ペリシッチ初のドッピエッタでインテルが難敵ウディネに逆転で4連勝! 長友は新年初戦で出場機会なし《セリエA》2017.01.08 22:34 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第19節のウディネーゼvsインテルが8日にフリウリで行われ、アウェイのインテルが2-1で逆転勝利した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽リーグ戦3連勝で2016年の戦いを終え、7位まで順位を上げてきたインテル。2017年初戦にして前半戦最後の試合となる今節では、直近4試合で3勝1分けと調子を上げる11位のウディネーゼとのアウェイゲームに臨んだ。ピオリ監督は、3-0で快勝した直近のラツィオ戦と同じ11人を起用し、長友は今節も引き続きベンチスタートとなった。

▽開始直後に古巣対戦の守護神ハンダノビッチのキックミスからボックス付近のヤンクトにいきなりシュートを許す、拙い入りとなったインテル。開始6分にもフォファナに決定的なシュートを許すが、ここはハンダノビッチが先ほどのミスを帳消しにするビッグセーブで防いだ。

▽立ち上がりのピンチを凌いでここからボールを保持して主導権を握るインテルだったが、ボール回しにリズムが生まれず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。すると17分、ドリブルでインテル陣内を持ち上がったサミルのスルーパスに抜け出したヤンクトにボックス内で強烈なシュートを蹴り込まれ、まさかの先制を許す。

▽この失点で完全にリズムを崩したインテルは、20分過ぎにもドゥバン・サパタの左からの折り返しをゴール前のデ・パウルに合されるが、ここは左ポストに救われる。さらに、先制点を決めて勢い付くヤンクトにDFムリージョが剥がされて右ポストを掠める際どいシュートを許すなど、ホームチームの畳みかける攻撃を前に守勢を強いられた。

▽前半終盤にかけても攻め手を見いだせないインテルは、背後を狙うイカルディとペリシッチに幾度かチャンスが訪れるも、いずれもオフサイドの判定に阻まれる。それでも、好調を継続するアウェイチームは、前半アディショナルタイムのワンチャンスを生かして追いつく。ボックス左でイーブンボールを収めたイカルディがニアで待つペリシッチにマイナスで折り返すと、クロアチア代表MFの左足のシュートがニアを破った。

▽1-1のイーブンで迎えた後半は、追いついたインテルが押し返したことで、前半以上に拮抗した立ち上がりとなる。その流れの中でウディネーゼのサパタに続けて決定的なシーンが訪れるが、ここはフィニッシュの精度を欠き、勝ち越しゴールとはならず。

▽一方、56分にバネガを下げてジョアン・マリオを投入したインテルは、そのジョアン・マリオが積極的にボールを呼び込みながら、うまく味方を使っていく。さらに、前半はやや存在感が希薄だったカンドレーバが右サイドから精度の高いクロスを供給し、攻撃に厚みを加える。だが、71分にボックス手前中央の好位置で得たペリシッチの直接FKはわずかに枠の左に外れる。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、選手交代で流れを変えに行く両チーム。83分にはインテルに絶好機が訪れる。ボックス中央でGKカルネジスが前に弾いたボールに詰めたジョアン・マリオが無人のゴールへ蹴り込むが、ここはゴールライン手前のDFヴィドマーのスーパークリアに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるインテルは87分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのジョアン・マリオがファーサイドに絶妙なクロスを入れると、これをペリシッチが打点の高いヘディングで合わせ、逆転ゴールを奪った。

▽ペリシッチの移籍後初のドッピエッタで試合を引っくり返したインテルは、殊勲のペリシッチに代えてDFアンドレオッリを送り出し、5バックで逃げ切りに成功。苦しみながらも2017年を白星スタートで飾ったインテルが、リーグ戦4連勝を達成した。

コメント

関連ニュース

thumb

インテルDFが長友佑都との共通点を明かす「皆がいない間、僕とユウトは自主トレ」

インテルのDFダニーロ・ダンブロージオが、同僚である日本代表のDF長友佑都との共通点をインテルチャンネルの番組『カッフェ・ドッピョ』で明かしている。<br><br>インタビューでダンブロージオは、インテルでの朝の日課について明かしている。<br><br>「朝8時に起きて、8時半に家を出る。朝食はアッピアーノ(インテルの練習場)でみんなと一緒にとる。それからみんなはシャワーを浴びに行くんだけど、僕はその45分間、ジムで自主トレとか、自分なりに時間を過ごすんだ。長友も同じだよ」<br><br>他のメンバーがシャワーを浴びている間、長友と同じように自主トレを行っていると話した。またこの自主トレが自身の成功の秘訣であると説明する。<br><br>「監督から要求されたことではないけど、僕はいつもこうやってきた。インテルへ来れたのも、自主トレの習慣のおかげなんだ。トレーニングを積むことで、目標を達成できると僕は信じている」<br><br>ダンブロージオは、長友同様に、筋トレに力を入れていることで知られている。<br><br>「100%の力を出すために、身体的にも精神的にもベストコンディションに整えて置くのが好きなんだ」<br><br>インテルのサイドバックとして、長友とポジションを争う立場のダンブロージオだが、平愛梨へのプロポーズやファッションについても意見が似通い、共通点は多いようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.21 10:04 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシの契約更新が遅れる理由を元MotoGP王者が妄想「インテルに行きたいから」

元MotoGP王者のヴァレンティーノ・ロッシが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの契約更新が遅れていることについて、「インテルのオファーを待っているからだ」と、スペインラジオ局『ラディオ・マルカ』で持論を主張した。<br><br>過去に9度、世界王者に輝いたMotoGP界の「ドクター」ことヴァレンティーノは、熱烈なインテルファンとして知られている。冗談ながらも、世界最高峰プレーヤーのインテル加入を熱望している。<br><br>「メッシがまだバルセロナと契約更新をしていないのは、インテルのオファーを待っているからだよ。正直言って、もし、インテルと契約してくれたら最高だね。でもかなり難しいことだとは思う」<br><br>また、2016年のバロンドールとFIFA年間最優秀選手賞を受賞したレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドについて問われると、「ロナウドも偉大なカンピオーネだ。どちらが上かと言われても分からない。2人とも凄すぎて、比較なんて難しすぎるよ」と話し、お決まりの「メッシとロナウド、どちらが上?」との質問には困惑を見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.21 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

長友佑都にプロポーズ方法をアドバイスしたチームメイトがいた…「彼は僕の真似をした(笑)」

インテルのDFダニーロ・ダンブロージオが日本代表のDF長友佑都のプロポーズやファッションについて、自分がアドバイスしたものだと、インテルチャンネルの番組『カッフェ・ドッピョ』で明かしている。<br><br>自身もプロポーズの際、SNSで呼びかけてミラノ中心部のドゥオモ広場に群衆を集め、ロマンティックなパフォーマンスを行った。大勢の人々に見守られる中、ダンブロージオは妻に101本の赤いバラの花束をプレゼントして求婚した。妻の答えは「シー(はい)」だった。<br><br>ダンブロージオは自分の成功体験に自信を得たのか、ジュゼッペ・メアッツァで女優の平愛梨に求婚して話題となった同僚の長友について、自分の真似をしたものだと明かしている。<br><br>「(長友が真似をしたかと問われ)ああ、そうだよ(笑)。アドバイスを求められて、良いプロポーズになるんじゃないかと伝えた。僕も最初はスタジアムでやりたかったんだけど、満員の観客の中でゴールを決めた時の方が良いかな」<br><br>長友のパフォーマンスを褒めながらも、自身は大勢の観客の中でのプロポーズの方が自分好みであることを強調している。<br><br>またダンブロージオは、長友のファッションについてもアドバイスをしていることを明かした。「僕にアドバイスを聞いてくるんだけど、もう完璧だよ。ネクタイにジレを合わせるなんてね」ダンブロージオは長友のファッションテクニックに脱帽の様子だった。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、長友佑都効果?セリエAで日本人の観客が29%増…ネット販売も影響か

セリエAにおける日本人のチケット購入数が、2016年は前年に比べて29%増加した。イタリアメディア『FC Inter 1908.it』が報じている。<br><br>イタリアのスタジアムまで直接出向き、セリエAの観戦を楽しむ日本人ファンが急増している。日本代表のMF本田圭佑やDF長友佑都がセリエAの人気チームであるミランやインテルに所属していることで、注目度が増しているとみられる。<br><br>また海外イベントのチケットの個人間売買を扱うインターネットサイト『Ticketbis(チケットビス)』が普及したことも、日本人の観客増加につながったようだ。<br><br>セリエAでは、外国人観客数のうち、日本人はフランス人に次いで2位とファンが多い。中でも日本人観客が多く訪れたのは、9月18日のインテル対ユヴェントス戦、11月20日のミラン対インテル戦、そして10月22日のユヴェントス対ミラン戦と、いずれもセリエAのビッグ3の試合だ。1枚あたりのチケット購入額の平均は107ユーロ(1万3000円)となっている。<br><br>『チケットビス』での最高購入額も日本人によるものだ。2016年5月21日に行われたコッパ・イタリアの決勝ユヴェントス対ミラン戦では424ユーロ(5万2000円)の最高記録が生まれた。次いで2位は10月22日のユヴェントス対ミラン戦の372ユーロ(4万6000円)となっている。<br><br>今冬の移籍市場では、本田と長友に移籍のうわさが上がっているが、チケットの売上には貢献しているだけに、不人気で低迷するセリエAとしては両選手の残留が望まれるところだろう。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

今冬加入のガリアルディーニ「インテルに溶け込むのは簡単だった」

▽今冬の移籍市場でインテルに加入したイタリア人MFロベルト・ガリアルディーニが17日に行われたコッパ・イタリア5回戦のボローニャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽アタランタからインテルにレンタル移籍で加入したガリアルディーニは14日に行われたセリエA第20節のキエーボ戦でフル出場を果たした。続く17日のボローニャ戦でも延長まで含めた120分を戦い、チームの2連勝に貢献している。 ▽ガリアルディーニはボローニャ戦を振り返りつつ、すでにインテルでのプレーに馴染んでいる実感を口にした。 「今日は終盤に簡単に2失点を喫してしまったね。もっと注意深くプレーする必要がある。とはいえ、次のラウンドに進めたことに満足している。戦いはまだ続くし、すぐにパレルモ戦があるから今はそこに切り替えることが重要だ」 「インテルは素晴らしい選手が揃っている。こういうチームに加入できて嬉しいよ。チームメートも監督も僕を歓迎してくれた。溶け込むことは簡単だったよ」 2017.01.18 10:24 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース