ゼニト、フランス人MFヨアン・モロを獲得! 3年半契約にサイン2017.01.11 00:42 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ゼニトは10日、クリリヤ・ソヴェトフからフランス人MFヨアン・モロ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となる。

▽モナコでプロデビューを飾ったモロは、カーンやナンシー、サンテチェンヌといった国内のクラブで活躍。2015年夏にロシアのクリリヤ・ソヴェトフに1年間のレンタル移籍で加入し、今季から完全移籍でプレーを続けていた。

▽本職の左ウイングに加え、2列目の全ポジションをこなすテクニックに優れるアタッカーは、今シーズンのロシア・プレミアリーグで12試合に出場し、5ゴール4アシストを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ゼニト、ロシア代表FWザボロトニーを獲得!

▽ゼニトは13日、ロシア・プレミアリーグに所属するトスノからロシア代表FWアントン・ザボロトニー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。 ▽CSKAモスクワの下部組織出身のザボロトニーは、FCウファやファケル・ヴォロネジなどでのプレーを経てトスノに加入。188cmの長身に加え、屈強な体躯を誇る本格派ストライカーは、昨シーズンのロシア・ナショナル・フットボールリーグ(ロシア2部)で32試合に出場し、16ゴールを挙げる活躍を披露し、同クラブ史上初の1部昇格に貢献していた。 ▽また、今年10月に行われた韓国代表との国際親善試合でロシアのフル代表デビューを飾ったザボロトニーは、ここまで通算3キャップを記録。ゼニトへのステップアップ移籍を足掛かりに、本大会でのメンバー入りを目指す。 2017.12.14 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表監督候補のマンチーニ「リストに載っていることは光栄だが」、本大会逃したアズーリにも言及

▽ゼニトのロベルト・マンチーニ監督(52)が、イタリア代表監督就任の噂について、自身の考えを明かした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽イタリア代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGでスペイン代表の後塵を拝して2位となりプレーオフに回った。そのプレーオフではスウェーデン代表と対戦するも2戦合計0-1で敗れ、60年ぶりにW杯本大会出場を逃している。 ▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は15日、指揮官であるジャンピピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任したことを発表。イタリアメディアでは次の代表監督として、前指揮官であるチェルシーのアントニオ・コンテ監督、現在フリーのカルロ・アンチェロッティ氏に加えマンチーニ監督の名前を挙げた。 ▽この報道を受けてマンチーニ監督は「リストに載っていることは光栄だが、今はゼニトで満足しており代表チームには興味がない」と、アズーリの指揮官就任の可能性を否定。また、イタリア代表がW杯出場を逃したことについても言及し、深い悲しみを感じていることを口にした。 「多くの仲間たちと同じように、ロシアの地で活躍するイタリア代表を夢見ていた。彼らが予選で敗退してしまい、本当に大きな悲しみを感じている」 「1958年もW杯出場を逃したんだ。それ以来、W杯に出続けて、それが当たり前だと感じていた。そして再びW杯がなくなってしまい、とても悲しい思いをしている」 ▽なお、マンチーニ監督は2001-02シーズンにフィオレンティーナの指揮官として監督業を開始。その後は古巣であるラツィオやインテル、マンチェスター・シティなどを渡り歩き、今シーズンからゼニトの指揮官として采配を振るっている。 2017.11.17 09:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオが唯一の4連勝! 2節を残して5チームの決勝T進出が決定!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が2日に各地で行われた。この結果、5チームが2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 ▽例年、混戦模様のグループステージで唯一の全勝を継続したのは、グループKのラツィオ。リーグ戦の好調を活かしたチームは、ズルテ・ワレヘム、フィテッセと格下相手にきっちり連勝を飾ると、前節は昨季リーグ・アン3位のニース相手に敵地で3-1の快勝を飾った。 ▽そして、勝利で決勝トーナメント進出と首位通過が確定する今節は、ニースとのリターンマッチに臨んだ。エースFWインモービレら一部主力を温存したことで一進一退の攻防を強いられたが、試合終了間際の92分にセットプレーの流れからパローロがニアでフリックしたボールが相手のオウンゴールを誘い、劇的な形での1-0の勝利となった。 ▽ラツィオと同様に3連勝で第4節を迎えたグループGのステアウア・ブカレスト、 グループHのアーセナル、グループLのゼニトは、いずれもドローに終わり、4連勝を逃した。それでも、勝ち点10の大台に乗せた3チームは他会場の結果によって、2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、ここまで2勝1分けの勝ち点7でグループB首位に立っていたディナモ・キエフは、敵地でのヤング・ボーイズとの一戦をブヤルスキのゴールで1-0で勝利。こちらも勝ち点を「10」に伸ばして突破を決めた。 ◆EL決勝トーナメント進出(第4節終了時点) ▽グループB ディナモ・キエフ(ウクライナ) ▽グループG ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) ▽グループH アーセナル(イングランド) ▽グループK ラツィオ(イタリア) ▽グループL ゼニト(ロシア) 2017.11.03 07:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼニトが今夏5人目のアルゼンチン人選手獲得! 若手MFリゴーニが加入

▽ゼニトは23日、アルゼンチンのインデペンディエンテからアルゼンチン人MFエミリアーノ・リゴーニ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽イタリアとアルゼンチンの二重国籍を持つリゴーニは、2013年に母国のベルグラーノでプロデビュー。両足の正確なキックとドリブル突破に優れるウイングプレーヤーは、同クラブで公式戦74試合に出場し、8ゴール6アシストを記録した。その後、2016年には名門インデペンディエンテに加入し、昨シーズンはリーグ戦24試合に出場し7ゴールを挙げていた。 ▽なお、ロベルト・マンチーニ新監督を招へいしたゼニトは、今夏の移籍市場でDFエマヌエル・マンマナ、MFレアンドロ・パレデス、MFマティアス・クラネビッテル、FWセバスティアン・ドリウッシと、4人の若手アルゼンチン人選手を獲得しており、リゴーニが5人目として加入することになった。 2017.08.24 01:01 Thu
twitterfacebook
thumb

低調なマンチーニ率いるゼニトがユトレヒトに先勝許す…《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグ、ユトレヒト(オランダ)vsゼニト(ロシア)が16日に行われ、ホームのユトレヒトが1-0で先勝した。 ▽マンチーニ新監督の下でEL本大会出場を目指すゼニトは、敵地での1stレグに向けて今夏獲得したマンマナ、クラネビッテル、パレデス、ドリウッシの若きアルゼンチン代表選手を揃って先発で起用。また、イバノビッチやクリーシト、ココリン、スモルニコフら既存の主力もピッチに立った。 ▽地力で勝るゼニトが押し込む展開が予想されたが、ホームのユトレヒトが球際での勝負をことごとく制して、鋭いカウンターから決定機を創出していく。29分には完璧に裏へ抜け出したデサースがボックス内で続けて決定的なシュートを放つが、ここはGKルニェフが2度に渡ってビッグセーブを披露し、ゴールを許さない。その後も主導権を掴んだユトレヒトが、ゴールこそ奪えなかったものの、前半を良い形で終えた。 ▽迎えた後半もユトレヒトが押し込む展開が続く中、何とか失点を免れるゼニト。だが、後半半ばの77分に右サイドからのクロスをゴール前のセサースがヘディングシュート。これはGKルニェフが見事な反応で弾き出すが、こぼれ球をラブヤドに頭で押し込まれ、ユトレヒトに先制点が生まれる。 ▽敵地とはいえ、負けられないゼニトは、試合終盤に長身FWジューバを投入して決死のパワープレーに出るが、最後までゴールをこじ開けられず。敵地での1stレグを0-1で落としたゼニトは、低調な試合内容を含めて不安を残す形でホームでの2ndレグに臨むことになった。 ▽なお、プレーオフ2ndレグは1週間後の24日に行われる。ELプレーオフ1stレグの結果および日程は以下の通り。 ◆ELプレーオフ1stレグ ▽8/16(水) ユトレヒト(オランダ) 1-0 ゼニト(ロシア) ▽8/17(木) ミラン(イタリア) vs シュケンディヤ(マケドニア) バルダル(マケドニア) vs フェネルバフチェ(トルコ) アヤックス(オランダ) vs ローゼンボリ(ノルウェー) オシエク(クロアチア) vs オーストリア・ウィーン(オーストリア) FCクラスノダール(ロシア) vs レッドスター・ベオグラード(セルビア) アルタッハ(オーストリア) vs マッカビ・テルアビブ(イスラエル) BATEボリソフ(ベラルーシ) vs オレクサンドリーヤ(ウクライナ) クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs AEKアテネ(ギリシャ) マリティモ(ポルトガル) vs ディナモ・キエフ(ウクライナ) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs スカンデルベウ(アルバニア) ルドゴレツ(ブルガリア) vs スードゥヴァ(リトアニア) パナシナイコス(ギリシャ) vs ビルバオ(スペイン) アポロン(キプロス) vs ミッティラン(デンマーク) ドムジャレ(スロベニア) vs マルセイユ(フランス) パルチザン・ベオグラード(セルビア) vs ビデオトン(ハンガリー) ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド) vs ブラガ(ポルトガル) エバートン(イングランド) vs ハイデュク・スプリト(クロアチア) レギア・ワルシャワ(ポーランド) vs シェリフ(モルドバ) FCヴィトルル(ルーマニア) vs ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs AEKラルナカ(キプロス) PAOK(ギリシャ) vs エステルンド(スウェーデン) 2017.08.17 02:57 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース