セビージャ、インテルからヨベティッチを獲得! 買取OP付きの今季終了までのレンタル2017.01.11 02:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは10日、インテルからモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は16に決定。今回の契約には、セビージャ側にシーズン終了後の買い取りオプションの権利が付随している。

▽ヨベティッチは、2015年夏にマンチェスター・シティからインテル入りすると、出場した公式戦28試合で7ゴール4アシストを記録。しかし、今シーズンはここまでセリエA5試合出場にとどまっており、オファーが届いているとみられる中国行きを含めて移籍の可能性が浮上していた。

▽また『フットボール・イタリア』が伝えるところによれば、ヨベティッチの完全移籍での獲得には1400万ユーロ(約17億2000万円)が必要になるとのこと。さらに、レンタル期間中における同選手の給与は、セビージャが支払うことになるようだ。

▽なお、セビージャにはマンチェスター・シティからのレンタルで元フランス代表MFサミル・ナスリが在籍しており、元シティコンビの連係に期待がかかるところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャのベリッソ監督が前立腺がんと診断…今後の治療は未定

▽セビージャは22日、エドゥアルド・ベリッソ監督(44)が前立腺がんを患っていることを発表した。 ▽セビージャのメディカルサービスが、ベリッソ監督が前立腺がんと診断されたことを報告。今後の検査により、どのような治療を行うかを決定するとのことだ。 ▽後任などには触れられておらず、現時点では監督に最大の支持をすることを表明。早急に復帰できることを望んでいるとの声明を発表した。 ▽今シーズンからセビージャを指揮するベリッソ監督は、ここまで7勝1分け4敗の5位につけていた。 2017.11.22 21:43 Wed
twitterfacebook
thumb

パストーレ、どこに行く? セビージャも獲得レースに名乗り

▽パリ・サンジェルマン(PSG)で将来が不透明な状況に陥るアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)にリーガエスパニョーラ挑戦の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2011年にパレルモからPSG入りしたパストーレ。だが、近年は度重なる故障や、ブラジル代表FWネイマールら有力なタレントの加入に伴い、定期的な出場機会を確保できず、PSGの放出リストに名が挙がっているとみられている。 ▽そのアルゼンチンのファンタジスタを巡っては現在、バレルモ時代に慣れ親しんだセリエAのユベントスやインテルの興味が伝えられるほか、プレミアリーグのチェルシーやリバプールも後に続いているという。 ▽だが、その獲得レースにリーガエスパニョーラからもセビージャが参戦の意向を示している模様。伝えられるところによれば、セビージャは2000万ユーロ(26億3000万円)で獲得できると自信を深めているようだ。 2017.11.22 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 3-3 リバプール《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第5節、セビージャvsリバプールが21日にサンチェス・ピスファンで行われ、3-3で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171122_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 5.5 3失点も好守を見せていた DF 25 メルカド 5.0 とりわけ前半はマネに対応できず 12 ガイス 5.0 不慣れなセンターバックで穴となった 5 ラングレ 5.5 自身のプレーに問題はなかったが、ガイスとの関係がまずかった 18 エスクデロ 6.0 サラーを止め、バー直撃のシュートを放つ MF 17 サラビア 5.0 セットプレー時、フィルミノのマークに付いていたが対応できずに2失点に関与 14 ピサーロ 6.0 前半はカウンターをケアできていなかったが、最後に値千金の同点弾 10 バネガ 5.5 FKから1アシストも流れの中でのプレーが物足りない 15 エンゾンジ 5.0 攻守にどっちつかずだった (→フランコ・バスケス 5.5) 後半からの投入で流れを好転させた 24 ノリート 5.0 19分の決定機を決めたかった。後半は仕事できず (→ムリエル 5.0) 取り立てて仕事できず FW 9 イェデル 6.5 反撃の狼煙を上げる2ゴール (→コレア -) 監督 ベリッソ 5.5 後半に盛り返したが、前半の3失点は頂けない ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171122_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カリウス 5.5 3失点も19分のノリートとの一対一を止める DF 12 J・ゴメス 5.5 守備に専念 6 ロブレン 5.5 安定したプレーを続けた 17 クラバン 5.5 ロブレンと共にミスの少ないプレーぶり 18 A・モレーノ 4.5 古巣相手に2失点に関与。チームを苦境に追い込んだ (→ミルナー 5.5) 難しい展開の中で投入されたが、さすがの落ち着きを与える MF 5 ワイナルドゥム 5.5 先制点をアシスト。守備に気を遣った 14 ヘンダーソン 6.0 守備を安定させつつ、好パスでチャンスも演出 10 コウチーニョ 6.0 流れの中ではさほど仕事ができなかったが、CKから2点を演出 (→ジャン 5.5) 中盤に安定をもたらす FW 11 サラー 5.5 好調を持続していたが、この試合ではエスクデロに止められた 9 フィルミノ 6.5 2ゴール1アシスト。全得点に絡んだ 19 マネ 6.5 追加点を決め、3点目に絡んだ 監督 クロップ 5.5 前半は完璧だったが、後半は頂けない試合運び ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フィルミノ(リバプール) ▽後半は存在感を失ったが、2ゴール1アシストと結果を出したフィルミノを選出。 セビージャ 3-3 リバプール 【セビージャ】 イェデル(後6) イェデル(後15[PK]) ピサーロ(後48) 【リバプール】 フィルミノ(前2) マネ(前22) フィルミノ(前30) 2017.11.22 07:01 Wed
twitterfacebook
thumb

3点差をセビージャに追いつかれたリバプール、決勝T進出を決められずグループEは三つ巴のまま最終節に《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第5節、セビージャvsリバプールが21日にサンチェス・ピスファンで行われ、3-3で引き分けた。 ▽スパルタク・モスクワとの連戦を1勝1敗とした2位セビージャ(勝ち点7)は、2-1と勝利した直近のセルタ戦のスタメンから4選手を変更。ムリエル、フランコ・バスケス、コルシア、GKソリアに代えてイェデル、バネガ、メルカド、GKセルヒオ・リコを起用した。 ▽一方、マリボルとの連戦を大勝で連勝し、首位に躍り出たリバプール(勝ち点8)は、3-0と快勝した直近のサウサンプトン戦のスタメンから2選手を変更。GKミニョレとアーノルドに代えてGKカリウスとJ・ゴメスを起用した。 ▽勝者が決勝トーナメントに進出となる大一番、ガイスをセンターバックで起用してきたセビージャに対し、リバプールは開始2分に先制する。コウチーニョの右CKからニアサイドのワイナルドゥムがヘッドで逸らすと、ファーサイドでフリーとなっていたフィルミノが押し込んだ。 ▽あっさり先制を許したセビージャは自陣に引くリバプールに対してポゼッションを高めて反撃の機会を窺うと、19分に決定機。ショートカウンターに転じ、イェデルのパスを受けてボックス左に進入したノリートが狙い済ましてシュート。しかし、GKカリウスのファインセーブに阻まれ、ボールは右ポスト内側に当たって弾き返された。 ▽さらに20分、サラビアのスルーパスをボックス右で引き出したイェデルのシュートがわずかに枠の左に外れたセビージャは、21分にピンチ。ヘンダーソンのスルーパスでボックス中央へ侵入したフィルミノにGKと一対一の局面を作られてしまう。だが、セルヒオ・リコが好守で凌いだ。 ▽しかし直後の右CKから先制点と同じ形でリバプールが追加点を奪う。コウチーニョのクロスをフィルミノがヘッドで逸らし、ファーサイドのマネが頭で押し込んだ。 ▽さらに30分、マネがロングフィードに抜け出してボックス左に進入。シュートはGKセルヒオ・リコに止められるも、ルーズボールをフィルミノが押し込んだ。 ▽続く40分にはコウチーニョのスルーパスを受けてサラーがGKと一対一となるも、ここはセルヒオ・リコに止められ、前半を3-0で終えた。 ▽後半からエンゾンジに代えてフランコ・バスケスを投入したセビージャが立ち上がりから前がかると、51分に1点を返す。右サイドからのバネガのFKをニアサイドのイェデルがヘディングで流し込んだ。 ▽さらに59分、イェデルがボックス内でトラップミスを犯したA・モレーノに倒されてPKを獲得。これをイェデルが蹴り直しとなったPKを沈めて1点差に詰め寄った。その後もフランコ・バスケスの枠内シュートやエスクデロのバー直撃シュートでセビージャが勢い付いていく。 ▽一方、流れの悪いリバプールは2枚代えを敢行。コウチーニョとA・モレーノに代えてジャンとミルナーを投入した。両選手の投入で試合を落ち着かせることに成功したリバプールは、ノリートに代えてムリエル、イェデルに代えてコレアを投入してきたセビージャをいなして3-2のまま逃げ切るかに思われた。 ▽ところが追加タイム3分、左CKの流れからピサーロが左足で押し込んでセビージャが土壇場で追いつき3-3。両軍が勝ち点1を分け合ったことで、グループAはスパルタク・モスクワ(勝ち点6)を含めた三つ巴の決着が最終節に委ねられることとなった。なお、セビージャは最終節をマリボルとのアウェイ戦、リバプールはスパルタク・モスクワとのホーム戦を戦う。 2017.11.22 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

A・モレノ、コウチーニョを絶賛「彼はトップ・オブ・トップの選手」

リバプールDFアルベルト・モレノが、チームメートのMFフィリペ・コウチーニョを絶賛している。<br><br>リバプールは20日のチャンピオンズリーグ・グループE第5節でセビージャと対戦する。古巣との一戦を前に、A・モレノはスペイン『マルカ』で次のように話した。<br><br>「(セビージャに戻るのは)不思議な感じだね。そして、とても素晴らしいことだ。僕の家族、友人、みんなスタジアムに足を運ぶだろう。だけど僕はリバプールの選手だ。リバプールのシャツを着ている限り、常にこのチームの勝利を望んでいる」<br><br>「セビージャが他のチームと対戦する時は、当然セビージャの勝利を願っているよ。でも、僕たちと対戦する時は...申し訳ないけど、勝ち点3が欲しい」<br><br>A・モレノはリバプールの陣容に自信をのぞかせている。<br><br>「(サディオ・)マネ、(モハメド・)サラー、(ロベルト・)フィルミーノ、コウチーニョ...。僕なら、彼らと対峙したくないよ(笑) リバプールには素晴らしい選手が揃っている。プレミアリーグでは何度か勝ち点を落としてしまったけど、シーズンは長いからね」<br><br>コウチーニョには、今夏バルセロナが大金を用意して獲得に乗り出していた。<br><br>「コウチーニョはトップ・オブ・トップの選手だ。僕にとってはね。大衆は試合でのコウチーニョのプレーしか知らない。だけど、僕は毎日練習で彼を見ているんだ」<br><br>「練習では、コウチーニョは見たこともないプレーをしているよ。『今の、どうやったの?』と彼に質問してしまうくらいさ(笑) 彼がずっと僕のチームメートであることを願っているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.21 23:24 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース