超ワールドサッカー

横浜FCがFW三浦知良と契約を更新!! 2月に50歳を迎え来季はプロキャリア32年目!!2017.01.11 11:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜FCは1月11日、元日本代表FW三浦知良(49)との契約を更新したことを発表した。

▽2006シーズンから在籍する横浜FCは来季で12シーズン目となる。また今年2月26日には50歳の誕生日を迎え、来シーズンはプロキャリアをスタートさせて32年目となる。なお、2016シーズンの明治安田生命J2リーグでは20試合に出場し2ゴールをマークした。

▽三浦はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「2017シーズンの契約を無事に更新することができました。いつも支えていただいているクラブ関係者、チームメイト、サポーターのみなさんとともに今シーズンも全力で戦い続けたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

注目の上位対決は横浜FCがイバ弾で先制もシモビッチのPK2発で名古屋が逆転勝利!!《J2》

▽27日に明治安田生命J2リーグ第16節の横浜FCvs名古屋グランパスがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽前節のファジアーノ岡山戦で敗れて首位陥落となった3位の横浜FC(勝ち点28)が、愛媛FCに勝利して2連勝とした4位の名古屋(勝ち点28)をホームに迎えた。注目の上位対決は上位対決らしく球際で激しいデュエルが行われる。 ▽すると8分に早速試合が動いた。横浜FCはたボックス手前右の位置でFKを獲得。キッカーのイバが左足で巻いて狙ったシュートは、GK楢崎が反応するも触れず、ボールはゴールマウス右隅を捉えて先制に成功した。 ▽追いかける展開となった名古屋は、シュートパスを繋いでビルドアップし、前線のシモビッチの高さを活かして深さを作りに行くが、フィニッシュまで持ち込めない。すると23分には右サイドのスローインからフリーとなった佐藤にヘディングシュートを放たれるなど、危ない場面を作られた。 ▽名古屋も28分、ボックス内に入っていった杉本に田口からのスルーパスが通る。杉本はマーカーのタイミングを外して右足で狙ったがGK高丘の正面を突いてしまった。30分にも和泉が距離のある位置から右足を振り抜くなど、名古屋が徐々にシュートで攻撃を終わるようになっていく。 ▽前半終了間際にかけてはお互いにオフェンスエラーが目立ち、なかなかアタッキングサードを攻略できず。結局前半は横浜FCが1点をリードしたまま終えた。 ▽名古屋はハーフタイムで内田を下げて杉本を投入し後半に臨む。横浜FCは前半と同様の11人がピッチに立った。すると52分、和泉がドリブルでボックス内へと侵入し右足でコントロールシュートを狙う。これがブロックに入ったカルフィン・ヨン・アピンの手に当たり名古屋がPKを獲得。キッカーのシモビッチが冷静に沈めるも、ボックス外の選手の動き出しが早かったとの判定で蹴り直し。しかしシモビッチは2度目も冷静に沈めて名古屋が追いついた。 ▽横浜FCは59分、津田を下げてジョン・チュングンを投入し攻撃の活性化を図る。すると65分にカウンターのチャンスを迎えると左サイドを駆け上がった田所がゴール前にクロスを送る。しかしこのボールは味方に合わず、横浜FCは勝ち越しのチャンスを逸した。 ▽迎えた76分、シモビッチを起点として名古屋が攻め込む。田口が裏に抜け出してボックス内に侵入すると、新井がたまらずファウルで止めてしまい、名古屋がこの日2回目のPKを獲得。再びキッカーを務めたシモビッチはここも決めきって、勝ち越しに成功した。 ▽横浜FCは試合終盤にかけて攻勢に出る。82分にはイバを下げて大久保を投入して前線に明確な起点を置く。しかし85分、八反田と佐藤が交錯。五分五分のボールに見えたが、主審は佐藤にレッドカードを提示し、横浜FCは万事休す。それでも87分には中里がFKのチャンスに惜しいシュートを放つなど、横浜FCが最後まで粘りを見せる。 ▽しかし追いつくことはできずに試合は終了。勝利した名古屋が横浜FCとの上位対決を制して、順位で逆転することに成功した。 2017.05.27 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

キング・カズが15年ぶりに『男のエステ ダンディハウス』のブランドキャラクターに就任!

▽横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良が、ミス・パリ・グループが運営する『男のエステ ダンディハウス』(本社:東京都中央区、代表:下村朱美)の新ブランドキャラクターに就任した。これにあわせ、28日より新テレビCMが放送開始となる。 ▽2002年以来15年ぶりのブランドキャラクターに起用された三浦は、『男のエステ ダンディハウス』の開業と同じく1986年にプロサッカー選手としてデビューし、30年の長きに渡ってトップ選手として最前線で活躍を続けている。今年50歳を迎えられてもなお“磨き続ける”その姿は、メンズエステのリーディングカンパニーとして日本中の男性をカッコよく磨き上げてきた『男のエステ ダンディハウス』をまさに象徴している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170526_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽2002年以来、15年ぶりにブランドキャラクターとして登場する新TV-CMでは、「行こうぜ、ダンディハウス。」「磨こうぜ、日本の男たち。」と、三浦が日本中の男性へ語りかけるものに。三浦が体現する“磨き続けることの価値”が凝縮されたその言葉は、日本中の男性が背中を押され、新たな一歩を踏み出すきかっけとなることが期待される。 ▽CM撮影を終えた三浦は「最初に話を頂いた時は本当にビックリしました。もう15年も経っていますから。また僕がダンディハウスに出演するとはね、思ってもいなかったですけど、15年経った自分を上手く表現できたらいいなと思いました」とコメントした。 ▽また、“磨き”が必要な日本の男たちへのメッセージとして、「自分の夢に向かって、当たり前に努力することは必要だと思いますし、自分が成長したいという気持ちを持つ。成長するために僕だったら毎日しっかり練習していく。試合で結果を出すために努力していく。やり続ける。うまくなりたいという気持ちをずっと持ち続けることが大事だと思います」と語り、「人間はだらしなくしたらどんどんそうなっていってしまうと思います。自分自身を高めるために、中身を鍛えると外見も変わっていくと思いますので、磨き続けるといいと思います」と磨き続けることの必要性を語った。 ▽日本初の男性専用エステティックサロンとして1986年にスタートした『男のエステ ダンディハウス』は、高い技術力と確かな指導法で、メンズエステを日本中に広める。2004年には業界初となるISO9001(国際品質保証規格)認証を取得。世界共通の品質管理と保証の基準である国際規格ISO認証をサロン単位で取得し、エステティックサービスの品質向上のために最善を尽くしている。また、昨年(2016年)には、誕生から30周年という大きな節目を迎えている。 2017.05.26 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

豊川が芸術ボレー弾! 岡山に屈した横浜FCが首位陥落《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節のファジアーノ岡山vs横浜FCが21日にシティライトスタジアムで行われ、2-1で岡山が勝利した。 ▽ここまで4勝3分け7敗で17位の岡山と、8勝4分け2敗で首位を走る横浜FCが相まみえた。先にゴールに迫ったのは横浜FC。18分、左サイドから小宮山が入れたクロスに、ニアサイドで合わせたイバがボレーを放つ。しかし、これはGKのセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけても拮抗した展開が続く。そんな中、38分に先制したのは岡山だった。左サイドからパク・ヒョンジンが入れた好クロスに正面の豊川がボレー。完璧にミートしたボールがネットを揺らし、豊川の芸術弾で岡山が試合の均衡を破った。 ▽迎えた後半、スコアを動かしたのは岡山。59分、左サイドからパク・ヒョンジンが入れたFKに正面の久木田が頭で合わせる。このヘディングシュートが決まり、岡山が追加点を奪った。 ▽終盤にかけては、リスクを冒して攻める横浜FCに対して、岡山はカウンターを主体に効率よく反撃に出る。すると、85分に横浜FCが1点を返す。左サイドから田所が入れたボールが流れると、ファーの新井がボレー。このシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽横浜FCはゴール直後の87分、右サイドから津田が入れたクロスに合わせた佐藤が決定的なシュートを放つ。しかし、これはGK一森のビッグセーブに阻まれて得点とはならず、そのまま試合終了。岡山が3試合ぶりの白星を手にした一方、横浜FCは7試合ぶりの黒星で首位から陥落した。 2017.05.21 15:02 Sun
twitterfacebook
thumb

イバ&佐藤弾の横浜FCが讃岐を下して首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の横浜FC vsカマタマーレ讃岐が17日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-1で横浜FCが勝利した。 ▽ここまで7勝4分け2敗で2位につける横浜FCと、1勝6分け6敗で21位と苦しんでいる讃岐が対戦した。試合は、序盤に横浜FCがスコアを動かす。5分、ボックス右で仕掛けたジョン・チュングンが仕掛けのプレーから、李栄直のハンドを誘う。これで得たPKをイバが確実に決めて横浜FCがリードする。 ▽ハーフタイムにかけては、横浜FCがボールを支配し、押し気味に試合を進める。それでも、32分には讃岐がチャンスを迎える。ロングボールからセカンドボールに反応したボックス左の馬場がボレーシュート。これが、わずかに右のクロスバーをそれていく。 ▽ビハインドを背負った讃岐はハーフタイム明け、西に代えて仲間を投入。早々の48分には、左サイドから馬場が入れた低めのアーリークロスに、ゴールに背を向けたまま正面の森川がヒールで合わせる。巧みなシュートが枠に飛ぶがGKに処理される。 ▽54分には渡邉を下げて木島徹をピッチに送り出した讃岐は、73分に追いつく。左サイドから武田がロングスローをゴール前に入れると、ワンバウンドしてファーに流れたボールを馬場がプッシュ。良い流れを掴んでいた讃岐がスコアを1-1とする。 ▽しかし、3戦ぶり勝利を目指す横浜FCも諦めない。すると、87分に勝ち越しに成功する。途中出場の大久保からの落としを受けたボックス左の佐藤がコントロールシュート。これが決まり、横浜FCが再びリードする。 ▽結局、これが決勝点となり、横浜FCが勝利。他会場で首位の湘南ベルマーレが敗れたため、横浜FCが代わって首位に浮上した。 2017.05.17 21:26 Wed
twitterfacebook
thumb

イバ封じ込まれた横浜FC、水戸とドローで2戦連続の足踏み《J2》

▽13日にケーズデンキスタジアム水戸で行われた明治安田生命J2リーグ第13節の水戸ホーリーホックvs横浜FCは、0-0のドローに終わった。 ▽直近のリーグ戦5試合で負けなしと調子を上げる13位の水戸と、3連勝後のドローで4戦負けなしで首位に立つ横浜FCが激突した。 ▽試合は立ち上がりから横浜FCが比較的ボールの主導権を握り、水戸がカウンターを仕掛けるという展開となる。 ▽序盤からボールポゼッションで上回った横浜FCは、イバにボールを集めるが、相手のタイトなマークに苦慮。なかなかフィニッシュの形に持ち込めない。 ▽そのままゴールレスで迎えた後半も前半と同じ展開。そうした状況の中、水戸が前田の快速を生かしたカウンターに持ち込むが、こちらもシュートの形を作り出せない。 ▽その後、互いに交代枠を使いながら打開を図ったが、そのまま試合終了。2試合ぶりの白星で首位の座を死守したい横浜FCだったが、2戦連続の足踏みとなった。 2017.05.13 15:55 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース