超ワールドサッカー

【セリエA前半戦総括】6連覇へ着実なユーベ、ミランが復活の予感2017.01.07 07:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2位ローマに暫定4ポイント差を付けたユベントスが6連覇へ着実な歩みを見せている。MFポグバを失ったものの、FWイグアイン、MFピャニッチ、DFダニエウ・アウベスら実力者を加えた王者は、ミラノ勢にこそ敗れたが、ホーム戦9試合を全勝。ローマやナポリといったライバルを下すなど、第5節以降首位を快走した。3季目を迎えたアッレグリ監督の巧みな手腕によって導かれたチームは、ケガ人を抱えながらも大崩れせずに前半戦を乗り切った。

▽ユベントスの対抗馬筆頭であるローマは昨季不発に終わったFWゼコが本領を発揮し、リーグ最強の破壊力を見せている。FWサラーやMFナインゴランといった主軸も実力をコンスタントに発揮する中、不安視された守備もGKシュチェスニーやDFファシオの活躍でユベントスに次ぐ失点の少なさを誇っている。年内最終戦のユベントスとの大一番には敗れたが、ナポリやミラノ勢には勝利し、2位の座を死守した。

▽ローマを3ポイント差で追う3位にはナポリが滑り込んだ。チャンピオンズリーグ(CL)との兼ね合いや新エースFWミリクの負傷離脱もあって、リーグ戦でやや躓いたが、それでもリーグ最多ゴール数を記録するなど、イグアインが抜けたもののサッリ監督の下で魅力的なサッカーを続けている。年末はセンターFWで起用されたメルテンスの活躍も光った。

▽開幕前に監督問題でドタバタ劇のあったラツィオだが、S・インザーギ監督が4位に導いている。FWインモービレが昨季に続いて得点力を発揮し、MFフェリペ・アンデルソンが2年前のパフォーマンスを取り戻して、カウンターの威力が格段に増した。暫定5位のミランもモンテッラ監督の手腕によって若手選手が台頭してきた中で上位に留まった。そして、2016年最終戦のスーペル・コッパではユベントスをPK戦の末に破り、若きチームが自信を得るタイトルを手にしている。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWエディン・ゼコ(ローマ)
Getty Images
▽ユベントスに該当者が見当たらなかったため、ローマから選出。昨季はセリエAで8ゴールとふるわなかったが、今季は前半戦を終えた段階で13ゴールとエースとしての活躍を遺憾なく見せ付けている。開幕から10試合で10ゴールの成績は、ローマが前回スクデットを獲得した際の“レジェンド”であるFWバティストゥータと同スタッツだ。また、得点以外にも確度の高いポストプレーでサラーやペロッティ、ナインゴランらを生かしており、攻撃の核として十分な働きを見せた。

★最優秀監督
◆マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)
Getty Images
▽就任3季目の今季はポグバを失った他、度重なるケガ人にも見舞われたが、一切動じなかった。FWディバラやDFボヌッチといった代えが利かないと思われた選手たちの離脱をものともせず、FWマンジュキッチやDFルガーニを代役に立てて、見事乗り切った。CLでは低調ながら結果を残して首位通過を果たし、セリエAでも2位ローマに暫定4ポイント差を付けての首位と、確実に結果を残して見せた。

【期待以上】
★チーム
◆アタランタ
Getty Images
▽ビッグクラブに次ぐ6位で前半戦を終え、サプライズを与えた。ジェノアで攻撃サッカーを確立したガスペリーニ監督を招へいしたチームは、観る者を魅了するサッカーを披露した。[3-4-3]の攻撃的な布陣を採用し、FWアレハンドロ・ゴメスとMFコンティを軸とする分厚いサイドアタックを展開。中盤センターにはビッグクラブ注目のMFケシエとMFガルアルディーニが構え、3バックの中央にはユベントス移籍が内定しているカルダラと、好タレントが揃う。ポストプレーで存在感を示しているFWペターニャの得点力が上がれば、さらに上位を窺えるチーム力を有している。

★選手
◆マヌエル・ロカテッリ(ミラン)
Getty Images
▽復活の予感漂うミランから若きスター候補のMFロカテッリを選出。思いがけず守備の軸となっているベテランDFパレッタと迷ったが、MFモントリーボの負傷を受けて中盤アンカーの位置でレギュラーに定着した18歳を選んだ。ミランユース出身で各世代のイタリア代表に名を連ねてきたエリートのレジスタは、年齢に似つかわしくない冷静なプレーでチームに落ち着きを与えられる存在だ。とりわけ、パスセンスとミドルシュートは一級品で、ユベントス戦では決勝ゴールを叩き込んだ。彼の起用を機にミランが上昇し始めたのも偶然ではないはずだ。

【期待外れ】
★チーム
◆インテル
Getty Images
▽強豪が順当に上位に名を連ねた中、インテルが苦しんだ。開幕前に急きょ招へいしたF・デ・ブール監督のポゼッションサッカーが全くハマらず、低調な試合を繰り返した。FWイカルディこそリーグトップの14ゴールと奮闘したが、11試合で5敗という不調を受けて11月1日にF・デ・ブール監督を解任。ただ、後任のピオリ監督がカウンター主体の戦術に切り替えて以降は立ち直り、リーグ戦で5勝1分け1敗と好成績を収め、後半戦に期待を抱かせている。

★選手
◆ガブリエウ・バルボサ(インテル)
Getty Images
▽現在20歳とまだまだこれからの選手ではあるものの、F・デ・ブール、ピオリ両監督共にリオ五輪優勝メンバーの主力アタッカーに出場機会をほぼ与えなかった。初の欧州挑戦ということで戸惑っている面もあるだろうが、移籍金3000万ユーロという大金を叩いて獲得したにも関わらず、セリエAでの出場時間がわずか16分で全く戦力にならなかったのは計算外だったはずだ。既に代理人はブラジルのクラブが興味を示していると母国帰還を匂わせているが、ピオリ監督の言う辛抱さを持って耐えることができるか。

◆前半戦ベストイレブン
Getty Images
GK:ドンナルンマ
DF:マノラス、ボヌッチ、クリバリ
MF:サラー、ケディラ、ケシエ、アレックス・サンドロ
FW:ベロッティ、ゼコ、インモービレ

★磐石ユーベの6連覇を阻むチームは現れるか、ミラン復権は本物か
▽ケガ人を多数出し、本調子でないながらも着実に勝ち点を積み重ねていった王者ユベントスの6連覇を阻むチームが現れるのか。この点が後半戦における最大の見所に挙げられる。2月にCLが再開される中、ユベントスは引き続き過密日程を強いられる。万全の状況でセリエAを戦えないユベントスに対し、ローマやナポリ、ミランらが優勝争いを混戦にもつれ込ませることができるか。後半戦のセリエAの盛り上がりには欠かせない要素となる。

▽また、ミランの復権が本物であるかにも注目したい。昨季はライバルのインテルが前半戦を首位で終えたものの、後半戦で失速。優勝争いに加わることができなかった。近年、不振が続くミラノ勢だが、若手の台頭著しいミランが復活の足がかりとするシーズン後半戦とできるのかに注目したい。

▽CL出場権争いではピオリ監督の就任よって盛り返した7位インテルまで十分に手が届く位置にいると見ていいだろう。残留争いでは昇格組のクロトーネとペスカーラ、頻繁に監督の首をすげ替えるパレルモの3クラブの降格が濃厚だ。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウド、CL決勝で堅守のユベントス撃破に自信「弱点は常にある」

チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦に臨むレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスの弱点はわかっていると話し、自信を示した。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>6月3日にチャンピオンズリーグ決勝が行われ、欧州の2016-17シーズンはクライマックスを迎える。激突するのはC・ロナウドを中心とした攻撃に強みを持つレアル・マドリーと、ジャンルイジ・ブッフォン擁する堅守で勝ち上がってきたユベントスだ。ロナウドはユベントスのクオリティを称賛しながら、撃破に自信を見せている。<br><br>「ユベントスが素晴らしいチームであることは、セリエA、コッパ・イタリアの優勝で証明されている。アトレチコ・マドリーのようなチームだね」<br><br>「彼らは優れた守備を持つが、常に弱点があるし、そこを攻撃する方法を見つける必要があるね」<br><br>また、CL史上初の連覇にも意欲を見せた。<br><br>「全員が歴史を作りたいと考えているはずだ。それは特権だからね。とても難しいことはわかっているけど、僕らはマドリーで、優勝が現実的であることもわかっている」<br><br>「決勝は準決勝のアトレティコ戦に似ている。両チームとも相手のミスを活かそうとしてくる。選手やファンにとっても素晴らしい試合になると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

17歳FWケアンのセリエA初ゴールでユベントスが最終戦を飾る《セリエA》

▽ユベントスは27日、セリエA最終節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節クロトーネ戦を3-0と快勝して史上初のセリエA6連覇を達成したユベントスは、1週間後にチャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリー戦を控える中、GKブッフォンのほかバックラインを中心に主力を温存。GKにはトップチーム初出場となる20歳のアウデーロを起用し、負傷明けのケディラがスタメンとなった。 ▽15位ボローニャに対し、立ち上がりから敵陣でプレーを続けたユベントスは、アタッキングサードでのディバラとクアドラードの仕掛けを起点にアクセントを付けていく。 ▽すると20分、ボックス中央のイグアインが反転から枠内シュートを浴びせてけん制。続く28分にはケディラのスルーパスを受けたボックス左のストゥラーロが決定的なシュートを浴びせるも、DFの好ブロックに阻まれた。 ▽前半半ば以降も敵陣でのプレーを続けたユベントスは45分、イグアインのミドルシュートでゴールに迫ったが枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始1分にイグアインのスルーパスからケディラが決定的なシュートを浴びせたユベントスだったが、52分に失点する。ボックス手前左からのタイデルの巻いたミドルシュートがゴール右上に吸い込まれた。 ▽ファインゴールで先手を取られたユベントスは、マルキジオに代えてピャニッチを、ケディラに代えてマンジュキッチを投入。選手交代で攻勢を強めていくと、69分にディバラがコントロールシュートでゴールに迫ったが、GKダ・コスタのビッグセーブに阻まれた。それでも直後の70分、CKの流れからイグアインのシュートのルーズボールをディバラが蹴り込んで試合を振り出しに戻した。 ▽同点後も押し込んだユベントスは、終盤の89分にヴィヴィアーニの直接FKでゴールを脅かされ、ひやりとする。そのまま1-1でタイムアップを迎えるかに思われたが、追加タイム4分にピャニッチのFKからケアンのヘディングシュートが決まって土壇場でユベントスが逆転勝利。 ▽17歳FWケアンのセリエA初ゴールが生まれたユベントスがセリエA最終戦を勝利で終え、レアル・マドリー戦に弾みを付けている。 2017.05.28 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ優勝セレモニーで涙目だったボヌッチの息子…憧れのトリノFWベロッティに会い笑顔に

レオナルド・ボヌッチの所属するユベントスは21日、セリエA第37節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利を収めた。これにより最終節を前に6シーズン連続33回目の優勝を決めた。ボヌッチ一家もユベントススタジアムを訪れ、スクデット獲得に歓喜したのだが、息子のロレンツォだけは1人悲しげな表情を浮かべていた。<br><br>ボヌッチがこれまでユーベ守備陣の要として活躍してきたことは周知のとおり。しかし、ボヌッチの息子ロレンツォはライバルチームのトリノファンであり、父親のスクデット奪取にも複雑な表情を見せていたという。現地時間25日、ボヌッチが自身のインスタグラムを更新し、ロレンツォに笑顔が戻ったことを報告した。<br><br>父親はイタリア王者ユベントスの一員であるが、ロレンツォには関係ない。トリノ市内にある学校の友達の影響で、ロレンツォの心はグラナータ(トリノのカラー)一色となり、トリノのスター、FWアンドレア・ベロッティのサイン入り帽子を枕元に置いて眠るほどの熱狂的ファンだという。しかし、父親の所属するユベントスの優勝セレモニーでは、自身の心に反しながらも空気を読み、MFミラレム・ピャニッチのユニフォームを着て参加した。<br><br>&nbsp;Stasera si che mi sono divertito, non come alla festa scudetto! ?? grazie @gallobelotti #cena #felicita<br><br>Leonardo Bonucciさん(@bonuccileo19)がシェアした投稿 - 2017 5月 25 2:25午後 PDT<br><br> ボヌッチはそんな息子の協力に感謝し、ベロッティとの夕食をプレゼントした。ボヌッチが公開した写真には、ベロッティに抱えられ、ようやく笑顔を見せたロレンツォの姿が写っている。ボヌッチは皮肉を交えて「今夜ばかりは僕も楽しめたよ。スクデットのセレモニーとは違ってね!」と発言。トリノの熱心なティフォージになってしまった息子ロレンツォに複雑な心境のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マンジュキッチと2020年までの新契約締結! 今季左ウイングで新境地

▽ユベントスは25日、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(31)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2015年にアトレティコ・マドリーからユベントスに加入したマンジュキッチは、加入初年度となった2015-16シーズンにリーグ戦27試合に出場し、10ゴールを記録。同クラブのセリエAとコッパ・イタリアのシーズンダブルに貢献した。 ▽今シーズンは、ナポリからアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの加入によって、出場機会が減少するかに思われたが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の採用した前線に4人のアタッカーを起用する超攻撃的な[4-2-3-1]の左ウイングとして新境地を開拓。 ▽圧倒的な高さと強さを生かしたプレーで相手サイドバックとのミスマッチを作り出して前線の起点となると、守備の局面ではその強さを献身的なプレスバックなどに活用し、守備の安定にも貢献。今季ここまでは公式戦48試合に出場し、10ゴール8アシストの数字を残している。 ▽今夏の移籍市場では、ベシクタシュやウェストハムなどからの関心を集めていたものの、ユベントスと新たな3年契約にサインすることになった。 2017.05.25 23:20 Thu
twitterfacebook
thumb

離脱中のカルバハル、順調ならCL決勝で先発可能に?

▽スペイン『マルカ』によると、レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルの怪我は、快方に向かっているようだ。 ▽5月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、アトレティコ・マドリー戦で、右足大腿二頭筋を負傷したカルバハル。今季絶望と言われたが、6月3日のCL決勝ユベントス戦の出場へ向けて、順調に回復している。 ▽『マルカ』によれば、カルバハルは練習参加に近づいているようで、このまま怪我の再発がなく順調にいけば、CL決勝で先発できる可能性もありそうだ。 2017.05.25 21:35 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース