セビージャ、インテルからヨベティッチを獲得! 買取OP付きの今季終了までのレンタル2017.01.11 02:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは10日、インテルからモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は16に決定。今回の契約には、セビージャ側にシーズン終了後の買い取りオプションの権利が付随している。

▽ヨベティッチは、2015年夏にマンチェスター・シティからインテル入りすると、出場した公式戦28試合で7ゴール4アシストを記録。しかし、今シーズンはここまでセリエA5試合出場にとどまっており、オファーが届いているとみられる中国行きを含めて移籍の可能性が浮上していた。

▽また『フットボール・イタリア』が伝えるところによれば、ヨベティッチの完全移籍での獲得には1400万ユーロ(約17億2000万円)が必要になるとのこと。さらに、レンタル期間中における同選手の給与は、セビージャが支払うことになるようだ。

▽なお、セビージャにはマンチェスター・シティからのレンタルで元フランス代表MFサミル・ナスリが在籍しており、元シティコンビの連係に期待がかかるところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ヘスス・ナバスのセビージャ復帰“Xデー”は28日のエミレーツカップ前か

▽マンチェスター・シティを退団したスペイン代表MFヘスス・ナバス(31)のセビージャ復帰は今週中に決定しそうだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽昨シーズン限りでシティとの契約が満了を迎えたヘスス・ナバスは、新天地を探している。以前から同選手に対しては古巣であるセビージャが興味を持っており交渉が行われていると報じられていた。 ▽先日、スペイン『マルカ』は今月11日にヘスス・ナバスがセビージャの幹部と会談を行ったと報道。条件面での話し合いが行われ、加入決定は間もなくだと報じていた。 ▽一方『アス』の最新情報によれば、すでに3年契約で基本合意しているようだ。また、セビージャが28日からエミレーツカップに参加するため、それ以前までには正式発表が行われるだろうとしている。 2017.07.25 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャがMFビトロのアトレティコ移籍に対し法的措置を取ることを発表

▽セビージャは21日、アトレティコ・マドリーへと移籍したスペイン代表MFビトロ(27)に関して、不当であるとして法的措置を取ることを発表した。 ▽ビトロはラス・パルマスの下部組織出身で、2010年7月にトップチーム昇格。トップチームでの結果を残すと、2013年7月にセビージャへと完全移籍。これまで公式戦177試合に出場し、28ゴール45アシストを記録していた。 ▽セビージャのホセ・カストロ会長がビトロとの契約延長を公言したものの、今月12日にアトレティコ・マドリーへの移籍が決定。さらに、アトレティコが選手登録を禁止されているため、1月まではラス・パルマスへとレンタル移籍することが発表された。 ▽これに対し、セビージャは10日の時点で契約延長でビトロ側と合意に達していたと主張。アトレティコ、ラス・パルマス、ビトロ、ビトロの父、代理人に対し、法的措置を取るとしている。 2017.07.23 12:19 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島に0-2で敗れたセビージャ、ノリートは「こちらはまだプレシーズン中だ」

22日に「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の鹿島アントラーズ対セビージャ(スペイン)が行われ、鹿島が2-0で勝利を収めた。セビージャに加入したばかりのFWノリートは試合後、プレシーズンに取り組んでいる最中の自チームと、すでに公式戦を戦っている鹿島のコンディションの差が現れたとの見解を示している。<br><br>ノリートはこの鹿島戦が、セビージャにとって「難しい試合だった」との感想を述べる。その理由については「彼ら(鹿島)はもうリーグ戦を戦っているんだろう? 一方の僕たちは厳しく練習に励みながらフォームを手にしようとしていて、だから疲労が溜まっている」と説明した。<br><br>ノリートはまた、このプレシーズンの期間に何が最も重要であるかを問われ、「プレーのリズムと自信を得ること」と返答。加えて、リーガエスパニョーラの優勝チームがレアル・マドリーとバルセロナだけに限られていることについての見解を求められると、「それについて語ることはできない」と興味がなさそうに返している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.22 23:52 Sat
twitterfacebook
thumb

MOMの鹿島FW安部裕葵、先制点のアシストは「自然と身体が動いた」

「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」が22日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズとセビージャ(スペイン)が対戦した。試合は2-0で、鹿島が勝利を収めた。試合後、先制点をアシストした鹿島FW安部裕葵が試合を振り返った。<br><br>FW鈴木優磨の先制点は、安部のドリブル突破から生まれた。そのプレーについて聞かれると「自分の得意なプレーなので、それを出すために」と答え、「ああいう(強豪チーム)相手でも通用するんだというのが自信になったので良かった」と続けた。また、自分でシュートを打つという選択肢については「もちろんありましたけど、ああいう局面で考えている余裕は正直ないので、自然と身体が動いたという方が合っているかな」と、瞬間的な判断でパスを出したことを明かした。<br><br>「『止めて蹴る』がとてつもなく(うまく)て、やっぱり自分の『止めて蹴る』の基礎を練習しないといけないなと思った」と気を引き締めつつも、「前半はピッチの外から見てて、すごい勉強になった。今日の試合は自分にとって楽しくて、見てても楽しくて、やってても楽しくて、すごい充実した試合でした」と充実感をにじませた。<br><br>また、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたことは「そういうのがあるのも知らなかった」と予想外だったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.22 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨、セビージャとの対戦で欧州への意欲高まる「行っちゃうのが手っ取り早い」

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が7月22日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズとセビージャ(スペイン)が対戦した。試合は2-0で鹿島が勝利。試合後、鹿島のFW鈴木優磨がゲームを振り返った。<br><br>「前半は押し込まれて自分たちのサッカーができなかったですけど、後半の最後のような、自分たちからアクションを起こすサッカーができれば、もっと上に行けると感じました」と印象を語る鈴木。途中出場ながら2ゴールを挙げた活躍については、「1点目は(安部)裕葵が3人抜いて、個人的には理想のゴール。運んできてもらって最後FWが決めるっていうのが理想なんで。こういうゴールって多分今までなかったので、良かったです」と満足げに語った。<br><br>「俺と(土居)聖真くんが『俺らでもできるんだ』っていうのはある程度示せた。俺らが(ポジションを)取るんだっていう気持ちを見せれば、上もうかうかしていられない。俺だけに限らず、ベンチメンバー全員そうだし、それがチームに良い効果を生んでるのかなと思います」と、チーム全体の高いモチベーションをうかがわせた。<br><br>対戦相手については「やっぱりうまいなって感じました。俺が出たときには(エベル・)バネガ選手がいなかったので、やりたかったなって気持ちはあります。あとノリート選手、すげえ好きなんでやりたかった。シーズン中じゃないっていうのもあるし、まだ身体を作っている状態でも、やっぱり前半は支配されたので、勝ったと言って慢心するわけにはいかない。シーズン中だったらまた別のチームだったと思うし、謙虚にやっていきたいです」と話した。<br><br>「やっぱりヨーロッパはいいなと思いました。そういうチームと戦うことを日常茶飯事にするには、ヨーロッパに行かないといけないと改めて思いましたし。レベルの高いチームとやるには、やっぱりヨーロッパに行っちゃうのが手っ取り早いなと思いました」と欧州でのプレーに高い意欲を見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.22 23:49 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース