超ワールドサッカー

岐阜がFW難波宏明との契約更新を発表「今年も難波はFC岐阜でプレーします」2017.01.11 17:32 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC岐阜は11日、FW難波宏明との契約を更新したことを発表した。

▽2014シーズンから岐阜でプレーする難波は、3シーズン目となった2016シーズンの明治安田生命J2リーグで20試合3ゴールをマークした。同選手はクラブ公式サイト上で次のようにコメントしている。

「FC岐阜を愛する皆さん、お待たせしました。今年も難波はFC岐阜でプレーします。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

ヘニキ弾の岐阜が金沢完封で2連勝&4戦負けなし《J2》

▽29日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第10節のFC岐阜vsツエーゲン金沢は、ホームの岐阜が1-0で勝利した。 ▽4戦無敗で11位の岐阜と2連敗中で20位に沈む金沢という日本三名山のひとつ「白山」をまたいだ県をホームタウンとする両雄が激突した。試合が動いたのは38分。FKから庄司が直接狙ったシュートはGK白井の好セーブに阻まれたものの、こぼれ球に反応したヘニキが詰め、岐阜が均衡を破る。 ▽試合は、岐阜の1点リードのまま後半に突入。ビハインドの金沢は後半の頭から山崎、垣田、金子といったベンチスタートの選手を立て続けに投入するが、ゴールが遠い。結局、最後まで前半に生まれた1点のリードを守り抜いた岐阜が金沢に完封勝ち。2連勝で4戦負けなしとしている。 2017.04.29 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

岐阜のDF鈴木潤が入籍発表

▽27日、FC岐阜がDF鈴木潤(23)の入籍を発表した。 ▽今月22日に入籍した鈴木は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、4月22日(土) にかねてよりお付き合いさせて頂いていた女性と入籍いたしましたので、ご報告させていただきます。常に近くで応援し、どんな時も笑顔で支えてくれる存在です。これからは自分が彼女の支えとなり笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと思います。そしてこれまで以上に謙虚に真面目にひたむきに全力でサッカーに打ち込んでいきたいと思います。これからも応援宜しくお願いします」 ▽中京大学出身の鈴木は、2015年4月から、特別指定選手として岐阜に加入。2016年に同クラブとプロ契約を果たした。なお、今季の明治安田生命J2リーグでは、ここまで出場機会はない。 2017.04.27 15:39 Thu
twitterfacebook
thumb

古橋1G2Aの岐阜が4戦負けなし! 我那覇2戦連発も讃岐はホーム初黒星…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第9節のカマタマーレ讃岐vsFC岐阜が23日にPikaraスタジアムで行われ、アウェイの岐阜が3-1で勝利した。 ▽3試合ぶりの勝利を目指す19位讃岐と、前節湘南ベルマーレと引き分けるなど、3戦負けなしの14位岐阜が上位浮上を窺う一戦。 ▽立ち上がりから両チームの現在の調子が色濃く出る形となる。積極的な前線からのプレスで讃岐をけん制する岐阜は、質の高いパスワークで相手ゴールに迫っていく。すると6分、左CKの流れから左サイドの庄司が精度の高いインスウィングのクロスをゴール前に入れると、混戦でGK清水が弾き出せなかったボールを古橋が押し込み、アウェイチームが早々に先制する。 ▽勢い付く岐阜は、その後も鋭いショートカウンターから決定機を作り出すと、14分には難波のワンタッチパスを受けた古橋がボックス左で折り返した浮き球のボールを田中パウロ淳一がダイビングヘッドで無人のゴールへ流し込み、リードを2点に広げた。 ▽前半のうちに追いつきたい讃岐は、シンプルな長いボールや守備から攻撃への切り替えから相手ゴールに迫っていく。38分にはボックス手前から仲間が枠の左を捉えた強烈なシュートを放つが、相手GKビクトルの好守に遭う。さらに、木島徹もロングレンジのシュートを狙って行くが、前半を2点ビハインドで終えた。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半から飛ばしていた岐阜の運動量低下に伴い、ホームの讃岐が押し返す入りとなる。だが、仲間や木島徹がフィニッシュに絡むものの、ゴールが遠い讃岐は、57分に木島徹、山本を下げて我那覇とユン・ソンホを同時投入。さらに、68分には西を下げて突貫ベテランドリブラーの木島良を投入した。 ▽すると、この交代策が讃岐にゴールをもたらす。72分、高い位置でボールを奪い、ショートカウンターに転じた讃岐は、鋭い縦への仕掛けでGKを引き付けた木島良がボックス左ライン際でクロス。これを中央に走り込んだ我那覇がワンタッチで流し込み、2試合連続ゴールを記録した。 ▽このゴールをキッカケに一進一退の攻防を見せ始めた試合は、後半終盤にかけてオープンな展開に。83分には岐阜のカウンターから田中に2点目のチャンスも、ボックス中央で鋭い反転から放ったシュートはGK清水の正面を突く。 ▽その後、小野、山田、阿部を投入して逃げ切りを図る岐阜は、89分に相手ゴール前でルーズボールを奪い、ボックス右でパスを受けた古橋がゴール前でドフリーの山田にプレゼントパスを送ると、これが今季初ゴールとなる山田が冷静に流し込み、勝負あり。古橋の1ゴール2アシストの活躍でPikaraスタジアム初攻略の岐阜が、2試合ぶりの勝利で4戦負けなし。一方、我那覇2戦連発も今季ホーム初黒星の讃岐は、3戦未勝利となった。 2017.04.23 15:58 Sun
twitterfacebook
thumb

計6発の乱打戦はドロー決着! 湘南は首位浮上ならず、岐阜は3連勝を逃す《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第8節の湘南ベルマーレvsFC岐阜が15日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、3-3のドローに終わった。 ▽第7節を終えて、5勝1分1敗で2位につける湘南と、2勝3敗2分で14位につける岐阜の一戦。まずは首位・名古屋グランパスを追う湘南が立ち上がりから攻勢に出る。すると9分、齊藤の左CKをファーサイドでジネイが頭で折り返すと、ゴール前のこぼれ球に反応した菊地が右足で押し込んだ。 ▽早い時間帯で先制を許した岐阜は11分、左サイドでボールを受けた古橋が縦への仕掛けから低い弾道のクロスを供給。これをニアサイドに走り込んだ難波が合わせるも、枠を捉えきることができない。 ▽先制した油断からいきなりピンチを迎えた湘南だったが、その後は落ち着きを取り戻す。25分、右サイドを突破した奈良輪がボックス右にスルーパスを送ると、走り込んだ岡本がボックス中央に流す。走り込んだジネイが合わせるも、ボールはわずかにゴール右に外れる。その後も両チーム、攻勢に出続けるもゴールを脅かすには至らず、湘南が1-0でリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると、両者互いに攻撃を加速させる。すると、劣勢に立たされていた岐阜が同点ゴールを奪う。62分、ハーフウェイラインを越えた辺りから最終ラインの田森がゴール前にロングボールを供給。走り込んだ福村が頭で合わせると、ボールはゴール右隅へ吸い込まれた。 ▽同点に追いついた岐阜は攻勢を強めると、ラッキーな形で逆転に成功する。71分、風間の右CKをニアサイドで山田が頭でクリアを試みるもボールが流れると、ヘニキと競り合ったゴール前のアンドレ・バイアに当たり、ゴールネットを揺らした。 ▽不運なゴールで逆転を許した湘南だったが79分、右サイドからのクロスのこぼれ球がボックス手前に転がると、これを拾った岡本が右足を振り抜く。地を這う強烈なシュートはゴール右隅へと突き刺さり、同点に追いつく。 ▽再び試合が振り出しに戻ると、岐阜は再びラッキーな形でチャンスを獲得する。81分、ボックス左に抜け出した古橋がクロスを入れると、対峙した奈良輪がハンド。このPKを庄司が落ち着いてゴール右隅に沈めた。 ▽勝ち越しを許した湘南だったが、脅威の粘りを見せる。85分、右サイドのパス回しから菊地が左サイドに展開すると、ボックス左手前から石原が浮き球のパス。これを走り込んだジネイが頭で合わせ、再び試合をふりだしに戻した。 ▽その後も、一進一退の攻防が繰り広げられるも、決勝ゴールは生まれず。互いに譲らないシーソーゲームは3-3のドローで痛み分け。湘南は首位浮上のチャンスをモノにできず、岐阜は3連勝を逃した。 2017.04.15 18:57 Sat
twitterfacebook
thumb

松本は長崎に快勝!! 名古屋は玉田の復帰弾、杉本の移籍後初ゴール!! 岐阜は2連勝飾る!!《J2》

▽8日に明治安田生命J2リーグ第7節の松本山雅vsV・ファーレン長崎が松本平広域公園総合球技場で行われ、3-0で松本が快勝した。 ▽前節の徳島ヴォルティス戦で2試合ぶりの白星を飾った8位の松本(勝ち点10)が、3連勝と勢いにのる3位の長崎(勝ち点13)をホームに迎えた一戦。立ち上がりからホームの松本が攻勢に出ると、14分にボックス内の高崎が倒されてPKを獲得。キッカーの高崎がこのチャンスを冷静に沈めて松本が勢いのままに先制する。 ▽さらに22分にはボックス手前やや左の位置で松本がFKを獲得すると、宮坂がこれを直接沈めて追加点を奪取。その後も松本がペースを握る中、長崎はなかなか決定機をつくれずにハーフタイムを迎えた。 ▽長崎は後半に入ると3-1-4-2のフォーメーションに変更し、高い位置に人数をおく形に移行。すると63分には爺長がボックス手前から積極的に狙うもここはGKの正面にボールが飛んでしまう。迎えた74分、松本はパウリーニョがダメ押しとなる3点目を奪取すると、試合はそのまま終了を迎え、松本が2連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170408_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽同時刻には名古屋グランパスvsカマタマーレ讃岐がパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽3連勝中の2位・名古屋(勝ち点13)が、前節の湘南ベルマーレ戦で今季初勝利を飾った14位の讃岐(勝ち点6)を迎えた。名古屋はFW佐藤寿人、MF和泉竜司といった主力がケガの影響で不在となった。 ▽試合はアウェイの讃岐が立ち上がりから積極的な攻撃を仕掛けていく。さらに球際で激しさを見せて名古屋を押し込んでいった。すると32分、右からのクロスにゴール前の西が頭で合わせてネットを揺らす。しかしここはオフサイドの判定で讃岐は先制点を奪えずそのままゴールレスで試合を折り返した。 ▽すると後半は名古屋が高い位置のプレスラインを置いて前半とは違って主導権を握りにかかる。すると58分にボックス手前の位置でFKを獲得。キッカーの玉田が直接狙うと、これがゴールネットを揺らして名古屋が、玉田の復帰後初ゴールで先制点を奪った。 ▽しかし69分、ハーフウェイラインでボールを奪った讃岐がカウンターを開始。ボックス左に侵入した渡邉の折り返しをファーサイドで西が押し込んで試合を振り出しに戻した。しかし88分、ボックス左へとカットインした杉本が右足を一閃。これが決まり、杉本の移籍後初ゴールで名古屋が勝ち越しに成功した。試合はそのまま終了を迎え、名古屋が4連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170408_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vs水戸ホーリーホックは2-1で岐阜が勝利した。 ▽前節の町田ゼルビア戦で今季初勝利を飾った17位の岐阜(勝ち点5)が、レノファ山口とドローに終わり連勝を阻まれた12位の水戸(勝ち点7)が対戦した。試合は前半からお互いに決定機を作り出しながも決めきれないままハーフタイムに突入。 ▽すると60分にシシーニョのクロスからニアサイドの古橋が頭で合わせて、岐阜が先制する。さらに68分には、ボックス手前でボールを受けた永島がそのまま持ち込んでシュート。これも決まって2点目を奪った。 ▽水戸も71分にFKのチャンスで橋下が入れたグラウンダーのシュート性のボールがオウンゴールを誘発。1点を返すことに成功するが、反撃はここまで。岐阜が今シーズン初の連勝を飾った。 2017.04.08 15:59 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース