【セリエA前半戦総括】6連覇へ着実なユーベ、ミランが復活の予感2017.01.07 07:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2位ローマに暫定4ポイント差を付けたユベントスが6連覇へ着実な歩みを見せている。MFポグバを失ったものの、FWイグアイン、MFピャニッチ、DFダニエウ・アウベスら実力者を加えた王者は、ミラノ勢にこそ敗れたが、ホーム戦9試合を全勝。ローマやナポリといったライバルを下すなど、第5節以降首位を快走した。3季目を迎えたアッレグリ監督の巧みな手腕によって導かれたチームは、ケガ人を抱えながらも大崩れせずに前半戦を乗り切った。

▽ユベントスの対抗馬筆頭であるローマは昨季不発に終わったFWゼコが本領を発揮し、リーグ最強の破壊力を見せている。FWサラーやMFナインゴランといった主軸も実力をコンスタントに発揮する中、不安視された守備もGKシュチェスニーやDFファシオの活躍でユベントスに次ぐ失点の少なさを誇っている。年内最終戦のユベントスとの大一番には敗れたが、ナポリやミラノ勢には勝利し、2位の座を死守した。

▽ローマを3ポイント差で追う3位にはナポリが滑り込んだ。チャンピオンズリーグ(CL)との兼ね合いや新エースFWミリクの負傷離脱もあって、リーグ戦でやや躓いたが、それでもリーグ最多ゴール数を記録するなど、イグアインが抜けたもののサッリ監督の下で魅力的なサッカーを続けている。年末はセンターFWで起用されたメルテンスの活躍も光った。

▽開幕前に監督問題でドタバタ劇のあったラツィオだが、S・インザーギ監督が4位に導いている。FWインモービレが昨季に続いて得点力を発揮し、MFフェリペ・アンデルソンが2年前のパフォーマンスを取り戻して、カウンターの威力が格段に増した。暫定5位のミランもモンテッラ監督の手腕によって若手選手が台頭してきた中で上位に留まった。そして、2016年最終戦のスーペル・コッパではユベントスをPK戦の末に破り、若きチームが自信を得るタイトルを手にしている。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWエディン・ゼコ(ローマ)
Getty Images
▽ユベントスに該当者が見当たらなかったため、ローマから選出。昨季はセリエAで8ゴールとふるわなかったが、今季は前半戦を終えた段階で13ゴールとエースとしての活躍を遺憾なく見せ付けている。開幕から10試合で10ゴールの成績は、ローマが前回スクデットを獲得した際の“レジェンド”であるFWバティストゥータと同スタッツだ。また、得点以外にも確度の高いポストプレーでサラーやペロッティ、ナインゴランらを生かしており、攻撃の核として十分な働きを見せた。

★最優秀監督
◆マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)
Getty Images
▽就任3季目の今季はポグバを失った他、度重なるケガ人にも見舞われたが、一切動じなかった。FWディバラやDFボヌッチといった代えが利かないと思われた選手たちの離脱をものともせず、FWマンジュキッチやDFルガーニを代役に立てて、見事乗り切った。CLでは低調ながら結果を残して首位通過を果たし、セリエAでも2位ローマに暫定4ポイント差を付けての首位と、確実に結果を残して見せた。

【期待以上】
★チーム
◆アタランタ
Getty Images
▽ビッグクラブに次ぐ6位で前半戦を終え、サプライズを与えた。ジェノアで攻撃サッカーを確立したガスペリーニ監督を招へいしたチームは、観る者を魅了するサッカーを披露した。[3-4-3]の攻撃的な布陣を採用し、FWアレハンドロ・ゴメスとMFコンティを軸とする分厚いサイドアタックを展開。中盤センターにはビッグクラブ注目のMFケシエとMFガルアルディーニが構え、3バックの中央にはユベントス移籍が内定しているカルダラと、好タレントが揃う。ポストプレーで存在感を示しているFWペターニャの得点力が上がれば、さらに上位を窺えるチーム力を有している。

★選手
◆マヌエル・ロカテッリ(ミラン)
Getty Images
▽復活の予感漂うミランから若きスター候補のMFロカテッリを選出。思いがけず守備の軸となっているベテランDFパレッタと迷ったが、MFモントリーボの負傷を受けて中盤アンカーの位置でレギュラーに定着した18歳を選んだ。ミランユース出身で各世代のイタリア代表に名を連ねてきたエリートのレジスタは、年齢に似つかわしくない冷静なプレーでチームに落ち着きを与えられる存在だ。とりわけ、パスセンスとミドルシュートは一級品で、ユベントス戦では決勝ゴールを叩き込んだ。彼の起用を機にミランが上昇し始めたのも偶然ではないはずだ。

【期待外れ】
★チーム
◆インテル
Getty Images
▽強豪が順当に上位に名を連ねた中、インテルが苦しんだ。開幕前に急きょ招へいしたF・デ・ブール監督のポゼッションサッカーが全くハマらず、低調な試合を繰り返した。FWイカルディこそリーグトップの14ゴールと奮闘したが、11試合で5敗という不調を受けて11月1日にF・デ・ブール監督を解任。ただ、後任のピオリ監督がカウンター主体の戦術に切り替えて以降は立ち直り、リーグ戦で5勝1分け1敗と好成績を収め、後半戦に期待を抱かせている。

★選手
◆ガブリエウ・バルボサ(インテル)
Getty Images
▽現在20歳とまだまだこれからの選手ではあるものの、F・デ・ブール、ピオリ両監督共にリオ五輪優勝メンバーの主力アタッカーに出場機会をほぼ与えなかった。初の欧州挑戦ということで戸惑っている面もあるだろうが、移籍金3000万ユーロという大金を叩いて獲得したにも関わらず、セリエAでの出場時間がわずか16分で全く戦力にならなかったのは計算外だったはずだ。既に代理人はブラジルのクラブが興味を示していると母国帰還を匂わせているが、ピオリ監督の言う辛抱さを持って耐えることができるか。

◆前半戦ベストイレブン
Getty Images
GK:ドンナルンマ
DF:マノラス、ボヌッチ、クリバリ
MF:サラー、ケディラ、ケシエ、アレックス・サンドロ
FW:ベロッティ、ゼコ、インモービレ

★磐石ユーベの6連覇を阻むチームは現れるか、ミラン復権は本物か
▽ケガ人を多数出し、本調子でないながらも着実に勝ち点を積み重ねていった王者ユベントスの6連覇を阻むチームが現れるのか。この点が後半戦における最大の見所に挙げられる。2月にCLが再開される中、ユベントスは引き続き過密日程を強いられる。万全の状況でセリエAを戦えないユベントスに対し、ローマやナポリ、ミランらが優勝争いを混戦にもつれ込ませることができるか。後半戦のセリエAの盛り上がりには欠かせない要素となる。

▽また、ミランの復権が本物であるかにも注目したい。昨季はライバルのインテルが前半戦を首位で終えたものの、後半戦で失速。優勝争いに加わることができなかった。近年、不振が続くミラノ勢だが、若手の台頭著しいミランが復活の足がかりとするシーズン後半戦とできるのかに注目したい。

▽CL出場権争いではピオリ監督の就任よって盛り返した7位インテルまで十分に手が届く位置にいると見ていいだろう。残留争いでは昇格組のクロトーネとペスカーラ、頻繁に監督の首をすげ替えるパレルモの3クラブの降格が濃厚だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ピャニッチが古巣ローマのライバル、ラツィオのユニを踏みつけSNSで話題に

ユベントスのMFミラレム・ピャニッチが対戦相手ラツィオのユニフォームを踏みつけた写真をSNSで投稿し、ラツィオサポーターから非難の声が上がっている。<br><br>ピャニッチは22日、前日に行われたセリエA第21 節ユベントス対ラツィオ戦(2-0)終了後のロッカールームの様子を写した写真をインスタグラムに投稿した。<br><br>チームメートのFWゴンサロ・イグアイン、DFレオナルド・ボヌッチ、FWパウロ・ディバラらと笑顔で写真に納まるピャニッチだが、足元に転がるラツィオのユニフォームをさりげなく、サンダルを履いた足で踏みつけている。<br><br>これを見たラツィオサポーターからは、「何も変わってないな。ローマスタイルが体に染みついたままだ」などと、憤りの声が上がった。<br><br>ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のピャニッチは昨夏、ラツィオとライバル関係にあるローマから加入した。ユベントスの主力メンバーとして活躍する現在も、ラツィオへの敵対心を隠せないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.23 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、コラシナク獲得失敗ならR・ロドリゲス争奪戦に参戦?…インテル&アーセナル関心の左サイドバック

▽ユベントスは、ヴォルフスブルクに所属するスイス代表DFリカルド・ロドリゲス(24)の争奪戦に加わる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽報道によれば、新たな左サイドバックの確保に動くユベントスは、シャルケに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナクの獲得失敗に備えて、R・ロドリゲスをリストアップ。インテルやアーセナルも関心を示す中、今夏のオファーを考慮しているという。 ▽2012年1月からヴォルフスブルクでプレーするR・ロドリゲスは、現在の市場における左サイドバックの人気銘柄。今シーズンのブンデスリーガでは、ここまで16試合2ゴール2アシストを記録している。 2017.01.23 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 2-0 ラツィオ《セリエA》

▽セリエA第21節ユベントスvsラツィオが22日に行われ、2-0でユベントスが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170122_37_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 難しい枠内シュートはなかった DF 26 リヒトシュタイナー 6.0 とりわけ前半は質の高い攻撃参加を見せた (→バルザーリ 5.5) 右サイドバックに入ってそつなこなす 19 ボヌッチ 5.5 前半に一度軽率なミスを犯すもその後は安定 3 キエッリーニ 6.0 要所を締めた守備を続けた 22 アサモア 6.0 アレックス・サンドロの出場停止を受けて出場。とりわけ守備面で集中していた MF 7 クアドラード 6.0 イグアインのゴールをアシスト。果敢に仕掛けて対面の選手に圧力をかける 5 ピャニッチ 6.0 テンポ良くボールを動かした 21 ディバラ 6.5 61分の決定機は決めたかったが、華麗なボレーで先制弾 (→リンコン -) 6 ケディラ 5.5 無難なパス出しに徹する 17 マンジュキッチ 6.5 先制点をアシスト。不慣れな左サイドでのプレーも持ち前の献身性でそつなくこなした FW 9 イグアイン 6.5 決定機を確実に生かして追加点を奪取。守備意識も高かった (→ピアツァ -) 監督 アッレグリ 6.5 攻撃的な布陣を採用し、圧倒的な勝率を誇るホームで見事勝利を取り戻した ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170122_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 マルケッティ 5.5 2失点も鋭い飛び出しを見せていた DF 4 パトリック 5.0 2失点に関与。マンジュキッチの高さに苦戦 3 デ・フライ 5.0 イグアインに付ききれず 13 ワラセ 5.0 緩慢な対応が目立った。デ・フライとの連係がイマイチ 26 ラドゥ 5.0 クアドラードに対応できず (→J・ルカク 5.5) ソリッドにプレー MF 16 パローロ 5.0 攻守に凡庸 20 ビリア 5.0 後半にミドルシュートを狙ったが、試合を組み立てられず (→ジョルジェビッチ 5.0) 右サイドでプレーも効果的ではなかった 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 2戦連続ゴール中の好調さを発揮しきれず FW 25 ロンバルディ 5.0 守備に追われた (→ムルジャ 5.5) 中盤アンカーでプレー。ボールを無難に捌く 17 インモービレ 5.5 スピードを生かして何度かスペースでボールを受ける 10 フェリペ・アンデルソン 5.0 攻撃面で違いを生み出せず 監督 S・インザーギ 5.0 ミッドウィークにコッパ・イタリアを戦った影響か、低調だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディバラ(ユベントス) ▽左サイドハーフとして献身的な守備を見せたマンジュキッチも素晴らしい働きを見せたが、トップ下の位置で攻撃を牽引したディバラを選出。先制点はシュート技術の高さを証明するゴールだった。 ユベントス 2-0 ラツィオ 【ユベントス】 ディバラ(前5) イグアイン(前17) 2017.01.22 22:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラ&イグアイン弾のユベントスが好調ラツィオに快勝 ホーム戦連勝記録は27に《セリエA》

▽セリエA第21節ユベントスvsラツィオが22日に行われ、2-0でユベントスが快勝した。 ▽前節は真っ向勝負を挑んできたフィオレンティーナの前に今季4敗目を喫して連勝が4で止まった首位ユベントス(勝ち点45)は、アレックス・サンドロとストゥラーロを出場停止で欠く中、2列目に右からクアドラード、ディバラ、マンジュキッチと配す[4-2-3-1]を採用。そして、ダニエウ・アウベスが約1カ月半ぶりに戦列復帰し、ベンチに入った。前々節ホーム戦26連勝のセリエA記録を樹立したユベントス・スタジアムで勝利を取り戻しにかかった。 ▽一方、アタランタとの上位対決を逆転で制して4位をキープしたラツィオ(勝ち点40)は、4日前に行われたコッパ・イタリアのジェノア戦を4-2と快勝。リーグ戦ここ5試合で4勝と好調なチームは、ミリンコビッチ=サビッチとインモービレが公式戦2戦連続ゴールと勢いに乗る中、日程面でのディスアドバンテージを跳ね返しにかかった。 ▽立ち上がりからボールを保持したユベントスは5分、最初のチャンスをモノにする。マンジュキッチが頭で落としたボールをボックス手前右のディバラがボレー。綺麗に捉えた弾道の低いシュートが見事ゴール左に決まった。 ▽先制後もポゼッションしたユベントスが試合をコントロールすると、17分に追加点を奪いきる。右サイドからのクアドラードの鋭いクロスにイグアインがいち早く反応。右足でプッシュしてネットを揺らした。 ▽防戦一方のラツィオは25分、ようやくミリンコビッチ=サビッチがミドルシュートでユベントスゴールに迫るも、守勢が続く。30分にはディバラのFKからイグアインにヘディングでネットを揺らされたが、オフサイドで助かった。 ▽42分には流れの中から上がっていたボヌッチがイグアインの右クロスにボレーで合わせる決定機を演出したユベントスが、ラツィオの枠内シュートを0本に抑えて圧倒したまま2点をリードしてハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、アグレッシブな入りを見せたラツィオは52分、フェリペ・アンデルソンがこの試合初めての枠内シュートをマーク。53分にはディバラのミドルシュートで牽制されるも、ビリアのコントロールシュートでゴールに近づく。そして、60分にはビリアに代えてジョルジェビッチを右サイドに投入し、攻撃の枚数を増やした。 ▽守備に徹していたユベントスは61分、イグアインのスルーパスに抜け出したディバラが決定機を迎えたが、GKマルケッティの飛び出しによりシュート精度を欠いて枠を外してしまう。それでも、重心を下げてラツィオの攻撃を跳ね返し、2点のリードを保っていく。 ▽終盤にかけて、ディバラをお役御免としリンコンを投入して守備を締めにかかったユベントスが、ラツィオの攻撃をシャットアウト。勝利を取り戻すとともに、ホーム戦連勝記録を27に伸ばした。 2017.01.22 22:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントス、リバプールのMFカンをスカウティングか

▽ユベントスは、リバプールのドイツ代表MFエムレ・カン(23)に対する関心を高めているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽報道によれば、ユベントスは強さを売りとする中盤の獲得に動いている模様。そこで、ここ数週間にわたり、スカウト陣をイングランドに派遣し、カンのプレーぶりを視察しているという。 ▽2014年夏にレバークーゼンからリバプールに移籍したカンは、今シーズンのここまで公式戦22試合2ゴール3アシストを記録。リバプールとの現行契約は2018年6月に満了を迎えるとみられている。 2017.01.22 09:30 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース