セビージャ、インテルからヨベティッチを獲得! 買取OP付きの今季終了までのレンタル2017.01.11 02:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは10日、インテルからモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は16に決定。今回の契約には、セビージャ側にシーズン終了後の買い取りオプションの権利が付随している。

▽ヨベティッチは、2015年夏にマンチェスター・シティからインテル入りすると、出場した公式戦28試合で7ゴール4アシストを記録。しかし、今シーズンはここまでセリエA5試合出場にとどまっており、オファーが届いているとみられる中国行きを含めて移籍の可能性が浮上していた。

▽また『フットボール・イタリア』が伝えるところによれば、ヨベティッチの完全移籍での獲得には1400万ユーロ(約17億2000万円)が必要になるとのこと。さらに、レンタル期間中における同選手の給与は、セビージャが支払うことになるようだ。

▽なお、セビージャにはマンチェスター・シティからのレンタルで元フランス代表MFサミル・ナスリが在籍しており、元シティコンビの連係に期待がかかるところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レスターを救ったヴァーディ、758分ぶりの得点と380分ぶりの枠内シュートで望みを繋ぐ

レスター・シティに所属するFWジェイミー・ヴァーディは22日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦に先発出場し、貴重なアウェイゴールを奪った。<br><br>ヴァーディは昨シーズン、プレミアリーグで24ゴールを奪い、レスターのリーグ優勝に大きく貢献した。しかし今季はセビージャ戦を前にした時点で公式戦6得点と思うような活躍ができていなかった。<br><br>レスターは、セビージャに1-2で敗れたが、ヴァーディは73分に、昨年12月10日以来となる公式戦での得点を記録した。CLでの初得点は、2ndレグに望みを繋ぐ1点となった。なお、公式戦でゴールを決めたのは758分ぶり、枠内シュートは380分ぶりだった。<br><br>試合後、ヴァーディは「チャンスをうかがい続ける我慢が求められる展開になることは、試合前から分かっていた。同時に僕らに相手を脅かす力があることもね」と試合が予想に近い展開だったこと明かした。<br><br>2ndレグは3月14日に行われる。その間、レスターはプレミアリーグ2試合をホームで戦う。27日には強豪リバプールと、3月4日には残留を争うハル・シティと対戦する。CL2ndレグでの逆転、そしてプレミアリーグ残留を果たすためにも、久しぶりに点を決めたエースの活躍が期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.24 00:57 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャDFエスクデロが2021年まで契約延長

▽セビージャは23日、スペイン人DFセルヒオ・エスクデロ(27)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新している。 ▽2015年夏にヘタフェからセビージャへ4年契約で加入したエスクデロは、左サイドバックを主戦場とする攻撃センスに優れたDF。昨季は公式戦22試合に出場し、今季もここまでリーガエスパニョーラで13試合に、チャンピオンズリーグ(CL)で全試合に先発と、主力としてリーガやCLで好成績を収めるチームに貢献している。 2017.02.24 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

アウェイゴールを与えながらも内容に満足するサンパオリ「こちらが優れていた」

▽セビージャのホルヘ・サンパオリ監督が、22日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのレスター・シティ戦を振り返った。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽ホームにレスターを迎えたセビージャは25分にサラビアのゴールで幸先よく先制すると、62分にはコレアが追加点を奪った。しかし73分にはレスターにゴールを許して試合は終了。2-1でセビージャが勝利するも、アウェイゴールを奪われての勝利となった。 ▽試合を振り返ったサンパオリ監督は、もっと多くのゴールを奪うことも可能だったとしながらも、結果に満足していることを強調した。 「今日の試合では10回以上の得点機があったと思う。それだけこちらが優れていたということだ。ポストやクロスバーに弾かれることが多かった。一方で相手には数度のチャンスしか作らせていない」 「我々にとってこのコンペティションを戦うことは重要だ。残念ながら2ndレグに向けて、相手に少しの有利さを与えてしまった。ただ、次の試合に向けて集中するだけだと思っている」 2017.02.23 10:33 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 2-1 レスター・シティ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャvsレスター・シティが22日にサンチェス・ピスファンで行われ、ホームのセビージャが2-1で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽セビージャ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 5.5 失点はノーチャンス。それ以外に危険な枠内シュートはなく、背後のスペースのケアやハイボール処理だけに集中 DF 3 マリアーノ 6.0 ウイングに近い位置取りで攻撃に厚みを加えた 23 ラミ 6.5 味方が限定したコースをきっちり潰し、相手2トップに仕事をさせず 45 ラングレ 6.5 今冬加入でCLデビュー。攻守にほぼ完ぺきなプレーも無念の負傷交代 (→カリソ 5.5) 緊急出場も堅実なプレーで貢献 18 エスクデロ 7.0 圧巻のクロスボールから先制点を演出。インサイドランで中央に顔を出し、フィニッシュに絡んだ MF 17 サラビア 6.5 見事なヘディングシュートでCL初ゴール。質の高いフリーランで決定機に絡んだ 11 コレア 6.5 自ら得たPKを失敗も、汚名返上のCL初ゴールを記録。また、正確な繋ぎで勝利に貢献 (→イボーラ 5.5) 球際の強さを生かしてエンゾンジを助けた 15 エンゾンジ 6.5 アンカーのポジションで攻守のバランスをうまく取った 10 ナスリ 6.0 いつもより低い位置でプレーし、ミスのない繋ぎでゲームメーク 20 ビトロ 6.0 決定的な仕事こそなかったが、持ち味の仕掛けで存在感 FW 16 ヨベティッチ 6.5 今冬加入で今季CL初出場。巧みなポストワークで2点目をアシスト 監督代行 リージョ 6.0 ベンチ入り禁止処分のサンパオリに代わって、的確な指示で最低限の結果を手にした ▽レスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 6.5 2失点も見事なPKストップなど、再三に渡る好守で2ndレグへの望みを繋げた DF 17 シンプソン 5.5 押し込まれる時間が長かったが、最低限の仕事はこなした 5 モーガン 4.5 PK献上に2失点目での中途半端な対応など、味方の足を引っ張った 6 フート 5.5 屈強なフィジカルで空中戦や球際では奮闘 28 フックス 5.0 ここ最近の不調を引きずり、相手に押し込まれた MF 7 ムサ 5.0 先発起用も守備に追われて見せ場はなかった (→グレイ 6.0) ゴールの起点になるなど、持ち味の鋭い仕掛けで攻撃を活性化させた 4 ドリンクウォーター 6.0 苦しい時間が続いたが、見事なアシストでチームに貢献 25 エンディディ 6.0 無理が利く守備で局地戦での勝率はまずまず 11 オルブライトン 5.5 攻守にピッチを駆け回り、相手の質に対して動きの量で応戦 (→アマルテイ -) FW 26 マフレズ 5.5 幾つか見せ場を作ったが、決定機を作るまでには至らず 9 ヴァーディ 6.0 ほとんどの時間で消されていた中、ワンチャンスを生かして昨年12月10日以来、公式戦15試合ぶりのゴールを記録 監督 ラニエリ 5.5 内容では完敗も守護神とエースの意地がホームでの2ndレグに望みを繋いだ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! エスクデロ(セビージャ) ▽2ndレグに望みを繋いだレスター守護神シュマイケルの活躍も目立ったが、圧巻のクロスボールで先制点を演出するなど、90分間を通して違いを生むプレーを見せ続けたセビージャの左サイドバックをMOMに選出。 セビージャ 1-2 レスター・シティ 【セビージャ】 サラビア(前25) コレア(後17) 【レスター・シティ】 ヴァーディ(後28) 2017.02.23 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャがホームで先勝! 岡崎不出場のレスターは悩めるエース弾で2ndレグに望み繋ぐ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャvsレスター・シティが22日にサンチェス・ピスファンで行われ、ホームのセビージャが2-1で先勝した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽グループHをユベントスに次ぐ2位で通過したセビージャは、国内リーグで首位レアル・マドリーとは2試合消化が多い中、3ポイント差の3位に付ける。直近のエイバル戦ではシステム変更が功を奏して2-0と勝利。年明け以降のリーガ7戦で5勝を挙げ、ここ3試合は無失点と、レスター戦に向けてチーム状態は良好だ。直近のエイバル戦からは先発3人を入れ替え、マリアーノとビトロが先発に復帰。また、コレアが先発に抜擢された、なお、グループステージで2試合のベンチ入り禁止処分を受けたサンパオリ監督に代わって、助監督のリージョ氏が監督代行を務めた。 ▽一方、CL初出場ながらポルトが同居したグループGを首位で通過したレスターだが、昨季の輝きは消え失せている。年明け以降のリーグ戦では1分け5敗でノーゴールと不振を極め、降格圏とは1ポイント差の17位に沈んでいる。また、直近のFAカップで3部相手に屈辱の敗戦を喫したチームは、最悪の状態の中でクラブ史上初のCL決勝トーナメントに臨んだ。この一戦に向けてラニエリ監督は、今冬加入でCLデビューのエンディディ、ムサを除き昨季の主力を揃って起用。岡崎はベンチスタートとなった。 ▽両チームの布陣に注目が集まった中、ヨベティッチを1トップに置きエンゾンジをアンカーに配した[4-1-4-1]の布陣で臨んだセビージャが、マフレズとヴァーディを2トップに配した[4-4-2]の布陣を採用したレスターを序盤から押し込んでいく。開始3分にはボックス右角からサラビアが左足を振り抜くが、ここは枠を捉えきれない。 ▽ホームの大歓声を後押しに相手のプレスをいなしてボックス付近までストレスなくボールを運ぶセビージャは、13分にボックス内で仕掛けたコレアがDFモーガンに倒されてPKを獲得。だが、コレアが自ら蹴ったPKはGKシュマイケルに完璧に読まれて痛恨の失敗となった。 ▽絶好の先制機会を逃したものの、攻勢を続けるセビージャは22分、ボックス中央でサラビアの横パスを受けたエスクデロが枠の右を捉えたシュートを放つが、これはGKシュマイケルに阻まれる。だが、続く25分に左サイドでビトロの落としを受けたエスクデロが左足で絶妙な高速クロスを送ると、大外から絞ってきたサラビアがドンピシャのヘディングシュート。左ポストの内側を叩いたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽守護神シュマイケルの再三の好守も実らず、先制を許したレスターは、ここから反撃に出たいところだったが、両サイドバックのインサイドラン、ヨベティッチやナスリの流動的な動き出しで的を絞らせないセビージャの攻撃に幻惑され、なかなか良い形でボールを奪えない。そのため、マフレズとヴァーディの2トップが相手陣内でボールを触る場面はほとんどなく、追加点を与えないことが精いっぱいの前半45分間となった。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半は、レスターが前からボールを奪いに行く姿勢を見せたことで、オープンな立ち上がりとなる。50分には前線に飛び出してきたエンディディがこの試合最初の枠内シュートを放つが、これはGKセルヒオ・リコの正面。直後にはボックス左に抜け出したビトロが角度のないところからGKシュマイケルの脇を抜くシュートも、これはポストを叩き追加点とはならず。 ▽拮抗した展開が続く中、セビージャは55分に足を痛めたラングレがプレー続行不可能となり、カリソの投入を強いられる。一方、追いつきたいレスターは58分にムサを下げてグレイを投入。この交代でマフレズを右サイドに移し、グレイをトップ下に置く[4-2-3-1]にシステムを変更。60分には高い位置でのボール奪取からドリンクウォーターがシュートを狙うが、これは相手のブロックに阻まれる。 ▽後半も押し込みながら2点目が遠いセビージャだったが、62分に追加点を奪う。サラビアのロングフィードに反応したヨベティッチが、ボックス中央でDF2枚を引き付けて左に走り込んで来たコレアに右足アウトを使った絶妙なラストパス。最後はフリーのコレアが強烈なシュートがクロスバーの内側を叩き、ゴールネットを揺らした。 ▽痛恨の2失点目を喫して後がないレスターはアウェイゴールを奪おうと、前がかりなプレーを見せ始める。すると73分、ワンチャンスを生かして1点を返す。左サイドでグレイとのワンツーでボックス左に抜け出したドリンクウォーターが左足ダイレクトで折り返すと、ゴール前に飛び込んだヴァーディがワンタッチで流し込んだ。 ▽悩めるエースの公式戦15戦ぶりのゴールで貴重なアウェイゴールを手にしたレスターは、ここから攻勢を強めるセビージャ相手に好調時を彷彿とさせる球際の粘りで応戦。試合終盤にかけて一進一退の攻防を見せる。それでも、地力で勝るセビージャは89分、左CKの場面でサラビアのクロスをラミが頭で合わせるが、これはクロスバーを叩き3点目とはならず。 ▽結局、試合はこのままセビージャの2-1でタイムアップ。ホームで勝ち切ったセビージャだったが、アウェイゴールを与えたことで敵地での2ndレグにやや不安を残す結果となった。一方、苦手のアウェイで貴重なアウェイゴールを手にしたレスターは、来月14日に行われるホームでの2ndレグに望みを繋いだ。 2017.02.23 06:45 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース