バレンシアが“名物”暫定指揮官のボロに今シーズンを託す2017.01.11 09:08 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは10日、サルバドール・ゴンサーレス・マルコ暫定監督が今シーズン終了まで指揮を執ることを発表した。

▽バレンシアは今シーズンパコ・アジェスタラン前監督の下で指導するも、成績不振から解任。後任にチェーザレ・プランデッリ監督を招へいするも、こちらも成績不振から12月30日に解任されていた。その後は、“ボロ”の愛称で親しまれ、これまでも暫定指揮官として4度、バレンシアを率いたサルバドール氏がシーズン終了までバレンシアを率いることとなったようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

FIFA、未成年選手移籍に関しスペイン2クラブ等を調査へ…今後補強禁止処分の可能性も

国際サッカー連盟(FIFA)が、若手選手の移籍に関する規則に抵触した可能性のあるとして、バレンシアとビジャレアルへの調査を行うことが分かった。『マルカ』が報じた。<br><br>FIFAは18歳未満の若手選手の移籍を原則禁止する規則を定める。しかし、例外としてヨーロッパ連合(EU)加盟国同士、欧州経済領域国同士、選手の自宅からクラブまで国境をまたいで50キロ以内、もしくはフットボール以外の理由で家族が移住したときに限り移籍は許可されている。<br><br>FIFAによると、リーガ・エスパニョーラのバレンシアとビジャレアルは、この規則に抵触している可能性があり、国際組織が調査に乗り出すことになるようだ。以前、バルセロナやアトレティコ・マドリー、レアル・マドリーも同様に調査を受け、移籍禁止処分を科されていたように、2クラブも今後補強を禁止される可能性が高い。<br><br>さらに、チェルシーも再度FIFAの調査対象になっており、マンチェスター・シティ、セリエAの2クラブとともに調査が開始されるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.22 13:58 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアvsアトレティコは決定機を決めきれずドロー決着《リーガエスパニョーラ》

▽9日にリーガエスパニョーラ第3節のバレンシアvsアトレティコ・マドリーがメスタージャで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽バレンシアは前節のレアル・マドリー戦を2-2のドローで終えて開幕から無敗を継続。今回の一戦では[4-4-2]を採用し、最前線はザザとロドリゴ・モレノが務める。一方、開幕戦でジローナに引き分けるも前節のラス・パルマス戦で5-1と快勝したアトレティコは、引き続きエースのグリーズマンが出場停止。バレンシアと同様に[4-4-2]を採用し、ビエットとコレアが2トップを組んだ。 ▽かつてバレンシアで活躍したアイマールが観戦に訪れた一戦は、バレンシアがゆったりとボールを持つ中、アトレティコは積極的に前線からプレスを狙っていく入りとなった。すると5分、コレアが高い位置でボールを奪ってドリブルを開始。ボックス手前から右足で狙ったシュートは相手にディフレクトするも、GKネトがうまくはじき出した。 ▽苦しい入りとなったバレンシアだが、18分にはボックス内でルーズボールを収めたザザがゴールマウス急襲のシュートを放つなど、徐々にシュートチャンスを作り出していく。19分にはアンドレス・ペレイラがドリブルで仕掛けてボックス手前から左足のシュートを狙っていくが、ボールは枠を捉え切れなかった。 ▽その後もバレンシアがポゼッションを握り能動的に攻め込むのに対して、アトレティコは一転して自陣でブロックを敷いて構える。32分にはアトレティコに久しぶりのチャンスが訪れるが、相手のミスから攻め込むもボックス内でビエットが放った反転シュートは枠を捉え切れず。43分にもショートカウンターから左サイドのフィリペ・ルイスが上げたクロスにビエットが頭で合わせるが、ここも決めきれず。前半はゴールレスで終えた。 ▽後半開始もアトレティコが前からボールを奪いにかかると、47分にはその形から高い位置でボールを奪い、カラスコがボックス手前で左足を振り抜くがここはGKネトの正面に飛ばしてしまう。その後は前半と同様に再びバレンシアが主導権を握る、アトレティコは自陣でのブロックからカウンターを狙っていく。 ▽58分には相手陣内右のやや低い位置でバレンシアがFKを獲得。この流れからガブリエウが頭で合わせたがボールはわずかに枠を外してしまう。するとアトレティコは60分、カラスコを下げてガイタンを投入するなど先に動きを見せる。バレンシアもアンドレス・ペレイラを下げてゴンサロ・グエデスを送り出すなどベンチワークも慌ただしくなっていった。 ▽するとこの交代策で流れを引き寄せたのはアトレティコ。66分にはトーレス、ガイタンが立て続けにシュートチャンスを迎えるなど攻勢が続く。バレンシアも75分、左サイドから崩してボックス内に侵入したゴンサロ・グエデスがマイナスのクロスを入れる。しかしザザの前で相手選手にカットされてシュートまで持ち込めず。 ▽試合終盤はお互いにカウンター合戦から相手ゴールへと迫るがゴールは遠く。試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.09.10 01:07 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがバレンシアにレンタル中の逸材A・ペレイラと契約延長を発表!

▽マンチェスター・ユナイテッドは2日、U-23ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(21)との契約延長を発表した。契約期間は2019年6月30日までで1年間の延長オプションが付随している。 ▽A・ペレイラは、ユナイテッドアカデミー出身のアタッカー。昨シーズンはグラナダにレンタルで加わり、公式戦37試合5得点3アシストをマーク。今シーズンは、バレンシアに1年間のレンタル移籍で加入が発表されていた。 ▽契約延長に至ったA・ペレイラは公式サイトで次のように話した。 「この偉大なクラブと契約延長できたことを嬉しく思っているよ。モウリーニョ監督はここで素晴らしいチームを築いているし、僕もチームの一員として早く参加したいと思っている。今シーズンはバレンシアでプレーを続け、少しでも長くピッチの上に立ち続けたいと思っているよ」 2017.09.03 05:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの逸材A・ペレイラがバレンシアにレンタル

▽バレンシアは1日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するブラジル人MFアンドレアス・ペレイラ(21)のレンタル移籍加入を発表した。加入期間は2018年6月30日までとなる。 ▽A・ペレイラは、ユナイテッドアカデミー出身のアタッカー。昨シーズンはグラナダにレンタルで加わり、公式戦37試合5得点3アシストの活躍を見せ、シーズン終了後にユナイテッド復帰を果たしていた。 2017.09.02 08:20 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシア、PSGからグエデスをシーズンローン

▽バレンシアは1日、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・グエデス(20)のレンタル移籍加入を発表した。加入期間は2018年6月30日までとなる。 ▽ベンフィカ下部組織出身のグエデスは、2014年にトップチームデビュー。2015年にポルトガル代表デビューも果たした逸材で、今年1月にPSG入りした。だが、熾烈なポジション争いもあり、11試合の出場にとどまった。 2017.09.02 08:15 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース