超ワールドサッカー

公式戦12試合ぶりに生まれた終盤のバッカ弾でミランがカリアリに辛勝《セリエA》2017.01.09 04:01 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは8日、セリエA第19節でカリアリを本拠地サン・シーロに迎え、1-0で辛勝した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽2016年最終戦となったユベントスとのスーペル・コッパをPK戦の末に制して2011年以来となるタイトルを獲得した暫定5位のミラン(勝ち点33)は、3トップに右からニアン、バッカ、スソと並べる[4-3-3]を採用した。

▽2016年最終戦となったサッスオーロ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った12位カリアリ(勝ち点23)に対し、開始2分にロマニョーリのヘディングシュートとバッカの反転シュートで立て続けにゴールへ迫ったミランが良い入りを見せる。

▽その後、自陣で守備を固めるカリアリを攻めあぐねたミランは、ニアンやボナヴェントゥーラがミドルシュートを浴びせてけん制。27分にアバーテが負傷交代するアクシデントに見舞われた中、直後にはボナヴェントゥーラが直接FKでゴールに近づいた。しかし、ハーフタイムにかけては膠着状態に持ち込まれ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、開始4分にデッセーナに決定的なシュートを許したミランは、65分にニアンが可能性のあるシュートを浴びせた。その後、68分にイスラにネットを揺らされたもののオフサイドに救われたミランは、サイド攻撃を展開するもなかなかシュートにつながらない。

▽そこで79分、モンテッラ監督はパシャリッチに代えてラパドゥーラを投入。すると終盤の88分、右サイドからのクロスを受けたラパドゥーラが粘ってラストパス。これを受けたバッカがGKとの一対一を制した。公式戦12試合ぶりのバッカ弾が決勝点となってミランが辛勝している。

コメント

関連ニュース

thumb

ガットゥーゾのミラン復帰が決定! プリマヴェーラの監督として2年契約

▽ミランは26日、かつて黄金期を支えたジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が、来シーズンから古巣のプリマヴェーラ(ユース)の監督に就任することを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽ガットゥーゾ氏は、現役時代の1999年7月にサレルニターナからミランへと完全移籍。中盤の潰し役としてチームを支えると、2012年7月まで13シーズンプレー。チャンピオンズリーグを2回、セリエA2回、コッパ・イタリアを1回制覇。2008年にはクラブ・ワールドカップも獲得するなど、黄金期を支えた。 ▽その後、スイスのシオンへ移籍すると2013年に現役を引退。そのまま監督に就任すると、パレルモやギリシャのクレテなどで監督を努め、2015年8月にレガ・プロ(イタリア3部)に所属するピサの監督に就任。1年でセリエBに昇格に導くと、今シーズンはセリエBで最下位に終わり、3部への降格が決定していた。 2017.05.27 00:54 Sat
twitterfacebook
thumb

ワトフォード退団希望のFWニアンにエバートンが20億超のオファーか

▽ミランからワトフォードにレンタル移籍していたFWエムバイェ・ニアン(22)に対し、エバートンが獲得オファーを出すようだ。イタリア『スポルト・イタリア』が報じた。 ▽ニアンは、2017年1月にミランからワトフォードにレンタル移籍。ワルテル・マッツァーリ監督の下、プレミアリーグで16試合に出場し2ゴール2アシストを記録。しかし、ニアン本人がワトフォードに留まりたくない意向を示していた。 ▽ミランはニアンの放出を望んでいるとされる中、エバートンは1600万ユーロ(約20億円)〜1800万ユーロ(約22億5000万円)のオファーを出す用意があるとのこと。セリエAでも18試合で3ゴール3アシストを記録しており、獲得できればエバートンにとっては大きな補強となりそうだ。 2017.05.26 13:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾがミラン復帰へ…プリマヴェーラの監督に就任

▽かつてミランの黄金期を支えたジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が、来シーズンから古巣のプリマヴェーラ(ユース)の監督に就任するようだ。『ESPN』が報じた。 ▽ガットゥーゾ氏は、2015年8月にレガ・プロ(イタリア3部)に所属するピサの監督に就任。1年でセリエBに昇格に導くと、今シーズンはセリエBで最下位に終わり、3部への降格が決定していた。 ▽古巣への復帰についてガットゥーゾ氏がコメント。「家に帰る」と語り、ミラン復帰の決断を下したことを明かした。 「3週間にわたって考えてきたが、私の心は決まった。私が他の古巣クラブに行くのとは似て非なる。それはミランだよ」 ▽『ESPN』によると、ミランはパオロ・マルディーニにオファーを出していたとのこと。今シーズンは以前トップチームを率いていたクリスチャン・ブロッキ監督が率いていたが、プレーオフに進出することができず、失望のシーズンとなっていた。 2017.05.26 13:12 Fri
twitterfacebook
thumb

モラタがミラン移籍で個人合意か

▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は25日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がミランと今夏移籍で個人合意に達したと報じた。 ▽モラタは昨夏、ユベントスからレアル・マドリーに復帰。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の起用法に不満を抱き、今夏の退団が取り沙汰されているところだ。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ミランはモラタに年俸750万ユーロ(約9億3000万円)を提示。モラタ本人から「イエス」の返答を引き出したようで、すでにミラン移籍を決心しているという。 ▽また、レアル・マドリーに対しては、移籍金6000万ユーロ(約75億1000万円)のオファーを用意。だが、フロレンティーノ・ペレス会長は回答を遅らせ、価格の吊り上げを目論んでいるとみられている。 2017.05.26 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、モラタを新プロジェクトの中心に据える考えか...移籍金70億円程度を準備

ミランが、レアル・マドリーFWアルバロ・モラタの獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>中国人のリー・ヨンホン氏に新たにオーナーを任せることを決めたミランだが、今季以降の新プロジェクトにモラタを据える考えだという。ミランは今季ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でセリエAを6位で終え、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得している。<br><br>ミランはすでにマドリー側と接触した模様。移籍金6000万ユーロ(約72億円)を準備して、合意を目指しているという。<br><br>モラタに対しては、ほかにもマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーが関心を示している。だがユベントスで2年間プレーした経験のあるモラタはイタリア移籍を前向きに捉えているようだ。結婚を控える恋人がイタリア人であることも、彼の決断に影響を与えるかもしれない。<br><br>モラタは先日、マドリーのリーガエスパニョーラ制覇の祝賀会で、一人喜びの輪から外れるなど退団を示唆するような行動を取っていた。ミランに所属するスペイン人MFスソは「モラタがミランに来るなら嬉しいよ」と歓迎の意を表明し、同胞の到着を待ち望んでいる。<br><br>マドリーの下部組織で育ったモラタは、2014年夏にユベントスへと移籍を果たした。ユベントスでの活躍が認められて昨夏マドリーに復帰したが、FWカリム・ベンゼマの壁は厚く、今季リーガ26試合出場15得点(公式戦42試合19得点)と高い決定力を発揮しながらスタメン奪取には至らなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 20:31 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース