超ワールドサッカー

シュナイデルランがエバートン移籍へ、モウリーニョは「移籍を阻むようなことはしない」2017.01.11 08:54 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(27)のエバートンへの移籍がクラブ間で合意に達したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽ジョゼ・モウリーニョ政権下のユナイテッドでポジションを奪えておらず、リーグ戦では3試合の途中出場に留まっている。そんなシュナイデルランに対してエバートンのロナルド・クーマン監督が、獲得に興味を示していた。

▽イギリスメディアによれば、エバートン側はシュナイデルラン獲得に1900万ユーロ(約23億2100万円)のオファーを提示したが、ユナイテッド側はこれを拒否。その後も交渉は行われ、『スカイ・スポーツ』では2200万ユーロ(約26億8800万円)から最大で2400万ユーロ(約29億3200万円)でクラブ間合意に達したと報じている。なお、同選手は今週中にメディカルチェックを受けて問題がなければ移籍が合意する見込みのようだ。

▽また『スカイ・スポーツ』はモウリーニョのコメントを掲載。同選手のプロフェショナルな姿勢を称え、移籍を認めたことを明かした。

「彼は偉大なプロ選手だ。本当に素晴らしい選手で、とても誠実で、オープンな性格だ。だから、自分がもっとプレーしたいと素直に言う権利がある。だから私の答えは簡単なものだ。適正なオファーがあれば、受けるとね。彼の移籍を阻むようなことはしない」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド移籍破談からバルサでレジェンドとなったロナウジーニョ、運命を変えたのは意外にも…

▽マンチェスター・ユナイテッドでプレーした元南アフリカ代表MFクイントン・フォーチュン氏が、同クラブが元ブラジル代表MFロナウジーニョを引き入れることができなかった意外な要因を自身の見解として示した。ユナイテッド公式サイトが伝えている。 ▽ロナウジーニョは、2003年にパリ・サンジェルマンからバルセロナに移籍。バルサに在籍した5シーズンで大きなインパクトを残し、同クラブのレジェンドとなった。 ▽2003年当時、ロナウジーニョはバルセロナよりもマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が大きく取りざたされていた。フォーチュン氏は、ユナイテッド移籍が間近とみられながらも実現しなかった理由が、マンチェスターの天気であったと話した。 「彼がマンチェスター空港に着いたとき、雨が降っていたんだ。ロナウジーニョを迎え入れようとした日にちがまずかったと思う」 「いずれにせよ夏が良かったと思うけど…。正しい日に到着していれば、違う物語になっていたかもしれない」 「彼がユナイテッドに加入していれば、素晴らしいことだった。フットボール史上、最も偉大な選手の1人だし、技術的にもすごくて、楽しんでプレーする選手だ」 2017.06.28 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍の早期決着を目指して…モラタ、ハネムーン先から一時帰国か

▽スペイン『アス』は27日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がマンチェスター・ユナイテッド移籍へ動いたと報じた。 ▽昨シーズンのリーガエスパニョーラでチームトップのFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ15ゴールを記録したものの、以前から出場機会を求めてレアル・マドリー退団が報じられてきたモラタ。すでにユナイテッドと個人合意に達しているとの見方が強く、あとはクラブ間合意のみとみられているが、移籍金において交渉の難航が伝えられてきた。 ▽『アス』によれば、ユナイテッドは現時点で移籍金7400万ユーロ(約94億円)のオファーを打診しているが、レアル・マドリーは8500万〜9000万ユーロ(約108億〜114億4000万円)を強く要求。この状況を聞きつけた渦中のモラタは、新婚旅行先のイビサに妻を置き、ユナイテッド移籍の早期決着を目指して、一時マドリッドに戻ったとのことだ。 2017.06.28 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ペリシッチ、ユナイテッド移籍加速 インテルの延長オファーを拒否か

▽イギリス『デイリー・ミラー』は27日、インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)がクラブから届いた契約延長のオファーを蹴り、マンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいたと報じた。 ▽今夏、ジョゼ・モウリーニョ監督が掲げるトップターゲットの1人として名前が挙がるペリシッチ。インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ新監督はペリシッチの残留を希望しているようだが、本人はポルトガル人指揮官の下でプレーすることを望んでいる模様だ。 ▽そして、『デイリー・ミラー』が伝えたところによれば、インテルで週給6万8000ポンド(約860万円)を受け取るペリシッチは、同8万5000ポンド(約1080万円)に引き上げられた2021年までの延長オファーを拒否したという。 ▽ペリシッチは、2015年夏にヴォルフスブルクからインテルに加入。主にサイドのポジションを務め、インテル在籍2年目の今シーズンは公式戦42試合に出場して11ゴール12ゴールをマークした。 2017.06.28 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マティッチ獲得後もファビーニョ引き抜きへ

▽イギリス『インデペンデント』は27日、マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)を獲得した場合も、モナコに所属するブラジル代表DFファビーニョ(23)の引き入れを目指すと報じた。 ▽今夏、新たに中盤の守備的MFの補強が見込まるユナイテッド。現在、マティッチの獲得が決定的との見方が強まっているところだ。しかし、伝えられるところによれば、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッドは、さらなる中盤のグレードアップを図るため、マティッチに続く補強を目指しているようだ。 ▽そこで名前が挙がっているのが、モナコのリーグ・アン優勝とチャンピオンズリーグ4強入りに貢献したファビーニョ。中盤の守備的なポジションだけでなく右サイドバックの改善を求めるモウリーニョ監督は、両ポジションを高いレベルでこなせるファビーニョの獲得を価値のある補強と考えているという。 2017.06.28 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リオ・ファーディナンド「C・ロナウドは9番のポジションでのプレーを望んでいない」

元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏は、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが指揮官の起用法に不満を溜めている可能性を指摘した。<br><br>今夏マドリーを退団する可能性が取りざたされているC・ロナウド。その原因は脱税疑惑がかけられスペイン生活に嫌気が差したことにあるとされているが、ユナイテッドでC・ロナウドと同僚だったファーディナンド氏はピッチ上でも問題があると主張している。<br><br>マドリーは今季、MFガレス・ベイルの離脱もあって看板3トップのBBCを解体してシーズン終盤を4-4-2で戦った。C・ロナウドは2トップの一角を務めたが、ファーディナンド氏はこれがポルトガル代表FWのストレスになったのではないかと推測している。<br><br>「クリスティアーノは9番のポジションでのプレーを望んでいない。前線で孤立してしまうことがあるからね」<br><br>「彼はサイドでプレーすべきだ。その方がスペースを確保できる。そこでならゴールもアシストもできる。その点において、現在彼以上の選手は世界中を探しても見当たらないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 20:05 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース