C・ロナウドが2016年度FIFA年間最優秀選手賞を受賞! 最優秀監督にはラニエリが選出!!2017.01.10 04:11 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FIFA国際サッカー連盟は9日、スイスのチューリッヒで『The Best FIFA Football Awards 2016』の受賞式を開催した。

▽今回の受賞式では、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の年間最優秀選手賞を受賞。見事に最優秀選手賞に輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録していた。

▽また、最優秀監督賞には、レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が選出された。ラニエリ監督は、日本代表FW岡崎も所属するレスターに奇跡のプレミアリーグ初優勝をもたらした実績が評価され、最終選考に残ったポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督を抑え、同賞を受賞した。

▽『The Best FIFA Football Awards』はFIFA最優秀選手賞とバロンドールが統合される形で生まれたFIFAバロンドールに代わる表彰式として、FIFAが新たに設立。なお、同賞は世界中のジャーナリストと代表チームの監督&キャプテンの投票によって選出される。『The Best FIFA Football Awards 2016』の各賞受賞者は以下の通り。

◆FIFA年間最優秀選手賞
FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)

◆FIFA女子年間最優秀選手賞
MFカーライ・ロイド(ヒューストン・ダッシュ/アメリカ)

◆FIFA年間最優秀監督賞
クラウディオ・ラニエリ(レスター・シティ/イタリア)

◆FIFA女子年間最優秀監督賞
シルビア・ネイド(ドイツ女子代表/ドイツ)

◆FIFAプスカシュ賞
モハド・ファイズ・サブリ(ペナンFA/マレーシア)

◆FIFAフェアプレー賞
アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)

◆FIFAファン賞
リバプール&ドルトムントサポーター

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーに痛手、マルセロが1カ月の離脱…モドリッチは10日程度の離脱

▽レアル・マドリーは23日、マラガ戦で負傷したブラジル代表DFマルセロとクロアチア代表MFルカ・モドリッチの2選手の診断結果を発表した。 ▽マドリーは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のマラガ戦を2-1で勝利したが、同試合でマルセロとモドリッチの2選手がいずれも負傷交代を強いられていた。そして、23日に両選手の負傷の状態について明かした。 ▽マドリーの発表によると、前半に左足を痛めて交代したマルセロは、左足大腿二頭筋にグレード2の損傷を負ったとのことだ。また、後半半ばにピッチを退いたモドリッチは、右足長内転筋に過負担があると診断されたという。 ▽なお、スペイン『マルカ』は両選手の離脱期間に関して、軽傷のモドリッチは10日間ほどの離脱ですむと報じた一方、マルセロに関しては1カ月の離脱で来月半ばに行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のナポリ戦を含む、公式戦6試合程度を欠場することになると伝えている。 2017.01.23 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが"イブラ2世"イサクを獲得! レアル・マドリーとの争奪戦を制す

▽ドルトムントは23日、AIKソルナに所属するスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサク(17)を獲得したことを発表した。また、契約年数は明らかにされていないが、"長期"と発表されている。また、着用するユニフォームの背番号は14に決定している。 ▽現在17歳のイサクは、190センチと長身ながら足元の技術に優れたストライカーで、“イブラヒモビッチ2世"と称されるスウェーデンの有望株である。 ▽2016年2月にカップ戦でプロデビューを果たしたイサクは、デビュー戦で初ゴール。その後、リーグ戦で24試合に出場し、10ゴールを記録した。また、今年に入りスウェーデン代表にも招集されると、1月8日に行われた親善試合のコートジボワール代表戦でA代表デビュー。12日のスロバキア代表戦で初ゴールを記録し、105年ぶりにスウェーデン代表の最年少得点記録を更新した。 ▽先日にスペインのメディアによってレアル・マドリーが同選手獲得で合意に達したことが報じられていたが、最終的にドルトムントが争奪戦を制した。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は約1000万ユーロ(約12億円)程度となっている。 ▽ドルトムントのミハエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、クラブの公式サイトを通じて、同選手への期待をコメントしている。 「イサクは、非常に有望なタレントだ。そして、ヨーロッパの多くのビッククラブが彼の獲得を望んでいた。彼が我々ドルトムントへの加入を決断してくれてとても嬉しいよ」 2017.01.23 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、2020年完成予定の新ベルナベウの改修費用は500億円…ホテルも併設

2020年に完成する新ベルナベウスタジアムにはホテルも併設されると、スペイン紙『マルカ』が報じている。<br><br>レアル・マドリーの本拠地であるベルナベウの改修計画が進められている。改修費用は総額4億ユーロ(約490億円)に上るものと見られているが、大部分がスポンサーであるUAE(アラブ首長国連邦)から出資される見込みだ。<br><br>現在のベルナベウは1947年に完成したもので、老朽化が進んでいる。改修により、外装などの大幅なリニューアルが計画されており、ホテルも併設されることになる。観客席のリノベーションも計画されているが、動員数は8万人と現行のまま維持するという。<br><br>工事の開始はまもなくとなるが、同時期には、ライバルチームであるバルセロナのスタジアム改修計画も予定されており、こちらは完成が2021年の予定となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.23 18:58 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、クルトワ獲得へ移籍金36億円で交渉中か

▽レアル・マドリーは、チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(24)の獲得に動いているようだ。イギリス『Squawka』が伝えている。 ▽報道によれば、レアル・マドリーは昨年8月に続く2度目の接触とのこと。移籍金2590万ポンド(約36億5000万円)のオファーを用意し、チェルシーとの現行契約を2019年まで残すクルトワ側との会談をスタートさせているという。 ▽クルトワは2011-12シーズンから3年間にわたってアトレティコ・マドリーにレンタル移籍。2014年夏からチェルシーに帰還し、今シーズンもアントニオ・コンテ監督の下で守護神として活躍している。 ▽先日、クルトワに関しては、マドリッドに在住する妻と子供のため、スペインへの帰国を希望しているとの噂が浮上。周囲がざわつき始めたチェルシー守護神はどのような決断を下すのだろうか。 2017.01.23 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

不調騒がれるC・ロナウド、2017年に入り1試合あたりの得点率が1.03から0.5と半分に

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、2017年に入ってから急激に調子を落としていると騒がれている。<br><br>21日のリーガエスパニョーラ第19節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのマラガ戦(2-1)では、前半にGKイドリス・カメニとの1対1の場面でシュートを決められず、後半にはポストにゴールを阻まれたC・ロナウド。22日付のスペイン『マルカ』は、「失望」との見出しでC・ロナウドの不調を報じた。<br><br>同紙は「C・ロナウドはセルタ戦で1トップを務めたが機能せず、昨日(マラガ戦)は普段通り左サイドでプレーしたものの、それでもゴールと再会する手助けにはならなかった。決定機を決め切れないばかりか、そのプレーレベルも疲れ知らずの、飽くことのないあの選手とは程遠い。ベルナベウは彼を待ち続けている」と記している。<br><br>『マルカ』はさらに、C・ロナウドの得点率についても記載している。ポルトガル代表FWはレアル・マドリーの選手として、371試合に出場して382得点を記録。1試合あたりの得点率は1.03となっている。しかしながら2017年には4試合で2得点と、得点率は0.5と激減している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.22 22:32 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース