岐阜がスペイン人GKビクトルを完全移籍で獲得!!2017.01.11 17:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC岐阜は11日、スペイン人GKビクトル(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽現在は日本代表MF乾貴士が所属するエイバルでかつてプレーしていたビクトルは、セグンダディビシオンB(スペイン3部)のセントラ・ダスポルツ・ルスピタレートに所属。岐阜の公式サイトによると、「守備範囲が広くハイボールの処理が得意な大型ゴールキーパー。スペイン人ゴールキーパー特有の足元の技術も高い」選手のようだ。

▽ビクトルはクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「この度、新しいチャンスを下さったFC岐阜でプレー出来る事を嬉しく思っています。年々、成長している日本サッカーにおいて、自分が培ってきた経験を最大限に発揮して、岐阜の方々に少しでも多くの喜びを届けられるように頑張ります。1日でも早くチームに合流して、監督やチームメイト、そして岐阜の皆さんにお会いできる日を楽しみにしています」

コメント

関連ニュース

thumb

アラン4戦連発の東京Vが4戦連続クリーンシートで4連勝! 敗れた岐阜は3連敗で初勝利ならず…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節の東京ヴェルディvsFC岐阜が25日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが1-0で勝利した。 ▽リーグ3連勝中の3位東京Vと、2連敗中の19位岐阜が激突した一戦。3戦連続クリーンシートで4連勝を目指すホームの東京Vは、前節のレノファ山口FC戦からメンバー変更はなし。それぞれ3戦連発、2戦連発中のアラン・ピニェイロ、井林が先発に名を連ねた。一方、大木新監督の下でらしいパスサッカーを展開中も結果に恵まれず、今節で初勝利を目指す岐阜は、直近の横浜FC戦から田中、風間に代えて、難波、山田を起用し、古橋とコンビを組む3トップの顔ぶれを変えてきた。 ▽開始直後の2分に相手のパスをカットしたドウグラス・ヴィエイラがボックス右に持ち出していきなり決定的なシュートを放つなど、ここ最近の好調さを生かした東京Vが良い入りを見せる。その後は岐阜がボールを持つ展開となるが、ホームチームが安定した守備で決定機を許さない。 ▽だが、前半半ばを過ぎると、試合の流れは徐々に岐阜へ。29分にボックス内の難波に決定機が訪れると、33分には絶好の先制機。左サイドを破った古橋のクロスを中央で永島がダイレクトシュート。これはGK柴崎がビッグセーブで阻むが、こぼれ球を難波が頭で押し込みにかかる。しかし、ここはDF安在がゴールライン上でかき出すスーパークリアをみせ、失点を許さない。 ▽一方、この直後に井上が負傷交代を強いられ、39分に橋本を投入した東京Vは、前半終了間際に高木大のロングスローの流れからボックス内の高木善が見事なオーバーヘッドシュートを放つが、これはGKビクトルの好守に遭い、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が続く中、先に動きを見せたのは東京V。53分にドウグラスを下げて梶川を投入したホームチームは、この交代で前線に勢いと運動量を取り戻す。64分にはドリブルで中央突破した安在に決定機も、左足のシュートはわずかに枠の左に外れる。 ▽それでも、直後の68分に内田のロングフィードに抜け出した左サイドのアランが鋭いカットインから見事な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、4試合連続ゴールを達成。東京Vが待望の先制点を奪った。 ▽一方、ビハインドを背負った岐阜は、野澤や田中、瀧谷といった攻撃的な選手を投入し、反撃に転じる。相手を自陣に押し込んでフィニッシュの場面を作っていくが、82分にボックス内に抜け出した古橋のシュートは枠の右に。直後の84分には左サイドを突破した古橋のクロスに難波が飛び込むが、ここはGK柴崎へのオフェンスファウルを取られてしまう。 ▽リードを奪った東京Vは、74分に高木善をベンチに下げて安西を投入。守備を締めると共にカウンターから追加点を目指す。試合終盤にかけてはカウンターから高木大、梶川、安西らに追加点のチャンスが訪れるが、相手GKの好守に遭い、2点目が遠い。それでも、ロティーナ仕込みの堅守で4試合連続クリーンシート達成の東京Vが、岐阜に競り勝って見事にリーグ戦4連勝を達成。一方、善戦しながらもゴールが遠かった岐阜は、3連敗でまたしても今季初勝利を逃した。 2017.03.25 17:08 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCが岐阜に逆転勝利! 2連勝で2位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第4節のFC岐阜vs横浜FCが19日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、2-1で横浜FCが勝利した。 ▽1敗2分で17位につける岐阜が、2勝1分で5位につける横浜FCをホームに迎えた一戦。まずは岐阜がゴールを狙う。6分、ボックス右外での17がドリブルからクロスを供給。これはクリアされるも、こぼれ球を福村がボックス左手前からボレーを放つも、枠を捉えきれない。 ▽その後も攻勢に出る岐阜は18分、ボックス左手前からシシーニョがワンツーでボックス内への侵攻を図ると、佐藤に倒されてPKを獲得。これを庄司が左隅へと冷静に沈めた。 ▽先制した岐阜がペースを握る展開が続くも前半終盤、横浜FCが反撃を見せる。40分、藤井のパスを受けた中里が右サイドからクロスを供給。これにイバが合わせるも、ゴール左に外れてしまう。しかしその直後の42分、最終ラインで古橋のパスミスを見逃さなかった佐藤がボックス内で奪う。カバーに入ったヘニキのスライディングを冷静にかわし、ゴール右隅へと流し込んだ。 ▽後半立ち上がり、岐阜がチャンスを迎える。47分、7番のスルーパスに抜け出した17がボックス左からシュート。左足で巻いたシュートは惜しくもゴール左に外れる。 ▽ゴールを脅かされた横浜FCは59分、寺田に代えて野崎を投入。攻撃の活性化を図る。すると61分、ボックス左手前で粘ると、津田のパスを受けた野崎がボックス手前から右足を振り抜くと、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。 ▽逆転を許した岐阜はその直後、MF風間に代えてFW難波を投入。攻撃の枚数を増やして、前線に厚みを加える。すると、高い位置で岐阜のパスワークが活きはじめるも、決定機を作ることができない。最後まで守備に人数をかけた横浜FCの牙城を崩すことができず、試合終了。横浜FCが2-1で逃げ切り、2位に浮上した。 2017.03.19 18:09 Sun
twitterfacebook
thumb

松本が飯田弾で今季初勝利!! 徳島は9人の長崎に快勝!!《J2》

▽12日に明治安田生命J2リーグ第3節のFC岐阜vs松本山雅が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、1-0で松本が勝利した。 ▽開幕から2戦引き分けの岐阜が、1分け1敗とスタートダッシュに失敗した松本を迎えた。試合は立ち上がりから松本が次々とシュートを浴びせていく展開となる。すると17分に岩間の入れた浮き球のパスを後藤が折り返し、最後は飯田が押し込んで勢いのままに先制した。岐阜は裏を狙った攻撃を見せるが中盤と前線の呼吸が合わずにシュートチャンスを作れない。 ▽松本は33分、右サイドからのクロスはDFにクリアされるもセルジーニョがダイレクトで狙う。しかしここは枠を捉えきれずに追加点は奪えない。結局前半はそのまま松本が1点リードで終えた。後半立ち上がりは岐阜が松本陣内へと攻め込む場面が見られたが、決定機はつくれず。松本も追加点を狙うが54分に山本がドリブル突破から放ったシュートは枠を捉えきれず。お互いにチャンスを決めきれないまま試合は終了を迎え、松本が今季初勝利を手にした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170312_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽同時刻に鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvsV・ファーレン長崎は、3-1で徳島が勝利した。 ▽前半は長崎が主導権を握ると、41分に自陣からのロングボールに反応した幸野が、ボックス右から放ったシュートがネットを揺らしてアウェイの長崎が先制して試合を折り返した。しかし後半立ち上がりから徳島が攻勢に出ると、57分に右サイドからのクロスを渡が頭で合わせて同点とした。 ▽さらに61分には、馬渡が狙ったシュートを、ゴール前の渡が触ってコースを変えると、これも決まって徳島が逆転に成功した。リズムを取り戻したい長崎だが、相手の攻撃をファウルで止めてしまう場面が目立つ。すると87分には田上が2度目の警告で退場。さらに88分には田代も2度目の警告を受けて退場となり9人での戦いを強いられる。すると後半アディショナルタイムには、島屋がPKを沈めて徳島がダメ押しの3点目を奪い試合は終了。徳島が9人の長崎を相手に快勝した。 2017.03.12 16:43 Sun
twitterfacebook
thumb

九州リーグのテゲバジャーロ宮崎が元磐田FW森島康仁、元岐阜MF髙地系治の加入を発表

▽九州サッカーリーグに所属するテゲバジャーロ宮崎は3日、昨シーズンまでジュビロ磐田に所属していたFW森島康仁(29)、同じく昨シーズンまでFC岐阜に所属していたMF髙地系治(36)の加入を発表した。 ▽森島は、滝川第二高校から2006年にセレッソ大阪に入団。その後は大分トリニータ、川崎フロンターレ、ジュビロ磐田と渡り歩いた。J1では通算83試合出場13得点、J2通算165試合出場37得点を記録した。 ▽髙地は大宮東高校からブラジルへと渡り、2001年に東京ヴェルディ1969に加入。その後は、沖縄かりゆしFC、FC琉球、サガン鳥栖、横浜FCと渡り歩き、2014年からFC岐阜でプレーしていた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW森島康仁 「この度ジュビロ磐田から移籍しました森島です。テゲバジャーロ宮崎をJFLに昇格させる為、全力で頑張ります」 ◆MF髙地系治 「FC岐阜から来ました髙地系治です。自分が持っている全ての力を出して、JFLに昇格できるよう貢献したいです。応援、よろしくお願いします!」 2017.03.03 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜のMF田森大己が右大腿四頭筋肉離れで全治2〜3週間…開幕戦の山口戦で負傷

▽FC岐阜は2日、MF田森大己の負傷を発表した。 ▽田森は、26日に行われた明治安田生命J2リーグ第1節のレノファ山口FC戦に先発出場。しかし、前半25分に田中パウロ淳一と交代していた。 ▽クラブの発表によると、田森は右大腿四頭筋肉離れと診断。全治まで約2〜3週間程度を要する見込みとのことだ。 2017.03.02 11:29 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース