2017JリーグDAZN ニューイヤーカップの概要が発表!J1王者の鹿島らが参戦!《DAZNニューイヤーカップ》2017.01.11 16:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽Jリーグは11日、今月22日(土)から2月11日(土)まで開催される2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの大会概要を発表した。今年も宮崎県、鹿児島県、沖縄県の3県で開催される。

▽今大会は横浜FCとV・ファーレン長崎が初参加となり、宮崎ラウンドには、横浜FC、長崎に加え、鹿島アントラーズ、アビスパ福岡が参加。鹿児島ラウンドにはジュビロ磐田、ギラヴァンツ北九州、ロアッソ熊本、鹿児島ユナイテッドFCが参加。沖縄ラウンドには、北海道コンサドーレ札幌、ジェフユナイテッド千葉、FC琉球が参加する。

▽沖縄ラウンドが先陣を切り、22日から28日まで開催。宮崎ラウンドは2月2日から2月6日、鹿児島ラウンドは2月5日から2月11日まで行われる。各ラウンドは出場チームの総当りによるリーグ戦。90分間の試合を行い、決着がつかない場合は引き分けとなる。各ラウンドの優勝チームには、優勝杯と賞金300万円が贈られ、2位は賞金100万円、3位、4位は賞金50万円を受け取る。

▽なお、今大会は2017シーズンから明治安田生命J1リーグ、J2リーグ、J3リーグの全試合を生中継するDAZNで全試合生中継される。今大会の日程は以下の通り。

【沖縄ラウンド】
▽1月22日(日)
《13:00》
ジェフユナイテッド千葉 vs FC琉球

▽1月25日(水)
《13:00》
北海道コンサドーレ札幌 vs ジェフユナイテッド千葉

▽1月28日(土)
《13:00》
FC琉球 vs 北海道コンサドーレ札幌

【宮崎ラウンド】
▽2月2日(木)
《11:00》
横浜FC vs アビスパ福岡
《14:00》
V・ファーレン長崎 vs 鹿島アントラーズ

▽2月4日(土)
《11:00》
アビスパ福岡 vs V・ファーレン長崎
《14:00》
鹿島アントラーズ vs 横浜FC

▽2月6日(月)
《11:00》
V・ファーレン長崎 vs 横浜FC
《14:00》
鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡

【鹿児島ラウンド】
▽2月5日(日)
《11:00》
鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州
《14:00》
ジュビロ磐田 vs ロアッソ熊本

▽2月8日(水)
《11:00》
鹿児島ユナイテッドFC vs ロアッソ熊本
《14:00》
ギラヴァンツ北九州 vs ジュビロ磐田

▽2月11日(土・祝)
《11:00》
ロアッソ熊本 vs ギラヴァンツ北九州
《14:00》
ジュビロ磐田 vs 鹿児島ユナイテッドFC

コメント

関連ニュース

thumb

アダイウトン&松井弾で3連勝…磐田が鹿児島ラウンド優勝《ニューイヤーカップ》

▽10日に行われた2016年Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップの鹿児島ラウンドの第3戦、鹿児島(J3)vs磐田(J1)は、2-0で磐田が勝利した。 ▽前節の清水とのダービーマッチを制し、2連勝でグループの首位に立つ磐田。この最終節を引き分け以上で優勝の磐田は、一部の主力を招集せず、若手主体のメンバー構成で今回の鹿児島戦に臨んだ。 ▽相手にボールの主導権を握られたこともあり、やや受け身な立ち上がりとなった磐田は7分、最終ラインの背後に出された浮き球パスに反応した中村がループシュート。前に飛び出した相手GKの背後を狙うが、これはゴール右に外れてしまう。 ▽試合が進むにつれて、ボールの主導権でも盛り返した磐田は17分、左CKのチャンスから、ボックス中央で相手DFとの攻防戦を制したアダイウトンがヘディング。これがゴールマウスに決まり、磐田が先制する。 ▽これで勢い付いた磐田は、28分にも左CKのチャンスを獲得。クロスボールは相手GKのパンチングに弾かれたものの、ボックス左で拾い直した松井がトラップでわざとボールを浮かせて右足を一閃すると、これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽2点のビハインドを追う鹿児島がハーフタイム明けに8枚の交代カードを全て使いきった一方で、磐田陣営に交代の動きはなし。その後半、2点リードの磐田は無理せず、カウンター主体の戦いで試合をコントロールしていく。 ▽前への圧力を強める鹿児島を相手に丁寧な繋ぎでいなす磐田は、後半の半ばから終盤にかけて、何度かピンチを迎えたものの、クロスバーにも助けられて無失点で鹿児島の攻撃をシャットアウト。3連勝の磐田が見事に鹿児島ラウンドの王者に輝いた。 <span style="font-size:small;">鹿児島 0-2 磐田 【磐田】 アダイウトン(17分) 松井大輔(28分) 【出場メンバー】 ◆鹿児島 GK 21 武田大 DF 3 谷口功、18 関光博(→2 麻生瞬 46分)、23 水本勝成(→28 寺田匡史 46分)、27 冨成慎司(→26 塚田翔悟 46分) MF 5 井上渉(→11 新中剛史 46分)、7 赤尾公(→4 吉井孝輔 46分)、14 高野光司、20 五領淳樹(→33 田上裕 46分)、25 柳崎祥兵(→17 中原優生 46分) FW 13 山田裕也(→9 藤本憲明 46分) ◆磐田 GK 1 八田直樹 DF 5 櫻内渚、13 宮崎智彦(→30 上原力也 63分)、14 高木和道、28 石田崚真(→25 大南拓磨 39分) MF 11 松浦拓弥、15 アダイウトン(→27 荒木大吾 60分)、17 清水貴文、19 岡田隆、22 松井大輔(→32 岩元颯オリビエ 76分) FW 34 中村祐輝(→20 森島康仁 70分)</span> 2016.02.10 15:58 Wed
twitterfacebook
thumb

清水がセットプレーから一発!! 北九州との接戦に競り勝つ《ニューイヤーカップ》

▽9日に行われた2016年Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップの鹿児島ラウンドの最終戦、清水vs北九州のJ2同士の一戦は、1-0で清水が勝利した。 ▽前節では両チームともにダービーマッチを戦い、清水は磐田との静岡ダービーで0-1の敗戦。北九州は鹿児島とのバトル・オブ・九州に臨み1-1のドローに終わった。 ▽互いに4-4-2のフォーメーションで臨んだ一戦は、北九州が先にチャンスを作る。左サイドに流れた池元のクロスに、ボックスに侵入した刀根が頭で合わせる。しかし、ボールはわずかに右へと逸れて先制とはならなかった。 ▽対する清水は右サイドの石毛を起点に攻め込むも、ゴールに迫る場面は少なく。それでも8分には福村からの浮き球のパスに河井が抜け出すが惜しくもオフサイドとなる。お互いになかなかシュートまで持ち込めない展開となった前半は、ゴールレスのままハーフタイムを迎えた。 ▽両チームともに交代なしで迎えた後半は47分にセットプレーから動く。相手陣内左サイドでFKを獲得した清水は、大前が入れたボールを角田がバックヘッドで合わせて、先制に成功した。 ▽一方の北九州は63分、一気に3選手を交代させると66分には代わって入った弓崎のクロスから、同じく途中出場の内藤がミドルシュートを狙う。しかし、GK西部がはじき出してゴールとはならなかった。 ▽清水も70分を過ぎるころに選手を入れ替えていく。すると、77分に途中出場の村田の突破から大前がシュートを放つものの、GKの正面にボールを飛ばしてしまう。北九州は80分に右サイドに抜けた風間からのクロスに大島が頭から飛び込んだがミートできなかった。 ▽試合終盤は北九州が清水を押し込んで試合を進めていくが、最後までゴールは生まれずに終了。清水が北九州との接戦をものにした。清水は3試合を終えて2勝1敗の勝ち点6。鹿児島vs磐田で磐田が敗れた場合、得失点差で上回り鹿児島ラウンド優勝となる。 <span style="font-size:small;">清水 1-0 北九州 【清水】 角田誠(47分) 【出場メンバー】 ◆清水 GK 1 西部洋平 DF 4 鎌田翔雅(→24 川口尚紀 79分)、3 犬飼智也、45 角田誠(→2 三浦弦太 72分)、38 福村貴幸 MF 8 石毛秀樹(→11 村田和哉 75分)、20 竹内涼、6 杉山浩太(→16 六平光成 61分)、17 河井陽介(→23 北川航也 68分) FW 10 大前元紀、39 白崎凌兵 ◆北九州 GK 21 鈴木彩貴 DF 23 寺岡真弘(→30 弓崎恭平 63分)、32 刀根亮輔、4 市川恵多、3 石神直哉 MF 10 小手川宏基(→29 小谷健悟 84分)、28 風間宏希、20 花井聖、11 井上翔太 FW 25 小松塁(→15 大島秀夫 63分)、34 池元友樹(→13 多田高行 63分)</span> 2016.02.10 12:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーキー小川の一発で磐田がダービー制す《ニューイヤーカップ》

▽6日に行われた2016年Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップの鹿児島ラウンドの第2戦、磐田(J1)vs清水(J2)は、1-0で磐田が勝利した。 ▽2013年以来の静岡ダービーに向け、2年ぶりのJ1復帰を果たした磐田はアダイウトンら昨シーズンからの主力をスタートから起用。一方、クラブ史上初のJ2参戦となる清水は大前、チェン・テセら自慢の攻撃陣を前線に並べた。 ▽互いにカテゴリーが違うこともあり、シーズン中に実現することのない静岡勢対決は、立ち上がりから拮抗した展開となる。ジェイをケガで欠く磐田は、左サイドの上田が左足で上げたクロスからボックス中央でフリーのアダイウトンに決定機。しかし、アダイウトンのヘッドは、ボールにミートせず、チャンスを不意にしてしまう。 ▽すると、その直後にカウンターを発動させた清水が好機を演出。左サイドのワイドに開いていたチョン・テセが大きなサイドチェンジでボックス右の大前にボールを供給する。しかし、ワントラップから振り抜かれた大前の右足シュートは、枠内に飛ばすことができない。 ▽その後も、ゴールに迫りながらネットを揺らせない両者は、ゴールレスで前半終了。後半も前半と同様に重苦しい展開が続いたが、89分にようやくネットが揺れる。中村からパスを胸トラップで受けた荒木がボックス左の深くに抜け出し、中央にクロスボールを供給。これを70分から出場していた小川がワンタッチで押し込み、磐田が先制した。 ▽試合終了間際に生まれたルーキーの小川弾が決勝点となり、1-0で試合終了。ダービーを制した磐田が初戦の北九州戦に続く白星で、清水を交わして首位に浮上した。10日に行われる最終戦では、磐田が鹿児島、清水が北九州と対戦する。 <span style="font-size:small;">磐田 1-0 清水 【磐田】 小川航基(89分) 【出場メンバー】 ◆磐田 GK 21 カミンスキー DF 2 中村太亮、3 大井健太郎、5 櫻内渚、35 森下俊 MF 4 小林祐希、7 上田康太、9 太田吉彰(→27 荒木大吾 76分)、13 宮崎智彦(→40 川辺駿 71分)、15 アダイウトン(→23 山本康裕 71分) FW 16 齊藤和樹(→18 小川航基 80分) ◆清水 GK 1 西部洋平(→13 杉山力裕 46分) DF 2 三浦弦太、3 犬飼智也(→ 5 ヤコヴィッチ 72分)、4 鎌田翔雅(→24 川口尚紀 61分)、38 福村貴幸(→ 7 本田拓也 73分) MF 16 六平光成、20 竹内涼、39 白崎凌兵 FW 9 鄭大世(→17 河井陽介 73分)、10 大前元紀(→33 加賀美翔 90分)、11 村田和哉(→8 石毛秀樹 61分) </span> 2016.02.06 16:18 Sat
twitterfacebook
thumb

手倉森監督が観戦の中、鹿島を下して3連勝の千葉が宮崎Rを制す《ニューイヤーカップ》

▽2016年Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップの宮崎ラウンド第3戦、鹿島vs千葉が4日に宮崎県総合運動公園陸上競技場で行われ、0-1で千葉が勝利した。この結果、3連勝の千葉が宮崎ラウンドの覇者となっている。 ▽これまで熊本と福岡を相手に、それぞれ連勝してきた鹿島と千葉の対戦。鹿島のU-23日本代表DF植田とGK櫛引が先発した中、会場には共に五輪出場を決めた手倉森誠U-23日本代表監督が訪れた。 ▽試合の序盤は、立ち上がりから積極的に前へ出た鹿島が押し気味に進める。しかし、最初に決定機を迎えたのは、相手のミスを突いた千葉だった。20分、高い位置で小笠原からボールを奪ったエウトンがボックス右手前の船山にパス。船山が思い切りよく右足を振って放ったシュートが好コースに飛ぶも、これはバーに直撃した。 ▽ハーフタイムにかけては、柴崎のゲームメークや遠藤の仕掛けから鹿島がシュート数を増やしていくも、ゴールを割ることができず、0-1のまま前半が終了した。 ▽迎えた後半も、前半と同様の展開となる。鹿島は69分にセットプレーからビッグチャンス。ボックス右の手前から遠藤が直接狙ったシュートがニアサイドの際どいコースに飛ぶも、クロスバーに直撃して先制弾とはならなかった。 ▽2度にわたって枠に阻まれた鹿島に対し、千葉は少ないチャンスをモノにする。76分、船山の折り返しを正面で叩いたアランダのシュートは枠を外れていたものの、ゴール前のエウトンがうまくコースを変えてネットを揺らした。 ▽78分に遠藤のクロスに合わせた植田のヘディングシュートがまたしてもバーに阻まれた鹿島は、その後もリスクを冒して前に出るも、同点弾を挙げることができないまま試合終了。3連勝の千葉が宮崎ラウンドを制した。 <span style="font-size:small;">鹿島 0-1 千葉 【千葉】 エウトン(後31) 【出場メンバー】 ◆鹿島 GK 1 櫛引政敏 DF 22 西大伍、3 昌子源、23 植田直通、16 山本脩斗 MF 25 遠藤康、40 小笠原満男、10 柴崎岳、13 中村充孝(→32 杉本太郎 後35) FW 9 ジネイ(→15 高崎寛之 後0)、18 赤崎秀平(→34 鈴木優磨 後26) ◆千葉 GK 23 佐藤優也 DF 5 多々良敦斗、3 近藤直也、24 イ・ジュヨン、27 阿部翔平 MF 16 小池純輝(→8 井出遥也 後0)、10 長澤和輝(→4 北爪健吾 後23)、22 アランダ、6 山本真希(→7 佐藤勇人 後0) FW 9 エウトン(→18 吉田眞紀人 後42)、11 船山貴之(→28 乾貴哉 後49)</span> 2016.02.04 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今季J2に挑む清水が格の違いを見せつけて地元・鹿児島を一蹴!《ニューイヤーカップ》

▽3日に行われた2016年Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップの鹿児島ラウンド第1戦、清水vs鹿児島は、J2の清水がJ3の鹿児島に5-1で勝利した。 ▽今シーズンをJ2で戦う清水とJ3に昇格した鹿児島の一戦は、地元の鹿児島が立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せていく。しかし、対する清水もFW大前とFW鄭大世の2トップを起点に応戦。すると16分、左サイドでボールを持った鄭大世のセンタリングに対し、ニアサイドに入ってきたMF石毛が合わせて清水が先手を奪った。 ▽徐々にボールを保持するようになった清水は30分、ボックス右でMF白崎からのスルーパスを受けた石毛がゴール前にセンタリングを送り、これを大前が右足で流し込んだ。その後も主導権を握る清水は迎えたハーフタイム、5選手を入れ替えて後半に臨むと、後半開始早々の51分にリードを広げる。 ▽後半からの出場となったDF川口が右サイドで起点となり、中央の鄭大世へパスを送ると、ボックス中央に侵入した鄭大世が大前にボールを残し、大前が右足でシュート。これはGK植田のセーブに遭うが、こぼれたボールを再び大前が押し込み、清水が3点目を奪った。さらに56分には、ゴール正面の位置でFKを獲得。大前がボックス中央に送ったクロスをDF犬飼が頭で押し込んで4点差とした。 ▽清水は63分にも鄭大世が起点となって右サイドのMF田村にスルーパスを供給。これを受けた田村のクロスはファーサイドでDF田中にカットされるが、クリアしきれなかったボールに反応した石毛がゴールネットを揺らして5-0とする。その後も選手を入れ替えながら試合を支配した清水だったが、自陣内でのボールロストから失点を喫してしまう。 ▽鹿児島は89分、右サイドの高い位置でボールを奪うと素早く前線のスペースにボールをフィード。ボックス右角付近でパスを受けた途中出場のMF新中が右足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まり、鹿児島が一矢報いた。結局、試合はそのまま終了となり、格の違いを見せつけた清水が初の対外試合で5-1の勝利を収めた。 2016.02.03 16:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース