MF中村俊輔やGK榎本哲也ら主力が退団の横浜FM、長谷川亨社長が就任1年で退任…後任は古川宏一郎氏2017.01.11 15:53 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは11日、長谷川亨代表取締役社長(58)が15日付けで退任し、後任に日産自動車株式会社の古川宏一郎氏(41)が就任することを発表した。

▽クラブの発表によると、11日にち横浜マリノス(株)の臨時株主総会および取締役会が開催され、社長交代が決議されたとのことだ。

▽長谷川氏は1981年に日産自動車に入社。その後は海外のグループ会社で社長などを務め、2016年1月1日に社長に就任していた。1年での退任となる。

▽横浜FMは、今オフにベテラン選手の去就を巡り、声明を発表するなどの事態が発生。MF中村俊輔(ジュビロ磐田)やGK榎本哲也(浦和レッズ)、MF兵藤慎剛(北海道コンサドーレ札幌)、DF小林祐三(サガン鳥栖)と主力が相次いで移籍していた。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1開幕直前クラブガイド】ポステコグルーの戦術をどこまで体現できるか、トリコロールが5年ぶりのACL出場権を狙う《横浜F・マリノス》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第8弾は横浜F・マリノスを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆昨季の堅守にどこまでポステコグルー色を組み込めるか</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは終盤に取りこぼしが目立ち、最終的に5位に終わった横浜FM。試行錯誤の末に見えた形は、確かな土壌となって新シーズンに光を照らした。しかし、その土壌を作り上げたエリク・モンバエルツ前監督が退任し、オーストラリア代表を史上初のアジアカップ制覇に導いた実績を持つアンジェ・ポステコグルー監督が就任した。 ▽戦力にも変化が起きている。攻撃の中心を担っていたMF齋藤学を放出した一方で、経験豊富なFW大津祐樹や、韓国代表FWユン・イルロクらを獲得した。「攻撃的なサッカーを目指す」と宣言したオーストラリア人指揮官が望む補強を着々と進めた。 ▽昨シーズン、前半戦でリーグ最少失点を誇った主力メンバーは軒並み契約延長。モンバエルツ前監督が培った土壌に、ポステコグルー色を出した攻撃の種を植え、上手く成長させることができれば、ACL出場権、はたまたタイトルという花を咲かせる可能性も見えてくる。 <span style="font-weight:700;">◆攻撃陣は充実の補強も守備に不安残る</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:B】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今回のストーブリーグでは、攻撃的サッカーを指向するポステコグルー監督の下、アタッカーの獲得に重きを置いた補強となった。大津やユン・イルロクといった実力者を新たに迎えたほか、アビスパ福岡からFW仲川輝人、レノファ山口からFW和田昌士をレンタルバック。獲得した9選手のうち、5人がFWという陣容となった。 ▽一方で、浦和レッズに完全移籍したMFマルティノスや柏レイソルに完全移籍したDFパク・ジョンスの後釜となり得る即戦力の獲得は達成できていない。「まだ外国人枠が1つ空いている。できれば、そこは埋めたい」とポステコグルー監督が語るように、残り1カ月半の移籍期間で、どこまで補強できるかが2018シーズンを戦う上でカギとなってくるに違いない。<hr>【IN】 DF西山大雅(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 MF生駒仁(18)←鹿児島城西高校/新加入 MF堀研太(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 MF山田康太(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 FW町野修斗(18)←履正社高校/新加入 FWユン・イルロク(25)←FCソウル(韓国)/完全 FW大津祐樹(27)←柏レイソル/完全 FW仲川輝人(25)←アビスパ福岡/期限付き復帰 FW和田昌士(20)←レノファ山口FC/期限付き復帰 【OUT】 GK田口潤人(21)→アルビレックス新潟/完全 DFパク・ジョンス(23)→柏レイソル/完全 MF中島賢星(21)→FC岐阜/契約満了 MFマルティノス(26)→浦和レッズ/完全 FW齋藤学(27)→川崎フロンターレ/完全 FW富樫敬真(24)→FC東京/期限付き<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>FWユン・イルロク(25) 2017シーズン(韓国1部) 30試合出場4得点<hr>▽新加入の韓国代表FWユン・イルロクは、齋藤に似たタイプのウインガーだ。左サイドからカットインし、得意の右足で攻撃の起点になれる点、味方とのコンビネーションでチャンスに繋げられる点は、ポステコグルー監督の言う「違いが生み出せる選手」として大いに期待できる。 ▽昨シーズンはFCソウルでリーグ戦30試合に出場し4得点11アシストを記録。チームが挙げた得点のおよそ4割に絡んでいるというデータもあり、新シーズンは韓国代表FWが攻撃のカギを握るかもしれない。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:ダビド・バブンスキー、喜田拓也、天野純 FW:イッペイ・シノヅカ、ウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロク<hr>▽ポステコグルー監督が望む攻撃的サッカーから予想するに、キャンプで起用された[4-3-3]を基盤に考えていいだろう。バックラインは昨シーズンから固定。横浜FMで16年目を迎えるキャプテン・中澤佑二を筆頭にミロシュ・デゲネクや松原健、山中亮輔が、昨シーズン前半のような強固なディフェンスを築く。 ▽予想が難しいのは前線だが、ワントップは昨季10ゴールのウーゴ・ヴィエイラと予想。FW伊藤翔や大津も候補だが、伊藤は決定力で劣り、大津はプレシーズンでケガを負ってしまった。齋藤が抜けた左ウイングにはユン・イルロク、右ウイングにはキャンプで調子が良かったイッペイ・シノヅカが入る。監督の掲げるポゼッションサッカーにおいて、インサイドハーフは1つのカギとなるが、昨シーズン、トップ下へのポジションチェンジで真価を発揮した天野純とダビド・バブンスキーが最有力だ。 ▽17日に行われたFC東京とのプレシーズンマッチを見ても、ハイラインを敷き、両サイドを使った攻撃を仕掛け、ポゼッションでは上回っていた。オーストラリア代表がワールドカップ予選で見せていた形、また5レーンを形成してサイドに厚みを持たせ、インサイドハーフが高い位置で攻撃に関わることが完成形と予想される。昨シーズンからの戦術的な切り替えにどれだけ早く対応できるかに注目が集まる。 2018.02.19 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

新システムに一定の手応えを示すも横浜FMのMF天野純「クロスやコンビネーションの精度をもっと」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽この試合で先発フル出場を果たした横浜FMのMF天野純は、ポステゴグルー新監督のアタッキングサッカーに手応えを感じながらも、左サイドの連携や、クロスやコンビネーションの質をさらに高めなければいけないと語った。 ◆MF天野純(横浜F・マリノス) 「監督がアタッキングサッカーを掲げている中で、何度か侵入していくシーンは作れたし、ポゼッション率も上回っていると思うのでそこは手応えを感じている」 ──左サイドの連携について 「サイドの選手は去年とは違ったタイプの選手なので、まだ擦り合わせが必要な状態だが、ヤマ(山中亮輔)とは去年も一緒にやっているし、ユン(・イルロク)ともコミュニケーションもとれているのでスムーズに(試合に)入ることができた」 ──あと1週間…どういったところを詰めていきたいか 「最後の精度の部分。クロスやコンビネーションの精度は上げないと。点が取れないと意味がないのでそこは意識してやっていきたい」 2018.02.17 18:42 Sat
twitterfacebook
thumb

試合は敗戦も横浜FMのDFミロシュ・デゲネク「内容では圧倒していた」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽この試合でDF中澤祐二とともにセンタバックを勤めたDFミロシュ・デゲネクは、敗戦も横浜FMが「圧倒していた」と試合を振り返った。 ◆DFミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス) 「結果的には0-1で負けてしまったが、チャンスは自分たちの方が作っていた。決定的な場面を許してしまったが、全体的には圧倒したと思っている」 ──今回はかなり高めのディフェンスラインをとっていたが 「僕は代表でも同じことをやっていたので問題なかった」 ──この試合はボールを持ってやりたいことができているように思えたが、もっと改善するべき点は 「それは監督が決めることだね。僕は監督ではないから。もっとゴールを決めなければならないが、監督が良い指示を出してくれると思う」 2018.02.17 18:38 Sat
twitterfacebook
thumb

アンカーの役割を楽しむ横浜FMのMF喜田拓也「信じて続けていく」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽横浜FMのMF喜田拓也は試合後、メディア陣の囲み取材に対して次のように応対。新任のアンジェ・ポステコグルー監督から与えられたアンカーとしての新たな役割に「楽しみ」と述べ、さらなる向上に意欲を示した。 ◆MF喜田拓也(横浜F・マリノス) ──試合を振り返って 「プレシーズンで課題が出るのは悪いことではない。みんなで取り組んでいきたい」 ──アンカーとしてのプレーについて 「楽しい。役割も多少変わって、攻守ともにどうポジションを取るかが大事になってくる。前向きに取り組むことができている。僕だけじゃなくて、不安を抱いてスタートした中で、ここまで良い積み上げができていて、監督からも『信じてくれ』って常々言われる」 「結果だけを見れば、負けこそしたが、信じてついていくだけ。どんな形であっても、信じて続けていくだけ。開幕に向けて楽しみ。みんなもそういう姿勢だと思うし、続けていきたい」 ──アンカーがキーになりそうだが 「そういうのも加味して前向きに取り組むことができている。色々なことを考えながらやっていて、チームへの影響や相手の動かし方、頭を使いながらやれている。またここから積み上げていきたい。今日も何回か良い形を出せたシーンがあったし、もっと増やしていけると思っている」 2018.02.17 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

敗戦の中に収穫あり、横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督「より良いチームに」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽横浜FMを率いるアンジェ・ポステコグルー監督は試合後、次のようにコメント。志向するポゼッションサッカーの確立に自信をのぞかせた。 ◆アンジェ・ポステコグルー監督(横浜F・マリノス) 「自分たちのスタイルを最後まで貫くことができた。両チームにとっても、良い練習試合になったのではないか」 ──掲げるスタイルとは 「まだ始動から3、4週間だが、選手たちはダイナミックなサッカーをしようと良く頑張ってくれている。今日の試合の中でも、何度かそういう時間帯を作ることができた。時間はかかると思うが、これから落とし込んでいきたい」 ──開幕までに詰めたい部分とは 「何度かチャンスを作れた。一番大事なのは、選手たちが理解力を高めること。それを高めることができれば、もっともっと良い展開ができ、もっともっとチャンスを作れて、シーズン中に多くの得点を挙げることができると思っている」 ──イニシアチブを握るサッカースタイルについて 「攻撃だけじゃなく、守備でも圧倒してアグレッシブに行きたい。最初の2、3週間の準備期間のところは、半信半疑だったと思うが、この1週間でちょっと進歩した姿を見ることができた。今日の試合を終えて、もう一歩、やり方を信じることができれば、より良いチームになっていく」 ──ボールの受け方に対する戦術面に関して 「もちろん、全選手に役割がある。シーズンを通して、ポジションの入れ替わりがあるだろうが、ポゼッションをするためには距離感が大事。その中でも、幅や高さを取らなければいけなくなる選手が出てくる」 2018.02.17 17:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース