水戸がFW萬代宏樹、FW宮本拓弥との契約を更新!!2017.01.11 17:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽水戸ホーリーホックは11日、FW萬代宏樹(30)、FW宮本拓弥(23)との契約を更新することを発表した。

▽萬代は2016シーズンの明治安田生命J2リーグで13試合1ゴールをマーク。宮本は16試合2ゴールを奪う活躍を見せた。両選手はクラブ公式サイトを通じてコメントを残している。

◆FW萬代宏樹
「2017シーズンも水戸でプレーさせていただきます。昨年味わった悔しさを糧に、頑張りたいと思います。今年もバンダイビジュアルと共に萬代宏樹をよろしくお願いします」

◆FW宮本拓弥
「今シーズンも水戸ホーリーホックの一員としてプレーすることができることになりました。サポーターの皆さまと共に戦い、水戸ホーリーホックの勝利の為に粉骨砕身の覚悟で頑張りたいと思います!よろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

福岡、ウェリントン弾で追いつきドロー…水戸は林弾で先制も逃げ切れず《J2》

▽22日に明治安田生命J2リーグ第9節の水戸ホーリーホックvsアビスパ福岡がケーズデンキスタジアム水戸で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のザスパクサツ群馬との“北関東ダービー”に勝利して3試合ぶりの白星を飾った13位の水戸(勝ち点10)が、V・ファーレン長崎との“バトル・オブ・九州”を制して4試合ぶりの白星となった6位の福岡(勝ち点14)を迎えた。 ▽互いに[4-4-2]のフォーメーションで入った一戦は、2分にカウンターから持ち上がった水戸は、右サイドから崩すと中央にボールが溢れる。これを内田が右足で狙うが、惜しくもポストを叩いてしまう。福岡も6分、スルーパスに抜け出したウィリアン・ポッピがGKとの一対一を迎える。ここはGK笠原が止めて、こぼれ球を拾ったウェリントンのシュートもクロスバーを越えてしまった。 ▽すると11分、水戸は高い位置でボールを奪うと橋本がミドルレンジからシュート。これをGKがこぼしたところに林が押し込んで水戸が先制した。追いかける展開となった福岡は23分にアクシデント。セットプレーの流れでGK杉山が相手選手と交錯。脳震とうのチェックが行われ、プレー続行は不可能と判断されてGK兼田と交代となった。 ▽その後は福岡がボールポゼッションを高めていくが、ファイナルサードまで持ち込みながらシュートを放てず。一方の水戸は、カウンターから相手陣内へとボールを運び、ボックス内へ斜めのランニングからシュートまで持ち込むが決めきれず。前半は水戸の1点リードで終えた。 ▽後半立ち上がりに福岡は濱田を下げてジウシーニョを投入するなど攻撃的なカードを切る。51分にはジウシーニョのスルーパスから右サイドの亀川がクロス。中で石津が頭で合わせたが、ボールはゴールマウス左へとそれていった。しかし59分、裏に抜け出した石津が粘ってボールをキープ。そこからジウシーニョがクロスを上げるとニアのウィリアン・ポッピがスルーし、後ろから入ってきたウェリントンが押し込んで、福岡が試合を振り出しに戻した。 ▽水戸は交代カードを切りながら勝ち越しを目指す。72分には相手陣内中央でボールを受けた内田がアーリークロスを入れると、ボックス内の前田が競り勝って頭で合わせる。しかしボールは枠を捉えきれなかった。78分にも相手のクリアミスを拾った湯澤が狙うが、このチャンスも決めきれない。 ▽福岡も78分に左サイドで仕掛けた下坂がマイナスのクロスを入れる。ウェリントンがダイレクトで狙うが、こちらもクロスバーを越えてしまい勝ち越しとはならず。終盤はカウンター合戦の中、お互いにゴール前でチャンスを作りながら決めきれず。試合はそのまま終了を迎え、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.04.22 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

林のゴールを守り切った水戸が群馬との“北関東ダービー”を制する!《J2》

▽15日、明治安田生命J2リーグ第8節のザスパクサツ群馬vs水戸ホーリーホックが正田醤油スタジアム群馬で行われ、0-1で水戸が勝利した。 ▽今シーズンここまで0勝1分け6敗で最下位の群馬と、2勝1分け4敗の17位に位置する水戸の“北関東ダービー”。群馬は1-1のドローに終わった前節のジェフユナイテッド千葉戦と同じ11人をピッチに送り出す。対する水戸は前節のFC岐阜戦で2-1と敗戦。伊藤に変えて、細川を最終ラインに起用した。 ▽試合は序盤からアウェイの水戸が主導権を握る。4分、前田がスピードを生かして最終ラインの裏を突くと、ボックス右からシュート。しかし、これはGK清水がセーブする。 ▽その後も攻め立てる水戸は21分、ボックス右から白井がグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ林が蹴り込み、水戸が先制する。 ▽先制した水戸はその後も攻勢をかける。対する群馬は、30分に石田に代えて高橋を投入。早い時間帯でカードを切り、今シーズン初勝利を目指す。 ▽水戸が1点リードで前半を折り返すと、後半は群馬が反撃。47分、舩津のパスを高井がボックス内で受けるも、シュートは打てず。水戸は群馬の攻撃に対し、引いて守りを固める。 ▽スペースができたことで反撃の糸口を見つけたい群馬は、右サイドの川田を中心に攻撃。56分には川田が右サイドの深い位置からクロス。高井が頭で合わせ、最後は山岸がシュートもミートできない。 ▽押し込まれていた水戸だったが、徐々にペースを取り戻す。64分、前田がボックス内で相手DFをかわしシュート。しかし、GK笠原がセーブする。73分には佐藤弘のクロスに反応した林がシュートも、枠を外してしまう。 ▽その後も攻め込みながら守備時にはリスクを犯さずに引いて守った水戸が1点を守り切りタイムアップ。水戸が0-1で“北関東ダービー”を制し、通算成績を12勝14分け7敗とした。一方の群馬は8試合を終えて未だ勝利がない苦しい状況が続いている。 2017.04.15 17:08 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸が磐田MF清水貴文を期限付きで獲得

▽水戸ホーリーホックは25日、ジュビロ磐田に所属するMF清水貴文(24)を期限付きで獲得したことを発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。 ▽2015年に中京大学から磐田に加入した清水は、昨年の明治安田生命J1リーグに1試合、YBCルヴァンカップに4試合、天皇杯に2試合出場していた。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 ▽水戸への期限付き移籍が決定した清水は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「初めまして。ジュビロ磐田から期限付き移籍で加入することとなりました清水貴文です。水戸でプレーできる事を大変うれしく思います。水戸のJ1昇格に貢献できるように、自分の力を出し切りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆ジュビロ磐田 「この度、水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました。この2年間思うような結果は残せませんでしたが、新天地では新たな気持ちで、自分に厳しく、結果にこだわって戦ってきます。みなさんにまた成長した姿をお見せできるように頑張ります。引き続き、応援よろしくお願いします。ジュビロ磐田のJ1での活躍を応援しています」 2017.03.25 22:02 Sat
twitterfacebook
thumb

今季2勝目を目指す両チームの一戦はホームの水戸が1点を守り切る!!《J2》

▽25日に明治安田生命J2リーグ第5節の水戸ホーリーホックvs愛媛FCがケーズデンキスタジアム水戸で行われ、1-0で水戸が勝利した。 ▽開幕から4試合を終えて1勝3敗の17位に位置する水戸(勝ち点3)が、1勝2分け1敗の14位・愛媛(勝ち点5)をホームに迎えた。 ▽試合はアウェイの愛媛が前線から積極的にプレスを仕掛けて主導権を握りにかかる。しかし5分、左サイドで裏を取った湯澤がボックス左からマイナスのボールを入れると、中央でフリーとなっていた林がプッシュ。これがネットを揺らして、水戸が最初のチャンスを決めきった。 ▽追いかける愛媛は、11分に左サイドを突破した白井が上げたクロスに、近藤が頭で合わせるもボールは枠の外へ。その後もボールを持つ場面は作り出せるものの、自陣でブロックを敷く水戸の守りを崩せない。30分に仕掛けたカウンターでは右サイドの小池がボックス手前から右足で狙うが、ここもボールは枠越えてしまった。 ▽逆に水戸は38分、右CKからまたも中央でフリーとなっていた林が頭で合わせる。強く叩きつけた シュートは枠を捉えきれず、水戸も追加点のチャンスを逸して前半を終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半も、アウェイの愛媛が積極的に攻め込み、水戸がブロックを敷いて対応する構図となる。62分には途中出場の有田が、ボックス内へこぼれたボールに反応してシュートを放つも右のサイドネットを揺らす。 ▽水戸も64分にボックス手前中央で横パスを受けた佐藤が左足を一閃。強烈なシュートだったが、ボールは落ちきれずにクロスバーを叩き、追加点を奪うことはできない。今度は愛媛に決定機。70分に左サイドに持ち出した小池のクロスに近藤がフリーで合わせたが、GK笠原がパンチングでこのピンチを防いだ。 ▽試合終盤にかけては愛媛が、早めにボックス内へとボールを蹴り込んで1点を目指す。しかし最後まで水戸のゴールをこじ開けることはできず。水戸が1点を守り切り今季2勝目をマークした。 2017.03.25 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸がDF佐藤和樹の入籍を発表「家族のため、クラブのために全力で頑張る」

▽水戸ホーリーホックは21日、DF佐藤和樹(23)の入籍を発表した。なお、お相手は一般の方であり、プロフィール等の公表は差し控えるとのことだ。 ▽クラブの発表によると、佐藤は3月10日に入籍したとのこと。佐藤はクラブを通じてコメントしている。 「私事ですが、3月10日に結婚いたしました。さらに気を引き締め、家族のため、クラブのために全力で頑張ります。今後も変わらぬ応援の程、よろしくお願いいたします」 ▽佐藤は名古屋グランパスの下部組織出身で、2012年にトップチームへと昇格。2016年に水戸へと完全移籍を果たしていた。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで11試合に出場。今シーズンはまだ出場機会がない。 2017.03.21 17:54 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース