超ワールドサッカー

元ブラジル代表MFサンドロ、エトー在籍のアンタルヤシュポルに完全移籍2017.01.11 00:56 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トルコのアンタルヤシュポルは10日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRから元ブラジル代表MFサンドロ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となる。

▽母国のインテルナシオナルから2010年にトッテナムに加入したサンドロは、以降4シーズンに渡って同クラブの準レギュラーとして活躍。その後、トッテナム時代の恩師であるハリー・レドナップ監督の誘いを受けて、2014年夏にQPRに移籍していた。

▽ブラジル代表として18キャップを誇るサンドロは、今シーズンのQPRで公式戦8試合に出場し、3ゴールを挙げていた。

▽なお、サンドロが加入するアンタルヤシュポルには、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが在籍している。

コメント

関連ニュース

thumb

チアゴがバイエルンと2021年までの新契約締結! 今夏バルサ復帰の噂もクラブに忠誠誓う

▽バイエルンは28日、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(26)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽今夏、MFアンドレス・イニエスタやMFチャビ・エルナンデスの後釜として、古巣バルセロナへの復帰の噂が出ていたチアゴだが、今回の新契約締結によって、今後もバイエルンでのキャリアを続けることが決定した。同選手はクラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「僕と僕の家族はミュンヘンを非常に居心地よく感じている。ここでは全てがかみ合っているんだ。将来的にはバイエルンと共にたくさんのタイトルを獲得したいと思っているよ」 ▽また、バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲCEOも若き司令塔の契約延長に満足感を示している。 「チアゴはヨーロッパにおける最高の、そのため最も熱望されるミットフィールダーの一人である」 「彼のような比類ない選手と長期的な契約を結ぶことができ、非常に満足している」 ▽2013年に前指揮官ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)からの熱烈なラブコールを受けて、バルセロナからバイエルンに加入したチアゴは、度重なるケガに悩まされながらも、ここまで公式戦119試合に出場し、17ゴール23アシストを記録している。 2017.04.28 22:33 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、ロブレンが新契約を締結! 「もう1つの夢が実現した」

▽リバプールは28日、クロアチア代表DFデヤン・ロブレン(27)と新契約を締結したことを発表した。契約期間に関して、クラブ公式サイトでは“長期契約”とのみ明記されているが、イギリス『BBC』は2021年6月30日までの4年契約と推定している。 ▽リバプールとの新たな契約にサインしたロブレンは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「僕にとっても家族にとっても、今日は特別な1日になったと思う。僕は今日、世界で最も幸せな人間だと思うよ。僕にとってもう1つの夢が実現したのだからね」 「自分が大好きなクラブにできるだけ長く留まることが、僕にとって常に夢だった。つまり、リバプールと新たな契約にサインできたということさ」 「ここ2シーズンは加入初年度よりもうまく行っていると思うよ。クラブはここまでの自分の貢献に報いてくれた。彼らはファンと共に僕を信じてくれた。個人的にこれまでのすべてのことに敬意を表すよ」 「ここでのすべての経験を嬉しく思うし、できるだけ長くこのクラブに留まりたいと思っている。そして、長い間、リバプールファミリーの一員として居たいんだ」 ▽2014年にサウサンプトンから加入したロブレンは、ここまで公式戦105試合に出場し、4ゴールを記録。屈強なフィジカルを生かしたソリッドな守備に加え、優れた足元のテクニックを生かし、ビルドアップの場面でも貢献するリバプールのディフェンスリーダーの1人だ。 2017.04.28 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタットが元U-19日本代表MF渡邊凌磨と2019年6月まで契約延長…来季はトップ昇格へ

▽インゴルシュタットは26日、日本人MF渡邊凌磨(20)との契約延長を発表した。新契約は2年間で2019年6月30日までとなる。 ▽前橋育英高校出身の渡邊は、高校3年次に全国高校サッカー選手権大会で準優勝に貢献。その後早稲田大学へと進学するも、2015年9月にインゴルシュタットのU-23に加入していた。渡邊はトップチームでの出場こそないものの、トレーニングやテストマッチではプレー。来シーズンからはトップチームに昇格する予定とのことだ。 ▽スポーツディレクターを務めるトーマス・リンケ氏は渡邊との新契約についてコメント。高く評価していると語った。 「渡邊凌磨はU-23で目覚ましい成長を遂げている。彼はテストマッチだけでなく、プロの選手とのトレーニングにも定期的に参加しており、技術とゲームでの賢さで我々を納得させた」 ▽インゴルシュタットは、今シーズンのブンデスリーガで30試合を終えて勝ち点28と降格圏の17位に低迷。プレーオフ圏の16位アウグスブルクとは勝ち点差4、残留圏の13位マインツ、14位ヴォルフスブルク、15位ハンブルガーSVとは勝ち点差5と熾烈な残留争い中となっている。残り4節のインゴルシュタットの成績にも注目だ。 2017.04.27 12:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ボメル氏が指導者キャリアをスタート! 来季から古巣PSVのU-19チームの監督に就任

▽PSVは24日、元オランダ代表MFマルク・ファン・ボメル氏(40)が来シーズンからU-19チームの監督に就任することを発表した。 ▽現役時代にバルセロナ、バイエルン、ミランといったビッグクラブで活躍したファン・ボメル氏は、2013年にPSVで現役引退。その後、2016年からは古巣PSVのU-17、U-19、U-21チームでトレーナー兼コーチを務めていた。 ▽その後、オランダ代表時代のチームメートであるルート・ファン・ニステルローイ氏とヤープ・スタム氏と共に、オランダサッカー協会(KNVB)のコーチングライセンスを取得したファン・ボメル氏は、来季からPSVのU-19チームで監督キャリアをスタートさせることになった。 ▽なお、同胞のベルト・ファン・マルバイク監督率いるサウジアラビア代表でアシスタントコーチも務めているファン・ボメル氏は、2018年ロシア・ワールドカップまで同役職を兼任し続ける予定だ。 2017.04.25 04:00 Tue
twitterfacebook
thumb

元コートジボワール代表MFゾコラがインドネシアのセメン・パダンに加入

▽インドネシア・プレミアリーグに所属するセメン・パダンは24日、元コートジボワール代表MFディディエ・ゾコラ(36)の加入を発表した。 ▽これまでトッテナムやセビージャ、サンテチェンヌといったクラブで活躍してきたゾコラは、コートジボワール代表としても通算123試合に出場してきた実力者。ここ2シーズンは、インド・スーパーリーグのプネー・シティ、ノースイースト・ユナイテッドでプレーしていた。 ▽今シーズンに入って往年の名プレーヤーが次々と加入しているインドネシア・プレミアリーグには、MFマイケル・エッシェン、FWカールトン・コール、FWピーター・オデムウィンギー、MFモハメド・シッソコ、MFフアン・パブロ・ピノといったベテラン選手がプレーしている。 2017.04.24 22:49 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース