MF中村俊輔やGK榎本哲也ら主力が退団の横浜FM、長谷川亨社長が就任1年で退任…後任は古川宏一郎氏2017.01.11 15:53 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは11日、長谷川亨代表取締役社長(58)が15日付けで退任し、後任に日産自動車株式会社の古川宏一郎氏(41)が就任することを発表した。

▽クラブの発表によると、11日にち横浜マリノス(株)の臨時株主総会および取締役会が開催され、社長交代が決議されたとのことだ。

▽長谷川氏は1981年に日産自動車に入社。その後は海外のグループ会社で社長などを務め、2016年1月1日に社長に就任していた。1年での退任となる。

▽横浜FMは、今オフにベテラン選手の去就を巡り、声明を発表するなどの事態が発生。MF中村俊輔(ジュビロ磐田)やGK榎本哲也(浦和レッズ)、MF兵藤慎剛(北海道コンサドーレ札幌)、DF小林祐三(サガン鳥栖)と主力が相次いで移籍していた。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1クラブ通信簿】試行錯誤の末に辿り着いた形…リーグ制覇に向け新たな船出へ《横浜F・マリノス》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第14弾は5位フィニッシュの横浜F・マリノスを総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171210yokohama_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●MF中村俊輔ら主力の大量放出 ●DFミロシュ・デゲネクやMFダビド・バブンスキー、FWウーゴ・ヴィエイラら3人の外国人選手の獲得 ●DF山中亮輔、DF松原健、MF扇原貴宏ら若手の獲得 ●DF中澤佑二がJ1通算連続フル出場記録更新 ●MF齋藤学の長期離脱<hr>▽昨シーズン、失意の10位に終わった横浜FMはチーム改革を行った。長年チームを支えてきたMF中村俊輔をはじめ、GK榎本哲也、DF小林祐三、MF兵藤慎剛らを放出。一方で、MFダビド・バブンスキー、DFミロシュ・デゲネク、FWウーゴ・ヴィエイラの3人の外国人選手を獲得し、さらにDF山中亮輔、DF松原健、MF扇原貴宏ら有望な若手の迎え入れも成功させた。 ▽エリク・モンバエルツ体制3年目を迎えた今シーズン、主力を大量に放出したチームは周りの予想に反して開幕から2連勝を飾ると、一時調子を崩したものの、その後は引き分けを挟んで6連勝を飾るなど、6位でシーズンを折り返す。 ▽後半戦に入っても勢いは衰えず、第19節からは6戦4勝無敗の好スタートを切った。一方で、ひとたび崩れると立て直しに時間がかかる脆さも露呈。一度負けると決まってその後の2戦も勝利できないという奇妙なジンクスが1年を通して付きまとった。 ▽シーズン終盤では攻撃をけん引してきたMF齋藤学が右ヒザ前十字じん帯損傷で長期離脱。さらに、チーム内得点王のウーゴ・ヴィエイラが負傷のため一時帰国するなどアクシデントに見舞われたが、うまくポジションを入れ替えたことで大崩れせずシーズンを乗り切った。 ▽最終的に5位という成績で終えた今シーズン。昨季の10位と比べれば上々の結果だが、2004年以来の悲願のリーグ優勝に向けて、クラブはモンバエルツ監督と袂を分かつことを決断。これから新シーズンに向けて新たな船出を切ることになった。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201712010yokohamafm_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>DF中澤佑二(39) 明治安田生命J1リーグ34試合出場(先発34試合)/1得点<hr>▽改革を進めるチームにあって変わらずバックラインから支え続けてきたのがこの男だ。39歳という年齢でありながら第17節の大宮アルディージャ戦でJ1通算140試合フル出場の歴代最多記録を樹立。その後も記録を更新し、今シーズンの全34試合にフル出場を果たした。 ▽ミロシュ・デゲネクやパク・ジョンスとコンビを入れ替えながらも前半戦は横浜FMのゴール前に鉄壁を築き、最小失点に貢献した。終盤戦にかけては、疲労のせいか、全体で失点が増えたものの、新戦力が増えたチームがここまで戦えたのも中澤のキャプテンシーがあってこそ。年齢を重ねても知性と経験値で補って余りあるベテランの姿がそこにはあった。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「A」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201712010yokohamafm_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽補強は成功と言っていいだろう。ミロシュ・デゲネクはパク・ジョンスと入れ替わりながらも中澤の隣できっちりと役割をこなした。ウーゴ・ヴィエイラは一時離脱はあったがチーム最多の10ゴールを記録。ダビド・バブンスキーも後半戦では出場機会は減ったものの、開幕2戦連続ゴールを決めるなど、バルセロナのカンテラ育ちとあって今後の成長に期待できる。 ▽また、松原は右サイドバックでレギュラーを獲得。山中は後半戦から左サイドバックでチャンスを掴んだ。扇原もMF天野純がトップ下にポジションを移してから本職のボランチで起用されるようになり、齊藤やウーゴ・ヴィエイラの負傷離脱によってポジションチェンジを強いられたチームが大きく崩れなかったのも新加入選手の活躍が大きく影響していた。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「B」</span>(評価:S~E))<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201712010yokohamafm_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽惜しくも来季のACL出場を逃してしまう結果となったが、昨季の順位を考えれば、今シーズンの5位という成績は上々だったと評価できる。なにより、軒並み30歳を超えたベテランたちを放出し、代わりに獲得した外国人選手や若手がチームにフィットしたことで、及第点以上の活躍を残せたことが何よりの収穫だ。 ▽しかし、シーズン中に散見された“脆さ”から目をそらすことはできない。前述のような不安定さは昨シーズンにも見られ、一度崩れると立て直すのに時間がかかってしまっていた。それでも、勝ち始めたときの勢いは凄まじく、リーグ中盤戦の14戦無敗、しかも10勝という記録は優勝した川崎フロンターレに引けを取らない。いかに敗戦から上手くバウンスバックできるかが来シーズンの課題となるだろう。 ▽試行錯誤を繰り返していた前半戦とは打って変わり、後半戦に入って土台はできてきた。選手やポジションを入れ替えることで見えてきた課題と武器は来季以降の横浜FMにとってプラスとなるだろう。” 齋藤やウーゴ・ヴィエイラが負傷離脱していなければ”という思いもあるが、そこはポジティブに捉えるしかない。また、新加入のミロシュ・デゲネクやパク・ジョンスらが、中澤に代わるCBに成長することを期待したい。 ▽モンバエルツ監督の辞任が決定し、来シーズンの横浜FMを誰が指揮するのかは不透明なままだが、今季積み上げたものを崩さず進化させることが出来れば、リーグ制覇も夢じゃないはずだ。 2017.12.10 22:01 Sun
twitterfacebook
thumb

“レジェンド”ケイヒルにJリーグ移籍の可能性浮上 加入候補は…

▽6日にメルボルン・シティを退団したオーストラリア代表のレジェンドFWティム・ケイヒル(38)が横浜F・マリノスに加入する可能性があるようだ。オーストラリア『The World Game SBS』が報じている。 ▽同メディアは、ケイヒルが移籍する可能性がある候補として6つを列挙。ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ、ミルウォール、エバートン、カラビュックシュポル、UAE(クラブへの移籍)と共に、横浜FMの名前が記されている。 ▽今シーズン限りでエリク・モンバルエツ氏が退任する横浜FMは、伝えられるところによれば、アンジ・ポステコグルー氏を招へいする可能性があり、これがケイヒル加入を後押しする可能性があるとのこと。2013年からオーストラリアを率いて先月に同代表監督を辞任したポステコグルー氏とケイヒルの関係は強く、良好だとのことだ。 ▽そのほかにも、横浜FMではFWウーゴ・ヴィエイラが負傷離脱中で穴埋めとなること、そしてオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが在籍していることがケイヒル加入の後押しになるとみられている。 ▽ワールドカップのアジア予選プレーオフ第2戦のシリア代表戦でも2ゴールを挙げるなど、勝負強さを発揮したケイヒル。国際舞台でも日本代表を苦しめてきたベテランストライカーがJリーグ参戦となれば非常に注目されそうだ。 2017.12.07 20:24 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMがMF中島賢星との契約満了を発表「もっとマリノスのユニフォームを着てチームに貢献している姿を見てほしかった」

▽横浜F・マリノスは6日、FC岐阜に期限付き移籍していたMF中島賢星(21)との契約満了を発表した。 ▽中島は、横浜FMのプライマリーに所属。その後アビスパ福岡U-15でプレーし、東福岡高校から2015年に横浜FMに加入していた。加入1年目はリーグカップで3試合に出場。2年目の2016シーズンはリーグカップで3試合、天皇杯で1試合に出場。今シーズンはリーグカップで6試合に出場し1得点を記録。天皇杯では1試合に出場していたが、J1での出場機会はなかった。中島はクラブを通じてコメントしている。 「小学生の頃、横浜F・マリノスプライマリー追浜でサッカーをして、その後マリノスを離れても僕に夢を与えてくれたマリノスで、またプレーをしたい想いがありました。だからマリノスに加入出来た時は幸せでした」 「プロ入り後、リーグ戦の出場は出来ませんでしたが、ルヴァンカップで決めたプロ初ゴールは本当に嬉しかったです。もっとマリノスのユニフォームを着てチームに貢献している姿を見てほしかったですが、それが出来ず悔しいです」 「ファン・サポーターの皆さんには、温かい声援や、優しく接していただいたことが嬉しかったですし、いつも励みになっていました。また皆さんの前でプレーできる様にこれからも頑張ります」 ▽期限付き移籍していた岐阜では、明治安田生命J2リーグで6試合に出場していた。 2017.12.06 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMが元ポルトガル代表指揮官に興味か

▽監督の椅子が空いている横浜F・マリノスが、元ポルトガル代表監督であるパウロ・ベント氏(48)の招へいに興味を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 ▽現役時代はベンフィカやスポルティング・リスボンなどでプレーし、ポルトガル代表としても2000年のユーロや2002年の日韓ワールドカップに出場するなど、35キャップを記録しているベント氏。 ▽現役引退後はスポルティング・リスボンやポルトガル代表、クルゼイロなどで指揮を執り、今年3月にオリンピアコスの監督を解任されてからはフリーとなっていた。 ▽そんなベント氏には、日本と中国のクラブからの関心があるとのこと。そのクラブは横浜FMであるとのことだ。 ▽横浜FMは、エリク・モンバエルツ監督が退任し、元オーストラリア代表監督のアンジ・ポステコグルー氏を招へいするとの話も浮上している。 ▽ベント氏への中国からのオファーは金銭的に魅力的とのことだが、果たしてどのチームで指揮を執るのだろうか。 2017.12.05 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMがGK田口潤人の退団発表 今季期限付き移籍先の藤枝とも契約満了

▽横浜F・マリノスは5日、GK田口潤人(21)との契約満了に伴い、来シーズンの契約を更新しないと発表した。 ▽田口は、2015年にユースから横浜FMトップチームに昇格。今シーズンから期限付き移籍で藤枝MYFCに加わり、明治安田生命J3リーグ21試合に出場した。 ▽藤枝からも同日に期限付き移籍期間満了による退団が発表された田口は、両クラブを通じて、次のようにコメントしている。 ◆藤枝MYFC 「今年自分にチャンスを与えてくれた、クラブや監督に感謝しています。練習場や町で、頑張ってね!応援してるよ!という皆さんの温かい声が励みになっていました。自分のチャントを歌ってくれた時の喜びも忘れません。試合に出場したことも、毎週厳しい練習をしたことも全てが自分の糧となっています。成長した姿をピッチで見せられるように頑張りたいと思います。本当に1年間ありがとうございました」 ◆横浜F・マリノス 「マリノスではスクールの時も含めると11年間お世話になりました。自分がちょうど5年生になる頃にマリノスタウンができ、天然芝でやっているトップチームの練習を見ていたことを思い出します。「ここでプロになりたい!」と夢をもたせてくれたクラブです。そのクラブを退団することになり、いろいろな気持ちがありますが、1番は悔しいです。今の自分の現状を受け入れて、実力をつけていきたいと思います。この11年間は自分の財産です。たくさんの出会いに感謝しています。本当にありがとうございました」 2017.12.05 17:10 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース