公式戦12試合ぶりに生まれた終盤のバッカ弾でミランがカリアリに辛勝《セリエA》2017.01.09 04:01 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは8日、セリエA第19節でカリアリを本拠地サン・シーロに迎え、1-0で辛勝した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽2016年最終戦となったユベントスとのスーペル・コッパをPK戦の末に制して2011年以来となるタイトルを獲得した暫定5位のミラン(勝ち点33)は、3トップに右からニアン、バッカ、スソと並べる[4-3-3]を採用した。

▽2016年最終戦となったサッスオーロ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った12位カリアリ(勝ち点23)に対し、開始2分にロマニョーリのヘディングシュートとバッカの反転シュートで立て続けにゴールへ迫ったミランが良い入りを見せる。

▽その後、自陣で守備を固めるカリアリを攻めあぐねたミランは、ニアンやボナヴェントゥーラがミドルシュートを浴びせてけん制。27分にアバーテが負傷交代するアクシデントに見舞われた中、直後にはボナヴェントゥーラが直接FKでゴールに近づいた。しかし、ハーフタイムにかけては膠着状態に持ち込まれ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、開始4分にデッセーナに決定的なシュートを許したミランは、65分にニアンが可能性のあるシュートを浴びせた。その後、68分にイスラにネットを揺らされたもののオフサイドに救われたミランは、サイド攻撃を展開するもなかなかシュートにつながらない。

▽そこで79分、モンテッラ監督はパシャリッチに代えてラパドゥーラを投入。すると終盤の88分、右サイドからのクロスを受けたラパドゥーラが粘ってラストパス。これを受けたバッカがGKとの一対一を制した。公式戦12試合ぶりのバッカ弾が決勝点となってミランが辛勝している。

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑に出場機会を…伊メディアが高年俸ながらベンチを温める本田を生かすよう提案

ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑について、高額な年俸なだけに、もう少し出場機会を与えるべきであると、イタリアメディア『Spazio Milan』が主張している。<br><br>ミランでは、右サイドのFWスソに連戦による疲労が懸念されるほか、左サイドのFWエムバイェ・ニアンは不調が続き、やる気を失い士気を低下させている。このため、両ウィングのバックアッパーが必要とされている。<br><br>今冬の移籍市場において、アドリアーノ・ガリアーニCEOも「補強の対象は攻撃的ウィングだけだ。名前はご存知だろう」と話しているように、FWジェラール・デウロフェウの獲得へ向けて、エヴァートンと交渉中だ。<br><br>しかし万が一、獲得が失敗した場合について、本田を起用すべきとの声が上がっている。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いるミランにおいて、本田は構想外となっており、出場機会に恵まれていない。ミランは本田に対し、250万ユーロ(約3億円)と高額な年俸を支払っており、出場機会を与えることで、投資を無駄にせず、本田を生かす道を模索するべきだと提案している。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、長友佑都効果?セリエAで日本人の観客が29%増…ネット販売も影響か

セリエAにおける日本人のチケット購入数が、2016年は前年に比べて29%増加した。イタリアメディア『FC Inter 1908.it』が報じている。<br><br>イタリアのスタジアムまで直接出向き、セリエAの観戦を楽しむ日本人ファンが急増している。日本代表のMF本田圭佑やDF長友佑都がセリエAの人気チームであるミランやインテルに所属していることで、注目度が増しているとみられる。<br><br>また海外イベントのチケットの個人間売買を扱うインターネットサイト『Ticketbis(チケットビス)』が普及したことも、日本人の観客増加につながったようだ。<br><br>セリエAでは、外国人観客数のうち、日本人はフランス人に次いで2位とファンが多い。中でも日本人観客が多く訪れたのは、9月18日のインテル対ユヴェントス戦、11月20日のミラン対インテル戦、そして10月22日のユヴェントス対ミラン戦と、いずれもセリエAのビッグ3の試合だ。1枚あたりのチケット購入額の平均は107ユーロ(1万3000円)となっている。<br><br>『チケットビス』での最高購入額も日本人によるものだ。2016年5月21日に行われたコッパ・イタリアの決勝ユヴェントス対ミラン戦では424ユーロ(5万2000円)の最高記録が生まれた。次いで2位は10月22日のユヴェントス対ミラン戦の372ユーロ(4万6000円)となっている。<br><br>今冬の移籍市場では、本田と長友に移籍のうわさが上がっているが、チケットの売上には貢献しているだけに、不人気で低迷するセリエAとしては両選手の残留が望まれるところだろう。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、ボナヴェントゥーラと2020年までの新契約締結!

▽ミランは18日、イタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラ(27)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2014年にアタランタから完全移籍したボナヴェントゥーラは、ここまで公式戦92試合に出場し、18ゴールを記録。左ウイングとセントラルMFを主戦場に、近年のミランの絶対的レギュラーとして活躍している。今シーズンは公式戦19試合に出場し、4ゴールを記録していた。 ▽また、ミランでの活躍を足掛かりにイタリア代表でも通算8試合に出場している。 2017.01.18 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン行きが噂されるデウロフェウ、18日に移籍に関する意思表明か!?

▽ミランへの移籍が噂されているエバートンのスペイン人FWジェラール・デウロフェウが、18日にも意思を表明するようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽日本代表FW本田圭佑がプレーするウイングのポジションの補強に動いているミランは、デポルティボも関心を寄せていると言われていたデウロフェウの獲得に動いている。 ▽『フットボール・イタリア』によるとクラブ間で交渉が行われており、すでに大詰めを迎えているようだ。17日の時点では買取義務なしのレンタル移籍となることが決定したと言われている。また、著名なイタリア人移籍専門記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、どちらにしても18日にデウロフェウが何等かの意思表明をするだろうと指摘している。 ▽バルセロナのカンテラで育ったデウロフェウは2013-14シーズンにエバートンへとレンタルで移籍。2015-16シーズンからは完全移籍でエバートンに加入し、今シーズンはリーグ戦11試合に出場している。 2017.01.18 11:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ニアンやる気なし、ミランサポーターが酷評「ガットゥーゾがいたらタダでは済まない」

16日に行われたセリエA第20節トリノ対ミラン戦(2-2)で、試合終盤から途中出場したFWエムバイェ・ニアンが、ミランのサポーターにSNSで酷評されている。<br><br>トリノ戦では2-2と同点の段階で、84分にMFジャコモ・ボナヴェントゥーラに代わってピッチに入った。勝ち越しを狙うミランにとって、疲労が見え始めた相手にはニアンのスピードが大きな武器になるとみられていた。しかし、ピッチに現れたニアンにはやる気が一切見えず、走っても90分近くプレーしている相手に追いつかれる始末だった。<br><br>当然ながら、ミランサポーターからも非難の声が上がった。ツイッターでは辛辣なコメントが並んでいる。<br><br>「僕がミランの幹部だったら、今夜にもニアンを売り払うよ。あの走りはなんだ? 馬鹿にしている」<br><br>「(ジェンナーロ・)ガットゥーゾみたいなチームメートがいたら、今夜は無事に帰れなかっただろうね」<br><br>「(イニャツィオ・)アバーテのクロスは完璧だったのに。たった一押しするだけもできないなんて。ウインガーならしっかりプレーを追ってろ」<br><br>「なぜニアンがこんなにやる気のない姿勢なのか誰か教えてくれ。恥ずべきだ」<br><br>普段は22歳の若手FWに期待を寄せ、擁護を続けるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も今回ばかりはお手上げのようだ。「彼のことはこれまで何度も称えてきたが、今日はそうはいかない」と苦言を呈している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 16:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース