超ワールドサッカー

ゼニト、フランス人MFヨアン・モロを獲得! 3年半契約にサイン2017.01.11 00:42 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ゼニトは10日、クリリヤ・ソヴェトフからフランス人MFヨアン・モロ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となる。

▽モナコでプロデビューを飾ったモロは、カーンやナンシー、サンテチェンヌといった国内のクラブで活躍。2015年夏にロシアのクリリヤ・ソヴェトフに1年間のレンタル移籍で加入し、今季から完全移籍でプレーを続けていた。

▽本職の左ウイングに加え、2列目の全ポジションをこなすテクニックに優れるアタッカーは、今シーズンのロシア・プレミアリーグで12試合に出場し、5ゴール4アシストを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

スラビア・プラハが積極補強、ゼニトからMFダニー、ドニプロからMFロタンが加入!

▽スラビア・プラハは27日、元ポルトガル代表MFダニー(33)とウクライナ代表MFルスラン・ロタン(35)の2選手が加入したことを発表した。 ▽ポルトガル屈指の攻撃的MFであるダニーは、2005年に加入したディナモ・モスクワでロシアでのキャリアをスタートすると、2008年にゼニトへ完全移籍。同クラブでは在籍9年間で公式戦256試合に出場し、68ゴール73アシストを記録。3度のリーグ制覇に貢献するなど多くのタイトルをもたらし、自身も2010シーズンにリーグ年間最優秀選手賞に輝き、ゼニト最高の外国人助っ人の呼び声も高い。だが、今季はヒザのケガの影響もあり出場機会を失い、シーズン終了後に退団していた。 ▽一方、母国のドニプロとディナモ・キエフで長らく活躍してきたロタンは、2008年に復帰したドニプロでヨーロッパリーグ準優勝に貢献するなど、同クラブのレジェンドとして君臨。だが、ダニーと同様に愛するクラブを去り、チェコでの新たな挑戦を選択した。なお、ウクライナ代表では通算93試合に出場している。 ▽スラビア・プラハは、今シーズンのシノト・リガ(チェコ1部)で2008-09シーズン以来の優勝。来シーズンはチャンピオンズリーグの予選3回戦から出場する。また、同クラブは同日、アウグスブルクを退団した元トルコ代表MFハリル・アルティントップ(34)の獲得を発表しており、百戦錬磨のベテラン3選手の加入は来季に向けて大きな戦力補強となったはずだ。 2017.06.28 00:51 Wed
twitterfacebook
thumb

マンチーニ新監督就任のゼニト、81億円でローマからマノラス&パレデスの2選手獲得へ! アルゼンチン若手FWにも関心

▽新シーズンからロベルト・マンチーニ新監督を迎えるゼニトが積極補強に動いているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』は、ゼニトが6500万ユーロ(約81億円)でローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(22)の2選手獲得に迫っていると報じた。 ▽『スカイ・スポルト』の伝えるところによれば、先日にローマの新スポーツ・ディレクターのモンチ氏とドイツで交渉を行ったゼニトは、マノラス獲得に向けて当初掲示した3000万ユーロ(約37億4000万円)から増額した4000万ユーロ(約50億円)のオファーを再掲示し、合意を取り付けたという。 ▽また、パレデスに関しては2500万ユーロ(約31億円)の条件で大筋合意し、近日中にも移籍が成立するようだ。 ▽2015年にオリンピアコスからローマに加入したマノラスは、ここまで公式戦131試合に出場し、2ゴールを記録。卓越した身体能力と読みを利かせた守備でセリエA屈指のセンターバックと評されていた。 ▽一方、2014年にボカ・ジュニアーズからローマにレンタル移籍で加入したパレデスは、翌年に完全移籍で正式にローマの一員となった。2015-16シーズンにレンタル先のエンポリでレジスタとしての才能を開花させると、復帰した今シーズンはリーグ戦27試合に出場し、3ゴールを記録するなど、準主力として活躍した。 ▽ローマから2選手の獲得を決定的なモノとしたゼニトだが、リーベル・プレートのU-20アルゼンチン代表FWセバスティアン・ドリウッシ(21)と、パリ・サンジェルマン(PSG)のU-19フランス代表MFロレンツォ・カレガリ(19)の若手2選手の獲得にも迫っている模様だ。 ▽フランス『レキップ』の伝えるところによれば、ゼニトはアルゼンチンの次代を担うアタッカーと評されるドリウッシの獲得に1500万ユーロ(約18億7000万円)、PSG期待の若手MFの1人であるカレガリの獲得に100万ユーロ(約1億2000万円)のオファーを準備しているという。 2017.06.25 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマ、DFマノラスのゼニト移籍が決定的に! 37億円で売却へ

▽ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)のゼニト移籍が決定的となったようだ。イタリア『メディアセット・プレミアム』など複数メディアが伝えている。 ▽『メディアセット・プレミアム』の伝えるところによれば、新シーズンからゼニトの新指揮官に就任したロベルト・マンチーニ監督は、マノラスの獲得をクラブにリクエストしたという。そして、指揮官の要望を受けて、ゼニトはローマの新スポーツ・ディレクターのモンチ氏とドイツで交渉を行い、3000万ユーロ(約37億2000万円)の条件で合意に達した模様だ。 ▽また、マノラス自身もロシア行きを受け入れており、年俸400万ユーロ(約5億円)の3年契約で個人間合意に至っているようだ。 ▽2015年にオリンピアコスからローマに加入したマノラスは、ここまで公式戦131試合に出場し、2ゴールを記録。卓越した身体能力と読みを利かせた守備でセリエA屈指のセンターバックと評されていた。 ▽なお、『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、ローマはマノラスの後釜として、ラス・パルマスのウルグアイ人DFマウリシオ・レモス(21)、エストゥディアンテスのU-20アルゼンチン代表DFフアン・フォイス(19)の獲得に動いているようだ。 2017.06.22 23:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニトがバルサのカンテラーノ・ムニル獲得へ

▽ゼニトがバルセロナの元スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(21)の獲得に近づいているようだ。カタルーニャメディア『Tot costa』の情報を基に、スペイン『CCMA』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、ゼニトはバルセロナが要求する2000万ユーロ(24億8000万円)の移籍金を支払うつもりのようだ。ゼニトを率いるロベルト・マンチーニ監督とフロント陣が補強について話を詰めたうえで、同じく興味を示しているとされるナポリが獲得に動かないようであれば、交渉は数日で終わるだろうと推測している。 ▽バルサの下部組織出身のムニルは2015-16シーズンにトップチームデビューを果たすも、15試合の出場に留まりインパクトを残せなかった。しかし、今シーズンはレンタル移籍でバレンシアに活躍の場を移すと、リーグ戦33試合に出場。チーム最多タイの6得点をマークするなど印象的なシーズンを送った。 ▽しかし同メディアによると、バルセロナのアーネスト・バルベルデ新監督は、ムニルを来季の構想には入れていないようだ。また、『フットボール・エスパーニャ』によるとバレンシアも同選手の獲得に向けて交渉を行っていたようだが、最終的にはゼニト移籍で決着がつきそうだ。 2017.06.22 17:49 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニトがSNSでイブラのアカウントをフォロー、写真流出で移籍決定的か!?

▽マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)が来季からゼニトでプレーする可能性が浮上した。イギリス『TRIBAL FOOTBALL』が伝えた。 ▽今季限りでユナイテッドを退団することが濃厚となっているイブラヒモビッチ。このたび、ゼニトが同選手のSNSアカウントをフォローしたことから、同メディアは、ゼニト移籍が決定したのではないかと報道したようだ。 ▽伝えられるところによれば、移籍をネタにしたイタリアのツイッターアカウント『MercatoRetweettato』は、このことにいち早く反応。「ゼニトがイブラの公式アカウントをフォローした」というコメントと同時に、イブラヒモビッチがゼニトのユニフォームを着ている写真を投稿した。 ▽しかし、その写真は『MercatoRetweettato』のツイッター上に写真として残っているものの、ゼニトの公式アカウントが間違えてアップしてしまったもののようで、ゼニトのアカウント上から既に削除されている。 ▽なお、ゼニトは1日に来季の新監督としてロベルト・マンチーニ氏を招へいしたばかり。同監督はインテルを率いていた2006年から2008年までイブラヒモビッチを指導していた縁がある指揮官だ。その間、2度のセリエA優勝を経験したマンチーニ氏とイブラヒモビッチとの関係から、この移籍が実現する可能性は十分にあるとみられている。 2017.06.11 17:24 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース