ジェノアのイタリア代表GKペリン、左ヒザ負傷で手術2017.01.09 14:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは8日、イタリア代表GKマッティア・ペリンが左ヒザ前十字じん帯断裂で手術を受けることをクラブの公式サイトで発表した。

▽ペリンは、8日に行われたセリエA第19節のローマ戦(0-1でジェノアが敗戦)に先発したが、早々の9分に負傷交代。ベンチに下がると、人目をはばからず涙を流していた。

▽ジェノア下部組織育ちのペリンは、昨年に右ヒザ前十字靭帯を断裂。今シーズンはその重傷からカムバックし、ここまでセリエAの16試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェノア、イタリア代表DFイッツォと2022年までの新契約締結! 八百長問題で半年の出場停止も次節復帰へ

▽ジェノアは11日、イタリア代表DFアルマンド・イッツォ(25)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ナポリの下部組織出身のイッツォは、2012年に加入したアヴェッリーノでの活躍を経て2014年からジェノアに加入。3バックと4バックを併用するチームの中で鋭い出足を生かした守備と正確なビルドアップを武器に、絶対的な主力として活躍。また、若手主体のイタリア代表Bチームでプレーした経験も持つ。 ▽その一方で、イッツォはアヴェッリーノに在籍していた時代に行われた八百長に関して、八百長が行われる事実を知りながら報告を怠ったとの容疑で6年間の出場停止処分と罰金を科されていた。だが、今年5月に処分が6カ月に減刑されたことで、今週末に行われるカリアリ戦でようやく戦列に復帰する予定だ。 2017.10.12 00:10 Thu
twitterfacebook
thumb

長友不出場のインテルが終盤2人退場のジェノアに辛勝《セリエA》

▽セリエA第6節、インテルvsジェノアが24日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが1-0で勝利した。インテルのDF長友佑都は、ベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、ボローニャ相手に辛くもドローに終わったインテルは、開幕からの連勝が「4」でストップ。仕切り直しを図る今節は、ホームに開幕から未勝利が続くジェノアを迎えた。スパレッティ監督はボローニャ戦から先発2人を変更。長友に代えてダウベルト・エンリケ、ジョアン・マリオに代えてブロゾビッチを起用した。 ▽試合は開始早々にインテルに決定機。右サイド深くに侵攻したカンドレーバの低いクロスに対して、ニアでイカルディが潰れてファーでフリーのペリシッチに通る。クロアチア代表FWは胸トラップから右足ボレーを狙うが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。 ▽その後はカンドレーバの右サイドを起点に中央のイカルディや逆サイドのペリシッチがフィニッシュに絡むが、なかなかGKペリンの牙城を崩すまでには至らず。 ▽一方、注目の16歳の大型FWペッレグリを最前線に配したジェノアは、お馴染みの[3-4-3]のシステムから要所で相手を引っくり返しては、ワンチャンスを窺う。24分にはロングカウンターからオメオンガのパスに抜け出した左サイドのターラブトがDFの股間を抜くグラウンダーのクロスで決定機を演出するが、ここは必死の戻りを見せたイカルディのカバーリングに阻まれ、敵地での先制点とはならず。 ▽その後も拮抗した展開が続く中、39分には右サイドのビラスキからのアーリークロスを注目のペッレグリがダイビングヘッド、続く43分にはターラブトが強烈なミドルシュートでインテルゴールを襲う。一方のインテルも45分にはボックス手前のブロゾビッチが強烈な左足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストに阻まれた。 ▽試合は後半に入っても一進一退の攻防が続く。開始直後には右サイドをえぐったオメオンガのクロスをボックス左にフリーで走り込んだラクサールがボレーで合わせるが、枠を捉え切れない。その後も要所を締めた守備と鋭いカウンターを仕掛けるジェノアの時間が続く。 ▽後半に入って苦戦が目立つインテルは、60分にカンドレーバを下げてエデルを投入。この交代でトップ下のブロゾビッチを右サイドに出し、エデルとイカルディの2トップに変更。さらに72分にはボルハ・バレロに代えて、今夏カーンから獲得した19歳のフランス人ウイング、カラモーをデビューさせる。73分にはイカルディの落としからエデルが右足アウトにかけたミドルシュートで決定機に絡むが、ここはGKペリンの好守に遭う。 ▽一方、ペッレグリに代えて元インテルのパンデフを投入したジェノアは、そのパンデフが早速決定機を創出。78分、ペナルティアーク付近で縦パスを引き出したパンデフがボックス右に走り込むオメオンガに丁寧なスルーパス。抜け出したオメオンガが右足を振り抜くが、ニアを狙ったシュートはGKハンダノビッチのビッグセーブに遭う。 ▽81分に最後の交代カードとしてジョアン・マリオをピッチに送り出したインテルは、なかなか決定機を作り出せない中、引き分け濃厚と思われた試合終盤にセットプレーから試合を動かす。87分、右CKの場面でジョアン・マリオがファーに入れたクロスをダンブロージオが頭で左隅に流し込んだ。 ▽その後、エデルへの決定機阻止でオメオンガ、カラモーへの危険なタックルを見舞ったターラブトが共に一発退場となったジェノアの反撃を凌いだインテルが、ホームで苦しみながらも貴重な勝ち点3を手にした。 2017.09.25 00:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ディバラがセリエA初のトリプレッタ! 2点差をひっくり返したユベントスが開幕2連勝《セリエA》

▽ユベントスは26日、セリエA第2節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、4-2で逆転勝利した。 ▽開幕戦のカリアリ戦をPKを献上しながらも終わってみれば攻撃陣揃い踏みで3-0と快勝スタートを切ったユベントスは、難所ルイジ・フェラリスでのジェノア戦に向けて負傷したマルキジオに代わってケディラを起用した。 ▽試合は早々に動きを見せる。開始17秒、ユベントスは自陣左サイドをパンデフに突破されてクロスを入れられると、ピャニッチがオウンゴールを献上してしまう。 ▽失点したユベントスは4分、右サイドからのピャニッチのFKが相手DFの頭に当たってゴールに向かうも、GKペリンのファインセーブに阻まれた。 ▽すると5分、ルガーニがボックス内でガラビノフを倒し、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを献上した。これをガラビノフに決められてリードを2点に広げられてしまう。 ▽それでも14分、イグアインのスルーパスをボックス左で受けたピャニッチのクロスをディバラが右足で押し込んで1点差に詰め寄ると、21分にはディバラのミドルシュートが枠を捉えたが、GKの正面を突いた。 ▽押し込んでいたユベントスだったが、33分にガラビノフのヘディングシュートでゴールを脅かされると、カウンターを度々受ける苦しい展開となる。 ▽そんな中42分、イグアインのフィードに抜け出したディバラがボックス中央に侵入。ワンタッチシュートに持ち込むも、GKペリンに好セーブで止められる。さらにルーズボールにマンジュキッチが詰めたが、ここもGKペリンに止められた。 ▽それでも45分、クアドラードの右クロスからマンジュキッチがボレーで合わせると、ラゾビッチの手に当たってVAR判定となり、PKが与えられる。これをディバラがゴール右上に決めて試合を振り出しに戻した。 ▽2-2で迎えた後半、48分にイグアインが際どいシュートを浴びせたユベントスだったが、ジェノアにボールを持たれる展開を強いられると、59分にケディラに代えてマテュイディを投入する。 ▽守備の強度を上げたユベントスは62分、マンジュキッチの浮き球パスをボックス右で受けたクアドラードがDFを交わし、左足でシュート。これがゴール左上に決まって逆転に成功した。 ▽その後、ラクサールのミドルシュートでゴールを脅かされたユベントスは、自陣に引いて耐え凌いでいく。84分にはパッラディーノの鋭いシュートが枠に飛ぶも、GKブッフォンがセーブすると、追加タイム2分に勝負を決めた。 ▽ボックス右でパスを受けたディバラがゴール右隅にシュートを射抜いて、自身初のセリエAトリプレッタを達成。新10番の活躍でユベントスが難所ルイジ・フェラリスを攻略し、2連勝スタートとしている。 2017.08.27 03:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェノア、トリノからイタリア人DFルカ・ロッセッティーニを獲得

▽ジェノアは18日、トリノからイタリア人DFルカ・ロッセッティーニ(32)を獲得したことを発表した。 ▽イタリアのパドヴァの下部組織出身のロッセッティーニは、シエナ、カリアリ、ボローニャを経て、昨夏にトリノへ加入。主戦場とするセンターバックで主力としてプレーし。セリエA30試合に出場、1ゴールを記録した。 ▽なお、クラブの発表によると、すでにメディカルチェックを済ませているイタリアのベテランDFは、現地時間20日に行われるセリエA開幕節のサッスオーロ戦に出場できる見通しだという。 2017.08.18 17:13 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネJrがフィオレンティーナに加入、移籍金は19億円+ボーナス4億円

▽フィオレンティーナは16日、ジェノアのU-23アルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(22)を獲得したことを発表した。 ▽移籍金はイタリア『トゥット・スポルト』によれば1500万ユーロ(約19億4000万円)+ボーナスで300万ユーロ(約3億9000万円)とのことだ。契約期間は2022年6月までの5年間となっている。 ▽アトレティコ・マドリーで指揮を執るディエゴ・シメオネ監督の息子であるジョバンニはリーベル・プレート出身のストライカー。バンフィエルドへのレンタル移籍を経て、2016年夏にジェノアへ完全移籍していた。そして、欧州初挑戦となった2016-17シーズン、セリエAで35試合に出場して12ゴールと活躍していた。 ▽世代別のアルゼンチン代表としては2016年リオデジャネイロ・オリンピックのU-23メンバーに選出されていた。 2017.08.17 06:19 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース