京都がMFアンドレイの期限付き移籍期間満了とシャペコエンセ加入を発表「近い日に京都サンガに戻りたい」2017.01.11 18:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は11日、パルメイラスから期限付き移籍で加入していたMFアンドレイ(24)の期限付き移籍期間満了を発表した。また、ブラジル1部のシャペコエンセへの加入も発表している。

▽アンドレイは2016シーズンにパルメイラスから期限付き移籍で京都に加入。ボランチの一角として明治安田生命J2リーグで37試合に出場し5得点を記録したが、期限付き移籍期間の満了に伴い退団が発表されていた。シャペコエンセは9日にアンドレイの加入を発表していた。アンドレイはクラブを通じてコメントしている。

「まずはサポーターとクラブ関係者の皆様に、私を温かく迎え入れて頂き、本当にありがとうございました。とお伝えしたいです」

「皆様のお陰で日本での素晴らしい時間を過ごすことができました。近い日に京都サンガに戻りたい気持ちでいっぱいです。もしその日が来た時は全力でチームの為に目標を達成出来るよう、戦うことを約束致します。最後にサポーターの皆様へ。『あなた達は最高でした!!!』」

コメント

関連ニュース

thumb

京都、山本翔普及部コーチが人身事故...被害男性は腰、肩などの痛みがあり現在治療中

▽京都サンガF.C.は27日、普及部コーチを務める山本翔氏の運転する普通自動車が人身事故を起こしたことを発表した。 ▽発表によると、山本氏の運転する普通自動車は2月15日(水)17時40分ごろ、京都府宇治市大久保町成手1-27付近にて、信号待ちで停車しているバイクに後方より追突したようだ。 ▽同氏は事故発生後、速やかに警察へ届け出、状況を説明し、事故処理をおこなったとのこと。なお、被害男性は、腰、肩などの痛みがあり、病院で治療中だ。 ▽京都は、今回の事故を受けて以下のような声明を発表している。 「このような事故が発生いたしましたことを、交通事故に遭われた方、また関係者の皆様へ心よりお詫び申し上げます。また、今回の件を真摯に受け止め、弊クラブでは選手、スタッフ、職員などに安全運転への教育を再度徹底してまいります」 2017.02.27 15:02 Mon
twitterfacebook
thumb

京都を退団していたFWダニエル・ロビーニョ、MF和田篤紀が韓国のソウルイーランドFCへ完全移籍

▽京都サンガF.C.は15日、昨シーズン限りで退団したFWダニエル・ロビーニョ(28)、MF和田篤紀(24)が韓国のソウルイーランドFCへと完全移籍することを発表した。 ▽ダニエル・ロビーニョはザスパクサツ群馬から2015年に京都に加入。京都では明治安田生命J2リーグで47試合に出場し6得点を記録していた。 ▽和田は関西大学から2015年に京都へ入団。明治安田生命J2リーグで9試合に出場。昨シーズンはリーグ戦での出場機会がなかった。 2017.02.15 17:28 Wed
twitterfacebook
thumb

山口、MF佐藤健太郎の加入発表…昨季まで京都でプレー

▽レノファ山口FCは11日、昨シーズンまで京都サンガF.C.に所属していたMF佐藤健太郎(32)が加入することを発表した。背番号は5番に決定している。 ▽2007年にモンテディオ山形でプロキャリアをスタートさせた佐藤はその後、ジェフユナイテッド千葉を経て、2016シーズンから京都に加入。明治安田生命J2リーグ34試合に出場したものの、同シーズン終了後の退団が発表されていた。 ▽山口に加入することになった佐藤は、クラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。 「初めまして佐藤健太郎です。レノファ山口でプレーできることを嬉しく思います。1日でも早くチームに馴染めるように全力で取り組みますのでよろしくお願いします」 2017.02.11 13:27 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季で現役を引退し矢島卓郎氏…11年間の現役生活を振り返り「最初に指導を受けたのが健太さんで良かった」

▽昨シーズン限りで11年間に渡る現役生活を退いた矢島卓郎氏が、リーガ・エスパニョーラを放送するWOWOWで初の解説に臨んだ。 ▽矢島氏は、1月8日に行われたアスレティック・ビルバオvsアラベスのゲスト解説を担当。自身初となる解説を前に、超ワールドサッカーでは矢島氏にインタビューを実施。11年間に渡る現役生活を振り返っていただいた。(インタビューは1月8日に実施) <span style="font-weight:700;">◆矢島卓郎氏</span> <span style="font-weight:700;">──11年間の現役生活お疲れ様でした。振り返っていただいでどのような11年間でしたか</span> 「思うようにはいかなかったですが、改めて高校や大学の自分の経歴を考えると、プロになれるかどうかという意識でした。プロに入った時も何年できるか、10年以上できるとは自分でも思っていませんでした。最初の1年、2年が勝負だなという感じでした。そこからはもっと上に行きたいという思いがあったなかで、なかなかやりきれなかった部分があります。ただ、昔から考えると長くやらせてもらえたなという感じでした」 <span style="font-weight:700;">──清水エスパルスに入団し、川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、そして京都サンガF.C.と11年間プレーされました。現役生活で最も印象に残っていることはなんでしょうか</span> 「プロになりたいという思いは大学の頃からありましたが、いざプロになって自分の意識の低さやサッカーへの姿勢、普段の生活の部分など、凄く甘いんだなということを思い知らされました。(長谷川)健太さんに物凄く怒られて、やっと意識が変わったなという感じです。大卒で最初に指導を受けたのが健太さんで良かったなと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170127_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">──その後、特別指定でも加入していた川崎フロンターレに移籍しました。移籍された当時の心境などは</span> 「特別指定で行かせていただいたにも関わらず、大学を出るときに違うチームに行ってしまった僕に対して、オファーをくれました。移籍に関しては凄く悩んでいましたが、返事も長く待っていただいたりして、ありがたいなと思っていました。自分にとっては一番愛着のあるチームです。(在籍期間が)長かったという部分と、フロンターレの会社の人や選手の人がいろいろな点で思い出に残っています」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170127_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">──横浜F・マリノスではケガが長引くなど苦しい時期を過ごされたと思います</span> 「フロンターレに入ったときもケガが多く、迷惑をかけたことも多かったですが、使ってもらっていました。マリノスではケガの影響もあってなかなか試合に出られなくなって、選手としては一番苦しい時期でした。ただ、すごく良い経験をさせてもらったというか、伝統のあるクラブでプレーできました。苦しんだこと、そして色々な選手とプレーできたことは良い経験でした」 <span style="font-weight:700;">──そして、現役最後に京都サンガF.C.でプレーされました。これまでとは大きく環境が変わったと思います</span> 「半年ぐらいケガで休んだので、難しい部分はありました。環境の違いやカテゴリの違いは関係なく、みんながサッカー好きで、J1でもJ2でも毎日一生懸命トレーニングをして試合に向かうというのは当然一緒でした。京都は若い選手が多く、チームがJ1に上がれば選手自身ももっと成長できる環境があったのでJ1に上げられなかったことが残念です」 <span style="font-weight:700;">──川崎フロンターレで一緒にプレーしたMF山瀬功治(現アビスパ福岡)選手とは再び一緒にプレーすることになりました。馴染みやすかったとかはありましたか?若い選手も多いチームでしたが</span> 「チームとしては今までで一番若かったです。僕が上から2番目とかだったので。それまでは先輩がもっと居る環境でやっていたので、20歳前後の選手が凄く多かったのと、ケガで練習できていない期間が長かったので、馴染むのが一番苦労したチームでした」 <span style="font-weight:700;">──現役時代は海外移籍の話が出た時期もありましたが、海外でのプレーなどを考えた時期はありましたか</span> 「ありましたね。僕はオランダから話があったんですが、自分では考えたこともなかったです。ただ、話があるとなってから考えてみると、行きたいなという思いはありました。ただ、なかなか実現できなかったです。Jリーグでも外国人選手は良くも悪くもタイプが全然違っていたので、やっていて楽しかったので、周り全員が外国人選手だったら面白いんだろうなとは思っていました」 <span style="font-weight:700;">──体格やプレーを含め、日本人離れしたタイプのストライカーだったと思いますが、そういった点でも勝負したい思いがあったということでしょうか</span> 「やってみたかったですし、若い時からもっと自分の特長を出せたりすれば良かったのかなとは思います」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr style="background-color:#000000;height:2px;border:none;">スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ WOWOWでは毎節最大5試合を生中継! <a href="https://goo.gl/voE6ZE" target="_blank">WOWOW番組オフィシャルサイト</a><hr style="background-color:#000000;height:2px;border:none;"></div> 2017.01.27 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

京都、FWキロスのブラジルクラブ移籍を発表…昨季J2で10試合1得点

▽京都サンガF.C.は22日、ブラジル人FWキロス(28)が母国クラブのレゼンデに移籍することを発表した。 ▽キロスは、昨シーズンの7月にアトレチコ・ド・ポルト(ブラジル)から加入。明治安田生命J2リーグ10試合1得点を記録していた。 ▽新シーズンを前に京都を退団することになったキロスは、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「今までのサッカー人生で、1番熱い応援を感じたサポーター、そしてチームメイト、スタッフの皆さま、半年という短い間でしたが、ファミリーとして迎え入れて頂き、ありがとうございました。近いうちに京都サンガF.C.がJ1に昇格することを願っています。私も日本で再びプレーできるよう、ブラジルで頑張ります」 2017.01.22 17:38 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース