超ワールドサッカー

東京VのMF渋谷亮がJFLのラインメール青森FCへと期限付き移籍2017.01.11 15:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽東京ヴェルディは11日、MF渋谷亮(24)がJFLのラインメール青森FCに期限付き移籍することを発表した。契約期間は2017年2月1日から2018年1月31日までとなる。

▽2015シーズンから東京Vに所属する渋谷は、2016シーズンに東海1部リーグに所属する鈴鹿アンリミテッドFCに期限付き移籍で加入。同リーグで12試合3ゴールをマークした。渋谷は東京Vの公式サイトで次のようにコメントしている。

「来シーズンもヴェルディを離れ、青森で勉強してくることになりました。寂しいですが、行くからには結果と成長を得てきたいと思います。いつも温かい応援、本当にありがとうございます。遠くからですが、常にともに戦う気持ちで頑張ってきたいと思います!」

コメント

関連ニュース

thumb

東京Vの羽生社長がトッティ獲得報道に関して言及 「ローマと東京のクラブの懸け橋になりたいと言ってくれている」

▽東京ヴェルディの羽生英之社長が25日、同日に報じられた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)の獲得報道に関してコメントした。 ▽一部スポーツ紙は25日、東京Vが今季限りでローマを退団するトッティ獲得に関して代理人を務めるトッティの実兄に対して、既に条件掲示を行ったと報じていた。 ▽同日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節、FC町田ゼルビア戦前に囲み取材に応じた羽生社長は、スポーツ紙が報じた条件面などの一部事実を否定しながらも、獲得交渉を行っていることを認めた。 「本人がヴェルディに興味を持ってくれていると聞いています。また、たまたま私たちが懇意にしている方からその話を聞き、“それは興味深い”という形で話がスタートしました。ただ、お金があるクラブではなく、金額的に全然、私たちのもとに来て頂けるものではありません。それで“無理だな”と思っていたところ、私たちを支えてくれている人たちに相談したところ、考えてもいいのではないかとの返事を頂きました」 「そこに関してはトッティ選手の持っている肖像権なりを、何処までヴェルディが自由に使えるかという部分で可能性はあるのではないかという話になり、では交渉をしてみましょうという形になりました。こちらとしては金額的に彼らが指定した金額を下げてもらう交渉をしています。他のアメリカのチームなどは我々の倍以上の金額を掲示しています。ただ、本人はお金とかではなく、東京に対するシンパシーを持ってくれているようです。彼が幼少時代に『キャプテン翼』を好きでそれに絡んで興味を持ってくれているようです」 「可能性に関しては彼の年俸を準備できるかということ。また、我々がここまで下げてくださいといった条件をのんでくれるかという状況です。そういう意味ではまだ何も決まっていません」 「ただ、夢のある話だし、Jリーグにとっても良い話だと思います。アウェイでもお客さんが入ってくれると思います」 ▽また、羽生社長は現場サイドから獲得にゴーサインが出ていることも認めている。 「仮に来てもらう場合、使うのは監督なので監督には相談しています。監督からは“喜んで使いたい”、“逆に、獲ってください”と言われています。ロティーナ監督にとってそういった評価の選手だということです」 ▽その一方で、100万ユーロ(約1億2400万円)と報じられたサラリーに関しては、「全然違います。紙面で報じられた額であれば、いますぐにでも獲得に動きます。あのぐらいの額であれば、誰の力も借りずに1年契約で入場料などで持てるリスクの範囲内です。そのぐらいのリスクを張っていいかは、うちの役員会だけで決められます」と、倍以上の金額であることを示唆した。 ▽現役引退でローマのフロント入りの可能性や、アメリカ行きも噂されるトッティ獲得は、高額な年俸面を含め、東京Vにとって困難なオペレーションだ。それでも、羽生社長は同選手がローマと同様に、日本の首都である東京でのプレーに関心を持っていることを理由に、獲得の可能性を模索しているという。 「彼はローマでずっと育って、ローマでやってきた。そのローマを代表するプレーヤーとして、ローマと東京のクラブの懸け橋になりたいと言ってくれているという話です。だから、引退後もそういう立場になれれば、嬉しいと言ってくれているそうです。それは私たちにとってもウェルカムです」 ▽なお、現在ギリシャでバカンス中のトッティは、今後オファーを吟味したうえ、近日中に去就を決める予定とのことだ。 ▽1989年にローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間で公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティ。ローマでのタイトルは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアのみだが、2006年ドイツ・ワールドカップでイタリア代表の優勝に貢献するなど、サッカー界屈指のレジェンドとして知られる。“永遠の都”一筋のキャリアを築いてきたワンクラブマンは、“日本の首都”で新たな皇帝として君臨することになるのか。 2017.06.25 22:35 Sun
twitterfacebook
thumb

東京VがビジャレアルBのスペイン人FWカルロス・マルティネスを完全移籍で獲得…今季は3部で20ゴール

▽東京ヴェルディは22日、ビジャレアルのBチームに所属するスペイン人FWカルロス・マルティネス(30)が完全移籍で加入することを発表した ▽カルロス・マルティネスは、UDAグラマネート、テッラーサFC、UEオロトとスペインのクラブでプレー。2015年7月からビジャレアルBに所属している。 ▽今シーズンはスペイン3部で38試合に出場し20ゴールを記録していた。カルロス・マルティネスはクラブを通じてコメントしている。 「スペインのビジャレアルからヴェルディに来ましたカルロス・マルティネスです。私の持っているすべての力を出すために、そして多くの得点を取るために、ヴェルディにやってきました。ぜひ、応援をお願いします」 ▽なお、カルロス・マルティネスは7月上旬に来日しチームに合流するとのこと。選手登録が完了次第、7月22日のカマタマーレ讃岐戦から出場が可能となる。 2017.06.22 21:09 Thu
twitterfacebook
thumb

東京VがMF渡辺皓太とプロA契約を締結

▽東京ヴェルディは20日、MF渡辺皓太(18)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽渡辺は東京Vの下部組織出身で、2016年に高校3年ながら2種登録。2016年5月3日の明治安田生命J2リーグ第11節のモンテディオ山形戦で途中出場し、トップチームデビューを果たした。今シーズンは正式にトップチーム昇格し、ここまでJ2で19試合に出場。好調を維持するチームで経験を積んでいる。 2017.06.20 21:16 Tue
twitterfacebook
thumb

東京Vvs愛媛の同勝ち点対決は3-3の壮絶ドロー! 東京Vが土壇場PK弾で勝ち点1拾う《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の東京ヴェルディvs愛媛FCが17日に味の素スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 ▽自動昇格圏内浮上を目指す6位東京V(勝ち点30)と、7位愛媛(勝ち点30)による同勝ち点対決。前節、名古屋グランパスとの上位対決を逆転で制し、4戦ぶりの白星を手にした東京Vは、連勝を目指すこの一戦に向けて、前節から先発2人を変更。平と高木大に代わって、第6節ファジアーノ岡山戦以来の出場となる永田と、前節2ゴールのドウグラス・ヴィエイラが先発入り。また、負傷明けの井上と高木善がベンチに入った。一方、FC岐阜に快勝して連勝の愛媛は、間瀬監督が以前にコーチを務めた古巣との一戦に向けて、前節と全く同じスタメンで臨んだ。 ▽キックオフ直後こそ愛媛のハイプレスに手を焼いたものの、時間の経過と共に後方から丁寧にボールを動かし、主導権を掴む東京V。7分にアラン・ピニェイロが際どいミドルシュートを放つと、15分に先制点を奪う。右サイドでアランの浮き球パスに抜け出した安西がDFを振り切ってボックス右ライン際で絶妙なクロス。これをゴール前に飛び込んだドウグラスが頭で合わせ、2試合連発となる今季5点目を奪った。 ▽幸先よく先制したホームチームは、その後も梶川や永田を起点に冷静にボールを動かして流れを渡さない。時折与えた相手のカウンターチャンスもDF井林を中心に危なげなく凌ぐ。前半終了間際の39分にはMF渡辺のお膳立てからドウグラスに決定機も、ここは相手GKのセーブに遭った。 ▽一方、失点直後に玉林が負傷交代を強いられた愛媛は田中を投入して反撃を試みるが、単発のカウンターやセットプレーから西岡が放ったヘディングシュート以外に決定機を作れず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽東京Vの1点リードで迎えた後半、立ち上がりにドウグラスのスルーパスからアランに追加点のチャンスが生まれるが、この決定機は相手GKの好守に遭う。 ▽すると53分、小池のスルーパスに抜け出した近藤がボックス右で入れたクロスを中央で胸トラップした河原が右足のシュートを流し込み、この試合最初の決定機を同点ゴールに結び付ける。さらに59分には左サイド深くで丹羽が折り返したボールを、白井が体勢を崩しながらも強烈なシュートで流し込み、瞬く間に試合を引っくり返した。 ▽一方、流れを変えたい東京Vは59分に梶川に代えて高木善、61分には渡辺を下げて橋本を投入。その後も苦しい時間が続くも、69分にワンチャンスを生かして追いつく。左サイドでカットインした安西のシュート性のクロスを、ゴール前に飛び出したドウグラスがワンタッチでニアに流し込んだ。 ▽2-2のイーブンに戻った試合は、ここからカウンターの応酬となるオープンな展開に。内田を下げて井上をピッチに送り出した東京Vに対して、愛媛は丹羽と小池を下げて有田と小暮をピッチに送り出す。 ▽互いに3点目を奪えない状況が続くが、カウンターの鋭さで勝る愛媛が一歩前に出る。90分、ロングカウンターからボックス右でパスを受けた近藤が右足を振り抜くと、クロスバーの内側を叩いたボールが左隅に吸い込まれた。 ▽これで勝負ありと思われたが、諦めない東京Vは直後にボックス内でハイボールを競った安在が白井に倒され、値千金のPK奪取。このプレッシャーがかかるPKを高木善が冷静に流し込み、土壇場で追いついた。その後、互いに勝ち越しのチャンスもあったものの、試合は3-3でタイムアップ。東京Vと愛媛による同勝ち点対決は、壮絶な打ち合いの末に痛み分けのドローとなった。 2017.06.17 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場ドゥグ&橋本が躍動! 東京Vが2分間の逆転劇で4戦ぶり白星! 名古屋は決定力欠き今季初の連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第18節の東京ヴェルディvs名古屋グランパスが10日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが2-1で勝利した。 ▽6位東京V(勝ち点27)と、3位名古屋(勝ち点31)による2008年以来のオリジナル10対決。前節、松本山雅FCとのアウェイゲームを1-1のドローで終え、連敗をストップしたホームの東京Vは、4試合ぶりの白星を目指す今節に向けて先発2人を変更。脳震とうの影響でベンチ外の高木善に代わって梶川、ドウグラス・ヴィエイラに代わって高木大が先発に入った。一方、ツエーゲン金沢相手に逆転負けを喫した名古屋は、先発3人を変更。負傷のGK楢崎に代わって、GK渋谷が移籍後初先発を飾り、同じく負傷の玉田に代わって八反田、酒井に代わって中盤が本職の小林がセンターバックに入った。 ▽今季最多となった観客席の後押しを受けて集中した入りを見せた東京Vは、相手の急造守備陣の背後を積極的に狙う攻撃が機能。11分にはボックス左に抜け出した高木大がGK渋谷をかわして中央へ折り返すが、これは味方に合わない。 ▽一方、青木や和泉の仕掛けを軸にゴールチャンスを窺う名古屋は15分、ボックス付近での細かい繋ぎから田口がシモビッチの足元にボールを入れる。この落としを受けた杉森が右足のコントロールシュートを放つと、これがゴール左上隅に決まり、アウェイチームが先制に成功する。 ▽失点以降、前がかりになって攻勢に出る東京Vは、人とボールを同時に見きれない相手守備陣の隙を突いて高木大や渡辺がボックス内に抜け出しては際どいシーンを作るが、なかなか決定的なシュートを打てない。一方、前がかりな相手に対して追加点を狙う名古屋は25分、ボックス左角の和泉が精度の高いシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。 ▽何とか前半のうちに追いつきたい東京Vは42分、ボックス手前で渡辺、高木大、渡辺とダイレクトプレーで梶川にシュートチャンスを演出。これを梶川が抑えの利いた見事な右足のミドルシュートでゴール左下隅を射抜く。だが、オフサイドラインに居た高木大がプレーに関与したとの微妙な判定でゴールは認められず。前半は名古屋の1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、名古屋が立ち上がりに攻勢をかける。開始2分に裏へ抜け出した杉森がGKと一対一を迎えるが、これは枠の左に外れる。続く52分にはボックス右でルーズボールに反応した八反田がGKを引き付けて折り返したボールに、中央でフリーの杉森が合わすが、今度はクロスバーを叩く。さらに57分にも中央突破した杉森に決定機が訪れるが、これも決め切れない。 ▽相手の決定力不足に助けられた東京Vは、後半立ち上がりに高木大に代えて投入したドウグラスが大きな仕事を果たす。65分、右サイドを突破したアラン・ピニェイロのクロスをファーサイドに流れたドウグラスが打点の高いヘディングで叩き込み、東京VにとってJ2通算600点目となるメモリアルゴールで追いつく。 ▽この同点直後に渡辺を下げて橋本を投入すると、この交代が今度は逆転ゴールをもたらす。67分、橋本からの絶妙な縦パスをボックス手前で見事なタッチで収めたドウグラスがGKとの一対一を制し、わずか2分間で試合を引っくり返した。 ▽一方、まずい試合運びで逆転を許した名古屋は、68分に古巣対戦となる杉本、71分には佐藤と負傷明けの永井をピッチに送り出し、前線に4人のアタッカーが並ぶ攻撃的な布陣でゴールを目指す。だが、シンプルにアラン、ドウグラスを背後に走らせる相手のカウンターに苦戦し、なかなか攻め切れない。 ▽それでも、試合終盤にかけて決死の猛攻を見せる名古屋は、90分に宮原のクロスをシモビッチが頭で合わすが、これはGK柴崎の好守に遭う。さらに94分にはボックス内で佐藤の落としを受けたシモビッチが左足でシュートを放つが、今度は左ポストを叩き万事休す。 ▽ドウグラスと橋本の投入で流れを変え、見事な逆転勝利を飾った東京Vが、名古屋とのオリジナル10対決を制し、4試合ぶりの白星を手にした。一方、再三の決定機を決め切れず、逆転負けの名古屋は今季初の連敗となった。 2017.06.10 18:25 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース