横浜FCがFW三浦知良と契約を更新!! 2月に50歳を迎え来季はプロキャリア32年目!!2017.01.11 11:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜FCは1月11日、元日本代表FW三浦知良(49)との契約を更新したことを発表した。

▽2006シーズンから在籍する横浜FCは来季で12シーズン目となる。また今年2月26日には50歳の誕生日を迎え、来シーズンはプロキャリアをスタートさせて32年目となる。なお、2016シーズンの明治安田生命J2リーグでは20試合に出場し2ゴールをマークした。

▽三浦はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「2017シーズンの契約を無事に更新することができました。いつも支えていただいているクラブ関係者、チームメイト、サポーターのみなさんとともに今シーズンも全力で戦い続けたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FCの永田拓也に第一子が誕生

▽横浜FCは23日、DF永田拓也に第一子となる男の子が誕生したことを発表した。誕生日は2017年4月21日。 ▽永田はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「無事に息子を出産してくれた妻と生まれてきてくれた息子に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも選手として一人の父親として、責任を持って頑張ります。これからも暖かい応援よろしくお願いします」 ▽2014年に浦和レッズから加入した永田は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで8試合に出場している。 2017.04.23 21:44 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉に4発快勝の横浜FC、2試合ぶり白星で上位戦線へ《J2》

▽22日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第9節の横浜FCvsジェフユナイテッド千葉は、ホームの横浜FCが4-0で勝利した。 ▽4勝2分け2敗で5位につける横浜FCと、3勝3分け2敗で12位に位置する千葉が激突した。その試合は立ち上がりから千葉がボールの主導権を握り、三浦負傷欠場の横浜FCを押し込む展開となる。 ▽しかし、横浜FCが25分、ハーフウェイライン付近でFKのチャンスを獲得すると、佐藤謙介がクイックリスタートを選択。ロングシュートがが枠内を捉えるが、GK佐藤優也に弾き出されてしまう。 ▽ゴールレスで折り返した試合は53分、佐藤謙介のパスから横浜FCのカウンターが発動。右サイドでボールを受けたイバが独走状態に持ち込み、左足のシュートを叩き込んだ。 ▽均衡を破った横浜FCはわずか2分後に追加点。ロングスローのこぼれ球を拾った野村がボックス手前右からミドルシュートを放つと、左足から放たれた強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽完全にリズムに乗った横浜FCは61分、佐藤謙介からパスを受けたジョン・チュングンがドリブルでDFを抜き去り、バイタルエリア中央から右足を一閃。これが豪快にネットを揺らした。 ▽さらに、69分には横浜FCが4点目。イバのスルーパスに反応した永田がボックス左脇からクロスを送る。これに反応した野村のヘディングシュートがゴール右に吸い込まれた。 ▽失点を重ねた千葉は、一矢報いるべく、立て続けに3枚の交代カードを切るが、策もむなしく0-4で4試合ぶりの黒星。勝利した横浜FCは、2試合ぶりの白星を手にし、2位に浮上した。 2017.04.22 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

GKがバックパスをトラップミス…町田がラッキーゴールで今季ホーム初白星《J2》

▽15日、明治安田生命J2リーグ第8節のFC町田ゼルビアvs横浜FCが町田市立陸上競技場で行われ、1-0で町田が勝利した。 ▽今シーズンここまで2勝3分け2敗で11位に位置する町田と、4勝2分け1敗の4位に位置する横浜FCの対戦。町田は1-3で勝利した前節のアビスパ福岡戦から出場停止の増田に変えて金聖基を起用。一方の横浜FCは2-0で勝利した京都サンガF.C.戦と同じ11名を先発させた。 ▽先にチャンスを作ったのは町田。5分、森村がロングボールを送ると、深津の折り返しを李漢宰がシュート。しかし、これはゴールとはならない。 ▽横浜FCは8分、三浦がボックス内でボールをキープし野村にパス。野村はクロスを上げるも、味方には合わない。 ▽町田は12分、松本が左サイドからクロス。これに飛び込んだ戸島が頭で合わせるも、シュートは枠を外れる。 ▽その後は横浜FCが押し込むも決定機は訪れず。迎えた34分、左CKから森村がクロスを送ると、金聖基がヘッド。しかし、これはクロスバーに嫌われる。 ▽ゴールレスで迎えた後半、50分に町田がチャンスを作る。裏に抜け出した戸島が巧みなトラップでDFをかわしボックス内に侵入。そのままシュートまで行くが、力なくGK高丘がセーブする。 ▽横浜FCは67分に左サイドを仕掛けた田所が深い位置からクロス。これをジョン・チュングンがボレーで狙うも、枠を外してしまう。 ▽互いに決めて欠きスコアが動かないまま迎えた74分、突然ゴールが生まれる。西河がGK高丘にバックパス。これを戸島が追うと、GK高丘がトラップミス。そのままボールはゴールに入り、町田がラッキーな形で先制する。 ▽思わぬプレゼントゴールをもらった町田は、攻勢を強める。途中出場の吉濱が積極的にシュートを狙うも、得点は動かず。横浜FCは寺田や大久保を入れてゴールを目指すも、最後までネットを揺らせず。1-0で町田が今シーズンホーム初勝利を挙げた。 2017.04.15 17:53 Sat
twitterfacebook
thumb

イバ2発の横浜FCが京都撃破で3試合ぶりの白星《J2》

▽8日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第7節の横浜FCvs京都サンガF.C.は、ホームの横浜FCが2-0で勝利した。 ▽3勝2分け1敗で7位の横浜FCと、1勝1分け4敗で21位に沈む京都が激突した。試合は、立ち上がりから拮抗した展開となる。 ▽三浦2戦連続先発の横浜FCがセットプレーからゴールに迫れば、対する京都もサイド攻撃を展開。しかし、ゴールが遠く、0-0でハーフタイムを迎える。 ▽後半もこう着状態が続くが、横浜FCが均衡を破る。61分、バイタルエリア左で佐藤が潰れると、ジョン・チュングンが持ち上がって中央にクロスを供給。正面のイバが押し込んだ。 ▽追いつきたい京都は68分に同点機。左サイドからのクロスが流れると、バイタルエリア中央の望月が右足ダイレクトで振り抜く。しかし、ミートせず、枠内にボールを飛ばせない。 ▽その後、京都は第3節以来欠場が続いていたエスクデロ競飛王を仙頭に代わって投入。しかし、その直後に自陣ボックス内で石櫃がジョン・チュングンを倒して、横浜FCにPKのチャンスを献上してしまう。 ▽このPKをイバが落ち着いて沈めた横浜FCが2点リードに成功。京都はたまらず大黒、ケヴィン・オリスを立て続けに投入し、反撃の策を講じる。 ▽しかし、京都は最後までゴールが遠く5戦未勝利で今シーズン5敗目。イバの2ゴールで勝利した横浜FCは、3試合ぶりの白星を手にした。 2017.04.08 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

悪天候に振り回された福岡vs横浜FCはゴールレスドロー《J2》

▽2日にレベルファイブスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第6節のアビスパ福岡vs横浜FCは、0-0のドローに終わった。 ▽第5節終了時点で3勝1分け1敗で7位の福岡と、同成績で9位の横浜FCが激突。試合は、落雷の影響で30分遅れでスタートした。 ▽冨安、岩下、冨安の3バックで立ち上がった福岡が比較的押し気味に進めるが、三浦を先発起用した横浜FCもイバをシンプルに使った攻撃で応戦する展開となる。 ▽一進一退の攻防が繰り広げられる中、42分には福岡に先制機。バイタルエリア右で得たFKのチャンスから駒野が直接ゴールを狙うが、枠内をとらえたボールは相手に弾かれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半も前半と同じ展開で進んだ試合は、開始9分を過ぎたあたりで雷鳴や雹といった荒れた天候に苛まれて一時中断を余儀なくされてしまう。 ▽それでも、再開した試合も中断前と同様の流れで進むが、比較的優位に立つ福岡がシュートを打ち込んでいく。しかし、再三のシュートチャンスを不意にし、ゴールが遠い。 ▽結局、試合はゴールレスドローで終了。福岡は、2戦連続となる無得点でのドローという結果に終わった。横浜FCは連敗を回避している。 2017.04.02 16:47 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース