C・ロナウドが2016年度FIFA年間最優秀選手賞を受賞! 最優秀監督にはラニエリが選出!!2017.01.10 04:11 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FIFA国際サッカー連盟は9日、スイスのチューリッヒで『The Best FIFA Football Awards 2016』の受賞式を開催した。

▽今回の受賞式では、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の年間最優秀選手賞を受賞。見事に最優秀選手賞に輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録していた。

▽また、最優秀監督賞には、レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が選出された。ラニエリ監督は、日本代表FW岡崎も所属するレスターに奇跡のプレミアリーグ初優勝をもたらした実績が評価され、最終選考に残ったポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督を抑え、同賞を受賞した。

▽『The Best FIFA Football Awards』はFIFA最優秀選手賞とバロンドールが統合される形で生まれたFIFAバロンドールに代わる表彰式として、FIFAが新たに設立。なお、同賞は世界中のジャーナリストと代表チームの監督&キャプテンの投票によって選出される。『The Best FIFA Football Awards 2016』の各賞受賞者は以下の通り。

◆FIFA年間最優秀選手賞
FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)

◆FIFA女子年間最優秀選手賞
MFカーライ・ロイド(ヒューストン・ダッシュ/アメリカ)

◆FIFA年間最優秀監督賞
クラウディオ・ラニエリ(レスター・シティ/イタリア)

◆FIFA女子年間最優秀監督賞
シルビア・ネイド(ドイツ女子代表/ドイツ)

◆FIFAプスカシュ賞
モハド・ファイズ・サブリ(ペナンFA/マレーシア)

◆FIFAフェアプレー賞
アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)

◆FIFAファン賞
リバプール&ドルトムントサポーター

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン、ビジャレアル戦逆転勝利を引き寄せたイスコ&モラタを称賛「もっと出場時間を得るに値する」

26日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは敵地エスタディオ・デ・ラ・セラミカでのビジャレアル戦に3-2で勝利した。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、後半から投入して逆転勝利への流れを引き寄せたMFイスコ、FWアルバロ・モラタに賛辞を送っている。<br><br>スペイン『マルカ』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「0-2とされて何かを変化させなければならなかったが、うまくいった。我々は相手陣地でプレーするために攻撃的な変化を加えて、それが見事にはまったんだ」<br><br>「ビジャレアルがホームで並外れたプレーを見せることは分かっていたんだ。そして、そのために必要なのは落ち着きを保つことだった。選手交代によって試合の状況を変えることができたが、我々にとって勝ち点を積み重ね、首位を維持することは重要だった」<br><br>「イスコとモラタはもっと出場機会を得るに値する。試合の様相を一変させたのだからね。とにかく、我々は全選手を必要としているんだ」<br><br>また逆転弾を決めたモラタに何を指示したかを問われると、こう返答している。<br><br>「たいしたことは言っていない。ペナルティーエリア内にいてくれということだった。クロスを何本も送るはずだったからね」<br><br>レアル・マドリーが同点に追いつくきっかけとなった疑惑のPKについては、次のような見解を述べた。<br><br>「選手たちはPKと言っていたが、私はその場面を目にできなかった。審判について私が言及することはない。笛を吹いたという事実だけでいいよ。それに我々は何度もシュートゾーンに立ち入るなど、逆転を果たすための良いプレーを見せていた」<br><br>「素晴らしいライバルを相手に大切な勝ち点3を獲得できた。我々はこの勝利に満足している」<br><br>提供:goal.com 2017.02.27 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アグエロが今夏のレアル・マドリー移籍を希望か

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(28)は、今シーズン終了後のレアル・マドリー移籍を希望しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽長らくシティのスコアラーを担ってきたアグエロ。ここ数試合は今冬に加入したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの負傷離脱もあり、先発の座を取り戻しているものの、今夏の去就に関する噂が後を絶えない。 ▽伝えられるところによれば、アグエロにはレアル・マドリーが関心。本人も今夏のレアル・マドリー移籍を望んでいるという。しかし、シティに安価な額で売却する意思はなく、移籍金6000万ポンド(約71億円)以上を要求しているようだ。 ▽アグエロは、2011年夏にアトレティコ・マドリーからシティに移籍。加入以来、屈指のフィニッシャーとしてシティをリードし、公式戦通算237試合156ゴール47アシストを記録している。 2017.02.27 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ビジャレアル 2-3 レアル・マドリー 《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節ビジャレアルvsレアル・マドリーが26日に行われ、2-3でレアル・マドリーが逆転勝利している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ビジャレアル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170227_17_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アセンホ 6.0 24分のベンゼマの肩シュートを好守で防ぐも負傷交代 (→アンドレス・フェルナンデス 5.0) 特別好守なく3失点 DF 2 ガスパール 6.0 攻守に質の高いプレーを続け、C・ロナウドに仕事を許さず 5 ムサッキオ 6.0 身体を張ったプレーを続けた 6 ビクトル・ルイス 6.0 ポジショニング良くクロスボールを跳ね返す 11 ジャウメ 6.0 ガスパール同様、攻守に存在感 MF 19 カスティジェホ 6.0 ドリブルでの仕掛けでアクセントを付けていたが、ボールロストから失点に関与 14 トリゲロス 6.5 インサイドにポジションを取ってうまく攻撃に絡んだ。先制点奪取 (→ロドリゴ・エルナンデス -) 21 ブルーノ・ソリアーノ 6.0 持ち味の急所を突く縦パスで2点目を演出。バイタルエリアも埋めていたが、不運な判定でPK献上 8 ジョナタン・ドス・サントス 5.5 対面のモドリッチに自由を与えず 15 アドリアン・ロペス 5.5 守備も献身的に行い、攻撃にも関与 (→チェリシェフ 5.0) カウンター時に存在感を示せず FW 17 バカンブ 6.0 少ないチャンスを確実に決めて追加点を獲得 監督 エスクリバ 5.5 堅守速攻でレアル・マドリーを苦しめるも微妙な判定で敗戦に ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170227_18_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 5.5 11分のガスパールのミドルシュートを好守で阻止 DF 2 カルバハル 6.0 ベイルのゴールをアシスト 3 ペペ 5.5 要所を締めた守備を続けた 4 セルヒオ・ラモス 5.0 あっさりバカンブに競り負けて失点に関与 12 マルセロ 5.5 カスティジェホの対応に苦戦も決勝点アシストで相殺 MF 19 モドリッチ 5.5 さほど攻撃に絡めず 14 カゼミロ 5.5 縦パスを通されて失点に関与 (→イスコ 6.0) 彼の投入で流れが変わった。3点目を演出 8 クロース 5.5 モドリッチ同様、攻撃面でアクセントを付けるには至らず FW 11 ベイル 6.0 反撃の狼煙を上げる1点目を奪取 (→L・バスケス -) 9 ベンゼマ 5.0 2つあった決定機を決めきれず (→モラタ 6.0) 値千金の決勝弾 7 C・ロナウド 5.5 61分のボレーシュートが決まっていれば…。PKで同点弾 監督 ジダン 6.5 イスコ、モラタ投入が見事当たる ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! トリゲロス(ビジャレアル) ▽レアル・マドリー側に該当者がいなかったため、トリゲロスを選出。対面のクロースを監視しつつ攻撃にも関与。先制点を奪った。 ビジャレアル 2-3 レアル・マドリー 【ビジャレアル】 トリゲロス(後5) バカンブ(後11) 【レアル・マドリー】 ベイル(後19) C・ロナウド(後29[PK]) モラタ(後38) 2017.02.27 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン采配的中のレアル・マドリー、2点差をひっくり返してビジャレアルに逆転勝利《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節ビジャレアルvsレアル・マドリーが26日に行われ、2-3でレアル・マドリーが逆転勝利している。 ▽4日前に行われた前節バレンシア戦を1-2と敗戦し、連勝が4で止まった首位レアル・マドリー(勝ち点52)は、1試合消化が少ないながら2位バルセロナとの勝ち点差が暫定1に縮まった。そのレアル・マドリーはバレンシア戦のスタメンから2選手を変更。ベイルが負傷明け後、初めて先発となった。 ▽一方、前節ソシエダ相手に追加タイム弾で辛勝した6位ビジャレアル(勝ち点39)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のローマ戦を1-0と勝利。しかし、2戦合計スコアで敗退に終わったチームは、そのローマ戦のスタメンからブルーノ・ソリアーノ以外の10選手を変更。万全の状態で臨んだ。 ▽ブルーノ・ソリアーノをアンカーに据える[4-1-4-1]の守備ブロックを自陣に形成するビジャレアルに対し、レアル・マドリーが立ち上がりから仕掛けていく。しかし、アタッキングサードまでボールを運べるものの、シュートには持ち込めない状況が続いた。 ▽すると11分、ビジャレアルはボックス右のガスパールのシュートが枠を捉えたが、GKケイロル・ナバスの好守に阻止される。さらにカウンターを狙うビジェレアルは22分、アドリアン・ロペスがボックス左からコントロールシュートを浴びせ、レアル・マドリーを脅かしていく。 ▽攻めあぐねるレアル・マドリーは24分、マルセロの左クロスにベンゼマの肩に当たったボールがゴールに向かったが、GKアセンホのファインセーブに掻き出される。 ▽引き続き、カウンターを狙うビジャレアルは30分にジャウメの左クロスにカスティジェホがボレーシュートで狙えば、32分にはバカンブが枠内シュートでレアル・マドリーを牽制。しかし、24分の好プレー時に左足を負傷したGKアセンホがプレー続行不可能となり、アンドレス・フェルナンデスを投入せざるを得なくなる。ハーフタイムにかけてはビジャレアルがポゼッションで盛り返した中、ゴールレスで後半へ折り返した。 ▽迎えた後半開始2分、ベイルが右サイドを突破した流れからベンゼマがシュートに持ち込むも、GKの守備範囲に飛んでしまう。すると50分、ビジャレアルが先制する。アドリアン・ロペスの浮き球パスをボックス右のカスティジェホが頭で落とすと、ボックス中央のトリゲロスがボレーで叩き込んだ。 ▽さらに56分、ブルーノ・ソリアーノのスルーパスに抜け出したバカンブがセルヒオ・ラモスとの競り合いを制してボックス中央へ侵入。冷静に左足でゴールを射抜き、追加点を挙げた。 ▽2点を追う展開となったレアル・マドリーはカゼミロに代えてイスコを投入。すると61分、右クロスがDFにディフレクトして浮いたルーズボールを、ボックス左のC・ロナウドが左足で一閃。完璧に捉えたボレーシュートだったが、右ポストに阻まれた。 ▽それでも64分、レアル・マドリーはカルバハルの右クロスにベイルがヘディングで合わせてネットを揺らし、1点差に詰め寄る。さらに71分、クロースのシュートのルーズボールがブルーノ・ソリアーノの手に当たったとしてPKを獲得。これをC・ロナウドがゴール左へ決めて試合を振り出しに戻した。 ▽勢い付くレアル・マドリーは83分、逆転ゴールを奪う。イスコのボールカットからショートカウンターに転じると、マルセロの左クロスに途中出場のモラタが頭で合わせて3-2とした。ジダン采配的中で試合をひっくり返したレアル・マドリーがそのまま逃げ切り、首位キープに成功している。 2017.02.27 06:44 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーの重圧を感じるジダン「相手を分析しても、我々との対戦ではモチベーションが違う」

26日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは敵地エスタディオ・デ・ラ・セラミカでのビジャレアル戦に臨む。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、ビジャレアルが堅守を誇るチームとして、苦戦を強いられることは必至との見解を述べている。<br><br>スペイン『マルカ』と『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「困難な試合だよ。ライバルはとても素晴らしく、守備では一枚岩となる。難しい試合になることは分かっているが、しかし水曜に試合(バレンシア戦)を戦い、もう次の一戦に臨めることは素晴らしい。勝ち点を重ねられるチャンスを、すぐさま手にできるのだからね」<br><br>1&minus;2で敗れたバレンシア戦については、次のように振り返った。<br><br>「いつものように2~3回試合を見返した。メスタージャで起こったことが、再び繰り返される可能性はある。フットボールはそういうものなんだ。我々にとって、敗戦から立ち上がることは難しいことじゃない。いつだって頭を上げているのだからね。我々はいくつかのことを改善すべきであり、実際にそうできると理解している」<br><br>「シーズンは長く、とても難しいものだ。ライバルにとって、マドリーとの試合は1シーズンを通じてのビッグマッチとなる。私はライバルのプレーを分析するが、実際に対戦するとなると全く別のチームに変貌してしまう。マドリーと戦うチームには普段とは異なるモチベーションがあり、そのことは意識しなければならないんだ」<br><br>ジダン監督は一方で、負傷明けのMFガレス・ベイルが「すでに100%の状態にある」と断言。また今季にそのプレーレベルを疑問視されるようになったGKケイロール・ナバスについては、次のようにコメントしている。<br><br>「私はケイロールに信頼を置いている。外部が届けられる意見をコントロールをすることはできないが、彼自身はしっかりとコントロールしている。誰にだって改善の余地があるのは当たり前で、それは私だって同じだよ。私はケイロールをはじめとして、自チームの選手たちを信じている。いつだって自分たちの望むようなことができるとは限らないんだ」<br><br> ●サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br>提供:goal.com 2017.02.25 23:35 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース