ジェノアのイタリア代表GKペリン、左ヒザ負傷で手術2017.01.09 14:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは8日、イタリア代表GKマッティア・ペリンが左ヒザ前十字じん帯断裂で手術を受けることをクラブの公式サイトで発表した。

▽ペリンは、8日に行われたセリエA第19節のローマ戦(0-1でジェノアが敗戦)に先発したが、早々の9分に負傷交代。ベンチに下がると、人目をはばからず涙を流していた。

▽ジェノア下部組織育ちのペリンは、昨年に右ヒザ前十字靭帯を断裂。今シーズンはその重傷からカムバックし、ここまでセリエAの16試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ペリン負傷のジェノアが元ユベントスGKルビーニョを緊急獲得

▽ジェノアは14日、コモのブラジル人GKルビーニョ(34)の獲得を発表した。契約期間は明かされていない。 ▽ジェノアでは8日に行われたセリエA第19節のローマ戦でイタリア代表GKマッティア・ペリンが左ヒザ前十字じん帯を断裂し、全治4カ月の重傷を負っていた。 ▽今年6月に契約満了を持ってユベントスを退団していたルビーニョは、12月14日にセリエC1のコモへ加入していたが、2006-09シーズンに所属していたジェノアへ急転移籍となった。 2017.01.14 22:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ラツィオのイタリア代表MFカタルディがジェノアへレンタル移籍

▽ジェノアは13日、ラツィオのイタリア代表MFダニーロ・カタルディ(22)を2017年6月30日までのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ラツィオのユース出身であるセントラルMFのカタルディは、2015年1月にトップチームデビュー。昨季はセリエAで20試合に出場して1ゴールをマークし、今季は10試合に出場して1ゴールを記録していた。イタリア代表としては2016年11月に初招集を受けている。 ▽ジェノアでは今冬、中盤の主軸であったベネズエラ代表MFトマス・リンコンがユベントスへ移籍していた。 2017.01.14 01:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェノア、かつてミランで活躍したターラブトをベンフィカから獲得! 18カ月のレンタル移籍

▽ジェノアは10日、ベンフィカからモロッコ代表MFアデル・ターラブト(27)を18カ月のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽フランスのRCランスでプロデビューを飾ったターラブトは、その後トッテナムやQPRでプレー。2014年1月にレンタルで加入したミランでは、公式戦16試合の出場で4ゴール2アシストを記録するなど、印象的なパフォーマンスを披露した。だが、2015年に加入したベンフィカでは思うように出場機会を得られず、現在はリザーブチームにあたるベンフィカBでのプレーを強いられていた。 ▽3年ぶりのセリエA復帰となるターラブトは、今冬にイタリア代表FWレオナルド・パヴォレッティ、ベネズエラ代表MFトーマス・リンコンを引き抜かれ、窮地に立つジェノアの救世主となれるか。 2017.01.11 03:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマが苦しみながらも難所ルイジ・フェラリス攻略! 新年白星発進で2連勝!《セリエA》

▽セリエA第19節のジェノアvsローマが8日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽首位ユベントスとの直接対決に敗れて勝ち点7差を付けられるも、2016年最終戦となったキエーボ戦で快勝し、バウンスバックに成功した2位ローマ。2017年初戦にして前半戦最後の試合となる今節では、現在2連敗中もユベントス、ミラン、フィオレンティーナを破るなど、ホームで圧倒的な強さを見せる12位ジェノアとの難しいアウェイゲームに臨んだ。 ▽エジプト代表としてアフリカ・ネイションズカップに参戦するサラーを欠くローマは、最前線のゼコの下にペロッティとナインゴランを置いた[3-4-2-1]の布陣を採用。負傷を抱えるマノラスに代わって、フアン・ジェズスが久々のスタメン入りを果たした。 ▽開始直後にラクサールが際どいファーストシュートを放つと、アウェイのローマもすぐさま応戦。3分、左サイドを攻め上がったストロートマンの絶妙なアーリークロスをゼコがアクロバティックなボレーで合わすが、このシュートはGKペリンのビッグセーブに遭う。しかし、このプレーでペリンが左ヒザを負傷し、9分に控えGKラマンナとの交代を強いられた。 ▽オールコートマンツーマンのジェノアに対して、ミラーゲームを仕掛けたローマは、要所で相手のプレスを剥がしながら、前線3人のコンビネーションでフィニッシュに繋げていく。15分にはゼコのスルーパスに抜け出したナインゴラン、22分にはボックス付近でクサビを受けたゼコに決定機も、いずれも先制点には至らない。 ▽前半半ばから完全に主導権を掴んだローマは、36分に思わぬ形から先制に成功する。ボックス右でクリアボールに反応したブルーノ・ペレスがダイレクトボレーを放つと、ゴール前でDFイッツォが出した足に当たってコースが変わったボールがネットに吸い込まれた。オウンゴールで先手を奪ったローマは、その直後に相手のFKからピンチを迎えるが、枠の左隅を捉えたニンコビッチのシュートをGKシュチェスニーが好守で防ぎ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半もローマが押し込む展開が続く。早い時間帯に追加点を奪いたいアウェイチームは、ゼコのキープ力を武器に厚みのある仕掛けを見せる。だが、58分にゼコが放ったシュートが右ポストを叩くなど、あと一歩のところで2点目とはならず。 ▽3連敗は避けたいジェノアは、78分に今冬アタランタから復帰したピニージャを投入し、リスクを冒して前に出る。対するローマは試合終盤にかけてマノラスを投入し、最終ラインの4人をセンターバックで構成する守備的な布陣で逃げ切りを図る。後半アディショナルタイムには、ボックス中央でオカンポスに決定的な反転ボレーを許すが、ここは守護神シュチェスニーが見事なビッグセーブで防いだ。苦しみながらも難所ルイジ・フェラリスを攻略したローマが、2017年を白星スタートで飾るとともに2連勝で後半戦へと折り返した。 2017.01.09 01:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ジェノアからイタリア代表FWパヴォレッティ獲得が決定! ナポリ会長が自身の公式ツイッターで「ようこそ、レオナルド!」

▽ナポリがジェノアからイタリア代表FWレオナルド・パヴォレッティ(28)を獲得することが決定した。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が3日、自身の公式ツイッターで「ようこそ、レオナルド!」と同選手の加入を歓迎した。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="konami161228_ios" data-page-id-and="konami161228_and" data-height="180px"></span> ▽今夏、絶対的エースだったアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがユベントスに旅立ったナポリは、アヤックスから獲得したポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクがすぐさまその穴を埋めた。しかし、同選手は10月に左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、離脱が続いている。 ▽そのため、今冬の移籍市場でストライカーの獲得が確実視されていたが、ミランなども獲得に関心を示していたパヴォレッティの獲得に成功した。既にナポリの新たなチームメートと共にトレーニングを行っているパヴォレッティは、同クラブとの4年契約にサインする見込み。移籍金は1300万ユーロ(約16億円)となるようだ。 ▽また、デ・ラウレンティス会長のツイッター上での発表を受けて、パヴォレッティも自身の『フェイスブック』を通じて、「僕らしくシンプルなスピーチにしたい。ジェノアとジェノヴァの街にお別れを告げたい。ここでの2年間は興奮と情熱、ハードワークに満ちていたよ」と、ジェノアのサポーターに向けて別れのメッセージを送った。 ▽昨シーズンのセリエAでキャリアハイの14ゴールを記録したパヴォレッティは、今シーズンのセリエAではケガの影響もあり、3ゴールにとどまっていた。 ▽なお、パヴォレッティの加入が決定したナポリでは、長期離脱明けのミリクの復帰も近づいており、余剰人員であるイタリア代表FWマウロ・ガッビアディーニの放出が決定的となっている。 2017.01.04 00:01 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース