シティ行き噂されたバトシュトゥバーがシャルケに今季終了までのレンタル移籍!!2017.01.11 02:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケは10日、ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバー(27)の今シーズン終了までのレンタル移籍での獲得に関して、バイエルンと合意に至ったことを発表した。同選手はメディカルチェックを受診した後、シャルケとの契約にサインする予定だ。

▽卓越した左足のキックに加えて、優れた守備センスを武器にドイツ代表にも名を連ねるバトシュトゥバーだが、近年は度重なる負傷の影響もあって、バイエルンで控えという立場に甘んじている。今シーズンも公式戦の出場は4試合にとどまっていた。

▽そのため、出場機会を求めるバトシュトゥバーは、今冬の移籍市場でかつての恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティ、スウォンジー、ハンブルガーSVなどへの移籍の噂が浮上していた。

▽だが、カルロ・アンチェロッティ監督が、「もしホルガーが移籍したいと考えるなら、我々はオープンだ。しかし、我々が許すのはレンタルのみで、彼を売却したくはない」と、完全移籍による放出を許可せず。そして、バトシュトゥバーに対して、今季終了までのレンタル移籍のオファーを掲示したシャルケへの移籍が決定した。

▽バトシュトゥバーは、シャルケ移籍に際してバイエルンの公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「自分のリクエストを受け入れてくれたFCバイエルンに感謝している。僕はシャルケで自分にとって必要なトレーニング、試合に出ることを求めている。そして、ゲルゼンキルヒェンでの時間を楽しみにしているんだ」

▽バイエルンの下部組織出身のバトシュトゥバーは、2008年にトップチームに昇格。2009-10シーズンのトップチームデビュー以降、3シーズンに渡って主力センターバックとして活躍した。だが、2012年の右ヒザ前十字じん帯断裂の大ケガ以降、幾度も負傷による戦線離脱を繰り返していた。なお、バトシュトゥバーにとって、今回のシャルケ移籍はプロキャリアを通じて初の移籍となる。

コメント

関連ニュース

thumb

原口途中出場のヘルタが3部のロシュトックに完勝! 《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が15日にドイツ各地で行われた。ヘルタ・ベルリンは3部に所属するハンザ・ロシュトックとの試合に臨み、2-0で勝利した。日本代表MF原口元気は、80分から途中出場した。 ▽試合は序盤からヘルタが攻め込みながらも、ロシュトックの牙城を崩せずにゴールレスで折り返しを迎えた。後半に入っても白熱した試合は、75分にサポーターが焚いた発煙筒が原因で中断。15分後に再開された。 ▽流れを変えたいヘルタは、再開直後の80分に原口を投入。さらに攻勢を強める。すると86分、左CKのこぼれ球をボックス右手前で拾ったMFミッチェル・ヴァイザーがボレーシュートをネットに突き刺し、ヘルタが待望の先制点を奪う。さらに後半アディショナルタイム2分にもFWヴェダト・イビセビッチがゴールネットを揺らし、直後に試合終了。終わってみれば、2点差での完勝という結果となった。 ▽また、4部に所属するBFCディナモと対戦したシャルケは2-0で勝利。日本代表DF内田篤人はベンチ外となったものの、MFイェフレン・コノプリャンカが2得点を決め、2回戦に駒を進めた。その他、負傷中のFW宮市亮が所属するザンクト・パウリはパーダーボルンと対戦し1-2で敗戦した。 2017.08.15 06:11 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、シャルケ退団のアオゴを獲得!

▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは9日、シャルケを退団していた元ドイツ代表DFデニス・アオゴ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2019年6月30日までの2年間で、背番号は3を着用する。 ▽フライブルクの下部組織出身のアオゴは、2005年1月にトップチームに昇格。2008年7月にハンブルガーSVへと完全移籍すると、2013年8月にシャルケへレンタルされると、翌シーズンからシャルケでプレー。2016-17シーズン限りで契約満了となり、フリーとなっていた。アオゴはブンデスリーガ通算213試合に出場し3ゴール21アシストを記録していた。 ▽また、世代別のドイツ代表でもプレーし、2010年5月にA代表デビュー。これまで12試合に出場している。 ▽アオゴは今回の移籍について、クラブの公式サイトで次のように語った。 「シュツットガルトへ加入できて嬉しく思っている。シュツットガルトからオファーを受けた時、僕は長く悩むことはなかったね。僕はこれまでのキャリアで何度かシュツットガルトと対戦したことがあるけど、いつも素晴らしい雰囲気を感じていたんだ。それもシュツットガルトへの移籍を決めた理由の一つだよ」 2017.08.10 01:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ストーク、シャルケ退団のカメルーン代表FWチュポ=モティング獲得へ!

▽ストーク・シティが、昨季限りでシャルケを退団したカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(28)を獲得するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今夏、オーストリア代表MFマルコ・アルナウトビッチ(28)がウェストハムへと旅立ったストークは、同選手に代わるアタッカーの獲得を目指している。その中で目を付けたのが、190cmを超える長身ながら足元の技術にも優れ、前線の複数ポジションをこなせるチュポ=モティングのようだ。 ▽2014年にマインツからシャルケに加入したチュポ=モティングは、在籍3シーズンで公式戦106試合に出場し、22ゴール18アシストを記録。昨シーズンはリーグ戦23試合に出場し3ゴールを挙げていたが、契約満了に伴い今夏退団していた。 2017.08.07 05:27 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ベテランGKランガーが加入!

▽シャルケは4日、オーストリア人GKミヒャエル・ランガー(32)の加入を発表した。背番号は34。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽2006年にシュツットガルトでプロキャリアをスタートしたランガーは、フライブルクやFSVフランクフルト、ザントハウゼンといったドイツのクラブを渡り歩いた。その後、近年はノルウェーのヴォレレンガ、アメリカのタンパベイ・ローディーズ、昨シーズンはスウェーデンのIFKノルシェーピンで正GKを務めていた。 ▽なお、ランガーは正GKのラルフ・フェールマン、第2GKのアレクサンデル・ヌーベルに次ぐ、第3GKとしての加入となる。 2017.08.05 15:37 Sat
twitterfacebook
thumb

内田篤人をエイバル戦で起用しなかった理由は?テデスコ監督「リスクを冒すべきではない」

シャルケを率いるドメニコ・テデスコ監督は、7月30日のエイバル戦で内田篤人らを試合に向けたメンバーから外した理由を説明している。ドイツ『フースバル・ニュース』が伝えた。<br><br>エイバルとのテストマッチでは内田がシャルケの招集メンバーから外れ、MF乾貴士との日本人対決が実現しなかった。この1-0でシャルケの勝利で終わった一戦に向けてだが、テデスコ監督はFWブリール・エンボロやフランコ・ディ・サントもメンバーに含めず、周囲を驚かせていた。<br><br>『フースバル・ニュース』に対して、同監督はディ・サントについては、「筋肉系の問題で、特に深刻ではなく、2~3日以内にまた軽いトレーニングをできるようになると思う」と説明。一方、数日前に行われたネフチ・バクーとの強化試合にはそれぞれ出場した内田とエンボロについてはこう語っている。<br><br>「我々は一昨日(7月28日)非常に激しい内容のトレーニングを行い、加えて自転車で標高差500メートル、数キロメートルの距離を走る練習もやった。それに今日の試合前にも練習したんだ。2人の(負傷の)ストーリーは誰も知っているだろう。彼らに関しては多少制限しなければいけない。リスクを冒すべきではないよ」<br><br>内田に関しては、ここ2年半をわたって離脱が続き、公式戦にはほとんど出場せず。また昨夏シャルケに加入したエンボロは昨シーズン序盤に重傷を負い、先日のテストマッチでようやく実戦に復帰したところ。テデスコ監督はそんな2人のコンディションを考慮し、エイバル戦での起用を見送った模様だ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.01 15:30 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース