トリノ、アポエルからブラジル人CBカルランを獲得2017.01.11 03:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノは9日、アポエルからブラジル人DFカルラン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年半となる。

▽母国ブラジルの名門、コリンチャンスでプロキャリアをスタートしたカルランは、ソショーを経て2014年にアポエルに加入した。機動力や足元の技術に定評があるブラジル人センターバックは、同クラブでチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの舞台を経験。今シーズンは、公式戦27試合に出場するなど、キプロスの名門のディフェンスリーダーとして活躍していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ゼコ公式戦8連発のローマがトリノを一蹴! リーグ3連勝で2位キープ!《セリエA》

▽セリエA第25節、ローマvsトリノが19日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが4-1で勝利した。 ▽リーグ戦2連勝で首位ユベントスを勝ち点7差で追走する2位ローマは、ミッドウィークに敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)のビジャレアル戦をゼコのハットトリックの活躍などで、4-0の圧勝。勢いづくチームは、クラブ新記録の14連勝中のオリンピコで9位トリノを迎えた。スパレッティ監督は前回対戦で敗れたトリノ戦に向けて、ビジャレアル戦から先発4人を変更。正GKのシュチェスニー、サラーが先発に復帰し、デ・ロッシ、リュディガーに代わって、レアンドロ・パレデス、フアン・ジェズスが起用された。3トップにはナインゴラン、サラーと共に公式戦7連発中のゼコが並んだ。 ▽ホームで圧倒的な強さを見せるローマは、立ち上がりからゼコのポストプレーを軸に相手陣内深くに侵攻する。開始2分にはサラーの浮き球クロスをボックス左のナインゴランが、ゴール前でフリーのゼコに頭で折り返しを試みるが、ここはDFのブロックに遭う。このプレーで得た左CKの場面でマノラスがニアで競り勝ったボールをファーに詰めたフアン・ジェズスが左足で合わすが、わずかに枠の右に外れた。 ▽その後もオープンな攻防が続く中、絶好調のエースが魅せる。10分、ボックス手前左でナインゴランからパスを受けたゼコがDFを引きずりながらカットインして右足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に突き刺さった。 ▽ゼコの公式戦8試合連続ゴールとなる今季セリエA19点目で先手を奪ったローマは、前がかりな相手に対してサラーのスピードを生かした高速カウンターが面白いようにハマる。すると17分、ストロートマンの浮き球のパスをゴール前でゼコが競ったこぼれ球に反応したサラーが冷静に左足のボレーシュートをゴール右隅に流し込み、畳みかける攻めで追加点を奪った。 ▽難敵相手に大きな2点目を奪ったローマだが、その後も攻撃の手を緩めない。20分にはカウンターからボックス手前に持ち込んだサラーが左足の見事なコントロールシュートを放つが、3点目と思われたこのシュートは左ポストの内側を叩いた。 ▽その後はリスクを冒して攻撃に出るトリノに押し込まれる時間が続くローマだが、最も危険なベロッティ、古巣対戦のリャイッチ、ファルケら相手の強力な攻撃陣に対して、DFファシオを中心とした守備が冷静に対応。前半終了間際にはファルケのスルーパスに反応したベナッシにゴール前に抜け出されるが、ここはDFの身体を張った寄せとGKシュチェスニーの果敢な飛び出しで防ぎ、前半を2点リードで終えた。 ▽後半に入って再び主導権を取り戻したローマは、ゼコが立ち上がりに続けてミドルレンジのシュートを狙うなど、試合を決定付ける3点目を奪いに行く。すると65分、右CKの流れからボックス手前でクリアボールに反応したパレデスが地を這う弾丸ボレーシュートをゴール右隅に突き刺す。この圧巻のシュートには名手ハートも全く反応できなかった。 ▽パレデスのゴラッソで試合を決めたローマは、出場停止にリーチがかかっていたマノラスに代えてヴェルメーレン、82分にはストロートマンを下げてバンディエラのトッティを投入。そのトッティはファーストプレーでボックス手前からダイレクトシュートを放つが、このシュートは枠の左に外れた。 ▽その後、84分に一瞬の隙から裏への抜け出しを許した途中出場のマキシ・ロペスに今季初ゴールを献上したローマだったが、試合終了間際の後半アディショナルタイムにボックス内でのトッティの落としからナインゴランが弾丸ミドルを突き刺し、最終的には4-1で快勝。リーグ3連勝でホームでの連勝記録を15試合に更新したローマが、来週ミッドウィークのELビジャレアル戦、次節インテルとのビッグマッチに向けて大きな弾みを付けた。 2017.02.20 03:57 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー会長、CL観戦にトリノ会長を招待…目当ては伊代表の23歳FWか

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がトリノの23歳FWアンドレア・ベロッティの獲得に興味を示し、ウルバーノ・カイロ会長をマドリードへ招待したと9日、イタリアメディア『メディアセット』が報じている。<br><br>15日にサンティアゴ・ベルナベウで行われるヨーロッパ・チャンピオンズリーグ、レアル・マドリー対ナポリの一戦に、トリノのカイロ会長がレアル・マドリーから招待された。そのためこの機会を利用し、ペレス会長がベロッティの獲得を直接打診するのではないかとみられている。<br><br>レアル・マドリーは来夏、FWアルバロ・モラタを放出した場合に備え、以前よりベロッティの獲得に興味を示している。一方、トリノは昨年12月にベロッティとの契約を2021年まで延長したばかり。エースの引き抜き防止を兼ねて、イタリア国外へ移籍した場合に限り1億ユーロ(約120億円)の違約金も設定されている。カイロ会長はこの額を下回るオファーについては、交渉を拒否する旨を明らかにしている。<br><br>ベロッティの獲得には莫大な違約金が必要とされるが、ペレス会長はこれを物ともせず、来夏の移籍市場へ向けて行動を開始したようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.10 14:46 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノがベネズエラ代表FWをMLSのアトランタ・ユナイテッドへ買取り義務付きのレンタル移籍で放出

▽トリノは2日、ベネズエラ代表FWホセフ・マルティネス(23)をMLS(メジャーリーグサッカー)のアトランタ・ユナイテッドへ買取り義務付きのレンタル移籍で放出したことを発表した。なお、イタリア『スカイ・スポーツイタリア』によると、アトランタ・ユナイテッドがホセフ・マルティネスを買い取る際の移籍金は470万ユーロ(約5億7000万円) とのことだ。 ▽母国ベネズエラのカラカスでプロキャリアをスタートさせたホセフ・マルティネスは、2014年の夏にスイスのヤング・ボーイズからトリノに加入。トリノでは3シーズンで公式戦76試合に出場し13ゴールをマーク。今シーズンは、ここまでリーグ戦11に出場し1ゴールに留まっていた。 ▽また、2011年からプレーするベネズエラ代表では、ここまで37に出場し、9ゴールを記録している。 2017.02.03 05:22 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノ、ラツィオで活躍するMFミリンコビッチ=サビッチの実弟GKを獲得! かつてはユナイテッドに在籍

▽トリノは1日、ポーランドのレヒア・グダニスクからU-21セルビア代表GKヴァンヤ・ミリンコビッチ=サビッチ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。同選手は今シーズン終了後にトリノの一員になる予定だ。 ▽現在、ラツィオで活躍するU-21セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(21)を兄に持つヴァンヤ(写真左、隣はセルゲイ)は、2メートルを超える恵まれた体躯と高い身体能力を武器に10代半ばから各国クラブのスカウトから注目を集める逸材として知られ、2014年にはマンチェスター・ユナイテッドが獲得。だが、イギリスの労働許可証取得に失敗した同選手は、一度もユナイテッドでプレーすることなく、2015年にレヒア・グダニスクへ移籍していた。 ▽それでも、控えGKながら2015年のFIFA・U-20ワールドカップで同国史上初の優勝に絡んだ逸材は、レヒア・グダニスクできっちり出場機会を掴み、兄がプレーするセリエAへの移籍を勝ち取った。 2017.02.01 23:26 Wed
twitterfacebook
thumb

PKの場面を振り返るベロッティ「本来であれば僕がキッカー」

▽トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティが、16日に行われたセリエA第20節のトリノ戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ホームにミランを迎えたトリノは、立ち上がりから攻め立てると21分にベロッティが先制ゴールをマーク。さらに26分にも追加点を奪うと、31分にはPKのチャンスを得た。しかしキッカーを務めたリャイッチのシュートはGKドンナルンマがセーブして、ミランを突き放せずに前半は終了。すると後半はミランが反撃を仕掛け、トリノは2点のリードを守れずドローで試合を終えた。 ▽ベロッティがPKの場面を振り返り、本来であれば自分がキッカーを務めるべきだったとコメント。しかしドンナルンマが素晴らしいGKであるとして、決めきれなかったリャイッチを責めることはしなかった。 「本来であれば僕がキッカーだ。ただ、今日はリャイッチが蹴る準備をしていて、決めそうだなと思ったんだ。残念なことに相手が上回ってしまったね。決めてきたい場面だったけれど、ドンナルンマは素晴らしいGKだ」 「PKを決められなかったことは仕方がない。結果的に自分たちを苦しめてしまった。でも僕らはこれからも改善を続けて、自分たちのキャラクターを示す必要があるんだ」 2017.01.17 10:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース