京都がMFアンドレイの期限付き移籍期間満了とシャペコエンセ加入を発表「近い日に京都サンガに戻りたい」2017.01.11 18:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は11日、パルメイラスから期限付き移籍で加入していたMFアンドレイ(24)の期限付き移籍期間満了を発表した。また、ブラジル1部のシャペコエンセへの加入も発表している。

▽アンドレイは2016シーズンにパルメイラスから期限付き移籍で京都に加入。ボランチの一角として明治安田生命J2リーグで37試合に出場し5得点を記録したが、期限付き移籍期間の満了に伴い退団が発表されていた。シャペコエンセは9日にアンドレイの加入を発表していた。アンドレイはクラブを通じてコメントしている。

「まずはサポーターとクラブ関係者の皆様に、私を温かく迎え入れて頂き、本当にありがとうございました。とお伝えしたいです」

「皆様のお陰で日本での素晴らしい時間を過ごすことができました。近い日に京都サンガに戻りたい気持ちでいっぱいです。もしその日が来た時は全力でチームの為に目標を達成出来るよう、戦うことを約束致します。最後にサポーターの皆様へ。『あなた達は最高でした!!!』」

コメント

関連ニュース

thumb

京都DF田中マルクス闘莉王が快挙、DF登録初のJ通算100得点達成

▽京都サンガF.C.に所属する元日本代表DF田中マルクス闘莉王(36)がDF登録の選手としてJリーグ初の通算100得点を達成した。 ▽闘莉王は、14日に行われた明治安田生命J2リーグ第27節のロアッソ熊本戦(2-1で京都が勝利)に先発。1-1で迎えた71分にDF石櫃洋祐の右CKから自身のシーズン15得点目となる逆転のヘディングシュートを決めた。 ▽2001年にサンフレッチェ広島でキャリアをスタートさせた闘莉王は、水戸ホーリーホック、浦和レッズ、名古屋グランパスへの在籍を経て、J1通算75得点、J2通算25得点をマーク。プロ17シーズン目での快挙達成となる。 2017.10.14 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「奥さんのパワーを改めて感じています」 京都DF土屋征夫に第6子が誕生

▽京都サンガF.C.は10日、DF土屋征夫(43)に第6子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽女の子の赤ちゃんは昨日9日、6時3分に誕生したとのこと。今季リーグ戦6試合に出場している土屋は、クラブ公式サイトを通じて、「奥さんのパワーを改めて感じています。8人家族でこれからもチームのように協力していきたいと思います」と喜びのコメントを残した。 2017.10.10 17:41 Tue
twitterfacebook
thumb

京都が讃岐に4発完勝で2連勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第36節が8日に行われ、カマタマーレ讃岐(20位/勝ち点35)vs京都サンガF.C.(17位/勝ち点42)は0-4で京都が勝利した。 ▽試合は12分、ボックス内で田中マルクス闘莉王がユン・ソンホに倒されて京都がPK獲得。これを闘莉王が自ら沈めて京都が先行する。さらに京都は18分、バイタルエリアからドリブルでボックス左に侵入したイ・ヨンジェがシュートを決めて2-0とした。さらに33分にはスローインから味方が頭でつないだところにゴール正面へ抜け出した小屋松がネットを揺らし、3点差とする。 ▽前に出るしかない讃岐は迎えた後半、60分に左サイドで獲得したFKでアレックスがゴール前に入れたクロスに原がヘッド。このシュートがゴール右を捉えるが、GK清水のファインセーブに遭う。すると64分、左サイドを抜け出したイ・ヨンジェがそのままボックス右に侵入してゴールを決めて、京都が4-0とする。 ▽その後、京都は讃岐の反撃をシャットアウトしてクリーンシートで完勝。京都は2連勝で4戦負けなしとしている。 2017.10.08 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

京都、エスクデロ競飛王が左膝蓋腱断裂で手術

▽京都サンガF.C.は5日、FWエスクデロ競飛王が左膝蓋腱(しつがいけん)断裂の負傷で手術したことを発表した。 ▽エスクデロ競飛王は、9月30日に行われた明治安田生命J2リーグ第35節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷。左膝蓋腱断裂と診断され、京都市内の病院で手術を行ったとのことだ。 ▽エスクデロ競飛王は今季、リーグ戦21試合に出場。ここまでゴールはなかった。 2017.10.05 10:49 Thu
twitterfacebook
thumb

アディダス史上国内初となるフットウェア開発施設「adidas footwear lab」が神戸にオープン! 岩崎悠人「関西にできるのは驚き」

▽マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社は2日、アディダス史上日本国内初となるフットウェア開発施設の開業を発表した。場所は兵庫県神戸市、名称は「adidas footwear lab(アディダス フットウェアラボ)」となり、10月4日(水)に開業する。 ▽「adidas footwear lab」は、2020年に向け、世界の舞台で戦うアスリートのフットウェアカスタマイズ、およびグローバルで展開する定番商品のフットウェア開発を行う新たな施設となる。 ▽「adidas footwear lab」のオープンにあたり、松井千士(サントリーサンゴリアス/ラグビー)、岩崎悠人(京都サンガF.C./フットボール)、一山麻緒(ワコール/女子陸上)が2日に行われた記者発表会にゲストとして登場。トークシセッションを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20171002_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽「adidas footwear lab」の印象について松井は「まだ実際には見ていないですが、最先端の技術があるラボで自分のシューズを作れるのは楽しみです」とコメント。岩崎は「僕はホームタウンが京都なんですが、こんなに素晴らしい施設が関西にできると聞いて驚いています」と驚きを露わにした。また、一山は「京都から神戸まで電車で1時間ぐらいあれば行ける距離なので、チームみんなで行きたいなと思います」と、実際に訪れたいと語った。 ▽また、フットウェアへのこだわりについて松井は「ラグビーは上下だけのスポーツではなく、横にも動く激しいスポーツなので、柔らかさであったりとか、フィット感でシューズを選んでいます」と足への負担を減らすフィット感を重視していると明かした。 ▽岩崎のこだわりは「アッパーのフィット感を一番重視しています」とコメント。「しっくりくると、ボールコントロールもスムーズになるので、フィット感を重視しています」と語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20171002_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽5000mやクロスカントリーで活躍する一山は「普段の練習ではできるだけ足に負担がかからないように、ウルトラブーストを使っていて、本番では少しでも軽い方でも足のサイズに合わせて作ってもらったシューズを履いて試合に出ています」と語り、練習とレースでシューズを変えていることを明かした。 ▽また、2020年に向けての意気込みを問われると、松井は前年に行われるラグビー・ワールドカップについても言及。「2020年もそうですが、ラグビーでは2019年にラグビー・ワールドカップの日本大会があるので、まずそこで日本代表に入り活躍して、2020年の東京オリンピックで日本代表として、そしてこのラボで作られたシューズを履いて活躍できるように頑張って行きたいです」と意気込みを語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20171002_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽U-23日本代表としてのオリンピック出場が期待される岩崎は「2020年は日本が凄く盛り上がる年だと思うので、日本代表としてもアディダス契約選手としてもしっかり活躍できるように頑張って行きたいと思います」と、本大会での活躍を宣言。また、一山は「陸上ではトラック種目とマラソン種目の両方がありますが、一番はマラソン選手として出場して、福士先輩と一緒に東京オリンピックマラソンに出場することが目標です」と語り、マラソンでの出場という目標を口にした。 ▽「adidas footwear lab」は、世界最先端レベルの計測、テスト機器、さらにハイスペックの製靴機器を備えた、アディダス史上日本国内初のフットウェア開発拠点となる。1999年からアディダス シューズ クリエイションアドバイザーとしてアディダスの事業に関わり、「adizero(アディゼロ)」の生みの親でもある、大森敏明氏がディレクターに就任。選び抜かれた経験豊富なスタッフと共に、次世代シューズの開発を行っていく。 ▽また、アスリート向けシューズのカスタマイズサポートを行い、そのノウハウを活かして、ラスト(木型)開発、アッパーデザイン監修、パターン作成を中心とする、グローバル展開の定番商品開発も担うことになる。その他、アディダスシューズ販売者に対するフットウェア専門教育や、世界中のシューズクリエイターに対し、次世代に向けた人材育成も行っていく。 【adidas footwear lab】 ■ロゴ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20171002_6_tw5.jpg" style="max-width: 80%;"></div> ■名 称:adidas footwear lab(アディダス フットウェアラボ) ■所在地:兵庫県神戸市長田区一番町5丁目8 ■開業日:2017年10月4日 ■面 積:906.86㎡(地下1階~2階までを含む延床面積) ■主な利用対象者:アスリート、アディダスフットウェア販売関係者、シューズクリエイター等 ■主な役割: ・アスリート向けのフットウェアのカスタマイズサポート ・ラスト(木型)開発、アッパーデザイン監修、パターン作成などを中心とする定番商品開発(ドイツ本社が指揮する商品開発の一部の開発工程をサポート) ・国内の店舗スタッフや販売パートナーへのフットウェアの専門教育全般 ・世界中のシューズクリエイターに対する人材教育 上記全てにおいて、adidas footwear lab ディレクターの大森敏明氏が監修。 2017.10.02 22:16 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース