ジェノアのイタリア代表GKペリン、左ヒザ負傷で手術2017.01.09 14:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは8日、イタリア代表GKマッティア・ペリンが左ヒザ前十字じん帯断裂で手術を受けることをクラブの公式サイトで発表した。

▽ペリンは、8日に行われたセリエA第19節のローマ戦(0-1でジェノアが敗戦)に先発したが、早々の9分に負傷交代。ベンチに下がると、人目をはばからず涙を流していた。

▽ジェノア下部組織育ちのペリンは、昨年に右ヒザ前十字靭帯を断裂。今シーズンはその重傷からカムバックし、ここまでセリエAの16試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェノアが元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシをフリーで獲得

▽ジェノアは4日、元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間などは明かされていない。 ▽ビジャレアルで活躍したストライカーのロッシは、2016年夏にフィオレンティーナからセルタへレンタル移籍。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで18試合に出場して4ゴールを決めていたが、4月に右ヒザの前十字靭帯を断裂する大ケガでキャリア4度目の長期離脱を強いられていた。 ▽セリエA第15節終了時点で12得点と得点力不足に悩むジェノアは、現在17位と低迷しており、昨季限りで所属元であったフィオレンティーナとの契約を退団して以降、フリーの状態でリハビリを続いていたロッシを緊急補強することとなった。 ▽なお、ジェノアは5日17:30(日本時間6日1:30)から入団会見を行うことを併せて発表している。 2017.12.05 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

代理人パストレッロがロッシのジェノア移籍を示唆「さまざまなオファーを検討したが、ジェノアは理想的なチーム」

▽元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシの代理人を務めるアンドレア・パストレッロ氏は、同選手が3週間から1カ月の間にジェノアへ加入する可能性が高いことを明かした。イタリア『Tuttomercatoweb.com』が報じた。 ▽ビジャレアルで活躍したストライカーのロッシは、2016年夏にフィオレンティーナからセルタへレンタル移籍。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで18試合に出場して4ゴールを決めていたが、4月に右ヒザの前十字靭帯を断裂して自身4度目の長期離脱を強いられていた。 ▽『Tuttomercatoweb.com』によると、昨シーズン限りで所属元であったフィオレンティーナとの契約が終了し、現在フリーの状態が続くロッシには、セリエAで17位に低迷するジェノアが獲得を検討している模様。ロッシの代理人を務めるパストレッロ氏も、ロッシがセリエA復帰に向け前向きな姿勢を見せていることを明かした。 「さまざまなオファーを検討したが、ジェノアは理想的なチームだ。ロッシもセリエAでもう一度プレーしたいと思っており、復帰に向けすごく意気込んでいるよ」 「ロッシにはイタリアからだけでなく、スペインや様々な欧州諸国からオファーがあった。特にジェノアは有名なクラブだし、復帰クラブとしては最高の環境だと思っている」 「いまのジェノアは17位と低迷しているが、ロッシが加入すれば復調への兆しとなるだろう。契約期間は今シーズン終了までで、1年の延長オプションが付く予定だ」 「これから彼はチームトレーニングに参加し、さらにコンディションをあげる必要がある。3週間から1カ月後には、彼のベストパフォーマンスが見られるだろう」 2017.11.30 00:15 Thu
twitterfacebook
thumb

平手打ちで退場のデ・ロッシ、ファンに謝罪も伊紙は辛辣「W杯から続く度重なる狂気」

ローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが26日、ローマ公式チャンネル『ローマTV』のインタビューに応じ、試合中の愚行を謝罪した。<br><br>ローマは26日、セリエA第14節においてアウェイでジェノアと対戦。59分、FWステファン・エル・シャーラウィのゴールで先制点を奪った。しかし70分、デ・ロッシがペナルティエリア内で相手FWのジャンルカ・ラパドゥーラに平手打ちを見舞うファウルを犯してPKを献上し、退場処分を受けた。ラパドゥーラがPKを決めたため、ローマは1-1の同点に追いつかれて2ポイントを取りこぼした上、単独3位となるチャンスを逃した。<br><br>デ・ロッシは、試合の行方を左右することになった自身のプレーを振り返り、チームメートらに謝罪の言葉を述べた。<br><br>「映像で見ると酷いし、僕自身もこのエピソードを残念に思う。気をつけようと自分に言い聞かせていたのだが。チームメート、監督、そしてファンの皆さん、申し訳ない」<br><br>一方、ラパドゥーラは『プレミアムスポーツ』のインタビューを受け、デ・ロッシに対して理解を示した。「怒りはない。アドレナリンは時に悪い冗談を見せるものだ。彼とは何の問題もない」と述べ、デ・ロッシとの間にわだかまりは残っていないことを強調した。<br><br>なお『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、2006年ドイツ・ワールドカップにおいてデ・ロッシがアメリカ代表FWブライアン・マクブライドに肘打ちを見舞い、4試合の出場停止を受けたことなどに言及。「度重なる狂気。キャリアにおいてあまりに退場が多すぎる」と綴り、年を重ねた今もラフプレーが続くことに苦言を呈した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.27 18:17 Mon
twitterfacebook
thumb

デ・ロッシが相手FWにビンタでPK献上&一発退場! ローマのアウェイ連勝記録が「12」でストップ…《セリエA》

▽セリエA第14節、ジェノアvsローマが26日にルイジ・フェラリスで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、宿敵ラツィオとの“デルビー・デッラ・カピターレ”を2-1で制し4位に浮上したローマ(勝ち点30)だが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でアトレティコ・マドリーに敗れ、グループ首位から転落すると共に今節での決勝トーナメント進出を逃した。 ▽その試合からバウンスバックが期待される今節は、先日のフィオレンティーナ戦でセリエA新記録の12連勝を達成したアウェイでの18位ジェノア戦。ディ・フランチェスコ監督はレアル・マドリーと並ぶ欧州記録のアウェイ13連勝に向けて、アトレティコ戦から先発5人を変更。最終ラインにフロレンツィ、フアン・ジェズス、中盤にデ・ロッシ、ストロートマン、前線にエル・シャーラウィが起用された。 ▽試合は開始直後からローマが押し込んでいく。2分にはコラロフの左クロスをゼコが頭で合わせて最初の決定機を作ると、このプレーで得た右CKの場面でもコラロフのクロスにゼコ、ファシオが飛び込むが、合わせ切れない。 ▽立ち上がりの連続決定機を逸したローマだが、その後もゼコの強さをシンプルに使った攻めで再三の決定機を作りだす。14分にはボックス中央でゼコが右足ボレー、31分にはボックス中央のエル・シャーラウィが枠内シュートを浴びせていく。だが、いずれも相手守備陣の粘り強い守備に阻まれる。その後もコラロフのプレースキックからゴールに迫るも、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、立ち上がりの48分にパンデフの鋭い反転シュートを浴びるローマだが、これはGKアリソンが余裕をもって正面でキャッチする。さらに53分にはハイラインの裏を取られてターラブトに抜け出されるが、ここは懸命に戻ったDFファン・ジェズスが何とか対応し事なきを得る。 ▽後半に入ってなかなかリズムを掴めないローマは58分、ペロッティを下げてデフレルを投入すると、この選手交代が先制点をもたらす。59分、右サイドでフロレンツィがゴール前のスペースに絶妙なクロスを入れる。ゼコがニアで相手DFを引っ張ると、左ウイングにポジションを入れ替えていたエル・シャーラウィが見事なハーフボレーで古巣のネットを揺らした。 ▽この先制点で勢いづくローマは65分にもコラロフの直接FKで2点目に迫る。だが、69分にカピターノが犯した愚行が試合の流れを一変させる。ジェノアのセットプレーのポジション争いでラパドゥーラとやり合っていたデ・ロッシが顔面にビンタをかます。主審はこの場面を見逃していたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認が行われると、主審はPKスポットを指すと共にデ・ロッシにレッドカードを掲示した。そして、このPKをキッカーのラパドゥーラがきっちり決め、思わぬ形から試合が振り出しに戻った。 ▽数的不利を背負ったとはいえ格下相手に取りこぼしが許されないローマは、76分にゼコの強烈な左足のミドルシュートを放つなど、リスクを冒して前に出る。85分にはボックス左に抜け出したコラロフのグラウンダーの折り返しにストロートマンが飛び込むが、左足のワンタッチシュートはクロスバーを叩く。 ▽一方、数的優位を生かして逆転を狙うジェノアはいずれもカウンターからゴール前に抜け出したラパドゥーラが87分、89分に続けて決定機に絡むが、いずれのシュートも枠の右に外してしまう。 ▽87分に今季2度目の出場となる元サンプドリアのエースFWシックをピッチに送り出したローマは、そのシックがボックス手前左角で倒されて、土壇場の90分にFKを獲得。ここでキッカーのコラロフがファーに入れたボールをデフレルが折り返し、ゴール前の混戦からシックがスライディングで押し込みにかかるが、ここは相手GKペリンへのチャージを取られてしまう。結局、試合はこのまま1-1のドローに終わり、デ・ロッシの愚行が高い代償を払うことになったローマは、セリエAのアウェイ連勝記録が12試合でストップした。 2017.11.27 01:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ダビデ・バッラルディーニ氏が3度目のジェノア指揮官に就任

▽ジェノアは6日、ダビデ・バッラルディーニ氏(53)が新監督に就任すること発表した。 ▽ここまで1勝8敗3分けの18位に沈むジェノアは、加えて12試合中7試合で無得点試合を記録するなど、序盤から苦しい戦いを強いられてきた。これを受けて、クラブ幹部は4日に行われたサンプドリアとのジェノヴァ・ダービーでの0-2の敗戦の翌日にユリッチ監督の解任を決断し、後任監督を探していた。 ▽ジェノアの新監督に就任したバッラルディーニ氏は、これまでカリアリやパレルモなどを率い、過去2度(2010-11,2013-14)に渡ってジェノアを率いた経験がある。2016年4月からは自身3度目の就任となったパレルモ率いていたが、9月に辞任を発表。以降はフリーの状態が続いていた。 ▽なお、バッラルディーニ氏は7日の11:30(日本時間:18:30)から就任会見を行い、その後15:00から初めてのトレーニングに臨む。 2017.11.07 04:14 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース