引退発表の太見が決勝弾!! ボラのFリーグ通算200ゴールも飛び出してすみだが府中とのダービーマッチを制する!!《ゼビオFリーグ》2017.01.08 20:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽8日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第27節、フウガドールすみだvs府中アスレティックFCの東京ダービーが墨田区総合体育館で行われ、4-2ですみだが勝利した。

◆フウガドールすみだvs府中アスレティックFC
▽2017年を迎え最初の対戦で東京ダービーとなったすみだと府中。試合は11分に皆本晃のゴールで府中が先制するも、14分には清水和也のゴールですみだもすぐに追い付く。府中は16分に渡邉知晃のゴールでまたも勝ち越すが、すみだも17分に田村佳翔が同点ゴールを奪って、前半は2-2で終えた。

▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのは追いかける展開だったすみだ。前日に今シーズン限りでの引退を発表した太見寿人が28分に勝ち越しゴールを奪う。府中は試合終盤に渡邉をGKに置いたパワープレーに出るが、ボラのFリーグ通算200ゴールとなるブザービートが決まって勝負あり。2017年最初の東京ダービーはすみだが制した。

コメント

関連ニュース

thumb

【質疑応答】アジアの成長を危惧するブルーノ監督「日本はFリーグという強いリーグがあるが、今はそれだけでは十分ではない」

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月25日、28日に行われる国際親善試合のフットサルアルゼンチン代表戦に臨むフットサル日本代表メンバーを発表した。 ▽会見に出席したブルーノ・ガルシア監督が記者からの質問に応じた。ブルーノ監督はアジア諸国のレベル向上を危惧しているようで、フットサル日本代表の活動が他国よりも少ないことを強調。アジアの頂点を目指すためにも、代表活動のボリュームに関しては改善する必要があると語った。 ――<span style="font-weight:700;">AFCアジア選手権予選からFP滝田学選手、FP加藤未渚実選手、FP逸見勝利ラファエル選手が加わったが、彼らに期待するところは</span> 「滝田のケースは、長きにわたりケガをしていて、そこからの回復段階でした。彼に関しては、私が監督になってからチームの軸に考えている選手で、調子を上げてプレーオフでも回復していることを示すパフォーマンスを見せていました。特に滝田はポジションがら、フィクソというチームの軸であり、経験値など色々な部分でチームのへそとなるポジションです」 「逸見に関しては予選では、代表チームに拘束力がある日程ではありませんでした。よって前回は招集できませんでした。加藤は日本に行きて以来、注目して見ている選手でポテンシャルが高いことを示していました。しかし滝田と同様にケガで苦しんでいて、今は回復の軌道が上向いているため招集しました」 「今回、リストを作るにあたって、頭を悩ませました。その悩みは健全なことでもあります。競争が高まって期待感がある、力がある選手の層が厚くなっていると感じています」 ――<span style="font-weight:700;">他の国に比べて準備期間が短いと言う話があったが、この準備期間でやりたいことは</span> 「これまでもやってきていますが、戦略的なプランニングは緻密に行なっています。大会の1試合目、そのあとの試合でも全力出せるようにと考えています。自分たちのスタイルを保持しながら、最善の状況で1試合目を迎えられるように。いろいろな側面から考えたプランニングを持っています。輪郭のはっきりしたプランを持っていて、それをやろうと思っています」 ――<span style="font-weight:700;">今大会の目標と、2020年を考えて今年はチームをどのレベルに持っていきたいと考えているか</span> 「自分の考えは、最初のゲームであるタジキスタン戦に勝つことです。そこから韓国、ウズベキスタン。1試合ごとを決勝のように戦う準備をしたいと思っています。2016年に起きたことを取り返すということも重要なことです。そのことと我々の取り組みは話した通りです。(決勝と3位決定戦が行われる)2月11日には17時と19時に試合がありますが、値する取り組みをして19時の試合(決勝)に臨みたいと思っています。そのためにも、その舞台に値する取り組みを続けていくことです。いろいろな乗り越えるべき要因や要素はありましたが、そこを踏まえてもこのように臨みたいと思います」 ――<span style="font-weight:700;">2年前に日本を倒したチームの監督だが当時の日本は何が足りなかったか</span> 「日本の何がまずかったとは言えないが、ベトナムは何が良くできたかと言えば、戦いには2つあり、戦術や戦略的なことと心理的なこと。戦術、戦略は、両チームともにお互いをわかった状態で戦いました。心理的な側面では、ベトナムは耐えて最後の5分間で互角の戦いをして追いついた試合でした。心理的なエネルギーとしては、その後の延長やPKまで勝ち気に臨める状況でした。ただ、それぞれだけでゲームをするわけではなく、その2つのものをフォーカスして試合は行われるものです。その部分で上回った試合でした」 ――<span style="font-weight:700;">ここまで何をポイントとして強化してきたか</span> 「最初にプラン、どういう計画、ビジョンを持っているかをダイレクターから聞いて来日しました。日本に来るときにわかったことですが、これまでは国内リーグがあって強化の土壌がある国ならば、他の国に差をつけて勝てる状況でした。日本はFリーグという強いリーグがありますが、今はそれだけでは十分ではないです。他の国の取り組みによって、そういうことが起きています。起きている現状とは、アジアのその他の国に民主化が起きているかのようなもので、表彰台に上がるように取り組んでいます。これはアジアレベルだけでなく、世界的なレベルでもブラジルやスペインだけではありません。アルゼンチン、ロシア、イランなどが表彰台に上がっています」 「まずピッチの中の取り組み、強化のボリュームの確保が必要です。2017年は活動の量が少なかったですが、2018年は増強できる計画になっています」 ――<span style="font-weight:700;">予選でGKピレス・イゴールが帰化選手の登録不備で出場できなかったが、本大会ではクリアできているか</span> 「すでに解決したと聞いています。前回起きたことは他国の協会とのやりとりで、障害があって順調には事が運ばずに出場できませんでした。しかし回復するために十分な時間がありました」 ――<span style="font-weight:700;">本大会に臨むにあたり最終的なGKの数は</span> 「2人です。スケジュール面の困難、代表選手は長いリーグを休みなく戦い、プレーオフの前にはセントラルもあって、多い選手で6試合を戦っています。FPの部分は人数を確保して臨みたいためGKは2人です。また、イランやウズベキスタンはしばらくGKは2名体制ですし、珍しくはないことです」 2018.01.16 16:34 Tue
twitterfacebook
thumb

【会見全文】世界王者アルゼンチンとの一戦に向けて観戦を呼びかけるブルーノ監督「トップレベルのフットサルを見る機会はそうそうない」

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月25日、28日に行われる国際親善試合のフットサルアルゼンチン代表戦に臨むフットサル日本代表メンバーを発表した。 ▽会見に出席したブルーノ・ガルシア監督は、世界王者であるアルゼンチンとの強化試合について「トップレベルのフットサルを見る機会はそうそうないので、ぜひ見に来ていただければ」と観戦を呼び掛けた。またアルゼンチン戦後に行われるAFCフットサル選手権に向けた意気込みも語っている。 <span style="font-weight:700;">◆ブルーノ・ガルシア監督</span> 「コンニチワ。まずはこのようにお集まりいただいて、ご一緒できることを嬉しく思います。今見ていただいているリストは16名となっております。この中から、最終的にAFCフットサル選手権に臨む14名に絞られます」 「その14名はアルゼンチン戦の2試合目が終わった29日に確定することになっています。今回のメンバー構成は8クラブから成り立っています。そのうちの7クラブは国内のFリーグであり残り1クラブはポルトガルのベンフィカ。海外のクラブから一人招集しています」 「平均年齢は28歳で公式な大会を戦うことが初めての選手はこの中の6名ほどとなっています。このリストでは若い力と経験をミックスしたいという思いがあります。以前にもお話ししましたが、再構築と構築していくというプランを継承したものです」 「このリストの2クラブはそれぞれ4名ずつ選手を出しています。それは名古屋と町田で、偶然にも今度の週末にFリーグのファイナルを戦う2チームです。そしてすみだと府中が2人ずつ、それ以外は1人ずつとなっています。リストを作った中で1つだけ残念なことは、湘南の選手が学業の関係で招集できなかったことです。その選手だけが想定した中から漏れていて残念です」 「リストの構成は以上で、これからは大会に向けたプランニングをお話します。大きく2つお話しますが、まず1つはこの大会を迎えるまで、私が来てからの1年3カ月の準備期間についてです。これまでの機会でもお話してきましたが、代表活動のボリュームについては、目標としている本来いるべき場所に立ち返るためのものと比べると足りません」 「しかし2018年はその部分にたいして大きな進展があり、ボリュームを増して本来の目標を達成するために最適な数になると確信しています。もう1点はこの大会に向けて直接的な準備についてです。この部分はAFCの本大会の予定されていた期間が最近になって変更になりました。当初のスケジュールを想定してFリーグと協力して、本来はもう1週間ほど多くの準備期間を得られるはずでした。本大会の時期がズレたことで影響を受けています」 「どれくらいのダメージかというと、イラン、ウズベキスタン、タイ、ベトナムなどはすでにキャンプを行っています。イランは日本の準備期間の2倍で、ウズベキスタン、タイ、ベトナムは日本の3倍です。さらに、内側に目を向けると16人のうち8人は休みなく最終キャンプを迎えます。今はそういう要素を上げましたが、それによって目標を変更することはありません」 「22日から開始するキャンプでAFCの初戦までを考えて、国内で行うパート、チャイニーズ・タイペイに入ってからのパートとして、十分に練ったプランニングをして臨みます。前半の国内のパートに関しては22日から29日。この中で2試合の強化試合を組んでいます。ここが我々のスタンスを見せる場所で、現在の世界王者であるアルゼンチンを招いて強化試合です」 「トップを想定し、トップを念頭に置いて自分たちの現在地を知る機会だと思っています。25日は東京で、28日は富山で試合を行います。この場をお借りして、そういうトップレベルのフットサルを見る機会はそうそうないので、ぜひ見に来ていただければと思います」 「この試合を終えた後、AFCに臨む14名のリストが確定します。今回のAFCはW杯の予選を兼ねているような大会ではありません。それでも我々にとっては非常に重要な目標でありテーマとなっています。はっきりとしている目標としては、2016年の大会で起きたことから違う姿を見せること。そこから2020に向けて引き続き強化を続ける。良い道を歩めるようにする。そのように考えて臨んでいこうと思っています」 2018.01.16 16:31 Tue
twitterfacebook
thumb

森岡薫らフットサル日本代表が世界王者・アルゼンチンに挑む! ベンフィカの逸見もメンバー入り《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月25日、28日に行われる国際親善試合のフットサルアルゼンチン代表戦に臨むフットサル日本代表メンバーを発表した。 ▽フットサル日本代表は2月1日からチャイニーズ・タイペイで行われるAFCフットサル選手権に出場する。アジアの頂点を目指して、今回の国際親善試合では世界王者であるフットサルアルゼンチン代表と東京の大田区総合体育館、富山の富山市総合体育館で対戦する。 ▽今回選ばれたメンバーは、リーグ戦を首位で終えた名古屋オーシャンズと、その名古屋と優勝を懸けてプレーオフ決勝を戦うペスカドーラ町田からそれぞれ4名が選出された。 ▽その他、プレーオフに出場していたフウガドールすみだからはGK矢澤大夢、FP清水和也、シュライカー大阪からはFP加藤未渚実が選ばれたが、湘南ベルマーレからの招集はなかった。 ▽フットサル日本代表は21日に合流して合宿を開始。25日には大田区総合体育館で初戦を戦い、28日には富山市総合体育館で第2戦目を戦う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆フットサル日本代表メンバー</span> GK 2.ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田) 1.関口優志(名古屋オーシャンズ) 16.矢澤大夢(フウガドールすみだ) FP 9.森岡薫(ペスカドーラ町田) 11.星翔太(バルドラール浦安) 14.西谷良介 (名古屋オーシャンズ) 13.渡邉知晃(府中アスレティックFC) 8.滝田学(ペスカドーラ町田) 5.皆本晃(府中アスレティックFC) 10.仁部屋和弘(バサジィ大分) 6.吉川智貴(名古屋オーシャンズ) 3.室田祐希(ペスカドーラ町田) 7.逸見勝利ラファエル(ベンフィカ/ポルトガル) 15.加藤未渚実(シュライカー大阪) 4.齋藤功一(名古屋オーシャンズ) 12.清水和也(フウガドールすみだ) 2018.01.16 14:52 Tue
twitterfacebook
thumb

歴史に残る名勝負!! 町田が湘南とのダービーマッチを制して決勝へ!! 《DUARIG Fリーグ》

▽13日にDUARIG Fリーグ2017/2018プレーオフ準決勝、ペスカドーラ町田vs湘南ベルマーレの境川決戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、3-2で町田が勝利した。 ▽名古屋オーシャンが待つ決勝への切符を賭けた一戦は、町田と湘南による境川決戦となった。両チームは15年前に行われた全日本フットサル選手権の準決勝で、湘南の前身であるロンドローナと町田の前身であるカスカベウとして駒沢体育館で対戦。関東リーグで無敗だったカスカベウを延長戦の末にロンドリーナが下し、そのまま日本一に輝いている。 ▽Fリーグ参入後は長らく町田が湘南をリードしてきたが、今シーズンは湘南がクラブ史上初となるプレーオフに進出。さらに今シーズンの両チームの対戦は1勝1分け1敗と五分となっている。名古屋への挑戦権を決める大事な一戦でもあるが、ライバルチームとの勝敗を決する一戦としても注目を集めた。 ▽両チームの大応援団が声援を送る中で迎えたキックオフは、お互いにフルスロットルでの入りとなった。すると1分、中央でボールを持ったFP森岡薫がそのまま右サイドに流れながら右足を強振。これがゴールネットに突き刺さって、町田が最初のチャンスでスコアを動かした。さらに7分にはFKのチャンスから森岡、FPダニエル・サカイと繋いで最後はセグンドのFP滝田学が押し込んだ。その後は球際で激しさを見せると、サポーターも巻き込んでボルテージが上がって行く。迎えた18分、交錯したプレーでやや町田の足が止まった瞬間を見逃さず、キックインから浦上が右サイドから右足を一閃。これがゴールネットに突き刺さり、湘南が前半のうちに1点を返した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20180114_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽すると後半は追いかける湘南が町田ゴールに襲いかかるがチャンスを逸していると、28分にダニエル・サカイが体勢を崩しながらもシュートをねじ込み町田が3点目を奪った。逆転での勝ち上がりのためには3点が必要となった湘南は、その後もチャンスこそ作るがゴールが遠い。さらに36分には5ファウルと後がなくなる。迎えた37分からFP本田真琉虎洲をGKに置いたパワープレーに出る。すると39分にはFPロドリゴ、FP小門と繋いで最後は本田が押し込んで1点を返す。 ▽このゴールに湘南サポーターも多いに沸き、湘南も勢いに乗る。得点直後から今度はFP鍛代元気をGKに置くパワープレーに移行し、後2点を目指した。しかし町田もマイボール時にピッチを広く使ったパス回しで時間を使って行く。最後まで湘南がボールを奪いにかかったが、そのまま試合終了のホイッスル。町田がダービーマッチを制して、名古屋の待つ決勝へと駒を進めた。 ▽試合後の会見では「サポーターが素晴らしい雰囲気を作ってくれた」(岡山孝介監督/ペスカドーラ町田)、「(前日の試合に引き続き)サポーターは今日も素晴らしかった」(奥村敬人監督/湘南ベルマーレ)とそれぞれの指揮官が感謝の気持ちを述べた。また勝利した町田の森岡薫は古巣である名古屋との決勝について「特別な気持ちはない」とすでに戦闘モード。一方敗れた湘南の刈込真人選手は「素晴らしい雰囲気を作ってくれたからこそ、勝利を届けたかった」と涙ながらに語った。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程・結果</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪 湘南ベルマーレ 2-2 フウガドールすみだ ▽1月14日(日) シュライカー大阪 4-9 フウガドールすみだ ペスカドーラ町田 3-2 湘南ベルマーレ ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs ペスカドーラ町田(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs ペスカドーラ町田(16:30) 2018.01.14 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

大阪が自慢の攻撃力を発揮!! 退任する木暮監督を白星で送り出す《DUARIG Fリーグ》

▽14日にDUARIG Fリーグ2017/2018 4/5位決定戦のフウガドールすみだvsシュライカー大阪が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、9-4で大阪が勝利した。 ▽前日のプレーオフ1回戦に敗れたすみだと大阪が、年間順位を決める一戦に臨んだ。前半からお互いにアクセル全開で打ち合う。大阪が4分にキックインからFPチアゴがネットを揺らせば、すみだも直後の5分にFP岡山和馬がゴール。その後もゴールを奪い合い4-3と大阪がリードして前半を終える。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20180114_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽すると後半は一転して大阪がゴールラッシュとなる。21分にFP小曽戸允哉、24分にFP加藤未渚実がゴール。結局、試合は9-4と大阪が大差をつけて木暮監督の最終戦を白星で送り出した。 ▽この試合、ベンチで笑顔が印象的だった木暮賢一郎監督は「4/5位決定戦の中で何もない試合。その中で選手たちには唯一、楽しんでポテンシャルを解放した景色を見せて欲しいということを要求した」とコメント。普段はベンチで一切笑顔を見せなかった指揮官の本音を吐露した。一方大敗を喫したすみだの須賀雄大監督は「結果は受け止めますがクラブとしての挑戦としては悲観すべきことではない」と前を向いた。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程・結果</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪 湘南ベルマーレ 2-2 フウガドールすみだ ▽1月14日(日) フウガドールすみだ 4-9 シュライカー大阪 ペスカドーラ町田 vs 湘南ベルマーレ(17:30)――[2] ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) 2018.01.14 17:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース