超ワールドサッカー

岐阜がFW難波宏明との契約更新を発表「今年も難波はFC岐阜でプレーします」2017.01.11 17:32 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC岐阜は11日、FW難波宏明との契約を更新したことを発表した。

▽2014シーズンから岐阜でプレーする難波は、3シーズン目となった2016シーズンの明治安田生命J2リーグで20試合3ゴールをマークした。同選手はクラブ公式サイト上で次のようにコメントしている。

「FC岐阜を愛する皆さん、お待たせしました。今年も難波はFC岐阜でプレーします。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

岡山の連勝は「2」でストップ…終盤に難波の一発被弾で岐阜とドロー《J2》

▽17日にシティライトスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第19節のファジアーノ岡山vsFC岐阜は、1-1のドローに終わった。 ▽今シーズン2度目となる連勝で4戦負けなしの13位につける岡山と、ここ7試合で白星から遠ざかっている16位の岐阜が激突した。 ▽試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。52分、塚川がボックス右からマイナス気味のクロスを送り、これにゴール前で豊川が反応する。そのままシュートを放つとゴールネットを揺らして、岡山が先制に成功する。 ▽3連勝へ気を引き締めたい岡山だったが、84分に被弾。バイタルエリア中央の庄司、福村、難波らがパス交換に絡み、最後はがゴール前に抜け出した難波がシュートを放つ。これが決まり、岐阜が終盤に追いつく。 ▽その後、3連勝を目指して再び攻勢に出た岡山だったが、1-1で試合終了。岡山の連勝が「2」で止まった一方で、岐阜は前節の愛媛FC戦に続く黒星を回避した。 2017.06.17 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

岐阜、攻めながらも得点奪えず7戦連続勝利なし…愛媛は7位浮上《J2》

▽11日に明治安田生命J2リーグ第18節の愛媛FCvsFC岐阜がニンジニアスタジアムで行われ、2-0で愛媛が勝利した。 ▽愛媛(勝ち点27)は暫定10位ながらも、既に今節終了時での昇格プレーオフ圏内を確保している5位の東京V(勝ち点30)とは勝ち点差3と、昇格を争える位置に付けている。一方、暫定15位の岐阜(勝ち点22)は直近6戦で4分け2敗の勝利なしと、調子を上げきれていない。 ▽序盤は岐阜がゆったりとパスを回す。アンカーに入った庄司が頻繁にボールに触り無理をせずにポゼッションを高めると、愛媛は自陣深めにラインを2つ引き、飛び込まずに守備をする。 ▽最初に得点機を得たのは愛媛だった。24分、DFラインから前線へロングボールを放り込むと、ボックス内での混戦から近藤へボールがこぼれる。GKと至近距離でのシュートだったが好セーブに阻まれ、先制ならず。守備を重視していた時間帯にチャンスを迎え調子を上げた愛媛は、徐々にプレスの位置を上げ始める。 ▽すると32分、今度は岐阜がチャンスを作り出す。愛媛が連動した岐阜のプレスから逃れるように右サイドへとボールを送るが、これを古橋がカットする。難波、小野、古橋と素早くパスを3本繋ぎ、あっという間にボックス内へ。走り込んだ古橋が再びボールを受けるとGKとの一対一に。狙いすましたシュートだったが、これはゴールポストに弾かれてしまう。 ▽折り返して53分、小池が右サイドでボールを受けると個人技で前を向き、右足を振り抜きGKを強襲する。シュートは弾かれるがこぼれ球に河原が反応する。しかし、これは枠を外れる。さらに54分にも河原がシュートを放つも、バーに阻まれる。愛媛がボールを持つシーンが目立つようになる。 ▽良い時間帯が続く愛媛が先制に成功する。57分、丹羽が岐阜陣内深めでインターセプトすると、そのままドリブルで持ち上がりGKとの一対一になる。股の下を狙った冷静なシュートが得点となり、貴重な先制点となる。試合が動いてからは再び岐阜がボールを保持する時間が増えるが、守備を固める愛媛を前に攻めきることができない。 ▽82分、愛媛がさらに岐阜を突き放す。左サイドでボールを受けた小島が右足に持ち替えファーサイドへ質の高いクロスを上げる。反応した有田がダイビングヘッドで合わせると、これがネットへ吸い込まれる。試合を大きく決定付ける2点目となった。 ▽試合はそのまま終了し、愛媛(勝ち点30)は7位となりプレーオフ圏内浮上ならずも、6位となった東京V(勝ち点30)と勝ち点で並んだ。対して、終始ボールを保持しながらも敗北を喫した岐阜(勝ち点22)は7試合連続で勝ちなしとなり、16位へと順位を下げた。 2017.06.11 21:09 Sun
twitterfacebook
thumb

岐阜がリード守れず3戦連続ドロー… 山形も連勝が3で止まる《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第17節の岐阜FCvsモンテディオ山形が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の京都サンガF.C.で2戦連続ドローとなった14位の岐阜(勝ち点21)が湘南ベルマーレに競り勝ち3連勝とした8位の山形(勝ち点25)をホームに迎えた。 ▽試合は立ち上がりから岐阜が攻め込む場面が多く見られるが、フィニッシュまで持ち込めない。すると6分には山形が右サイドのスローインから山田のクロスでゴールに迫るなど先にチャンスを作った。岐阜も11分、右CKから逆サイドの阿部が頭でつなぎ、最後は田森がヘディングシュートを放つが、ボールは枠を外れてしまった。 ▽岐阜はさらに18分、斜めに入ったボールに対して大本がボックス内でボールを受ける。GKを交わしてシュートに持ち込もうとするが、オフサイドの判定でプレーは認められなかった。山形も20分に右サイドのロングスローがボックス内のファーサイドに流れ、阪野が頭で押し込みにかかる。しかし難しい体勢からのシュートは、枠を捉えきれなかった。 ▽迎えた23分、岐阜はカウンターからボックス左に侵入した古橋のパスを、逆サイドの大本がカットインして左足でねじ込む。大本のJリーグ初ゴールで岐阜が先制に成功した。山形は直後、瀬川がボックス左に侵入してシュートを放つが、これは左ポストを叩く。 ▽39分には岐阜がショートパスを繋いで中央を突破。最後は抜け出した難波がネットを揺らすが、ここはオフサイドのためゴールは認められなかった。結局前半は岐阜が1点をリードして終えた。 ▽追いかける山形はハーフタイムで瀬川を下げて、中山を送り出す。するとその山形は開始早々の46分に仕掛けるが、瀬沼の落としから上げた山田のクロスはGKに直接キャッチされてしまった。54分には山形が高い位置でボールを奪い、最後は風間が狙うがボールは枠を外れてしまう。 ▽対する岐阜は63分、ロングボールに抜け出した大本のクロスをファーサイドで古橋が押し込みにかかるが、戻ってきた相手選手にブロックされて追加点を奪えず。迎えた71分に山形は、高木がボックス左の深い位置から折り返すと、これを中村が蹴り込む試合を振り出しに戻した。 ▽そのまま試合は終盤を迎えると、オープンな展開の中でお互いに決定機を決めきれず。追いつかれた岐阜は後半アディショナルタイムに阿部がこの日2枚目の警告を受けて退場となる。しかし山形もこのチャンスを活かせずに試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.06.03 20:05 Sat
twitterfacebook
thumb

勝ち点20で並ぶ京都と岐阜の一戦は両者譲らずドロー決着《J2》

▽27日に明治安田生命J2リーグ第16節の京都サンガF.C.vsFC岐阜が京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の東京ヴェルディ戦で勝利し8試合無敗と調子を上げている12位の京都(勝ち点20)が、V・ファーレン長崎と打ち合いの末に引き分けて4試合白星から遠ざかっている11位の岐阜(勝ち点20)と対戦した。 ▽最初の決定機は岐阜が作り出す。シンプルに上げたクロスボールに難波が合わせるが決めきれず。しかしその後も岐阜が積極的に攻めていく展開となった。やや重心の低い入りとなった京都だが、立ち上がりの5分を凌ぐと流れを引き寄せる。8分には左CKからボックス内で混戦となると、イ・ヨンジェが頭で押し込みにかかる。10分にもケヴィンオリスがヘディングシュートを狙うが、ここは枠を外した。 ▽岐阜も再び相手陣内に攻め込んでいくが17分にシシーニョのスルーパスから左サイドの古橋がクロスを上げるが味方には合わず。21分にも相手ボックス内に出されたロングボールに大本が反応するが収めきれないなど、フィニッシュの形を作れない。 ▽その後もお互いに相手陣内での攻防が続くが、決定機を作れずに試合を折り返した。すると後半立ち上がりも京都がイ・ヨンジェとケヴィンオリスを起点に攻め込んでいく。しかし最初の決定機は岐阜で、59分に自陣からカウンターを仕掛ける。最後は古橋がシュートまで持ち込んだが、GK菅野がセーブした。 ▽迎えた62分に試合が動いた。岐阜は左サイドの古橋が入れたクロスに難波が競り合う。GK菅野と交錯し、ボールが零れるとこれを拾った大本がゴール前に折り返す。最後は、この試合が初スタメンの小野が押し込み、同選手の初ゴールで岐阜が先制点を挙げた。 ▽追いかける京都は66分、本多がミドルシュートを狙うが、相手に当たってコースが変わり枠を外れる。この流れで得た右CKの流れから石櫃がクロスを入れ、ケヴィンオリスがバイシクルで合わせにいくが、先にクリアされてしまった。74分には岐阜が追加点のチャンス。難波のスルーパスから古橋が抜け出してGK菅野と一対一に。古橋はループ気味にシュートを放つと、ボールはGK菅野の頭上を越えるが枠を捉えきれなかった。 ▽今後は京都がチャンスを迎える。75分に左サイドを抜け出した小屋松がゴール前にボールを折り返すと、フリーになった伊東が優しくプッシュ。これがネットを揺らして京都が同点とする。さらに得点直後には、イ・ヨンジェを下げて田中マルクス闘莉王を送り出し、勝ち越しを狙う。85分には右CKからニアサイドに入り込んだ高橋がヘディングで合わせるが枠を外す。 ▽岐阜も86分に左サイドからのクロスに、ゴール前の難波が潰れてボールは逆サイドへ。これを拾った福村が入れたクロスを古橋がダイレクトで合わせる。しかしボールは枠を捉えきれず、岐阜は勝ち越しのチャンスを逸する。結局試合はそのまま終了を迎え、1-1のドローに終わり勝ち点を分け合うこととなった。 2017.05.27 16:54 Sat
twitterfacebook
thumb

粘りを見せた岐阜が土壇場弾で長崎と壮絶4-4ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節のFC岐阜vs V・ファーレン長崎が21日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、4-4した。 ▽ここまで5勝4分け5敗で11位の岐阜と、7勝2分け5敗で8位の長崎が激突した。序盤は一進一退の拮抗した展開で進む。そんな中、23分に長崎が先制のチャンスを得る。宮本のフィードに反応したボックス左の北谷がヘディングで折り返そうとすると、福村に押されて倒れる。これで獲得したPKを木村が落ち着いて沈め、長崎がリードを手にする。 ▽ハーフタイムにかけては、ビハインドを背負う岐阜が盛り返す。しかし、ゴールにつなげたのは、またしても長崎だった。42分、岐阜DF福村の中途半端なクリアを狙った木村が、GKの頭上を越すループシュートで、この日2ゴール目。相手のミスを逃さなかった長崎が追加点を手にした。 ▽厳しい形で2失点した岐阜だが、前半のうちに1点を返す。44分、CKの流れから阿部が乾に倒されてPKを獲得。これを難波が落ち着いて決め、岐阜が1点差に詰め寄ってハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのは長崎だった。51分、左サイドの深い位置から島田が入れた鋭いクロスをニアサイドの木村がそらすと、ファーに流れたボールを飯尾がプッシュ。飯尾の今季初ゴールで長崎がスコアを1-3とする。 ▽再度2点差とされた岐阜だが、諦めずに食い下がる。すると、64分にゴールが生まれた。福村が入れた縦パスからボックス正面の古橋がシュート。これがゴール左に決まり、岐阜が2-3と詰め寄る。 ▽終盤も熱を帯びた戦いが続く。そんな中、ゴールを挙げたのは長崎だった。86分、右サイド深くから飯尾が上げたクロスに正面の翁長がヘッド。これがゴール左に決まり、長崎が2-4とする。 ▽対する岐阜は87分、ボックス内で身体を張った古橋からボールを受けたクリスチャンが仕掛けてシュート。途中出場でJリーグデビューとなったクリスチャンのゴールで、岐阜がまたしても粘りを見せる。 ▽さらに岐阜はアディショナルタイム5分、ついに追いつく。左サイドのクロスをファーの阿部が頭で折り返すと、正面の田森がオーバーヘッド。見事にこのシュートが決まり、岐阜が4-4とした。 ▽その直後、長崎はキックオフのロングボールから島田がネットを揺らしたが、キックオフ時に選手が相手陣内に入っており、やり直しの判定となる。長崎の選手は抗議するも判定は覆らず、結局そのまま4-4で終了。激しい打ち合いの末、勝ち点を分け合った。 2017.05.21 21:16 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース