C・ロナウドが2016年度FIFA年間最優秀選手賞を受賞! 最優秀監督にはラニエリが選出!!2017.01.10 04:11 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FIFA国際サッカー連盟は9日、スイスのチューリッヒで『The Best FIFA Football Awards 2016』の受賞式を開催した。

▽今回の受賞式では、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の年間最優秀選手賞を受賞。見事に最優秀選手賞に輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録していた。

▽また、最優秀監督賞には、レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が選出された。ラニエリ監督は、日本代表FW岡崎も所属するレスターに奇跡のプレミアリーグ初優勝をもたらした実績が評価され、最終選考に残ったポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督を抑え、同賞を受賞した。

▽『The Best FIFA Football Awards』はFIFA最優秀選手賞とバロンドールが統合される形で生まれたFIFAバロンドールに代わる表彰式として、FIFAが新たに設立。なお、同賞は世界中のジャーナリストと代表チームの監督&キャプテンの投票によって選出される。『The Best FIFA Football Awards 2016』の各賞受賞者は以下の通り。

◆FIFA年間最優秀選手賞
FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)

◆FIFA女子年間最優秀選手賞
MFカーライ・ロイド(ヒューストン・ダッシュ/アメリカ)

◆FIFA年間最優秀監督賞
クラウディオ・ラニエリ(レスター・シティ/イタリア)

◆FIFA女子年間最優秀監督賞
シルビア・ネイド(ドイツ女子代表/ドイツ)

◆FIFAプスカシュ賞
モハド・ファイズ・サブリ(ペナンFA/マレーシア)

◆FIFAフェアプレー賞
アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)

◆FIFAファン賞
リバプール&ドルトムントサポーター

コメント

関連ニュース

thumb

セルヒオ・ラモスに追加のお咎めなし!! 1試合の出場停止が決定

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが1試合の出場停止処分を受けることが決定した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽セルヒオ・ラモスは23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節、バルセロナとの“エル・クラシコ”に先発で出場。しかし1-2で迎えた77分に抜け出そうとしたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対して両足タックルを敢行。このプレーに対して主審はレッドカードを提示し、セルヒオ・ラモスは退場となった。 ▽また同選手はピッチを後にする際、これまでにマドリーへのジャッチについて言及してきたスペイン代表DFジェラール・ピケに対して「今言ってみろ」と挑発。さらに、拍手を行いながら控室へと下がっていた。 ▽バルセロナのブラジル代表FWネイマールが8日に行われたリーガエスパニョーラ第31節のマラガ戦で退場となった際には、審判に向けて拍手を行い、合計3試合の出場停止処分が下された。そのため、セルヒオ・ラモスに対しても同様の処分が下されるのではないかと言われていたが、スペインサッカー連盟(RFEF)は、レッドカードによる1試合の出場停止処分とすることを発表した。 ▽そのため、セルヒオ・ラモスは26日に行われるリーガエスパニョーラ第34節のデポルティボ戦は出場停止となる。 2017.04.26 09:02 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、今季無冠ならジダン解任か…後任候補にドイツ代表監督が浮上?

▽レアル・マドリーの後任監督候補にドイツ代表監督のヨアヒム・レーブ監督(57)の名前が挙がっているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝でバイエルンに2戦合計6-3で勝利し、準決勝進出を決めているマドリー。一方、リーグ戦では23日に行われた第33節の“エル・クラシコ”でバルセロナに2-3で敗れ、バルセロナに首位の座を奪われてしまった。1試合未消化ながらも最大の宿敵に追い抜かれたことで、同クラブには緊張感が漂っているようだ。 ▽そんな中、今回の報道によるとマドリーは今シーズン、ジダン監督が無冠で終わった場合、同監督を解任する可能性があるようだ。後任候補としてはチェルシーのアントニオ・コンテ監督とトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が挙がっているが、有力候補としてドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が挙がっているとのことだ。 ▽伝えるところによると、マドリーの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス氏は、2014年ブラジルW杯でドイツ代表を優勝に導いたレーブ監督を高く評価。しかし、同監督率いるドイツ代表は現在、ロシアW杯欧州予選で首位に位置しており、同メディアによると、本大会出場が決まれば、レーブ監督にとっても連覇のかかった重要な大会となるため、2018年までの続投が決定している同監督を招くことは難しいと推測している。 ▽しかし、ペレス会長は2014-15シーズンを無冠で終えたカルロ・アンチェロッティ(現・バイエルン指揮官)を解任した経緯を持つ。そのため、リーグ優勝とCLの二冠の可能性を有すマドリーだが、無冠で終わることになれば、ジダン監督の解任することは十分にあり得るだろうと見解を示している。 2017.04.26 04:48 Wed
twitterfacebook
thumb

クラシコでベイル起用のジダンが窮地に...指揮官に迫られる“BBC”解体の決断

「レアル・マドリーにおいて、&ldquo;BBC&rdquo;はアンタッチャブルな存在である」と、ジネディーヌ・ジダン監督はこれまで常に主張してきた。だがいつまでもその考えにしがみついていては、自身の首を飛ばされかねない。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>マドリーは23日のリーガエスパニョーラ第33節で本拠地サンティアゴ・ベルナベウにバルセロナを迎え、2-3で敗れた。ジダン監督はこの試合でMFガレス・ベイルを先発起用。FWクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマと並べて3トップの一角に並べたが、ベイルは37分に左足に痛みを訴えて途中交代した。<br><br>ベイルは12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、バイエルン戦でふくらはぎを負傷した。それからわずか11日後、チーム練習に復帰してから3日後に、クラシコで先発したのである。<br><br>満身創痍のベイルを起用したことで、批判の矛先はジダン監督に向けられている。ベイルに代わって投入されたMFマルコ・アセンシオは相手GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンに好守を強いるシュートを何度も放ち、終盤にピッチに送り込まれたMFハメス・ロドリゲスは一時スコアを2-2とする得点を記録した。先のスポルティング・ヒホン戦、バイエルン戦で素晴らしいパフォーマンスを見せたイスコに至っては、最後まで出番が訪れなかった。<br><br>ジダン監督は今年2月、アスレティック・ビルバオ戦の前日会見で負傷明けのベイルに関してこう語っていたことがある。「リスクを冒すことはしない。80%の状態ならベイルは使わない」。それから2カ月後、指揮官は前言を撤回した。<br><br>無論、ベイルをスタメンから外すのは簡単ではない。C・ロナウドに匹敵する移籍金で獲得したベイルを、フロレンティーノ・ペレス会長は愛でている。ラファエル・ベニテス前監督もベイルを重用し過ぎたために、選手との間に溝が生じて成績不振に陥り、最終的に解任に追い込まれた。<br><br>ベイルの今季のプレータイムは、マドリーが戦った全試合の40.5%にとどまっている。今回の負傷の検査結果が分かるのは、25日か26日あたりだと見られている。その結果次第で、CL準決勝アトレティコ・マドリー戦の起用可否も決まってくる。<br><br>仮にベイルが軽傷だったとしても、ジダン監督にとって彼の起用には心理面・肉体面で二重のリスクが伴う。それでも&ldquo;BBC&rdquo;を維持するのか、あるいは解体するのか。フランス人指揮官は大きな決断に迫られている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.25 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

クラシコで復帰も途中交代のベイルがヒラメ筋損傷…全治は約1カ月程度か

▽レアル・マドリーは25日、ウェールズ代表MFガレス・ベイルの負傷を発表した。 ▽ベイルは、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバイエルン戦で右足ふくらはぎを痛めて途中交代し、2ndレグを欠場。しかし、23日に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”で復帰していた。 ▽先発出場を果たしたベイルだったが、39分にスペイン代表MFマルコ・アセンシオと交代。クラブのメディカスサービスによると、ベイルは左足のヒラメ筋を損傷しており、グレード2(中程度の損傷)とのこと。改めて検査を行うとのことで、経過を見守っているという。 ▽なお、再検査の結果がグレード2であれば、最低でも全治は4週間〜6週間となる。その場合は、ベイルの今シーズン中の復帰は絶望的となり、CL決勝に進出した場合には、わずかに間に合う可能性が残されているとみられる。 2017.04.25 21:19 Tue
twitterfacebook
thumb

クラシコで最高速度を記録した選手とは?メッシ、C・ロナウドではなく...

バルセロナは23日のリーガエスパニョーラ第33節でレアル・マドリーに3-2と勝利した。バルセロナを勝利に導いたのは、その「走力」の差だったと言えるかもしれない。<br><br>リーガの公式データによれば、バルセロナの選手たちは敵地サンティアゴ・ベルナベウの一戦で総走行距離105.46Kmを記録。マドリーの選手たちの総走行距離が98.75Kmだったことを顧みると、まさに走り勝った成果が勝ち点3につながったと表現できる。<br><br>試合を通じて、最大走行距離を記録したのはバルセロナMFセルジ・ロベルト(12.07Km)だ。これにMFイバン・ラキティッチ(11.48Km)、DFジョルディ・アルバ(11.30Km)が続く。一方のマドリーはMFトニ・クロース(10.93Km)、DFダニエル・カルバハル(10.29Km)、MFルカ・モドリッチ(9.72Km)がトップ3を占めている。<br><br>しかし目を引くデータは、ベルナベウのピッチに立った選手たちが記録した最高速度である。両チームで一番のスピードを叩き出したのはバルセロナDFジェラール・ピケ(時速33.33Km)。次にマドリーMFマルコ・アセンシオ(時速33.22Km)、マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド(時速33.14Km)が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.25 21:13 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース