イグアインとディバラ揃い踏みのユベントスがホーム戦26連勝のセリエA記録樹立 《セリエA》2017.01.09 06:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは8日、セリエA第19節でボローニャをホームに迎え、3-0で快勝した。

▽2016年最終戦となったミランとのスーペル・コッパで痛恨のPK負けを喫した首位ユベントス(勝ち点42)は、2位ローマに暫定4ポイント差とされている。そのユベントスは15位ボローニャ(勝ち点20)に対し、イグアインとディバラが公式戦14試合ぶりに2トップを組み、コンディション不良のGKブッフォンが欠場となった。

▽ここまで全勝を維持するホームでの新年初戦、中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨んだユベントスは7分にあっさり先制する。バイタルエリア中央で仕掛けたピャニッチが浮き球パスを送ると、ボックス中央のイグアインが背後から来たボールをうまくボレーでミート。これがGKミランテの手を弾いてゴールネットを揺すった。

▽その後も攻勢に出るユベントスは16分にイグアインのヘディングシュートで、23分にマルキジオの強烈なミドルシュートで追加点に迫っていく。前半半ば以降もユベントスが主導権を握ると、40分にPKを獲得する。ストゥラーロがボックス左でドリブルを仕掛けると、オイコノムに倒された。これをディバラが決めてリードを2点に広げ、前半を終えた。

▽迎えた後半もボールを保持したユベントスは55分、右サイドを突破したリヒトシュタイナーのクロスをフリーのイグアインがヘッドで叩き込んで3点目を奪取。

▽余裕の展開のユベントスは自陣に引きつつ、ボールホルダーへの鋭い寄せでボローニャに自由を与えない。そしてピャニッチやイグアインをお役御免としていく。さらに81分にはリンコンがユベントスデビューを飾った中、ボローニャに何もさせないままタイムアップ。新年初戦を快勝で飾ったユベントスが、ホーム戦26連勝のセリエA記録を樹立。2位ローマとの暫定4ポイント差を維持している。

コメント

関連ニュース

thumb

ケディラ、ユベントス移籍に「正しい選択だった」

▽ユベントス所属のドイツ代表MFサミ・ケディラが同クラブ加入を振り返り、「正しい選択」であったことを主張している。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽2015年6月にレアル・マドリーからユベントスに加入したケディラは、加入1年目の2015-16シーズン、ケガに悩まされたものの、セリエAで20試合5得点4アシストを記録。2年目の今シーズンは、ここまで大きなケガもなく、25試合4得点2アシストの活躍を披露している。 ▽ユベントスの首位キープに貢献しているケディラは、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で、移籍を次のように回想した。 「僕はキャリアの中で最高の時期にいるよ。調子も良いし、正しい方向に向いている」 「ユベントスへの加入は正しい選択だった。選手として成長することができたんだ。戦術により柔軟に対応できるようになっている。前線へ駆け上がることで多くの自由を得ることもできるんだ」 2017.03.27 15:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ディバラが今夏の移籍を考慮か… ユーベ側に移籍の容認を迫り場外クラシコ勃発!?

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(23)が今夏に移籍する可能性が再浮上したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽ディバラは以前から、代表のチームメートであるFWリオネル・メッシとの共演を望んでいると公言しており、将来的にバルセロナでプレーする可能性が高いと思われていた。しかしバルセロナにはメッシの他にブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが所属しており、ディバラは「バルサでは4番手のFWになってしまう」と、出場機会の激減を危惧していた。 ▽しかし『ムンド・デポルティボ』によると、ディバラ自身はセリエAから次のレベルへのステップアップを考慮しているようだ。プレミアリーグへの挑戦を視野に入れながら、目標とするリーガでのプレーを模索していると報じている。さらに、同メディアはディバラがバルセロナに加入すれば、MSNのバックアップだけでなく前線を4人で形成する超攻撃的なスタイルが完成するとしている。 ▽しかし『ムンド・デポルティボ』は、ディバラが移籍の道を選んだ場合、順風満帆にバルセロナに加入することにはならないとも伝えている。以前からディバラの獲得に興味を示しているマドリーも参戦すると予想。ユベントス側が設定している移籍金を満額支払うことも可能だとし、場外クラシコが勃発するだろうと報じている。 2017.03.22 09:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ルイス・エンリケ後任を探すバルサ、アッレグリに年俸10億円の3年契約提示か!?

▽ルイス・エンリケ監督の後任探しに奔走するバルセロナが、ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の引き抜きを画策しているかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ルイス・エンリケ監督は今月1日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のスポルティング・ヒホン戦後の記者会見で今シーズン限りでの退任を発表した。 ▽新監督の候補にはトッテナムのマウリッシオ・ポチェッティーノ監督、エバートンのロナルド・クーマン監督、セビージャのホルヘ・サンパオリ監督、ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督らとともに、アッレグリ監督の名前も挙がっている。 ▽『アス』によると、バルセロナ側はアッレグリ監督に対してすでに条件を提示している模様。年俸800万ユーロ(約9億6700万円)の3年契約でオファーしているようだ。 2017.03.21 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ブッフォン代理人、過去にバルセロナ移籍へと近づいたことを暴露!!

▽ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、過去にバルセロナ移籍に近づいていたようだ。スペイン『マルカ』が同選手の代理人のコメントを伝えている。 ▽1991年にパルマでプロキャリアを歩み始めたブッフォンは、2001年からユベントスに加入。現在まで15シーズンを過ごし、絶対的な守護神としてセリエAを7回、コッパ・イタリアを2回、スーペル・コッパを5回優勝するなど数々のタイトル獲得に貢献した。 ▽現在はユベントスでキャプテンも務めるブッフォンダが、代理人であるシルバーノ・マルチナ氏はパルマからユベントスに移籍する直前にバルセロナに加入する可能性があったことを認めた。 「バルセロナとの契約は間近となっていた。正直に言えば、パルマとバルセロナはクラブ間で合意していたよ。しかしブッフォン自身がユベントスを選択したんだ」 ▽またマルチナ氏は今年で39歳を迎えたブッフォンの今後についても言及した。 「彼がいつ引退するかなんてわからないよ。40歳までプレーするかもしれないね。どちらにせよ、彼が引退するタイミングは彼自身が決めるものだ」 2017.03.21 09:19 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスの最長出場記録を更新のブッフォン、CLバルセロナとの対戦は「幸運」

ユベントスに所属するイタリア代表のGKジャンルイジ・ブッフォンが19日、クラブにおける最長出場記録を達成した。イタリアの複数メディアが報じている。<br><br>ブッフォンは19日、ジェノヴァで行われたセリエA第29節サンプドリアvsユベントス(0-1)に先発出場した。この試合の65分、ブッフォンはユベントスでの出場時間3万9681分を記録し、ユベントスのジャンピエロ・ボニペルティ名誉会長がこれまで保持していた最長記録3万9680分を更新した。アディショナルタイムの5分を含めると、ブッフォンの新記録は3万9711分となった。<br><br>ブッフォンはイタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、新記録達成の喜びを語った。<br><br>「記録に到達できてとても嬉しい。それも強豪クラブでタイトルをいくつも獲得しながらの記録達成だから感激だ。記録については誇りに思うが、これからも出場時間を更新し続けられるよう望んでいる」<br><br>またチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバルセロナと対戦することについては、やむを得ないと同時に、ラッキーでもあると持論を語った。<br><br>「バルセロナ戦については、素晴らしいことだと思う。このような試合に出場できる自分はラッキーだと思う。それに準々決勝なのだから、それなりのチームと当たることは覚悟しないと。これまで積み上げてきた実力を測る試金石になる」<br><br>続いてバルセロナとホームアンドアウェー方式で対戦することの難しさを説いた。<br><br>「バルセロナと2試合を戦わなければならないのは非常に厳しい。1発勝負であれば勝ち抜けるチャンスは5分に近かったと思う。だが2試合となると難しくなる。とはいえ、この対戦ができることは、トップクラスのサッカー選手であることの証だ」<br><br>提供:goal.com 2017.03.20 14:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース