セビージャ、インテルからヨベティッチを獲得! 買取OP付きの今季終了までのレンタル2017.01.11 02:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは10日、インテルからモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は16に決定。今回の契約には、セビージャ側にシーズン終了後の買い取りオプションの権利が付随している。

▽ヨベティッチは、2015年夏にマンチェスター・シティからインテル入りすると、出場した公式戦28試合で7ゴール4アシストを記録。しかし、今シーズンはここまでセリエA5試合出場にとどまっており、オファーが届いているとみられる中国行きを含めて移籍の可能性が浮上していた。

▽また『フットボール・イタリア』が伝えるところによれば、ヨベティッチの完全移籍での獲得には1400万ユーロ(約17億2000万円)が必要になるとのこと。さらに、レンタル期間中における同選手の給与は、セビージャが支払うことになるようだ。

▽なお、セビージャにはマンチェスター・シティからのレンタルで元フランス代表MFサミル・ナスリが在籍しており、元シティコンビの連係に期待がかかるところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

清武弘嗣に司令塔を失ったマインツが興味も…中小クラブには移籍金8億円が高い壁か

マインツが日本代表MF清武弘嗣の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。<br><br>清武は昨夏にヨーロッパリーグ王者であるセビージャへ加わったが、ホルヘ・サンパオリ監督の元で構想外となっている。リーグ戦ではわずか4試合の出場にとどまり、その活躍をスペインで見ることが難しいというのが現実だ。そのため、今冬は国外クラブを中心に清武の動向を気にかけている。<br><br>ブンデスリーガのマインツもそのクラブの一つだ。今冬、司令塔であるトルコ代表MFユヌス・マリを1250万ユーロ(約15億円)でヴォルフスブルクへと放出した。そのため、クラブは新たなプレーメーカーの確保に動いているが、清武に付けられている700万ユーロ(約8億5000万円)という額が高く、手が出せないと伝えられている。<br><br>連日伝えられている清武の去就問題。今後、どのような結末を迎えることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 19:18 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャで構想外となっている清武弘嗣、MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に興味

▽リーガエスパニョーラでは昨年11月26日のバレンシア戦以来、出場機会が得られていない日本代表MF清武弘嗣。今冬の移籍が取り沙汰される中、メジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍も可能性があるようだ。イタリア『MLSsocceritalia.com』が報じた。 ▽今シーズンからセビージャへ移籍するもホルヘ・サンパオリ監督の構想外となっており、公式戦ではメンバー入りすらままならないこともある清武。今冬にはドイツへの移籍も噂される中、MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に興味を持っているようだ。 ▽MLSでは昨シーズン、FW工藤壮人(バンクーバー・ホワイトキャップス)やMF小林大悟(ニューイングランド・レボリューション)、FW遠藤翼(トロントFC)と3人の日本人選手がプレーしていた。 ▽『MLSsocceritalia.com』によると、清武のエージェントがセビージャで移籍について話をするとのことだ。 2017.01.18 14:02 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、セビージャ戦の敗戦を引きずらず...「この勝利が我々をより強くする」

レアル・マドリーは、先日のセビージャ戦での敗戦を引きずるつもりはないようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>15日のリーガエスパニョーラ第18節で、セビージャに1-2と敗れたレアル。これにより昨年4月4日から続いていた連続無敗記録が「40」で途切れた。だがジネディーヌ・ジダン監督はセビージャ戦直後にアウェイのロッカールームで、&ldquo;悪魔ばらい&rdquo;をするために短い演説を打って選手たちの団結を図ったという。<br><br>ジダン監督は雄弁だった。チームの犯したミス、また的確なプレーをいずれも指摘。指揮官にとっては、敗戦したとはいえポジティブな要素が多く残った試合だったとされる。<br><br>ジダン監督が心を痛めたのは、レアルの負け方だった。85分までリードして試合をコントロールしながら、終了間際に2点を叩き込まれて敵地サンチェス・ピスファンで屈した。試合終盤の逆転劇はジダン・マドリーの真骨頂とも言える強みだ。お株を奪われ、ショックも大きかったという。一方でフランス人指揮官はその責任を第一に負うべきは自分だと自覚している様子だ。<br><br>一方、ジダン監督は戦う姿勢を示したチームに満足感を覚えた。試合後の公式会見では「この敗戦が我々をより強くする」と語っている。今後の試合では、連続無敗記録の重圧から解放される。指揮官はそういったメリットにも目を向けている。<br><br>敗戦はいつか訪れるものである。ジダン・マドリーはまだ多くの試合が残されていることを理解している。アトレティコ・マドリー戦(3-0)、バルセロナ戦(1-1)、セビージャ戦(1-2)とのアウェーマッチで勝ち点5あるいは勝ち点7を獲得する目前だったが、それは叶わなかった。しかし、この3チームが後半戦でレアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウを訪れることを忘れてはならない。<br><br>レアルは監督・選手ともにその3試合がリーガ制覇の鍵を握ると予測している。過去8年間で1度しか達成できていないリーガの奪冠への道のりは、これからも続く。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.18 07:38 Wed
twitterfacebook
thumb

清武は残留に近づく? 敏腕SDモンチが「オーバーブッキング」を理由に中盤の選手獲得否定

セビージャMF清武弘嗣は、残留に近づいているのかもしれない。モンチSD(スポーツディレクター)が今冬中盤の選手を補強する可能性を否定している。<br><br>セビージャで思うように出場機会を確保できていない清武には、今冬の市場で移籍するうわさが立ち上っている。ブンデスリーガの複数クラブが獲得に動く姿勢を見せており、ヘルタ・ベルリンのミヒァエル・プレーツSD(スポーツディレクター)は先日清武への関心を公言していた。<br><br>だがセビージャは最終的に清武を残す考えのようだ。モンチSDはスペイン『ラルゲロ』で補強候補と目されるバルセロナMFアレイクシス・ビダルとバレンシアMFダニエル・パレホについて次のように話している。<br><br>「ビダルを獲得する可能性は非常に低い。そのポジションはしっかりとカバーされているからね。パレホのポジションも同様だよ。彼が来たら(中盤で)オーバーブッキングを起こすことになる」<br><br>モンチSDの言葉を信じるなら、セビージャは現在の中盤の戦力に満足していることになる。ホルヘ・サンパオリ監督の下でなかなか出番を得られていない清武に、後半戦で挽回のチャンスはめぐって来るだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 20:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガがセビージャサポーターのセルヒオ・ラモスに対する侮辱発言で処分要求

▽スペインプロリーグ機構であるラ・リーガは16日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグのセビージャvsレアル・マドリーでの侮辱的な発言に対して処分を求めたことを発表した。 ▽問題が起きたのは12日にサンチェス・ピスファンで行われた一戦。試合開始直後から、かつてセビージャでプレーしたマドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに対して侮辱的な発言が飛び交っていた。これに対して同選手は83分にパネンカ(チップキック)でPKを成功させて、セビージャサポーターに向かって挑発的な態度をとっていた。試合は、3-3の引き分けに終わるもマドリーが2戦合計で6-3として準々決勝に進出している。 ▽ラ・リーガの報告によると、セビージャのウルトラスが陣取るスタンドから、キックオフ前からも侮辱的な発言が飛び交っていた模様。「セルヒオ・ラモスはくそったれ」、「ラモス死ね」、「マドリーもバルサもうんざりだ」、「下劣なマドリー、下劣な首都」といった言葉が発せられていたという。 ▽ラ・リーガはセビージャサポーターの行動を問題視し、スペインサッカー連盟(RFEF)へ、セビージャに対して罰金やスタジアムの閉鎖などの処分を求めている模様。なお、今回の訴えでは、セビージャ側が申し出たPK後のセルヒオ・ラモスの挑発行為、スタジアムへの物の投げ込みなどに関するものは対象となっていない。 2017.01.17 13:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース