GKストラーリが6年半ぶりにミランに復帰! 今季はカリアリで15試合に出場2017.01.11 09:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは10日、かつて所属していたカリアリのGKマルコ・ストラーリ(40)の獲得を発表した。契約期間は2017年6月30日までとなっている。

▽ストラーリは、ペルージャやナポリなどでプレーし、2007年1月にメッシーナからミランに加入。その後はレバンテやカリアリ、フィオレンティーナ、サンプドリアなどへレンタル移籍を繰り返すと、2010年にユベントスへ完全移籍した。2015年7月にフリートランスファーでカリアリに戻ると正守護神としてプレー。昨シーズンはセリエBで41試合に出場しカリアリのセリエA昇格に貢献すると、今シーズンもここまでセリエAで15試合に出場していた。

▽ミランは現在セリエAで5位につけており、チャンピオンズリーグ出場権内の3位ナポリとは勝ち点差2の状況。しかし、GKはジャンルイジ・ドンナルンマ(17)がここまでの全18試合でプレーする状況が続いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン本田圭佑、MLSのシアトル・サウンダーズ移籍間近か

▽ミランに所属する日本代表FW本田圭佑(30)にメジャーリーグ・サッカー(MLS)挑戦の可能性が高まっているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が独占情報として伝えている。 ▽報道によれば、本田はシアトル・サウンダーズ移籍に向かっている模様。近日中の決定もあり得る状況だという。なお、MLSの移籍期間は、14日から5月8日まで開かれているとのことだ。 ▽本田は今シーズンのここまで、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下で全くと言って良いほど出番なし。そのため、以前から移籍の可能性が取りざたされてきたが、実現に至っていなかった。 ▽その本田は、2008年1月に名古屋グランパスからVVVフェンロに移籍。その後、CSKAモスクワを経て、2013-14シーズンの冬にミラン入りした。ミラン在籍4年間で公式戦89試合10ゴール14アシストを記録している。 2017.02.24 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、10番本田圭佑の後継者探しを開始か…獲得候補にパストーレらテクニシャンが浮上

日本代表MF本田圭佑が背負うミランの背番号「10番」の後継者探しが始まっていることが、『Goal』イタリア編集部の取材により明らかになった。<br><br>3月からミランの新オーナーとなるシノ・ヨーロッパ・スポーツ体制では、マッシモ・ミラベッリ氏およびアンドレア・ファッソーネ氏が役員を務めることになる。現在ミラベッリ氏らは、ヨーロッパやイタリアの各地を視察し、来シーズンの補強候補のリストアップを続けている。<br><br>ミランは現在本田が背負う「10番」を若き才能ある選手へ継承したいと考えており、フィオレンティーナのMFフェデリコ・ベルナルデスキの動向をチェックしている。イタリア紙『トゥットスポルト』によれば、ミラベッリ氏らがすでに視察のためフィレンツェを訪れたようだ。しかし、ベルナルデスキの獲得は困難を極めるとみられており、フィオレンティーナが来夏の放出を決断するかどうか不透明である上、放出が決まっても争奪戦となることが予想される。<br><br>このほか「10番」の候補として、パリ・サンジェルマンのMFハビエル・パストーレの名前が挙げられている。ケガの影響も心配されるが、パストーレの特徴はミランでも重宝されるとみられる。また数日前にミラノを訪れるなど、ミラノとの相性は良く環境面についても問題はない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.24 14:47 Fri
twitterfacebook
thumb

「ミラン本田圭佑はリスペクトすべき宝」…伊紙が出場機会の少ない10番の現状に注目

セリエA登録選手のうち、出場機会に恵まれていない有力選手について、イタリア紙『ジョルナーレ』が特集した。日本代表のMF本田圭佑についても言及している。<br><br>「年俸をもらいながら出番がない&hellip;セリエAで姿が見えない選手」とのタイトルで、「技術面でも経済面でも宝」に値する存在ながらも、それぞれの所属チームで出番を失い、スタンドやベンチから試合の観戦を余儀なくされている選手の例として、ミランの本田を挙げている。<br><br>本田については、加入後1年間はミランの主役として活躍したものの、昨シーズンは好不調とばらつきがあり、今シーズンは「すっかり忘れ去られてしまった」存在であると伝えている。<br><br>特に出場機会は、試合終了間際や結果がほぼ決まった時点での投入に限られており、5試合でわずか116分の出場時間は「哀れだ」としている。<br><br>本田について、「偉大な才能の持ち主であることは疑いようがない」と評価しており、往年のレジェンド、ジャンニ・リヴェーラやルート・フリットらが背負った「10番」を受け継いだ者としては、あまりにも少ない出場だと疑問を投げかけている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

今年が最後か…ミランのベルルスコーニ会長、オーナーとして31周年を迎える

ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長がオーナーとなってから、20日で31周年を迎えたと、イタリアメディア『PianetaMilan』が報じている。<br><br>ベルルスコーニ会長は1986年2月20日にミランのオーナーとなった。これまでの31年間で、イタリア国内、ヨーロッパ、世界のタイトルを合わせて29個獲得してきた。またアッリゴ・サッキ氏やファビオ・カペッロ氏を監督に迎えたことで、現代サッカーの発展に寄与した。<br><br>なおミランは、来月3日に中国グループ、シノ・ヨーロッパへの譲渡が予定されている。これをもって、31年にわたったベルルスコーニ体制が幕を下ろすことになる。名物会長として親しまれたベルルスコーニ会長もミランの表舞台から姿を消すことになる。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

モンテッラ、ベルルスコーニに勝利を捧げ、対立を否定「会長からは学ぶことしかない」

ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が19日に行われたセリエA第25節フィオレンティーナ戦での勝利を、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長らに捧げると、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで明らかにした。<br><br>来シーズンのヨーロッパリーグ出場権獲得を目指すミランにとって、順位表で一つ下に位置するフィオレンティーナとの一戦はカギとなる重要な試合だった。貴重な勝ち点3ポイントを手にしたモンテッラは、この試合の勝利をベルルスコーニ会長とアドリアーノ・ガリアーニCEOへ捧げた。<br><br>「今日の勝利はどうしてもベルルスコーニへ捧げたかった。会長にとって、この試合がホームでの最終戦になるかもしれないので。ガリアーニにもね。私からだけでなく、チームを代表して、どうしても伝えたかった」<br><br>中国グループ、シノ・ヨーロッパへのミランの引き渡しが来月3日へと迫り、会長そしてCEOとして最後の観戦となるかもしれない両者へ、感謝の意を込めて勝利を捧げた。<br><br>12月中旬以降、ベルルスコーニ会長とは選手の起用法を巡り、何度も電話で対立しているとの報道もあったが、これについても否定している。<br><br>「ベルルスコーニと口論になったことはない。電話も前向きなものばかりで、何度も褒めてもらったり、お礼を言われたりした。ベルルスコーニのような方からは学ぶことしかない。いつも耳を傾けている」<br><br>改めてモンテッラはベルルスコーニへのリスペクトを強調した。<br><br>提供:goal.com 2017.02.20 13:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース