シャルケ内田篤人と京都丸紅がコラボ!七五三着物企画を発表「“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」2017.01.10 12:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽シャルケに所属する日本代表DF内田篤人が七五三企画『内田篤人×JAPAN STYLE』として、京都丸紅株式会社とコラボレーションすることが発表された。

▽京都紅丸は「JAPAN STYLE」は、伝統的な「和」の世界を都会的な着物で創造するブランドとして2002年にスタート。2017年は世界の舞台で活躍し続ける内田とコラボレーションし、未来の夢に向かってチャレンジする子供たちを応援する七五三企画を展開する。

▽今回の企画では今年七五三を迎える全国の日本男児や大和撫子達の健やかな成長を願う七五三着物として提案。「“子供たちの未来を拓くジャパンスピリッツ”をテーマに内田篤人氏のひたむきに努力する前向きな姿勢や、誠実な人柄をイメージしてデザインに表現」したとのことだ。

▽商品ラインナップとしては、万寿菊模様が印象的な7歳用女児着物。勇壮な昇り龍をモチーフにした3歳・5歳用男児アンサンブル袴セット。モダンな縞絣柄をモチーフにジャパンブルーで仕上げたメンズアンサンブル袴セット。祝いごとの衣裳を通じ、今年七五三を迎える子供たちの未来の飛躍を願い提案する新シリーズとなっている。

▽今回のコラボレーションについて内田は「この度、歴史ある京都丸紅様と契約できたことを光栄に思います」とコメント。着物についてもコメントしている。

「今回着させていただいている着物は、僕の好きな色である黒と、シャルケ、日本代表でも着慣れた青が印象的で、素敵なデザインに仕上げて頂きました。七五三では、ぜひご家族でこの着物を着て、特別な一日を過ごしてほしいです。昨年末に久しぶりにピッチに立つことができました。今年は更なる活躍をたくさんお届けできるよう“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント香川、ブレーメン戦で見せ場つくるも地元紙は辛口「いつも何かしらと不運」

ドルトムントは21日に行われたブンデスリーガ第17節で敵地でブレーメンと対戦し、2-1で勝利を収めた。リーグ再開初戦となったこの一戦では日本代表MF香川真司はフル出場も得点に絡めず。ドイツメディアの一部では厳しい評価が下されている。<br><br>残留争いに巻き込まれているブレーメン相手にはFWとして出場したアンドレ・シュールレが5分に先制弾を決めると、前半の終盤に相手GKがMFマルコ・ロイスへのファウルで一発退場。59分、10人のブレーメンがMFフィン・バーテルズのゴールで追いつくも、71分にはDFルカシュ・ピシュチェクが決め、ドルトムントが勝ち点3を手にした。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は香川を含むドルトムントチーム6人のパフォーマンスに「3」と及第点をつけている。GKロマン・ヴァイデンフェラー、ロイス、シュールレにはチーム最高タイの「2」。DFマルセル・シュメルツァーとMFクリスチャン・プリシッチは「4」と低く評価された。<br><br>また、『WAZ』は『ビルト』同様、ヴァイデンフェラー、ロイス、シュールレに「2.5」を与え、チーム最高タイの採点をつけた。一方、香川のプレーを「4.5」と厳しく採点し「一生懸命であり、確かによく動き回った。だが、いつも何かしらと、たくさんのプレーにおいて極めて不運。2度の決定機が訪れたが、ボールをしっかりとミートできなかった。ナイスなシュートアシストを出したが、それをロイスが外している」と寸評を述べている。<br><br>『ルールナハリヒテン』でも香川は「4.5」で、プリシッチとともにワースト2位タイ。ヴァイデンフェラーとロイスに「2」、シュールレに「2.5」と高得点を与えた同紙は、DFマティアス・ギンターに「5」と単独最低点をつけた。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2017.01.22 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが開始3分で10人となった長谷部フル出場のフランクフルトに快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第17節ライプツィヒvsフランクフルトが21日に行われ、3-0で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽ウインターブレイク前に行われたバイエルンとの頂上決戦では実力差をまざまざと見せ付けられて0-3と完敗した2位ライプツィヒ(勝ち点36)は、退場したフォルスベリが出場停止となったことを受け、コンパーをセンターバックに入れ、イルザンカーをボランチで、N・ケイタを左サイドで起用した。 ▽一方、堅守を武器に4位と健闘しているフランクフルト(勝ち点29)は、前節マインツ戦を新星バルコクの1ゴール1アシストなどで快勝。マインツ戦に続き長谷部は本職ボランチでの起用となった。 ▽試合は思いがけない展開となる。3分、スルーパスをカットすべくボックス外に飛び出したフランクフルトGKフラデツキーが何を思ったのか手で処理してしまい、一発退場となる。瞬く間に10人での戦いを強いられることとなったフランクフルトはフルゴタに代えてGKリンドナーを投入した。 ▽すると、このFKのチャンスをライプツィヒがモノにする。ハッセンベルクの直接FKはGKリンドナーにセーブされるも、ルーズボールをコンパーが押し込んだ。 ▽絶望的なスタートとなったフランクフルトだったが25分、ディフェンスライン裏へ抜け出したレビッチが決定的なシュートに持ち込む。しかし、GKにセーブされた。さらに34分にもレビッチがボックス左角からゴールの可能性を感じさせるコントロールシュートを浴びせた。 ▽数的優位をうまく生かせずにいたライプツィヒだったが、追加タイム4分に突き放す。ボックス左角付近からのN・ケイタのFKをヴェルナーがヘディングで合わせてネットを揺らした。 ▽迎えた後半もライプツィヒが一方的に押し込むと、67分に決定的な3点目を奪いきる。分厚い攻めを仕掛けてフランクフルトゴールに迫ると、ハッセンベルクのシュートをDFがクリアしきれず、ゴールに吸い込まれた。 ▽結局、バルコクやセフェロビッチといったアタッカーを投入してきたフランクフルトを無失点に抑えたライプツィヒが快勝。首位バイエルンを3ポイント差で追走している。 2017.01.22 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井高フル出場のHSV、10人での戦いを強いられ終盤のゴメス弾に沈む《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは21日、ブンデスリーガ第17節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-1で惜敗した。HSVのDF酒井高徳はフル出場している。 ▽ウインターブレイク前に行われた前節シャルケ戦を2-1と勝利して残留プレーオフ圏の16位に浮上したHSV(勝ち点13)は、キャプテンの酒井高がシャルケ戦に続き右サイドバックでの出場となった。 ▽13位と低迷し、新戦力のマリやエンテプを先発起用してきたヴォルフスブルク(勝ち点16)に対し、HSVは自陣に引いて対応する。8分にはボックス右に侵入したマリに際どいミドルシュートを浴びせられると、その後もヴォルフスブルクにボールを持たれる苦しい展開が続く。 ▽右サイドバックに入った酒井高は対面の突破力に優れたエンテプの対応に追われ、守備重視のプレーを強いられた。そんな中33分、エンテプを削ったエクダルが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、HSVは10人での戦いを強いられる。ハーフタイムにかけても押し込まれたHSVだったが、何とか耐え抜いてゴールレスで前半を終えた。 ▽後半も押し込まれたHSVだったが、N・ミュラーとコスティッチの両翼によるスピードを生かしたカウンターで応戦。しかし、ヴォルフスブルクに押し込まれ続けると、終盤の83分に被弾する。エンテプにボックス左への侵入を許して最後はゴメスに押し込まれた。これが決勝点となって10人のHSVは惜敗。右サイドバックでフル出場した酒井高は終始守備に追われる状況を強いられた。 2017.01.22 01:42 Sun
twitterfacebook
thumb

香川フル出場のドルトムント、10人のブレーメンを振り切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第17節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽ウインターブレイク前に行われた前節アウグスブルク戦を1-1で引き分けてリーグ戦3試合連続ドロー中の6位ドルトムント(勝ち点27)は、アウグスブルク戦でリーグ戦7試合ぶりに先発し、1アシストを記録した香川がスタメン起用となった。アフリカネイションズカップで離脱しているオーバメヤンと中国への移籍が濃厚なA・ラモスが欠場となった中、ロイスとシュールレが前線で起用された。 ▽15位と低迷するブレーメン(勝ち点16)に対し、ドルトムントは2列目に右からプリシッチ、カストロ、香川と並べる[4-1-3-2]で臨んだ。そのドルトムントは5分、ルーズボールに反応して裏を取ったシュールレがGKをかわして無人のゴールに流し込み、あっさり先制する。 ▽良い入りを見せたドルトムントは続く11分、シュールレのボレーシュートでゴールに迫るもGKの好守に阻まれる。さらに15分、香川の左クロスに合わせたシュールレのヘディングシュートはGKの正面を突いた。 ▽その後、バルテルスに枠内シュートを放たれるもGKヴァイデンフェラーがセーブ。そして27分にはニャブリが負傷の影響かピッチを後にし、DFのヴェリコビッチが投入される。35分には再びピンチを迎え、FKの流れから香川のヘディングでのクリアミスを拾われたデラネイに決定的なシュートを許すも、GKヴァイデンフェラーが好守で防いだ。 ▽すると39分、カストロのフィードに反応したロイスが裏へ抜け出すと、ボックス外に飛び出したGKドロブニに倒された。このプレーでドロブニは一発退場となり、ピサーロに代わってGKヴィートワルトを投入せざるを得なくなった。それでも追加タイム2分、ドルトムントはフリッツのシュートがクロスバーを直撃してひやりとさせられる。 ▽迎えた後半、49分に香川がシュートに持ち込むと、58分には香川のスルーパスを受けたロイスがボックス左から決定的なシュートを浴びせる。しかし、GKの好守に阻まれた。 ▽すると59分、スローインを受けたバルテルスにギンターがあっさりかわされてGKとの一対一を決められてしまった。10人のブレーメンに追いつかれたドルトムントは、動揺の影響か攻めあぐねる状況が続いた。そこでトゥヘル監督は70分に2枚代えを敢行する。ロイスとカストロに代えてO・デンベレとラファエウ・ゲレイロを投入した。 ▽すると直後、ラファエウ・ゲレイロのミドルシュートがDFにディフレクトしたルーズボールをボックス内のピシュチェクがうまく右足でゴールに押し込み、勝ち越しに成功。終盤は危なげなく試合をクローズしたドルトムントが勝利。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。なお、2試合連続スタメンとなった香川はバイタルエリアで頻繁にボールを受けてアクセントを付ける働きを見せていた。 2017.01.22 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑はトルコへ? フェネルバフチェが「10番」タイプを求め本田をターゲットに

▽トルコの名門・フェネルバフチェがミランの日本代表FW本田圭佑の獲得を目指しているようだ。トルコ『Aksam』が報じた。 ▽同メディアによると、フェネルバフチェは今冬の移籍市場で「10番」タイプの選手の獲得を目指しているとのこと。昨シーズンまでベシクタシュでプレーし、現在はミランでプレーする元アルゼンチン代表MFホセ・エルネスト・ソサ(31)の獲得を目指していたものの、ターゲットを本田に切り替えたようだ。 ▽今シーズンの本田は、セリエAで先発出場はわずかに1試合。通算でも5試合の出場にとどまり、プレー時間は95分と1試合程度しかない。今夏には契約満了を迎えるため、ミランが移籍金を獲得するためには今冬の移籍が必須。500万ユーロ(約6億1300万円)程度の移籍金になるとのことだ。 ▽ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、本田のプロフェッショナルな姿勢に関しては評価しているものの、出場機会は比例せず。エバートンからはスペイン人FWジェラール・デウロフェウ(22)をレンタル移籍で獲得するなど、本田にとっては苦しい状況には変わらない。果たして、本田のトルコ行きは実現するだろうか。 2017.01.21 15:26 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース