公式戦12試合ぶりに生まれた終盤のバッカ弾でミランがカリアリに辛勝《セリエA》2017.01.09 04:01 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは8日、セリエA第19節でカリアリを本拠地サン・シーロに迎え、1-0で辛勝した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽2016年最終戦となったユベントスとのスーペル・コッパをPK戦の末に制して2011年以来となるタイトルを獲得した暫定5位のミラン(勝ち点33)は、3トップに右からニアン、バッカ、スソと並べる[4-3-3]を採用した。

▽2016年最終戦となったサッスオーロ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った12位カリアリ(勝ち点23)に対し、開始2分にロマニョーリのヘディングシュートとバッカの反転シュートで立て続けにゴールへ迫ったミランが良い入りを見せる。

▽その後、自陣で守備を固めるカリアリを攻めあぐねたミランは、ニアンやボナヴェントゥーラがミドルシュートを浴びせてけん制。27分にアバーテが負傷交代するアクシデントに見舞われた中、直後にはボナヴェントゥーラが直接FKでゴールに近づいた。しかし、ハーフタイムにかけては膠着状態に持ち込まれ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、開始4分にデッセーナに決定的なシュートを許したミランは、65分にニアンが可能性のあるシュートを浴びせた。その後、68分にイスラにネットを揺らされたもののオフサイドに救われたミランは、サイド攻撃を展開するもなかなかシュートにつながらない。

▽そこで79分、モンテッラ監督はパシャリッチに代えてラパドゥーラを投入。すると終盤の88分、右サイドからのクロスを受けたラパドゥーラが粘ってラストパス。これを受けたバッカがGKとの一対一を制した。公式戦12試合ぶりのバッカ弾が決勝点となってミランが辛勝している。

コメント

関連ニュース

thumb

ビリアが頚椎骨折…ロシアW杯出場もピンチか

▽ミランは22日、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの負傷を発表した。 ▽ビリアは21日にホームで行われた第34節のベネヴェント戦(0-1でミランが敗戦)で負傷。検査の結果、頚椎に骨折が見つかった。今後のさらなる検査を受けることになるという。 ▽アルゼンチン代表としてロシア・ワールドカップ最終予選13試合に出場するなど主力を張るビリア。今夏の本大会に間に合えば良いが、果たして…。 2018.04.23 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランを気遣うベネヴェント指揮官「相手は疲れていた」「恥じることはない」

▽現地時間21日のセリエA第34節でベネヴェントはミランに1-0で勝利した。ロベルト・デ・ゼルビ監督は、「ミランの疲労」が勝因の一つと分析している。試合後の会見の様子を『ミランニュース』が伝えた。 ▽この試合で勝利を逃すとセリエB降格が決まる状況だったベネヴェントは、2月に同じ場所でインテルと対戦し、0-2で負けていた。 ▽ただ、デ・ゼルビ監督は「インテル戦の方が内容は良かった」とコメント。「我々が対戦したミランは疲れていた。そこを突くことができたね」と分析している。 ▽さらに指揮官は「ミランは何も恥じることはないと思う。我々はナポリやラツィオを含め、どんな相手も苦しめてきたのだからね」と語り、ベネヴェントがセリエAで立派に戦っていることを強調した。 ▽今季ここまで勝ち点17を獲得しているベネヴェントは、うち4ポイントをミランから獲得した。 2018.04.22 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、最下位に敗れて怒り心頭「魂がなかった」

▽ミランは現地時間21日、セリエA第34節のベネヴェント戦を0-1で落とした。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、まさかの敗戦に不満を爆発させている。試合後、『プレミアム・スポルト』にコメントを残した。 ▽第30節のユベントス戦で敗れてから4試合引き分けが続いていたミラン。久々の勝利を取り戻す相手として降格目前の最下位ベネベントは、格好の相手のはずだった。しかし、前半に先制を許すと、最後まで得点を奪うことはできず敗戦。ヨーロッパリーグ出場権獲得も微妙な位置となっている。 ▽ガットゥーゾ監督は「プレーしているときに魂がなかった。こんなみっともない姿勢ではダメだ」と不満を述べた。その一方で選手を擁護し、「まず責任があるのは私だ」とも話している。 ▽22日の結果次第では、6位を維持できないかもしれない。指揮官は、「多くのクラブがヨーロッパリーグ出場を狙っている。大事なのは相手じゃない。自分たちがこういった負けをしないことだ。チームのほぼ全体が、落ち着きのないプレーをしていたよ」と語った。 ▽これで6試合勝利なしのミラン。復調のきっかけはどこにあるのだろうか。 2018.04.22 07:02 Sun
twitterfacebook
thumb

低調ミラン、降格目前の最下位ベネヴェントに敗戦で6戦勝利なし… EL圏外転落の可能性《セリエA》

▽ミランは21日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、0-1で敗れた。 ▽前節トリノ戦を引き分けるのが精いっぱいで4試合連続ドロー中と足踏みが続く6位ミラン(勝ち点54)は、アタランタ(勝ち点52)、サンプドリア(勝ち点51)、フィオレンティーナ(勝ち点51)ら後続に迫られている。最低でもヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得は果たしたいミランは、スソとカリニッチをベンチスタートとし、クトローネとアンドレ・シウバの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 ▽勝ち点を得られなければ降格が決まる最下位ベネヴェント(勝ち点14)に対し、一進一退の攻防で立ち上がったミランは16分に自らピンチを招く。R・ロドリゲスのバックパスがそのままゴールラインを割りかけたが、GKドンナルンマがぎりぎりで蹴り出した。 ▽新システムが機能しない低調なミランは、29分にまさかの失点を喫する。ヴィオラのスルーパスに抜け出したイエメッロにボックス右に進入され、GKドンナルンマとの一対一を制された。 ▽失点後もサイドから単調なクロスボールを入れるだけのミランだったが、37分にようやく最初のチャンスを生み出す。ケシエの浮き球パスをボックス左で受けたクトローネが胸トラップからシュート。しかし、枠を捉えるには至らなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半開始4分にボリーニを諦めてスソをそのまま右サイドに投入したミランだったが、カタルディの際どいミドルシュートを浴びると、62分にはアンドレ・シウバも諦めてカリニッチを投入した。 ▽それでも一向にギアの上がらないミランは、66分にヴィオラのミドルシュートでけん制される始末。72分には負傷したビリアがプレー続行不可能となり、ロカテッリを投入。3枚の交代枠を使いきってしまった。 ▽流れの悪いミランは73分にようやく決定機。ボックス手前右からのスソのクロスをファーサイドのクトローネがヘッド。しかし、GKプッジョーニのファインセーブに阻まれ、ルーズボールをボナヴェントゥーラが狙ったが、枠を捉えていたシュートはDFにブロックされた。 ▽追うミランは80分に追い風が吹く。ディアバテがボヌッチとの競り合いの際にヒジを入れ、2枚目のイエローカードで退場となった。 ▽終盤にかけて数的優位となったミランが押し込む流れとなったが、7分の追加タイムでもチャンスは作れずに敗戦。降格目前の最下位相手にホームで敗戦する失態を演じ、6戦勝利から見放されることとなった。 2018.04.22 05:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランが新たなヒットマンとしてマンジュキッチに興味?

▽ユベントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(31)に対して、ミランが目を光らせているようだ。 ▽マンジュキッチは、アトレティコ・マドリーを経て、2015年夏からユベントスでプレー。本来ストライカーポジションを主戦場としているが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、サイドハーフとして新たな才能を開花させ、今やユベントスにとって欠かせない選手の1人だ。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、ミランでスポーツ・ディレクターを務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏は、中国方面からも関心が取り沙汰されるマンジュキッチを来シーズンの新たなヒットマンとして今夏の獲得に興味を示しているという。 ▽だが、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触した疑いがある浮上する現在のミランにおいて、マンジュキッチの引き入れに向けた給与を用意できるかどうか不透明。マンジュキッチ自身が望めばミラン入りの可能性が高まるとみられているが、果たして…。 2018.04.21 15:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース