セビージャ、インテルからヨベティッチを獲得! 買取OP付きの今季終了までのレンタル2017.01.11 02:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは10日、インテルからモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は16に決定。今回の契約には、セビージャ側にシーズン終了後の買い取りオプションの権利が付随している。

▽ヨベティッチは、2015年夏にマンチェスター・シティからインテル入りすると、出場した公式戦28試合で7ゴール4アシストを記録。しかし、今シーズンはここまでセリエA5試合出場にとどまっており、オファーが届いているとみられる中国行きを含めて移籍の可能性が浮上していた。

▽また『フットボール・イタリア』が伝えるところによれば、ヨベティッチの完全移籍での獲得には1400万ユーロ(約17億2000万円)が必要になるとのこと。さらに、レンタル期間中における同選手の給与は、セビージャが支払うことになるようだ。

▽なお、セビージャにはマンチェスター・シティからのレンタルで元フランス代表MFサミル・ナスリが在籍しており、元シティコンビの連係に期待がかかるところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【リーガエスパニョーラ第6節プレビュー】アトレティコvsセビージャのビッグマッチ開催!

▽ミッドウィークに行われた第5節では、唯一開幕から連勝を続けるバルセロナがエースFWメッシの圧巻の4ゴールでMF乾貴士を擁するエイバルに圧勝し、5連勝を達成。また、セビージャがMFヘスス・ナバスの復帰後初ゴールで4連勝、ビルバオとの強豪対決を制したアトレティコ・マドリーが2連勝と首位チームを追走している。その一方で、昨季王者のレアル・マドリーはエースFWクリスティアーノ・ロナウドの復帰を追い風にできず、ホームでベティス相手にまさかの今季初黒星を喫することになった。 ▽来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節を控える中で行われる今週末の第6節では、中3日での戦いが続くビッグクラブにとって厳しい試合となる。今節最大の注目カードは、アトレティコとセビージャが対峙する今季最初のトップ4同士によるビッグマッチだ。 ▽前節、難所サン・マメスでビルバオと対戦したアトレティコは、前半にPKを与えるピンチもGKオブラクのビッグセーブで凌ぐと、後半にFWコレアとMFカラスコの2ゴールでリードを奪い、1点を返されたものの、見事に接戦を制して今季初の2連勝を飾った。そして、勢いづくチームは前々節のマラガ戦で初陣を飾ったワンダ・メトロポリターノでセビージャを迎え撃つ。ただ、来週ミッドウィークにCLチェルシー戦を控えるため、ローマとの初戦をドローで終えたアトレティコとしては、メンバー選考を含めて難しい判断が求められる。なお、21日にクラブ間合意が発表されたFWジエゴ・コスタはすでにマドリッド入りしており、新スタジアムのスタンドから観戦する予定だ。 ▽一方、4戦連続無失点で4連勝と、攻撃力と変幻自在のシステムで注目を集めた昨季と異なるアプローチでの快進撃が続くセビージャは、格上のアトレティコとの対戦でその真価が試される。アトレティコとは異なり、来週ミッドウィークのCLで格下マリボルと対戦するベリッソ監督としては、同胞のシメオネ監督との直接対決に向けて全力を注げるはずだ。今夏の移籍市場ではFWビトロ(現ラス・パルマス)の移籍を巡って新たな因縁が生まれているだけに、敵地とはいえ勝ち点3を持ち帰りたい。 ▽前述のビッグマッチでの潰し合いを利用して首位の座を確固たるものとしたいバルセロナは、開幕6連勝を目指して昇格組ジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに臨む。来週に敵地でCLスポルティング・リスボン戦を控えるため、バルベルデ監督はMFイニエスタやDFジョルディ・アルバなど、一部主力を温存する可能性が高い。そのため、MFパウリーニョやDFネウソン・セメドら新加入組に押され気味な既存の控え選手たちにとって、格好のアピールの場となるはずだ。格下相手の一戦で活躍し、バルベルデ監督に嬉しい悩みの種を与える選手は出てくるか。 ▽また、ホーム3試合で1敗2分けと思わぬ苦戦を強いられているレアル・マドリーは、今季連勝中のアウェイゲームで立て直しを図る。幸い、対戦相手のアラベスは開幕から5連敗中のうえ、未だ無得点という泥沼に陥っている。そのため、来週ミッドウィークにCLドルトムント戦を控えるチームとしては主力を温存したいところだが、すでに首位バルセロナと7ポイント差離されているだけに大幅なターンオーバーでこれ以上勝ち点を取りこぼすことは許されない。そのため、勝負師ジダン監督のメンバー選考には俄然注目が集まる。なお、アラベスには今夏レアル・マドリーから完全移籍したジダン家長男のMFエンツォ・ジダンが在籍しており、ジダン監督にとっては初の親子対決となる。 ▽日本人選手所属クラブでは、乾のエイバルがセルタ、MF柴崎岳のヘタフェがビジャレアルと対戦する。前節、バルセロナ相手にフル出場も完敗した乾は、ここまでわずかに1勝とウンスエ新体制で苦戦するセルタ相手に勝利を目指す。一方、負傷で柴崎不在2戦目となるヘタフェは、強豪ビジャレアルをホームで迎え撃つ。 ▽その他の注目カードは、開幕から2勝3分けで無敗を継続するバレンシアとレバンテのバレンシア勢の戦いに注目したい。前節、FWザザのハットトリックなどでマラガに大勝のバレンシアは、開幕3連勝から2連敗と失速傾向のレアル・ソシエダとのアウェイゲームで今季初の連勝を目指す。一方、そのソシエダに前節3-0の快勝を収めたレバンテは、前節レアル・マドリー相手に大金星を挙げたベティスとのアウェイゲームに挑む。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第6節》 ▽9/23(土) 《20:00》 アトレティコ・マドリー vs セビージャ 《23:15》 アラベス vs レアル・マドリー 《25:30》 マラガ vs ビルバオ 《27:45》 ジローナ vs バルセロナ ▽9/24(日) 《19:00》 エスパニョール vs デポルティボ 《23:15》 ヘタフェ vs ビジャレアル 《25:30》 エイバル vs セルタ ラス・パルマス vs レガネス 《27:45》 レアル・ソシエダ vs バレンシア ▽9/25(月) 《28:00》 ベティス vs レバンテ</div> 2017.09.23 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャがDFカリソと2020年まで契約延長

▽セビージャは15日、元ポルトガル代表DFダニエウ・カリソ(29)との契約延長を発表した。新契約は2020年までとなる。 ▽カリソは、スポルティング・リスボンの下部組織出身で、2013年7月にレディングからレンタル移籍でセビージャに加入。2014年7月に完全移籍で加入していた。 ▽セビージャでは、公式戦通算112試合に出場し6ゴール3アシストを記録。昨シーズンはケガの影響で出場機会が限られ、リーガエスパニョーラで6試合、チャンピオンズリーグで2試合の出場に留まっていた。今シーズンはケガから復帰し、ここまでリーガエスパニョーラで1試合に出場している。 2017.09.15 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 2-2 セビージャ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のリバプールvsセビージャが13日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170914_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カリウス 5.5 取り立てて好守はなかった DF 12 J・ゴメス 5.0 コレアに苦戦し、最後に退場 6 ロブレン 4.5 1失点目は軽率なクリアミス。防げた失点 32 マティプ 5.5 大きく崩れることはなかった 18 A・モレーノ 6.5 古巣相手に躍動。1アシスト MF 5 ワイナルドゥム 5.5 さほど攻守に目立たず 14 ヘンダーソン 5.5 1点目に絡んだが、2失点目の場面では守備への戻りが遅かった 23 ジャン 5.5 23分のシュートは決めたい (→コウチーニョ -) 今季初出場 FW 11 サラー 6.5 風邪を押しての出場。一時逆転となるゴールを奪うなど攻め手となった (→チェンバレン -) 9 フィルミノ 6.0 同点弾もPK失敗が響く 19 マネ 6.5 シティ戦では悔しい退場劇となったが、PK獲得をはじめ攻撃陣をけん引 (→スタリッジ -) 監督 クロップ 6.0 内容では圧倒。勝利しておきたかった ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170914_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 6.0 10分のマネのシュートを好守で防ぐ DF 25 メルカド 5.0 マネに対応できず 4 ケアー 5.5 2失点目は自身に当たって入ってしまった 21 パレハ 4.5 軽率なPK献上。ソリッドさに欠けた 18 エスクデロ 6.0 サラーを監視しつつ、攻撃に転じて先制点をアシスト MF 16 ヘスス・ナバス 5.0 A・モレーノの前にさほど突破できず 10 バネガ 5.5 1点目に絡んだが、さほど良い形でボールを受けられず 14 ピサーロ 5.0 中盤を締められなかった (→サラビア 5.0) さほどチャンスを作れず 15 エンゾンジ 4.5 不用意なボールロストから2失点目に関与 11 コレア 6.5 2点に絡んだ。攻撃をけん引 FW 9 イェデル 6.0 唯一のチャンスを確実に決めた 監督 ベリッソ 5.5 60分に遅延行為によって退席処分に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マネ(リバプール) ▽シティ戦退場の鬱憤を晴らす活躍。サラーと共に攻撃をけん引した。 リバプール 2-2 セビージャ 【リバプール】 フィルミノ(前21) サラー(前37) 【セビージャ】 イェデル(前5) コレア(後27) 2017.09.14 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

一時逆転もフィルミノのPK失敗響いたリバプール、セビージャと2-2のドロー《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のリバプールvsセビージャが13日に行われ、2-2で引き分けた。 ▽昨季プレミアリーグ4位のリバプールと、昨季リーガエスパニョーラ4位のセビージャによるグループ突破候補の激突。 ▽ホッフェンハイムとのプレーオフを制して3年ぶりのCL参戦となったリバプールは0-5と大敗した直近のマンチェスター・シティ戦のスタメンから3選手を変更。GKミニョレやクラバンら守備陣を入れ替え、退場して3試合の出場停止処分を受けたマネが先発となってコウチーニョが今季初のベンチ入りを果たした。 ▽一方、昨季CLベスト16のセビージャは3-0と快勝した直近のエイバル戦のスタメンから5選手を変更。ノリートやガンソらに代えてバネガやコレアらを先発で起用した。 ▽立ち上がりから攻勢に出たのはリバプールだったが、先制したのはセビージャ。5分、左サイドからのエスクデロのクロスがロブレンのクリアミスを誘発し、ファーサイドのイェデルが押し込んだ。 ▽ミスから先制されたリバプールは10分、ボックス右に侵入したサラーの折り返しをマネがシュート。枠の右を捉えていたが、GKセルヒオ・リコの好守に阻まれた。直後にCKからフィルミノがヘディングシュートを浴びせたリバプールは、21分に追いつく。 ▽A・モレーノがヘンダーソンとのワンツーでボックス左に侵入。クロスを折り返し、最後はフィルミノが押し込んだ。続く23分にも決定機。カウンターに転じ、マネのラストパスを受けたジャンがボックス左からシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽それでも37分、リバプールが逆転する。エンゾンジからボールを奪ったサラーがミドルシュート。ケアーの足に当たってディフレクトしたシュートがゴールネットを揺らした。さらに41分、ボックス左に侵入したマネがパレハのハンドを誘ってPKを獲得。しかし、キッカーのフィルミノはシュートを右ポストに直撃させてしまった。ハーフタイムにかけても攻勢に出たリバプールだったが、2-1のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、セビージャが前がかっていく中、60分にアクシデント。ベリッソ監督がタッチラインを割ったボールを渡さず、遅延行為によって退席処分となった。 ▽指揮官を失ったセビージャに対し、反撃に転じるリバプールは、マネやワイナルドゥムのミドルシュートで3点目に迫っていく。 ▽劣勢のセビージャはイェデルに代えてムリエルを投入。すると72分にそのムリエルが絡んで同点とした。スローインの流れからムリエルのパスを受けたコレアがボックス中央へ侵入。GKとの一対一を制した。 ▽ワンチャンスを決められて試合を振り出しに戻されたリバプールはコウチーニョを投入。しかし、チャンスを作れず、終盤にはスタリッジを投入する。結局、内容では上回りながらもPK失敗が響いたリバプールは、グループ最大のライバル相手に引き分けスタートとなっている。 ▽グループEもう一試合のマリボルvsスパルタク・モスクワは1-1の引き分けに終わっている。 2017.09.14 06:04 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループE展望】恵まれたセビージャとリバプール

▽セビージャとリバプールが組み分けに恵まれた感のあるグループの突破候補となる。ここにロシア王者のスパルタク・モスクワが絡んでいけるかだが、戦力を考えると難しそうだ。マリボルには厳しい戦いが待ち受けている。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cl2017-18_e_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◎本命:セビージャ ○対抗:リバプール △連下:スパルタク・モスクワ ☆大穴:マリボル<hr><span style="font-weight:700;">◆2年連続ベスト16進出以上の成績を~セビージャ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_116_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季はレスター・シティの前にベスト16敗退に終わったリーガエスパニョーラ4位チームのセビージャは、プレーオフでイスタンブールBBを辛くも退けて3年連続のCL参戦となる。そのセビージャは、主力ではMFビトロとMFイボーラらが移籍したが、古巣復帰となるMFヘスス・ナバスやMFバネガを獲得。他にもFWノリートやFWムリエル、MFグイド・ピサーロら実力者を補強し、チーム力をアップさせた。サンパオリ前監督のアルゼンチン代表監督就任に伴い、セルタで結果を残していたベリッソ新監督を招へいしたものの、ビエルサ信奉者でスタイルは維持されるため、昨季を上回る成績を残すことも十分に可能な陣容となっている。 <span style="font-weight:700;">◆恵まれた組み分けのGS突破はノルマ~リバプール~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_117_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレミアリーグで4位に滑り込み、プレーオフでホッフェンハイムに完勝して3シーズンぶりのCL参戦を果たしたリバプールもセビージャと共にこのグループの本命だ。クロップ体制3季目となる今季は、MFコウチーニョを引き止めたことで主力に流出がない中、FWサラーやMFチェンバレンといった即戦力を補強。チーム力を確実にアップさせ、クロップ監督の戦術にハマり易そうな選手を獲得した中、恵まれた組み分けでグループステージ敗退に終わるわけにはいかない。 <span style="font-weight:700;">◆5年ぶり参戦のロシア王者~スパルタク・モスクワ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_118_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにロシア王者となった名門が5シーズンぶりのCL参戦を果たした。ユベントス時代のコンテ監督の右腕として知られるカッレーラ監督の下、ゼニトやCSKAモスクワを退けて王者となったスパルタクは、昨季リーグ12ゴールのウインガー、FWプロメスを軸に番狂わせを狙う。 <span style="font-weight:700;">◆3年ぶり参戦のスロベニア王者~マリボル~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_119_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スロベニア王者マリボルは、予選2回戦から勝ち上がり、プレーオフではハポエル・ベエルシェバを下して、3シーズンぶりのCL参戦に漕ぎ着けた。3年前のCLを戦った経験のある選手が多く在籍しているのはプラスだが、如何せんチーム力でセビージャやリバプールを上回ることはできない。3年前に3分け3敗に終わったマリボルとしてはまず1勝することが現実的な目標となる。 2017.09.13 18:00 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース