超ワールドサッカー

シャルケ内田篤人と京都丸紅がコラボ!七五三着物企画を発表「“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」2017.01.10 12:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽シャルケに所属する日本代表DF内田篤人が七五三企画『内田篤人×JAPAN STYLE』として、京都丸紅株式会社とコラボレーションすることが発表された。

▽京都紅丸は「JAPAN STYLE」は、伝統的な「和」の世界を都会的な着物で創造するブランドとして2002年にスタート。2017年は世界の舞台で活躍し続ける内田とコラボレーションし、未来の夢に向かってチャレンジする子供たちを応援する七五三企画を展開する。

▽今回の企画では今年七五三を迎える全国の日本男児や大和撫子達の健やかな成長を願う七五三着物として提案。「“子供たちの未来を拓くジャパンスピリッツ”をテーマに内田篤人氏のひたむきに努力する前向きな姿勢や、誠実な人柄をイメージしてデザインに表現」したとのことだ。

▽商品ラインナップとしては、万寿菊模様が印象的な7歳用女児着物。勇壮な昇り龍をモチーフにした3歳・5歳用男児アンサンブル袴セット。モダンな縞絣柄をモチーフにジャパンブルーで仕上げたメンズアンサンブル袴セット。祝いごとの衣裳を通じ、今年七五三を迎える子供たちの未来の飛躍を願い提案する新シリーズとなっている。

▽今回のコラボレーションについて内田は「この度、歴史ある京都丸紅様と契約できたことを光栄に思います」とコメント。着物についてもコメントしている。

「今回着させていただいている着物は、僕の好きな色である黒と、シャルケ、日本代表でも着慣れた青が印象的で、素敵なデザインに仕上げて頂きました。七五三では、ぜひご家族でこの着物を着て、特別な一日を過ごしてほしいです。昨年末に久しぶりにピッチに立つことができました。今年は更なる活躍をたくさんお届けできるよう“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」

コメント

関連ニュース

thumb

ヘント久保裕也、4試合ぶり空砲…チームは首位アンデルレヒトと0-0《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第6節が4月30日に行われ、ヘントはアンデルレヒトをホームに迎え、0-0で引き分けた。日本代表FW久保裕也はフル出場。4試合ぶりの不発に終わっている。 ▽プレーオフ1は、レギュラーシーズンの上位6チームによるホーム&アウェイの総当り方式で開催。プレーオフ1開幕から3勝3分けの2位につけるヘントは、首位のアンデルレヒトをホームで迎え撃った。 ▽勝ち点5差でアンデルレヒトを追いかけるヘントとしては、この直接対決をモノにしておきたいところだった。しかし、頼みの綱の久保が空砲。最後までゴールが遠く、首位相手に痛み分けという結果に終わった。 ▽残り4試合でアンデルレヒトと5ポイント差のヘントは、7日に行われる次節、オーステンデのホームに乗り込む。 2017.05.01 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

長友佑都、失点に絡み伊メディアでチーム最低点「バターにナイフを入れるように…」

インテルに所属する日本代表DF長友佑都のナポリ戦でのパフォーマンスに厳しい評価が下されている。<br><br>インテルは4月30日、セリエA第34節でナポリと対戦。3試合連続の先発出場を果たした長友だったが、43分にクロスの処理を誤り、ホセ・カジェホンにゴールを許した。結局、このゴールが決勝点となり、ナポリが1-0で勝利している。<br><br>イタリア『インテルニュース』では、長友にチーム最低となる「5」の採点がつけられ、以下のように厳しい寸評が記された。<br><br>「残念ながら、彼のミスがスコアレスで動いていた試合を動かした。あるレベルでは起こってはいけないミスだが、不幸なことに彼のもとでは起きてしまった。また、そのミスだけがこの採点になっているわけではない。対面したカジェホン、(エルセイド)ヒサイの間に、まるでバターにナイフを入れるように簡単にアクシデントが生じていた」<br><br>ホームで敗れたインテルは、ここ6試合で4敗目。ヨーロッパリーグ出場権の5位が遠のいている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.01 08:20 Mon
twitterfacebook
thumb

長友が痛恨ミスで失点に関与…ホームでナポリに敗れたインテルが2連敗で6戦未勝利…《セリエA》

▽セリエA第34節、インテルvsナポリが4月30日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのナポリが1-0で勝利した。インテルのDF長友佑都はフル出場した。 ▽前節、フィオレンティーナとの壮絶な打ち合いに敗れ、直近5試合未勝利と失速が目立つ7位インテル(勝ち点58)は、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得が困難となったことで、ピオリ監督の辞任騒動が勃発するなど、厳しい時期を過ごす。ミニ合宿を行い、6戦ぶりの白星を目指すこの一戦に向けては、フィオレンティーナ戦から先発3人を変更。負傷のミランダに代えてムリージョ、コンドグビアとペリシッチに代わってブロゾビッチとエデルが先発に入った。長友は3試合連続で先発出場を果たした。 ▽一方、格下サッスオーロ相手の痛恨ドローでチャンピオンズリーグ(CL)ストレートインを争う2位ローマ(勝ち点75)との勝ち点差が4ポイントに広がった3位ナポリ(勝ち点71)だが、数時間前に行われた試合でローマがラツィオとのダービーに敗れたため、勝ち点差を「1」に縮める絶好のチャンスを得た。サッスオーロ戦からはストリニッチに代わってグラムが先発に復帰し、ターンオーバーを採用するアンカーとインサイドハーフではアマドゥ・ディアワラ、ジエリンスキのセットとなった。 ▽守備的に入ったホームのインテルに対して、ボールを保持するナポリが右サイドのカジェホンを起点にチャンスを窺う。10分過ぎにハムシク、インシーニェがボックス付近でシュートを狙うが、いずれも枠を捉え切れない。さらに18分にはボックス左でインシーニェからクロスを受けたカジェホンがシュート性のグラウンダーのクロスを供給。これに中央のメルテンスが飛び込むが、わずかに合わない。 ▽押し込まれる状況が続くインテルはボールを奪う位置が低く、繋ぎの部分でも相手のハイプレスに苦戦し、なかなか自陣から出ることができない。12分にはブロゾビッチの左CKをニアに飛び込んだイカルディが頭で合わすが、わずかに枠の左に外れる。 ▽その後も守るインテル、攻めるナポリという構図の下で試合は進んでいく。質の高いパス回しと要所で見せる背後を狙ったフリーランが効果的に機能するナポリは、34分にジエリンスキのスルーパスに抜け出したメルテンスがボックス右に持ち出しGKを釣り出して右足のシュートを放つが、これはわずかにカーブがかかりすぎ左ポストの外側を叩いて枠の外に外れた。 ▽押し込まれながらも我慢強い守備で均衡を保ってきたインテルだったが、長友の痛恨ミスからハーフタイム直前に失点してしまう。43分、左サイドでインシーニェが右足インスウィングでクロスを入れると、ゴール前でフリーの長友がクリアを選択せず、ワンタッチでファーに流して向き直ろうとする。すると、背後でこのボールを狙っていたカジェホンが右足のハーフボレーでゴールネットを揺らした。 ▽守備的ゲームプランを採用も長友のミスが響き、1点ビハインドで後半へと折り返したインテルは、前半同様に押し込まれる入りとなる。だが、焦れずに粘り強く守って追加点を許さない。それでも、なかなか攻撃の形を作れないインテルは60分、ジョアン・マリオを下げて切り札のペリシッチを投入した。 ▽ペリシッチの投入で徐々に攻勢を強めるインテルは、66分にイカルディのクロスをボックス右のカンドレーバがダイレクトボレーで合わせるが、これは枠を捉え切れない。さらに71分にはダンブロージオのクロスをボックス左のペリシッチが再びサイレクトボレーで合わすが、今度はGKレイナの正面を突いた。 ▽一方、ジエリンスキ、ハムシクに代えてログ、アランを同ポジションに投入して攻守にダイナミズムを加えるナポリは、64分にインシーニェがボックス左角の得意のゾーンからニアを狙ってシュート。さらに68分にはグラムの左クロスをゴール前で再びインシーニェが合わすが、いずれの決定機もGKハンダノビッチの好守に阻まれる。 ▽何とか追いつきたいインテルは、73分にエデルを下げてバネガを投入。さらに攻撃的なカードを切りたいところだったが、負傷を抱えてプレーしていたムリージョがプレー続行が困難となり、同じセンターバックのアンドレオッリの投入を余儀なくされた。それでも、諦めないインテルは試合終盤に猛攻を仕掛けると、バネガのクロスからボックス中央の長友に決定機もヘディングシュートはGKレイナの正面を突き、万事休す。 ▽追加点こそ奪えなかったものの敵地で完勝のナポリが、2位ローマとの勝ち点差を「1」に縮めた。一方、長友の痛恨ミスが響いたインテルは、厳しい連敗で6戦未勝利となった。 2017.05.01 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

乾フル出場のエイバルが2発でレガネス撃破! キケ&エンリク弾で4試合ぶりの白星《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは4月30日、リーガエスパニョーラ第35節でレガネスとのホーム戦に臨み、2-0で勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 ▽前節のアラベス戦を数的不利になりながら0-0で引き分けたものの、リーグ3戦未勝利でヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得が厳しくなった8位エイバル(勝ち点51)が、残留争いに巻き込まれている17位レガネス(勝ち点30)を本拠地エスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアに迎えた一戦。 ▽4試合ぶりの勝利が欲しいエイバルは、バスク自治州ダービーから先発メンバーを3人変更した。GKリエスゴとガルベス、セルジ・エンリクに代えてGKジョエル・ロドリゲスとラミス、ペドロ・レオンを起用。3試合連続スタメンとなった乾は、[4-2-3-1]の左MFに入った。 ▽試合は両者ともに敵陣へと迫るも、シュートチャンスを作ることができない低調な立ち上がりとなる。エイバルは8分、乾の縦パスからキケ・ガルシアの落としを受けたアドリアン・ゴンサレスがダイレクトシュート。しかし、これはわずかにゴール右を外れる。 ▽すると直後、エイバルはヒヤリとする場面を作られる。10分、ブスティンサに右サイドを突破され、GKとDFの間に鋭いクロスを許す。これを走り込んだゲレーロにヒールキックで合わせられるが、ミートせず難を逃れた。 ▽ピンチを脱したエイバルは17分に決定機。ボックス右でパスを受けたペドロ・レオンが縦への仕掛けからグラウンダーのクロスを供給。これをゴール前のアドリアン・ゴンサレスが右足で合わせるも、DFブスティンサのブロックに阻まれた。 ▽その後も両サイドから攻撃を仕掛けるエイバルだが、前半終盤に失点のピンチを迎える。43分、エル・ザハルの右CKをブスティンサにヘディングで合わせられると、ゴール左前のゲレーロが頭でプッシュ。しかし、ゴールラインぎりぎりのところでDFルジューヌがクリアし、ゴールを許さない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、エイバルは立ち上がりレガネスに押し込まれる時間帯が続く。それでも62分、敵陣中央左でボールを受けたフンカがアーリークロス。これをゴール前に走り込んだキケ・ガルシアが頭で叩きつけてゴール右隅へ流し込んだ。 ▽このゴールで勢いづいたエイバルは66分にも追加点。自陣中央左からフンカが相手最終ラインの裏へロングボールを送ると、途中出場のセルジ・エンリクがボックス左へ侵攻して、GKイアゴ・エレリンとの一対一を制した。 ▽リードを2点に広げたエイバルは、69分にレガネスの反撃に遭う。シマノフスキのクロスからボックス中央のゲレーロに左足を振り抜かれるが、これは右ポストに直撃する。 ▽危機を脱したエイバルは、その後レガネスの失速もあり、最後まで得点を許さず試合をクローズ。2得点を奪ったエイバルがリーグ戦4試合ぶりの白星を飾った。 2017.05.01 03:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ヒュブナーの劇的弾で辛勝のホッフェンハイムがドルトをかわして3位に浮上!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節のホッフェンハイムvsフランクフルトが4月30日に行われ、1-0でホッフェンハイムが勝利した。フランクフルトの日本代表MF長谷部はケガのため欠場となった。 ▽リーグ戦2試合負けなしの4位ホッフェンハイム(勝ち点55) が、本拠地ライン・ネッカー・アレーナに9位フランクフルト(勝ち点41)を迎えた一戦。試合は、両チーム合わせて枠内シュート1本で前半を終えるなど拮抗した展開となる。 ▽後半に入っても一進一退の攻防が展開される中、ホッフェンハイムは49分にチャンス。バイタルエリア右でFKを獲得するとルディの上げたクロスをファーサイドのジューレが頭で合わせたが、これは枠の上に外れる。 ▽対するフランクフルトは54分、オチプカの左CKがファーサイドに流れるとボックス右のファビアンがダイレクトボレーシュート。わずかに左に逸れたボールをゴール前のダビド・アブラアムが右足で押し込んだが、これはオフサイドの判定を取られた。 ▽膠着状態のまま試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが、90分にホッフェンハイムが値千金のゴールを奪う。ルディの左CKをゴール前に走り込んだヒュブナーが打点の高いヘディングでゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点となりホッフェンハイムが勝利。ヒュブナーの劇的弾で辛勝したホッフェンハイムが、ドルトムントをかわしチャンピオンズリーグストレートインとなる3位に浮上した。 2017.05.01 03:22 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース