公式戦12試合ぶりに生まれた終盤のバッカ弾でミランがカリアリに辛勝《セリエA》2017.01.09 04:01 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは8日、セリエA第19節でカリアリを本拠地サン・シーロに迎え、1-0で辛勝した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽2016年最終戦となったユベントスとのスーペル・コッパをPK戦の末に制して2011年以来となるタイトルを獲得した暫定5位のミラン(勝ち点33)は、3トップに右からニアン、バッカ、スソと並べる[4-3-3]を採用した。

▽2016年最終戦となったサッスオーロ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った12位カリアリ(勝ち点23)に対し、開始2分にロマニョーリのヘディングシュートとバッカの反転シュートで立て続けにゴールへ迫ったミランが良い入りを見せる。

▽その後、自陣で守備を固めるカリアリを攻めあぐねたミランは、ニアンやボナヴェントゥーラがミドルシュートを浴びせてけん制。27分にアバーテが負傷交代するアクシデントに見舞われた中、直後にはボナヴェントゥーラが直接FKでゴールに近づいた。しかし、ハーフタイムにかけては膠着状態に持ち込まれ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、開始4分にデッセーナに決定的なシュートを許したミランは、65分にニアンが可能性のあるシュートを浴びせた。その後、68分にイスラにネットを揺らされたもののオフサイドに救われたミランは、サイド攻撃を展開するもなかなかシュートにつながらない。

▽そこで79分、モンテッラ監督はパシャリッチに代えてラパドゥーラを投入。すると終盤の88分、右サイドからのクロスを受けたラパドゥーラが粘ってラストパス。これを受けたバッカがGKとの一対一を制した。公式戦12試合ぶりのバッカ弾が決勝点となってミランが辛勝している。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン加入のボヌッチが語るユベントス退団の理由とは?「真実を話す」

ミランに加入したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは、ユベントスでは重要な選手であると感じられなかったことを認めている。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。<br><br>ボヌッチは先週、ユベントスからミランへの移籍が正式発表された。ライバルクラブへの電撃移籍であるとともに、4200万ユーロ(約54億4000万円)という安価での交渉成立も大いにインパクト与えている。<br><br>ボヌッチはユベントス退団を決意した理由について「真実を話すよ」としてこのように続けている。<br><br>ボヌッチは昨シーズン終盤のセリエAパレルモ戦でアッレグリと衝突。その後のチャンピオンズリーグ・ポルト戦でメンバー外となり、それらが移籍を決意した発端と伝えられていたが「あくまでも最後の&ldquo;わら一本&rdquo;に過ぎない。それ以外にもそういった状況はあった」と、一つの事象に過ぎなかったことを強調。さらに「100%をチームのために注ぐために重要だと感じる必要がある。ユベントスでは思い出したように時々しか感じられなかった」と説明している。<br><br>ユベントス退団の理由を明らかにしたボヌッチ。セリエAで古巣と対戦する際には多くの注目が集まることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.23 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

クトローネの2Gなどミランが4得点爆発でバイエルンを撃破!!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのバイエルンvsミランが深セン大学スポーツ・センターで22日に行われ、4-0でミランが勝利した。 ▽開幕戦でドルトムントに1-3で敗れたミランと、PK戦の末、アーセナルに敗れたバイエルンが激突した一戦。[4-2-3-1]の布陣で挑むバイエルンは、GKフリュヒトル、4バックにはラフィーニャ、ベルナト、フンメルス、アラバが並ぶ。中盤の底をハビ・マルティネスとトリッソが務め、サイドハーフにコマンとリベリが起用された。トップ下にはミュラー、ワントップにはレヴァンドフスキが入った。 ▽一方のミランは[4-3-3]のフォーメーション。GKドンナルンマ、最終ラインは、アバーテ、サパタ、ムサッキオ、R・ロドリゲスが固める。中盤はケシエ、モントリーボ、ボナヴェントゥーラの3人。3トップにはニアン、クトローネ、ボリーニが並んだ。 ▽試合はバイエルンが押し気味に進めるが、先制点はミランが奪う。14分、ニアンとのワンツーでボックス左の深くまで侵攻したR・ロドリゲスがグラウンダーのクロスを供給すると、これは相手DFにクリアされる。だが、そこに詰めたケシエがゴールに押し込んだ。 ▽その後は両者譲らない展開。そんな中、ミランがセットプレーから追加点を挙げる。25分、敵陣中央左の位置でFKを得るとキッカーはR・ロドリゲス。左足で上げられたクロスに、ディフェンスラインの裏へ抜け出したクトローネが、頭で合わせネットに突き刺した。 ▽勢いに乗るミランは、43分にさらにリードを広げる。ボックス手前中央のニアンが、ボックス左に侵入したボナヴェントゥーラにワンタッチではたく。パスを受けたボナヴェントゥーラは、ゴール前にラストパス。上手くチェックを外したクトローネがこれを押し込んで前半だけで3点をもぎ取った。 ▽迎えた後半、両チーム互いに攻め合うものの、なかなかゴールチャンスを生み出すことができずスペクタクルに欠ける展開に。そんな中、ミランは次々と選手を交代させ、若手や新加入選手を試す。 ▽すると85分、ミランがバイエルンをさらに突き放す。交代で入ったチャルハノールが、ボックス手前左からドリブルで中央に切り込むと、そこから右足を振り抜く。シュートはGKフリュヒトルの右手を掠め、ゴール左隅に決まった。 ▽試合はこのまま終了。クトローネの2ゴールなど4得点を奪ったミランが、バイエルン相手に大勝を収めた。 バイエルン 0-4 ミラン 【ミラン】 ケシエ(前14) クトローネ(前25) クトローネ(前43) チャルハノール(後40) 2017.07.22 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

18歳ドンナルンマが模範とするGKは?「憧れていたのはブッフォンだけど…」

ミランに所属するイタリア代表の18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマがドイツ代表のGKマヌエル・ノイアーを目指していることを明かした。イタリアメディア『メディアセット』が20日、報じている。<br><br>ドンナルンマはミランの企画で、6月からミランのチームマネージャーに就任したミランの元GKクリスティアン・アッビアーティと対談した。その中でドンナルンマは、自身の兄アントニオ・ドンナルンマとのミランでの練習について感想を口にした。アントニオもジャンルイジと同じく、ミランの下部組織出身だが9歳の年齢差もあり、同時に所属した経験はない。ドンナルンマは「僕の兄と一緒に練習するのは変な感じだ。兄と一緒に練習するのは初めてだった。アントニオと(マルコ・)ストラーリと一緒に良い練習ができている」と述べた。<br><br>続いて今夏、大型補強を続けるミランについては、「クラブは本当に素晴らしい仕事をしている。良い選手を獲得したし、皆上手く適応している」と評価している。そして最後にドンナルンマは自身が憧れているGKの名前を明かした。「ずっと憧れていたのはブッフォン。それから僕が応援するチームのGKだったあなたにも憧れていました。代表ではジジ(ブッフォン)が僕をサポートしてくれている。あと、僕はノイアーの真似をしている」と述べ、憧れていたのはブッフォンやアッビアーティだったが、GKとしてのプレースタイルではドイツ代表のノイアーを模範としていることを明かした。<br><br>提供:goal.com 2017.07.22 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランDFヴァンジョーニ、メキシコのモンテレイへ完全移籍

▽メキシコのモンテレイは21日、ミランのアルゼンチン代表DFレオネル・ヴァンジョーニ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間や移籍金は発表されていない。 ▽2016年夏にリーベル・プレートからミランに加入した左サイドバックのヴァンジョーニは2016-17シーズン、ライバルのイタリア代表DFルカ・アントネッリの負傷もあってセリエAで15試合に出場。しかし、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の信頼を得るには至らず、新シーズンに向けてミランはヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを獲得していた。 2017.07.22 01:58 Sat
twitterfacebook
thumb

去就明かさないジエゴ・コスタのレンタル先候補にミランが浮上

▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)は4ヵ月間だけミランでプレーすることになるかもしれない。スペイン『アス』が報じた。 ▽昨シーズン終了時から、チェルシーのアントニオ・コンテ監督がジエゴ・コスタを戦力外として扱っていることが各紙より報じられてきた。続いて、プレシーズンに開催されているインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のシンガポールラウンドに参加しないことも判明。さらに、19日には後釜となるFWアルバロ・モラタ(24)の獲得が発表されるなど、ジエゴ・コスタの今夏での移籍は既定路線とみられている。 ▽昨シーズンの公式戦で42試合22得点をマークした点取り屋の動向は注目を集めたが、本人の言動から移籍先はほぼアトレティコ・マドリーに絞られている。しかし、アトレティ・マドリーは国際サッカー連盟(FIFA)より今夏の選手登録禁止処分を受けており、同選手を獲得後から、2018年1月までの他のチームへのレンタル移籍を画策している模様だ。 ▽レンタル移籍先としてトルコの名門であるベシクタシュが候補に挙がっていたが、『アス』はミランへの貸し出しという線も浮上したと報じた。記事によると、ミラン側は今夏の新戦力であるポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)の相方を探しており、ジエゴ・コスタ側は2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)へ良い状態で臨みたいと考えていることなどから、レンタル移籍実現の可能性を伝えている。 2017.07.21 17:13 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース