ローマが苦しみながらも難所ルイジ・フェラリス攻略! 新年白星発進で2連勝!《セリエA》2017.01.09 01:07 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第19節のジェノアvsローマが8日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。

▽首位ユベントスとの直接対決に敗れて勝ち点7差を付けられるも、2016年最終戦となったキエーボ戦で快勝し、バウンスバックに成功した2位ローマ。2017年初戦にして前半戦最後の試合となる今節では、現在2連敗中もユベントス、ミラン、フィオレンティーナを破るなど、ホームで圧倒的な強さを見せる12位ジェノアとの難しいアウェイゲームに臨んだ。

▽エジプト代表としてアフリカ・ネイションズカップに参戦するサラーを欠くローマは、最前線のゼコの下にペロッティとナインゴランを置いた[3-4-2-1]の布陣を採用。負傷を抱えるマノラスに代わって、フアン・ジェズスが久々のスタメン入りを果たした。

▽開始直後にラクサールが際どいファーストシュートを放つと、アウェイのローマもすぐさま応戦。3分、左サイドを攻め上がったストロートマンの絶妙なアーリークロスをゼコがアクロバティックなボレーで合わすが、このシュートはGKペリンのビッグセーブに遭う。しかし、このプレーでペリンが左ヒザを負傷し、9分に控えGKラマンナとの交代を強いられた。

▽オールコートマンツーマンのジェノアに対して、ミラーゲームを仕掛けたローマは、要所で相手のプレスを剥がしながら、前線3人のコンビネーションでフィニッシュに繋げていく。15分にはゼコのスルーパスに抜け出したナインゴラン、22分にはボックス付近でクサビを受けたゼコに決定機も、いずれも先制点には至らない。

▽前半半ばから完全に主導権を掴んだローマは、36分に思わぬ形から先制に成功する。ボックス右でクリアボールに反応したブルーノ・ペレスがダイレクトボレーを放つと、ゴール前でDFイッツォが出した足に当たってコースが変わったボールがネットに吸い込まれた。オウンゴールで先手を奪ったローマは、その直後に相手のFKからピンチを迎えるが、枠の左隅を捉えたニンコビッチのシュートをGKシュチェスニーが好守で防ぎ、前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半もローマが押し込む展開が続く。早い時間帯に追加点を奪いたいアウェイチームは、ゼコのキープ力を武器に厚みのある仕掛けを見せる。だが、58分にゼコが放ったシュートが右ポストを叩くなど、あと一歩のところで2点目とはならず。

▽3連敗は避けたいジェノアは、78分に今冬アタランタから復帰したピニージャを投入し、リスクを冒して前に出る。対するローマは試合終盤にかけてマノラスを投入し、最終ラインの4人をセンターバックで構成する守備的な布陣で逃げ切りを図る。後半アディショナルタイムには、ボックス中央でオカンポスに決定的な反転ボレーを許すが、ここは守護神シュチェスニーが見事なビッグセーブで防いだ。苦しみながらも難所ルイジ・フェラリスを攻略したローマが、2017年を白星スタートで飾るとともに2連勝で後半戦へと折り返した。

コメント

関連ニュース

thumb

ゼコ4戦連発にエル・シャーラウィがドッピエッタ! 快勝ローマが3連勝!《セリエA》

▽セリエA第6節、ローマvsウディネーゼが23日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-1で快勝した。 ▽ミッドウィークに行われたベネヴェントとの前節を4-0で快勝したローマは、前節ミラン相手に惜敗したウディネーゼとの一戦で3連勝を目指した。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦を控えるローマだが、負傷明けのナインゴランや前節温存のデ・ロッシら主力を復帰させ、現状のベストメンバーを起用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むローマは12分、ボックス手前中央で複数のDFに囲まれ体勢を崩しながらもナインゴランが混戦を抜く短いスルーパスを送ると、これをゼコが冷静に流し込み、リーグ戦4試合連続ゴールを記録した。 ▽幸先良く先制に成功したローマは、ゼコが鋭い反転シュートで2点目に迫るなど、完全にウディネーゼを圧倒。すると30分、ストロートマンのスルーパスに抜け出したゼコがボックス左で深い切り返しでDFを振ってタイミング良く折り返す。これをニアに走り込んだエル・シャーラウィが右足アウトで巧みに流し込み、今季初ゴールを奪った。 ▽さらに、前半終了間際の45分には自陣深くのロングカウンターから右サイドに流れたペロッティがラボーナで折り返す。これが相手DFのクリアミスを誘うと、こぼれ球に反応したエル・シャーラウィが難なく流し込み、ドッピエッタを達成した。 ▽前半のうちに3点のリードを奪ったローマに対して、流れを変えたいウディネーゼはペッゼッラ、フォファナをハーフタイム明けに同時投入。だが、ペースを落としながらも要所でクオリティーの差を見せ付けるローマを前になかなか決定機を作り出せない。 ▽後半もゼコやエル・シャーラウィ、フロレンツィと積極的にゴール前に顔を出すローマは、追加点こそ奪えないもののきっちり試合の流れを掌握。その後、ゼコとコラロフと連続出場が続くベテラン2選手を下げてデフレルとエクトル・モレーノ、病み上がりのフロレンツィに代えてブルーノ・ペレスを投入する。 ▽試合終盤にかけては一矢報いたいウディネーゼの反撃を受ける形となるが、マキシ・ロペスらの決定機を好調のGKアリソンが見事な反応で阻む。その後、試合終了間際にはPKから4点目のチャンスが訪れるが、ここは名手ペロッティが左ポストに当てる珍しいミスで失敗。すると、直後の90分には最終ラインの裏へ抜け出したラーセンにゴールを決められ、試合は3-1でタイムアップ。PK失敗に失点と試合の締めくくり方に課題を残したローマだったが、リーグ戦3連勝を飾った。 2017.09.23 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマFWシックは2週間の離脱…CLカラバフ戦とミラン戦欠場へ

▽ローマは21日、チェコ代表FWパトリック・シックが筋肉系のケガで15日間の離脱となることを発表した。 ▽今夏の移籍市場でサンプドリアからクラブレコードの総額4200万ユーロ(約54億8000万円)でローマに加入したシックだが、今月8日に負傷。精密検査の結果、左大腿四頭筋に若干の炎症と筋肉の張りが確認され、先日のアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)初戦を欠場した。それでも、前節のヴェローナ戦では途中出場でローマでのセリエAデビューを飾っていた。 ▽今週のトレーニング中に臀部を痛めたシックは、直近のベネヴェントを欠場していた。なお、今回のケガによって、今週末のウディネーゼ戦、CLカラバフ戦、ミラン戦の3試合を欠場することになる。 2017.09.22 04:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼコ2戦連続のドッピエッタでローマが昇格組ベネヴェントに圧勝! 今季初の連勝を飾る《セリエA》

▽セリエA第5節、ベネヴェントvsローマが20日に行われ、アウェイのローマが4-0で快勝した。 ▽前節、ヴェローナ相手に快勝してホーム初勝利を手にしたローマは、昇格組で開幕4連敗のベネヴェント相手に連勝を狙った。中3日の日程を考慮してヴェローナ戦からは先発5人を変更。軽傷を抱えるナインゴランに加え、フロレンツィ、デ・ロッシを温存し、代わってストロートマンやペロッティ、移籍後初先発のゴナロンらを起用した。 ▽立ち上がりからゼコを起点に相手を押し込むローマは12分、右サイドを破ったブルーノ・ペレスの絶妙なクロスをゴール前でフリーのゼコが頭で合わすが、これはややコースが甘くGKベレツの好守に遭う。直後の18分には自陣でのブルーノ・ペレスの不用意なロストからカウンターを浴び、2対3の数的不利からボックス左のカタルディにシュートを許すが、これは枠の右に外れた。 ▽思わず冷や汗をかいたローマだが、22分に先制点を奪う。ストロートマンのスルーパスに反応したコラロフがDFを振り切ってボックス左に侵入し、グラウンダーの丁寧なクロス。これをフリーのゼコが難なく左足で流し込んだ。 ▽エースのゼコの3試合連続ゴールで先手を奪ったローマは、そのゼコがポスト直撃の強烈なシュートで2点目に迫ると、35分には追加点を奪う。ゴナロンのフィードに抜け出したブルーノ・ペレスが右サイドを深くえぐって折り返すと、ゼコの前でクリアを試みたDFルシオーニに当たってコースが変わったボールがファーポストに吸い込まれた。 ▽2点リードで前半を終えたローマは、動きが重かったジェンギズ・ウンデルに代えてエル・シャーラウィをハーフタイム明けに投入。すると52分、ローマに3点目が生まれる。後半から右サイドに移ったペロッティが高い位置でボールを奪い、ボックス手前に走り込むゼコにラストパス。これを受けたゼコが冷静にゴール左隅へ右足のシュートを流し込み、2試合連続のドッピエッタを達成した。 ▽この3点目で試合を決定付けたローマは、前がかりになったホームチームに幾度か決定機を許すが、GKアリソンが冷静なゴールキーピングで失点を許さない。その後、ペッレグリーニ、ペロッティを下げてジェルソン、フロレンツィをピッチに送り込んだ中、74分には先制点と似たような状況でコラロフが入れたグラウンダーの高速クロスがこの試合2点目のオウンゴールを誘い、4点目を奪取した。 ▽その後も危なげなく試合を運んだローマが敵地で4-0の完勝。昇格組との連戦を連勝で飾った。 2017.09.21 03:26 Thu
twitterfacebook
thumb

前節デビューのローマFWシックが再負傷…ベネヴェント戦欠場へ

▽ローマのチェコ代表FWパトリック・シックが、再び離脱を強いられることになりそうだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽今夏の移籍市場でサンプドリアからクラブレコードの総額4200万ユーロ(約54億8000万円)でローマに加入したシックだが、今月8日に負傷。精密検査の結果、左大腿四頭筋に若干の炎症と筋肉の張りが確認され、先日のアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ初戦を欠場した。それでも、前節のヴェローナ戦では途中出場でローマでのセリエAデビューを飾っていた。 ▽20日に行われるセリエA第5節のベネヴェント戦では移籍後初ゴールも期待されたシックだが、『フットボール・イタリア』によると、トレーニング中に再び負傷したようだ。 ▽報道によると、シックはトレーニング中に臀部に違和感を覚えた模様。トレーニングを切り上げ、診察を行ったとしている。なお、今後さらに詳しい検査が行われるようで、その結果をクラブ側が判断するだろうとしている。 2017.09.19 10:36 Tue
twitterfacebook
thumb

フロレンツィが2度の大ケガ乗り越え11カ月ぶりの復帰! 「11カ月の休暇から戻ってきた」

▽ローマに所属するイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが、16日に行われたセリエA第4節のヴェローナ戦で昨年10月以来の公式戦出場を果たした。 ▽フロレンツィは昨年10月末に行われたセリエA第10節のサッスオーロ戦で左ヒザ前十字じん帯を断裂。その後、手術に踏み切った同選手は、12月下旬にランニングを開始する驚異の回復力を見せていた。しかし、復帰目前の今年2月にプリマヴェーラの練習に参加していたフロレンツィは、左ヒザ前十字じん帯を再度負傷。再び長期離脱を強いられていた。 ▽その後、今月初めのシャペコエンセとのチャリティーマッチで実戦復帰を果たしたフロレンツィは、今回のヴェローナ戦で約11カ月ぶりの公式戦出場。右サイドバックでフル出場した同選手は、正確なクロスからFWエディン・ゼコのゴールをアシストし、3-0の快勝に大きく貢献した。 ▽同試合後、フロレンツィはイタリア『Mediaset Premium』で復帰の喜びを語った。 「今日は11カ月の休暇から戻ってきたような、プレーを見せたかったんだ。今日はたくさん走り、皆さんの前でこうやって話せることを嬉しく思っているよ」 「2度目の負傷は本当にショックだったし、正直これまでの離脱期間は簡単なものではなかったよ。でも、今回の負傷を通じて多くのことを学んだし、より強い人間になれたと思う」 「妻と娘は離脱期間に僕の助けとなってくれた。まだ、その感謝を伝えきれていないんだ。とにかく、家に帰るのが待ち遠しいし、帰ったら彼女たちを抱きしめたいと思っているよ」 「代表への復帰が今後の目標だけど、今はローマで良いプレーをすることだけを考えている。それは僕にとってとても誇り高いことなんだ」 ▽最後に、フロレンツィはイタリア代表の同僚であり、先日に自身と同じ前十字じん帯断裂の重傷を負ったミランDFアンドレア・コンティに励ましのエールを送っている。 「今回の機会を通じて、アンドレア・コンティの幸運を願っていることを伝えたい」 2017.09.17 16:03 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース