超ワールドサッカー

ジェノアのイタリア代表GKペリン、左ヒザ負傷で手術2017.01.09 14:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは8日、イタリア代表GKマッティア・ペリンが左ヒザ前十字じん帯断裂で手術を受けることをクラブの公式サイトで発表した。

▽ペリンは、8日に行われたセリエA第19節のローマ戦(0-1でジェノアが敗戦)に先発したが、早々の9分に負傷交代。ベンチに下がると、人目をはばからず涙を流していた。

▽ジェノア下部組織育ちのペリンは、昨年に右ヒザ前十字靭帯を断裂。今シーズンはその重傷からカムバックし、ここまでセリエAの16試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、ドンナルンマ後釜としてペリン獲得へ! ジェノアSD「今週中に決まるはず」

▽ミランはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)の後釜として、ジェノアのイタリア代表GKマッティア・ペリン(24)の獲得することを決めたようだ。 ▽先日、ドンナルンマとの契約延長交渉決裂を発表したミランは、今季限りでの退団が濃厚となった同選手の後釜確保に向けて動き始めた。そして、その有力候補の1人に挙げられているペリンを保有するジェノアのマリオ・ドナテッリSD(スポーツ・ディレクター)は、イタリア『 Radio Crc』でミランからのオファーを認めた。 「ドンナルンマの契約延長交渉決裂によって、ミランはペリン獲得を真剣に検討している」 「現在、我々は交渉がどのように決着するか、見守っているところだ。マッティアは重要なクラブへ旅立つことになるだろう」 「疑う余地なく、ミランは彼に強い関心を持っている。そして、ドンナルンマの交渉に劇的な変化が起きない限り、取引は今週中にも完了するかもしれない」 ▽なお、イタリア『Tuttomercatoweb』は19日、ミランが同日にペリンの代理人と交渉を行ったと報じており、1500万ユーロ(約18億6000万円)前後で移籍成立となる見込みだ。 ▽ジェノアのプリマヴェーラ出身のペリンは、2010年のトップチームデビュー以降、公式戦113試合に出場。卓越した身体能力を武器にセリエA屈指のショットストッパーとしての評価を確立している。その一方で、昨年9月と今年1月に前十字じん帯を断裂しており、ケガへの耐性という部分で不安を残している。 2017.06.20 02:34 Tue
twitterfacebook
thumb

トッティラストゲームで劇的勝利のローマが2位で来季CLストレートイン! 1G2Aで勝利演出のゼコが29得点で初の得点王!《セリエA》

▽ローマは28日、スタディオ・オリンピコで行われたセリエA最終節でジェノアと対戦し、3-2で勝利した。この結果、勝ち点87で2位確定のローマが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)ストレートインを決めた。 ▽前節、キエーボとの打ち合いを制した2位ローマ(勝ち点84)は、3位ナポリ(勝ち点83)と勝ち点1差をキープして最終節を迎えた。来シーズンのCLストレートインに向けて勝ち点3が必須となる16位ジェノア戦(勝ち点36)は、ローマの今後を左右する重要な一戦。ただ、それ以上に注目を集めたのが、この試合を最後に下部組織時代を含め28年を過ごしたクラブを去る元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)のラストダンス。前日会見で「重要な場面で使う」と語ったスパレッティ監督だが、得点王争いが懸かるゼコを先発で起用し、バンディエラはベンチからのスタートとなった。 ▽バンディエラのラストプレーを拝もうと、普段は閑散とするオリンピコが超満員となった中でスタートしたローマの今季最終戦。新シーズンのユニフォームを着用したローマに対して、対戦相手のジェノアはローマの背番号10への敬意を示し特別ユニフォームを着用してプレーした。 ▽トッティの花道を勝利で飾るため、前がかりな入りを見せたローマだったが、開始3分に一瞬の隙を突かれて先制点を許す。右サイドのラゾビッチから高い最終ライン裏にスルーパスが送られると、DFマノラスがラインを上げ切れず、ペッレグリに抜け出されると、GKとの一対一を決められた。なお、2001年3月生まれのペッレグリは、前日に2000年2月生まれでセリエA初ゴールを記録したユベントスFWケアンを抜き、今季のセリエA最年少ゴール記録となった。 ▽思わぬ新星の登場でまさかのビハインドを背負ったローマは、らしくないボールロストやGKシュチェスニーの不用意な飛び出しでピンチを招くなど、失点後もバタ付く。しかし、頼れるエースストライカーがチームを救う。10分、左サイドから内に切り込んだエメルソン・パルミエリのパスを受けたストロートマンがワンタッチの浮き球パスをゴール前に送る。これを胸でトラップしたゼコのシュートは左ポストを叩くが、こぼれ球を身体ごと押し込んだ。 ▽ゼコの今季29点目で試合を振り出しに戻したローマだが、再びアクシデントに見舞われる。守備の局面で左ヒザを痛めたエメルソンがプレー続行不可能となり、ストレッチャーに乗せられてピッチを後に。この緊急事態を受けて、18分にマリオ・ルイが投入された。 ▽続け様の逆境に晒されたローマだが、徐々に落ち着きを取り戻して本来のプレーを見せ始める。19分と21分にはいずれもストロートマンの絶妙なスルーパスからゼコ、サラーがGKと一対一を迎えるが、ゼコのシュートはGKラマンナの好守、サラーのシュートは枠の左に外れ、逆転ゴールとはならない。 ▽前半終盤にかけても猛攻を見せるローマは、マンマーク気味の対応を続けるジェノアに対して、ポジションチェンジや横の揺さぶりでチャンスを創出していくが、ゼコやエル・シャーラウィの決定機はGKラマンナに防がれ、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。 ▽後半も立ち上がりから攻勢に出るローマは、ゼコやエル・シャーラウィに決定機も決め切れない。流れを変えたいスパレッティ監督は54分、サラーを下げてこれがセリエA通算619試合目となるトッティをオリンピコでのラストピッチに送り出した。 ▽[4-2-3-1]のトップ下に入ったトッティを起点にジェノアを自陣に押し込むローマだが、球際で粘りを見せる相手の守備に苦戦してなかなか決定機を作れない。67分にはバイタルエリアでボールを受けたトッティから浮き球の短いパスを受けたストロートマンが豪快に左足を振り抜くが、このシュートは枠の右に外れる。さらに69分には相手陣内左サイドのトッティからゴール前のエル・シャーラウィに絶妙なフィードが入るが、このヘディングシュートはGKラマンナのビッグセーブに遭い、ゴールとはならず。 ▽この直後にエル・シャーラウィを下げて、古巣対戦のペロッティを最後の交代カードとして投入したローマは、74分に待望の逆転ゴールを奪う。バイタルエリアのストロートマンがボックス右に走り込むゼコに絶妙な浮き球のパスを通す。これを巧みなトラップで収めたゼコのマイナスの折り返しを、トッティと被り気味に入ってきたデ・ロッシが左足ダイレクトでニアに蹴り込んだ。 ▽トッティと最も長い時間苦楽を共にしてきた“未来のカピターノ”のゴールで試合を引っくり返したローマだったが、その歓喜から一転5分後に悪夢を味わう。79分、左サイド深くに侵攻したラクサールが浮き球で入れたクロスをファーサイドに走り込んだラゾビッチに頭で流し込まれた。 ▽痛恨の失点で再びゴールが必要となったローマだが、焦りからか前がかりなところを突かれて、ラゾビッチにポスト直撃の決定機を許すなどあわやというピンチを招く。 ▽その後も時間だけが過ぎ、CLストレートイン、トッティのラストゲーム勝利が風前の灯となったローマだったが、最後の最後に劇的展開が待っていた。90分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのナインゴランがゴール前にハイボールを入れると、ファシオ、ゼコが頭で繋いでボックス左のペロッティにボールが渡る。これをアルゼンチン代表FWが渾身の左足ボレーで流し込み、土壇場で勝ち越しに成功した。 ▽その後、オリンピコラストゲームのトッティが相手陣内で得たセットプレーの場面で冷静に時間を使い切り、試合はこのままタイムアップ。消化試合のジェノア相手に大苦戦も、劇的な形でバンディエラのラストゲームを勝利で飾ったローマが、来季CLストレートインを決めた。 ▽なお、この試合で1ゴール2アシストの大活躍を見せたゼコは、今季リーグ戦29ゴールで自身初のセリエA得点王を獲得した。 2017.05.29 03:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノア、次戦は“カズ・デー”…クラブも日本人サポーターの訪問を歓迎

横浜FCに所属するFW三浦知良の足跡をたどる企画で、30日のセリエA第34節ジェノアvsキエーボ戦には、日本から多くのファンが駆けつける。ジェノアが27日、公式ウェブサイトで発表している。<br><br>レジェンド、カズは50歳を迎えてなお現役生活を続け、3月にはJリーグで最年長ゴール記録を更新するなど偉業を成し遂げてきた。その快挙はかつてカズがプレーしたイタリアでも「限界を知らないミウラ」、「不死のミウラ」などと称えられた。<br><br>カズは日本人として初めてセリエAに加入したパイオニア的存在だ。1994年にジェノアに加入し、サンプドリアとのジェノヴァ・ダービーでは得点をマーク。これは日本人選手が初めてセリエAで挙げた得点となった。<br><br>ジェノアもカズについて、「沈むことのないカズは故郷の地で現役を続行し、ゴールを挙げ続けている。フットボール侍はあらゆる記録を更新し、引退など考えていない」と紹介している。<br><br>キエーボ戦には、ジェノヴァ在住の日本人の企画で、カズの足跡をたどろうと日本からファンの一団が訪れる。かつてカズがプレーしたマラッシでスタジアムの雰囲気を肌で感じることだろう。ジェノヴァにはヨーロッパの交換留学生なども多い。このためマラッシやジェノア・ミュージアムやストアでは「外国人ファンの存在は珍しいことではない」として、イタリアの古豪は日本からの来客を歓迎している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 22:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、今季の1stマッチで敗れたジェノアに完勝でリベンジ! ホーム戦連勝記録を33試合に更新《セリエA》

▽ユベントスは23日、セリエA第33節でジェノアをホームに迎え、4-0で圧勝した。 ▽前節の最下位ペスカーラ戦をイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進めている。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。そのバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。前線の3枚とボヌッチ、ケディラを引き続き先発とした。 ▽ユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦を2-2で引き分けて連敗を4で止めた16位ジェノア(勝ち点30)に対し、イグアインとマンジュキッチの2トップに、ディバラをトップ下に置く[3-4-1-2]を採用したユベントスは、開始4分にボヌッチが足を滑らせてシメオネに際どいシュートを浴びてしまう。 ▽それでも、7分にFKからボヌッチが決定的なヘディングシュートを浴びせると、その後はハーフコートゲームを展開。15分にディバラがコントロールシュートを浴びせると、17分に先制した。イグアインの浮き球パスに飛び出したゴール前のマルキジオがボレーで狙ったシュートはミートしきれなかったが、ムニョスに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに2分後、ケディラとのワンツーからボックス中央のディバラがゴール右にシュートを突き刺して一気にリードを2点に広げた。その後もポゼッションして試合をコントロールするユベントスは、35分にイグアインが左足ミドルでゴールに迫ると、41分に3点目を奪いきった。マンジュキッチが自身の入れたクロスのルーズボールをボックス左からダイレクトで狙うと、完璧にコントロールされたシュートがゴール右に決まった。 ▽3点をリードして迎えた後半、53分にFKからボヌッチがボレーシュートでネットを揺らすも、マンジュキッチのファウルを取られて4ゴール目とはならなかったユベントスだったが、引き続き主導権を握る。 ▽すると64分、先ほどゴールを取り消されたボヌッチが中央を持ち上がって右足を一閃。GKラマンナが一歩も動けない完璧なシュートをゴール左に突き刺した。 ▽その後も圧倒すると、70分にマルキジオとイグアインがそれぞれバーとポストに嫌われるシュートを浴びせ、77分にはアサモアのミドルシュートが右ポストを直撃。結局、5点目こそ奪えなかったものの、ジェノアを圧倒したユベントスが快勝。今季の1stマッチで敗れたジェノアにリベンジを果たし、ホーム戦33連勝とした。 2017.04.24 05:42 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノアで今季2度目の監督交代! マンドルリーニ解任で今季解任のユリッチが2カ月ぶりに復帰

▽ジェノアは10日、アンドレア・マンドルリーニ監督(56)の解任および、イバン・ユリッチ氏(41)の復帰を発表した。 ▽ジェノアは今年2月19日、成績不振を理由にユリッチ前監督の解任を発表。その後任として、これまでアタランタやサッスオーロ、ヴェローナの指揮官を歴任したマンドルリーニ監督と18カ月の契約を結んだ。 ▽マンドルリーニ監督は、就任2試合目となったエンポリ戦でチームに11戦ぶりの白星をもたらしたが、直近の4試合ではアタランタに0-5の大敗を喫するなど、4戦無得点で4連敗と不振に陥っていた。 ▽この成績不振を受けて、クラブはマンドルリーニ監督の解任および、ユリッチ氏の呼び戻しを決断した。 ▽現在、降格圏手前の16位に低迷するジェノアだが、18位クロトーネとの勝ち点差は9ポイントと、残り7試合で降格する可能性は低いとみられている。なお、今季2度目の就任となるユリッチ新監督の初陣は、15日にホームで行われるセリエA第32節のラツィオ戦となる。 2017.04.10 22:30 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース