元ブラジル代表MFサンドロ、エトー在籍のアンタルヤシュポルに完全移籍2017.01.11 00:56 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トルコのアンタルヤシュポルは10日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRから元ブラジル代表MFサンドロ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となる。

▽母国のインテルナシオナルから2010年にトッテナムに加入したサンドロは、以降4シーズンに渡って同クラブの準レギュラーとして活躍。その後、トッテナム時代の恩師であるハリー・レドナップ監督の誘いを受けて、2014年夏にQPRに移籍していた。

▽ブラジル代表として18キャップを誇るサンドロは、今シーズンのQPRで公式戦8試合に出場し、3ゴールを挙げていた。

▽なお、サンドロが加入するアンタルヤシュポルには、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが在籍している。

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケ、MFベンタレブの完全移籍加入を発表…今季トッテナムからレンタル加入

▽シャルケは24日、トッテナムからレンタル加入中のアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30までの4年間となる。 ▽トッテナムの下部組織で育ったベンタレブは、2013年にトップチーム昇格。今シーズンからシャルケに活躍の場を移し、ここまでブンデスリーガ20試合4ゴール4アシストを記録している。 ▽そのベンタレブは、クラブ公式サイトで完全移籍を果たした心境を明かした。 「昨夏に来たときから、契約のために多くプレーして、クラブの信頼を得ることが目標だった。それが叶い、全てが完璧だ。素晴らしい気持ちだよ」 2017.02.25 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートンやハル・シティなどで活躍した元クロアチア代表FWイェラビッチが貴州恒豊智誠に加入

▽今シーズンから中国スーパーリーグに昇格した貴州恒豊智誠は24日、エバートンやハル・シティなどでもプレーした北京人和の元クロアチア代表FWニキツァ・イェラビッチ(31)の獲得を発表した。シーズン前のレセプションで発表された。 ▽イェラビッチは母国クロアチアのハイドゥク・スプリトでキャリアをスタートさせ、ズルテ・ワレヘム(ベルギー)、ラピド・ウィーン(オーストリア)、レンジャーズ(スコットランド)を経て、2012年にエバートンへ加入。その後、ハル・シティ、ウェストハムと在籍し、2016年2月に中国甲級リーグ(2部)の北京人和に加入していた。 ▽北京人和では、リーグ戦29試合に出場し15得点を記録。しかし、チームは中国スーパーリーグ昇格を逃していた。 ▽貴州恒豊智誠は昨シーズンの中国甲級リーグで2位となり、中国スーパーリーグへ昇格。河南建業からオーストラリア代表DFライアン・マクゴーワンやQPRのオランダ人MFチャロン・チェリーらを獲得。女性でチェアマンを務めるシャオ・ティンウェンさんも話題となっていた。 2017.02.24 11:22 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎所属のレスターがラニエリ監督を解任! 昨季奇跡の優勝に導くも今季は残留争う大不振…

▽レスター・シティは23日、クラウディオ・ラニエリ監督(65)の解任を発表した。 ▽2015年7月に前年残留争いに巻き込まれたレスターの新監督に就任したラニエリ監督は、卓越した手腕を発揮し、奇跡のプレミアリーグ初優勝に導いた。だが、今シーズンはクラブ史上初のチャンピオンズリーグでグループステージ首位通過を決めた一方、プレミアリーグでは開幕から極度の不振に陥った。現在、チームはリーグ戦6試合連続無得点の5連敗中で降格圏の18位ハル・シティと勝ち点1差の17位に位置しており、プレミアリーグ史上初の前年優勝チームの翌シーズン降格という不名誉が現実味を帯びてきている。 ▽今月7日にはラニエリ監督を全面サポートするとの公式声明を発表したレスターだったが、リーグ戦のスウォンジー戦の敗戦、3部のミルウォール相手に敗れたFAカップの敗戦を受けて、同監督の更迭を決断。22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦(1-2で敗戦)の翌日に、解任を公式発表した。 ▽レスターで副会長を務めるアイヤワット・スリヴァッダナプラバ氏は、クラブ公式サイトでラニエリ監督の解任理由について語っている。 「今回の決定は、我々が7年前にクラブを所有することになってから、最も難しい決断だった。しかし、我々は個人的な感情よりも、クラブの長期的な利益を考えなければならない」 「クラウディオはこのクラブに際立ったクオリティを持ち込んでくれた。彼の巧みなマネジメント、モチベート能力、慎重なアプローチ、豊富な経験をクラブに反映させてくれた。また、彼の温かさやカリスマ性はクラブへの認識を大きく変えてくれ、世界規模で認知度を広げることに繫がった。我々は彼が成し遂げてきたことに対して、永遠に感謝の気持ちを持ち続けるだろう」 「我々としては、今シーズンに昨シーズンと同様の成功を収めることを期待していたわけではない。そして、プレミアリーグに残留することをトッププライオリティとしていた。その中で残りの13試合で目標を達成するため、変化が必要だと感じ、今回の決断に至った。そして、これから戦い続けなければならない」 ▽なお、27日に行われるプレミアリーグ第26節のリバプール戦は、アシスタントマネージャーのクレイグ・シェイクスピア氏、トップチームコーチのマイク・ストーウェル氏が暫定指揮官を務める。また、レスターは新監督が決定するまで、後任人事に関していかなるコメントも発表しないと伝えている。 2017.02.24 05:49 Fri
twitterfacebook
thumb

パルチザンを退団した元ブルガリア代表FWボジノフが中国2部の梅州客家に加入

▽中国甲級リーグ(2部)の梅州客家は23日、元ブルガリア代表FWバレリ・ボジノフ(31)の獲得を発表した。契約期間は1年間で、1年間の延長オプションが付いているとのことだ。 ▽レッチェやフィオレンティーナ、ユベントス、マンチェスター・シティ、パルマ、スポルティング・リスボンなど多くのクラブを渡り歩いたボジノフは、2015年7月にテルナーナからパルチザンへと移籍。パルチザンでは公式戦87試合に出場し34得点を記録していたものの、今月17日に退団が発表されていた。 ▽梅州客家は2013年に誕生した新興クラブで、今シーズンは中国2部に所属。中国スーパーリーグ昇格を目指している。 2017.02.23 20:26 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグ入りの噂も挙がった元U-21イタリア代表FWビアンキがセリエBクラブにフリートランスファーで加入

▽今冬に日本行きの噂もあった元U-21イタリア代表FWロランド・ビアンキ(34)が、セリエBのプロ・ヴェルチェッリに完全移籍加入した。 ▽アタランタの下部組織出身のビアンキは、2001年1月にトップチームへ昇格。その後は、カリアリやレッジーナでプレーすると、2007年7月にマンチェスター・シティへと移籍。半年でセリエAのラツィオに移籍すると、トリノやボローニャマジョルカ、ペルージャと多くのクラブを渡り歩いた。セリエAで215試合出場48得点、セリエBで145試合出場55得点を記録している。 ▽2016年1月にペルージャへ加入するも、今年1月26日に退団。一部ではJリーグクラブからのオファーもあるとされていたが、プロ・ヴェルチェッリ入りとなった。なお、プロ・ヴェルチェッリは現在のセリエBで降格圏の20位に位置。セリエB残留に向けて大きな補強となったようだ。 2017.02.20 22:51 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース