アーセナル、英7部から20歳DFブラマルを獲得! トライアルでヴェンゲルの評価勝ち取る2017.01.11 01:17 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは10日、ノーザンプレミアリーグ・プレミアディビジョン(イングランド7部)に所属するヘドネスフォード・タウンからイングランド人DFコーエン・ブラマル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などの詳細は明かされていないが、当面はU-23チームでプレーし、トップチームデビューを目指すことになる。

▽クルー・アレクサンドラのアカデミー出身のブラマルだが、トップチーム昇格はならず、昨シーズンまではイングランド8部のマーケット・ドレイトン・タウンでプレーしていた。だが、卓越したスピードを武器とする左サイドバックは、先日にアーセナルのトライアルに参加し、ここでのパフォーマンスがアーセン・ヴェンゲル監督の目に留まり、アマチュアプレーヤーから一躍世界屈指の名門クラブのプレーヤーへと大出世を遂げた。

▽アーセナルでは、過去に元イングランド代表DFアシュリー・コール、現在はスペイン代表DFエクトル・ベジェリンと快速を売りとするサイドバックがプレーしてきたが、ブラマルはその系譜を継ぐことができるか。

コメント

関連ニュース

thumb

エジル、宿敵トッテナム下し喜び爆発…A・サンチェスの働きに満足気

アーセナルのMFメスト・エジルが、ノース・ロンドン・ダービーでの勝利に喜びを示した。『スカイ・スポーツ』が報じている。<br><br>アーセナルは18日、プレミアリーグ第12節でトッテナムと対戦。順位表では上を行かれる宿敵との対戦となったが、ガナーズはホームで会心のパフォーマンスを披露して2-0で勝利している。エジルは「本当に嬉しい」と話し、喜びを表現した。<br><br>「僕らには確かなクオリティがある。(アレクサンドル)ラカゼットとアレクシス(サンチェス)は常に危険な存在だ。特に今日はアレクシスがクオリティを発揮して本当に満足している。ファンも喜んでいるだろう」<br><br>なお、アーセナルはホームでトッテナムを下したシーズンでは、4位より下の順位でプレミアリーグを終えた経験はない。現在は6位に甘んじているが、今後順位を上げていくことに期待が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 18:46 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルを挟んだ禁断移籍? バルサがエジル獲りか

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(29)にバルセロナが興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽バルセロナは今夏、パリ・サンジェルマンに引き抜かれたFWネイマールの代わりとしてリバプールのMFフィリペ・コウチーニョ獲得に着手。しかし、リバプールが放出を拒否し、移籍は実現しなかった。 ▽バルセロナは来年1月の移籍市場でもコウチーニョの獲得に動くとみられる。しかし、リバプールが引き続きブラジル代表MFの放出を拒めば、代替案としてエジルの獲得に動く可能性があるという。 ▽エジルに関しては今季限りとなっているアーセナルとの契約延長交渉が滞っていることが伝えられている。そのため、バルセロナとしては比較的安価の移籍金で獲得できそうなこと、そしてアーセナルはヨーロッパリーグを戦っているため、チャンピオンズリーグのメンバーに登録できることも利点のようだ。 ▽なお、エジルはアーセナル加入前の2010年から2013年までレアル・マドリーに所属していた。アーセナルを挟んだ禁断の移籍はあり得るのだろうか。 2017.11.19 15:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービー3年ぶり勝利に満足のヴェンゲル監督、エジルとサンチェスの去就についても言及

アーセナルは、18日に行われたプレミアリーグ第12節でトッテナムに2-0と勝利した。アーセン・ヴェンゲル監督は勝利を喜びつつ、去就のはっきりしないFWアレクシス・サンチェスとMFメスト・エジルについても言及している。<br><br>ホーム「エミレーツ・スタジアム」に、同都市のライバル・トッテナムを迎えたアーセナル。前半のうちにDFシュコドラン・ムスタフィとサンチェスがゴールを奪うと、相手の攻撃を無失点に押さえクリーンシートを達成。プライドがぶつかりあう「ノースロンドンダービー」で、快勝を収めた。なお、リーグ戦でのダービーの勝利は2014年3月以来約3年半ぶりとなる。<br><br>ヴェンゲル監督は『スカイスポーツ』に対し、勝因について「我々は強い意志と集中力を持って試合を戦い、常に危険な場面を作れていた。特にディフェンス面では90分間集中力を保てた」と分析している。<br><br>また、1アシストを記録勝利に貢献したエジルについて、ディフェンス面での貢献を称賛。そして、今季限りで契約の切れるエジルとサンチェスの去就についても言及している。<br><br>「(エジルは)サイドからチャンスを演出していた。交代する時、スタンディングオベーションを受けていたのは、彼が良い選手からではなく、決して得意とは言えないディフェンス面でチームに貢献していたからだ」<br><br>「彼らがクラブとチームを愛していると確信している。いつかはわからないが、彼らは残留を決めるだろう。契約内容も重要だが、幸せと感じることが一番だ。クラブを愛し、ここに残りたいと思っているはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 09:43 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 2-0 トッテナム《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節、アーセナルvsトッテナムによる“ノースロンドン・ダービー”が18日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 33 チェフ 6.5 冷静に相手の枠内シュートを処理。バックパスの処理も安定していた DF 6 コシエルニー 7.0 相手の精度の高いクロスに対して、的確なポジションで応対。ムスタフィとの連係でケインにも決定的な仕事を許さず 20 ムスタフィ 7.5 負傷明けでいきなりビッグマッチも値千金の先制弾を奪取。守備でも身体を張った対応が光った 18 モンレアル 6.5 ムサ・シッソコやトリッピアーにやや苦戦したが、危なげない対応を見せた MF 24 ベジェリン 6.0 幾度かうまく背後を取り攻撃の起点となった 8 ラムジー 6.0 比較的相手のプレッシャーが緩かったこともあり、前向きな場面でチャンスに絡む仕事を見せた 29 ジャカ 6.0 前半にカードをもらったが、そこから我慢の対応を見せた。相手の背後へ精度の高いパスも出していた 31 コラシナツ 6.0 攻守に決定的な仕事はなかったものの、インテンシティの高いプレーぶりだった FW 11 エジル 6.5 先制点をアシスト。流れの中では相手のプレッシャーを掻い潜るボール捌きを披露 (→イウォビ -) 9 ラカゼット 6.5 2点目をアシスト。前線からの守備に加え、積極的に最終ラインと駆け引きした (→コクラン 5.5) 与えられた守備的な役目をきっちりこなした 7 サンチェス 7.0 さすがの決定力で2点目を奪取。D・サンチェスとの激しいバトルを繰り広げた 監督 ヴェンゲル 6.5 シティ戦での抗議が実ったか、やや幸運な2つのゴールで勝ち切る。ただ、内容面でも攻守に粘りが出てきた印象 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_38_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 失点はいずれも致し方なし。ハイラインの背後を果敢な飛び出しでケア DF 6 D・サンチェス 6.0 やや不運な判定で失点に繋がるFKを献上。ただ、それ以外はアジリティと強さを生かして奮闘 15 E・ダイアー 5.5 ビルドアップの場面でミスが目立つ。守備ではラインコントロールに苦戦 5 ヴェルトンゲン 5.5 1失点目ではムスタフィに前に入られた。それ以外は攻守に及第点の出来 MF 2 トリッピアー 5.5 前半は正確なクロスでチャンスを創出も、後半はなかなか良い形で絡めず 17 ムサ・シッソコ 5.5 オープンスペースで推進力を与えるプレーを披露。ただ、守備やビルドアップの局面でやや雑さも散見 19 デンベレ 5.5 アンカーポジションを任されるが、ややボールホルダーへの寄せが甘かった (→ウィンクス 5.5) 積極的にボールに絡む姿勢は見せたが、チーム全体の流れを好転させられず 23 エリクセン 5.0 チーム全体の機能性の問題もあり、良い形でボールに絡めず 33 B・デイビス 5.5 攻撃の場面で存在感を見せたが、やや守備の場面で背後を取られる場面が散見 FW 10 ケイン 5.5 ノースロンドン・ダービーでの連続得点が5試合でストップ。前線で強さを見せたが、決定的な仕事を見せられず (→ジョレンテ 5.5) 一度持ち味の高さで決定機を演出したが、周囲との呼吸が今一つ 20 デレ・アリ 5.0 ボールを引き出す動きやキープ力は見せたが、決定的な仕事に絡めず (→ソン・フンミン 5.0) 終盤のビッグチャンスでシュートを枠に飛ばせず 監督 ポチェッティーノ 5.0 負傷明けのケインやデレ・アリを含め全体的にコンディション面で劣勢に。スパーズで対アーセナル初黒星… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ムスタフィ(アーセナル) ▽ぶっつけ本番の起用だったが、気迫のこもった守備で再三ピンチの芽を摘み続けた。加えて、今季初ゴールのオマケまで付く最高のパフォーマンスに。 アーセナル 2-0 トッテナム 【アーセナル】 ムスタフィ(前36) サンチェス(前42) 2017.11.18 23:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ムスタフィの今季初弾などで勝ち切ったアーセナルが7戦ぶりのNLダービー勝利!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節、アーセナルvsトッテナムによる“ノースロンドン・ダービー”が18日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが2-0で勝利した。 ▽前節、やや不運な判定の影響もあってマンチェスター・シティ相手に1-3で完敗した6位のアーセナル(勝ち点19)は、公式戦5試合ぶりの敗戦と共に早くも今季のリーグ戦4敗目を喫した。インターナショナルウィーク明け最初のリーグ戦となる今回のダービーでは、昨季22年ぶりに順位を下回る屈辱を味わわされた宿敵相手に2014年3月以来、7試合ぶりの勝利を目指す。シティ戦からはコクランに代わって負傷明けのムスタフィを起用した以外、同じメンバーを起用した。 ▽一方、3位のトッテナム(勝ち点23)は前々節マンチェスター・ユナイテッド相手に今季のリーグ戦2敗目を喫したが、直後のチャンピオンズリーグ(CL)で王者レアル・マドリーに3-1の完勝を収め、2節を残して決勝トーナメント進出を果たした。さらに、直近のクリスタル・パレス戦では苦戦を強いられたものの、1-0で勝ち切って2位ユナイテッドと勝ち点で並んだ。上位のマンチェスター勢追走に向けては勝ち点3が必須の敵地でのダービーに向けては、パレス戦から5選手を変更。負傷明けの守護神ロリス、ケイン、デレ・アリが間に合い、トリッピアーとベン・デイビスがウイングバックで起用された。 ▽ダービーらしい緊迫感のある空気の中でスタートした一戦は、互いに立ち上がりからフィニッシュの場面を作り出す。まずは4分、相手陣内でエリック・ダイアーのパスミスを奪ったアーセナルはボックス左に持ち込んだラカゼットがファーでフリーのエジルを無視し、強引に右足を振り抜くが、これは大きく枠を外れる。その直後にはロングボールに対して動きが被ったアーセナル守備陣の隙を突いて抜け出したケインがボックス左で右足を振り抜くが、GKチェフの正面を突いた。 ▽その後も時間毎に主導権が入れ替わる拮抗した展開が続く中、アーセナルは3トップがディフェンスの注意を引き付けつつコラシナツやベジェリンの両ウイングバックが背後のスペースを起点にチャンスを作る。だが、ベジェリンのクロスに飛び込んだラカゼットがわずかに合わせ切れないなど、ゴールまであと一歩という状況が続く。 ▽対するトッテナムはややビルドアップでストレスを感じる場面が多いものの、ムサ・シッソコの持ち上がりやトリッピアーの正確なクロスからチャンスを創出。32分にはボックス中央でB・デイビスから短い折り返しを受けたエリクセンがニアを狙ってシュートも、これは左ポストを掠めて枠外に外れた。 ▽前半終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、均衡を破ったのはアーセナル。36分、アレクシス・サンチェスがDFダビンソン・サンチェスとのイーブンな競り合いから相手陣内左サイドでFKを獲得。このFKの場面でキッカーのエジルがゴール前にクロスを入れると、やや上体がオフサイドラインを出ていたムスタフィが打点の高いヘディングで合わせ、左ポストの内側を叩いたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽さらに42分には相手陣内右サイドでパスを受けたベジェリンがボックス内に走り込むラカゼットにスルーパス。ここも微妙にオフサイドラインを越えていたものの副審は旗を上げず、オフサイドのアピールで一瞬動きが止まった相手守備陣の隙を突いてラカゼットが折り返すと、ゴール前で一度はコントロールを誤るも素早いリカバリーを見せたサンチェスがゴール右角度のないところからGKロリスの頭上を抜く強烈なシュートを蹴り込んだ。そして、前節シティ戦後にヴェンゲル監督が行った主審への抗議が効いたのか、やや幸運な2つの判定をゴールに結び付けたホームチームが2点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、2点のビハインドを追うトッテナムが立ち上がりから攻勢を仕掛ける。49分にはデンベレからの浮き球のクロスをボックス内でフリーのケインが頭で合わすが、これを枠に飛ばせない。さらに56分には相手がスリップして高い位置でエリクセンがボールを奪うと、ボックス右のケインへ短く繋ぐ。ここでケインが右足を振り抜くが、DFムスタフィが決死のシュートブロックで阻む。 ▽押し込む時間が続くものの、あと一押しが足りないトッテナムは62分、デンベレを下げて負傷明けのウィンクスをピッチに送り出す。パス&ムーブで攻撃にリズムを付けられる新鋭の投入で、サイドからの仕掛けだけでなく中央からの仕掛けを増やそうと試みる。一方、2点のリードを守りに行く選択をしたアーセナルは73分、ラカゼットを下げてコクランを投入し、ラムジーとサンチェスを1列ずつ上げる。 ▽逃げ切り体勢に入ったアーセナルのゴールをこじ開けたいトッテナムは75分、負傷明けのデレ・アリとケインを諦め、ジョレンテとソン・フンミンを同時投入し、高さと速さという異なる武器で戦う選択をする。81分にはセットプレーの二次攻撃からB・デイビスの左クロスを、ファーで競り勝ったダイアーが頭で合わすが、ここはGKチェフのファインセーブに阻まれる。 ▽その後はリスクを冒して攻めるトッテナムと鋭いカウンターで3点目を狙うアーセナルという構図の下、互いに決定機を作り合う。85分にはジョレンテが空中戦を制してゴール前のソン・フンミンに絶妙な落としを見せるが、これを枠に飛ばせない。一方、アーセナルもカウンターからサンチェスやイウォビに決定機も、こちらもGKロリスの好守などに遭い、決め切れない。結局、試合はこのまま2-0でタイムアップを迎え、攻守両面の気迫で勝ったアーセナルが、7試合ぶりにダービーでの勝利を掴んだ。 2017.11.18 23:31 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース