GKストラーリが6年半ぶりにミランに復帰! 今季はカリアリで15試合に出場2017.01.11 09:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは10日、かつて所属していたカリアリのGKマルコ・ストラーリ(40)の獲得を発表した。契約期間は2017年6月30日までとなっている。

▽ストラーリは、ペルージャやナポリなどでプレーし、2007年1月にメッシーナからミランに加入。その後はレバンテやカリアリ、フィオレンティーナ、サンプドリアなどへレンタル移籍を繰り返すと、2010年にユベントスへ完全移籍した。2015年7月にフリートランスファーでカリアリに戻ると正守護神としてプレー。昨シーズンはセリエBで41試合に出場しカリアリのセリエA昇格に貢献すると、今シーズンもここまでセリエAで15試合に出場していた。

▽ミランは現在セリエAで5位につけており、チャンピオンズリーグ出場権内の3位ナポリとは勝ち点差2の状況。しかし、GKはジャンルイジ・ドンナルンマ(17)がここまでの全18試合でプレーする状況が続いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

90年代を振り返るマルディーニ、プレミア2クラブからのオファーを認めるも「ミランを離れるつもりはなかった」

▽現役時代にミランやイタリア代表としてプレーしたパオロ・マルディーニ氏が1990年代を振り返り、プレミアリーグの2チームからオファーを受けていたことを明かした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ミランのユースチームで育ちそのままトップチームに昇格すると、25年間プロとしてミラン一筋でプレーした。同クラブでは公式戦902試合に出場し33ゴールをマーク。セリエAを7回、チャンピオンズリーグを5回制するなど、ミランの黄金期を支えた一人だ。 ▽そんなマルディーニ氏が現役時代を振り返り、1990年代にチェルシーとアーセナルからオファーを受けたことを明かした。しかし、ミラン以外でプレーすることは考えていなかったとしている。 「1990年の半ばに2度、オファーを受けた。1つはチェルシーからのもので、もう1つはアーセナルからだった。ちょうどミランが問題を抱えている時期だったが、クラブを離れるつもりはなかったよ。その後に契約を更新するためにクラブの人たちと会った。お互い、一緒に続けていこうと誓ったんだ」 2017.01.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑はトルコへ? フェネルバフチェが「10番」タイプを求め本田をターゲットに

▽トルコの名門・フェネルバフチェがミランの日本代表FW本田圭佑の獲得を目指しているようだ。トルコ『Aksam』が報じた。 ▽同メディアによると、フェネルバフチェは今冬の移籍市場で「10番」タイプの選手の獲得を目指しているとのこと。昨シーズンまでベシクタシュでプレーし、現在はミランでプレーする元アルゼンチン代表MFホセ・エルネスト・ソサ(31)の獲得を目指していたものの、ターゲットを本田に切り替えたようだ。 ▽今シーズンの本田は、セリエAで先発出場はわずかに1試合。通算でも5試合の出場にとどまり、プレー時間は95分と1試合程度しかない。今夏には契約満了を迎えるため、ミランが移籍金を獲得するためには今冬の移籍が必須。500万ユーロ(約6億1300万円)程度の移籍金になるとのことだ。 ▽ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、本田のプロフェッショナルな姿勢に関しては評価しているものの、出場機会は比例せず。エバートンからはスペイン人FWジェラール・デウロフェウ(22)をレンタル移籍で獲得するなど、本田にとっては苦しい状況には変わらない。果たして、本田のトルコ行きは実現するだろうか。 2017.01.21 15:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、エバートンからスペイン人FWデウロフェウをレンタル移籍で獲得

▽ミランは21日、エバートンのスペイン人FWジェラール・デウロフェウ(22) をレンタルで獲得したことをクラブの公式ツイッターで発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 ▽バルセロナのカンテラで育ったデウロフェウは2013-14シーズンにエバートンへとレンタルで移籍。2015-16シーズンからは完全移籍でエバートンに加入し、今シーズンはリーグ戦11試合に出場している。 ▽デウロフェウには、今冬に退団した元オランダ代表FWライアン・バベルの後釜を探すデポルティボが関心を寄せていると言われていたが、デウロフェウはイタリアのビッククラブでのプレーを選択したようだ。 2017.01.21 05:00 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑に出場機会を…伊メディアが高年俸ながらベンチを温める本田を生かすよう提案

ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑について、高額な年俸なだけに、もう少し出場機会を与えるべきであると、イタリアメディア『Spazio Milan』が主張している。<br><br>ミランでは、右サイドのFWスソに連戦による疲労が懸念されるほか、左サイドのFWエムバイェ・ニアンは不調が続き、やる気を失い士気を低下させている。このため、両ウィングのバックアッパーが必要とされている。<br><br>今冬の移籍市場において、アドリアーノ・ガリアーニCEOも「補強の対象は攻撃的ウィングだけだ。名前はご存知だろう」と話しているように、FWジェラール・デウロフェウの獲得へ向けて、エヴァートンと交渉中だ。<br><br>しかし万が一、獲得が失敗した場合について、本田を起用すべきとの声が上がっている。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いるミランにおいて、本田は構想外となっており、出場機会に恵まれていない。ミランは本田に対し、250万ユーロ(約3億円)と高額な年俸を支払っており、出場機会を与えることで、投資を無駄にせず、本田を生かす道を模索するべきだと提案している。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、長友佑都効果?セリエAで日本人の観客が29%増…ネット販売も影響か

セリエAにおける日本人のチケット購入数が、2016年は前年に比べて29%増加した。イタリアメディア『FC Inter 1908.it』が報じている。<br><br>イタリアのスタジアムまで直接出向き、セリエAの観戦を楽しむ日本人ファンが急増している。日本代表のMF本田圭佑やDF長友佑都がセリエAの人気チームであるミランやインテルに所属していることで、注目度が増しているとみられる。<br><br>また海外イベントのチケットの個人間売買を扱うインターネットサイト『Ticketbis(チケットビス)』が普及したことも、日本人の観客増加につながったようだ。<br><br>セリエAでは、外国人観客数のうち、日本人はフランス人に次いで2位とファンが多い。中でも日本人観客が多く訪れたのは、9月18日のインテル対ユヴェントス戦、11月20日のミラン対インテル戦、そして10月22日のユヴェントス対ミラン戦と、いずれもセリエAのビッグ3の試合だ。1枚あたりのチケット購入額の平均は107ユーロ(1万3000円)となっている。<br><br>『チケットビス』での最高購入額も日本人によるものだ。2016年5月21日に行われたコッパ・イタリアの決勝ユヴェントス対ミラン戦では424ユーロ(5万2000円)の最高記録が生まれた。次いで2位は10月22日のユヴェントス対ミラン戦の372ユーロ(4万6000円)となっている。<br><br>今冬の移籍市場では、本田と長友に移籍のうわさが上がっているが、チケットの売上には貢献しているだけに、不人気で低迷するセリエAとしては両選手の残留が望まれるところだろう。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 12:25 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース