【セリエA前半戦総括】6連覇へ着実なユーベ、ミランが復活の予感2017.01.07 07:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2位ローマに暫定4ポイント差を付けたユベントスが6連覇へ着実な歩みを見せている。MFポグバを失ったものの、FWイグアイン、MFピャニッチ、DFダニエウ・アウベスら実力者を加えた王者は、ミラノ勢にこそ敗れたが、ホーム戦9試合を全勝。ローマやナポリといったライバルを下すなど、第5節以降首位を快走した。3季目を迎えたアッレグリ監督の巧みな手腕によって導かれたチームは、ケガ人を抱えながらも大崩れせずに前半戦を乗り切った。

▽ユベントスの対抗馬筆頭であるローマは昨季不発に終わったFWゼコが本領を発揮し、リーグ最強の破壊力を見せている。FWサラーやMFナインゴランといった主軸も実力をコンスタントに発揮する中、不安視された守備もGKシュチェスニーやDFファシオの活躍でユベントスに次ぐ失点の少なさを誇っている。年内最終戦のユベントスとの大一番には敗れたが、ナポリやミラノ勢には勝利し、2位の座を死守した。

▽ローマを3ポイント差で追う3位にはナポリが滑り込んだ。チャンピオンズリーグ(CL)との兼ね合いや新エースFWミリクの負傷離脱もあって、リーグ戦でやや躓いたが、それでもリーグ最多ゴール数を記録するなど、イグアインが抜けたもののサッリ監督の下で魅力的なサッカーを続けている。年末はセンターFWで起用されたメルテンスの活躍も光った。

▽開幕前に監督問題でドタバタ劇のあったラツィオだが、S・インザーギ監督が4位に導いている。FWインモービレが昨季に続いて得点力を発揮し、MFフェリペ・アンデルソンが2年前のパフォーマンスを取り戻して、カウンターの威力が格段に増した。暫定5位のミランもモンテッラ監督の手腕によって若手選手が台頭してきた中で上位に留まった。そして、2016年最終戦のスーペル・コッパではユベントスをPK戦の末に破り、若きチームが自信を得るタイトルを手にしている。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWエディン・ゼコ(ローマ)
Getty Images
▽ユベントスに該当者が見当たらなかったため、ローマから選出。昨季はセリエAで8ゴールとふるわなかったが、今季は前半戦を終えた段階で13ゴールとエースとしての活躍を遺憾なく見せ付けている。開幕から10試合で10ゴールの成績は、ローマが前回スクデットを獲得した際の“レジェンド”であるFWバティストゥータと同スタッツだ。また、得点以外にも確度の高いポストプレーでサラーやペロッティ、ナインゴランらを生かしており、攻撃の核として十分な働きを見せた。

★最優秀監督
◆マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)
Getty Images
▽就任3季目の今季はポグバを失った他、度重なるケガ人にも見舞われたが、一切動じなかった。FWディバラやDFボヌッチといった代えが利かないと思われた選手たちの離脱をものともせず、FWマンジュキッチやDFルガーニを代役に立てて、見事乗り切った。CLでは低調ながら結果を残して首位通過を果たし、セリエAでも2位ローマに暫定4ポイント差を付けての首位と、確実に結果を残して見せた。

【期待以上】
★チーム
◆アタランタ
Getty Images
▽ビッグクラブに次ぐ6位で前半戦を終え、サプライズを与えた。ジェノアで攻撃サッカーを確立したガスペリーニ監督を招へいしたチームは、観る者を魅了するサッカーを披露した。[3-4-3]の攻撃的な布陣を採用し、FWアレハンドロ・ゴメスとMFコンティを軸とする分厚いサイドアタックを展開。中盤センターにはビッグクラブ注目のMFケシエとMFガルアルディーニが構え、3バックの中央にはユベントス移籍が内定しているカルダラと、好タレントが揃う。ポストプレーで存在感を示しているFWペターニャの得点力が上がれば、さらに上位を窺えるチーム力を有している。

★選手
◆マヌエル・ロカテッリ(ミラン)
Getty Images
▽復活の予感漂うミランから若きスター候補のMFロカテッリを選出。思いがけず守備の軸となっているベテランDFパレッタと迷ったが、MFモントリーボの負傷を受けて中盤アンカーの位置でレギュラーに定着した18歳を選んだ。ミランユース出身で各世代のイタリア代表に名を連ねてきたエリートのレジスタは、年齢に似つかわしくない冷静なプレーでチームに落ち着きを与えられる存在だ。とりわけ、パスセンスとミドルシュートは一級品で、ユベントス戦では決勝ゴールを叩き込んだ。彼の起用を機にミランが上昇し始めたのも偶然ではないはずだ。

【期待外れ】
★チーム
◆インテル
Getty Images
▽強豪が順当に上位に名を連ねた中、インテルが苦しんだ。開幕前に急きょ招へいしたF・デ・ブール監督のポゼッションサッカーが全くハマらず、低調な試合を繰り返した。FWイカルディこそリーグトップの14ゴールと奮闘したが、11試合で5敗という不調を受けて11月1日にF・デ・ブール監督を解任。ただ、後任のピオリ監督がカウンター主体の戦術に切り替えて以降は立ち直り、リーグ戦で5勝1分け1敗と好成績を収め、後半戦に期待を抱かせている。

★選手
◆ガブリエウ・バルボサ(インテル)
Getty Images
▽現在20歳とまだまだこれからの選手ではあるものの、F・デ・ブール、ピオリ両監督共にリオ五輪優勝メンバーの主力アタッカーに出場機会をほぼ与えなかった。初の欧州挑戦ということで戸惑っている面もあるだろうが、移籍金3000万ユーロという大金を叩いて獲得したにも関わらず、セリエAでの出場時間がわずか16分で全く戦力にならなかったのは計算外だったはずだ。既に代理人はブラジルのクラブが興味を示していると母国帰還を匂わせているが、ピオリ監督の言う辛抱さを持って耐えることができるか。

◆前半戦ベストイレブン
Getty Images
GK:ドンナルンマ
DF:マノラス、ボヌッチ、クリバリ
MF:サラー、ケディラ、ケシエ、アレックス・サンドロ
FW:ベロッティ、ゼコ、インモービレ

★磐石ユーベの6連覇を阻むチームは現れるか、ミラン復権は本物か
▽ケガ人を多数出し、本調子でないながらも着実に勝ち点を積み重ねていった王者ユベントスの6連覇を阻むチームが現れるのか。この点が後半戦における最大の見所に挙げられる。2月にCLが再開される中、ユベントスは引き続き過密日程を強いられる。万全の状況でセリエAを戦えないユベントスに対し、ローマやナポリ、ミランらが優勝争いを混戦にもつれ込ませることができるか。後半戦のセリエAの盛り上がりには欠かせない要素となる。

▽また、ミランの復権が本物であるかにも注目したい。昨季はライバルのインテルが前半戦を首位で終えたものの、後半戦で失速。優勝争いに加わることができなかった。近年、不振が続くミラノ勢だが、若手の台頭著しいミランが復活の足がかりとするシーズン後半戦とできるのかに注目したい。

▽CL出場権争いではピオリ監督の就任よって盛り返した7位インテルまで十分に手が届く位置にいると見ていいだろう。残留争いでは昇格組のクロトーネとペスカーラ、頻繁に監督の首をすげ替えるパレルモの3クラブの降格が濃厚だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン下部組織育ちの24歳デ・シリオが退団を希望?ユベントスが獲得に興味も

ミランのDFマッティア・デ・シリオが退団を検討していると、イタリアメディア『スカイスポーツ』が24日に報じている。<br><br>デ・シリオとの契約は2018年6月までと期限まで残り1年ほどになり、ミラン側は契約の更新へ向けて動いている。24日には、ミランのスポーツディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏がデ・シリオと面談を行い、選手の意向を確認した。ところがデ・シリオ本人は、他クラブからオファーがあった場合、移籍を希望していることを明らかにした。<br><br>デ・シリオには、ユヴェントスが数カ月前から獲得に興味を示している。昨年5月に行われたコッパ・イタリア決勝、ミランvsユベントス戦の席で、マッシミリアーノ・アッレグリはすれ違ったデ・シリオに対し、直接オファーを出したとも報じられている。<br><br>一方でサポーターとの確執もデ・シリオをミランから遠ざける要因となっている。23日のエンポリ戦(2-1でエンポリが勝利)では、デ・シリオが途中交代してピッチを去る際、厳しいブーイングが浴びせられた。試合終了後には、駐車場に現れたデ・シリオをサポーターが取り囲み一触即発の状態となる事態も発生した。<br><br>ユベントスはデ・シリオの獲得に1000万ユーロ(約12億円)前後のオファーを準備しているとも伝えられている。以前、生涯ミラン一筋を貫いたレジェンド、パオロ・マルディーニ氏を「目標としている」と話していたミラン生え抜きのデ・シリオだが、退団が現実的となるのか今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、今季の1stマッチで敗れたジェノアに完勝でリベンジ! ホーム戦連勝記録を33試合に更新《セリエA》

▽ユベントスは23日、セリエA第33節でジェノアをホームに迎え、4-0で圧勝した。 ▽前節の最下位ペスカーラ戦をイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進めている。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。そのバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。前線の3枚とボヌッチ、ケディラを引き続き先発とした。 ▽ユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦を2-2で引き分けて連敗を4で止めた16位ジェノア(勝ち点30)に対し、イグアインとマンジュキッチの2トップに、ディバラをトップ下に置く[3-4-1-2]を採用したユベントスは、開始4分にボヌッチが足を滑らせてシメオネに際どいシュートを浴びてしまう。 ▽それでも、7分にFKからボヌッチが決定的なヘディングシュートを浴びせると、その後はハーフコートゲームを展開。15分にディバラがコントロールシュートを浴びせると、17分に先制した。イグアインの浮き球パスに飛び出したゴール前のマルキジオがボレーで狙ったシュートはミートしきれなかったが、ムニョスに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに2分後、ケディラとのワンツーからボックス中央のディバラがゴール右にシュートを突き刺して一気にリードを2点に広げた。その後もポゼッションして試合をコントロールするユベントスは、35分にイグアインが左足ミドルでゴールに迫ると、41分に3点目を奪いきった。マンジュキッチが自身の入れたクロスのルーズボールをボックス左からダイレクトで狙うと、完璧にコントロールされたシュートがゴール右に決まった。 ▽3点をリードして迎えた後半、53分にFKからボヌッチがボレーシュートでネットを揺らすも、マンジュキッチのファウルを取られて4ゴール目とはならなかったユベントスだったが、引き続き主導権を握る。 ▽すると64分、先ほどゴールを取り消されたボヌッチが中央を持ち上がって右足を一閃。GKラマンナが一歩も動けない完璧なシュートをゴール左に突き刺した。 ▽その後も圧倒すると、70分にマルキジオとイグアインがそれぞれバーとポストに嫌われるシュートを浴びせ、77分にはアサモアのミドルシュートが右ポストを直撃。結局、5点目こそ奪えなかったものの、ジェノアを圧倒したユベントスが快勝。今季の1stマッチで敗れたジェノアにリベンジを果たし、ホーム戦33連勝とした。 2017.04.24 05:42 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ボカの若き司令塔ベンタンクールの完全移籍加入を発表…移籍金は11億円

▽ユベントスは21日、ボカ・ジュニアーズに所属するU-20ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(19)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年。移籍金は950万ユーロ(約11億1000万円)の分割払い。将来、ユベントスが他クラブに売却する際、その移籍金の50%がボカに支払われる。 ▽名門ボカの若き司令塔であるベンタンクールは、ミランやインテル、レアル・マドリーといった錚々たるビッグクラブが獲得に動いていると報じられた逸材。FWカルロス・テベスをボカに売却した際に優先交渉権を手にしていたユベントスは先日、メディカルチェックの通過を公表していた。 2017.04.22 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「ユベントスがカテナチオ? カルチョをわかっていない」元伊代表監督が進化を主張

元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏が20日、イタリアラジオ放送『Radio24』のインタビューに応じた。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、バルセロナ対ユベントスはスコアレスドローに終わり、1stレグを3-0で制していたユベントスが準決勝進出を決めた。この試合についてプランデッリは持論を展開している。<br><br>まずはユベントスの戦い方をカテナチオだとして批判したアリゴ・サッキ氏に向けて「ユベントスがカテナチオをしたなどと言っている者は、カルチョを何も理解していない」と話し、釘を刺した。<br><br>続いてユベントスがサッカー界のアヴァンギャルドであると主張し、この先数年、ユベントスの時代が続くことを予想した。<br><br>「革新的なサッカーをするチームが台頭し、サッカーの1つのサイクルが終わった。ユベントスの前半のようなプレーができるのは限られたクラブだけだ。ユベントスは進化を続ける新しいチームだ。一方、バルセロナの戦い方は以前と変わっておらず、1つの戦い方しか知らない。アッレグリには感服だ。ユベントスはこの先数年、ヨーロッパサッカーの主役となる」<br><br>なお準決勝の相手として、レオナルド・ジャルディム監督率いるモナコが難敵であり、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーが最も組みやすい相手だと述べている。<br><br>「準決勝の相手としてはモナコが1番避けるべき相手だと私は思う。スペインにまた行くのが良いだろうね。ブッフォンが言うようにアトレティコ(マドリー)はCLに集中しているが、レアルはできない。おそらくレアル相手がベストだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 19:58 Fri
twitterfacebook
thumb

CL準決勝の対戦カードが決定!! 王者マドリーはアトレティコとダービーマッチ!!《CL》

▽チャンピンズリーグ(CL)準決勝の対戦カード抽選会が21日にスイスのニヨンで行われた。 ▽今回の対戦カード抽選会では、前回大会王者でCL史上初となる連覇に挑むレアル・マドリーが、アトレティコ・マドリーとダービーマッチを戦う。また準々決勝でバルセロナに完勝し2大会ぶりのベスト4に進出したユベントスは、モナコとの対戦が決定した。 ▽なお、準決勝1stレグは5月2日(火)、3日(水)に実施され、2ndレグは9日(火)、10日(水)に行われる。対戦カードの左側のチームが1stレグをホームで実施。さらにモナコvsユベントスの勝利チームが、6月3日(土)にカーディフのウェールズ国立競技場で行われる決勝戦で名目上のホームチームとなる。 ▽今回決定した対戦カードは以下の取り。 ◆準決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う レアル・マドリー(スペイン)vsアトレティコ・マドリー(スペイン) モナコ(フランス)vsユベントス(イタリア) 2017.04.21 19:21 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース