UEFAがファン選出の2016年ベストイレブンを発表! 4名が初選出! 最多得票はC・ロナウド、メッシを押しのけ…2017.01.06 12:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFA(欧州サッカー連盟)は5日、ファン投票による2016年のベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』が毎年年末に開催する「UEFA.com Team of the Year」の企画。2016年のベストイレブン投票は全世界で64万9701人が参加した。

▽[4-3-3]のフォーメーションで選出された2016年のベストイレブンには、4人が初選出。DFジェローム・ボアテング(バイエルン)、DFレオナルド・ボヌッチ(ユベントス)、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)が初の選出となった。

▽また、FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)が最多となる11度目の選出。GKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)が38歳での選出となり、史上最年長となった。

▽11人の内、最も票を集めたのはDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)で、C・ロナウドより約3万8000票多い48万8908票を獲得。セルヒオ・ラモス、DFジェラール・ピケ(バルセロナ)、MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ)、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)、C・ロナウドが2年連続での選出となった。今回発表された2016年のベストイレブンは以下のとおり。

◆「UEFA.com Team of the Year 2016」
GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア/4)

DF
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン/6)
ジェラール・ピケ(バルセロナ/スペイン/5)
ジェローム・ボアテング(バイエルン/ドイツ/初)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス/イタリア/初)

MF
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ/スペイン/6)
トニ・クロース(レアル・マドリー/ドイツ/2)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア/初)

FW
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル/11)
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン/8)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス/初)

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーが乾フル出場のエイバル撃破でリーグ4連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、レアル・マドリーvsエイバルが22日にサンティアゴ・ベルナベウで開催され、マドリーが3-0で勝利した。エイバルのMF乾貴士は、先発フル出場を果たした。 ▽前節、ヘタフェとのダービーをクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマの今季初ゴールで辛勝した3位レアル・マドリーは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)ではホームでトッテナムと1-1のドロー決着となった。今季の公式戦2勝1敗3分けと戦績が芳しくないサンティアゴ・ベルナベウでの一戦に向けては、そのトッテナム戦から先発5選手を変更。負傷のケイロル・ナバスに代わってGKはカシージャ、左右のサイドバックにナチョ、テオ・エルナンデス、中盤はクロースに代えてダニ・セバージョス、前線はベンゼマに代わってアセンシオが起用された。 ▽対する16位エイバルは、直近のデポルティボ戦をゴールレスドローで終え、ようやく連敗を「3」でストップ。しかし、直近4試合でわずかに1得点と深刻な得点力不足に悩まされている。今回の一戦ではチーム基本の[4-4-2(4-2-3-1)]ではなく[3-5-2]の布陣を採用。2戦ぶり先発の乾はシャルレスと共に2トップの一角で起用された。 ▽エイバルの新布陣に注目が集まるも、ホームのマドリーがいきなりゴールに襲い掛かる。開始2分、最終ラインからのフィードをナチョが頭で落とすと、これを拾ったアセンシオがボックス左に走り込むイスコへ絶妙なラストパス。だが、イスコのダイレクトシュートはコースが甘く相手GKのセーブに遭う。 ▽いきなり失点というピンチを招いたものの、前線から積極的にプレスを仕掛けるエイバルは5分にシャルレスのヘディングパスを受けたホルダンがミドルシュート、10分にはホセ・アンヘルの左クロスにエスカランテが頭で合わすが、いずれも先制点とはならず。その後はうまくライン間でボールを引き出す乾が前向きに仕掛けてスルーパスを狙うなど、上々のプレーを見せる。 ▽一方、立ち上がりの決定機以降、なかなかチャンスを作れないマドリーだったが、19分に幸運な形から先制点を奪う。右CKの場面でショートコーナーを選択すると、イスコから短いパスを受けたアセンシオが左足でインスウィングのクロス。ここでセルヒオ・ラモスと競ったDFパウロ・オリベイラの頭に当たったボールがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽相手のオウンゴールで先制に成功したマドリーはここから畳みかける攻撃を見せる。28分には左サイド深くでボールを持ったイスコがボックス手前左のアセンシオに短い浮き球の折り返しを送ると、アセンシオが左足のダイレクトシュート。ややコースは甘かったものの、GKドミトロビッチのまずい対応もあってボールはファーポストに吸い込まれた。この追加点で完全に流れを掴んだマドリーは、その後も優勢に試合を運んだまま前半を終えた。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、立ち上がりの49分にはアセンシオのラストパスに抜け出したイスコがGKと一対一を迎えるが、ここはGKドミトロビッチの好守に遭う。一方、55分にはボックス内でセカンドボールを奪った乾に決定機。だが、カゼミロとの交錯で主審は笛を吹かず、値千金のPK奪取とはならず。 ▽後半半ばを過ぎて互いに交代カードで流れを変えにかかる。2点リードのマドリーは64分、アセンシオに代えてベンゼマ、71分にはダニ・セバージョス、イスコを下げて、ルーカス・バスケス、マルセロを投入。この交代でシステムを[4-4-2]に変更する。一方、エイバルはウイングバックのカパ、守備的MFのエスカランテに代えてペーニャ、セルジ・エンリクのアタッカーを投入するなど、攻撃的な布陣でゴールを目指す。 ▽間延びし始めたエイバルの守備に対して、得意のカウンターがはまり出したマドリーはC・ロナウド、ベンゼマらに再三の決定機も、最後のところでうまくいかない。エイバルは80分、ボックス手前中央でパスを受けた乾が果敢にミドルシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。 ▽すると82分、左サイドでのモドリッチの縦パスからテオ、マルセロ、ベンゼマ、マルセロと見事なダイレクトプレーが繋がり、最後はボックス左でベンゼマのラストパスを巧みなボディコントロールで反転したマルセロが振り向きざまに左足のシュートを右隅に流し込んだ。 ▽この3点目で試合の大勢が決した中、一矢報いたいエイバルは後半アディショナルタイムにボックス手前右に持ち込んだ乾が右足のシュートを放つが、ニアポストを捉えたシュートは相手GKカシージャに弾き出され、万事休す。エイバル相手にきっちり勝ち切ったマドリーがリーグ戦4連勝を飾り、上位2チームを追走している。 2017.10.23 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第9節プレビュー】レアル・マドリーvs乾エイバル! バレンシアvsセビージャ開催

▽先週末に行われた第8節では、注目のビッグ3同士の対戦となったアトレティコ・マドリーvsバルセロナが1-1のドローに終わり、バルセロナの連勝が「7」でストップ。また、それぞれ4連勝と3連勝のバレンシア、レアル・マドリーの2チームが上位に浮上している。 ▽来週ミッドウィークにコパ・デル・レイが開催されるため、今週チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)を戦ったビッグクラブにとっては過密日程の中で行われることになる第9節。今節最大の注目カードは、リーグ3連勝中の3位レアル・マドリーと、日本代表MF乾貴士を擁する16位エイバルが対峙する一戦だ。 ▽前節、ヘタフェとのダービーをFWクリスティアーノ・ロナウド、FWベンゼマの今季初ゴールで辛勝したレアル・マドリーは、ミッドウィークのCLではホームでトッテナムと1-1のドロー。試合結果には満足していないものの、試合内容や負傷者の復帰は今後の戦いに向けてポジティブな要素だ。今回のエイバル戦に向けては守備面で問題を抱えるなど、低迷する相手に対して取りこぼす可能性は低いと思われるが、今季の公式戦2勝1敗3分けと戦績が芳しくないサンティアゴ・ベルナベウでの戦いだけに油断はできない。恐らく、ジダン監督はこの試合でもターンオーバーの採用が濃厚だが、ここ最近の課題であるチャンスを決め切るという部分を強調して、楽な試合展開に持ち込みたい。 ▽対するエイバルは、直近のデポルティボ戦をゴールレスドローで終え、ようやく連敗を「3」でストップ。しかし、直近4試合でわずかに1得点と深刻な得点力不足に悩まされている。今回の一戦では守備に重きを置くことは当然として、相手に一方的に攻めさせないためにもカウンターから鋭い一刺しを見舞いたい。その中で代表ウィーク明けとなったデポルティボ戦をスタンドから見守った乾としては、昨季のバルセロナ戦のような活躍をみせ、強豪相手に一泡吹かせたい。 ▽レアル・マドリーと同様に4連勝で2位に浮上したバレンシアは、直近のベティス戦で6-3の派手な打ち合いを演じるなど、首位バルセロナに次ぐ攻撃面が見事に機能している。5連勝を目指す今節は、リーグ3位の堅守を誇る5位セビージャをホームに迎える。その中で注目は直近4連発中のFWザザと、FWロドリゴ・モレノの好調2トップだ。マルセリーノ仕込みの鋭いカウンターアタックでは、MFゴンサロ・グエデスとMFカルロス・ソレールの両翼を前向きにプレーさせるポストワークに加え、最後の仕上げの部分での仕事が求められる。 ▽対するセビージャは、懸念された代表ウィーク明けの前節でアスレティック・ビルバオに0-1で敗れると、直近のCLではスパルタク・モスクワ相手に1-5の大敗を喫するなど、ここまで順調な歩みを見せてきたベリッソ新体制で最初の山場を迎えている。とりわけ、今季の3度の敗戦はいずれもアウェイゲームであり、過去のエメリ体制でも露呈したアウェイの弱さという悪癖が顔を覗かせており、今回のバレンシア戦ではその負の連鎖を何とか断ち切りたいところだ。 ▽前節のアトレティコ戦で開幕からの連勝がストップしたものの、依然好調を継続するバルセロナ。直近のCLオリンピアコス戦ではDFピケの退場というハプニングに見舞われるも、エースFWメッシが欧州カップ戦通算100ゴールを達成するなど、きっちり3-1の勝利を収め、CLグループステージ3連勝を飾った。迎える今節はカンプ・ノウに因縁のマラガを迎える。以前からマラガを苦手としてきたバルセロナは、昨シーズンの2度の対戦でも1敗1分けの未勝利に終わった。とりわけ、アウェイでの対戦ではまさかの0-2の敗戦を喫し、この終盤戦での敗戦がリーガ3連覇を逃す大きな要因となった。GKカメニという天敵は旅立ったものの、レアル・マドリーのレジェンドであるミチェル監督がより高いモチベーションで臨んでくるはずだ。 ▽前節、バルセロナ相手にホームで引き分け、直近のCLでは格下カラバフとのアウェイゲームで痛恨のゴールレスドローとなり、公式戦4戦未勝利のアトレティコは、セルタとのアウェイゲームで5試合ぶりの勝利を目指す。今回の試合で勝ち点3を掴むためには一にも二にも、得点力改善が急務。不振のエースFWグリーズマンらの奮起が求められる。また、元バルセロナ副官ウンスエ新監督の下で4戦無敗のセルタはその4試合で13ゴールを挙げるなど、攻撃に破壊力があるだけに守備陣の奮闘も求められる。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第9節》 ▽10/21(土) 《20:00》 レバンテ vs ヘタフェ 《23:15》 ベティス vs アラベス 《25:30》 バレンシア vs セビージャ 《27:45》 バルセロナ vs マラガ ▽10/22(日) 《19:00》 ビジャレアル vs ラス・パルマス 《23:15》 セルタ vs アトレティコ・マドリー 《25:30》 レガネス vs ビルバオ 《27:45》 レアル・マドリー vs エイバル ▽10/23(月) 《27:00》 レアル・ソシエダ vs エスパニョール 《28:00》 デポルティボ vs ジローナ</div> 2017.10.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ケイロル・ナバスが2週間の離脱へ、スパーズ戦まで欠場か

▽レアル・マドリーは20日、同クラブに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが右脚の内転筋を負傷したことを発表した。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によれば、ケイロル・ナバスはトレーニング中に負傷。10日~15日の離脱になるとみられている。これにより、ケイロル・ナバスは22日のエイバル戦(リーガ第9節)、26日のフエンラブラダ戦(コパ・デル・レイ4回戦)、29日のジローナ戦(リーガ第10節)を欠場する見込みで、11月1日のトッテナム戦(チャンピオンズリーグ第4節)の出場も微妙な状況となった。 ▽ケイロル・ナバスを失ったマドリーはこれらの試合で、GKキコ・カシージャを中心にゴールマウスを任せることになるとみられている。 2017.10.21 10:44 Sat
twitterfacebook
thumb

18歳アクラフをトッテナム戦で試したジダン...ナチョより優先的にカンテラーノを起用

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、ビッグマッチで若手選手を起用する器量を見せた。<br><br>17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節で、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウにトッテナムを迎えて1-1と引き分けた。ジダン監督はこの試合でDFアクラフ・ハキミを右SBに起用している。<br><br>アクラフはDFダニエル・カルバハル、DFマルセロ、DFテオ・エルナンデスの負傷離脱により、エスパニョール戦で先発に抜擢された。だがマルセロ、テオが復帰したヘタフェ戦、先のトッテナム戦でもジダン監督はDFナチョ・フェルナンデスを右SBに回すのではなく、アクラフを3試合連続でスタメンに据えた。<br><br>なぜジダン監督はトッテナム戦でナチョではなくアクラフを起用したのか。どうやら指揮官は18歳の青年がCLという舞台でどれだけのプレーを見せられるのか、試す考えを持っていたようだ。<br><br>アクラフは18歳348日でCLデビューを飾った。現マッカビ・テルアビブFWホセ・ロドリゲスが有するクラブ史上最年少記録(17歳353日)を上回ることはできなかったが、若き才能は与えられた機会を生かして急速に成長している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.20 23:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ケインとベンゼマの大型トレード実現か?

▽レアル・マドリーが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(24)獲得のために、フランス代表FWカリム・ベンゼマ(29)の譲渡を考慮しているという。イギリス『エクスプレス』がスペイン『El Gol Digital』の報道を基に伝えている。 ▽先日、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がケインに対し「完璧な選手だ」とコメントしたことから、一気にケインのマドリー移籍説が過熱。今回の報道によると、ケインの獲得を目論むマドリーが高額な移籍金を引き下げるため、ベンゼマを取引に加える用意があるようだ。 ▽『サン』は、『El Gol Digital』が、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がケイン獲得のためにベンゼマを取引に含める準備があることを主張していることを伝えた。1億8000万ポンド(約268億円)と推測されている移籍金を、1億800万ポンド(約161億円)まで引き下げることを望んでいるようだ。 ▽なお、ケインは先日のチャンピオンズリーグのマドリー戦後にFWクリスティアーノ・ロナウドとユニフォームを交換。「僕はユニフォームを交換してくれるよう頼んだ。彼は僕が成長するにあたって大きな指針となっているんだ。ユニフォームをゲットできて嬉しいよ。額縁にいれないとね」とC・ロナウドが自身の目標であることを公言した。そのC・ロナウドがいるマドリーからの誘いとなれば、ケインの心は揺れ動く可能性もあるのかもしれない。 2017.10.20 22:08 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース