GKストラーリが6年半ぶりにミランに復帰! 今季はカリアリで15試合に出場2017.01.11 09:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは10日、かつて所属していたカリアリのGKマルコ・ストラーリ(40)の獲得を発表した。契約期間は2017年6月30日までとなっている。

▽ストラーリは、ペルージャやナポリなどでプレーし、2007年1月にメッシーナからミランに加入。その後はレバンテやカリアリ、フィオレンティーナ、サンプドリアなどへレンタル移籍を繰り返すと、2010年にユベントスへ完全移籍した。2015年7月にフリートランスファーでカリアリに戻ると正守護神としてプレー。昨シーズンはセリエBで41試合に出場しカリアリのセリエA昇格に貢献すると、今シーズンもここまでセリエAで15試合に出場していた。

▽ミランは現在セリエAで5位につけており、チャンピオンズリーグ出場権内の3位ナポリとは勝ち点差2の状況。しかし、GKはジャンルイジ・ドンナルンマ(17)がここまでの全18試合でプレーする状況が続いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

伊メディア、ミラン本田圭佑の17試合ぶり出場に一定評価「チャンス作った」

23日に行われたセリエA第33節のミランvsエンポリ(1-2)で17試合ぶりのリーグ戦出場を果たした日本代表のMF本田圭佑について23日、イタリアメディア『ユーロスポーツ』は一定の評価を与えた。<br><br>本田に4か月ぶりの出場チャンスが巡ってきた。本田は格下のエンポリを1-2で追う展開で88分、FWスソに代わりピッチに登場した。本田の出場は1月25日のコッパ・イタリアのユベントス戦以来で、リーグ戦となると、昨年12月12日のローマ戦以来で、17試合ぶりとなった。<br><br>本田の出場は試合終盤の数分間だったため、採点なしだが「モンテッラの最後のカード。日本人選手のチャンスは少なかったが、それでも1度は良いチャンスを作った」との寸評を掲載し、本田が相手からボールを奪い、MFマリオ・パシャリッチへパスを演出したシーンを評価している。<br><br>なおチーム内の最高点は18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマの「7」で、「ゴール前でできる限りのことはした。だが少なくとも1ポイントを持ち帰るためには彼のセーブだけでは足りなかった。前半(オマル)エル・カドゥリに対し2度決定的な対処をしたほか、アディショナルタイムには(マッシモ)マッカローネや(マメ・ババ)ティアムに対し奇跡的なセーブを見せるがミランは1-2で敗れた」として、素晴らしいセービングを称えた。一方、最低点は2失点に絡んだDFクリスティアン・サパタで「4」と酷評されている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン監督が語る本田圭佑17試合ぶり起用の理由「並外れたプロ。トップ下で脅威に」

ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラは、23日のセリエA第33節エンポリ戦(2-1でエンポリが勝利)でリーグ戦17試合ぶりに日本代表のMF本田圭佑を起用した理由を試合終了後、説明している。<br><br>本田は今シーズン、モンテッラの推し進める若手中心のミラン構想から外れ、ベンチを温める日々が続いていた。指揮官の信頼をつかめず、出場試合数では今年1月に加入した新戦力、FWジェラール・デウロフェウやFWルーカス・オカンポスにも抜き去られ、チーム内では下部組織プリマヴェーラの選手やGKを除けば最下位と状況だ。<br><br>そんな状況の本田に4か月ぶりの出場チャンスが巡ってきた。格下のエンポリを1-2で追う展開で88分、本田はFWスソに代わりピッチに登場した。本田の出場は1月25日のコッパ・イタリアのユベントス戦以来で、リーグ戦となると、昨年12月12日のローマ戦以来で、17試合ぶりとなった。<br><br>モンテッラは久々となった本田の起用について、スソの疲れやトップ下というポジションを理由に挙げて説明している。また本田のパフォーマンスについてはポジティブに捉えているようだ。<br><br>「ケイスケは並外れたプロフェッショナルな選手だ。試合の終盤、スソが疲れているように見えた。あのポジション(トップ下)ではホンダが脅威になれると考えた。1度相手からボールを奪い、ゴール前の(マリオ)パシャリッチへパスを演出した。短い時間ながらも試合に絡めるところを見せてくれた」<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

スソPK失敗のミラン、残留争いのエンポリにホームで痛恨の敗戦、88分から出場の本田が2017年リーグ戦初出場《セリエA》

▽ミランは23日、セリエA第33節でエンポリを本拠地サン・シーロに迎え、1-2で敗れた。ミランのMF本田圭佑は88分から出場している。 ▽前節インテルとのミラノ・ダービーをサパタのラストプレー弾で2-2の引き分けに持ち込んだミラン(勝ち点58)は、ヨーロッパリーグ出場権圏内の6位をキープ。そのミランはインテル戦のスタメンから3選手を変更。バッカ、ロマニョーリ、クツカに代えてラパドゥーラ、パレッタ、出場停止明けのパシャリッチを起用した。そして、長期離脱していたモントリーボがベンチ入りを果たした。 ▽前節11試合ぶりに勝利して降格圏の18位クロトーネと5ポイント差とした17位エンポリ(勝ち点26)に対し、徐々にポゼッションを高めていったミランは7分にスソが立て続けに枠内シュートをマークすると、その後もラパドゥーラ、デウロフェウが立て続けにシュートを浴びせ、ゴールに近づいていく。 ▽19分にはCKからパレッタがヘディングで枠内シュートをマークしたミランだったが徐々に攻めあぐねると、27分にエル・カドゥーリに枠内シュートをマークされる。ここはGKドンナルンマが好守で凌ぐと、ホセ・ソサとスソのミドルシュートでGKスコルプスキを強襲。 ▽しかし40分、エル・カドゥーリの左CKからムチェドリーゼにヘディングシュートを決められて先制されてしまう。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、ミランが押し込むと、55分にラパドゥーラが枠内シュートをマーク。続く58分にはラパドゥーラのボレーシュートがGKスコルプスキに阻まれるも、ルーズボールに反応したボックス内のパシャリッチがスコルプスキに倒されたとしてPKを獲得する。 ▽しかし、キッカーのスソが正面に蹴ったシュートはスコルプスキにセーブされ、さらにルーズボールをスソにボレーで蹴り込まれるも、このシュートもスコルプスキに見事な反応でセーブされ、同点に持ち込めない。 ▽同点機を逸したミランはM・フェルナンデスに代えてバッカを投入。しかし67分、エル・カドゥーリの右クロスをファーサイドのマッカローネにヘッドで折り返されると、オフサイドトラップをかいくぐったティアムにシュートを叩き込まれた。 ▽リードを2点に広げられたミランは続く69分にもマッカローネに強烈なミドルシュートでGKドンナルンマを強襲される。劣勢のミランはデ・シリオに代えてオカンポスを投入し、さらに攻撃の枚数を増やすと72分に1点を返した。ロングボールに抜け出したラパドゥーラがボックス右へ進入。中へ切れ込んで左足で放ったシュートがゴール左に吸い込まれた。 ▽その後、86分に迎えた大ピンチではGKドンナルンマがマッカローネとの一対一をビッグセーブで阻止し、同点への望みをつなげる。そして、88分にスソに代えてリーグ戦17試合ぶりの出場となる本田を投入したミランは89分、左CKからパレッタのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKスコルプスキに好守で阻止され、さらにルーズボールに反応したボックス左のオカンポスのボレーシュートはバーに嫌われてしまう。 ▽結局、7分が提示された追加タイムでもゴールは奪えずミランは1-2のまま敗戦。6位は維持しているものの、後続のチームを引き離すことに失敗している。 2017.04.24 00:17 Mon
twitterfacebook
thumb

センターFWを探すミラン、オーバメヤン獲得不可能ならばローマのゼコにターゲット変更へ

▽ミランが来季の目玉としてセンターFWの獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ミランは13日、同クラブを運営する『フィニンヴェスト』が保有する株式99.93%を『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』に売却した。これにより31年間続いたシルヴィオ・ベルルスコーニ体制は終焉を迎えた。 ▽チャイナ・ミランの誕生により早くも来シーズンへの投資が期待される中、『フットボール・イタリア』によるとヴィンツェンツォ・モンテッラ監督は新たなディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベリ氏、マルコ・ファッソーネ氏との会談を行った模様。そこでは新たなセンターFWの獲得を強く要望したようだ。 ▽ミランは先日、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(27)の獲得に興味を示していることがイタリア紙『レプブリカ』の報道で明らかとなった。『フットボール・イタリア』によると、オーバメヤンへの興味は持ちつつも獲得できない場合の備えて、ローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)もターゲットにしているという。 ▽ゼコはセリエA挑戦2年目となる今シーズン、リーグ戦で32試合に出場し得点ランキングのトップタイとなる25ゴールをマークするなどゴールを量産している。チームゴール数で49ゴールと得点力不足を露呈しているミランにとってはのどから手が出るほど欲しい選手のようだ。 2017.04.21 15:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン退団のガッリアーニ氏がマドリーのスポーツディレクター就任か?

▽ミランを退団したアドリアーノ・ガッリアーニ氏が、レアル・マドリーのテクニカル・ディレクターに就任する可能性があるようだ。スペイン『ムンドデポルティボ』が伝えている。 ▽ガッリアーニ氏はシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の下、ミランで31年間勤め、最高経営責任者(CEO)の職に就いた。その間にイタリア国内、ヨーロッパ、世界のタイトルを合わせて29個獲得するなど、ミランの黄金期を支えた人物の1人だ。 ▽しかしミランは13日、同クラブを運営する『フィニンヴェスト』が保有する株式99.93%を『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』に売却。ベルルスコーニ政権が終わりを迎えた。 ▽退任したガッリアーニ氏は、イタリアのクラブで働くことはないことを強調していたが、『ムンドデポルティボ』によると、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が同氏の手腕を高く評価しているという。ピレス会長は、ガッリアーニ氏をテクニカル・ディレクターとしてクラブに引き入れたいと考えているようだ。 ▽また同メディアによれば、ガッリアーニ氏に対してはレガカルチョやイタリアサッカー連盟が理事長として囲い込みたいと考えているようだ。 2017.04.21 10:52 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース