【セリエA前半戦総括】6連覇へ着実なユーベ、ミランが復活の予感2017.01.07 07:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2位ローマに暫定4ポイント差を付けたユベントスが6連覇へ着実な歩みを見せている。MFポグバを失ったものの、FWイグアイン、MFピャニッチ、DFダニエウ・アウベスら実力者を加えた王者は、ミラノ勢にこそ敗れたが、ホーム戦9試合を全勝。ローマやナポリといったライバルを下すなど、第5節以降首位を快走した。3季目を迎えたアッレグリ監督の巧みな手腕によって導かれたチームは、ケガ人を抱えながらも大崩れせずに前半戦を乗り切った。

▽ユベントスの対抗馬筆頭であるローマは昨季不発に終わったFWゼコが本領を発揮し、リーグ最強の破壊力を見せている。FWサラーやMFナインゴランといった主軸も実力をコンスタントに発揮する中、不安視された守備もGKシュチェスニーやDFファシオの活躍でユベントスに次ぐ失点の少なさを誇っている。年内最終戦のユベントスとの大一番には敗れたが、ナポリやミラノ勢には勝利し、2位の座を死守した。

▽ローマを3ポイント差で追う3位にはナポリが滑り込んだ。チャンピオンズリーグ(CL)との兼ね合いや新エースFWミリクの負傷離脱もあって、リーグ戦でやや躓いたが、それでもリーグ最多ゴール数を記録するなど、イグアインが抜けたもののサッリ監督の下で魅力的なサッカーを続けている。年末はセンターFWで起用されたメルテンスの活躍も光った。

▽開幕前に監督問題でドタバタ劇のあったラツィオだが、S・インザーギ監督が4位に導いている。FWインモービレが昨季に続いて得点力を発揮し、MFフェリペ・アンデルソンが2年前のパフォーマンスを取り戻して、カウンターの威力が格段に増した。暫定5位のミランもモンテッラ監督の手腕によって若手選手が台頭してきた中で上位に留まった。そして、2016年最終戦のスーペル・コッパではユベントスをPK戦の末に破り、若きチームが自信を得るタイトルを手にしている。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWエディン・ゼコ(ローマ)
Getty Images
▽ユベントスに該当者が見当たらなかったため、ローマから選出。昨季はセリエAで8ゴールとふるわなかったが、今季は前半戦を終えた段階で13ゴールとエースとしての活躍を遺憾なく見せ付けている。開幕から10試合で10ゴールの成績は、ローマが前回スクデットを獲得した際の“レジェンド”であるFWバティストゥータと同スタッツだ。また、得点以外にも確度の高いポストプレーでサラーやペロッティ、ナインゴランらを生かしており、攻撃の核として十分な働きを見せた。

★最優秀監督
◆マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)
Getty Images
▽就任3季目の今季はポグバを失った他、度重なるケガ人にも見舞われたが、一切動じなかった。FWディバラやDFボヌッチといった代えが利かないと思われた選手たちの離脱をものともせず、FWマンジュキッチやDFルガーニを代役に立てて、見事乗り切った。CLでは低調ながら結果を残して首位通過を果たし、セリエAでも2位ローマに暫定4ポイント差を付けての首位と、確実に結果を残して見せた。

【期待以上】
★チーム
◆アタランタ
Getty Images
▽ビッグクラブに次ぐ6位で前半戦を終え、サプライズを与えた。ジェノアで攻撃サッカーを確立したガスペリーニ監督を招へいしたチームは、観る者を魅了するサッカーを披露した。[3-4-3]の攻撃的な布陣を採用し、FWアレハンドロ・ゴメスとMFコンティを軸とする分厚いサイドアタックを展開。中盤センターにはビッグクラブ注目のMFケシエとMFガルアルディーニが構え、3バックの中央にはユベントス移籍が内定しているカルダラと、好タレントが揃う。ポストプレーで存在感を示しているFWペターニャの得点力が上がれば、さらに上位を窺えるチーム力を有している。

★選手
◆マヌエル・ロカテッリ(ミラン)
Getty Images
▽復活の予感漂うミランから若きスター候補のMFロカテッリを選出。思いがけず守備の軸となっているベテランDFパレッタと迷ったが、MFモントリーボの負傷を受けて中盤アンカーの位置でレギュラーに定着した18歳を選んだ。ミランユース出身で各世代のイタリア代表に名を連ねてきたエリートのレジスタは、年齢に似つかわしくない冷静なプレーでチームに落ち着きを与えられる存在だ。とりわけ、パスセンスとミドルシュートは一級品で、ユベントス戦では決勝ゴールを叩き込んだ。彼の起用を機にミランが上昇し始めたのも偶然ではないはずだ。

【期待外れ】
★チーム
◆インテル
Getty Images
▽強豪が順当に上位に名を連ねた中、インテルが苦しんだ。開幕前に急きょ招へいしたF・デ・ブール監督のポゼッションサッカーが全くハマらず、低調な試合を繰り返した。FWイカルディこそリーグトップの14ゴールと奮闘したが、11試合で5敗という不調を受けて11月1日にF・デ・ブール監督を解任。ただ、後任のピオリ監督がカウンター主体の戦術に切り替えて以降は立ち直り、リーグ戦で5勝1分け1敗と好成績を収め、後半戦に期待を抱かせている。

★選手
◆ガブリエウ・バルボサ(インテル)
Getty Images
▽現在20歳とまだまだこれからの選手ではあるものの、F・デ・ブール、ピオリ両監督共にリオ五輪優勝メンバーの主力アタッカーに出場機会をほぼ与えなかった。初の欧州挑戦ということで戸惑っている面もあるだろうが、移籍金3000万ユーロという大金を叩いて獲得したにも関わらず、セリエAでの出場時間がわずか16分で全く戦力にならなかったのは計算外だったはずだ。既に代理人はブラジルのクラブが興味を示していると母国帰還を匂わせているが、ピオリ監督の言う辛抱さを持って耐えることができるか。

◆前半戦ベストイレブン
Getty Images
GK:ドンナルンマ
DF:マノラス、ボヌッチ、クリバリ
MF:サラー、ケディラ、ケシエ、アレックス・サンドロ
FW:ベロッティ、ゼコ、インモービレ

★磐石ユーベの6連覇を阻むチームは現れるか、ミラン復権は本物か
▽ケガ人を多数出し、本調子でないながらも着実に勝ち点を積み重ねていった王者ユベントスの6連覇を阻むチームが現れるのか。この点が後半戦における最大の見所に挙げられる。2月にCLが再開される中、ユベントスは引き続き過密日程を強いられる。万全の状況でセリエAを戦えないユベントスに対し、ローマやナポリ、ミランらが優勝争いを混戦にもつれ込ませることができるか。後半戦のセリエAの盛り上がりには欠かせない要素となる。

▽また、ミランの復権が本物であるかにも注目したい。昨季はライバルのインテルが前半戦を首位で終えたものの、後半戦で失速。優勝争いに加わることができなかった。近年、不振が続くミラノ勢だが、若手の台頭著しいミランが復活の足がかりとするシーズン後半戦とできるのかに注目したい。

▽CL出場権争いではピオリ監督の就任よって盛り返した7位インテルまで十分に手が届く位置にいると見ていいだろう。残留争いでは昇格組のクロトーネとペスカーラ、頻繁に監督の首をすげ替えるパレルモの3クラブの降格が濃厚だ。

コメント

関連ニュース

thumb

会心勝利のインシーニェがユーベに痛烈な一言 「ユーベはいつもファイナルで負ける」

▽ナポリは22日に敵地アリアンツ・スタジアムで行われたセリエA第34節、ユベントスとの天王山に1-0で勝利した。同クラブに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは会心の勝利に興奮冷めやらぬミックスゾーンで敗者に痛烈な一言をかました。 ▽勝ち点4差で迎えたセリエA天王山では、アウェイのナポリがDFカリドゥ・クリバリの90分の劇的ゴールによって1-0の勝利を収めた。この結果、残り4試合で両者の勝ち点差は1ポイントに縮まった。 ▽同試合後、ミックスゾーンに現れたインシーニェは敗れたユベントスに対して痛烈な一言をかました。イタリア『Fantagazzetta』が伝えている。 「彼らは今回の一戦をチャンピオンズリーグのファイナルのような形で戦わなければならなかった。そして、彼らはいつものように敗れた」 「そして、これから彼らは常に僕たちの存在を気にしながら戦うことになるだろうね。とにかく、今日の勝利を喜びたいよ」 ▽なお、ユベントスは直近のチャンピオンズリーグ決勝4試合をすべて敗れており、インシーニェはその“勝負弱さ”を揶揄した格好だ。 2018.04.23 18:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリと1差も…3連覇中のアッレグリはスクデットに自信「依然、トップにいるのは我々」

直接対決でナポリに敗れて勝ち点差を1ポイントまで縮められたユベントス。しかし、現在セリエA3連覇中のマッシミリアーノ・アッレグリ監督は冷静さを保っている。<br><br>22日に行われたセリエAの第34節、首位のユベントスは2位のナポリをホームで迎え撃った。両チームの勝ち点差が「4」、この試合を含めた残り試合数が「5」という状況で行われた一戦は、スクデットの行方を大きく左右する重要なものとなった。<br><br>両チームが激しく火花を散らした天王山は、90分にDFカリドゥ・クリバリが決めたゴールがそのまま決勝点となり、0-1でナポリが勝利。ユベントスとナポリの差は「1」まで縮まった。<br><br>しかし、試合後にインタビューに応じたアッレグリは、ホームで痛恨の敗戦を喫したにも関わらず冷静な姿勢を崩さない。2014年に就任してからセリエAを3連覇しているイタリア人指揮官は、枠内シュートの少なさと失点の場面で集中力を切らした守備については改善点を認めるも、タイトルレースをリードしているのはユベントスであることを主張している。<br><br>「我々にとっていくつかの困難が生じた試合だった。最後のセットプレーの場面はもっと慎重になるべきだったね。しかし、これはもう終わった試合だ。我々は速やかに切り替えて来週にあるインテルとの試合に向けて準備をしなければならない」<br><br>「現在、順位表のトップにいるのはユベントスだ。残りの4試合はホームとアウェイが2試合ずつある。今後どうなるか見てみようか」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.23 16:34 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA特集】ユーベとナポリのスクデット争いが激化! 残り4試合の対戦相手ではナポリ優位か

▽ユベントスとナポリのスクデット争いが熾烈を極めている。 ▽前人未踏のセリエA7連覇を目指すユベントスと、28年ぶりのスクデット制覇を目指すナポリの2チーム。勝ち点4差で迎えた22日のアリアンツ・スタジアムでのセリエA天王山では、アウェイのナポリがDFカリドゥ・クリバリの90分の劇的ゴールによって1-0の勝利を収めた。この結果、残り4試合で両者の勝ち点差は1ポイントに縮まった。 ▽すでにバイエルン(ブンデスリーガ)、マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)、パリ・サンジェルマン(リーグ・アン)が優勝を決め、バルセロナ(リーガエスパニョーラ)が優勝まであと1ポイントに迫るなど、その他のヨーロッパ主要リーグで優勝争いが決している。 ▽その中でセリエAの優勝争いは、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグと共に残りシーズンにおいて大きな注目ポイントとなる。そこで残り4試合となった両チームの今後の日程に関して展望したい。 ▽ホームで痛恨の敗戦を喫したユベントスだが、依然として自力での優勝を残している。だが、今後の日程を考えると、セリエA7連覇は決して簡単なタスクではない。 ▽ユベントスは残りの4試合でインテル、ボローニャ、ローマ、ヴェローナと対戦。そのうち、圧倒的強さを誇るホームではすでに残留を決定的なモノとしている11位のボローニャ、最終節ですでに降格している可能性も否めない19位ヴェローナと、確実に勝ち点3を獲得できる2チームと対戦する。 ▽その一方で、アウェイゲームでは熾烈なトップ4争いを繰り広げている5位のインテル、3位のローマというタフな相手との対戦が残されており、勝ち点を取りこぼす可能性は十分にありそうだ。加えて、ボローニャ戦とローマ戦の間にはミランとのコッパ・イタリア決勝も残している。 ▽一方、ユベントス相手の劇的勝利で勢いに乗るナポリはフィオレンティーナ、トリノ、サンプドリア、クロトーネとの対戦を残す。要塞サン・パオロでのホームゲームでは、残留を確定させている上にEL出場権獲得の可能性が低い10位のトリノ、最終節では残留圏内ギリギリのクロトーネと対戦。対してアウェイゲームはEL出場権を争う9位のフィオレンティーナ、8位サンプドリアとアルテミオ・フランキ、ルイジ・フェラーリスという、難所攻略を目指す。 ▽なお、セリエAのレギュレーションでは勝ち点で並んだ場合、得失点差や総得点よりも当該成績が重視されるが、ユベントスとナポリは今季の対戦でそれぞれアウェイチームが1-0で勝利しており、全くの五分だ。そのため、仮に勝ち点で並んだ場合は現時点で全体の得失点差で「10」上回るユベントスが優位に立っている。 ◆セリエAスクデット争いデータ (勝ち点、得点、失点、得失点差) 1.ユベントス 85pt 78得点 20失点 58点 2.ナポリ 84pt 71得点 23失点 48点 ◆残り4試合の日程 ▽ユベントス 第35節 インテル(A) 第36節 ボローニャ(H) 第37節 ローマ(A) 第38節 ヴェローナ(H) ▽ナポリ 第35節 フィオレンティーナ(A) 第36節 トリノ(H) 第37節 サンプドリア(A) 第38節 クロトーネ(H) 2018.04.23 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ指揮官、首位と1ポイント差に迫るも「主導権がユーベにあるのは変わらない」

ナポリの指揮官マウリツィオ・サッリは22日、セリエA第34節ユベントス戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで勝利の喜びを語った一方、次戦へ向けて気を引き締めた。<br><br>首位ユベントスを勝ち点4差で追うナポリは22日、アウェイでの首位攻防戦に挑んだ。スクデットを懸けた大一番に両者とも譲らず、試合は0-0のまま進んだが、90分にDFカリドゥ・クリバリがチームを勝利に導く決勝点を挙げた。あと4試合を残し、首位ユベントスと1ポイント差に迫ったナポリの指揮官は、喜びを隠せない。<br><br>「セットプレー以外では、何も相手に許さなかった。勝利も必然的についてきたと思う。今いる場所まで連れてきてくれた自分たちのプレーを、ここへ来て変えてしまうことはバカバカしく感じた。非常に満足できる試合だったと思う。選手たちも喜んでいて、ロッカールームでは大騒ぎをしていた」<br><br>一方、スクデット争いにおいて、ユベントスが優位である事実は変わらない。サッリは次節へ向けて気を引き締めた。<br><br>「昨日、チームが本拠地を出発するときにいなかった者に説明するのは難しいが、状況は何も変わっていないんだ。依然としてユベントスは1ポイントのリードで首位に立っており、ユーベがすべての主導権を握っている。今日は素晴らしい勝利を喜んでいいが、明日からはフィオレンティーナ戦(29日)へ向けて準備しなければならない。我々にとって非常に難しい試合になるだろう」<br><br>また『プレミアムスポーツ』のインタビューでは、試合前、集まった群衆に対し、中指を立てるジェスチャーを見せた理由を説明。ユベントスに対するものではないと強調した。<br><br>「ツバを吐いたり、侮辱的な言葉を発しているグループがいたので、それに答えた。ユベントスのサポーターとは関係ない」<br><br>提供:goal.com 2018.04.23 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

キエッリーニ、今季終了か

▽ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに今シーズン終了の可能性が浮上した。 ▽キエッリーニは22日に行われたセリエA第34節のナポリ戦(0-1でユベントスが敗戦)で先発。だが、11分に負傷し、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーとの途中出場を余儀なくされている。 ▽『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、キエッリーニは当初こそ筋肉系のトラブルとみられたが、ヒザを痛めた模様。少なくとも2週間の離脱が見込まれ、最悪シーズン絶望の恐れもあるという。 ▽2位ナポリとの勝ち点差が1ポイント差に縮まった首位ユベントスは、残る4節でインテル、ボローニャ、ローマ、ヴィローナと対戦。さらに、5月9日にミランとのコッパ・イタリア決勝を控えている。 2018.04.23 12:05 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース