ローマが苦しみながらも難所ルイジ・フェラリス攻略! 新年白星発進で2連勝!《セリエA》2017.01.09 01:07 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第19節のジェノアvsローマが8日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。

▽首位ユベントスとの直接対決に敗れて勝ち点7差を付けられるも、2016年最終戦となったキエーボ戦で快勝し、バウンスバックに成功した2位ローマ。2017年初戦にして前半戦最後の試合となる今節では、現在2連敗中もユベントス、ミラン、フィオレンティーナを破るなど、ホームで圧倒的な強さを見せる12位ジェノアとの難しいアウェイゲームに臨んだ。

▽エジプト代表としてアフリカ・ネイションズカップに参戦するサラーを欠くローマは、最前線のゼコの下にペロッティとナインゴランを置いた[3-4-2-1]の布陣を採用。負傷を抱えるマノラスに代わって、フアン・ジェズスが久々のスタメン入りを果たした。

▽開始直後にラクサールが際どいファーストシュートを放つと、アウェイのローマもすぐさま応戦。3分、左サイドを攻め上がったストロートマンの絶妙なアーリークロスをゼコがアクロバティックなボレーで合わすが、このシュートはGKペリンのビッグセーブに遭う。しかし、このプレーでペリンが左ヒザを負傷し、9分に控えGKラマンナとの交代を強いられた。

▽オールコートマンツーマンのジェノアに対して、ミラーゲームを仕掛けたローマは、要所で相手のプレスを剥がしながら、前線3人のコンビネーションでフィニッシュに繋げていく。15分にはゼコのスルーパスに抜け出したナインゴラン、22分にはボックス付近でクサビを受けたゼコに決定機も、いずれも先制点には至らない。

▽前半半ばから完全に主導権を掴んだローマは、36分に思わぬ形から先制に成功する。ボックス右でクリアボールに反応したブルーノ・ペレスがダイレクトボレーを放つと、ゴール前でDFイッツォが出した足に当たってコースが変わったボールがネットに吸い込まれた。オウンゴールで先手を奪ったローマは、その直後に相手のFKからピンチを迎えるが、枠の左隅を捉えたニンコビッチのシュートをGKシュチェスニーが好守で防ぎ、前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半もローマが押し込む展開が続く。早い時間帯に追加点を奪いたいアウェイチームは、ゼコのキープ力を武器に厚みのある仕掛けを見せる。だが、58分にゼコが放ったシュートが右ポストを叩くなど、あと一歩のところで2点目とはならず。

▽3連敗は避けたいジェノアは、78分に今冬アタランタから復帰したピニージャを投入し、リスクを冒して前に出る。対するローマは試合終盤にかけてマノラスを投入し、最終ラインの4人をセンターバックで構成する守備的な布陣で逃げ切りを図る。後半アディショナルタイムには、ボックス中央でオカンポスに決定的な反転ボレーを許すが、ここは守護神シュチェスニーが見事なビッグセーブで防いだ。苦しみながらも難所ルイジ・フェラリスを攻略したローマが、2017年を白星スタートで飾るとともに2連勝で後半戦へと折り返した。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第26節プレビュー】インテルvsローマのビッグマッチ開催

▽前節もユベントス、ローマ、ナポリ、インテル、アタランタ、ラツィオといった上位陣が順当に勝利を収め、勝ち点差に変動はなかった。そして、ミランvsフィオレンティーナの好カードはミランがデウロフェウの移籍後初ゴールで勝利し、上位進出の可能性を残している。迎える第26節はインテルvsローマのビッグマッチが日曜日に行われる。 ▽前節ボローニャ戦をガブリエウ・バルボサの移籍後初ゴールで1-0と辛勝した5位インテル(勝ち点48)は、ミランダが累積警告で出場停止となる一方、イカルディが2試合の出場停止処分から復帰する。ボローニャ戦ではイカルディ不在を痛感する展開だっただめ、得点源の復帰は心強い。ミランダが欠場となるものの長友は引き続きベンチスタート予想だ。 ▽一方、前節トリノ戦をゼコの公式戦8試合連続ゴールなどで4-1と大勝した2位ローマ(勝ち点56)は、ホーム戦連勝記録を15に伸ばした。木曜日にヨーロッパリーグのビジャレアル戦を戦ったが、1stレグで勝負を決めていたこともあって主力を温存。万全の状態でインテル戦に臨める状況だ。 ▽ディバラの恩返しドッピエッタやマルキジオの今季初ゴールでパレルモに4-1と大勝してリーグ戦6連勝とした首位ユベントス(勝ち点63)は、17位エンポリ(勝ち点22)を29連勝中のホームに迎える。水曜日に敵地で行われたポルトとのチャンピオンズリーグ(CL)では10人となった相手に2-0と先勝。好調を維持する中、大台の30連勝に乗せることができるか。 ▽今節はナポリvsアタランタの上位対決も開催される。3位ナポリ(勝ち点54)はCLレアル・マドリー戦の敗戦を感じさせず、キエーボに3-1と快勝してリーグ戦3連勝とした。コッパ・イタリアのユベントス戦、セリエAのローマ戦、CLのレアル・マドリーとの2ndレグと重要な試合が続く中、ここ5試合で4勝と絶好調のアタランタ撃破となるか。 ▽前節フィオレンティーナ戦を2-1と競り勝った7位ミラン(勝ち点44)は、12位サッスオーロ(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。今季の1stマッチこそ4-3と打ち勝ったが、近年苦渋を舐めている苦手な相手に対し、引き続きデウロフェウの活躍で勝ち点を伸ばしていきたい。最後に翌水曜日にコッパ・イタリア準決勝でローマ・ダービーを控える6位ラツィオ(勝ち点47)はビリアが出場停止となる中、13位ウディネーゼ(勝ち点29)とのアウェイ戦で上位追走を目指す。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ』を参照 ◆セリエA第26節 ▽2/25(土) 《26:00》 ナポリ vs アタランタ 《28:45》 ユベントス vs エンポリ ▽2/26(日) 《20:30》 パレルモ vs サンプドリア 《23:00》 ジェノア vs ボローニャ キエーボ vs ペスカーラ サッスオーロ vs ミラン ラツィオ vs ウディネーゼ クロトーネ vs カリアリ 《28:45》 インテル vs ローマ ▽2/27(月) 《28:45》 フィオレンティーナ vs トリノ 2017.02.25 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ホームで敗戦も主力温存ローマが逃げ切り成功! ビジャレアルを破ってラウンド16進出《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、ローマvsビジャレアルが23日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのビジャレアルが1-0で勝利した。しかし、2戦合計4-1としたローマがラウンド16進出を決めた。 ▽優勝候補同士の対決となった今回の一戦だが、ビジャレアルホームで行われた1stレグでは、ゼコのハットトリックの活躍などでアウェイのローマが4-0で完勝し、2ndレグを前に大勢が決した。そのため、ローマホームで行われたこの試合では、互いに今週末にインテル、レアル・マドリーとのビッグマッチを控えていることもあり、1stレグから大幅なメンバー変更を敢行。 ▽ローマは、公式戦8連発中のゼコやサラー、ナインゴランら主力がベンチスタートとなり、トッティやペロッティ、ヴェルメーレン、マリオ・ルイなど控えメンバーがピッチに立った。一方のビジャレアルは、キャプテンのブルーノやソリアーノ、チェリシェフといった主力を除き、こちらも多くの控えメンバーを先発起用。右ヒザ前十字じん帯断裂の大ケガから戻ってきたソルダードが、今季の公式戦初出場を飾った。 ▽メンバーを落としたものの、立ち上がりから猛攻を仕掛けていくビジャレアルは、開始10分にロドリゴ・エルナンデスの浮き球のダイレクトパスに反応したソリアーノがボックス右角からダイレクトシュートを放つが、これはクロスバーの上側を掠める。最初の決定機を逸したアウェイチームだったが、15分にソルダードの右クロスを相手DFヴェルメーレンがクリアミス。これに反応したボッレが豪快に右足で蹴り込み、先制に成功した。 ▽まだまだ余裕はあるものの、ホームで先制点を許したローマは、主力不在の影響が色濃くなかなか反撃のチャンスを作れない。それでも、30分には自陣中央の密集でキープしたトッティの見事な右サイドへの展開から長い距離を持ち上がったブルーノ・ペレスがグラウンダーのアーリークロス。これをファーサイドに走り込んだエル・シャーラウィが右足で流し込みにかかるが、ここはGKの果敢な飛び出しに阻まれる。 ▽先制後もリズム良く攻めるビジャレアルは、フアン・ジェズス、ヴェルメーレン、マリオ・ルイの間のスペースを効果的に使い、右サイドを起点に決定機を演出していく。32分にはボックス手前でルーズボールに反応したロドリゴ・エルナンデスが狙い澄ました右足のミドルシュートを放つが、枠の左隅を捉えたシュートはGKアリソンのビッグセーブに阻まれる。さらに40分にもソリアーノが強烈なミドルシュートを放つが、再びアリソンの好守に遭った。 ▽守備面や繋ぎの場面でミスが多く低調な前半45分を過ごしたローマは、足を気にしていたマノラスに代えて、ハーフタイム明けからリュディガーを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更。開始2分にはペロッティとエル・シャーラウィのコンビでゴールに迫るが、エル・シャーラウィの右足アウトにかけたクロスは相手DFのクリアに遭う。だが、直後の49分には前半から精彩を欠くヴェルメーレンの中途半端な対応からボッレに強烈なシュートを許すが、ここはGKアリソンが何とか弾き出した。 ▽後半に入って繋ぎのミスが減ったローマは、2シャドーに入るエル・シャーラウィ、ペロッティの積極的な仕掛けでゴールに迫る。51分には右サイドに流れたトッティの絶妙なクロスからペロッティがヘディングシュートを放つが、これはGK正面。続く53分にも中央突破したペロッティが右足を強振するが、このシュートはGKアンドレス・フェルナンデスに弾き出された。 ▽後半半ばにかけて一進一退の攻防が続く中、ゴールがほしいビジャレアルはアドリアン・ロペス、バカンブ、ジョナタン・ドス・サントスと主力アタッカーを続けて投入。対するローマは76分にデ・ロッシを下げて、ナインゴランをピッチに送り出す。79分には左サイドを突破したペロッティの折り返しからトッティに決定機も、ここはシュートをふかしてしまう。 ▽その後、セットプレーの場面での小競り合いで後半から途中出場のリュディガーが2枚目のカードをもらい、ローマに退場者が出てしまう。このアクシデントを受けて、ブルーノ・ペレスに代わってファシオを投入し、逃げ切りを図る。試合終盤にはボッレらに続けて与えた決定機をGKアリソンの好守で凌ぎ切り、試合はこのままタイムアップ。ホームで敗戦も1stレグのアドバンテージで逃げ切り成功のローマが、2戦合計4-1でラウンド16進出を決めた。 2017.02.24 04:53 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティの来季現役続行に追い風か スパレッティ「彼が来季もプレーを望めばそうなる」

▽ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)が、来シーズンも永遠の都の象徴としてプレーを続ける可能性が高まっている。ローマを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が、『スカイ・スポルト・イタリア』でバンディエラの契約延長の可能性を示唆した。 ▽現在、40歳のトッティは、今シーズン限りでクラブとの契約が終了となり、来シーズンからローマのクラブ幹部として、複数年契約を結ぶとの報道が出ている。だが、直近のセリエA第25節のトリノ戦で1アシストを記録するなど、今シーズンここまでの公式戦17試合で3ゴール7アシストと、未だ健在ぶりを発揮している同選手は、来シーズンの現役続行に意欲を見せているようだ。 ▽現時点でローマはトッティに対して、公式な契約延長オファーを掲示していないようだが、スパレッティ監督はクラブ側がバンディエラの契約延長に向けて前向きな姿勢を見せ始めていることを示唆した。 「もし、トッティが来シーズンもプレーを続けたいと考えるならば、彼はそうすることになるはずだ」 ▽その一方で、トッティと同様に今季限りでローマとの契約が終了するスパレッティ監督は、自身の去就に関して明言を避けている。 「それ(トッティの契約延長)が私の契約に影響するかだって? 最も大事なことは私のことではなく、プレーヤーのことだ」 「仮に、今季を3位か2位で終えることができれば、契約延長を勝ち取るかもしれない。だが、5位で終わるようなことがあれば、私は去ることになるはずだ。したがって、契約に関してはトッティのようなプレーヤーたちこそ重要なんだ」 2017.02.21 00:29 Tue
twitterfacebook
thumb

ゼコ公式戦8連発のローマがトリノを一蹴! リーグ3連勝で2位キープ!《セリエA》

▽セリエA第25節、ローマvsトリノが19日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが4-1で勝利した。 ▽リーグ戦2連勝で首位ユベントスを勝ち点7差で追走する2位ローマは、ミッドウィークに敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)のビジャレアル戦をゼコのハットトリックの活躍などで、4-0の圧勝。勢いづくチームは、クラブ新記録の14連勝中のオリンピコで9位トリノを迎えた。スパレッティ監督は前回対戦で敗れたトリノ戦に向けて、ビジャレアル戦から先発4人を変更。正GKのシュチェスニー、サラーが先発に復帰し、デ・ロッシ、リュディガーに代わって、レアンドロ・パレデス、フアン・ジェズスが起用された。3トップにはナインゴラン、サラーと共に公式戦7連発中のゼコが並んだ。 ▽ホームで圧倒的な強さを見せるローマは、立ち上がりからゼコのポストプレーを軸に相手陣内深くに侵攻する。開始2分にはサラーの浮き球クロスをボックス左のナインゴランが、ゴール前でフリーのゼコに頭で折り返しを試みるが、ここはDFのブロックに遭う。このプレーで得た左CKの場面でマノラスがニアで競り勝ったボールをファーに詰めたフアン・ジェズスが左足で合わすが、わずかに枠の右に外れた。 ▽その後もオープンな攻防が続く中、絶好調のエースが魅せる。10分、ボックス手前左でナインゴランからパスを受けたゼコがDFを引きずりながらカットインして右足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に突き刺さった。 ▽ゼコの公式戦8試合連続ゴールとなる今季セリエA19点目で先手を奪ったローマは、前がかりな相手に対してサラーのスピードを生かした高速カウンターが面白いようにハマる。すると17分、ストロートマンの浮き球のパスをゴール前でゼコが競ったこぼれ球に反応したサラーが冷静に左足のボレーシュートをゴール右隅に流し込み、畳みかける攻めで追加点を奪った。 ▽難敵相手に大きな2点目を奪ったローマだが、その後も攻撃の手を緩めない。20分にはカウンターからボックス手前に持ち込んだサラーが左足の見事なコントロールシュートを放つが、3点目と思われたこのシュートは左ポストの内側を叩いた。 ▽その後はリスクを冒して攻撃に出るトリノに押し込まれる時間が続くローマだが、最も危険なベロッティ、古巣対戦のリャイッチ、ファルケら相手の強力な攻撃陣に対して、DFファシオを中心とした守備が冷静に対応。前半終了間際にはファルケのスルーパスに反応したベナッシにゴール前に抜け出されるが、ここはDFの身体を張った寄せとGKシュチェスニーの果敢な飛び出しで防ぎ、前半を2点リードで終えた。 ▽後半に入って再び主導権を取り戻したローマは、ゼコが立ち上がりに続けてミドルレンジのシュートを狙うなど、試合を決定付ける3点目を奪いに行く。すると65分、右CKの流れからボックス手前でクリアボールに反応したパレデスが地を這う弾丸ボレーシュートをゴール右隅に突き刺す。この圧巻のシュートには名手ハートも全く反応できなかった。 ▽パレデスのゴラッソで試合を決めたローマは、出場停止にリーチがかかっていたマノラスに代えてヴェルメーレン、82分にはストロートマンを下げてバンディエラのトッティを投入。そのトッティはファーストプレーでボックス手前からダイレクトシュートを放つが、このシュートは枠の左に外れた。 ▽その後、84分に一瞬の隙から裏への抜け出しを許した途中出場のマキシ・ロペスに今季初ゴールを献上したローマだったが、試合終了間際の後半アディショナルタイムにボックス内でのトッティの落としからナインゴランが弾丸ミドルを突き刺し、最終的には4-1で快勝。リーグ3連勝でホームでの連勝記録を15試合に更新したローマが、来週ミッドウィークのELビジャレアル戦、次節インテルとのビッグマッチに向けて大きな弾みを付けた。 2017.02.20 03:57 Mon
twitterfacebook
thumb

フロレンツィに悲劇… 再び左ヒザ前十字じん帯断裂で5カ月離脱へ

▽ローマは17日、イタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが再び左ヒザ前十字じん帯を断裂したことを発表した。 ▽フロレンツィは昨年10月末に行われたセリエA第10節のサッスオーロ戦で左ヒザ前十字じん帯を断裂。その後、手術に踏み切った同選手は、12月下旬にランニングを開始する驚異の回復力を見せていた。 ▽2月にも復帰の目途が立っていたフロレンツィだったが、プリマヴェーラの練習に参加していた今週に左ヒザ前十字じん帯を再度負傷。復帰までには5カ月要するとローマは明かしており、今季中の復帰は不可能となった。 2017.02.18 00:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース