シャルケ内田篤人と京都丸紅がコラボ!七五三着物企画を発表「“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」2017.01.10 12:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽シャルケに所属する日本代表DF内田篤人が七五三企画『内田篤人×JAPAN STYLE』として、京都丸紅株式会社とコラボレーションすることが発表された。

▽京都紅丸は「JAPAN STYLE」は、伝統的な「和」の世界を都会的な着物で創造するブランドとして2002年にスタート。2017年は世界の舞台で活躍し続ける内田とコラボレーションし、未来の夢に向かってチャレンジする子供たちを応援する七五三企画を展開する。

▽今回の企画では今年七五三を迎える全国の日本男児や大和撫子達の健やかな成長を願う七五三着物として提案。「“子供たちの未来を拓くジャパンスピリッツ”をテーマに内田篤人氏のひたむきに努力する前向きな姿勢や、誠実な人柄をイメージしてデザインに表現」したとのことだ。

▽商品ラインナップとしては、万寿菊模様が印象的な7歳用女児着物。勇壮な昇り龍をモチーフにした3歳・5歳用男児アンサンブル袴セット。モダンな縞絣柄をモチーフにジャパンブルーで仕上げたメンズアンサンブル袴セット。祝いごとの衣裳を通じ、今年七五三を迎える子供たちの未来の飛躍を願い提案する新シリーズとなっている。

▽今回のコラボレーションについて内田は「この度、歴史ある京都丸紅様と契約できたことを光栄に思います」とコメント。着物についてもコメントしている。

「今回着させていただいている着物は、僕の好きな色である黒と、シャルケ、日本代表でも着慣れた青が印象的で、素敵なデザインに仕上げて頂きました。七五三では、ぜひご家族でこの着物を着て、特別な一日を過ごしてほしいです。昨年末に久しぶりにピッチに立つことができました。今年は更なる活躍をたくさんお届けできるよう“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」

コメント

関連ニュース

thumb

ケルン指揮官が大迫に期待するものを明かす…様々なポジションで起用する理由も説明

ケルンを率いるペーター・シュテーガー監督が、FW大迫勇也の持ち味について語りながら、複数のポジションをこなせるユーティリティー性を高く評価した。ドイツ『ボンナー・ゲネラールアンツァイガー』が伝えている。<br><br>大迫は前節シャルケ戦でアンソニー・モデストのゴールをアシスト。シュテーガー監督は大迫の持ち味が生きたとし、このように語っている。<br><br>「それがまさに彼の持ち味で、我々が彼に期待しているものだ。ボールを素早く最前線に送るプレーというのはね。ユウヤはそれを何度もトライし、リスクを冒すこともある。なので、常に上手くいくとは限らないけどね」<br><br>1年前は、そういったプレーを失敗したとき、ブーイングされることもあった大迫だが、指揮官は「当時に比べれば今は本当に素晴らしくできている」と評価した。<br><br>昨シーズンから今シーズンにかけて、大迫はセカンドストライカーやウィング、トップ下や中盤と複数のポジションで起用されてきた。ユーティリティー性は大迫の能力が成せるものだとし、モデストという絶対的なストライカーがいることがそういった起用法につながっていることを示唆している。<br><br>「我々の下で新しいことをたくさん経験し、それに慣れる必要があった。彼ほどのサッカー知能、技術、フィジカルを持てば、複数のポジションをこなせる。自由に全方向に動けるセンターフォワードとしてはおそらく最も効果的だろう。だが、そこにはアンソニーといったもう1人のトッププレーヤーがいるんだ」<br><br>提供:goal.com 2017.02.25 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤、レバークーゼン戦で2試合ぶりに先発復帰か…マインツ指揮官「100%の状態」

マインツに所属するFW武藤嘉紀は、25日に行われるレバークーゼン戦で先発起用される可能性は高いといえそうだ。<br><br>今年に入り数試合を先発メンバーとしてプレーしていた武藤だが、ここ2試合はベンチからスタートし、前節ブレーメン戦は投入されなかった。だが、レバークーゼン戦に向けた会見でマルティン・シュミット監督は武藤が良い状態に仕上がっていると話している。<br><br>「ヨッチは今、我々が期待しているところまでにたどり着いている。1~2週間前から負傷していた足でも慎重にならないでインサイド、アウトサイドで蹴れるようになった。長い間ちょっとためらいがあったんだ」<br><br>「だが、それを乗り越え、今は高いレベルで練習できているし、トレーニングごとに調子を上げている。練習やフィットネスに関しては100%の状態と言って良いだろう。その他は試合を通じて取り戻すことになる」<br><br>スイス人指揮官は、ブレーメン戦では1トップにはFWジョン・コルドバを置き、冬に加わったFWボージャン・クルキッチをトップ下で起用した。だが、この試合を0-2で落としたことで、武藤にもまた先発のチャンスが訪れるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.02.25 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ内田篤人、27日の全体練習から合流の可能性

▽シャルケに所属する日本代表DF内田篤人の復帰が近づいている。シャルケは24日、クラブ公式ツイッターで全体練習復帰の可能性を示唆している。 ▽昨年12月に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ最終節のザルツブルク戦で1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たした内田。しかし、その後に内転筋を負傷したため、リーグ戦の出場は依然として叶っていない。 ▽しかし、シャルケでスポーツディレクター(SD)を務めるアクセル・シュースター氏は、完全復活が待たれる内田の状態について言及。27日にもチームの全体練習に合流する可能性を明かした。 「ウチダは最近、背中に小さな問題があった。しかし、このまま痛みのない状態が続けば、月曜日から100%全体練習に参加する」 2017.02.25 09:48 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎が復帰に向けて始動!チームメイトも喜びの声「できる限りサポートする」

テネリフェに所属するMF柴崎岳が練習を再開した。チームメイトも温かいコメントを残した。クラブの公式サイトが伝えている。<br><br>柴崎はテネリフェ移籍後、胃腸炎と不安障害とみられる症状に苦しめられ、スペインデビューから遠ざかっている。問題の解決を目指し、クラブの許可を得てバルセロナへと渡った。その後、クラブは公式ツイッターを通じて柴崎がテネリフェ島に帰還したと伝えていた。<br><br>そして23日、柴崎は個別メニューをジム内で行った。チームメイトのDFアルベルト・ヒメネスは、復帰に向けて動き始めた柴崎へのサポートを明言した。<br><br>「柴崎が戻ってきたのは喜ばしいこと。徐々に調子を上げてくれるだろう。適応に時間がかかるのは当然だ。遠くからやってきたのだからね。早くチームのために力を発揮できることを望んでいる。できる限りサポートをしていくよ」<br><br>テネリフェは、リーガ・エスパニョーラ2部第26節を終え、10勝5敗11分けで4位につけている。テネリフェは第27節、敵地でマジョルカと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.02.25 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト浅野拓磨、生活面の悩みの種は“スピード”?ピッチ外のジャガーぶりを封印

ブンデスリーガ2部シュツットガルトでプレーする日本代表FW浅野拓磨は、初めての海外生活にあたってどのような悩みを抱えているのだろうか。ドイツ紙『ビルト』のインタビューで、「オービス」に苦戦していると明かしている。<br><br>現地でも30m走は3.67秒といった速さで走り切り、日本では&ldquo;ジャガー&rdquo;と呼ばれることなどが紹介されてきた浅野だが、インタビューにも予定より10分早く登場。記事によると「気持ち良くオープンに」シュツットガルトでの最初の半年間を振り返ったとのこと。<br><br>「特にサッカー以外の部分で最初は色々苦労しましたね」と切り出した浅野。文化や言語と海外挑戦するにあたって乗り越えなければいけない壁はもちろん、現地での生活で最も驚かされたのは「オービス」との呼び名でも知られる自動速度違反取締装置だったと明かしている。<br><br>「正直、オービスには何度も引っ掛かってしまいました。あれほど狭いところにたくさんのオービスが設置されていることは新しい経験ですね。これからはピッチ内だけでジャガーでいたいです」<br><br>数カ月間ホテル生活が続いた浅野は、先日シュツットガルトの中心街のアパートに入居し、今週には自転車も購入したという。『ビルト』では、今後罰金の通知が少なくなるかもしれないとの見解が述べられている。<br><br>インタビューではまた、ショッピングが趣味だと語り、同僚のMF細貝萌とその家族と食事をすることが多いと話している。「シュツットガルトのサッカーやここでの生活には馴染んでいますし、気に入っていますよ!」と順調な様子だ。<br><br>一方で、アーセナルからレンタルでシュツットガルトに加わっている同選手は、去就について「来季のことはまだ分かりませんね。今はここのこと、そして1部昇格のことしか考えていないです」とコメント。だが、「もう1年ここでプレーすることはイメージできます!」と個人的には同クラブに残る可能性は考えられると続けている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 19:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース