超ワールドサッカー

トリノ、アポエルからブラジル人CBカルランを獲得2017.01.11 03:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノは9日、アポエルからブラジル人DFカルラン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年半となる。

▽母国ブラジルの名門、コリンチャンスでプロキャリアをスタートしたカルランは、ソショーを経て2014年にアポエルに加入した。機動力や足元の技術に定評があるブラジル人センターバックは、同クラブでチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの舞台を経験。今シーズンは、公式戦27試合に出場するなど、キプロスの名門のディフェンスリーダーとして活躍していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ハートがトリノに別れ 「歓迎を絶対に忘れない」

▽イングランド代表GKジョー・ハート(30)が29日、今シーズン限りでトリノを退団することを表明した。 ▽ハートは昨夏、ジョゼップ・グアルディオラ新監督の構想外となり、出場機会を求めてマンチェスター・シティからトリノにレンタル移籍。公式戦38試合の出場を記録した。 ▽ハートは29日、自身のインスタグラム(joehartofficial)を更新。ベンフィカに所属するブラジル代表GKエデルソン・モラレスのシティ加入報道が取り沙汰される中、ハートはトリノに別れを告げた。 「トリノ、ありがとう。特別なフットボールクラブでプレーできたことを誇りに思う。彼らの歓迎を絶対に忘れない。これからは永遠にトリノのサポーター。ここで多くの特別な人たちと出会い、人生でも最高の経験だった。いつかまた戻ってくる。それまではお別れだ。素晴らしい夏を満喫してくれ」 2017.05.30 08:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ優勝セレモニーで涙目だったボヌッチの息子…憧れのトリノFWベロッティに会い笑顔に

レオナルド・ボヌッチの所属するユベントスは21日、セリエA第37節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利を収めた。これにより最終節を前に6シーズン連続33回目の優勝を決めた。ボヌッチ一家もユベントススタジアムを訪れ、スクデット獲得に歓喜したのだが、息子のロレンツォだけは1人悲しげな表情を浮かべていた。<br><br>ボヌッチがこれまでユーベ守備陣の要として活躍してきたことは周知のとおり。しかし、ボヌッチの息子ロレンツォはライバルチームのトリノファンであり、父親のスクデット奪取にも複雑な表情を見せていたという。現地時間25日、ボヌッチが自身のインスタグラムを更新し、ロレンツォに笑顔が戻ったことを報告した。<br><br>父親はイタリア王者ユベントスの一員であるが、ロレンツォには関係ない。トリノ市内にある学校の友達の影響で、ロレンツォの心はグラナータ(トリノのカラー)一色となり、トリノのスター、FWアンドレア・ベロッティのサイン入り帽子を枕元に置いて眠るほどの熱狂的ファンだという。しかし、父親の所属するユベントスの優勝セレモニーでは、自身の心に反しながらも空気を読み、MFミラレム・ピャニッチのユニフォームを着て参加した。<br><br>&nbsp;Stasera si che mi sono divertito, non come alla festa scudetto! ?? grazie @gallobelotti #cena #felicita<br><br>Leonardo Bonucciさん(@bonuccileo19)がシェアした投稿 - 2017 5月 25 2:25午後 PDT<br><br> ボヌッチはそんな息子の協力に感謝し、ベロッティとの夕食をプレゼントした。ボヌッチが公開した写真には、ベロッティに抱えられ、ようやく笑顔を見せたロレンツォの姿が写っている。ボヌッチは皮肉を交えて「今夜ばかりは僕も楽しめたよ。スクデットのセレモニーとは違ってね!」と発言。トリノの熱心なティフォージになってしまった息子ロレンツォに複雑な心境のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

トリデンテ揃い踏みのナポリ、トリノに5発圧勝でローマにプレッシャー《セリエA》

▽セリエA第36節、トリノvsナポリが14日に行われ、5-0でナポリが大勝した。 ▽前節カリアリ戦を3-1と快勝したナポリは、チャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインの2位ローマを1ポイント差で追う。そのナポリはカリアリ戦のスタメンから2選手を変更。ジエリンスキとキリケシュに代えてアランと出場停止明けのクリバリが先発となった。 ▽前節ユベントスとのトリノ・ダービーを惜しくも引き分けに持ち込まれたものの、7試合負けのない9位トリノ(勝ち点50)に対し、ナポリが立ち上がりから押し込んでいくと、7分に先制する。アランのスルーパスに抜け出したボックス右のカジェホンがゴール左へシュートを流し込んだ。 ▽その後もナポリが攻勢に出ると、19分に決定機。ヒサイのスルーパスに抜け出したボックス右のカジェホンがDFをかわして左足でシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。続く20分にはロングスローに抜け出したメルテンスがGKハートと一対一となるも、ループシュートは枠の上に外してしまう。 ▽前半半ば以降もナポリが主導権を握ると、31分にインシーニェがループシュートで追加点に迫れば、35分にはカジェホンが枠内シュートをマーク。しかし、追加点を奪うには至らずハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半もナポリが圧力をかけていった中、56分にトリノに決定機。ベロッティのポストプレーを受けたボジェがコントロールシュートを狙うも、わずかに枠の右に外れた。 ▽ひやりとしたナポリは60分、ショートカウンターに転じると、アラン、カジェホンとつないでメルテンスのラストパスに反応したインシーニェがシュートを流し込み、追加点を奪った。さらに72分、インシーニェのスルーパスに抜け出したメルテンスがボックス左でDFをかわして右足を一閃。GKハートのニアサイドを破って3-0とした。 ▽メルテンスの今季25ゴール目で勝負を決定付けたナポリは、77分にグラムの左クロスをファーサイドのカジェホンが合わせて4-0とすると、79分にはカジェホンの正確な折り返しからジエリンスキが蹴り込んで5-0とした。 ▽攻撃陣揃い踏みのナポリが5発圧勝でトリノに8試合ぶりの黒星を喫しさせ、ローマにプレッシャーをかけている。 2017.05.14 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

トリノが元イタリア代表DFモリナーロとの契約を2018年まで延長

▽トリノは10日、元イタリア代表DFクリスティアン・モリナーロ(33)との契約を2018年6月まで延長したことを発表した。 ▽2000年にセリエBのサレルニターナでプロデビューを飾ったモリナーロは、ユベントスやシュツットガルトを経て2014年にトリノに加入。準主力として在籍3シーズンで公式戦71試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽しかし、今シーズンは昨年9月に行われたセリエA第4節エンポリ戦で左ヒザの前十時じん帯を損傷。今年3月に復帰を果たしたが、ここまでリーグ戦8試合の出場に留まっていた。 2017.05.11 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-1 トリノ《セリエA》

▽セリエA第35節、ユベントスvsトリノの“トリノ・ダービー”が6日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170507_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 ネト 5.5 リャイッチのFKは止められない DF 26 リヒトシュタイナー 5.5 攻撃面での貢献がやや物足りず 19 ボヌッチ 5.5 15分の決定機は決めたい 4 ベナティア 6.0 バー直撃のヘディングシュートが決まっていれば… 22 アサモア 5.5 ザッパコスタの攻め上がりにやや苦戦 MF 7 クアドラード 5.5 攻守に奮闘していた 6 ケディラ 5.5 68分の決定機は決めたい 21 ディバラ 6.0 43分のチャンスは決めたかったが、ハートを褒めるべき (→アレックス・サンドロ -) 28 リンコン 5.5 球際でよく戦っていた (→ピャニッチ 5.5) イグアインの同点弾をアシスト 27 ストゥラーロ 5.0 追う展開となったことで早めの交代 (→イグアイン 6.0) なかなか試合に入れなかったが、最後に仕事 FW 17 マンジュキッチ 6.0 前線で起点となって味方のシュートチャンスを演出した 監督 アッレグリ 5.5 モナコ戦を睨んでの大幅なメンバー変更もあって致し方ない結果 ▽トリノ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170507_16_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 21 ハート 6.0 安定感あるセービングを続けた DF 7 ザッパコスタ 6.0 攻守に貢献 13 ロッセッティーニ 6.0 身体を張っていた 24 モレッティ 6.0 読みの利いた守備を見せた 3 モリナーロ 6.0 クアドラードのスピードをうまく封じる MF 14 ファルケ 5.5 前線で一定のキープ力を見せる 6 アックアー 5.0 奮闘していたが、退場が早かった 10 リャイッチ 6.5 スーパーなFKで先制点を奪取 8 バセッリ 5.5 前線とバックラインをつないだ (→オビ -) 31 ボジェ 5.5 仕掛ける姿勢を見せ、守備も貢献 (→ベナッシ 6.0) 守備を締めた FW 9 ベロッティ 5.5 ゴール前に突っ込む怖さは感じさせた 監督 ミハイロビッチ 6.0 堅守からのカウンターで牽制し、勝ち点獲得 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! リャイッチ(トリノ) ▽難度の高いFKを決め切り、ほぼ1チャンスの得点機を活かした。後一歩で勝利に導けるところだったが、十分な働き。 ユベントス 1-1 トリノ 【ユベントス】 イグアイン(後47) 【トリノ】 リャイッチ(後7) 2017.05.07 05:52 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース