カリアリがGKストラーリの代役にミランからGKガブリエウをレンタルで獲得2017.01.11 09:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カリアリは10日、ミランの元ブラジル代表GKガブリエウ(24)をシーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽ガブリエウはクルゼイロの下部組織出身で、2012年7月にミランへ加入。その後は、カルピやナポリへとレンタル移籍を経験。今シーズンはミランに在籍するも公式戦の出場はなかった。

▽なお、ミランは今回のレンタル移籍を発表するとともに、ガブリエウとの契約を2019年6月30日まで延長することを発表している。

コメント

関連ニュース

thumb

GKストラーリが6年半ぶりにミランに復帰! 今季はカリアリで15試合に出場

▽ミランは10日、かつて所属していたカリアリのGKマルコ・ストラーリ(40)の獲得を発表した。契約期間は2017年6月30日までとなっている。 ▽ストラーリは、ペルージャやナポリなどでプレーし、2007年1月にメッシーナからミランに加入。その後はレバンテやカリアリ、フィオレンティーナ、サンプドリアなどへレンタル移籍を繰り返すと、2010年にユベントスへ完全移籍した。2015年7月にフリートランスファーでカリアリに戻ると正守護神としてプレー。昨シーズンはセリエBで41試合に出場しカリアリのセリエA昇格に貢献すると、今シーズンもここまでセリエAで15試合に出場していた。 ▽ミランは現在セリエAで5位につけており、チャンピオンズリーグ出場権内の3位ナポリとは勝ち点差2の状況。しかし、GKはジャンルイジ・ドンナルンマ(17)がここまでの全18試合でプレーする状況が続いていた。 2017.01.11 09:34 Wed
twitterfacebook
thumb

公式戦12試合ぶりに生まれた終盤のバッカ弾でミランがカリアリに辛勝《セリエA》

▽ミランは8日、セリエA第19節でカリアリを本拠地サン・シーロに迎え、1-0で辛勝した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽2016年最終戦となったユベントスとのスーペル・コッパをPK戦の末に制して2011年以来となるタイトルを獲得した暫定5位のミラン(勝ち点33)は、3トップに右からニアン、バッカ、スソと並べる[4-3-3]を採用した。 ▽2016年最終戦となったサッスオーロ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った12位カリアリ(勝ち点23)に対し、開始2分にロマニョーリのヘディングシュートとバッカの反転シュートで立て続けにゴールへ迫ったミランが良い入りを見せる。 ▽その後、自陣で守備を固めるカリアリを攻めあぐねたミランは、ニアンやボナヴェントゥーラがミドルシュートを浴びせてけん制。27分にアバーテが負傷交代するアクシデントに見舞われた中、直後にはボナヴェントゥーラが直接FKでゴールに近づいた。しかし、ハーフタイムにかけては膠着状態に持ち込まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始4分にデッセーナに決定的なシュートを許したミランは、65分にニアンが可能性のあるシュートを浴びせた。その後、68分にイスラにネットを揺らされたもののオフサイドに救われたミランは、サイド攻撃を展開するもなかなかシュートにつながらない。 ▽そこで79分、モンテッラ監督はパシャリッチに代えてラパドゥーラを投入。すると終盤の88分、右サイドからのクロスを受けたラパドゥーラが粘ってラストパス。これを受けたバッカがGKとの一対一を制した。公式戦12試合ぶりのバッカ弾が決勝点となってミランが辛勝している。 2017.01.09 04:01 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリがU-20イタリア代表MFバレッラと2021年まで契約延長

▽カリアリは28日、U-20イタリア代表MFニコーロ・バレッラ(19)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2021年6月30日までとなる。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="konami161228_ios" data-page-id-and="konami161228_and" data-height="180px"></span> ▽バレッラはカリアリの下部組織出身で、2014年にトップチームに昇格。今年1月からはコモへのレンタル移籍を経験するも、今シーズンからはカリアリに復帰。セリエAで15試合、コッパ・イタリアで2試合に出場していた。 ▽また、世代別のイタリア代表としてもプレー。今年6月に行われたU-19欧州選手権にも出場し準優勝に貢献していた。 2016.12.28 20:43 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-2 カリアリ《セリエA》

▽インテルは16日、セリエA第8節でカリアリを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、1-2で敗れた。インテルの長友はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20161016_22_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.0 好守もあったが、2失点目は珍しく軽率なミス DF 15 アンサルディ 5.5 1本イカルディに好クロス供給も大半のクロス精度を欠いていた (→ヨベティッチ -) 25 ミランダ 5.5 的確なカバーリングを続けていたが、1失点目はメルキオッリに付ききれず 24 ムリージョ 5.0 2失点に関与。守備を締められず 21 サントン 5.5 高い位置を取っていたが、効果的なプレーは少なかった MF 87 カンドレーバ 5.5 サイドから打開を狙うも実らず (→エデル -) 6 ジョアン・マリオ 6.5 移籍後初ゴール。シンプルなパスワークでゲームを作る 17 メデル 5.5 リスク管理を徹底 19 バネガ 5.5 一定のキープ力とパスワークで好機を幾つか生み出す (→ニュクリ 5.0) 凡庸なプレーぶりだった 44 ペリシッチ 6.0 先制ゴールをアシスト。攻撃の起点に FW 9 イカルディ 5.0 PK失敗に加え、68分の決定機を逸す 監督 F・デ・ブール 5.0 単調なサイド攻撃を続けて公式戦3連敗 ▽カリアリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20161016_23_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 30 ストラーリ 5.5 枠内シュートは少なかった DF 19 ピザカーネ 5.5 守備重視でペリシッチに対応。54分の決定機はオフサイドに阻まれた 23 チェッピテッリ 6.0 攻守のセットプレーで存在感 2 ブルーノ・アウベス 5.5 PK献上もそれ以外は安定 29 ムルル 6.0 カンドレーバをよく抑えた MF 16 ムナーリ 5.5 守備に追われた (→イスラ 6.0) 終盤、カウンターの起点となっていた 8 ディ・ジェンナーロ 6.5 巧みな左足を駆使して攻撃を牽引。同点弾に絡む (→バレッラ -) 77 タフツィディス 5.5 気の利いたパスは供給できずも守備面で貢献 20 パドイン 6.0 攻守によく働いた FW 9 メルキオッリ 6.5 同点弾を決め、逆転のオウンゴールを誘発 25 サウ 5.0 攻撃面で仕事できず (→ボッリエッロ 6.0) フィジカルの強さを生かして存在感 監督 ラステッリ 6.5 前半は防戦一方だったが、後半にギアを上げて逆転勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メルキオッリ(カリアリ) ▽ディ・ジェンナーロも良い働きを見せていたが、2ゴールに絡んだストライカーを選出。フィジカル面でインテル守備陣に引けを取らなかった。 インテル 1-2 カリアリ 【インテル】 ジョアン・マリオ(後10) 【カリアリ】 メルキオッリ(後26) OG(後40) 2016.10.17 00:13 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディPK失敗のインテル、好調カリアリに逆転負けで公式戦3連敗《セリエA》

▽インテルは16日、セリエA第8節でカリアリを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、1-2で敗れた。インテルの長友はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。 ▽前節ローマに敗れて公式戦2連敗の7位インテル(勝ち点11)は、休養十分のイカルディや、代表戦明けのカンドレーバにペリシッチ、ミランダにメデルら主力が先発となった。脳震とうで代表を離れた長友は引き続きベンチスタートとなった。 ▽ここ2試合連勝と好調な1ポイント差の10位カリアリに対して、インテルは5分に右CKからチェッピテッリのヘディングシュートでゴールを脅かされる。それでも、地力に勝るインテルが押し込む展開とし、両翼のカンドレーバとペリシッチを起点に打開を図っていくと、17分にバネガのフィードからボックス右のカンドレーバがボレーで狙う決定機を演出。 ▽すると24分、ボックス内のイカルディがブルーノ・アウベスに倒されたとしてPKを獲得。ところが、キッカーのイカルディがゴール右を狙ったグラウンダーのシュートは枠を捉えきれない。 ▽先制のチャンスを逸したインテルだったが引き続き押し込む流れとすると、31分には左クロスのルーズボールをボックス手前左のジョアン・マリオがボレーで狙うも、強烈なシュートはわずかに枠の右へ外れる。ハーフタイムにかけても38分にカンドレーバがミドルシュートで、43分にジョアン・マリオがミドルシュートでそれぞれゴールに近づいたが、試合を動かすには至らず前半を0-0で終えた。 ▽迎えた後半、48分にカウンターからディ・ジェンナーロに際どいコントロールシュートを浴びせられたインテルは、54分にボックス中央からのメルキオッリのシュートでGKハンダノビッチを強襲される。さらにボックス手前左からのサウのミドルシュートもハンダノビッチがセーブ。そして、ルーズボールをピザカーネに押し込まれるもオフサイドに救われた。 ▽すると55分、ボックス左へ侵入したペリシッチのクロスをジョアン・マリオがシュート。一度はGKストラーリにセーブされるも、ルーズボールをジョアン・マリオが自ら詰めてインテルが先制した。 ▽その後、57分に右クロスのルーズボールをボックス中央のディ・ジェンナーロに強烈なボレーシュートで狙われたピンチをGKハンダノビッチが凌いだインテルは、68分にボックス右からアンサルディの上げたクロスにフリーのイカルディがヘッドで合わせる絶好機を迎える。しかし、エースはシュートを枠の左に外してしまった。 ▽すると71分、ディ・ジェンナーロの浮き球パスをムリージョがカットしきれず、ゴールエリア中央のメルキオッリにうまく収められてシュートを流し込まれた。 ▽1-1とされたインテルはカンドレーバに代えてエデルを投入。さらに80分にはアンサルディに代えてヨベティッチを投入し、3バックに変更した。しかし、81分にイスラの右クロスにメルキオッリに頭で合わせられたシュートでゴールを脅かされると、85分に逆転を許す。左CKをGKハンダノビッチが被ってファーに流れると、ボックス右からメルキオッリの上げたクロスがムリージョに当たってディフレクト。ボールがインテルゴールへ向かうと、GKハンダノビッチがキャッチしきれずに自陣ゴールに入ってしまった。 ▽結局、終盤にかけてCKの場面でハンダノビッチがゴール前に上がるなどしたインテルだったが、決定機は生み出せずにタイムアップ。公式戦3連敗となってしまった。一方、勝利したカリアリは3連勝としている。 2016.10.17 00:12 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース