水戸がFW萬代宏樹、FW宮本拓弥との契約を更新!!2017.01.11 17:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽水戸ホーリーホックは11日、FW萬代宏樹(30)、FW宮本拓弥(23)との契約を更新することを発表した。

▽萬代は2016シーズンの明治安田生命J2リーグで13試合1ゴールをマーク。宮本は16試合2ゴールを奪う活躍を見せた。両選手はクラブ公式サイトを通じてコメントを残している。

◆FW萬代宏樹
「2017シーズンも水戸でプレーさせていただきます。昨年味わった悔しさを糧に、頑張りたいと思います。今年もバンダイビジュアルと共に萬代宏樹をよろしくお願いします」

◆FW宮本拓弥
「今シーズンも水戸ホーリーホックの一員としてプレーすることができることになりました。サポーターの皆さまと共に戦い、水戸ホーリーホックの勝利の為に粉骨砕身の覚悟で頑張りたいと思います!よろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

水戸がDF佐藤和樹の入籍を発表「家族のため、クラブのために全力で頑張る」

▽水戸ホーリーホックは21日、DF佐藤和樹(23)の入籍を発表した。なお、お相手は一般の方であり、プロフィール等の公表は差し控えるとのことだ。 ▽クラブの発表によると、佐藤は3月10日に入籍したとのこと。佐藤はクラブを通じてコメントしている。 「私事ですが、3月10日に結婚いたしました。さらに気を引き締め、家族のため、クラブのために全力で頑張ります。今後も変わらぬ応援の程、よろしくお願いいたします」 ▽佐藤は名古屋グランパスの下部組織出身で、2012年にトップチームへと昇格。2016年に水戸へと完全移籍を果たしていた。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで11試合に出場。今シーズンはまだ出場機会がない。 2017.03.21 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

シモビッチ今季初弾の名古屋が水戸下して3試合ぶり白星《J2》

▽18日に行われた明治安田生命J2リーグ第4節の名古屋グランパスvs水戸ホーリーホックは、ホームの名古屋が2-1で勝利した。 ▽ここ2試合で1分け1敗と未勝利の名古屋と、前節黒星の水戸が対峙した。試合を動かしたのはシモビッチ、佐藤寿人、玉田、永井龍が先発の名古屋。25分、左サイドから内田健太が左足でクロスを送ると、ニアサイドの今瀬がクリアを試みる。しかし、これがミスに繋がり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。 ▽続く33分には名古屋が追加点。フィードに反応した永井が最終ラインの背後に抜け出す。その流れからボールが中央に折り返されると、正面に詰めたシモビッチがワントラップから冷静に沈めた。 ▽2点リードで後半を迎えた名古屋だったが、一瞬の隙を突かれてしまう。49分、水戸は左CKからバイタルエリア中央の佐藤和弘がルーズボールに反応。佐藤和弘が蹴ったボールを受けた林がネットを揺らした。 ▽しかし、名古屋はその後の一進一退の攻防を無失点で切り抜け、2-1で逃げ切り完遂。シモビッチの今シーズン初ゴールを含む2発の名古屋が3試合ぶりの勝利を手にした。 2017.03.18 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リーグ戦初の“名岐ダービー”は劇的ドロー! 4発快勝の水戸が今季初勝利!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第2節の名古屋グランパスvsFC岐阜が4日に豊田スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽リーグ戦で初めて実現した名古屋と岐阜による“名岐ダービー”。前節、ファジアーノ岡山との開幕戦を2-0で勝利した名古屋は、開幕2連勝に向けて前節2ゴールの永井龍など、開幕戦と同じ11人を起用。一方、レノファ山口との開幕戦を2-2のドローで終えた岐阜は、センターフォワードに入った風間宏矢が、名古屋を率いる実父の風間八宏監督と初の親子対決に臨んだ。 ▽ホームの名古屋が押し込む展開が予想されたものの、立ち上がりからアグレッシブなハイプレスを仕掛ける岐阜を前になかなかペースを握れない。逆に、緩い切り替えの場面を突かれてカウンターを許すと、シシーニョや古橋に際どいミドルシュートを放たれるが、GK楢崎の好守などもあり、失点を免れた。 ▽流れを変えたい風間監督は、33分という早い時間帯に小林に見切りを付けてワシントンを投入。だが、この選手交代も効果を発揮せず、前半をシュート0という低調な内容で終えた。 ▽後半に入っても流れを掴み切れない名古屋は、79分に右サイドから仕掛けた田中にボックス内への侵入を許すと、カットインから左足のシュートをニアに流し込まれ、まさかの先制点を献上。格下相手に負けの許されないチームは、玉田に代えてフェリペ・ガルシアを投入。83分にはゴール前の混戦から佐藤寿、永井と続けて決定機も、相手の身体を張った守備に阻まれる。 ▽その後、切り札のシモビッチを投入し、割り切ったパワープレーでゴールを目指す名古屋は、90分に八反田の左CKをファーサイドの内田が頭で流し込み、土壇場で同点に追いついた。勢いづくホームチームは、勝ち越しゴールを目指すも5分間の追加タイムで試合をひっくり返すまでには至らず。注目の“名岐ダービー”はドロー決着となり、名古屋の開幕連勝はならなかった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170304_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽フクダ電子アリーナで行われたジェフユナイテッド千葉vsモンテディオ山形は、1-1のドローに終わった。それぞれ、FC町田ゼルビア、京都サンガF.C.を相手に開幕戦を勝利で飾った両者が連勝を目指して激突した一戦。 ▽古巣対戦となる木山監督が率いる山形に対して、前半はホームの千葉ペースで進んでいく。エスナイデル監督仕込みのハイライン&ハイプレスで押し込む千葉は、ホルヘ・サリーナスやラリベイに決定機が訪れるが、相手GK児玉のビッグセーブなどに阻まれ、前半のうちに先制点を奪うことができなかった。 ▽迎えた後半、ハーフタイムの修正に加え、相手の出足が鈍ってきたところを突いて流れを掴んだ山形が、53分に先制点を奪う。右サイドを深くえぐった瀬沼がマイナスに折り返したボールを、ボックス中央の南が絶妙な左足のワンタッチでファーに流す。これを阪野が泥臭くスライディングで押し込んだ。 ▽ホームで先制を許した千葉だったが、すぐさま反撃を開始。すると60分、ラリベイがボックス内で本田に倒されてPKを獲得。これをキッカーの船山が冷静に決め、早い時間帯に追いついた。 ▽その後は試合終盤まで拮抗した展開が続いた中、千葉はラリベイ、山形は汰木らに決定機が訪れたものの、互いに最後の精度を欠き、試合は1-1のままタイムアップ。開幕連勝を目指した両者による一戦は、痛み分けの結果に終わった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170304_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽ケーズデンキスタジアム水戸で行われた水戸ホーリーホックvsツエーゲン金沢は、ホームの水戸が4-0で圧勝した。 ▽それぞれ、湘南ベルマーレ、愛媛FCを相手に開幕戦を落とした両者による一戦は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。その中で35分、右サイドを突破した田向のグラウンダーのクロスを、川崎フロンターレから4年ぶりに復帰した橋本晃が冷静に左足で流し込み、ホームの水戸が先制に成功した。 ▽前半を1点リードで折り返した水戸は、61分にも林が移籍後初ゴールを記録し、追加点を奪取。直後の62分には相手のオウンゴールで突き放し、試合を決定付けた。その後、84分に途中出場の前田にJリーグ初ゴールが生まれた水戸は、ホームで金沢に4-0の圧勝。嬉しい今季初勝利を飾った。 2017.03.04 18:13 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸DFユ・ロモンが韓国4部の平澤市民サッカー団へ移籍

▽水戸ホーリーホックは21日、DFユ・ロモン(25)がK3リーグ(韓国4部相当)の平澤市民サッカー団へ完全移籍することを発表した。 ▽流通経済大学から2015年にFCソウルへ入団したユ・ロモンだが、出場機会に恵まれず1年で退団すると、2016年に水戸へ加入。しかし、加入初年度となった昨シーズンは出場機会がなかった。 2017.02.21 23:19 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎Fを退団していたMF橋本晃司が水戸に完全移籍…2013年以来4年ぶりの復帰

▽水戸ホーリーホックは16日、川崎フロンターレを退団していたMF橋本晃司(30)が完全移籍で加入することを発表した。橋本は2013年以来4年ぶりの復帰となる。 ▽橋本は石川県の星陵高校から明治大学へと進学。2009年に名古屋グランパスエイト(当時)に入団。2012年に水戸へと移籍すると、2014年は大宮アルディージャへ移籍。2015年から川崎Fでプレーしていた。 ▽J1では通算30試合に出場し2得点、J2では77試合に出場し18得点を記録。川崎Fでは20試合に出場し1得点を記録していた。橋本は水戸を通じてコメントしている。 「2度目の加入の橋本です。またサッカーをさせていただける事に感謝の気持ちを持ち、一つでも多くの勝利を得られるように、そして一つでも上の順位に上げることができるように、一生懸命チームのために頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽また、2シーズンを過ごした川崎Fを通じてもコメントしている。 「2年間お世話になりました。試合に出ている時も出ていない時もいつも温かい声援をくださったサポーターの皆様には本当に感謝をしています。チームとして目指していたタイトルを獲得できず悔しい思いの2年間でしたが、サッカー選手として素晴らしい経験をさせていただきました。今年こそ川崎がタイトルを獲得することを願っています。新天地でチームの為に全力で頑張ります。これからもよろしくお願いします」 2017.02.16 22:16 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース