アーセナル、英7部から20歳DFブラマルを獲得! トライアルでヴェンゲルの評価勝ち取る2017.01.11 01:17 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは10日、ノーザンプレミアリーグ・プレミアディビジョン(イングランド7部)に所属するヘドネスフォード・タウンからイングランド人DFコーエン・ブラマル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などの詳細は明かされていないが、当面はU-23チームでプレーし、トップチームデビューを目指すことになる。

▽クルー・アレクサンドラのアカデミー出身のブラマルだが、トップチーム昇格はならず、昨シーズンまではイングランド8部のマーケット・ドレイトン・タウンでプレーしていた。だが、卓越したスピードを武器とする左サイドバックは、先日にアーセナルのトライアルに参加し、ここでのパフォーマンスがアーセン・ヴェンゲル監督の目に留まり、アマチュアプレーヤーから一躍世界屈指の名門クラブのプレーヤーへと大出世を遂げた。

▽アーセナルでは、過去に元イングランド代表DFアシュリー・コール、現在はスペイン代表DFエクトル・ベジェリンと快速を売りとするサイドバックがプレーしてきたが、ブラマルはその系譜を継ぐことができるか。

コメント

関連ニュース

thumb

ベジェリン、退団ならシティ加入か…ペップのサッカー観に関心

▽アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(21)は、同クラブを退団する場合、マンチェスター・シティに移籍する可能性が高いようだ。イギリス『デイリー・スター』がスペイン『Don Balon』のレポートをもとに伝えている。 ▽現在、バルセロナやマンチェスター・シティからの関心が寄せられているベジェリン。しかし、本人はかつてアーセナルから復帰したバルセロナでポジション争いに身を置いたチェルシーMFセスク・ファブレガスの二の舞になることを懸念しているようだ。 ▽また、ベジェリンはアーセナルを去る場合、元バルセロナ指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティ移籍を望んでいる模様。どうやら、グアルディオラ監督の戦術やサッカースタイルに好印象を抱いているという。 ▽ベジェリンは、2011年夏にアーセナル入り。2013年夏にプロ契約を結び、今シーズンもここまで不動の右サイドバックとしてプレミアリーグ20試合の出場を記録している。 2017.02.27 14:40 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、契約交渉難航のエジル&サンチェスに警告…要求額値下げを要請

▽アーセナルは、契約延長交渉の難航が伝えられるドイツ代表MFメスト・エジル(28)、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)に対して、過剰な昇給要求に応じないことを警告したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽加入以来、シンボルプレーヤーとしてクラブをリードしてきたエジルとサンチェス。しかし、かねてより契約延長に向けた報道される中、依然として動きがなく、他クラブからの関心や移籍の噂が後を絶えない状況だ。 ▽今回の報道によれば、アーセナルはエジルとサンチェスのクラブ最高額である週給25万ポンド(約3470万円)への昇給要求に対して拒否姿勢。逆に、両選手に要求額の値下げを求めているという。 ▽積立金1億ポンド(約139億円)の健全経営を続けているとみられるアーセナル。「クラブ維持のための合理的な投資」を掲げるチップス・ケズウィック会長の下、アーセナルはエジルとサンチェスの去就に関してどのような決断を下すのだろうか。 2017.02.27 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ベジェリンの去就はヴェンゲル次第か…フランス人指揮官退団ならバルセロナ移籍の可能性

▽アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(21)は、アーセン・ヴェンゲル監督の去就次第で今夏のバルセロナ移籍を考慮する意向のようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 ▽最近の活躍により、他クラブからの関心が絶えなく報道されてきたベジェリン。中でも右サイドバックの補強が急務となっているユース時代の古巣であるバルセロナが連れ戻しに向け、大金を用意しているとみられている。 ▽そのベジェリンは、昨年11月にアーセナルと新たに6年の長期契約で合意。しかし、報道によれば、それに至ったのはヴェンゲル監督の存在が大きかったようだ。退団報道が過熱するフランス人指揮官がアーセナルを去るのであれば、ベジェリン自身も考えを改める可能性があるという。 ▽古巣バルセロナの他、マンチェスター・シティからの関心が絶えなく報道されているベジェリンは、2011年夏にアーセナル入り。2013年夏にプロ契約を結び、今シーズンもここまで不動の右サイドバックとしてプレミアリーグ20試合の出場を記録している。 2017.02.24 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルMFカソルラのシーズンが終了…足首の負傷から復帰できず

▽アーセナルに所属するスペイン代表MFサンティ・カソルラ(32)のシーズンが一足先に終了したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が報じた。 ▽中盤の核としてプレーしていたカソルラは、昨年10月19日に行われたチャンピオンズリーグ・グループA第4節のルドゴレツ戦で右足首を負傷。それ以降は患部の状態が思わしくなく、12月に手術を受け3カ月の離脱になることが発表されていた。 ▽シーズン終盤での復帰を望む声が挙がっていたものの、やはり今シーズン中の復帰には目処が立たなかったとのこと。来シーズン開幕を見据えて復帰の準備に取り掛かっているが、今シーズン終了後に契約満了を迎えるため、去就がどのようになるのかも注目が集まっている。 ▽カソルラは今シーズンのプレミアリーグで開幕から8試合に出場し2得点を記録。チャンピオンズリーグでも3試合に出場していた。 2017.02.23 19:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル「サットン戦を楽しむ余裕はなかった」バイエルン戦の大敗を想起する一幕も

アーセナルがFAカップ5回戦の試合で、5部相当のサットン・ユナイテッドを2-0で下した。試合後、アーセン・ヴェンゲル監督の言葉を『BBC』が伝えている。<br><br>「この試合では何としても結果を残さなければならなかったので、内容を楽しむ余裕はなかった」<br><br>「相手は下部リーグのチームだったかもしれないが、高いモチベーションを持って我々に挑んできた。実際に、彼らは下部リーグのチームとは思えないほど組織された良い内容のサッカーをしていたと思う」<br><br>また、ヴェンゲルは「この試合は1-0でハーフタイムを迎えても、気が抜けないと思っていた。バイエルン戦は前半が終わった時は1-1だったからね」と発言。1-5で敗れた15日のバイエルン戦のハーフタイム時のスコアを例に挙げ、サットンを称賛しながらもバイエルン戦の大敗が頭の片隅にあったことを明かしている。<br><br>アーセナルは3月4日にプレミアリーグのリバプール戦、同7日にはホームでのCLバイエルン戦が控えている。負けられない戦いが続くアーセナルだが、果たしてヴェンゲル監督は大一番でリベンジが果たせるのか、その手腕に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 12:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース