ローマが苦しみながらも難所ルイジ・フェラリス攻略! 新年白星発進で2連勝!《セリエA》2017.01.09 01:07 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第19節のジェノアvsローマが8日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。

▽首位ユベントスとの直接対決に敗れて勝ち点7差を付けられるも、2016年最終戦となったキエーボ戦で快勝し、バウンスバックに成功した2位ローマ。2017年初戦にして前半戦最後の試合となる今節では、現在2連敗中もユベントス、ミラン、フィオレンティーナを破るなど、ホームで圧倒的な強さを見せる12位ジェノアとの難しいアウェイゲームに臨んだ。

▽エジプト代表としてアフリカ・ネイションズカップに参戦するサラーを欠くローマは、最前線のゼコの下にペロッティとナインゴランを置いた[3-4-2-1]の布陣を採用。負傷を抱えるマノラスに代わって、フアン・ジェズスが久々のスタメン入りを果たした。

▽開始直後にラクサールが際どいファーストシュートを放つと、アウェイのローマもすぐさま応戦。3分、左サイドを攻め上がったストロートマンの絶妙なアーリークロスをゼコがアクロバティックなボレーで合わすが、このシュートはGKペリンのビッグセーブに遭う。しかし、このプレーでペリンが左ヒザを負傷し、9分に控えGKラマンナとの交代を強いられた。

▽オールコートマンツーマンのジェノアに対して、ミラーゲームを仕掛けたローマは、要所で相手のプレスを剥がしながら、前線3人のコンビネーションでフィニッシュに繋げていく。15分にはゼコのスルーパスに抜け出したナインゴラン、22分にはボックス付近でクサビを受けたゼコに決定機も、いずれも先制点には至らない。

▽前半半ばから完全に主導権を掴んだローマは、36分に思わぬ形から先制に成功する。ボックス右でクリアボールに反応したブルーノ・ペレスがダイレクトボレーを放つと、ゴール前でDFイッツォが出した足に当たってコースが変わったボールがネットに吸い込まれた。オウンゴールで先手を奪ったローマは、その直後に相手のFKからピンチを迎えるが、枠の左隅を捉えたニンコビッチのシュートをGKシュチェスニーが好守で防ぎ、前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半もローマが押し込む展開が続く。早い時間帯に追加点を奪いたいアウェイチームは、ゼコのキープ力を武器に厚みのある仕掛けを見せる。だが、58分にゼコが放ったシュートが右ポストを叩くなど、あと一歩のところで2点目とはならず。

▽3連敗は避けたいジェノアは、78分に今冬アタランタから復帰したピニージャを投入し、リスクを冒して前に出る。対するローマは試合終盤にかけてマノラスを投入し、最終ラインの4人をセンターバックで構成する守備的な布陣で逃げ切りを図る。後半アディショナルタイムには、ボックス中央でオカンポスに決定的な反転ボレーを許すが、ここは守護神シュチェスニーが見事なビッグセーブで防いだ。苦しみながらも難所ルイジ・フェラリスを攻略したローマが、2017年を白星スタートで飾るとともに2連勝で後半戦へと折り返した。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ゼコ6連発逃すもゼーマン率いるペスカーラに完勝! ペスカーラは1年でセリエB降格…《セリエA》

▽セリエA第33節のペスカーラvsローマが、24日にスタディオ・アドリアティコで行われ、アウェイのローマが4-1で快勝した。 ▽前節、アタランタとの上位対決をドローで終えた2位ローマ(勝ち点72)は、首位ユベントス(勝ち点80)との勝ち点差が8ポイントに広がり、逆転でのスクデット獲得が絶望的に。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインを争う3位ナポリ(勝ち点70)との勝ち点差も縮まり、これ以上の取りこぼしが許されない状況だ。 ▽前日に行われた試合でユベントスが勝利した一方、ナポリがドローに終わったため、勝ち点差を広げるチャンスを得たローマは、過去2度チームを率いた鬼才ゼーマン率いる最下位ペスカーラとのアウェイゲームに臨んだ。前節からのメンバー変更は3点。マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ペロッティに代わって、エメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィが先発入り。恩師ゼーマンとの師弟対決が期待されたトッティはケガのため、招集外となった。 ▽試合前にローマの新SD就任が発表されたモンチも視察に訪れた一戦は、開始直後にアウェイのローマに決定機。2分、左サイドのエル・シャーラウィが入れたクロスを中央のゼコがワンタッチでファーに流すと、浮き球のボールをサラーが左足ボレーで流し込んだ。だが、サラーがわずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。 ▽畳みかけるローマは、6分にも中央突破したサラーのお膳立てからエル・シャーラウィ、17分にはセットプレーの流れからゼコに決定機も相手GKの好守に遭う。さらに20分にはパレデスの浮き球パスに抜け出したナインゴランの強烈なシュートがクロスバーを叩いた。 ▽相手を圧倒する攻めでゴールも時間の問題と思われたが、立ち上がりの決定機逸を受けて、焦れ始めたローマは、再三のオフサイドやラストパスのミスなど、攻撃に雑さが目立ち始め、徐々に行ったり来たりのゲーム展開に陥っていく。 ▽それでも、ゴールレスでハーフタイム突入と思われた前半終盤にようやくゴールをこじ開ける。44分、パレデスの絶妙なフィードに抜け出したエル・シャーラウィがボックス左でDFとGKを引き付けて右を並走するストロートマンにラストパス。これをオランダ代表MFが冷静に流し込んだ。この先制点で重圧から解放されたアウェイチームは、この1分後にもサラーの鋭い突破からボックス左でゼコがマイナスに折り返したボールをナインゴランが右足で流し込み、今季リーグ戦10点目を記録した。 ▽前半終了間際のゴールラッシュで本来の落ち着きを取り戻したローマは、後半開始直後の48分にペナルティアーク付近でパスを受けたサラーが狙い澄ました左足のコントロールシュートを左隅に流し込み、後半最初のゴールを奪取した。 ▽この3点目で勝利を大きく手繰り寄せたローマは、熾烈な得点王レースに身を置くゼコにボールを集めるが、5戦連発中のエースは52分、56分のシュートチャンスをゴールに結び付けられず。すると、60分には高速カウンターからエル・シャーラウィのプレゼントパスをサラーが冷静に流し込み、ドッピエッタを達成した。 ▽きっちり試合をコントロールするローマは、71分にゼコを下げてグルニエを投入。6試合連続ゴールを逃したゼコは不満を露わにピッチを後にするが、指揮官スパレッティは次節に控えるラツィオとの重要な“ローマ・ダービー”に向けて万全を期す采配を見せた。 ▽その後、エメルソン、パレデスを下げてフアン・ジェズス、ペロッティを投入して試合を締めにかかるローマは、83分に一瞬の隙からベナリにゴールを許し、クリーンシートを逃がす。それでも、恩師ゼーマン率いるペスカーラに格の違いを見せつけたローマが敵地で4-1の快勝。3位ナポリとの勝ち点差を再び4ポイントに広げ、30日に行われる宿敵ラツィオとのダービーに弾みを付けた。 ▽なお、最下位ペスカーラ(勝ち点14)は、17位エンポリ(勝ち点29)との当該成績が1敗1分けとなっているため、残り5節での逆転が不可能となり、1年でのセリエB降格が決定した。 2017.04.25 05:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、モンチ新SD就任を公式発表! 1年の延長OP付きの4年契約にサイン

▽ローマは24日、モンチの愛称で知られるラモン・ロドリゲス・ヴェルデホ氏(48)がクラブの新スポーツ・ディレクター(SD)に就任したことを発表した。契約期間は1年の契約延長オプション付きの4年契約となる。 ▽ローマのジェームズ・パロッタ会長は、モンチ氏の招へいに関してクラブ公式サイトで以下のように語っている。 「ASローマを代表して、モンチを新たなファミリーとして歓迎したい。そして、今後の長く実りのある関係を楽しみにしている。同様に、クラブは刺激的な新たな時代を迎えるはずだ」 「モンチは世界のフットボール界において最も優れた知性を持つ1人と考えられており、そんな人物をこのポストに任命することができ、これ以上の幸せはないと思っている」 ▽また、レアル・マドリーやパリ・サンジェルマンなど、多くのオファーがあった中でローマを新天地に選んだモンチ氏は、永遠の都での新たなスタートへの意気込みを語った。 「ジェームズ・パロッタ会長を始め、私にこのようなチャンスを与えてくれた幹部メンバーに感謝したい」 「これは非常に刺激的なプロジェクトだ。そして、この先長くこの偉大なクラブでサポーターやスタッフ、プレーヤーたちのために働くことを楽しみにしている」 ▽選手の売買に関してヨーロッパ屈指のクラブであるセビージャの敏腕SDを務めてきたモンチ氏は、現役時代にセビージャでGKとしてプレーした後、1999年に31歳の若さで現役を引退。カンテラから現役引退までセビージャ一筋のキャリアを築いた同氏は、引退した翌年にSDに就任した。 ▽クラブからカンテラの充実と有能なタレントの獲得という2つの要求を受けたモンチ氏は、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやスペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェス、スペイン代表MFヘスス・ナバス、スペイン代表DFアルベルト・モレーノなど錚々たるタレントをトップチームにデビューさせた。 ▽一方、外部からの補強ではブラジル代表DFダニエウ・アウベスや元マリ代表MFセイドゥ・ケイタ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、スペイン代表MFアレイシ・ビダルを安価な移籍金で獲得した後、獲得資金の倍以上でバルセロナに売却する見事な商才を発揮。近年の移籍市場でもFWカルロス・バッカやフランス代表FWケヴィン・ガメイロの取引でスポーツ面、経済面で多くの利益をもたらし、17年間の在任期間に5度のヨーロッパリーグ制覇、2度のコパ・デル・レイ優勝などのタイトル獲得に貢献してきた。 ▽▽昨年10月にイタリア屈指のSDとして知られたワルテル・サバティーニ前SDとの契約を解消したローマは、賢人モンチという最高の後釜を手にした。 2017.04.25 03:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、敏腕SDモンチ氏の現地到着を発表! 数時間以内に新SD就任が発表へ

▽ローマは24日、先日にセビージャとの契約解除を発表した敏腕スポーツ・ディレクター(SD)のモンチ氏(48)がローマのフィウミチーノ空港に到着したことをクラブの公式『フェイスブック』で発表した。 ▽昨年10月にワルテル・サバティーニ前SDとの契約を解消したローマは、その後釜として予てより噂があったモンチ氏の招へいに着手。これまで幾度も会合を重ねてきた両者は、先月28日にロンドンで行われた会合で3年契約に大筋合意した模様だ。 ▽ローマ以外にもレアル・マドリーやパリ・サンジェルマンからの関心も伝えられたモンチ氏は、以降のインタビューなどでローマとの接触を認めながらも、あくまで正式決定ではないと主張してきたが、今回のローマ到着で数時間以内にローマのSD就任が発表される見込みだ。 ▽選手の売買に関してヨーロッパ屈指のクラブであるセビージャの敏腕SDを務めてきたモンチ氏は、現役時代にセビージャでGKとしてプレーした後、1999年に31歳の若さで現役を引退。カンテラから現役引退までセビージャ一筋のキャリアを築いた同氏は、引退した翌年にSDに就任した。 ▽クラブからカンテラの充実と有能なタレントの獲得という2つの要求を受けたモンチ氏は、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやスペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェス、スペイン代表MFヘスス・ナバス、スペイン代表DFアルベルト・モレーノなど錚々たるタレントをトップチームにデビューさせた。 ▽一方、外部からの補強ではブラジル代表DFダニエウ・アウベスや元マリ代表MFセイドゥ・ケイタ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、スペイン代表MFアレイシ・ビダルを安価な移籍金で獲得した後、獲得資金の倍以上でバルセロナに売却する見事な商才を発揮。 ▽近年の移籍市場でもFWカルロス・バッカやフランス代表FWケヴィン・ガメイロの取引でスポーツ面、経済面で多くの利益をもたらすなど、辣腕を発揮してきた。 2017.04.24 22:22 Mon
twitterfacebook
thumb

「トッティは自分の教え子で最も偉大な選手」…ゼーマンは現役続行を支持

ペスカーラの指揮官ズデネク・ゼーマンは、ローマの主将FWフランチェスコ・トッティが本人の希望である現役続行が叶うことを望んでいる。23日に行われた記者会見の席で明らかにした。<br><br>24日に行われるセリエA第33節ペスカーラ対ローマ戦を前に、ゼーマン監督は1997-98シーズンから2年間、ローマで指導したかつての教え子、トッティへの思いを口にした。<br><br>「私とトッティの関係はいつも良好だった。トッティは私が指導してきた中で最も偉大な選手だ。もし現役続行の意思があるのであれば、本人もまだやれると感じているのだろう。今の状況では試合にほとんど出られず、意欲を失ってしまうかもしれない。だが続けたいという思いがあるなら、感じている通りにやるべきだ」<br><br>ところでゼーマン率いるペスカーラは現在、順位表で暫定最下位の20位につけている。降格を免れる17位のエンポリとは10ポイントの差が開いている。残留争いにおいては厳しい状況だが、ローマ戦に向けて意欲を示した。<br><br>「ローマで25年間暮らしていて、ローマやラツィオには何人も友人がいる。だがいつもの試合と変わらない。より力を発揮できるよう努め、ローマにとって厳しい戦いなればと期待している。リベンジのつもりはない。私としてはローマで居心地がよかったし、問題もフロント側が抱えていたのであって、私としては何の問題もない」<br><br>なおトッティはケガのため、ペスカーラ戦の招集メンバーから外れている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 18:17 Mon
twitterfacebook
thumb

“ローマの王様”がヒザ負傷で引退危機の“神”にエール「君のような戦士は簡単に降伏しないだろ」

▽ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、ヒザに重傷を負い引退危機も囁かれる元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチにエールを送った。同選手が自身の公式ツイッターでかつてのライバルにメッセージを送った。 ▽イブラヒモビッチは、20日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでアンデルレヒトに先発出場したが、後半終了間際に相手選手と競り合いながらジャンプして着地した際に右足を負傷。その後、行われた検査の結果、ヒザ前十字じん帯に深刻な損傷が確認され、一部ではこのケガの影響で引退の可能性まで報じられている。 ▽ローマの象徴として長きに渡ってセリエAで活躍してきたトッティは、ユベントスとインテル、ミランで同時代に活躍してきた5歳年下のライバルに向けてエールを送っている。 「君のような戦士は簡単に降伏しないだろ! フォルツァ、ズラタン! 早く戻って来いよ!」 ▽現在、自身のキャリアにおいて最大の危機を迎える“マンチェスターの神”だが、“ローマの王様”の呼びかけに応えて再びピッチ上で元気な姿を見せてほしいところだ。 2017.04.23 20:30 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース