ペリシッチ初のドッピエッタでインテルが難敵ウディネに逆転で4連勝! 長友は新年初戦で出場機会なし《セリエA》2017.01.08 22:34 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第19節のウディネーゼvsインテルが8日にフリウリで行われ、アウェイのインテルが2-1で逆転勝利した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽リーグ戦3連勝で2016年の戦いを終え、7位まで順位を上げてきたインテル。2017年初戦にして前半戦最後の試合となる今節では、直近4試合で3勝1分けと調子を上げる11位のウディネーゼとのアウェイゲームに臨んだ。ピオリ監督は、3-0で快勝した直近のラツィオ戦と同じ11人を起用し、長友は今節も引き続きベンチスタートとなった。

▽開始直後に古巣対戦の守護神ハンダノビッチのキックミスからボックス付近のヤンクトにいきなりシュートを許す、拙い入りとなったインテル。開始6分にもフォファナに決定的なシュートを許すが、ここはハンダノビッチが先ほどのミスを帳消しにするビッグセーブで防いだ。

▽立ち上がりのピンチを凌いでここからボールを保持して主導権を握るインテルだったが、ボール回しにリズムが生まれず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。すると17分、ドリブルでインテル陣内を持ち上がったサミルのスルーパスに抜け出したヤンクトにボックス内で強烈なシュートを蹴り込まれ、まさかの先制を許す。

▽この失点で完全にリズムを崩したインテルは、20分過ぎにもドゥバン・サパタの左からの折り返しをゴール前のデ・パウルに合されるが、ここは左ポストに救われる。さらに、先制点を決めて勢い付くヤンクトにDFムリージョが剥がされて右ポストを掠める際どいシュートを許すなど、ホームチームの畳みかける攻撃を前に守勢を強いられた。

▽前半終盤にかけても攻め手を見いだせないインテルは、背後を狙うイカルディとペリシッチに幾度かチャンスが訪れるも、いずれもオフサイドの判定に阻まれる。それでも、好調を継続するアウェイチームは、前半アディショナルタイムのワンチャンスを生かして追いつく。ボックス左でイーブンボールを収めたイカルディがニアで待つペリシッチにマイナスで折り返すと、クロアチア代表MFの左足のシュートがニアを破った。

▽1-1のイーブンで迎えた後半は、追いついたインテルが押し返したことで、前半以上に拮抗した立ち上がりとなる。その流れの中でウディネーゼのサパタに続けて決定的なシーンが訪れるが、ここはフィニッシュの精度を欠き、勝ち越しゴールとはならず。

▽一方、56分にバネガを下げてジョアン・マリオを投入したインテルは、そのジョアン・マリオが積極的にボールを呼び込みながら、うまく味方を使っていく。さらに、前半はやや存在感が希薄だったカンドレーバが右サイドから精度の高いクロスを供給し、攻撃に厚みを加える。だが、71分にボックス手前中央の好位置で得たペリシッチの直接FKはわずかに枠の左に外れる。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、選手交代で流れを変えに行く両チーム。83分にはインテルに絶好機が訪れる。ボックス中央でGKカルネジスが前に弾いたボールに詰めたジョアン・マリオが無人のゴールへ蹴り込むが、ここはゴールライン手前のDFヴィドマーのスーパークリアに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるインテルは87分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのジョアン・マリオがファーサイドに絶妙なクロスを入れると、これをペリシッチが打点の高いヘディングで合わせ、逆転ゴールを奪った。

▽ペリシッチの移籍後初のドッピエッタで試合を引っくり返したインテルは、殊勲のペリシッチに代えてDFアンドレオッリを送り出し、5バックで逃げ切りに成功。苦しみながらも2017年を白星スタートで飾ったインテルが、リーグ戦4連勝を達成した。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル長友佑都、次節ローマ戦で先発出場の可能性…快足サラー封じの切り札か

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都が、26日に行われるセリエA第26節インテル対ローマ戦で先発する可能性があると、イタリアメディア『Premium Sport』が報じている。<br><br>次戦はDFミランダが累積警告により出場停止となるほか、DFジェイソン・ムリージョが右太ももの違和感を訴えて練習を中断するハプニングに見舞われている。ステファノ・ピオリ監督がその対策を検討しているが、サイドバックでは、MFモハメド・サラー対策として、長友の先発が予想されている。<br><br>なお、インフルエンザにより戦列を離れていたMFジェフリー・コンドグビアは復帰が確実視されている。また若手を対象としたイタリア代表合宿を終えたMFロベルト・ガリアルディーニもチームに合流する見込みだ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

元インテル監督が告白「ウルトラスと口論にディスコ…ピッチ外の問題に悩まされた」

元インテルの指揮官、フランク・デ・ブールが当時のチーム事情について、「サッカー以外のことで悩まされていた」と、イギリス紙『デイリー・メール』のインタビューで告白した。<br><br>オランダ人のデ・ブールは今シーズンから日本代表DF長友佑都が所属するインテルを指揮し、11月に解任された。当時は主将のFWマウロ・イカルディが「耐え難いほどだった。出場機会が少ない選手は不満をかなり溜め込んでいて、ゴール後の歓喜の輪にすら加わろうとしなかった」と証言するほど、チームの雰囲気が最悪だった。<br><br>「サッカーとは関係ないことで問題を抱えていた。エネルギーを使い果たした。ピッチで良い方向へ向かっているように見えるたびに、面倒なことが起きた。(マルセロ)ブロゾビッチはディスコに行って処分を受けたし、(マウロ)イカルディは本の事でウルトラスとケンカになった。3カ月が1年のように思えた」<br><br>また、デ・ブールは将来について「プレミアのクラブを指揮してみたいと思う」と語り、希望を明かしている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、チームでいじられキャラに定着…伊メディアが報道

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都がチームの中でいじられキャラになっていると、イタリアメディア『PassioneInter.com』が報じている。<br><br>長友はこれまでも、元同僚で悪童として知られたFWアントニオ・カッサーノらからいじられ話題となってきた。カッサーノがインテルを去った後も、愛されるいじられキャラとしての地位を確立したようだ。<br><br>長友が20日、バールでポーズをとる写真をインスタグラムに掲載し、「Caff&egrave; time キメてみました笑」とコメントを書くと、すぐさまDFダニーロ・ダンブロージオとFWステファン・ヨベティッチが反応した。<br><br>ダンブロージオは「カッコイイ」とコメントを残したが、ヨベティッチは「僕らには返事もしてくれないね。インテルでプレーして22年も経つのに、まだ(イタリア語で)書けないのか(笑)」といじっている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル加入後初ゴールにガビゴル「永遠に忘れることはない」…「歴史を作る」と力強く宣言も

インテルのFWガブリエル・バルボサが加入後初ゴールを挙げ、試合後に喜びを語った。<br><br>インテルは19日、セリエA第25節でボローニャと対戦。74分から途中出場したガビゴルが81分にゴールを挙げ、それがそのまま決勝点となっている。昨夏に加わったガビゴルはインテルでの嬉しい公式戦初ゴールとなり、試合後ブラジル版『Goal』に喜びを語ってくれた。<br><br>「初ゴールの瞬間が訪れて、本当に嬉しい。チームも勝つことができたしね。ずっとこの瞬間を待っていたし、永遠に忘れることはないだろう」<br><br>「ここに来てからずっとハードワークを続けていた。インテルを助けられることはわかっているし、歴史を作りたい。これは新たな歴史の始まりに過ぎないよ」<br><br>辛勝で勝ち点3をつかんだインテルは4位に浮上。リーグ戦2連勝を達成している。<br><br>提供:goal.com 2017.02.20 09:10 Mon
twitterfacebook
thumb

“ガビゴル”初ゴールで辛勝のインテルが連勝で次節ローマとのビッグマッチへ!《セリエA》

▽インテルは19日、敵地レナート・ダッラーラで行われたセリエA第25節でボローニャと対戦し、1-0で勝利した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、イカルディとペリシッチという2人の主力アタッカーを出場停止で欠きながらも、代役エデルらの活躍でエンポリを破った5位インテルが、連勝を目指して13位ボローニャのホームに乗り込んだ一戦。ピオリ監督はこの一戦に向けて、出場停止のコンドグビアに代えて出場停止明けのペリシッチを先発に復帰させた。なお、主砲イカルディはこの試合までサスペンションが適用されるため、引き続き欠場。長友もベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持するインテルは、開始12分にボックス左をえぐったペリシッチのクロスがゴール前を抜けてファーのパラシオに渡るが、これをワンタッチで押し込むことができない。 ▽その後はボールを保持して押し込むインテルに対して、ボローニャがカウンターで応戦する構図の下、拮抗した展開が続く。この流れの中でボローニャはナジのスルーパスからヴェルディ、クレイチらに決定機が訪れるも、いずれも決め切れない。 ▽前半終盤にかけては39分にジェマイリ、43分にガリアルディーニと互いにシュートを打ち合うが、やや見せ場を欠いた前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、攻め手がないインテルは55分にムリージョを下げてアンサルディを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更。ペリシッチとエデルの両ウイングを起点に幾つかフィニッシュに繋げていくが、シュートがGKの正面を突くなど、ツキに見放される。すると67分には出場停止にリーチがかかっていたDFミランダがカードをもらってしまい、次節ローマとのビッグマッチを欠場することになった。 ▽格下相手に勝ち切りたいインテルは、75分にカンドレーバ、パラシオを下げて、バネガとガブリエウ・バルボサを同時投入する2枚替えを敢行。するとこの交代策が先制点をもたらす。81分、バイタルエリアでボールを持ったバネガが絶妙なタイミングでボックス右に走り込むダンブロージオに縦パスを送る。そして、ダンブロージオの丁寧な折り返しをファーサイドに走り込んだガブリエウ・バルボサがワンタッチで流し込んだ。 ▽“ガビゴル”の待望の移籍後初ゴールでリードを奪ったインテルは、その後も危なげなくゲームをコントロールするが、試合終盤にピンチ。後半アディショナルタイム、ボローニャのFKからマジーナが頭で流したボールがボックス左でフリーのトロシディスに渡る。だが、ここは守護神ハンダノビッチが素早い飛び出しでシュートコースを消し、圧巻のビッグセーブで同点ゴールを防いだ。 ▽そして、“ガビゴル”のセリエA初ゴールで辛勝のインテルが、リーグ戦2連勝で次節ローマとのビッグマッチに臨むことになった。一方、善戦しながらも敗れたボローニャは、リーグ戦4連敗となった。 2017.02.19 22:36 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース