横浜FCがFW三浦知良と契約を更新!! 2月に50歳を迎え来季はプロキャリア32年目!!2017.01.11 11:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜FCは1月11日、元日本代表FW三浦知良(49)との契約を更新したことを発表した。

▽2006シーズンから在籍する横浜FCは来季で12シーズン目となる。また今年2月26日には50歳の誕生日を迎え、来シーズンはプロキャリアをスタートさせて32年目となる。なお、2016シーズンの明治安田生命J2リーグでは20試合に出場し2ゴールをマークした。

▽三浦はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「2017シーズンの契約を無事に更新することができました。いつも支えていただいているクラブ関係者、チームメイト、サポーターのみなさんとともに今シーズンも全力で戦い続けたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FCのMF野村直輝に第二子となる次男が誕生「ゆりかごダンスを届けることができ、チームメイトに感謝」

▽横浜FCは9日、7日にMF野村直輝に第二子となる次男が誕生したことを発表した。野村はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「昨日次男が誕生しました。母子共に健康で、家族が増え大きな幸せを感じています。試合前日のため発表を控えさせていただいていましたが、レアンドロ選手のゴールでゆりかごダンスを届けることができ、チームメイトに感謝しています」 「勝利が出来ず悔しさの残る試合となりましたが、これからも自分らしく、より一層全力でサッカーに取り組んで行きます。変わらぬ声援をよろしくお願いします」 ▽野村は2014年に日本経済大学から横浜FCに入団。今シーズンは明治安田生命J2リーグにここまで7試合に出場して1ゴール1アシストを記録している。 2018.04.09 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖と横浜FC、GK高丘陽平とGK辻周吾の期限付きトレード成立!

▽サガン鳥栖は26日、横浜FCに所属するGK高丘陽平(22)の期限付き移籍加入を発表した。また、横浜FCも同日、鳥栖に所属するGK辻周吾(20)の期限付き移籍加入を発表。加入期間は共に2019年1月31日まで。事実上のトレードとなる。 ▽横浜FCのアカデミーで育った高丘は、2013年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。だが、2017年は明治安田生命J2リーグ41試合に出場したが、今年はここまで出番がなかった。一方の辻は、2016年に鳥栖でプロキャリアをスタート。だが、昨年は出場機会がなく、今年もここまで同様の状況が続いている。 ▽それぞれは、加入先の公式サイトを通じて次のように意気込みを語っている。 ◆高丘陽平 「今回横浜FCより加入することになりました高丘陽平です。早くチームに適応し、サガン鳥栖の勝利に貢献出来るように頑張ります。そしてサガン鳥栖のファン・サポーターの皆様にも早く覚えて頂けるように日々精進していきます。サガン鳥栖に関わる全ての皆様よろしくお願い致します」 ◆辻周吾 「みなさん、初めまして。サガン鳥栖から来たGKの辻周吾です。横浜FCへ貢献するには、試合に出て活躍する事が一番だと思っていますので、そのために一生懸命がんばります。よろしくお願いします」 2018.03.26 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

3位・水戸と5位・横浜FCの上位対決は両者隙見せずゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節の水戸ホーリーホックvs横浜FCが25日にケーズデンキスタジアム水戸で行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽第5節終了時点で3勝1分け1敗で3位につける水戸(勝ち点10)と、同じく3勝1分け1敗で5位に位置する横浜FC(勝ち点10)の一戦。試合は立ち上がりから首位再浮上をホームの水戸が3分に伊藤槙、7分にジエゴがシュートを放つなど積極的な姿勢を見せる。 ▽一方、アウェイの横浜FCは15分、中里の出した相手の背後を突いたパスに走り込んだイバが一対一。ボックス内でダイレクトでシュートを放つも、GK松井の正面に飛んでしまう。 ▽その後両者は思うようにシュートまで繋げることができず、試合はややこう着。ゴールレスのまま試合を折り返した。 ▽後半に入っても互いに譲らない展開が続く。64分には横浜FCの戸島がボックス右でレアンドロ・ドミンゲスからパスを受けシュートを放つが、GK松井にキャッチされる。68分の中里のミドルシュートは枠を捉えきれず。 ▽連敗を避けたい水戸は87分、ジェフェルソン・バイアーノに代えて伊藤涼を投入して攻撃の活性化を図る。すると直後、左サイドでボールを受けた伊藤涼が強引にボックス左へ侵攻。パスを受けた小島がゴール前左へ持ち込み、左足でシュートを放つが、ゴール右外へと外れてしまい、先制点とはならない。 ▽試合終了間際にはアウェイの横浜FCが立て続けにゴールへ迫ったが最後までゴールは生まれず。上位対決は両者チャンスを作り切れず、ゴールレスドローに終わった。 2018.03.25 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FC、U-17日本代表FW斉藤光毅(16)ら00年代生まれ3名を2種登録!

▽横浜FCは23日、同クラブのユースに所属するGK大内一生(17)、MF安永玲央(17)、FW斉藤光毅(16)を2種登録選手としたことを発表した。 ▽イタリア生まれの大内は、キンダー善光SCでキャリアをスタートさせた後、横浜FCのジュニアユースに入団。2015年にU-15日本代表に選ばれると、各年代の代表にも選出され、今年はU-18Jリーグ選抜にも招集されていた。 ▽東京都出身の安永は、やはたFCでキャリアをスタートさせ川崎フロンターレU-15を経て横浜FCユースに入団した。また、神奈川県出身の斉藤は犬蔵SCでサッカーを始めた後、横浜FCジュニアユースに入団。昨年にU-16、U-17の日本代表に選ばれ、U-17日本代表として参加した今年のUAE遠征・バーレーン戦では4ゴールの活躍をみせた。 ▽大内、安永、斉藤は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆GK大内一生 「この度2種登録をさせて頂きとても嬉しく思います。出来るだけ早くトップの試合に出られるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆MF安永玲央 「この度、2種登録させていただきました。1日でも早くJリーグのピッチに立てるように、日々練習に励んでいきます。応援よろしくお願いします」 ◆FW斉藤光毅 「2種という形ですが、一つの目標にしていたプロの試合に出られる機会をいただきとても嬉しく思います。現状は、課題ばかりなので少しでも早く結果を残し、貪欲に自分のプレーをして活躍していきたいと思います」 2018.03.23 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCのMF石井圭太が1試合の出場停止処分

▽Jリーグは22日、横浜FCに所属するMF石井圭太に1試合の出場停止処分を科すことを発表した。 ▽21日に行われた明治安田生命J2リーグ第5節のモンテディオ山形戦に出場した石井は83分、相手の枠内シュートを手を使って止めてしまい、主審より退場が命じられていた。 ▽日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、 同選手のゴールライン上でボールを手で止めた行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断され、同処分が科されることとなった。 ▽これにより、石井は25日に行われる第6節の水戸ホーリーホック戦に出場することができない。 2018.03.22 19:06 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース