横浜FCがFW三浦知良と契約を更新!! 2月に50歳を迎え来季はプロキャリア32年目!!2017.01.11 11:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜FCは1月11日、元日本代表FW三浦知良(49)との契約を更新したことを発表した。

▽2006シーズンから在籍する横浜FCは来季で12シーズン目となる。また今年2月26日には50歳の誕生日を迎え、来シーズンはプロキャリアをスタートさせて32年目となる。なお、2016シーズンの明治安田生命J2リーグでは20試合に出場し2ゴールをマークした。

▽三浦はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「2017シーズンの契約を無事に更新することができました。いつも支えていただいているクラブ関係者、チームメイト、サポーターのみなさんとともに今シーズンも全力で戦い続けたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

長崎と引き分けた横浜FCが勝ち点7で宮崎R優勝!《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの宮崎ラウンドが6日に行われ、V・ファーレン長崎(J2)vs横浜FC(J2)は、1-1のドローに終わった。 ▽大会2試合でいずれも黒星の長崎と、2連勝中の横浜FCが激突した。引き分け以上で横浜FCの宮崎ラウンド優勝が決まる試合は、互いに攻め合う展開で立ち上がる。 ▽そんな展開が続く中、横浜FCは29分、ボックス左で田所からパスを受けた前嶋がワンタッチで対面の相手を交して右足でシュート。だが、これはゴール右に外れてしまう。 ▽さらに、36分にも横浜FCに決定機。増山の縦パスでボックス右に抜け出したナ・ソンスがゴールに迫るが、右足のシュートは相手GKの伸ばした手に弾かれる。 ▽このまま前半を終えるかに思われた矢先の前半アディショナルタイム2分、島田の右CKから田上がヘッド。長崎が今大会初得点で先制に成功した。 ▽しかし、1点ビハインドを追う横浜FCは48分に同点。こぼれ球を拾った前嶋のパスをボックス左で受けたナ・ソンスが左足でネットを揺らした。 ▽その後、両チーム共に交代カードを切りながら次の1点を目指していくが、そのまま1-1で試合終了。2勝1分けの成績を収めた横浜FCの宮崎ラウンド優勝が決定した。 2017.02.06 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

決定打欠いた鹿島が横浜FCに0-1の完封負け《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの宮崎ラウンドが4日に行われ、鹿島アントラーズ(J1)vs横浜FC(J2)は、横浜FCが1-0で勝利した。 ▽先の初戦でV・ファーレン長崎に2-0で勝利した鹿島と、アビスパ福岡に3-0で快勝した横浜FCが激突した。試合は、ボールの主導権をコントロールした鹿島が、三浦を先発起用した横浜FCを攻め立てる展開で立ち上がる。 ▽序盤からほぼワンサイドゲームの展開に持ち込んだ鹿島は、18分に決定機。右サイドで小笠原からパスを受けた伊東が中央にクロスを送る。これにペドロ・ジュニオールが頭で合わせるが、相手GKの正面を突いてしまう。 ▽その後、イバにボールを集め始めた横浜FCが盛り返すが、鹿島が難なく無失点で切り抜けると、再び攻勢。しかし、鹿島もシュートで終われない攻めが続き、なかなか決定的な場面を作り出すことができない。 ▽ゴールレスで試合を折り返した横浜FCは、ハーフタイム明けから三浦に代えて、津田を投入。すると、開始2分にジョン・チュン・グンが右サイドからセンタリングを上げると、中央のイバが右足のボレーシュートを叩き込み、横浜FCが先制した。 ▽クウォン・スンテから川俣にスイッチした直後に先制を許した鹿島は、失点直後から反撃。しかし、金森、安部、レアンドロ、小田の投入も実らず、横浜FCの縦に速い仕掛けの対応にも追われ、リズムを掴み切れない展開が続く。 ▽そんな中、鹿島は残る3枠の交代カードで土居、久保田、レオ・シルバを投入。チーム全体で横浜FCを押し込み、攻め立て続ける。しかし、最後まで猛攻実らず、0-1の完封負け。白星発進同士の一戦は横浜FCに軍配が上がっている。 鹿島アントラーズ 0-1 横浜FC 【横浜FC】 イバ(47) 2017.02.04 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎Rが開幕!! 後半3ゴールの横浜FCが福岡に完勝!!《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップが2日開幕を迎え、横浜FC(J2)vsアビスパ福岡(J2)は、3-0で横浜FCが勝利した。 ▽先日閉幕した鹿児島ラウンドに引き続き、開幕した宮崎ラウンド。初戦はJ1昇格を目指す2チームの対戦となった。横浜FCは[4-4-2]のフォーメーションを採用。前線には大久保と齋藤を起用し、今季から加入となった増山もスタメンに名を連ねた。 ▽福岡は[4-4-2]で試合に入った。バックラインには岩下、中盤に山瀬とこちらも新加入の選手を起用。また神戸から復帰した石津も中盤で起用され、前線はウェリントンと城後の2トップとなった。 ▽試合は福岡がバックラインから丁寧に繋ぐビルドアップを見せる中、横浜FCはピッチの幅を広く使いながら、サイドで縦に仕掛けるなど推進力のある攻撃を見せる。最初の決定機は福岡だった。10分に岩下から左サイドの亀川に展開。亀川、ウェリントンと繋いで最後は石津がシュートを狙うが、ボールはGKの正面に飛んでしまった。 ▽一方の横浜FCは24分にカウンター。中盤でうまくシュートパスを繋いで右サイドに展開するも、増山のクロスは相手にあたってしまい、チャンスを潰してしまった。すると直後に齋藤が足首を負傷。担架で運び出されると、そのままジョン・チュン・グンとの交代を余儀なくされてしまった。 ▽横浜FCは38分、裏に抜け出したジョン・チュン・グンに長いボールが出される。しかしGK杉山がエリアを飛び出して頭から突っ込んでクリアすると、直後には福岡が反撃。山瀬がボックス内から積極的に仕掛けてシュートを狙うが、決めきれなかった。福岡がやや優位に試合を進める前半となったが、ゴールレスでハーフタイムを迎えた。 ▽両チームともにハーフタイムでの交代はなく後半に突入すると、横浜FCがチャンスを作り出す。50分にカウンターでボールを相手陣内に運ぶ。この流れでシュートチャンスは作れなかったものの、しっかりと押し上げて最後は野村が右サイドからシュートを狙った。 ▽すると56分、左サイドの深い位置でボールを受けた田所が、ダイレクトでゴール前にクロスを配給。ニアのジョン・チュン・グンの頭には合わなかったものの、その後ろでフリーとなっていた大久保が押し込んで、横浜FCが勢いのままに先制した。 ▽追いかける福岡は64分、岩下、駒野、山瀬のベテラン選手を外して、期待の新戦力であるポッピ、下坂、末吉を送り出した。横浜FCも同じタイミングで大久保、佐藤、ヨン・アピンを下げて、イバ、石井、渡邉を送り出した。 ▽迎えた69分、相手を押し込んで試合を進める福岡は石津が下坂からのマイナスの折り返しをボックス左で受けてシュート。しかしボールはクロスバーを越えてゴールとはならず。すると今度は横浜FCがロングボールのこぼれ球を拾ったジョン・チュン・グンがシュート。ここはブロックされるも跳ね返りを野村が押し込んで、横浜FCが2点目を奪った。 ▽なかなか得点が奪えない福岡はは74分、ウェリントンが中里に足を踏まれて激昂。ウェリントンが相手につめよると、今度はイバとの口論になり味方選手に制止される場面が見られた。福岡はこの際に石津を下げて三島を投入。さらに76分にはウェリントンに代わって松田を送り出した。 ▽横浜FCも同じタイミングで田所、西河、野村を下げて、小宮山、楠元、前嶋を送り出すと、福岡はさらに城後に代えて邦本を投入した。 ▽福岡は80分にポッピのスルーパスからカウンターを仕掛けると、邦本がいれた浮き球のボールに三門が合わせるが、相手に寄せられてボールは枠に飛ばず。84分には邦本がボックス外から左足で狙うが、ここもボールを枠に飛ばすことができなかった。 ▽しかし90分、イバがポッピに倒されて相手陣内左サイドでFKを獲得。ナ・ソンスが蹴ったボールにイバとジョン・チュン・グンが飛び込むと、ボールはそのままゴールネットを揺らし、横浜FCが3点目を奪取。試合はそのまま終了を迎え、横浜FCが福岡に完勝した。 横浜FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span>-0 アビスパ福岡 【横浜FC】 大久保哲哉(56) 野村直輝(70) ナ・ソンス(90) 2017.02.02 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ下部組織出身のマケドニア代表MFバブンスキが横浜FCに移籍か

▽バルセロナのカンテラ出身で、2016年1月からレッドスター・ベオグラードに加入したマケドニア代表MFダビド・バブンスキ(22)が横浜FCに移籍する可能性があるようだ。セルビア『mozzartsport』が報じた。 ▽1996年から1998年までガンバ大阪で背番号5を背負い、リベロの位置でプレーしたボバン・バブンスキ氏を父に持つダビド・バブンスキは、2006年からバルセロナのカンテラでプレー。2013年にバルセロナBへと昇格するも、2016年1月に契約満了で退団。レッドスター・ベオグラードと2年半契約を交わしていた。 ▽『mozzartsport』によると、テレビ番組『Arena sport』にて発表されたとのこと。「ダビド・バブンスキは日本の2部リーグの横浜に行くだろう」と報じており、同じレッドスター・ベオグラードからポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラを獲得した横浜F・マリノスではなく、横浜FCへの移籍となりそうだ。なお、マケドニアやスロベニア、トルコのクラブからもオファーがあったものの、日本でのプレーを望んでいるとしている。 ▽バブンスキは世代別のマケドニア代表としてプレーし、U-21マケドニア代表では23試合に出場し5得点を記録。2013年にはマケドニア代表デビューを果たし、ユーロ予選など8キャップを記録している。 2017.01.20 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

伊紙が50歳で現役の三浦知良を紹介…ファンは称賛「これぞ情熱」「ミランと契約を」

横浜FCの元日本代表FW三浦知良がクラブとの契約を更新し、50歳を迎える今シーズンも現役続行することに対して、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が驚きを持って紹介している。<br><br>「Jリーグのミウラが契約更新&hellip;50歳でも現役!」のタイトルに、「カズヨシ・ミウラを覚えているか?」との書き出しで記事は始まっている。1994年にジェノアに移籍したカズがセリエAでプレーした最初の日本人であることや、サンプドリアとのジェノヴァダービーでゴールを決め、ファンを熱狂させたことを紹介している。<br><br>「ジェノアやサントスでプレーしたフォワードは、2月26日に50歳を迎えるが、横浜FCと契約を延長した」とし、三浦が現在49歳となり、現在所属するJ2の横浜FCと契約を延長したことで50歳の現役選手となることに、驚きを持って報じている。<br><br>これには、イタリアのサッカーファンも称賛の声を上げている。<br><br>「これこそ情熱だ。すごいぞ、ミウラ。数少ない偉大なプロフェッショナルな選手だ」<br><br>「日本人がブラジルでプロ選手になって、ヨーロッパでもプレー。アニメでも考えられなかっただろう」<br><br>また、日本代表のMF本田圭佑が所属するミランへの加入を期待する声も聞かれる。<br><br>「来年契約が切れたら、(アドリアーノ・)ガリアーニは5年契約を提示するかも」<br><br>日本の偉大なスターであるキング・カズは、カルチョの国のサッカーファンをも驚かせているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.14 12:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース