シャルケ内田篤人と京都丸紅がコラボ!七五三着物企画を発表「“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」2017.01.10 12:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽シャルケに所属する日本代表DF内田篤人が七五三企画『内田篤人×JAPAN STYLE』として、京都丸紅株式会社とコラボレーションすることが発表された。

▽京都紅丸は「JAPAN STYLE」は、伝統的な「和」の世界を都会的な着物で創造するブランドとして2002年にスタート。2017年は世界の舞台で活躍し続ける内田とコラボレーションし、未来の夢に向かってチャレンジする子供たちを応援する七五三企画を展開する。

▽今回の企画では今年七五三を迎える全国の日本男児や大和撫子達の健やかな成長を願う七五三着物として提案。「“子供たちの未来を拓くジャパンスピリッツ”をテーマに内田篤人氏のひたむきに努力する前向きな姿勢や、誠実な人柄をイメージしてデザインに表現」したとのことだ。

▽商品ラインナップとしては、万寿菊模様が印象的な7歳用女児着物。勇壮な昇り龍をモチーフにした3歳・5歳用男児アンサンブル袴セット。モダンな縞絣柄をモチーフにジャパンブルーで仕上げたメンズアンサンブル袴セット。祝いごとの衣裳を通じ、今年七五三を迎える子供たちの未来の飛躍を願い提案する新シリーズとなっている。

▽今回のコラボレーションについて内田は「この度、歴史ある京都丸紅様と契約できたことを光栄に思います」とコメント。着物についてもコメントしている。

「今回着させていただいている着物は、僕の好きな色である黒と、シャルケ、日本代表でも着慣れた青が印象的で、素敵なデザインに仕上げて頂きました。七五三では、ぜひご家族でこの着物を着て、特別な一日を過ごしてほしいです。昨年末に久しぶりにピッチに立つことができました。今年は更なる活躍をたくさんお届けできるよう“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」

コメント

関連ニュース

thumb

W杯大丈夫? 酒井宏樹、左ヒザのねん挫か

▽フランス『レキップ』がマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹の離脱期間を報じた。 ▽酒井は21日に行われたリーグ・アン第34節のリール戦(5-1でマルセイユが勝利)で左ヒザを負傷。主力の右サイドバックに君臨する日本代表として開幕まで2カ月を切ったロシア・ワールドカップ出場にも心配の声が挙がっているところだ。 ▽『レキップ』が報じたところによれば、酒井は診断の結果、左ヒザのねん挫で内側側副じん帯の損傷が判明。具体的な期間こそ明記されていないものの、今後数週間の離脱を余儀なくされる可能性があるという。 ▽なお、マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督は、負傷の酒井に関して、26日にホームで行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのザルツブルク戦の欠場を明言している。 2018.04.23 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

EL日本人対決のチケットが大人気! サイトがダウン→復旧後に完売

▽26日に行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのマルセイユvsザルツブルク。このチケットが思わぬ人気となっているようだ。マルセイユが公式サイトで明かした。 ▽日本人にとっては、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとFW南野拓実が所属するザルツブルクの対戦ということもあり、注目を集めている。しかし、それはヨーロッパの地元ファンにとっても同じだったようだ。 ▽マルセイユは、22日にチケットの販売を開始。しかし、同時に4万5000人のファンが座席を購入しようとしたとのこと。この影響で、チケット販売サイトのサーバーがダウンしてしまったということだ。 ▽マルセイユはクラブ公式サイトに声明を発表。「このような状態に陥った方々に、心から謝罪します。次回の販売時には、必要と思われる教訓を活かします」と、サイトに接続できなかった方への謝罪を行った。 ▽なお、その後にサイトは復旧。しかし、すぐに全チケットが売り切れたと、マルセイユは報告している。日本代表DF酒井宏樹はヒザを傷め欠場の見込みだが、マルセイユファンは決勝進出に向けてヒートアップしているようだ。 2018.04.23 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ヒジ打ち被害者のゼルケが、翌日の長谷部誠の対応を明かす「偉大な行為」

▽フランクフルトの日本代表MF長谷部誠がヒジ打ちで一発退場となったが、その後の対応を被害者のヘルタ・ベルリンFWダビー・ゼルケが明かした。ドイツ『BZ』が報じた。 ▽事件は21日に行われたブンデスリーガ第31節のフランクフルトvsヘルタ・ベルリンで起こった。まずは0-0で迎えた56分、ゼルケの抜け出しに対応した長谷部が、ボックス内でファウルを犯したとしてPKの判定に。微妙なジャッジはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって決定された。さらに0-2で迎えた79分、右サイドで長谷部がドリブルで運ぶと、後ろからチェイスしたゼルケに対し、ヒジ打ちを見舞い、長谷部は一発退場となっていた。 ▽この件に関し、ゼルケがコメント。ヒジ打ち後の長谷部の対応を明かし、称賛の言葉を送った。 「僕は頬骨を完全にヒジ打ちをされた。そして倒れ込んだことで、まだ頭が痛いよ。そのおかげで、問題はなかったけど、ピッチを去ることになったんだ」 「信じられなかったのは、その後にドーピング・コントロールに行かなくてはいけなかったことだよ」 「長谷部は僕に電話をかけてきて、謝罪したんだ。偉大な行為だね。僕は怒っていないし、ヒジ打ちを訴えるつもりもなかった。それがフットボールだよ」 ▽また、VARに寄って獲得したPKについても言及。PKで間違いないとの見解を語った。 「シミュレーションにも見えたかもしれないけど、実際には僕が向きを変えた時に彼のヒジが当たって、僕が倒れたということだ。つまり、僕のPKだったということだよ」 2018.04.23 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

先制アシストの原口元気、独メディアで最高評価に!2Aの宇佐美貴史も高評価

デュッセルドルフは22日、ブンデスリーガ2部第31節でインゴルシュタットに3-0と快勝した。ドイツメディア『WESTDEUTSCHE ZEITUNG』は、先発した原口元気と宇佐美貴史に高い評価をつけている。<br><br>2部優勝目前まで来て3連敗と、足踏み状態の続くデュッセルドルフ。それでも、この試合は立ち上がりから攻め込み、7分には原口のアシストから先制。さらに39分、65分と宇佐美がCKから得点をお膳立てし、3-0と勝利を挙げた。<br><br>この試合で輝きを放った日本代表2選手に、『WESTDEUTSCHE ZEITUNG』は高評価をつけている。<br><br>原口元気は、チームトップの「1」に。「ゲンキ・ハラグチはフォルトゥナの頭脳だ。試合のペースやタイミングを正確に良く知っている。クレバーに1点リードをもたらし、対峙する相手は困難に陥った。悪かったのは独力での得点と、近距離からシュートを外したことだけだろう」と、絶賛している。<br><br>一方、2アシストの宇佐美には「2」が。寸評では、「フォルトゥナでの最初のタカシ・ウサミはもういない。彼自身のパフォーマンスがとても良かっただけではなく、同胞のハラグチとうまく連携した。後方での働きも効果的だった」と、原口との連携を含めて称賛している。<br><br>残り3試合で首位をキープするデュッセルドルフ。一部昇格へ向け、1ゴール4アシストの原口、7ゴール4アシストの宇佐美の両日本代表は、チームに欠かせない存在となっている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2018.04.23 07:35 Mon
twitterfacebook
thumb

久保が4試合ぶりのゴールもヘントは3試合勝利なし…《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは22日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第5節でシャルルロワと対戦し、1-2で敗戦した。久保は72分までプレー、60分に今季9ゴール目を記録した。 ▽2試合勝利のない4位ヘント(勝ち点32)が、6位シャルルロワ(勝ち点27)のホームに乗り込んだ一戦。試合はボールポゼッションで上回るヘントが優位に進めると、12分に味方のパスをペナルティアーク手前で受けた久保が縦に切り込みシュート。しかし、このシュートは左ポストを直撃した。 ▽さらに16分にも、ロマン・ヤレムチュクのスルーパスでボックス中央まで侵攻した久保がスライディングシュートを狙うも、これは飛び出したGKがブロック。セカンドボールをボックス右で拾ったサムエル・カルが再びシュートを狙うが、これは守備に戻った相手DFがゴール前でブロックした。 ▽良い流れで試合を進めていたヘントだが、一瞬の隙から先制を許す。23分、中盤でパスカットしたフランシス・ヌワンガがダイレクトで前線にボールを送ると、左サイドからダイアゴナルなドリブルで仕掛けたクリスティアン・ベディアのラストパスをママドゥ・フォールが流し込んだ。 ▽0-1で迎えた後半、反撃に出たいヘントだったが再びスコアを動かしたのはシャルルロワ。54分、自陣でパスカットしたマルコ・イライマハリトラが右サイドを持ち上がると、センターライン付近から相手DFの裏へクロス性のロングスルーパスを供給。これに反応したダビド・ポイェがダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽リードを広げられたヘントは、59分にカルを下げてブレヒト・デヤーゲレを投入。すると60分、デヤーゲレループパスをブロックに入ったドリアン・デソレイユのバックヘッドが右ポストを直撃。こぼれ球に素早く反応した久保がこれを押し込み、1点を返した。 ▽同点弾を狙うヘントは、72分に久保を下げてアンドレス・クリスティアンセンを投入。さらに83分にはギオルギ・チャクヴェタゼに下げてママドゥー・シラをピッチに送り出した。 ▽しかし、その後は互いにスコアを動かすことができず。試合は1-2で終了。久保が4試合ぶりのゴールを記録したが、ヘントは3試合未勝利で終わっている。 シャルルロワ 2-1 ヘント 【シャルルロワ】 フォール(前23) ポイェ(後9) 【ヘント】 久保裕也(後15) 2018.04.23 05:29 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース