超ワールドサッカー

東京VのMF渋谷亮がJFLのラインメール青森FCへと期限付き移籍2017.01.11 15:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽東京ヴェルディは11日、MF渋谷亮(24)がJFLのラインメール青森FCに期限付き移籍することを発表した。契約期間は2017年2月1日から2018年1月31日までとなる。

▽2015シーズンから東京Vに所属する渋谷は、2016シーズンに東海1部リーグに所属する鈴鹿アンリミテッドFCに期限付き移籍で加入。同リーグで12試合3ゴールをマークした。渋谷は東京Vの公式サイトで次のようにコメントしている。

「来シーズンもヴェルディを離れ、青森で勉強してくることになりました。寂しいですが、行くからには結果と成長を得てきたいと思います。いつも温かい応援、本当にありがとうございます。遠くからですが、常にともに戦う気持ちで頑張ってきたいと思います!」

コメント

関連ニュース

thumb

アラン&ドゥグの助っ人コンビの活躍で東京Vが3戦ぶり白星で暫定首位浮上! 群馬は開幕9戦未勝利…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第9節の東京ヴェルディvsザスパクサツ群馬が22日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-1で勝利した。 ▽今季初の連敗を喫した3位の東京Vと、今季未勝利で最下位に沈む群馬の一戦。前節、モンテディオ山形に惜敗した東京Vは、その一戦からメンバー変更2点。安西、梶川に代わって、高木大、ドウグラス・ヴィエイラが先発に復帰した。。一方、水戸ホーリーホックとの“北関東ダービー”に敗れた群馬は先発3人を変更。岡庭や石田の若手に代わって、松下と鈴木崇のベテランが起用された。 ▽出足鋭い群馬の勢いに晒される入りとなった東京Vは、高井の個人技に苦戦を強いられるが、時間の経過と共にドウグラス・ヴィエイラとアラン・ピニェイロのキープ力を起点に押し込んでいく。15分には左サイドで平が上げたクロスのこぼれ球からゴール前のアランに決定機も、これはうまくミートできない。 ▽その後、互いにミスが目立つ大味な展開の中、前半終盤に続けて決定機が訪れる。39分、安在の強烈なミドルシュートが枠を捉えるが、これは相手GK清水の好守に遭う。このプレーで得た右CKの場面では中後のファーを狙ったクロスをアランが頭で合わすが、今度はクロスバーを叩く。それでも、攻め続ける東京Vは前半アディショナルタイム2分、ボックス内で高木善が松下に倒されて得たPKをキッカーのドウグラスが冷静に決め、待望の先制に成功した。 ▽ドウグラスの今季初ゴールでリードを持って後半に臨んだ東京Vは、中後に代えて橋本をハーフタイム明けに投入。開始直後にはゴール前でフリーの高井に決定機を許すも、ここはGK柴崎のビッグセーブで凌ぐ。すると53分、畠中のロングフィードに反応して右サイドに抜け出したドウグラスが味方の攻め上がりを待ってクロス。これをゴール前に走り込んだアランが頭で右隅に流し込んだ。アランの4試合ぶりの今季5点目で追加点を奪った東京Vは、この直後に高木大に代えて安西を投入。ここから逃げ切り態勢に入る。 ▽一方、後半に入って良い攻めを見せながらも先に失点した群馬だが、60分に1点を返す。鈴木の左CKの場面でニアに飛び込んだチェ・ジュンギがフリックしたボールをゴール前の岡田が流し込んだ。 ▽岡田の移籍後初ゴールで再び拮抗した展開となった中、追いついた群馬が攻勢を仕掛けていく。だが、東京Vも身体を張った守備で2点目を許さない。すると87分、安在の強引な仕掛けからゴール前にこぼれたボールを群馬DFがお見合い、この隙を突いたアランが冷静に右隅へ蹴り込み、値千金の3点目を奪った。この3点目で試合を決定付けた東京Vが、連敗をストップすると共にリーグ3試合ぶりの勝利を手にし、暫定首位に浮上した。一方、意地は見せるも競り負けた群馬は2連敗でまたしても今季初勝利を逃した。 2017.04.22 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

汰木の今季初ゴールで山形が今季初の連勝! 決定力不足響いた東京Vは今季初の連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第8節のモンテディオ山形vs東京ヴェルディが15日にNDソフトスタジアム山形で行われ、ホームの山形が1-0で勝利した。 ▽10位の山形と3位の東京Vによる一戦。前節、大分トリニータ相手に6試合ぶりの勝利を収めた山形は、その試合でゴールを決めた瀬沼や鈴木、阪野など同じ11人を先発で起用した。一方、前節湘南ベルマーレとの上位対決に敗れ、連勝が「5」でストップし、首位陥落となった東京Vは、湘南戦から先発2人を変更。高木大、渡辺に変えて、負傷明けの中後に加え、梶川が開幕戦以来の先発となった。 ▽立ち上がりから狙いどころを定めた守備から鋭いカウンターを繰り出す東京Vは、高木善や中後が積極的にミドルレンジのシュートを放つなど、押し込む入りとなる。21分には右CKの流れからボックス手前の安在が狙いすました左足ボレーを放つが、これは枠の右上角を叩く。 ▽一方、後ろでボールを持つものの、リーグ屈指の堅守を誇る相手の守備を前に効果的に攻められない山形は、14分に汰木が強引な仕掛けから、29分にはセットプレーから阪野がシュートを放つが、いずれも決定機には至らない。 ▽その後も攻守に相手を圧倒したアウェイの東京Vは、34分に絶好のゴールチャンス。カウンターから持ち上がった高木善のラストパスに反応した安在がボックス左で左足のシュート。これは相手GK児玉の好守に遭うが、こぼれ球がゴール前の梶川の足元に転がる。だが、左足のシュートはわずかに枠の左に外れ、10本以上のシュートを放ったものの、前半のうちに先制点を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半は立ち上がりからオープンな展開に。まずは50分、バイタルエリア中央でフリーの鈴木が右足のミドルシュートを放つが、これはGK柴崎の好守に遭う。続く52分にはハーフウェイライン付近に飛び出してクリアを試みたGK児玉がまさかの空振り。このボールを拾ったアラン・ピニェイロがグラウンダーのシュートで無人のゴールへロングシュートするが、わずかに枠の左へ外れた。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、67分に山形が先制点を奪う。阪野が右サイドで入れたクロスを中央の汰木がヘディングシュート。これはGK柴崎が弾き出すが、こぼれ球を拾った汰木がすかさず蹴り込み、今季初ゴールを記録した。 ▽連敗は避けたい東京Vは、失点後に中後と梶川をベンチに下げて、橋本とドウグラス・ヴィエイラを投入。76分にはボックス手前左で鋭いターンからカットインした高木善に決定機も、このシュートは右ポストを叩く。さらに、試合終盤にかけては右ウイングバックにポジションを変えた安在の左足シュート、89分にはセットプレーの場面でゴール前に飛び出した内田に決定機も、いずれも決め切ることができず。 ▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、競り勝った山形がホーム2連戦で今季初の連勝を飾った。一方、決定力不足が響いた東京Vは、苦しい今季初の連敗となった。 2017.04.15 16:11 Sat
twitterfacebook
thumb

東京Vがユース所属のMF藤本寛也を2種登録

▽東京ヴェルディは14日、ユースに所属するMF藤本寛也をトップチームに2種登録したことを発表した。 ▽藤本はジュニア、ジュニアユースと東京Vに所属し、現在はユースでプレーしている。 2017.04.14 19:44 Fri
twitterfacebook
thumb

菊池俊介の2ゴールなどで湘南が首位東京Vとの白熱の上位対決制す!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第7節の東京ヴェルディvs湘南ベルマーレが9日に駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われ、アウェイの湘南が3-2で勝利した。 ▽リーグ5連勝で前節首位に立った東京Vと、前節カマタマーレ讃岐相手に今季初黒星を喫した4位湘南の上位対決。前節、ファジアーノ岡山に敵地で競り勝ち5試合連続クリーンシートで5連勝の東京Vは、先発3人を変更。負傷の永田に代えて、前節途中出場の畠中、橋本とドウグラス・ヴィエイラに代えて、前節決勝点を決めた安西と、今季初出場となる18歳MF渡辺が今季初先発を飾った。 ▽一方、讃岐に0-3の完敗を喫した湘南は、前節から大量6人を変更。負傷明けのジネイ、山田が先発に復帰し、前節途中出場の神谷、杉岡らも先発入り。また、今季トップチームに昇格した18歳DF石原が初先発でプロデビューを飾った。 ▽断続的に雨が降りしきる中でスタートした注目のJ2上位対決。立ち上がりからボールを保持して上々の入りを見せた東京Vは、8分に高木善の左サイドのクロスからアラン・ピニェイロを経由し、安西が惜しいシュートを放つ。すると16分、ボックス手前左で安在が入れたクロスを相手DF杉岡がクリアミスすると、これをゴール前に走り込んだ安西が浮いたボールを右足ボレーで流し込み、東京Vが先制点を奪う。 ▽安西に2試合連続ゴールを許し、先手を許した湘南だったが、この失点で目が覚めたのか、持ち味のハイプレスから押し返していく。すると21分、ボックス手前で神谷からパスを受けた菊池俊が冷静にDFをかわして右足のシュートを放つと、これがゴール右隅の絶妙なコースに決まり、早い時間帯に追いついた。 ▽すると、6試合ぶりの失点による動揺が見えるホームチームに対して、完全に勢いに乗った湘南がここから畳みかける。33分、相手DF井林から左サイドでボールを奪った石川がボックス左に走り込む山田にラストパス。山田のシュートはGK柴崎の好守に遭うが、ファーサイドでフリーのジネイがこぼれ球を無人のゴールへ流し込み、湘南が前半のうちに試合を引っくり返した。 ▽1点リードで後半を迎えた湘南は、立ち上がりも積極的にゴールを目指す。すると54分、神谷の左CKをゴール前で競り勝った菊池が頭で右隅に流し込み、湘南に貴重な追加点が入った。 ▽一方、開幕6試合で1失点の堅守が崩壊し、2点ビハインドを背負った東京Vは、57分に高木大、高木善の高木兄弟を下げて、ドウグラスと古巣対戦の梶川を同時投入。この交代で右ウイングバックに左利きの安在、左ウイングバックに右利きの安西を置く逆足ウイングの布陣でゴールを目指す。 ▽この選手交代で流れを掴んだ東京Vは、68分過ぎに続けて決定機を作る。68分、中央突破したドウグラスのミドルシュートでGK秋元を脅かすと、72分には右サイドの安在が左足で入れたクロスを大外に飛び込んだ安西がダイビングヘッドで合わせるが、左ポストに阻まれる。さらに、こぼれ球をドウグラスが押し込みにかかるが、ボールはクロスバーを越えた。 ▽その後、互いに交代カードを切ったなか、東京Vが攻勢を仕掛けていく。湘南の粘り強い守備に苦戦したものの、最後まで諦めずに攻め続ける東京V。すると、後半アディショナルタイムにセットプレーの流れから安在が地を這う見事なミドルシュートを右隅に突き刺し、1点を返す。だが、同点に追いつく時間は残されておらず、試合はこのままタイムアップ。 ▽首位東京Vと白熱の上位対決を制した湘南が、2試合ぶりの勝利で2位に浮上した。一方、堅守崩壊で開幕節の徳島ヴォルティス以来の敗戦を喫した東京Vは、名古屋グランパス、湘南に抜かれて3位に転落した。 2017.04.09 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

東京Vが安西の今季初ゴールで岡山撃破! 5戦連続無失点の5連勝で首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節のファジアーノ岡山vs東京ヴェルディが2日にシティライトスタジアムで行われ、アウェイの東京Vが1-0で勝利した。 ▽2連勝で9位に浮上した岡山と、リーグ4連勝で2位に位置する東京Vが激突した一戦。前節、ザスパクサツ群馬に競り勝ったホームの岡山だが、この試合で赤嶺と藤本と前線の2選手が負傷。今節は赤嶺と共にチーム唯一の得点者である豊川をベンチに置き、前線の3枚は片山、塚川、大竹という並びとなった。 ▽一方、4戦連続クリーンシートで中で5連勝を目指すアウェイの東京Vは、FC岐阜戦で負傷した井上に代えて橋本を移籍後初先発させた以外、同じメンバーを起用。4試合連続ゴール中のアラン・ピニェイロも3トップの一角に入った。 ▽互いに集中した入りを見せた中、東京Vは開始3分に裏へ抜け出したドウグラス・ヴィエイラに決定機が訪れるなど、まずまずの入りを見せる。だが、10分過ぎに永田が負傷交代を強いられ、今季初出場となるDF畠中をピッチに送り出すアクシデントに見舞われる。それでも、19分には右サイドへの大きな展開から高木大のクロスをゴール前のアランが頭で合わせ、ゴールネットを揺らすが、ここは相手DFへのプッシングを取られ、5試合連続ゴールとはならない。 ▽一方、立ち上がりから効果的にロングボールを使い、間延びした相手の中盤に対して、球際で五分以上の勝率を誇る岡山は、片山のロングスローや大竹の仕掛けを軸にゴールへ迫るが、4試合連続クリーンシート中の相手守備を崩すまでには至らず。終始、岡山ペースが続いた前半は、結局ゴールレスで終了した。 ▽前半に引き続き後半立ち上がりも岡山の時間が続く。流れを変えたい東京Vは53分にドウグラスを下げて安西を投入。この交代で最前線にアラン、左ウイングに安西、右ウイングに高木善という並びに変更した。 ▽一方、前半から飛ばしてきたツケか、徐々に運動量が落ちて押し返される時間が続く岡山は、69分に塚川を下げて切り札の豊川を投入。その豊川は投入直後にいきなりチャンスに顔を出すが、先制点には繫がらない。 ▽時間の経過と共に相手陣内でのプレーを増やす東京Vは、75分に絶好機を迎える。ペナルティアーク付近で内田、安西と繋ぎ、最後は高木善が狙い澄ましたミドルシュートもこのシュートはDFかGKにわずかに当たり、右ポストに阻まれる。 ▽それでも、徐々にゴールの匂いを感じさせ始めた東京Vは、81分に待望の先制点を奪う。カウンターから中央を持ち上がった高木善のスルーパスに抜け出した安在がボックス左から丁寧に折り返すと、ゴール前に走り込んだ安西が冷静に流し込んだ。 ▽ホームで先制を許した岡山は、大竹、伊藤を下げて三村、石毛とタイプの異なるアタッカーをピッチに送り出し、同点ゴールを目指す。対するアウェイチームは、高木善を下げて梶川を投入し、逃げ切りを図る。試合終盤にかけては岡山が攻勢を見せるが、カウンターから石毛の右クロスに飛び込んだ豊川のシュートが相手DFのブロックに遭うなど、ゴールが遠い。結局、最後まで粘り強い守備で虎の子の1点を守り切った東京Vが、5試合連続クリーンシート達成。好調岡山とのタフなゲームを制した東京Vが、破竹の5連勝で今季初の首位に浮上した。 2017.04.02 16:12 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース