攻すると、石川がたまらずファール。このPKを金崎が落ち着いてゴール右隅へと沈めた。 ▽立て続けに2点を許した仙台は、反撃に転じるもフィニッシュのところで鹿島ディフェンスに抑えられ、シュートを打つことができない。すると鹿島は43分、金崎のパスをボックス右外で受けた遠藤がボックス右の土居とのパス交換から左足を振り抜く。石川の股を抜いたシュートにGKシュミット・ダニエルは一歩も動けず、ボールはそのままゴール左隅へと吸い込まれた。 ▽3点のビハインドで試合を折り返した仙台は、後半立ち上がりに反撃の狼煙をあげる。50分、三田からの左CKをゴール前中央でクリスランが昌子に競り勝ち、頭で押し込んだ。 ▽その後は仙台が押し込む時間帯が続くも、鹿島も応戦。61分、敵陣中央からのスルーパスを受けた中村がボックス手前からシュート。さらに63分、ボックス右深い位置からの金崎の落としを遠藤がボレーシュート。立て続けに仙台ゴールを脅かすも、決め切ることができない。 ▽流れの中でチャンスを作り切れない仙台はセットプレーからゴールに迫る。64分、三田の左CKをゴール前で大岩がヘディングシュート。しかし、これがGK曽ヶ端の正面。さらに75分、三田の左CKが混戦になると、石川が左足でジャンピングボレーを放つも、わずかにゴール右へ外れる。 ▽その後も猛攻を仕掛ける仙台だったが、決め切ることができず。すると鹿島は後半アディショナルタイム2分、三竿のロングボールに反応した途中出場のペドロ・ジュニオールがカウンターからとどめを刺し、試合をクローズ。4発大勝で連敗を脱した鹿島が曽ヶ端と小笠原のメモリアルゲームに花を添えた。一方の仙台はリーグ3連敗を喫した。 2017.04.16 21:38 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース