ローマが苦しみながらも難所ルイジ・フェラリス攻略! 新年白星発進で2連勝!《セリエA》2017.01.09 01:07 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第19節のジェノアvsローマが8日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。

▽首位ユベントスとの直接対決に敗れて勝ち点7差を付けられるも、2016年最終戦となったキエーボ戦で快勝し、バウンスバックに成功した2位ローマ。2017年初戦にして前半戦最後の試合となる今節では、現在2連敗中もユベントス、ミラン、フィオレンティーナを破るなど、ホームで圧倒的な強さを見せる12位ジェノアとの難しいアウェイゲームに臨んだ。

▽エジプト代表としてアフリカ・ネイションズカップに参戦するサラーを欠くローマは、最前線のゼコの下にペロッティとナインゴランを置いた[3-4-2-1]の布陣を採用。負傷を抱えるマノラスに代わって、フアン・ジェズスが久々のスタメン入りを果たした。

▽開始直後にラクサールが際どいファーストシュートを放つと、アウェイのローマもすぐさま応戦。3分、左サイドを攻め上がったストロートマンの絶妙なアーリークロスをゼコがアクロバティックなボレーで合わすが、このシュートはGKペリンのビッグセーブに遭う。しかし、このプレーでペリンが左ヒザを負傷し、9分に控えGKラマンナとの交代を強いられた。

▽オールコートマンツーマンのジェノアに対して、ミラーゲームを仕掛けたローマは、要所で相手のプレスを剥がしながら、前線3人のコンビネーションでフィニッシュに繋げていく。15分にはゼコのスルーパスに抜け出したナインゴラン、22分にはボックス付近でクサビを受けたゼコに決定機も、いずれも先制点には至らない。

▽前半半ばから完全に主導権を掴んだローマは、36分に思わぬ形から先制に成功する。ボックス右でクリアボールに反応したブルーノ・ペレスがダイレクトボレーを放つと、ゴール前でDFイッツォが出した足に当たってコースが変わったボールがネットに吸い込まれた。オウンゴールで先手を奪ったローマは、その直後に相手のFKからピンチを迎えるが、枠の左隅を捉えたニンコビッチのシュートをGKシュチェスニーが好守で防ぎ、前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半もローマが押し込む展開が続く。早い時間帯に追加点を奪いたいアウェイチームは、ゼコのキープ力を武器に厚みのある仕掛けを見せる。だが、58分にゼコが放ったシュートが右ポストを叩くなど、あと一歩のところで2点目とはならず。

▽3連敗は避けたいジェノアは、78分に今冬アタランタから復帰したピニージャを投入し、リスクを冒して前に出る。対するローマは試合終盤にかけてマノラスを投入し、最終ラインの4人をセンターバックで構成する守備的な布陣で逃げ切りを図る。後半アディショナルタイムには、ボックス中央でオカンポスに決定的な反転ボレーを許すが、ここは守護神シュチェスニーが見事なビッグセーブで防いだ。苦しみながらも難所ルイジ・フェラリスを攻略したローマが、2017年を白星スタートで飾るとともに2連勝で後半戦へと折り返した。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、シティから元ラツィオDFコラロフ獲得に迫る! 買い取り義務付きのレンタルでの獲得に

▽ローマが、マンチェスター・シティからセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ(31)の獲得に迫っているようだ。 ▽先日にポルトガル人DFマリオ・ルイ(26)をナポリに売却したローマは、昨シーズンに左サイドバックのレギュラーを務めたイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(23)が昨季のリーグ最終節のジェノア戦で負った前十字じん帯断裂の重傷によって長期離脱となっている。この状況を受けて、今夏の補強が急務となっている。 ▽現時点でローマの獲得候補に浮上しているのが、バレンシアのスペイン人DFホセ・ルイス・ガヤ(22)と、ホッフェンハイムのドイツ人DFジェレミー・トルヤン(22)、トリノのイタリア人DFアントニオ・バレッカ(22)の3選手だ。 ▽だが、若く伸び盛りな3選手に関しては相応の移籍金が必要となり、ウイングやセンターバックなどその他にも補強の必要性があるローマとしては、あくまでエメルソンのバックアップの補強に資金を投入したくないようだ。 ▽イタリア『Tuttomercatoweb』の伝えるところによれば、そこでローマはシティで出場機会の減少が見込まれ、より安価な金額で獲得可能なコラロフをリストアップ。そして、シーズン終了後に700万ユーロ(約9億1000万円)での買い取り義務が発生する1年間のレンタル移籍という条件で交渉をまとめ上げたようだ。 ▽なお、コラロフは2007年から2010年までローマの宿敵であるラツィオに所属。在籍3シーズンで公式戦104試合に出場して11ゴールを記録し、2008-09シーズンにはコッパ・イタリアのタイトルを獲得していた。 2017.07.21 06:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、指揮官古巣から快速FWデフレル獲得! 買い取り義務付きのレンタルで移籍金は最大30億円に

▽ローマは20日、サッスオーロからフランス人FWグレゴワール・デフレル(26)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽なお、ローマの発表によると、ローマはレンタル料金として500万ユーロ(約6億5000万円)を支払い、出場試合数など特定のスポーツ面の条件を達成した場合、今シーズン終了後に1500万ユーロ(約19億5000万円)で買い取ることになるという。また、選手のパフォーマンス、クラブの成績に応じて最大300万ユーロ(約3億9000万円)の追加ボーナスを支払うことになる。 ▽今年1月にも加入の噂があった中、晴れてローマ入りが決定したデフレルは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「ローマのためにプレーできることは、僕にとってたくさんのことを意味する。イタリア国内で最高のチームの1つである、この強力なグループの一員となる」 「ここに来ることができたことを本当に嬉しく思っているし、チームのために全てを捧げるつもりだ」 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコのバックアップと、左右のウイングでプレー可能な多彩なアタッカーの獲得に成功したモンチSD(スポーツ・ディレクター)は、今回のオペレーションに満足感を示している。 「最終的にグレゴワールをチームに迎え入れることができて本当に満足している」 「彼は我々にとってトップターゲットだった。それは彼こそが我々の求めるスタイルのストライカーだったからだ」 「彼は前線で異なる3つのポジションでプレー可能であり、速く、チームのためにプレーできる。同様にチームの攻撃に深みを与え、ゴールへの素晴らしい嗅覚を持ち合わせている」 ▽パルマの下部組織出身のデフレルは、2012年に加入したチェゼーナで台頭。本職はセンターフォワードながら卓越したスピードとテクニックを武器に、左右のウイングでもプレー可能な左利きのアタッカーは、昨シーズンのサッスオーロで公式戦38試合に出場し16ゴール5アシストの数字を残していた。 ▽なお、デフレルはアメリカでプレシーズンツアーを行っているチームにすぐさま合流する予定だ。 2017.07.20 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

デフレルがローマに到着! 正式発表は間もなくか

▽イタリア『gianlucadimarzio.com』が20日、サッスオーロのフランス人FWグレゴワール・デフレル(26)のローマ到着を報じた。 ▽パルマの下部組織出身のデフレルは、センターFWを本職としながらも、中盤から前線にかけて幅広いポジションでプレーできるユーティリティ性の高いプレーヤー。ドリブル突破やポストプレーからチャンスを演出することを得意とし、2015年夏にチェゼーナからサッスオーロに加入すると、昨季は公式戦38試合の出場で16ゴール5アシストを記録した。 ▽『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによると、移籍金は2000万ユーロ(約25億8000万円)程度で、そこにさらに出来高が上乗せされる契約のようだ。 2017.07.20 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、白星スタート! PK戦の末ディ・フランチェスコ新体制のローマ撃破《ICC2017》

▽日本時間20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドのローマvsパリ・サンジェルマン(PSG)は、1-1で迎えたPK戦の末、5-3でPSGが勝利した。 ▽ディ・フランチェスコ新体制のローマは、[4-1-2-3]のシステムを採用した。GKをアリソンが務め、最終ラインに右からブルーノ・ペレス、マノラス、フアン・ジェズス、モレーノが入り、アンカーに新戦力のゴナロン。インサイドハーフにロレンツォ・ペッレグリーニ、ストロートマン、3トップに右からペロッティ、ゼコ、イトゥルベを並べた。 ▽一方、エメリ体制2年目のPSGは、[4-1-4-1]の布陣をチョイスした。最後尾にアレオラ、バックラインに右から新戦力のダニエウ・アウベス、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、クルザワ、アンカーにモッタ、インサイドハーフにロ・セルソとラビオを起用。前線にルーカス・モウラ、ヘセ・ロドリゲス、パストーレが起用された。 ▽試合は、立ち上がりからPSGペースの展開に。その中、徐々にローマが盛り返し始めるが、PSGがCKから均衡を破る。36分、シュートブロックされたボールを拾いなおしたモッタがヘセ・ロドリゲスとのワンツーでボックス中央に侵攻。そのプレーが混戦を生み出すと、こぼれ球を拾ったマルキーニョスが右足のシュートでゴールネットを揺らした。 ▽1点リードで試合を折り返したPSG。しかし、ローマがその後半から出場のジェルソン、サディクのコンビで追いつく。60分に敵陣中央のジェルソンが不揃いな相手のバックライン裏に左足の浮き球パスを供給。これをボックス左のスペースで受けたサディクが左足のシュートでGKアレオラの股下を射抜いた。 ▽追いつかれたPSGはその後、幾度か決定機を演出するなどローマを相手に攻勢に出るが、マテュイディが立て続けにシュートミス。嫌な流れのままPK戦に持ち込まれてしまう。しかし、後攻のローマは3人目のジェルソンがPK失敗。対して、5人全員成功のPSGがローマを退け、今大会白星スタートを飾った。 ローマ 1-1(3-5) パリ・サンジェルマン 【ローマ】 ウマル(後15) 【パリ・サンジェルマン】 マルキーニョス(前36) 2017.07.20 11:19 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、左SB獲得候補にガヤら3選手をリストアップ! 先日のU-21欧州選手権でいずれも活躍

▽ローマが左サイドバックの獲得候補として若手3選手をリストアップしているようだ。 ▽先日にポルトガル人DFマリオ・ルイ(26)をナポリに売却したローマは、昨シーズンに左サイドバックのレギュラーを務めたイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(23)が昨季のリーグ最終節のジェノア戦で負った前十字じん帯断裂の重傷によって長期離脱となっている。この状況を受けて、今夏の補強が急務となっている。 ▽現時点でローマの獲得候補に浮上しているのが、バレンシアのスペイン人DFホセ・ルイス・ガヤ(22)と、ホッフェンハイムのドイツ人DFジェレミー・トルヤン(22)、トリノのイタリア人DFアントニオ・バレッカ(22)の3選手だ。 ▽イタリア『Il Messagero』の伝えるところによれば、ローマのトップターゲットは昨シーズンのトリノでセリエA28試合に出場するなど、レギュラーを掴んだバレッカだという。だが、現時点でトリノ側のガードが固く、交渉は進展していないという。 ▽そこでローマはモンチSD(スポーツ・ディレクター)のコネクションを使い、バレンシアのガヤ獲得に向けて1800万ユーロ(約23億円)のオファーを準備している模様だ。これまで多くの左サイドバックの逸材を輩出してきたバレンシアの下部組織出身のガヤは、昨シーズンのリーグ戦27試合に出場し、1ゴール3アシストを記録。また、U-21スペイン代表として臨んだ先日のU-21欧州選手権では3試合に出場し、準優勝に貢献していた。 ▽また、イタリア『スカイ・スポルト』は、ローマが先日のU-21欧州選手権でU-21ドイツ代表の優勝に貢献したトルヤンの獲得にも動いていると報道。チェルシーやナポリも関心を寄せるトルヤンは、左右のサイドバック、ウイングバックをこなせる攻撃的サイドバックで、昨シーズンはホッフェンハイムで20試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残していた。 ▽先日のU-21欧州選手権でいずれも活躍を見せた3選手のうち、ジャッロロッソに加入するのは果たしてどの選手になるのか。 2017.07.20 06:50 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース