横浜FCがベトナム代表MFグエン・トゥアン・アインの期限付き移籍満了を発表!2017.01.06 14:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FCは6日、ベトナムVリーグのホアン・アイン・ザライFCから期限付き移籍で加入していたベトナム代表MFグエン・トゥアン・アイン(21)の移籍期間満了を発表した。

▽ベトナム出身のグエン・トゥアン・アインは、2016年に期限付き移籍で横浜FCに加入。昨シーズンの明治安田生命J2リーグでの出場はなかった。

▽ホアン・アイン・ザライFCへの復帰が決定した同選手は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

「私が横浜FCでプレーすることをサポートしてくださった全ての皆さんに感謝したいと思います。来シーズン横浜FCがJ1に昇格することを願っています。ファン、サポーターの皆さんには、ぜひこれからもチームと共に歩み、サポートを続けてくださることをお願いします。ベトナムに戻っても横浜FCのファンとして応援しています。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

北九州MF八角剛史が今季限りでの現役引退を発表「プロとして過ごせた事は何にも代え難い経験」

▽ギラヴァンツ北九州は16日、MF八角剛史(32)が今シーズン限りで元気を引退することを発表した。 ▽千葉県出身の八角は、2008年に駒澤大学から横浜FCに加入。その後、5年間のプレーを経て北九州に移籍した。今シーズンは明治安田生命J3リーグでの出場はここまでない。J2リーグ通算214試合4ゴール、天皇杯通算12試合1ゴールを記録。 ▽なお、八角の引退セレモニーは26日のホーム最終戦である明治安田生命J3リーグ第33節のアスルクラロ沼津との試合後に実施されるとのこと。10年間のプロ生活に終止符を打った八角は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズンをもちまして引退を決意致しました。サッカー界でしか味わえない感覚や、たくさんの方々に出会えた事は何よりも幸せな事だと思います。怪我も含め理想とは程遠く、やり切れたとは言えませんが人生の10年をプロとして過ごせた事は何にも代え難い経験になりました」 「応援してくださった方々、支えてくださった方々に心から感謝申し上げます。サッカーに関わる全ての人がもっともっと幸せでいれるような環境になっていく事を願っています。ありがとうございました」 2017.11.16 13:22 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤失点の横浜FC、引き分けで昇格PO出場の可能性消滅《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第41節の各試合が12日に行われた。 ▽昇格プレーオフを目指す8位の横浜FC(勝ち点62)は13位のファジアーノ岡山(勝ち点53)と対戦。残された可能性にかけて、序盤から積極的な入りを見せた横浜FCは34分、右サイドの石井のクロスに、DFに競り勝ったイバが頭で押し込んで先制点を挙げる。 ▽横浜FCのリードで迎えた後半、51分にレアンドロ・ドミンゲスがボックス手前左からゴール右上隅を狙ったコントロールシュートを放つが、GK一森がなんとか片手一本でセーブ。横浜FCの追加点とはならなかった。60分にはイバに絶好のゴールチャンスが訪れるが決め切ることができず。 ▽このまま終わるかに思われた92分、粘りを見せた岡山の篠原に同点ゴールを決められてしまい、1-1で試合終了。これで、横浜FCは昇格プレーオフ出場の可能性が消滅した。 ◆J2第41節 ▽11/12(日) 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1モンテディオ山形</span> 横浜FC 1-1 ファジアーノ岡山 FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 4</span>-2 ザスパクサツ群馬 ▽11/11(土) アビスパ福岡 1-1 松本山雅FC 名古屋グランパス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉</span> ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 大分トリニータ 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> FC岐阜 1-1 湘南ベルマーレ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-1 カマタマーレ讃岐 2017.11.12 17:18 Sun
twitterfacebook
thumb

J名誉女子マネ足立梨花、キングカズとの秘話明かす 「惚れました」

▽女優やモデルとして活躍するJリーグ名誉女子マネージャーの足立梨花さんがエンターテイメント企業『サミー株式会社』の手がける『SAMMY SOCCER PROJECT』のメディア発表会に出席した。 ▽発表会終了後、メディア陣の囲み取材に応対した足立さんは、2010年から3年間にわたる『Jリーグ特命PR部女子マネージャー』として活動中に『贔屓になった選手』について言及。Jリーグ創世記からリードしてきた横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良の名前を挙げ、その理由について次のように述べた。 「Jリーグの名誉女子マネージャーなので、1人に絞れないんですけど、『この人、やっぱりすごいなっ!』って思ったのは、カズさんでした」 「すごく紳士。私が(Jリーグ特命PR部女子マネージャー就任)1年目のときに、練習場で取材されてもらったんですけど、その最後にカズさんの目の前で“カズダンス”を踊らされることになったんです」 「そのダンスを知らなくて勢いでやったら、隣でカズさんがサポートしてくれて、最後に『女の子はそんなところに手を添えちゃダメ』ってお叱りも受けました(笑)」 「でも、すごく優しい方だなと。やっぱり、そこで惚れました(笑) それと別にプレーを見ていると、すごく大事なところで(ゴールを)決めてくださる」 「そこも加えて、やっぱり素敵な方だなと。みなさんがカズさんに憧れを抱く理由がすごくわかりました」 2017.11.01 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC、新指揮官決定! 各国クラブ監督歴任のエジソン氏を招へい

▽横浜FCは24日、新指揮官としてエジソン・アラウージョ・タバレス氏(61)の招へいを発表した。同日のトレーニングからチームに合流。28日に敵地で行われる明治安田生命J2リーグ第39節の京都サンガF.C.戦が初陣となる。 ▽エジソン氏は、ブラジル人の指導者。これまでスイスやチュニジア、サウジアラビア、中国、イランやUAEなど世界各国のクラブで指揮を率いたほか、2008年の北京オリンピックでオマーン代表監督も歴任した。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「横浜FCで仕事ができることに感謝しています。横浜FCの目標であり、私自身の目標でもあるJ1昇格に向けてサポーター、選手、スタッフ全員で挑戦していきましょう」 ▽横浜FCは15日、中田仁司監督(55)を解任。20日に行われた明治安田生命J2リーグ第38節のFC町田ゼルビア戦(2-2)は、スポーツディレクターを務める奥寺康彦氏(65)が暫定的に指揮を執った。 2017.10.24 16:43 Tue
twitterfacebook
thumb

監督交代後初戦の横浜FC、ベテラン大久保2発も町田と2-2のドロー《J3》

▽明治安田生命J2リーグ38節の横浜FCvsFC町田ゼルビアが20日に行われ、2-2で引き分けた。 ▽前節終了後に中田監督からの監督交代に踏み切った8位の横浜FC(勝ち点57)が15位の町田(勝ち点47)と対戦した。まずは開始1分、奥寺暫定監督が指揮する横浜FCがボックス右のジョン・チュングンのクロスをゴール前で収めた大久保が反転シュートを試みるが、威力なくGKが難なくキャッチする。 ▽このまま横浜FCが主導権を握るかに思われたが、アウェイの町田が早々に試合を動かす。3分、敵陣でボールを奪った町田は、左サイドの中島にボールが渡る。その中島が右足で上げたクロスに吉田が頭で合わせ先制点を奪った。 ▽出鼻をくじかれた横浜FCだが、ベテランの大久保が先発起用に応える。20分、攻撃に手数をかける横浜FCは、野村が左サイドを突破し右足でクロス。これに頭で飛び込んだ大久保が決めて、スコアを振り出しに戻した。 ▽1-1で迎えた後半、町田が大きなチャンスを迎える。52分、左サイドのクロスから、こぼれ球に反応した平戸が丁寧にコースを突いたシュートを放つものの、ゴールに嫌われ惜しくも右ポストを叩く。対する横浜FCも64分に、ボックス左手前でパスを受けたジョン・チュングンがダブルタッチでDFの間を抜き、左足でフィニッシュまで持ち込むが、GK高原がファインセーブをみせゴールを死守した。 ▽互いにチャンスを作る激しい試合展開となる中、横浜FCが37歳ベテランのゴールで逆転に成功する。68分、左サイドの田所から前線へ中距離パスが供給されると、それをワンタッチではたいたレアンドロ・ドミンゲスが、ジョン・チュングンの折り返しをダイレクトでゴール前にスルーパス。そこに走り込んだ大久保が丁寧にゴールに流し込み、自身2ゴール目を決めた。 ▽大久保の2ゴールで勢いに乗る横浜FCだが、試合終盤に同点ゴールを許してしまう。80分、楠本のクリアで高く跳ね上がったボールを、町田の大谷が頭で中へ折り返す。ゴール前の中島が頭でわずかに触ってコースをずらしたところを戸島がシュートを決めてネットを揺らした。 ▽2-2となりさらに激しさが増す中、試合はこのまま終了。終盤に追いつかれてしまった横浜FCは昇格プレーオフ圏内に向けて痛い引き分けとなってしまった。 2017.10.20 20:50 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース