ジェノアのイタリア代表GKペリン、左ヒザ負傷で手術2017.01.09 14:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは8日、イタリア代表GKマッティア・ペリンが左ヒザ前十字じん帯断裂で手術を受けることをクラブの公式サイトで発表した。

▽ペリンは、8日に行われたセリエA第19節のローマ戦(0-1でジェノアが敗戦)に先発したが、早々の9分に負傷交代。ベンチに下がると、人目をはばからず涙を流していた。

▽ジェノア下部組織育ちのペリンは、昨年に右ヒザ前十字靭帯を断裂。今シーズンはその重傷からカムバックし、ここまでセリエAの16試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

主力負傷欠場のインテル、鬼門ルイジ・フェラリスに沈んで暫定4位後退《セリエA》

▽インテルは17日、セリエA第25節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗戦した。 ▽前節ボローニャ戦を救世主カラモーの活躍で9戦ぶりの勝利を手にした3位インテル(勝ち点48)は、イカルディやペリシッチ、ミランダらが負傷で欠場となった中、カラモーが引き続き先発となり、カンドレーバがスタメンに戻った。 ▽2連勝中の12位ジェノア(勝ち点27)に対し、3トップに右からカラモー、エデル、カンドレーバと並べたインテルは立ち上がり、押し込まれる入りとなってしまう。すると9分、パンデフにGKハンダノビッチが強襲されてしまった。さらに11分、パンデフのインスウィングにかけたクロスが直接ゴールに向かい、バーを直撃。 ▽ひやりとしたインテルは19分、カラモーに決定機。ボックス左からのエデルの好クロスにカラモーがボレー。しかし、ミートしきれず枠の上に外してしまった。 ▽その後、徐々にポゼッションを上げたインテルは31分、ボックス手前左のカンドレーバが強烈なミドルシュートを浴びせるも、GKペリンのファインセーブに阻まれた。ハーフタイムにかけて膠着状態に陥っていた中、45分に失点する。ズカノビッチの左クロスをシュクリニアルがクリアにかかると、ボールがラノッキアに当たって自陣ゴールに吸い込まれた。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、インテルが押し込みにかかる中、パンデフにバイタルエリアを使われ、主導権を握りきれない。すると59分、ジェノアに追加点を奪われる。右CKの流れからボックス手前左のラクサールがミドルシュートを放つと、これをボックス中央のパンデフが絶妙なトラップで収めて反転。左足を振り抜いてネットを揺らした。 ▽2点を追うインテルはヴェシーノに代えてラフィーニャを投入。そのラフィーニャの投入でボールの回りがスムーズになると、71分にはカラモーがミドルシュートでゴールに迫った。 ▽しかし、終盤にかけてはチャンスを生めず、0-2のまま敗戦。鬼門となっているルイジ・フェラリスで対ジェノア戦5連敗となり、暫定4位に後退している。 2018.02.18 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

3位ラツィオが土壇場被弾でジェノアに競り負けて痛恨の連敗…《セリエA》

▽セリエA第23節、ラツィオvsジェノアが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのジェノアが2-1で勝利した。 ▽前節、微妙な判定の影響もありミラン相手にリーグ戦7試合ぶりの敗戦を喫した3位のラツィオは、ミッドウィークに敵地で行われたコッパ・イタリア準決勝1stレグのミラン戦もゴールレスドローで終え、公式戦2試合未勝利。公式戦3試合ぶりの勝利を目指す今節は15位のジェノアをホームで迎え撃った。 ▽試合は立ち上がりから地力で勝るラツィオが押し込む展開に。開始4分に波状攻撃からルーカス・レイバの視野を生かしたラストパスに抜け出したジョルダン・ルカクがボックス左でシュートを狙うが、これは相手DFのブロックに遭う。 ▽その後も安定したビルドアップからサイドと中央を織り交ぜた多彩な仕掛けを見せるホームチームだが、最後の局面で身体を張る相手守備を崩し切れない。逆に、要所でジェノアのカウンターを受けると、ラクサールやヒリェマルクと縦にボールを運べる選手の仕掛けからボックス内への侵攻を許す。だが、枚数をかけない相手の攻撃を何とか遅らせて決定機まで持ち込ませない。前半終盤にかけてはラクサール、ムルジャと互いに枠内シュートを放っていくが、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのはジェノア。55分、カウンターから右サイドでパスを受けたヒリェマルクがボックス中央のガラビノフへ斜めのグラウンダーパスを入れる。これをガラビノフがヒールを使って短く落とすと、パンデフが冷静にゴール左隅へ流し込んだ。 ▽ホームで先制を許したラツィオだったが、ゴラッソですぐさま追いつく。59分、相手陣内右サイドからカセレスが低い弾道のアーリークロスを入れると、ボックス中央に走り込んだパローロが左足アウトを使った絶妙なワンタッチボレーでゴール左隅に流し込んだ。 ▽この同点ゴールで勢いづくホームチームはここから一気に相手を押し込んでいく。さらに70分にはマルシッチとムルジャに代えてナニとフェリペ・アンデルソンのアタッカーコンビをピッチに送り出す。しかし、80分過ぎには相手GKペリンのロングボールに対してクリアを誤ったDFカセレスがラクサールに振り切られてゴールネットを揺らされる。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)での検証が行われた結果、ラクサールがカセレスへのファウルを取られ、ゴールは取り消しとなった。 ▽VARで辛くも失点を免れたラツィオは直後の85分にボックス内へ抜け出したインモービレに絶好機も、シュートは相手GKのセーブに遭う。すると、試合終盤の91分に痛恨の失点を喫する。右サイドでヒリェマルクが入れた鋭いクロスをファーからゴール前に走り込んだラクサールに頭で合わせられ、今度は正真正銘の勝ち越しゴールを許した。 ▽その後、試合はこのままタイムアップ。格下ジェノア相手に競り負けたラツィオは痛恨の連敗で4位インテルとローマとの勝ち点差が縮まることになった。 2018.02.06 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、ユーベとの争奪戦制して16歳の大器ペッレグリ獲得!

▽モナコは27日、ジェノアからU-19イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリ(16)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は長期とのみ伝えられている。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、移籍金は2500万ユーロ+ボーナス500万ユーロの計3000万ユーロ(約40億5000万円)という破格の条件となり、さらに将来モナコがペッレグリを放出する際、移籍金が4000万ユーロ(約53億円)を超えると、そのうちの10%をジェノアが受け取るという条項も盛り込まれたようだ。 ▽逸材ストライカーの獲得に成功したモナコのヴァディム・ヴァシリエフ副会長は、「すでにセリエAの舞台を経験しているピエトロのような素晴らしい若手プレーヤーを迎え入れることができて嬉しいよ。彼のような偉大なポテンシャルを持ったプレーヤーの獲得は我々のクラブが若く優れたタレントを惹きつけている証明になると思っている」とコメント。 ▽また、16歳でセリエAを離れてモナコでの新たなキャリアを選択したペッレグリは、「モナコに加入できて本当に嬉しいよ。僕のような若いプレーヤーが将来的に成長していくうえで、ここが最適な場所であることはプロジェクトを聞いてすぐに確信したよ。クラブにとって重要なプレーヤーになれるようにここでハードワークしていきたい」と意気込みを語った。 ▽2001年3月17日生まれの16歳のペッレグリは、2016年12月に行われたトリノ戦で15歳280日でのセリエA最年少デビューを飾ると、昨年5月末のローマ戦では16歳72日という歴代3位となる若さでのセリエAゴール記録を樹立。さらに、今シーズンは強豪ラツィオ相手に2ゴールを挙げるなど、ここまでリーグ戦6試合の出場で2ゴールの記録を残していた。 ▽196cmの恵まれた体躯に加え、スピードやテクニックにも優れる“イブラヒモビッチの後継者”にはセリエAの盟主ユベントスが強い関心を示してきたが、近年若手の育成に定評があるモナコが獲得レースを制すことになった。 2018.01.28 05:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントス、16歳の有望株ジェノアFWの獲得失敗? モナコへ移籍か

▽ユベントスの若手補強が失敗に終わったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽ユベントスはジェノアに所属するFWピエトロ・ペッレグリ(16)の獲得に動いていた。伝えられるところによると、16歳のホープを獲得するため1000万ユーロ(約13億5000万円)に複数のボーナスをつけてオファーしていたという。しかしジェノアは、モナコに放出することを選んだとのこと。ジェノアのジョルジョ・ペリネッティSDは、「ペッレグリ放出の詳細についてモナコと話し合っている」と明かしている。 ▽そんなモナコはジェノアに対して、2500万ユーロ+ボーナス500万ユーロの計3000万ユーロ(約40億5000万円)という破格の条件を提示した模様。さらにジェノアは、将来モナコがペッレグリを放出する際、移籍金が4000万ユーロ(約53億円)を超えると10%を受け取るという条項も付けたようだ。 ▽ペッレグリは27日にメディカルチェックを受ける予定。契約期間は5年となる見通しだ。 2018.01.27 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントス、U-19イタリア代表の16歳逸材獲得へ

▽ユベントスが、ジェノアのU-19イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリ(16)の獲得に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ペッレグリは各年代の代表に招集されているイタリア期待のヤングスターだ。今シーズンにジェノアの下部組織からトップチームに昇格すると、196㎝という長身とフィジカルを生かしたプレーでここまでリーグ戦5試合の出場で2ゴールを記録している。 ▽『フットボール・イタリア』によると、ジェノア側はこの期待の新星に3000万ユーロ(約41億円)の移籍金を要求しており、ユベントスは1000万ユーロ(約13億5000万円)+ボーナス2000万ユーロ(約27億円)で獲得を試みるという。また、ペッレグリを確保したうえで、6~18カ月の間はジェノアにレンタルバックさせる意向のようだ。 ▽同メディアは、ユベントスのファビオ・パラティチSD(スポーツ・ディレクター)とジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラル・マネージャー)が、ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長とすでに会談を行ったと伝えており、選手の代理人を務めるジュゼッペ・リッソ氏とも同じく話し合いの場を持ったとも主張している。さらにイタリア『calciomeracto.com』もペッレグリのユベントス移籍が迫っている報じるなど、若き俊才のイタリア王者への移籍は限りなく近づいているようだ。 2018.01.25 01:19 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース