超ワールドサッカー

京都がMFアンドレイの期限付き移籍期間満了とシャペコエンセ加入を発表「近い日に京都サンガに戻りたい」2017.01.11 18:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は11日、パルメイラスから期限付き移籍で加入していたMFアンドレイ(24)の期限付き移籍期間満了を発表した。また、ブラジル1部のシャペコエンセへの加入も発表している。

▽アンドレイは2016シーズンにパルメイラスから期限付き移籍で京都に加入。ボランチの一角として明治安田生命J2リーグで37試合に出場し5得点を記録したが、期限付き移籍期間の満了に伴い退団が発表されていた。シャペコエンセは9日にアンドレイの加入を発表していた。アンドレイはクラブを通じてコメントしている。

「まずはサポーターとクラブ関係者の皆様に、私を温かく迎え入れて頂き、本当にありがとうございました。とお伝えしたいです」

「皆様のお陰で日本での素晴らしい時間を過ごすことができました。近い日に京都サンガに戻りたい気持ちでいっぱいです。もしその日が来た時は全力でチームの為に目標を達成出来るよう、戦うことを約束致します。最後にサポーターの皆様へ。『あなた達は最高でした!!!』」

コメント

関連ニュース

thumb

元京都のMF奥川雅也、来季からオーストリア1部クラブに

▽オーストリア2部のリーフェリンクは23日、MF奥川雅也(21)が同1部のSVマッテルスブルクに期限付き移籍することを発表した。加入期間は2017-18シーズンまでの1年間となる。奥川とリーフェリンクは先日、2020年まで期限付き移籍期間を延長。そのため、奥川はまた新たに期限付き移籍でSVマッテルスブルクに活躍の場を移すことになる。 ▽「古都のネイマール」との愛称で将来を嘱望された京都サンガF.C.下部組織出身の奥川は、2014年に2種登録でトップチーム入りした後、2015年に正式昇格。同年6月にザルツブルクに加入した。その後、同クラブのセカンドチームにあたるリーフェリンクに期限付き移籍という形で加わり、今シーズンはリーグ戦35試合5ゴールの成績を収めた。 ▽SVマッテルスブルクは、1922年創設のクラブで、かつて大宮アルディージャや清水エスパルスでプレーした元スロベニア代表のミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ氏や、日本代表FW岡崎慎司とレスター・シティで同僚のオーストリア代表DFクリスティアン・フックスも在籍。昨シーズンはリーグ戦7位で終えていた。 2017.06.24 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

京都、U-20日本代表FW岩崎悠人とプロA契約! 目標は「J1昇格に貢献」

▽京都サンガF.C.は20日、U-20日本代表FW岩崎悠人(19)とのプロA契約締結を発表した。5月24日に韓国で行われたU-20ワールドカップ(W杯)2017のグループステージ第2戦、U-20ウルグアイ代表戦で公式試合時間450分以上出場のプロA契約変更条件を満たした。 ▽滋賀県出身の岩崎は京都橘高校から今シーズン入団すると、ルーキーイヤーの今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ14試合1ゴールを記録。先のU-20W杯には、日本代表として2試合に出場を果たしていた。岩崎はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「プロA契約を締結することができ嬉しく思います。チームの目標であるJ1昇格に貢献できるよう、これからも強い気持ちをもってプレーしていきたいと思います」 2017.06.20 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

劇的岡本弾で湘南が同勝ち点で首位追走! 京都は12試合ぶりの黒星…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の湘南ベルマーレvs京都サンガF.C.が17日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、1-0で湘南が勝利した。 ▽ここまで10勝4分け4敗で2位につける湘南(勝ち点34)と、6勝7分け5敗で12位につける京都(勝ち点25)の一戦。まずは、アウェイの京都がゴールを脅かす。10分、パスを受けた大黒が左サイドを突破し、クロスを供給。これは相手DFに阻まれるも、ボックス中央やや左へこぼれたボールに反応した岩崎が右足で叩きつけるボレーシュートを放つ。しかし、GK秋元の好守に阻まれる。 ▽順調な立ち上がりを見せる京都はさらに14分、ボックス右でボールを収めた小屋松の落としをケヴィン・オリスが左足でシュートを放つが、わずかにゴール右を逸れる。 ▽対する湘南も徐々に応戦。24分、ボックス右外でパスを受けた岡本のクロスをニアサイドに飛び込んだジネイが右足で合わせるが、枠を捉えることができない。 ▽攻勢を続ける湘南は38分、秋野の左CKをゴール前中央でアンドレ・バイアがヘディングシュート。しかし、これはゴール右へと外れてしまう。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、京都が後半立ち上がりにチャンスを迎える。51分、敵陣中央右でFKを獲得すると、キッカーの石櫃がクロスを選択。これは飛び出したGK秋元にパンチングで防がれるも、ファーサイドに流れたボールを本多が丁寧にゴール左隅を狙うが、カバーに入った山根にクリアされてしまう。 ▽一方の湘南も65分、右サイドを突破した岡本のクロスをボックス中央に走り込んだ端戸がヘディングで合わせる。強烈なシュートはゴール左隅を捉えるが、GK菅野がファインセーブでこのピンチを防ぐ。 ▽ゴール前に迫るも決めきれない湘南はさらに71分、スルーパスに反応し、ボックス内へ侵攻した石川のラストパスをゴール前右で受けた途中出場の表原が右足で押し込む。これはGK菅野に阻まれるが、さらにこぼれ球を岡本がシュート。今度は相手DFの懸命なブロックに阻まれる。 ▽その後も互いにチャンスを作り出すも、最後のところで決めきれない両者の試合は、試合終了間際に湘南が劇的ゴールで試合を決定づける。後半アディショナルタイム1分、ボックス左外でボールを収めた杉岡がドリブルでDF2枚を交わして、ボックス内へと侵攻。そのままファーサイドにグラウンダーのクロスを供給すると、走り込んだ岡本が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、試合終了。土壇場のゴールで勝利を飾った湘南は連勝を飾って、首位福岡を同勝ち点で追走。対する京都は、12試合ぶりの黒星となった。 2017.06.17 22:12 Sat
twitterfacebook
thumb

京都DF本多勇喜が人身事故...被害女性は擦り傷や打撲の軽傷

▽京都サンガF.C.は12日、DF本多勇喜が11日に交通事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、事故は11日の午前11時ごろに発生。普通自動車を運転していた本多は、信号のない交差点から直進しようとした際、左方向から直進してきた女性が運転する自転車と接触したという。 ▽なお、女性は転倒し擦り傷や打撲などの軽傷を負い、本多にはケガがなかったことも併せて報告。事故発生後、速やかに警察等、関係各所に連絡して対応したとしている。 ▽京都は、本多に対して厳重注意を行うと共に、再発防止に向けて、選手、スタッフ、職員などに安全運転への教育を再度徹底していくことを伝えている。 2017.06.12 15:57 Mon
twitterfacebook
thumb

10戦負け無し! 3得点勝ち切った京都は12位浮上《J2》

▽5日に明治安田生命J2リーグ第17節のロアッソ熊本vs京都サンガFCが、えがお健康スタジアムで行われ、3-0で京都が勝利した。 ▽19位に沈む熊本(勝ち点15)は前節、水戸戦に2-3で敗れホーム4連敗を喫した。対する京都(勝ち点21)は9戦負け無しも、16位と浮上しきれずにいる。 ▽3分、ファーストシュートは熊本だった。安柄俊の競り合いから、DFラインの裏へ落ちたボールをグスタボが拾う。持ち上がって強烈なシュートを放つも、これはポストに弾かれた。 ▽黙っていない京都は6分、本多が左の浅い位置からグラウンダーのクロスを送る。伊東が抜け出し、ワンタッチで合わせたが枠を外してしまう。お互いに攻撃的に試合を進めるが、得点が入らない。 ▽先に試合を動かしたのは京都だった。23分、本多が左サイドからふわりとしたクロスを上げる。これに飛び込んだのはケヴィン・オリスだった。ミスマッチとなった片山を引きずりながら頭で合わせ、ゴールへと流し込んだ。 ▽得点で落ち着きを得た京都は、ケヴィン・オリスや闘莉王にボールを当てつつ、ゆったりとボールを動かす。試合を振り出しに戻したい熊本は、29分、31分と黒木が抜け出しクロスを上げるシーンが続くも、ことごとくはね返される。 ▽折り返して48分、京都が熊本を突き放す。ロングスローから直接ケヴィン・オリスへボールを送ると、ボックス内で潰されながらも上手く小屋松へ落とす。小屋松が冷静に押し込み、追加点とした。 ▽さらに51分、京都が試合を決定付ける。片山がボックス内で闘莉王を倒してしまい、判定はPKとなる。キッカーを務めたケヴィン・オリスが勢いよく蹴り込み、ダメ押しの3点目が決まった。 ▽攻勢をかける熊本は87分、クロスを受けた植田がボックス内中央で絶好機を迎える。しかし、勢いよく放ったシュートは三度ポストに嫌われた。結局、熊本は厚くなった京都の守備を前に一矢を報いることもできず。試合は京都の完勝で幕を閉じた。 ▽この試合で10試合無敗となった京都(勝ち点24)は順位4つ上げ、12位となった。対して、熊本(勝ち点15)はホームでの4連敗目という結果となっている。 2017.06.05 21:17 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース