スパーズがビラ撃破で4回戦へ! B・デイビスの移籍後初ゴールにソン・フンミンがダメ押し弾!《FAカップ》2017.01.09 03:03 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FAカップ3回戦のトッテナムvsアストン・ビラが8日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。

▽4日に行われたリーグ戦で13連勝中の首位チェルシーを撃破し、リーグ5連勝を飾った3位のトッテナム。2017年を最高の形でスタートしたポチェッティーノ監督率いるチームは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で12位に位置するアストン・ビラと今季のFAカップ初戦を戦った。トッテナムはチェルシー戦からアルデルヴァイレルト、エリック・ダイアーの2選手を除く9人を変更。引き続き[3-4-3]の布陣を採用し、3トップにヤンセン、ソン・フンミン、ムサ・シッソコが入った。

▽開始直後にムサ・シッソコが豪快な持ち上がりを見せるなど、ソン・フンミンとの両翼の推進力を軸にゴールを目指すトッテナム。その後は前線でタメを作るヤンセンのキープ力を生かして、ウイングバックや3列目の選手が積極的に攻撃に絡んでいくが、最後の場面で連係が合わず、なかなか決定的な場面を作れない。

▽その後もアストン・ビラを相手に主導権を握るトッテナムだが、ジェディナクやチェスターといったベテランを中心に粘り強く守る相手を崩し切れず、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半もウィンクスやムサ・シッソコらが個人技でゴールに迫るものの、ゴールが遠いトッテナムは、60分にヤンセンを下げてデレ・アリ、70分にはアルデルヴァイレルトに代えてエンクドゥを投入。すると、この選手交代が先制点をもたらす。71分、ボックス左でキープしたデレ・アリからパスを受けた左サイドのエンクドゥが絶妙なクロスを入れると、ゴール前に走り込んだデイビスがうまく頭でコースを変えたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

▽デイビスの移籍後初ゴールで均衡を破ったトッテナムは、ここから一気に押せ押せムードに。80分には右サイドを抜け出したムサ・シッソコの折り返したボールを、ゴール前に走り込んだソン・フンミンが右足ボレーで合わせ、試合を決定付ける2点目を奪った。多くの主力を温存しながら格下相手にきっちり勝ち切ったトッテナムが、順当に4回戦進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

FA杯決勝敗退のチェルシー指揮官コンテ、2冠達成ならずも「誇るべき成果だ」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、FAカップ決勝のアーセナル戦での敗戦後、試合内容と今シーズンについて振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽チェルシーは27日、FAカップ決勝でアーセナルと対戦。今シーズン、2シーズンぶりにプレミアリーグを制覇し、5年ぶり8度目の同大会優勝を目指したチェルシーだったが開始早々、サンチェスに押し込まれ、アーセナルに先制を許してしまう。 ▽追いつきたいチェルシーは68分にアクシデント。ボックス内で仕掛けたモーゼスがチェンバレンとの交錯で倒れこむも、シミュレーションと判断され、この日2枚目のイエローカードで退場処分となった。それでも、76分にジエゴ・コスタがウィリアンのクロスを押し込み、試合を振り出しに戻す。 ▽しかし、直後の79分にラムジーのダイビングヘッドで勝ち越し点を許してしまい、チェルシーは最後まで追いつくことができず、FAカップ優勝に届かなかった。 ▽試合後、コンテ監督はアーセナル戦を回想し、試合内容や采配について言及。また、今シーズンを振り返り、2冠の達成はならなかったが、「誇るべき成果」と1年間の戦いに満足感を示している。 「立ち上がりがイマイチだった。アーセナルの方がより良いプレーをしていたね」 「正直に言えば、先制点のシーンはなぜハンドを取られなかったのかがわからない。ただ、開始20分、25分間は不甲斐ない戦いぶりだった。そのあとは良くなり始め、後半は良いスタートが切れた。同点にするチャンスを作っていた」 「ヴィクター・モーゼスに2枚目のイエローカードが提示されたのが分岐点となった。しかし、1人少ない状況になったにも関わらず、同点に追いつくことができた。ジエゴ(・コスタ)のシュートは素晴らしかったが、(ダビド・)オスピナのセーブに泣かされたね」 「(モーゼスの退場について)自分の位置からではわからない。ただ、あれが分岐点だった」 「(セスク・ファブレガスの投入について)ゴールに結びつけるパスを増やしたかったった。(ネマニャ・)マティッチも良いプレーをしていたが、攻撃に厚みを加える狙いがあったんだ」 「(今シーズンについて)今シーズンは信じられない結果を手にすることができた。選手たちは120、130%の力を発揮してくれたよ。ケガ人も少なかった。しっかりとした評価をしなければならない。選手たちはハードワークを続け、素晴らしいシーズンにしてくれた。来シーズンはより高みを目指して地道な努力を積み重ねていきたい。状況を冷静に分析して前に進むことが大事だ」 「今シーズンはリーグで30勝、FA杯では決勝進出と見事な結果を残せた。選手たちにはこの歩みを胸に刻んでほしい。誇るべき成果だ」 2017.05.28 14:12 Sun
twitterfacebook
thumb

史上最多7度目のFAカップ制覇を達成したヴェンゲル「誰もやっていないので誇りに感じる」

▽プレミアリーグ王者のチェルシーとのFAカップ決勝で勝利し、自身7度目のFAカップを制したアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が喜びを口にした。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽アーセナルは27日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。立ち上がりにサンチェスのゴールで先制すると、後半にジエゴ・コスタのゴールで追いつかれるも、直後にラムジーが決勝ゴールを奪い、2-1で勝利した。 ▽クラブとしても史上最多となる13度目のFAカップ制覇となり、ヴェンゲル監督も就任以来7度目のFAカップ制覇を記録。歴代の監督として単独トップに躍り出ることとなった。 ▽史上最多優勝を達成したヴェンゲル監督は「誇りに感じる」とコメント。プレミアリーグで上位に位置するマンチェスター・シティ、チェルシーを下しての優勝を喜んだ。 「誰もそれをやってのけていないので誇りに感じる。簡単なことではない。今大会の準決勝でマンチェスター・シティ、そして決勝でチェルシーと対戦しなければならなかった。今回の優勝は特に誇りに思う。とてもタフだった。このカップは、特別なメンタル、特別なパフォーマンスで勝ち得たんだ」 ▽また自身の去就についても言及。FAカップ制覇が左右することはないと語った。 「それはない。ポジティブな要素ではあるが、20年間が1試合に左右されることはない。そして、クラブの将来が1試合に依存するのはバカげている。来週、色々とわかるだろう」 2017.05.28 11:18 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 2-1 チェルシー《FAカップ》

▽FAカップ決勝、アーセナルvsチェルシーの“ビッグロンドン・ダービー”が27日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アーセナルが2-1で勝利した。この結果、アーセナルの2年ぶり単独最多13度目のFAカップ優勝が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170528_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オスピナ 6.5 勇敢な飛び出しでジエゴ・コスタの決定機を阻止。最少失点で乗り切った DF 16 ホールディング 6.0 最後の場面で身体を張ったが、失点場面ではジエゴ・コスタに振り切られた 4 メルテザッカー 7.5 今季ラストゲームで今季公式戦初先発。リベロ的な役割の中、ボックス内での読みの利いたプレーが光った 18 モンレアル 6.5 アザールのスピードを吸収する冷静な守備で堅守に貢献 MF 24 ベジェリン 6.5 守備では最終ラインをサポートし、攻撃の場面では縦への推進力を披露 8 ラムジー 7.0 値千金の決勝点を奪取。豊富な運動量で中盤の広いエリアを攻守にカバー 29 ジャカ 6.5 身体を張った献身的な守備に加え、精度の高い左足でチャンスメーク 15 チェンバレン 6.0 負傷明けも鋭い縦への仕掛けは健在 (→コクラン -) FW 11 エジル 6.5 カウンターの場面で多くの決定機に関与。アザールへの激しい守備など、攻守に気持ちを見せた 23 ウェルベック 6.5 前線からの守備に加え、2シャドーを生かすためにデコイの動きを続け、決定機にも絡んだ (→ジルー 6.5) 投入直後に決勝点をアシスト。その後も正確なポストプレーで決定機を創出 7 サンチェス 7.0 やや幸運な形だったが、さすがの決定力で先制点を奪取。質と量を兼ね備えたプレーで攻撃をけん引 (→エルネニー -) 監督 ヴェンゲル 6.5 個人として単独最多7度目の優勝。ジルー投入で宿敵相手に勝ち切り、厳しいシーズンを何とかタイトル獲得で終えた ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170528_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 2失点共にノーチャンス。それ以外はいつも通りの安定感を誇った DF 28 アスピリクエタ 6.0 簡単にカウンターを受ける場面が多く、無理を強いられる場面が目立った。それでも、要所で守備を締めた 30 D・ルイス 5.0 1失点目はやや中途半端なクリアをしてしまい、セルフジャッジで相手を外した。2失点目ではジルー、ラムジーに対して緩慢な対応だった 24 ケイヒル 6.5 不安定なD・ルイスをカバーしながら最後の場面で高い集中力を見せ、幾度もピンチを救った MF 15 モーゼス 4.5 1枚警告をもらっていた中、軽率なシミュレーションで2枚目をもらって退場に。幾度か決定機に顔を出したが、スペースを消されていまひとつ持ち味を生かせず 7 カンテ 5.5 最低限の仕事はこなしたが、ややピリッとしないプレーも散見 21 マティッチ 5.5 球際で強さを見せたが、もうひとつ存在感が足りなかった (→セスク 5.5) 投入直後の数的不利によって、攻撃面を活性化できず。古巣に目前でトロフィーを掲げられた 3 マルコス・アロンソ 5.5 積極的に攻撃に絡んだが、上がったスペースをベジェリンに使われる場面も多かった FW 11 ペドロ 5.5 鋭い仕掛けと巧みな動き出しでチャンスに絡んだが、フィニッシュの精度を欠いた (→ウィリアン 5.5) 積極的な仕掛けで見せ場は作った 19 ジエゴ・コスタ 6.0 ボックス内の門番メルテザッカーに完璧に抑え込まれたが、意地の1ゴールを決めた (→バチュアイ -) 10 アザール 5.5 相手の脅威となったが、味方がチャンスを決められず 監督 コンテ 5.0 プレミア制覇から時間があったこともあり、チームのモチベーションを維持できなかった印象。2009-10シーズン以来のシーズン2冠はならず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メルテザッカー(アーセナル) ▽今季初先発の主将DFがアーセナルで初体験の3バックで圧巻のパフォーマンス。ボックス内でほぼ完璧な仕事をみせ、強力なチェルシー攻撃陣に立ちはだかった。 アーセナル 2-1 チェルシー 【アーセナル】 サンチェス(前4) ラムジー(後34) 【チェルシー】 ジエゴ・コスタ(後31) 2017.05.28 03:47 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーの2冠阻んだアーセナルが2年ぶり単独最多13度目の優勝!《FAカップ》

▽FAカップ決勝、アーセナルvsチェルシーの“ビッグロンドン・ダービー”が27日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アーセナルが2-1で勝利した。この結果、アーセナルの2年ぶり単独最多13度目のFAカップ優勝が決定した。 ▽延長戦までもつれこんだマンチェスター・シティとの準決勝を制した大会最多優勝を誇るアーセナルは、5位に終わった国内リーグでの失態を挽回するうえでも2年ぶり13度目の同タイトル獲得は必須。宿敵チェルシーとのダービーに向けては、リーグ最終節で一発退場したコシエルニー、同試合でヒザを負傷したガブリエウに代わって、メルテザッカーとモンレアルがホールディングと共に3バックに入り、GKはチェフではなくカップ戦で正GKを務めるオスピナを起用。また、モンレアルが1列下がって起用されたため、左ウイングバックは負傷明けのチェンバレンが務めた。 ▽一方、準決勝でトッテナムとのダービーを制したチェルシーは、5年ぶり8度目のFAカップ制覇を目指す。今季のプレミアリーグ王者となったコンテ監督率いるチームは、GKクルトワ、ダビド・ルイス、カンテ、アザール、ジエゴ・コスタなど、今季のベストメンバーをスタメンで起用し、2009-10シーズン以来となるシーズン2冠を目指した。 ▽試合は開始早々に思わぬ形から動く。4分、ボックス手前で相手DFのクリアをハンド気味にブロックしたサンチェスが、ゴール前にこぼれたボールを右足アウトサイドで右隅に流し込む。このプレーに関して副審はオフサイドラインに居たラムジーがプレーに関与したとの判定でフラッグを上げるが、その後話し合いを行ったアンソニー・テイラー主審がゴールを認めた。 ▽早い時間帯のまさかの失点でややバタつくチェルシーだが、15分に決定機を創出。ボックス右で仕掛けたアザールから丁寧な横パスを受けたジエゴ・コスタがゴール前で右足のシュートを放つが、これはDFメルテザッカーの身体を張ったシュートブロックに阻まれた。 ▽先制点以降も相手のお株を奪う素早い攻守の切り替えを武器に、優勢に試合を運ぶアーセナルは、16分にサンチェスのスルーパスに抜け出したエジルがボックス右でGKとD・ルイスをつり出して右足で浮き球のシュートも、ここはゴールライン手前でDFケイヒルの好クリアに遭う。直後の19分にはエジルの右CKからニアに飛び込んだウェルベックが頭で合わせるが、左ポストを叩く。このこぼれ球をラムジーが胸で押し込みにかかるが、再びポストに阻まれた。 ▽時間の経過と共にボールを保持して相手を押し込むチェルシーだが、3バックと中盤のプレスバックで縦への勢いを殺される場面が目立つ。それでも、28分にペドロのスルーパスに抜け出したジエゴ・コスタ、39分にはアザールの短いパスに抜け出したペドロに決定機も、相手GKオスピナの好守などに遭い、追いつくことができない。 ▽対するアーセナルは、鋭いカウンターから再三2点目に迫るが、30分のウェルベックの決定機はDFケイヒルの決死のクリア、36分にボックス右で仕掛けたサンチェスのシュートは再びケイヒルのブロックに遭い、前半は1点リードにとどまった。 ▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢に出るチェルシーは開始4分にカンテのミドルシュートでゴールを脅かすと、51分にも中盤でのボール奪取からショートカウンターに転じてボックス右に抜け出したモーゼスがシュートも、これはGKオスピナのファインセーブに阻まれた。 ▽流れを変えたいチェルシーは61分、マティッチを下げて古巣対戦となるセスクを投入。だが、ここからエンジンをかけたいチェルシーにアクシデントが発生。68分、ボックス内で仕掛けたモーゼスがチェンバレンとの交錯で倒れ込むが、これがシミュレーションと判断され、既に1枚カードをもらっていたモーゼスは2枚目のカードをもらい、退場処分となった。 ▽これで勝負ありと思われたが、ペドロに代えてウィリアンを投入して攻勢を強めるチェルシーは76分、ボックス手前右でウィリアンが入れたクロスをボックス内でDFホールディングを振り切ったジエゴ・コスタが右足のシュートを左隅に流し込み、プレミア王者が意地を見せる。 ▽一方、10人相手に痛恨の同点ゴールを許したアーセナルだが、失点直後にウェルベックを下げてジルーを投入すると、この交代策が電光石火の勝ち越しゴールをもたらす。79分、左サイドに張ってボールを受けたサンチェスがボックス左に走り込むジルーに縦パスを通すと、ジルーの折り返しをゴール前に飛び込んだラムジーがダイビングヘッドで流し込み、再びリードを奪った。 ▽試合終盤にかけてはチェンバレンを下げてコクランを投入し、逃げ切りを図るアーセナルに対して、10人のチェルシーが決死の猛攻に出る。86分にはボックス内でキープしたジエゴ・コスタが決定的なシュートを放つが、GKオスピナのビッグセーブに遭う。その直後にはジルーのスルーパスに抜け出したエジルがボックス内で冷静にDFをかわして左足のシュートをニアポストに送り込むが、これは右ポストを叩き試合を決定付ける3点目とはならない。 ▽それでも、きっちり数的優位を生かして逃げ切ったアーセナルが、宿敵チェルシーのシーズン2冠を阻み、マンチェスター・ユナイテッドと並んでいたFAカップ優勝記録を「13」に更新し、厳しかった2016-17シーズンをタイトルで飾った。なお、アーセナルのFAカップ優勝を受けて、2017-18シーズンのイングリッシュフットボール開幕を告げるコミュニティーシールドは、プレミアリーグ王者チェルシーとFAカップ王者アーセナルという今回と同じ対戦カードに決定した。 2017.05.28 03:46 Sun
twitterfacebook
thumb

ケイン負傷交代もソン・フンミンが圧巻のハット! 大物喰いミルウォールに6発圧勝のスパーズがベスト4進出《FAカップ》

▽トッテナムは12日、ホワイト・ハート・レーンで行われたFAカップ準々決勝でリーグ1(イングランド3部)のミルウォールと対戦し、6-0で勝利した。この結果、FAカップでベスト4進出を果たした。 ▽先月行われた5回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)所属のフルアムとのダービーを3-0で快勝したプレミア2位のトッテナムは、直近のリーグ戦でも2連勝。今季のFAカップでボーンマス、ワトフォード、レスター・シティ相手に続けてジャイアントキリングを達成したミルウォール戦に向けては、先週末のエバートン戦から先発4人を変更。GKにセカンドGKのフォルムを起用したほか、ウォーカー、デンベレ、エリクセンに代えて、トリッピアー、ウィンクス、ソン・フンミンを起用した。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="cybird170309_ios" data-page-id-and="cybird170309_and" data-height="180px"></span> ▽開始直後のウィンクスの際どいミドルシュートを始め、開始10分までにシュート5本を浴びせかける猛攻を見せたトッテナムだったが、この立ち上がりに痛恨のアクシデントが襲う。5分のシュート場面で相手DFとの交錯で足首を強く捻ったエースのケインがプレー続行不可能となり、10分にエリクセンとの負傷交代を強いられた。 ▽エースの緊急離脱を受けて、ソン・フンミンを最前線に上げ、エリクセンとデレ・アリを2シャドーに配した布陣に変更したトッテナムは、その後も圧倒的なボール支配で相手を押し込んでいく。だが、相手の粘り強い守備に遭い、なかなかゴールをこじ開けられない。 ▽それでも、攻勢を続けるトッテナムは31分、右サイドでトリッピアーが入れたクロスの流れからクリアボールをボックス右のデレ・アリが胸で落とすと、これをエリクセンが右足ボレーで流し込み、先制に成功した。さらに、35分にもエリクセンの左CKをファーサイドで競り勝ったワニャマが頭で合わすが、これはクロスバーを叩く。 ▽その後も試合を支配するトッテナムは、41分にもカウンターの流れから右サイドでパスを受けたソン・フンミンがカットインから左足の見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ビハインドを追うミルウォールが立ち上がりから攻勢に出るが、プレミア屈指の堅守を誇るトッテナムの守備を脅かすまでには至らず。すると54分、ソン・フンミンが再び魅せる。右サイドのハーフウェイライン付近でトリッピアーが前線に浮き球のフィードを入れると、ボックス右に走り込んだ韓国代表FWが後方からのボールを見事な右足ダイレクトボレーで流し込んだ。 ▽ソン・フンミンのゴラッソ2発で試合を決定付けたトッテナムは、その後も危なげなく試合をコントロールしていく。この流れの中で72分には、右サイドでボールを受けたトリッピアーがボックス右のエリクセンにパス。最後はエリクセンの絶妙なグラウンダーの斜めのパスに反応したデレ・アリがワンタッチで流し込み、4点目を奪取した。 ▽試合終盤にかけてデレ・アリ、ワニャマの主力2人を下げて、ヤンセン、ムサ・シッソコを投入し、試合を締めにかかるスパーズ。すると79分、ボックス左に抜け出したソン・フンミンのグラウンダーの折り返しを、ゴール前のヤンセンが左足のダイレクトシュートで流し込み、トッテナム加入後初めて流れの中でゴールを記録。さらに、試合終了間際には高速カウンターからソン・フンミンが6点目を決め、ハットトリックを達成した。 ▽大物喰いミルウォールに枠内シュート0、大量6ゴールのトッテナムは、エース負傷交代の中で代役候補が躍動をみせ、FAカップでベスト4進出を果たした。 2017.03.13 01:00 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース