超ワールドサッカー

ペリシッチ初のドッピエッタでインテルが難敵ウディネに逆転で4連勝! 長友は新年初戦で出場機会なし《セリエA》2017.01.08 22:34 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第19節のウディネーゼvsインテルが8日にフリウリで行われ、アウェイのインテルが2-1で逆転勝利した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽リーグ戦3連勝で2016年の戦いを終え、7位まで順位を上げてきたインテル。2017年初戦にして前半戦最後の試合となる今節では、直近4試合で3勝1分けと調子を上げる11位のウディネーゼとのアウェイゲームに臨んだ。ピオリ監督は、3-0で快勝した直近のラツィオ戦と同じ11人を起用し、長友は今節も引き続きベンチスタートとなった。

▽開始直後に古巣対戦の守護神ハンダノビッチのキックミスからボックス付近のヤンクトにいきなりシュートを許す、拙い入りとなったインテル。開始6分にもフォファナに決定的なシュートを許すが、ここはハンダノビッチが先ほどのミスを帳消しにするビッグセーブで防いだ。

▽立ち上がりのピンチを凌いでここからボールを保持して主導権を握るインテルだったが、ボール回しにリズムが生まれず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。すると17分、ドリブルでインテル陣内を持ち上がったサミルのスルーパスに抜け出したヤンクトにボックス内で強烈なシュートを蹴り込まれ、まさかの先制を許す。

▽この失点で完全にリズムを崩したインテルは、20分過ぎにもドゥバン・サパタの左からの折り返しをゴール前のデ・パウルに合されるが、ここは左ポストに救われる。さらに、先制点を決めて勢い付くヤンクトにDFムリージョが剥がされて右ポストを掠める際どいシュートを許すなど、ホームチームの畳みかける攻撃を前に守勢を強いられた。

▽前半終盤にかけても攻め手を見いだせないインテルは、背後を狙うイカルディとペリシッチに幾度かチャンスが訪れるも、いずれもオフサイドの判定に阻まれる。それでも、好調を継続するアウェイチームは、前半アディショナルタイムのワンチャンスを生かして追いつく。ボックス左でイーブンボールを収めたイカルディがニアで待つペリシッチにマイナスで折り返すと、クロアチア代表MFの左足のシュートがニアを破った。

▽1-1のイーブンで迎えた後半は、追いついたインテルが押し返したことで、前半以上に拮抗した立ち上がりとなる。その流れの中でウディネーゼのサパタに続けて決定的なシーンが訪れるが、ここはフィニッシュの精度を欠き、勝ち越しゴールとはならず。

▽一方、56分にバネガを下げてジョアン・マリオを投入したインテルは、そのジョアン・マリオが積極的にボールを呼び込みながら、うまく味方を使っていく。さらに、前半はやや存在感が希薄だったカンドレーバが右サイドから精度の高いクロスを供給し、攻撃に厚みを加える。だが、71分にボックス手前中央の好位置で得たペリシッチの直接FKはわずかに枠の左に外れる。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、選手交代で流れを変えに行く両チーム。83分にはインテルに絶好機が訪れる。ボックス中央でGKカルネジスが前に弾いたボールに詰めたジョアン・マリオが無人のゴールへ蹴り込むが、ここはゴールライン手前のDFヴィドマーのスーパークリアに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるインテルは87分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのジョアン・マリオがファーサイドに絶妙なクロスを入れると、これをペリシッチが打点の高いヘディングで合わせ、逆転ゴールを奪った。

▽ペリシッチの移籍後初のドッピエッタで試合を引っくり返したインテルは、殊勲のペリシッチに代えてDFアンドレオッリを送り出し、5バックで逃げ切りに成功。苦しみながらも2017年を白星スタートで飾ったインテルが、リーグ戦4連勝を達成した。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル長友佑都、守備に不安もイタリアメディアから及第点「攻撃面が良かった」

ラツィオ戦に先発フル出場したインテルの日本代表DF長友佑都について、イタリアメディアは概ね及第点の評価を与えている。<br><br>21日に行われたセリエA第37節でインテルはアウェイで4位のラツィオと対戦し、長友は前節のサッスオーロ戦に続いて6試合連続の先発出場を果たした。インテルは3-1で勝利を収めている。<br><br>イタリア紙『コリエレ・デッラ・セーラ』は長友に対し、チーム内で平均点となる「6」を与えている。「エリア付近での不用意なラフプレーで試合を壊しかねなかった。これまでの試合よりはかなりマシ」として、危ないプレーがあったことを指摘しながらも、他の試合と比較すれば悪くない出来であったと伝えた。なお、チーム内の最高点はMFアントニオ・カンドレーバの「7.5」で、最低点はラツィオに先制点となるPKを献上した上、負傷交代したDFジェイソン・ムリージョの「4」となっている。<br><br>移籍情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』も同様に平均的な「6」を与えている。「攻撃面では最近の試合より良かった。だが守備では常にインテルのサポーターを不安にさせた」として、守備面の危うさがあったものの、攻撃参加が評価されている。なおチーム内の最高点はカンドレーバらの「6.5」、最低点はムリージョの「4.5」となっている。<br><br>またメディア『スカイ・スポーツ』は長友に平均を上回る「6,5」を、『メディアセット』は「6」を与え、いずれも及第点の評価だった。<br><br>提供:goal.com 2017.05.22 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、ミラン退団のFW本田圭佑に「侍のような魂を持った漢を忘れない」

▽インテルに所属するDF長友佑都が、今シーズン限りでのミラン退団を明かした日本代表でチームメートのFW本田圭佑を労った。 ▽今シーズン限りでミランとの契約が満了を迎える本田は、21日に行われたホーム最終戦となるセリエA第37節のボローニャ戦(3-0でミランが勝利)に途中出場し、73分に直接FKからゴールをマーク。その試合後、自身の公式ツイッターで今シーズン限りでの退団を明らかにした。 ▽長友は、その本田に続き同日に自身の公式ツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。代表だけでなく、ミラノでも苦楽を共にしてきた戦友の退団報告を受けて、次のようなツイートを投稿した。 「イタリアという国で、ミランというチームで、サンシーロというスタジアムで10番をつけて戦った、侍のような魂を持った漢を忘れないよ。ゴールまじかっこよかった」 2017.05.22 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

9人のラツィオに完勝のインテルがリーグ9試合ぶりの白星! 長友はフル出場で勝利に貢献《セリエA》

▽セリエA第37節のラツィオvsインテルが21日に行われ、1-3でインテルが勝利した。インテルの日本代表DF長友佑都はフル出場した。 ▽4位ラツィオ(勝ち点70)が、本拠地スタディオ・オリンピコでの今季最終戦で8位インテル(勝ち点56)を迎えた一戦。ミッドウィークにコッパ・イタリア決勝でユベントスに敗戦(0-2)したラツィオは、その試合からスタメンを4人変更。GKストラコシャ、バストス、バスタ、パローロに代えてGKバルギッチ、ホード、フェリペ・アンデルソン、L・アルベルトを起用した。 ▽一方、リーグ戦8試合勝利のないインテルは、前節のサッスオーロ戦からスタメンを2人変更。ケガで招集外となったイカルディ、ジョアン・マリオに代わりエデルとメデルが起用された。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される。そんな中、先にチャンスを迎えたのはラツィオ。17分、右サイドから仕掛けたフェリペ・アンデルソンがボックス内でムリージョに倒され、PKを獲得。このPKをケイタが冷静にゴール右に決めた。 ▽先制を許したインテルは23分にアクシデント。PKを与えたプレーでフェリペ・アンデルソンと接触したムリージョが左足を痛め、サントンとの交代を余儀なくされる。 ▽嫌な流れになるかと思われたインテルだったが31分、ブロゾビッチの左CKをニアでペリシッチがフリックすると、これに走り込んだアンドレオッリが頭でゴールネットを揺らした。 ▽同点に追いつき勢いづくインテルは37分、ボックス右付近でボールを拾ったカンドレーバが縦に仕掛けグラウンダーのクロスを供給。これがニアサイドでブロックに入ったホードの左足に当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽アウェイチームが逆転して迎えた後半、最初のチャンスはインテルに生まれる。47分、エデルがペナルティアーク内で倒され、FKを獲得。このFKをトリックプレーでエデルが狙うも、ボールはゴール右に逸れた。 ▽対するラツィオは57分、バイタルエリア中央でパスを受けたケイタがツータッチでインモービレに繋ぐと、ゴール前まで持ち上がりシュートを放ったが、これはクロスバーを叩いた。すると65分、FKの流れからボックス内でケイタが倒されるも、主審はシミュレーションの判定でケイタにこの試合2枚目のイエローカードを提示した。 ▽数的優位となった73分、ボックス右深くまで持ち込んだブロゾビッチの折り返しをペリシッチがシュート。これはゴールライン手前でロンバルディのブロックに阻まれるも、こぼれ球をエデルが押し込んだ。 ▽リードを広げられたラツィオは78分、ガリアルディーニへ後方からスライディングタックルを仕掛けたルリッチに2枚目のイエローカードが提示され、2人目の退場処分となる。 ▽9人のラツィオに対し、インテルは最後まで危なげない試合運びで逃げ切り、3-1で勝利。インテルが敵地で9試合ぶりの白星を手にした。 2017.05.22 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、逸材FWピナモンティと2021年までの新契約締結!

▽インテルは19日、U-19イタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(18)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽18歳の誕生日に愛するクラブとの新契約にサインしたピナモンティは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「僕にとって忘れることのできない1日になった。契約書にサインできる18歳の誕生日までずっと待っていたんだ」 「インテルのファンだから、このチームと契約を交わすのはただただ信じられないことだ。僕は骨の髄からインテルの選手となり、誇りを持ってそれを口にできる」 「多くのタイトルを勝ち取るために、そしてインテルが本来そうあるべき、ヨーロッパトップクラブの一つに返り咲くために、チームを手助けできればと思っている」 ▽インテルの下部組織出身のピナモンティは、U-15からイタリア代表の世代別代表でゴールを量産してきた185cmの大型ストライカー。昨年12月に行われたヨーロッパリーグのスパルタ・プラハ戦でトップチームデビューを飾った逸材は、今年2月のエンポリ戦でセリエAデビューも飾っている。 ▽イタリアの次代を担う大器には、チェルシーやトッテナムが関心を示しているとの噂もあったが、今後もインテルでキャリアを継続していくことになった。 2017.05.20 18:04 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディ「良い時代が続くとは限らないもの」SNSでインテル残留宣言

現在、セリエAで8位に付けているインテルは来シーズンの欧州カップ戦出場権獲得が絶望的な状況にある。チーム最大の得点源であるアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディにはビッグクラブへの移籍のうわさが絶えない状態だが、本人が自身の公式SNSでインテルへの忠誠を誓い、事実上の残留宣言をしている。<br><br>「チャンピオンズ? 僕はネラッズーリで生きていく。ここは僕が育ってきたチームだし、いつも夢を与えてくれたチーム。キャプテンとしての責任もある。チームのプライドや名誉は、必ずしも常に良い時代が続くとは限らないもの。今ある状況は良くないけれど、それを改善させるために理由を突き詰めていかなければならないね。ただ、何より僕にとってインテルは愛するチームなんだ!」<br><br>イカルディがインテルに対する愛を誓ったことに、サポーターは「イカルディは最高のネラッズーロだ!」「来シーズンこそインテルを復活に!」といった意見を寄せている。<br><br>イカルディは今シーズン34試合に出場し、24ゴールを記録。2013-14シーズンに加入して以来、最も得点を重ねたシーズンを送ったものの、チームは低迷していたため、移籍のうわさが絶えなかったが、事実上の残留宣言で収束に向かっていくこととなりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.17 16:17 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース