デ・ブール、インテルでの失敗の要因は言葉の壁?「すべてが難しかった」2017.01.10 18:32 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
今シーズンから日本代表DF長友佑都が所属するインテルを指揮し、11月に解任されたオランダ人のフランク・デ・ブール元監督が失敗の要因として、言葉の壁があったことを明かしている。オランダ紙『デ・テレグラフ』が報じている。

デ・ブール元監督はセリエAで12位に低迷するなど成績が振るわず、わずか85日で解任された要因について分析している。

「こうなるはずではなかった。この仕事でかなりのエネルギーを費やした。この3ヶ月は1年のように感じた」

開幕直前にインテル監督への就任が決定したため、与えられた時間が短かったことに加え、コミュニケーションの問題があったことを明らかにしている。

「私がオファーを受けたのはシーズン開幕のわずか10日前だった。それに加えて、私は言葉の壁を乗り越えなければならず、すべてが難しかった」

また自身の戦術を浸透させ、チーム作りの時間が十分に与えられなかったことについて、不満を口にしている。

「準備を始めたのはシーズンが始まってからだ。当初想定されていたように、クラブがもっと時間をくれることを期待していた。インテルの幹部も、私が短期間でチームをつくる監督でないのは知っていたはずだ」


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース