元ブラジル代表MFサンドロ、エトー在籍のアンタルヤシュポルに完全移籍2017.01.11 00:56 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トルコのアンタルヤシュポルは10日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRから元ブラジル代表MFサンドロ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となる。

▽母国のインテルナシオナルから2010年にトッテナムに加入したサンドロは、以降4シーズンに渡って同クラブの準レギュラーとして活躍。その後、トッテナム時代の恩師であるハリー・レドナップ監督の誘いを受けて、2014年夏にQPRに移籍していた。

▽ブラジル代表として18キャップを誇るサンドロは、今シーズンのQPRで公式戦8試合に出場し、3ゴールを挙げていた。

▽なお、サンドロが加入するアンタルヤシュポルには、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが在籍している。

コメント

関連ニュース

thumb

元新潟監督の呂比須ワグナー、母国の古巣クラブに復帰!

▽今シーズン限りでアルビレックス新潟の監督を退任した呂比須ワグナー氏(48)の新天地が母国ブラジルのパラナに決まった。 ▽パラナは11日、呂比須ワグナー氏の監督就任を発表。同氏にとって、今年5月まで指揮したパラナに復帰した格好だ。 ▽2017シーズンを呂比須ワグナー氏の下でスタートさせたパラナは、来シーズンから2007年以来となる1部参戦が決定している。 2017.12.11 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

どこまでデカくするのか…ユナイテッド、ラツィオ長身の逸材を144億円で獲得か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)獲得に向けた巨額オファーを準備しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは、トップ下、セントラルMF、セカンドトップを主戦場とする22歳の有望株。昨シーズン、ラツィオでリーグ戦34試合に出場し、4得点9アシストを記録して評価を高めた。今シーズンもここまでリーグ戦13試合に出場し、3得点を記録している。 ▽報道によれば、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がミリンコビッチ=サビッチの獲得を望んでいるようで、クラブレコードとなる9500万ポンド(約144億円)のオファーを準備しているようだ。マンチェスター・シティとユベントスも同選手に興味を持っているとのことだが、争奪戦をユナイテッドがリードしているという。 ▽なお、ユナイテッドでは現在、FWズラタン・イブラヒモビッチやFWロメル・ルカク、MFマルアン・フェライニ、MFネマニャ・マティッチ、MFポール・ポグバ、DFクリス・スモーリングなど190cmオーバーの選手を多く抱えている。191cmのミリンコビッチ=サビッチが加われば、よりフィジカル色と空中戦が強くなりそうだ。 2017.12.10 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

デポルティボ、DFアリーバスがメキシコ移籍

▽デポルティボは9日、スペイン人DFアレハンドロ・アリーバス(28)がリーガMXに所属するプーマスに移籍することを発表した。 ▽ラージョ・バジェカーノの下部組織出身のアリーバスは、オサスナ、セビージャを経て2015年にデポルティボに加入。同クラブではここまで公式戦60試合に出場し、4ゴールを記録していた。 ▽なお、堅実さが売りのスペイン人センターバックが加入するプーマスには、かつてリーガエスパニョーラで活躍したチリ代表MFマルセロ・ディアスやスペインMFアブラハムが在籍している。 2017.12.10 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、主力CBアブラアムと2021年までの新契約締結!

▽フランクフルトは9日、アルゼンチン人DFダビド・アブラアム(31)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽これまでバーゼルやヘタフェ、ホッフェンハイムで活躍したアブラアムは、2015年夏にフランクフルトに3年契約で加入。加入以降はセンターバックのレギュラーとして、公式戦85試合に出場し1ゴールを記録している。また、現在は負傷離脱中のドイツ人FWアレクサンデル・マイヤーに代わってゲームキャプテンを務めている。 ▽アルゼンチンのフル代表の経験はないものの、2005年に行われたU-20ワールドカップでは、バルセロナFWリオネル・メッシやウェストハムDFパブロ・サバレタと共に優勝を果たしている。 2017.12.10 04:16 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー若手MFムソンダが2022年までの新契約にサイン! 先日にはSNSでクラブ批判も…

▽チェルシーは8日、U-21ベルギー代表MFチャーリー・ムソンダ(21)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽卓越したテクニックと創造性を武器とする攻撃的MFのムソンダは、チェルシーとの新契約に満足感を示している。 「とても幸せだし、誇り高い気分だよ。僕はとても若い頃にここに来た。そして、このクラブでの旅を続けられることを嬉しく思っているよ。このクラブを心から愛しているし、今日は僕と家族にとって最高の瞬間だ。まずは自分の立ち位置をハッキリとさせ、チームと共に成長していきたい。そして、永遠にこのクラブに留まり続けたいと思っているよ」 ▽2012年に母国アンデルレヒトのユースからチェルシーのアカデミーに引き抜かれたムソンダだが、トップチームでの出場機会は与えられず、2015-16シーズンにレンタルで放出されたベティスでプロデビュー。その後、2016年12月にベティスから呼び戻されたものの、2016-17シーズン終了まで出場機会は与えられず。それでも、今シーズンのプレミアリーグ開幕節のバーンリー戦でトップチームデビューを果たしたムソンダは、9月に行われたEFLカップ、ノッティンガム・フォレスト戦で初先発と共に初ゴールを記録していた。 ▽なお、ムソンダは今年10月に自身の『インスタグラム』を通じて、「(クラブで出場機会を得るために)自分を犠牲にし、一生懸命に仕事に励み、よりハードに努力を続ける。そして、時に自分ができる以上のものを捧げる。それに対して、(クラブから)何の見返りがあると思うか? それは文字通り、何もない」と、自身を含め若手選手に対するクラブの扱いを痛烈に批判し、物議を醸していた。 2017.12.09 05:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース