ミランOBがベテランの重要性を強調「若手主体もいいがベテランなしに成長はない」2017.01.10 17:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
元ミラン監督のクラレンス・セードルフ氏が9日、スイス・チューリッヒで行われたFIFA年間表彰式に出席した際に、今シーズンの若手主体のミランについて「ベテランがいないと成長できない」と話し、厳しい立場を示した。

セードルフは2014年に監督としてミランを指揮したほか、2002年から2012年まで10年間、選手としてプレーしたOBでもあり、ミランをよく知る人物の1人だ。

今シーズン、ミランはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の指揮の下、若手主体のチームへと変貌した。若手特有の団結力、闘争心を武器に好調を維持している。

セードルフは今シーズンブレークした若手が、これからも順調に成長を続けるためには、ベテランの力が必要になると主張し、若手ばかりに注目するメディアに釘を刺した。

「私は遠くからミランを見守っているが、聞くのは若手の話ばかりだ。だが若手選手だけでは成長はできない。常にベテランと若手がミックスしたチームが必要になる」

また、凋落を続けるイタリアサッカーの将来を危惧し、新世代の誕生を期待している。

「イタリアで多くの若手選手が台頭してきているのは嬉しいことだ。適切な指導を受けて、失敗しながらも成長する機会を与えられることを望む。イタリアの将来のためには新世代の才能の開花が待たれる」


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース