超ワールドサッカー

ジェノアのイタリア代表GKペリン、左ヒザ負傷で手術2017.01.09 14:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは8日、イタリア代表GKマッティア・ペリンが左ヒザ前十字じん帯断裂で手術を受けることをクラブの公式サイトで発表した。

▽ペリンは、8日に行われたセリエA第19節のローマ戦(0-1でジェノアが敗戦)に先発したが、早々の9分に負傷交代。ベンチに下がると、人目をはばからず涙を流していた。

▽ジェノア下部組織育ちのペリンは、昨年に右ヒザ前十字靭帯を断裂。今シーズンはその重傷からカムバックし、ここまでセリエAの16試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェノア、次戦は“カズ・デー”…クラブも日本人サポーターの訪問を歓迎

横浜FCに所属するFW三浦知良の足跡をたどる企画で、30日のセリエA第34節ジェノアvsキエーボ戦には、日本から多くのファンが駆けつける。ジェノアが27日、公式ウェブサイトで発表している。<br><br>レジェンド、カズは50歳を迎えてなお現役生活を続け、3月にはJリーグで最年長ゴール記録を更新するなど偉業を成し遂げてきた。その快挙はかつてカズがプレーしたイタリアでも「限界を知らないミウラ」、「不死のミウラ」などと称えられた。<br><br>カズは日本人として初めてセリエAに加入したパイオニア的存在だ。1994年にジェノアに加入し、サンプドリアとのジェノヴァ・ダービーでは得点をマーク。これは日本人選手が初めてセリエAで挙げた得点となった。<br><br>ジェノアもカズについて、「沈むことのないカズは故郷の地で現役を続行し、ゴールを挙げ続けている。フットボール侍はあらゆる記録を更新し、引退など考えていない」と紹介している。<br><br>キエーボ戦には、ジェノヴァ在住の日本人の企画で、カズの足跡をたどろうと日本からファンの一団が訪れる。かつてカズがプレーしたマラッシでスタジアムの雰囲気を肌で感じることだろう。ジェノヴァにはヨーロッパの交換留学生なども多い。このためマラッシやジェノア・ミュージアムやストアでは「外国人ファンの存在は珍しいことではない」として、イタリアの古豪は日本からの来客を歓迎している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 22:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、今季の1stマッチで敗れたジェノアに完勝でリベンジ! ホーム戦連勝記録を33試合に更新《セリエA》

▽ユベントスは23日、セリエA第33節でジェノアをホームに迎え、4-0で圧勝した。 ▽前節の最下位ペスカーラ戦をイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進めている。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。そのバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。前線の3枚とボヌッチ、ケディラを引き続き先発とした。 ▽ユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦を2-2で引き分けて連敗を4で止めた16位ジェノア(勝ち点30)に対し、イグアインとマンジュキッチの2トップに、ディバラをトップ下に置く[3-4-1-2]を採用したユベントスは、開始4分にボヌッチが足を滑らせてシメオネに際どいシュートを浴びてしまう。 ▽それでも、7分にFKからボヌッチが決定的なヘディングシュートを浴びせると、その後はハーフコートゲームを展開。15分にディバラがコントロールシュートを浴びせると、17分に先制した。イグアインの浮き球パスに飛び出したゴール前のマルキジオがボレーで狙ったシュートはミートしきれなかったが、ムニョスに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに2分後、ケディラとのワンツーからボックス中央のディバラがゴール右にシュートを突き刺して一気にリードを2点に広げた。その後もポゼッションして試合をコントロールするユベントスは、35分にイグアインが左足ミドルでゴールに迫ると、41分に3点目を奪いきった。マンジュキッチが自身の入れたクロスのルーズボールをボックス左からダイレクトで狙うと、完璧にコントロールされたシュートがゴール右に決まった。 ▽3点をリードして迎えた後半、53分にFKからボヌッチがボレーシュートでネットを揺らすも、マンジュキッチのファウルを取られて4ゴール目とはならなかったユベントスだったが、引き続き主導権を握る。 ▽すると64分、先ほどゴールを取り消されたボヌッチが中央を持ち上がって右足を一閃。GKラマンナが一歩も動けない完璧なシュートをゴール左に突き刺した。 ▽その後も圧倒すると、70分にマルキジオとイグアインがそれぞれバーとポストに嫌われるシュートを浴びせ、77分にはアサモアのミドルシュートが右ポストを直撃。結局、5点目こそ奪えなかったものの、ジェノアを圧倒したユベントスが快勝。今季の1stマッチで敗れたジェノアにリベンジを果たし、ホーム戦33連勝とした。 2017.04.24 05:42 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノアで今季2度目の監督交代! マンドルリーニ解任で今季解任のユリッチが2カ月ぶりに復帰

▽ジェノアは10日、アンドレア・マンドルリーニ監督(56)の解任および、イバン・ユリッチ氏(41)の復帰を発表した。 ▽ジェノアは今年2月19日、成績不振を理由にユリッチ前監督の解任を発表。その後任として、これまでアタランタやサッスオーロ、ヴェローナの指揮官を歴任したマンドルリーニ監督と18カ月の契約を結んだ。 ▽マンドルリーニ監督は、就任2試合目となったエンポリ戦でチームに11戦ぶりの白星をもたらしたが、直近の4試合ではアタランタに0-5の大敗を喫するなど、4戦無得点で4連敗と不振に陥っていた。 ▽この成績不振を受けて、クラブはマンドルリーニ監督の解任および、ユリッチ氏の呼び戻しを決断した。 ▽現在、降格圏手前の16位に低迷するジェノアだが、18位クロトーネとの勝ち点差は9ポイントと、残り7試合で降格する可能性は低いとみられている。なお、今季2度目の就任となるユリッチ新監督の初陣は、15日にホームで行われるセリエA第32節のラツィオ戦となる。 2017.04.10 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがシメオネジュニア獲得オファーを提示も、ジェノアが拒否で親子共演ならず

▽アトレティコ・マドリーがジェノアのU-23アルゼンチン代表FWジョヴァンニ・シメオネ(21)の獲得に向けてオファーを提示していたようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ジョヴァンニ・シメオネは、アトレティコで指揮官を務め、現役時代はアルゼンチン代表としても活躍したディエゴ・シメオネ監督の息子。2016-17シーズンに母国のリーベル・プレートからジェノアに加入し、リーグ戦28試合でチームトップとなる10ゴールをマークする活躍を見せている。 ▽休暇となれば息子の試合を観戦しに行くシメオネ監督。息子の成長を手元で見ておきたいとのことか、アトレティコがジョヴァンニ・シメオネ獲得に向けて1800万ユーロ(約21億1600万円)のオファーを提示したという。 ▽しかしジェノアは、このオファーが安すぎるとして拒否。移籍金を2500万ユーロから3000万ユーロ(約29億3900万から約35億2700万円)に設定しているようだ。 ▽なお、ジョヴァンニ・シメオネに対してはアトレティコの他にセビージャやビジャレアルといったリーガエスパニョーラのチームが獲得に興味を示しているという。 2017.04.07 10:56 Fri
twitterfacebook
thumb

デウロフェウ「メッシと比較され苦しんだ」バルセロナ在籍時代の苦悩を語る

ミランに所属するスペイン人アタッカー、ジェラール・デウロフェウが、バルセロナの下部組織時代にリオネル・メッシと比較されて苦しんでいたことをイタリア誌『Forza Milan』に語った。<br><br>「メッシとの比較は光栄なことだけど、僕にとってはありがたいというよりも害があるものだった。メッシは唯一無二の存在だからね」<br><br>デウロフェウは「僕はメディアで自分が取り上げられてもそれほど気にしないんだけど、メッシと比較された新聞の見出しはよく覚えている。バルセロナのファンからの期待も大きくて、当時は本当につらかった」と述べ、メッシと比較されながらバルセロナでプレーしていた当時を振り返った。<br><br>バルセロナの下部組織育ちのデウロフェウは天性のスピードを生かしたドリブル突破を見せることから、若手時代からトップチームの主軸として活躍していたメッシと常々比較されていた。だが、デウロフェウはバルセロナのトップチームに定着できず、エヴァートン、セビージャなどへのレンタルを経験。現在の保有権はエヴァートンが持っており、今冬からミランに期限付き移籍でプレーしている。<br><br>デウロフェウは1月の移籍市場でミランに加わると、第22節のウディネーゼ戦から第29節のジェノア戦まで、リーグ戦全試合に出場。1ゴールを記録している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 18:01 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース