横浜FCがベトナム代表MFグエン・トゥアン・アインの期限付き移籍満了を発表!2017.01.06 14:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FCは6日、ベトナムVリーグのホアン・アイン・ザライFCから期限付き移籍で加入していたベトナム代表MFグエン・トゥアン・アイン(21)の移籍期間満了を発表した。

▽ベトナム出身のグエン・トゥアン・アインは、2016年に期限付き移籍で横浜FCに加入。昨シーズンの明治安田生命J2リーグでの出場はなかった。

▽ホアン・アイン・ザライFCへの復帰が決定した同選手は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

「私が横浜FCでプレーすることをサポートしてくださった全ての皆さんに感謝したいと思います。来シーズン横浜FCがJ1に昇格することを願っています。ファン、サポーターの皆さんには、ぜひこれからもチームと共に歩み、サポートを続けてくださることをお願いします。ベトナムに戻っても横浜FCのファンとして応援しています。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

島屋の2得点に絡む活躍で横浜FC撃破! 徳島が3連勝で暫定3位浮上《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節の横浜FCvs徳島ヴォルティスが25日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-0で徳島が勝利した。 ▽4節を終えて3勝1分と2位につける横浜FCと3勝1敗で4位につける徳島が激突した。ここまで好調なスタートを切っている両者の試合は、お互いにけん制し合う展開となる。 ▽ところが前半半ばに差し掛かると試合が一気に動く。徳島は22分、右サイドでパスを受けた広瀬が縦への突破からクロスを供給。これを島屋が頭で合わせると、右ポストに直撃するも、跳ね返りを渡が頭で押し込んだ。さらに25分、ボックス右手前でパスを受けた島屋がボックス中央にスルーパス。これを走り込んだ岩尾が粘ると、セカンドボールに素早く反応した島屋が左足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。 ▽2点のリードを奪った徳島は30分、ボックス右へのスルーパスに反応した広瀬が右足を振り抜くも、GK高丘にセーブされる。39分にもボックス左手前でパスを受けた馬渡がカットインから右足を振り抜く。2点リードした勢いそのままにシュートまでつなげる徳島に対して、横浜FCは攻勢を強めるものの決定機を作ることができない。 ▽後半に入ると横浜FCは、三浦に代えて津田を投入。すると47分、敵陣中央左からのFKのこぼれ球を拾った野崎がボックス手前からボレーシュート。さらに49分、ボックス中央手前からイバがFKを直接狙うもバーに直撃。セットプレーから立て続けにチャンスを作るも、ネットを揺らすことができない。 ▽対する徳島はリスクを負って攻撃を仕掛ける横浜FCを逆手に取る。55分、ボックス手前へのロングボールを渡がうまく収めると、ボックス右手前にスルーパス。これに反応した島屋がボックス内に侵攻し、シュートを放つも、ゴール右に外れる。さらにその直後、ボックス左手前でパスを受けた渡がボックス中央手前に送ると、走り込んだ杉本がダイレクトで右足を振り抜く。しかし、ゴール左に外れる。 ▽攻守の切り替わりが激しい展開になると横浜FCは決定機を迎える。63分、佐藤が供給したボックス右へのロングボールを藤井がボックス中央に折り返す。これを走り込んだ野崎がダイレクトで右足を合わせると、バーに直撃。さらに65分、ボックス手前で佐藤のパスを受けたイバがボックス内に侵攻し、左足を振り抜く。ボールはゴール右隅を捉えるもGK梶川の好守に阻まれる。 ▽その後も激しい攻防が続くと横浜FCは78分、MF野崎に代えてFW大久保を投入。その後、イバと大久保の190cm台の長身FWをターゲットに猛攻を仕掛ける。すると89分、敵陣左深い位置に流れたイバがヒールで落とすと、津田が中央にクロス。これを大久保が頭で合わせるも、枠を捉えきれず試合終了。前半半ばに立て続けに得点を奪った徳島が勝利し、リーグ戦3連勝で暫定3位に浮上している。 2017.03.25 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCのMF石井圭太に第一子となる長男誕生 「さらなる自覚と責任」

▽横浜FCは24日、MF石井圭太(21)に第一子となる長男が3月15日に誕生したことを発表した。石井はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「3月15日に第一子となる男の子が産まれました。母子とも健康で、妻、息子にはとても感謝しています。さらなる自覚と責任をもってチームに貢献できるよう精一杯戦っていきます。引き続き応援よろしくお願いします」 ▽神奈川県出身の石井は、2014年に横浜FCユースからトップチーム昇格。昨夏のグルージャ盛岡への期限付き移籍を経て、今シーズンから横浜FCに復帰した。ここまで明治安田生命J2リーグ2試合に出場している。 2017.03.24 16:27 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCがC大阪を退団したGK北野貴之の加入を発表

▽横浜FCは22日、GK北野貴之(34)が加入したことを発表した。背番号は45番となる。 ▽横浜FCに加入した北野は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「初めまして。昨シーズンまでセレッソ大阪に在籍していた、北野貴之です。今回横浜FCさんから、ご縁、お話を頂き、心から感謝しております。今年掲げるチームの目標、自分が今日まで得た学びを横浜FCでいかし、チームの目標達成に際し、チームの推進力となれるよう、覚悟し精進して歩みたいと思います」 「横浜FCさんのサポーターの皆様、全国の応援してくださる皆様のお力をお借りし、今シーズン素晴らしい形で終えたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します」 ▽2003年にアルビレックス新潟でプロキャリアを歩み始めた北野は、その後、大宮、セレッソ大阪でプレー。2016年12月の契約満了に伴いC大阪を退団していた。 2017.03.22 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FCが岐阜に逆転勝利! 2連勝で2位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第4節のFC岐阜vs横浜FCが19日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、2-1で横浜FCが勝利した。 ▽1敗2分で17位につける岐阜が、2勝1分で5位につける横浜FCをホームに迎えた一戦。まずは岐阜がゴールを狙う。6分、ボックス右外での17がドリブルからクロスを供給。これはクリアされるも、こぼれ球を福村がボックス左手前からボレーを放つも、枠を捉えきれない。 ▽その後も攻勢に出る岐阜は18分、ボックス左手前からシシーニョがワンツーでボックス内への侵攻を図ると、佐藤に倒されてPKを獲得。これを庄司が左隅へと冷静に沈めた。 ▽先制した岐阜がペースを握る展開が続くも前半終盤、横浜FCが反撃を見せる。40分、藤井のパスを受けた中里が右サイドからクロスを供給。これにイバが合わせるも、ゴール左に外れてしまう。しかしその直後の42分、最終ラインで古橋のパスミスを見逃さなかった佐藤がボックス内で奪う。カバーに入ったヘニキのスライディングを冷静にかわし、ゴール右隅へと流し込んだ。 ▽後半立ち上がり、岐阜がチャンスを迎える。47分、7番のスルーパスに抜け出した17がボックス左からシュート。左足で巻いたシュートは惜しくもゴール左に外れる。 ▽ゴールを脅かされた横浜FCは59分、寺田に代えて野崎を投入。攻撃の活性化を図る。すると61分、ボックス左手前で粘ると、津田のパスを受けた野崎がボックス手前から右足を振り抜くと、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。 ▽逆転を許した岐阜はその直後、MF風間に代えてFW難波を投入。攻撃の枚数を増やして、前線に厚みを加える。すると、高い位置で岐阜のパスワークが活きはじめるも、決定機を作ることができない。最後まで守備に人数をかけた横浜FCの牙城を崩すことができず、試合終了。横浜FCが2-1で逃げ切り、2位に浮上した。 2017.03.19 18:09 Sun
twitterfacebook
thumb

キング・カズの50歳ゴールをイタリアメディアが賞賛!「ますます伝説に」「無限大」

▽12日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節の横浜FCvsザスパクサツ群馬で、横浜FCのFW三浦知良が Jリーグ最年長ゴール記録を50歳と14日に更新。Jリーグで初となる50代でのゴール記録者となった。 ▽この活躍を受け、かつて三浦がプレーしたイタリアでも偉業が報じられており、各メディアがその活躍を称えた。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「不滅の三浦は、Jリーグで50歳14日でゴール。これはレコード!」との見出しで報道。『メディアセット』は「三浦知良はますます伝説に」と見出しをつけ、先週達成した最年長プレーヤーの記録とともにゴールを報じた。 ▽また、『レプブリカ』も「無限大の三浦:50歳でのゴールは記録」との見出しで報じ、「日本から、元ジェノアのストライカーが記録を残したニュースが来た。先週、元イングランド代表のスタンリー・マシューズの記録を塗り替え、1965年2月から50年と5日でプレー。その横浜FCでプレーする三浦が、ザスパクサツ相手に決勝ゴールを記録。これは最年長のスコア記録となった。三浦は50歳と14日で記録した」と報じている。 2017.03.13 15:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース