トリノ、アポエルからブラジル人CBカルランを獲得2017.01.11 03:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノは9日、アポエルからブラジル人DFカルラン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年半となる。

▽母国ブラジルの名門、コリンチャンスでプロキャリアをスタートしたカルランは、ソショーを経て2014年にアポエルに加入した。機動力や足元の技術に定評があるブラジル人センターバックは、同クラブでチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの舞台を経験。今シーズンは、公式戦27試合に出場するなど、キプロスの名門のディフェンスリーダーとして活躍していた。

コメント

関連ニュース

thumb

PKの場面を振り返るベロッティ「本来であれば僕がキッカー」

▽トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティが、16日に行われたセリエA第20節のトリノ戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ホームにミランを迎えたトリノは、立ち上がりから攻め立てると21分にベロッティが先制ゴールをマーク。さらに26分にも追加点を奪うと、31分にはPKのチャンスを得た。しかしキッカーを務めたリャイッチのシュートはGKドンナルンマがセーブして、ミランを突き放せずに前半は終了。すると後半はミランが反撃を仕掛け、トリノは2点のリードを守れずドローで試合を終えた。 ▽ベロッティがPKの場面を振り返り、本来であれば自分がキッカーを務めるべきだったとコメント。しかしドンナルンマが素晴らしいGKであるとして、決めきれなかったリャイッチを責めることはしなかった。 「本来であれば僕がキッカーだ。ただ、今日はリャイッチが蹴る準備をしていて、決めそうだなと思ったんだ。残念なことに相手が上回ってしまったね。決めてきたい場面だったけれど、ドンナルンマは素晴らしいGKだ」 「PKを決められなかったことは仕方がない。結果的に自分たちを苦しめてしまった。でも僕らはこれからも改善を続けて、自分たちのキャラクターを示す必要があるんだ」 2017.01.17 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

2点のリードを守れず激怒するミハイロビッチ「怒ってはいない、激怒している」

▽トリノのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、16日に行われたセリエA第20節のミラン戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ホームにミランを迎えたトリノは、21分にベロッティのゴールで先制すると、26分にはベナッシが追加点を挙げる。さらに31分にはバレッカがボックス内で倒されてPKを獲得。ところがリャイッチがこのチャンスを活かせず前半は2点リードで終えるも、後半はミランの猛攻を受けて2失点。勝ち点2を失う結果に終わった。 ▽試合後の会見に現れたミハイロビッチ監督はミランを突き放せるチャンスがありながらも決めきれず、さらに終盤のプレーに不満を持っていることを明かした。 「まず言っておきたいことは、私は怒っていない。何度もあったチャンスを捨てて、得点も捨てて、激怒しているのだ。本当に失望した。こういうゲームはとても奇妙なものだと思う。あれだけ良い内容だったが、後半の残り20分ではトリノの選手がピッチに存在していなかった」 「このチームを率いて思うことは、いつも同じ間違いを繰り返している。こういう状況を改善できなければ先はない。チームとしてあらゆることを試みているが、こういうプレーが続いていしまうのならば、変化は難しいだろう」 2017.01.17 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

敵地で2点差を追いついたミランが公式戦5試合無敗!《セリエA》

▽セリエA第20節のトリノvsミランが16日にスタディオ・グランデ・トリノで行われ、2-2の引き分けに終わった。ミランの日本代表FW本田はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽12日にコッパ・イタリア5回戦で行われた同カードで逆転勝利(2-1)した5位のミランは、その試合からスタメンを5人変更。ラパドゥーラやクツカ、ホセ・ソサらに代えてバッカやロカテッリ、パシャリッチなどがスタメンに名を連ねた。 ▽一方、前回対戦の雪辱に燃える8位トリノは、12日の試合からスタメンを3人変更。新加入のイトゥルベやバセッリ、デ・シルベストリに代わりファルケ、オビ、ザッパコスタが起用された。 ▽立ち上がりから主導権争いが続く中、開始6分にトリノに最初の決定機。右サイドからのスルーパスに抜け出したベロッティがボックス右からシュートを放ったが、これはGKドンナルンマの正面を突いた。 ▽その後は攻守が目まぐるしく入れ替わる展開の中でアウェイのミランがやや優勢に試合を運んでいくが、トリノの守備を崩し切れない。すると、立ち上がりから鋭いカウンターを仕掛けていたトリノが先制に成功する。20分、右サイド深くからカットインしたファルケの折り返しをペナルティアーク内のリャイッチがシュート。これはミランDFのブロックに防がれるも、このこぼれ球をゴール前のベロッティがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽トリノは26分にも決定機。ファルケが放ったシュートが相手DFに当たると、こぼれ球をゴール左に駆け上がったオビが反応。シュートの前に飛び出したGKドンナルンマがボールを弾くも、セカンドボールを拾ったベロッティがゴール前へラストパス。これをゴール前に走り込んだファルケのワンタッチで合わせると、ゴール前のベナッシがヒールでコースを変えてゴールネットを揺らした。 ▽リードを広げたトリノは31分、左サイドからドリブルで仕掛けたバレッカがボックス内でアバーテに倒され、PKを獲得。しかし、リャイッチのPKはGKドンナルンマが正面で弾くと、こぼれ球に詰めたファルケのシュートもゴール左に逸れた。 ▽ピンチを凌いだミランは38分、ボックス手前右からカットインしたスソがドライブ回転のシュートを放ったが、ボールはGKハートが左手でセーブ。さらに41分にもボックス右手前で獲得したFKをスソが直接狙ったがボールはゴール右に外れた。 ▽両チーム選手交代なしで迎えた後半、最初のチャンスはミランに生まれる。55分、アバーテの右クロスをファーサイドに走り込んだボナヴェントゥーラがダイレクトで折り返すと、ゴール前のベルトラッチがシュート。一度はGKハートに弾かれたが、こぼれ球を再びベルトラッチがゴールに押し込んだ。 ▽1点差に迫り勢いづくミランは60分、左クロスをボックス内で競り合ったパレッタがロッセッティーニに引き倒され、PKを獲得。このPKをバッカがゴール右に決め、同点に追いついた。 ▽同点に追いつかれたトリノは、61分にオビを下げてイトゥルベを投入。さらに67分にはヴァルディフィオーリを下げてルキッチをピッチに送り出した。対するミランは、74分にベルトラッチに代えてクツカをピッチに投入した。 ▽すると直後にチャンスを迎えたのはトリノ。右サイド深い位置でボールを受けたベナッシのクロスをゴール前のベロッティが右足で合わせたが、これはゴール右に外れた。 ▽試合終盤の89分、ミランはロマニョーリが2枚目のイエローカードを受け、退場となってしまう。数的不利となったミランだったが、アディショナルタイムでスコアは動かず。試合は2-2のまま終了。2点差を追いついたミランが、敵地で勝ち点1を獲得し公式戦の無敗記録を5に伸ばした。 2017.01.17 07:08 Tue
twitterfacebook
thumb

古巣に逆転負けのミハイロビッチ「自分たちで首を絞めてしまった」

▽トリノを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督が、12日に行われたコッパ・イタリア5回戦のミラン戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽昨シーズンまでミランを率いたミハイロビッチ監督にとっては古巣との一戦。立ち上がりからトリノが優勢に試合を進めていくと、27分にベロッティのゴールで先制する。しかし後半は60分に同点ゴールを奪われるとと、その3分後には逆転を許してしまう。反撃に出たいトリノだったが、試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、1-2と逆転負けを喫した。 ▽ミハイロビッチ監督は全体的なパフォーマンスを高く評価するも、ミランを突き放せなかったことで逆転を許してしまったと分析している。 「我々は自分たちのことを責めるしかできない。自分たちで首を絞めてしまったような試合だった。前半はとても素晴らしい戦いぶりを見せてくれた。後半も悪くはなかった中で、ミランが3分間で2つのゴールを奪った」 「非常に残念だ。これで今シーズンはミランに対して2敗目を喫したことになる。チームとしてもこのトーナメントを勝ち進みたいと思っていたが、あの3分間がすべてを決めた。ただ、ミランは点が取れるチームであり、遅かれ早かれネットは揺らされていた。だからこそ我々は突き放すゴールが必要だった」 ▽なお、トリノは15日に行われるセリエA第20節でもミランと対戦する。 2017.01.13 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ボナヴェントゥーラの1G1Aで逆転勝利のミランが準々決勝進出!!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア5回戦のミランvsトリノが12日にサン・シーロで行われ、2-1でミランが勝利。この結果、ミランが準々決勝進出を決めた。ミランの日本代表FW本田はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽5回戦からの登場となったミランは、8日に行われたセリエA第19節のカリアリ戦からスタメンを5選手変更。バッカやロカテッリ、ロマニョーリらに代えてラパドゥーラやベルトラッチ、クツカらがスタメンに名を連ねた。本田はベンチスタートとなった。 ▽一方、4回戦でセリエB所属のピサに快勝(4-0)したトリノは、直近に行われたサッスオーロ戦からスタメンを3選手変更。ファルケやオビ、ザッパコスタに代わり、新加入のイトゥルベやバセッリ、デ・シルベストリが ▽この試合最初のチャンスはトリノに生まれる。5分、ボックス左手前で9が91に倒されFKを獲得。リャイッチのFKは枠の上に外れた。さらにトリノは15分、ボックス右深くでボールを受けたリャイッチの折り返しをベナッシがシュート。しかし、これは相手DFに当たりゴール右に外れた。 ▽すると27分、トリノが先制する。自陣からのカウンターを仕掛けると、ボックス右付近でボールを受けたベナッシのラストパスをゴール前に走り込んだベロッティがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽先制を許したミランは35分、右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったクツカがダイレクトボレーシュート。しかし、このシュートはわずかにゴール左に逸れた。 ▽ハーフタイムにかけてボールポゼッションを高めたミランだったが、自陣ボックス内で身体を張った守りを見せるトリノを攻略できず。前半はトリノの1点リードで終了した。 ▽両チーム選手交代なく迎えた後半、トリノは48分にアクシデント。スルーパスに抜け出したラパドゥーラのスパイクがキャッチに飛び出したGKハートの頭をかすめ、出血した。 ▽ハートの治療のため数分間の中断があった後に再開された試合は、62分にスソが放ったミドルシュートのこぼれ球をゴール左で拾ったボナヴェントゥーラがクロス。これをゴール右に走り込んだクツカが角度のない位置からゴールに流し込んだ。 ▽同点に追いついた勢いそのままにミランは64分、ボックス右手前でボールを拾ったスソのクロスを中央に走り込んだボナヴェントゥーラがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽勝ち越しを許したトリノは、65分にイトゥルベを下げてボジェを投入。すると69分、中盤からのフィードに抜け出したベロッティがボックス右からゴールを狙ったが、これはGKドンナルンマのセーブに阻まれた。焦るトリノは87分、バレッカが不用意なファウルでこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場となる。 ▽数的優位を得たミランは、アディショナルタイム4分にゴール前に抜け出したラパドゥーラが飛び出したGKハートをかわし、無人のゴールへシュート。しかし、これは戻った相手DFにゴールライン手前でクリアされた。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。ボナヴェントゥーラの1G1Aで逆転勝利のミランが準々決勝進出を決めた。 2017.01.13 07:40 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース