アーセナル、英7部から20歳DFブラマルを獲得! トライアルでヴェンゲルの評価勝ち取る2017.01.11 01:17 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは10日、ノーザンプレミアリーグ・プレミアディビジョン(イングランド7部)に所属するヘドネスフォード・タウンからイングランド人DFコーエン・ブラマル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などの詳細は明かされていないが、当面はU-23チームでプレーし、トップチームデビューを目指すことになる。

▽クルー・アレクサンドラのアカデミー出身のブラマルだが、トップチーム昇格はならず、昨シーズンまではイングランド8部のマーケット・ドレイトン・タウンでプレーしていた。だが、卓越したスピードを武器とする左サイドバックは、先日にアーセナルのトライアルに参加し、ここでのパフォーマンスがアーセン・ヴェンゲル監督の目に留まり、アマチュアプレーヤーから一躍世界屈指の名門クラブのプレーヤーへと大出世を遂げた。

▽アーセナルでは、過去に元イングランド代表DFアシュリー・コール、現在はスペイン代表DFエクトル・ベジェリンと快速を売りとするサイドバックがプレーしてきたが、ブラマルはその系譜を継ぐことができるか。

コメント

関連ニュース

thumb

ジルーの関心報道に対してヴェンゲル監督が一蹴「オファーは受けていない」

▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督に、同クラブに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)を手放す気はないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2012年6月にモンペリエからアーセナルに加入したジルーは今シーズン、公式戦で先発出場数が14回と出場時間が限られているものの、33試合で13ゴール6アシストを記録している。 ▽そんなジルーに最近、マルセイユが獲得への関心を寄せているとの報道が伝えられた。報道によると、マルセイユは今夏の移籍市場で最優先事項として同選手をリストアップしているようだ。また、ジルーに対して2000万ポンド(約28億1000万円)の移籍金を用意しているとのこと。今年1月に2020年までアーセナルと契約延長をした同選手だが、先発出場の少なさの点からもフランスへ連れ戻す余地があるとみているようだ。 ▽しかし、ヴェンゲル監督はジルーに対するオファーを受けていないと噂を一蹴。また、同選手をクラブに残したいと放出する気がないことを主張している。 「マルセイユからのオファーは受けていない。そして、我々はオリヴィエ・ジルーをクラブに残したいと思っている」 「現在と将来のために、シーズンの最終日まで働く。私に起こっていることは二の次で、重要なのはクラブの将来だ」 2017.04.26 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

“ガラスの天才”ウィルシャーが不名誉な記録…過去6シーズンの負傷離脱期間でワーストに

▽アーセナルからボーンマスへとレンタル移籍しているイングランド代表MFジャック・ウィルシャーだが、不名誉な記録を残してしまったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今シーズンからボーンマスでプレーするウィルシャーは、“ガラスの天才”とも揶揄されるほどケガに悩まされてきた。今シーズンはここまで大きなケガもなく、プレミアリーグで29試合(うち2試合はアーセナル)に出場していたものの、15日に行われた第33節のトッテナム戦で負傷。腓骨骨折と診断され、一足先にシーズンが終了してしまった。 ▽『スカイ・スポーツ』では、『physioroom.com』のデータに基づき、2011-12シーズンからの負傷離脱期間を集計。今回の負傷により、ウィルシャーが過去6シーズンで最も長く離脱した選手となってしまった。 ▽ウィルシャーの離脱日数は通算895日となりトップ。2位には、これまたケガとの戦いが長く続いたマルセイユの元フランス代表MFアブ・ディアビの858日。残念なことに、アーセナルでプレーした2選手がワン・ツーフィニッシュとなってしまった。 ▽また、3位にはマンチェスター・ユナイテッドやエバートンなどでプレーし、現在はサンダーランドに所属するアイルランド代表MFダロン・ギブソンで792日、4位にはエバートン一筋でプレーし続け2016年に現役を引退したトニー・ヒバート氏で768日となった。ワースト9は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆プレミアリーグ負傷離脱日数</span>(2011-12シーズン以降) 1位:<span style="font-weight:700;">ジャック・ウィルシャー</span>/895日 2位:<span style="font-weight:700;">アブ・ディアビ</span>/858日 3位:<span style="font-weight:700;">ダロン・ギブソン</span>/792日 4位:<span style="font-weight:700;">トニー・ヒバート</span>/768日 5位:<span style="font-weight:700;">スティーブン・ピーナール</span>/744日 6位:<span style="font-weight:700;">フィル・ジョーンズ</span>/727日 7位:<span style="font-weight:700;">アンディ・キャロル</span>/723日 8位:<span style="font-weight:700;">ヴァンサン・コンパニ</span>/647日 9位:<span style="font-weight:700;">ダニエル・スタリッジ</span>/640日 2017.04.25 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ジルーが酒井宏樹の同僚に? マルセイユ、28億円で獲得狙う

▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは、アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)の獲得を狙っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽報道によれば、昨年10月にアメリカのビジネスマンであるフランク・マッコート氏によって買収されたマルセイユは、潤沢な資金を武器に、今夏のトップターゲットとするジルー獲得へ2000万ポンド(約28億1000万円)の移籍金を用意しているという。 ▽2012年にモンペリエから1200万ポンド(当時のレートで約15億円)程度の移籍金でアーセナルに加入したジルーは、今シーズンの公式戦33試合(13得点)に出場している。しかし、先発出場数はわずか14回。その点で、マルセイユ側は、今年1月に2020年までの新契約にサインしたばかりのジルーをフランスへ連れ戻す余地があるとみているようだ。 ▽また、今年1月にウェストハムから2500万ポンド(当時のレートで約36億円)でフランス代表MFディミトリ・パイエを獲得したマルセイユは、ジルーだけでなく、クリスタル・パレスのフランス代表MFヨアン・キャバイエの獲得も画策しているとのことだ。 2017.04.25 14:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィルシャー、アーセナルと会談停滞なら中国移籍?

▽アーセナルからボーンマスにレンタル中のイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(25)に中国行きの可能性が浮上した。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽今シーズン、再起を目指してレンタルで加わったボーンマスで再び輝きを取り戻りつつあったウィルシャー。しかし、現在はプレミアリーグ第33節のトッテナム戦で左腓骨骨折の重傷を負い、今シーズン中の復帰が絶望的な状況だ。 ▽そうした中、ウィルシャーは今週中にアーセン・ヴェンゲル監督と会談を予定。しかし、報道によれば、アーセナルとの契約延長や他クラブへの完全移籍を含め、話し合いに進展がなければ、高額の移籍金が見込める中国に移籍させる選択肢があるという。 2017.04.25 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、サンチェス&ウォーカーに関心か…レヴァンドフスキ相棒とラーム後継として期待

▽今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でベスト8という結果に終わったバイエルンは、すでに来シーズンの補強に着手しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽今回の報道でバイエルンのターゲットに浮上したのは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)、トッテナムでプレーするイングランド代表DFカイル・ウォーカー(26)の2名だ。 ▽報道によれば、バイエルンはFWロベルト・レヴァンドフスキの代役、あるいは1.5列目の役割を果たせる選手の獲得を模索。そこで、アーセナルとの契約を2018年まで残すサンチェスに関心を寄せ、移籍金2500〜3000万ユーロ(約29億7000万〜35億7000万円)程度を見込んでいるという。 ▽また、ドイツの絶対的王者は今シーズン限りで現役を引退するDFフィリップ・ラームの後継者として、トッテナムとの契約を2021年まで残しているウォーカーもリストアップ。移籍金1800万ユーロ(約21億4000万円)の投下を考慮しているようだ。 2017.04.25 08:45 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース