アーセナル、英7部から20歳DFブラマルを獲得! トライアルでヴェンゲルの評価勝ち取る2017.01.11 01:17 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは10日、ノーザンプレミアリーグ・プレミアディビジョン(イングランド7部)に所属するヘドネスフォード・タウンからイングランド人DFコーエン・ブラマル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などの詳細は明かされていないが、当面はU-23チームでプレーし、トップチームデビューを目指すことになる。

▽クルー・アレクサンドラのアカデミー出身のブラマルだが、トップチーム昇格はならず、昨シーズンまではイングランド8部のマーケット・ドレイトン・タウンでプレーしていた。だが、卓越したスピードを武器とする左サイドバックは、先日にアーセナルのトライアルに参加し、ここでのパフォーマンスがアーセン・ヴェンゲル監督の目に留まり、アマチュアプレーヤーから一躍世界屈指の名門クラブのプレーヤーへと大出世を遂げた。

▽アーセナルでは、過去に元イングランド代表DFアシュリー・コール、現在はスペイン代表DFエクトル・ベジェリンと快速を売りとするサイドバックがプレーしてきたが、ブラマルはその系譜を継ぐことができるか。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ジルーやメルテザッカーら数名が食中毒に感染

▽アーセナルがチーム全体で食中毒に苦しんでいることがわかった。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽アーセナルは、オーストラリアツアーを経て、中国に移動。先日、行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドでバイエルンと対戦し、PK戦の末、アーセナルが勝利した。 ▽しかし、この試合ではFWオリヴィエ・ジルーやDFペア・メルテザッカーの欠場組に加えて、DFセヤド・コラシナツ、MFアーロン・ラムジー、FWセオ・ウォルコットの出場組も食中毒に侵されていたようだ。 ▽『デイリー・スター』が伝えたところによれば、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、次のようにコメントしたという。 「我々は、キャンプ中にウイルスに感染した。医師は食中毒との見解を示している。メルテザッカーやジルー、コラシナツも病気だった」 「セオ・ウォルコットとアーロンも少し食中毒の症状が出ている。彼らがどの食べ物にあたったのかわからない」 2017.07.20 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルの前線がBBCからABCに? ベンゼマとA・サンチェスにトレード説が浮上

これまでアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、今夏のクラブ退団を希望していると報じられてきたが、スペインメディア『OK Diario』によると、レアル・マドリーへの移籍話が浮上しているようだ。<br><br>A・サンチェス本人は新シーズン、チャンピオンズリーグに出場できるチームでのプレーを望んでいるとされ、その移籍先候補として代理人がレアル・マドリー側と接触しているという。その一方で、アーセナルはA・サンチェスを失った場合の代案として、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマ獲得に乗り出す見通しにあるとイギリスの『デイリー・スター』が報じている。<br><br>退団を求めるA・サンチェスの慰留が難しいと判断したアーセン・ヴェンゲル監督は、その穴埋め役としてベンゼマの獲得を熱望しているようだ。<br><br>果たして契約満了まで1年を切ったA・サンチェスをアーセナルが手放すのか、そしてレアル・マドリーが前線の&ldquo;BBC&rdquo;の一角ベンゼマを放出し、新シーズンから&ldquo;ABC&rdquo;へと変わるのか。<br><br>A・サンチェスは元バルセロナの選手だけに、レアル・マドリーへ移籍決定となると賛否両論が巻き起こることは確実と見られるが、今夏の移籍市場でビッグディールが起こる可能性は十分にありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 02:24 Thu
twitterfacebook
thumb

土壇場弾のアーセナルがPK戦の末にバイエルンを撃破!!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのバイエルンvsアーセナルが19日に上海スタジアムで行われた。1-1でPK戦にもつれ込んだ試合は、アーセナルが3-2で制し勝利を収めた。 ▽大会2戦目となった一戦。[4-1-4-1]の布陣で挑むバイエルンは、GKシュターケ、4バックにフンメルス、ラフィーニャ、ベルナト、アラバ、中盤の5人はハビ・マルティネス、リベリ、トリッソ、ミュラー、そしてレアル・マドリーから新加入のハメス・ロドリゲスが並び、1トップにはレヴァンドフスキが入った。 ▽一方、[3-4-3]のフォーメーションを敷くアーセナルは、GKチェフ、3バックには、エルネニー、ビエリク、モンレアルが並び、中盤はコラシナツ、ナイルズ、ジャカ、コクランの4人。前線にはエジル、ウェルベック、注目のラカゼットが起用された。 ▽立ち上がりはかたい入りを見せた両チーム。そんな中9分、敵陣中央の左サイドから、ミュラーがドリブル突破を見せると、ボックス内でナイルズに倒されPKを獲得。このPKをレヴァンドフスキがきっちり決めて、バイエルンが早い時間帯に先制した。 ▽先制を許したアーセナルも12分、左サイドのウェルベックのクロスから、ゴール前のエジルが左足ボレーで合わせるが、GKシュターケにセーブされる。21分には、バイエルンが決定機。ゴール前へのロングボールをレヴァンドフスキが頭で落とすと、これをトリッソが流し込むも、オフサイドの判定。追加点とはならなかった。 ▽1分間のインターバルを挟んだ後の32分、ボックス手前のエジルから、ボックスに侵入したラカゼットに絶妙なスルーパス。GKとの一対一を迎えたが、GKシュターケの好セーブに遭い、アーセナルは同点に追いつくことは出来ない。 ▽GKシュターケに負けじと、今度はGKチェフが魅せる。38分、ボックス手前左からのミュラーがシュートを放つ。このシュートがモンレアルに当たり軌道が変化したが、鋭い反応でこのボールを搔き出す。続く39分と41分にも、ミュラー、ハメス・ロドリゲスの至近距離からのシュートをチェフがブロック。ガナーズの守護神がその実力を見せつけた。 ▽迎えた後半、両チームとも次々と選手を投入し、若手や新加入選手らを起用する。57分には交代で入ったレナト・サンチェスがボックス外からシュートを放つがDFにブロックされる。60分のアラバのボックス手前中央からのFKもGKチェフがセーブ。その後はバイエルンがボールを保持する展開が続き幾度となくゴール前まで攻め込むが、アーセナルも粘り強い守りを見せ、ゴールを死守する。 ▽このまま終わるかに思われたが、後半アディショナルタイム4分、カウンターからイウォビが左サイドのラムジーに展開。パスを出したイウォビがゴール前に走り込むと、ラムジーのクロスを頭で合わせ、土壇場で同点に追いついた。 ▽1-1で90分を終えた試合は延長戦を行わずにPK戦に突入。両チーム共に1人ずつ外して迎えた4人目は、先攻のバイエルのキッカーを務めたレナト・サンチェスがクロスバーを叩いてしまい失敗してしまう。後攻のアーセナルはイウォビがきっちり決め、迎えたバイエルンの5人目のキッカーはベルナト。これをGKマルティネスが見事に止め、土壇場で追いついたアーセナルがPK戦の末バイエルンを退けた。 バイエルン 1-1(2-3) アーセナル 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前9)【PK】 【アーセナル】 イウォビ(後49) 2017.07.19 23:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスがGKシュチェスニー獲得を正式発表! 4年契約にサイン

▽ユベントスは19日、アーセナルからポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は23に決定。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽なお、『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、ユベントスは移籍金1000万ユーロ(約12億9000万円)程度+ボーナス200万ユーロ(約2億5000万円)をアーセナルに支払うことになるという。また、シュチェスニーは年俸350万ユーロ(約4億5000万円)の4年契約にサインした ▽シュチェスニーは、2009年にアーセナルでプロデビュー。2015年夏には元チェコ代表GKペトル・チェフの加入もあり、レンタル移籍でローマに活躍の場を移した。ローマには2年間在籍。その間に公式戦81試合出場の出場を記録している。 2017.07.19 22:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル監督、退団希望示唆のサンチェス放出を否定…「売却しないことが決定している」

▽アーセナルに所属するアーセン・ヴェンゲル監督がチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の放出を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽サンチェスは所属するアーセナルとの契約が2018年夏までとなっており、契約延長交渉の難航から、今夏の去就が騒がれている。また、サンチェス自身も16日、母国チリのラジオ番組で、チャンピオンズリーグ(CL)でプレーし続けたいという思いを打ち明け、出場権を逃したアーセナルの退団の可能性をほのめかしていた。『スカイ・スポーツ』によると、サンチェスに対しては、パリ・サンジェルマンが獲得に興味を示しているようだ。 ▽しかし、ヴェンゲル監督は18日、現在実施している中国でのアジアツアーでの会見で、サンチェスを「売却しないことが決定している」と放出を否定。さらに、同選手がCLへの出場を希望していることについて問われると、以下のようにコメントした。 「翻訳されたものが重要ではないことを知っている。私がインタビューから得た情報は意味をなさなかった」 「主な目標はプレミアリーグに集中すること。そして今、プレミアリーグはチャンピオンズリーグよりも重要だ。我々はサンチェスがアーセナルに来る以前の17年間、そして彼が移籍して来てからの3年間と合計で20年間をCLでプレーしてきたんだ。彼はここで、CLに戻ることができるよ」 2017.07.19 09:40 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース