シティ行き噂されたバトシュトゥバーがシャルケに今季終了までのレンタル移籍!!2017.01.11 02:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケは10日、ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバー(27)の今シーズン終了までのレンタル移籍での獲得に関して、バイエルンと合意に至ったことを発表した。同選手はメディカルチェックを受診した後、シャルケとの契約にサインする予定だ。

▽卓越した左足のキックに加えて、優れた守備センスを武器にドイツ代表にも名を連ねるバトシュトゥバーだが、近年は度重なる負傷の影響もあって、バイエルンで控えという立場に甘んじている。今シーズンも公式戦の出場は4試合にとどまっていた。

▽そのため、出場機会を求めるバトシュトゥバーは、今冬の移籍市場でかつての恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティ、スウォンジー、ハンブルガーSVなどへの移籍の噂が浮上していた。

▽だが、カルロ・アンチェロッティ監督が、「もしホルガーが移籍したいと考えるなら、我々はオープンだ。しかし、我々が許すのはレンタルのみで、彼を売却したくはない」と、完全移籍による放出を許可せず。そして、バトシュトゥバーに対して、今季終了までのレンタル移籍のオファーを掲示したシャルケへの移籍が決定した。

▽バトシュトゥバーは、シャルケ移籍に際してバイエルンの公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「自分のリクエストを受け入れてくれたFCバイエルンに感謝している。僕はシャルケで自分にとって必要なトレーニング、試合に出ることを求めている。そして、ゲルゼンキルヒェンでの時間を楽しみにしているんだ」

▽バイエルンの下部組織出身のバトシュトゥバーは、2008年にトップチームに昇格。2009-10シーズンのトップチームデビュー以降、3シーズンに渡って主力センターバックとして活躍した。だが、2012年の右ヒザ前十字じん帯断裂の大ケガ以降、幾度も負傷による戦線離脱を繰り返していた。なお、バトシュトゥバーにとって、今回のシャルケ移籍はプロキャリアを通じて初の移籍となる。

コメント

関連ニュース

thumb

アウェイ戦3戦未勝利のホッフェンハイムが上位追走に失敗…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第22節のシャルケvsホッフェンハイムが26日に行われ、1-1の引き分けに終わった。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りしなかった。 ▽今シーズンのリーグ戦わずか2敗で4位につけるホッフェンハイム(勝ち点37)が、リーグ戦3試合無敗中の10位シャルケ(勝ち点26)の本拠地ヴェルティンス・アレーナに乗り込んだ一戦。試合は開始早々に動く。6分、コラシナクのループパスに抜け出したブルクシュタラーがボックス左ライン際まで持ち上がると、ゴール前に走り込んだシェプフへマイナスのクロス。これをシェプフが左足で流し込み、ファーストチャンスを生かしたホームチームが先制に成功した。 ▽対するホッフェンハイムは19分、バイタルエリア左からカットインしたツバーがミドルシュートを放ったが、相手DFにディフレクトしたボールは枠の上に外れた。さらに36分には、右クロスを中央で受けたデミルバイがゴール右まで切り込み反転シュート。GKフェールマンの弾いたセカンドボールをビカクチッチが詰めるが、シュートは枠を外した。 ▽その後もポゼッションを握って試合を優位に進めたホッフェンハイムだったが、決定機を生かすことができずに前半を終了した。 ▽後半に入っても拮抗した展開が続く中、先に動いたのはシャルケベンチ。ヴァインツィアル監督は52分、カリジウリを下げてマックス・マイヤーを投入。対するホッフェンハイムのナーゲルスマン監督は、60分にビカクチッチを下げてシュベクラーを投入。さらに69分には古巣対決となるサライをピッチに送り出した。 ▽すると70分、ホッフェンハイムに決定機。デミルバイの右クロスをファーサイドのワグナーが頭で落とすと、中央に走りこんだサライがダイビングヘッドを狙って飛び込むが、わずかに届かない。しかし79分、フォクトのロングフィードに抜け出したツバーが左クロスを上げると、ボックス右に駆け上がったルディがヘディングでゴールに流し込み、ホッフェンハイムが同点に追いつく。 ▽同点に追いついたホッフェンハイムは、終盤にかけて猛攻を仕掛けていくが、ホームで負けられないシャルケも最後まで譲らずに試合終了。上位追走を逃したホッフェンハイムは、アウェイ戦3試合未勝利となった。 2017.02.27 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケ内田篤人、27日の全体練習から合流の可能性

▽シャルケに所属する日本代表DF内田篤人の復帰が近づいている。シャルケは24日、クラブ公式ツイッターで全体練習復帰の可能性を示唆している。 ▽昨年12月に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ最終節のザルツブルク戦で1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たした内田。しかし、その後に内転筋を負傷したため、リーグ戦の出場は依然として叶っていない。 ▽しかし、シャルケでスポーツディレクター(SD)を務めるアクセル・シュースター氏は、完全復活が待たれる内田の状態について言及。27日にもチームの全体練習に合流する可能性を明かした。 「ウチダは最近、背中に小さな問題があった。しかし、このまま痛みのない状態が続けば、月曜日から100%全体練習に参加する」 2017.02.25 09:48 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ、MFベンタレブの完全移籍加入を発表…今季トッテナムからレンタル加入

▽シャルケは24日、トッテナムからレンタル加入中のアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30までの4年間となる。 ▽トッテナムの下部組織で育ったベンタレブは、2013年にトップチーム昇格。今シーズンからシャルケに活躍の場を移し、ここまでブンデスリーガ20試合4ゴール4アシストを記録している。 ▽そのベンタレブは、クラブ公式サイトで完全移籍を果たした心境を明かした。 「昨夏に来たときから、契約のために多くプレーして、クラブの信頼を得ることが目標だった。それが叶い、全てが完璧だ。素晴らしい気持ちだよ」 2017.02.25 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16組み合わせ決定…優勝候補筆頭のユナイテッドはロストフと激突! 内田シャルケ、久保ヘントは共に同国対決に《EL》

▽24日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われ、8つの対戦カードが決定した。 ▽ラウンド32でサンテチェンヌを下した今大会優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は、ロストフ(ロシア)と激突。ビジャレアルとの強豪対決を制したローマ(イタリア)は、リヨン(フランス)と対戦する。 ▽その他、日本人所属クラブでは、PAOKを退けたDF内田篤人所属のシャルケ(ドイツ)がボルシアMG(ドイツ)、そしてトッテナムの壁を打ち破ったFW久保裕也所属のヘント(ベルギー)がヘンク(ベルギー)と同国対決となった。 ▽ラウンド16の1stレグは3月9日(木)、2ndレグは同月16日(木)に開催される。ラウンド16組み合わせは以下のとおり。 ◆ラウンド16※左側が1stレグをホーム セルタ(スペイン) × FCクラスノダール(ロシア) アポエル(キプロス) × アンデルレヒト(ベルギー) シャルケ(ドイツ) × ボルシアMG(ドイツ) リヨン(フランス) × ローマ(イタリア) ロストフ(ロシア)×マンチェスター・U(イングランド) オリンピアコス(ギリシャ) × ベシクタシュ(トルコ) ヘント(ベルギー) × ヘンク(ベルギー) コペンハーゲン(デンマーク) × アヤックス(オランダ) 2017.02.24 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケ指揮官がヨーロッパリーグ16強に満足「ハラハラしなかった」

シャルケは22日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでサロニキと対戦し、1-1で引き分けた。試合後のマルクス・ヴァインツィアル監督は次ラウンドへ進めることに満足感を示した。<br><br>シャルケはアウェーで行われた1stレグで3-0の快勝を収めた。ホームで行われた2ndレグは1-1の引き分けに終わっていたものの、2試合合計4-1で次ラウンドへの進出を決めた。試合後のヴァインツィアル監督は次のように振り返った。<br><br>「ハラハラすることなく次のラウンドに進めることに満足している。それが今日の我々の目的だった。確かに最近の試合と比べると内容は良くなかったが、それで十分だった。1stレグを3-0で勝利していたことが頭にあったのかもしれない」<br><br>また次の対戦相手に関して「良い抽選結果を期待している。個人的には、まだビッグネームとの対戦である必要はないと思っている。それでも16強のほとんどが良いチームだ。簡単な相手はいない」とコメントを残した。<br><br>抽選会は24日に行われ、次の対戦相手が決定する。シャルケは26日にブンデスリーガ第22節でホッフェンハイムと対戦し、ミッドウィークの3月1日にはDFBポカールでバイエルンと対戦することになっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.24 05:05 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース