CLのグループステージでブレイクしたベストイレブンは!? 最多選出はドルトムントの3名2016.12.26 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベスト16進出チームが決定し、組み合わせも決定している今シーズンのチャンピオンズリーグ。『UEFA.com』がグループステージを振り返り、今大会でブレイクした選手でのベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』選出のベストイレブンは、[3-4-3]のシステムに当てはめられ、7クラブから選出。さらに監督も1名選出している。

▽まず、ゴールマウスを守るのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(23)だ。グループステージの全6試合に出場し6失点の成績を残している。

▽3バックは、バルセロナから2選手が選出。スペイン代表DFセルジ・ロベルト(24)、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(23)が選ばれた。セルジ・ロベルト、ユムティティともにグループステージでは4試合でプレーしている。また、3バックのもう一角はベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)が選ばれたリンデロフはグループステージ全6試合に出場し、チームのベスト16入りに貢献している。

▽中盤の4枚にはバイエルンから2選手が選出。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(21)とポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)が選ばれた。キミッヒは5試合に出場し3得点を記録、レナト・サンチェスは5試合に出場した。また、右サイドには全6試合に出場し2得点を挙げたモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)、左サイドには3試合に出場し1得点を挙げたドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(23)が選ばれた。

▽3トップにはドルトムントから2選手が選出。左ウイングにはフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)、右ウイングにはアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)が選ばれた。デンベレは6試合に出場し1得点、プリシッチは6試合に出場した。また、センターにはポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)が選出された。アンドレ・シウバは6試合に出場し4得点を記録している。

▽また、このチームを率いる指揮官にはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が選出されている。今回発表されたベストイレブンは以下のとおり。

◆ブレイクスルー ベストイレブン
GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン/23)

DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ/24)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/23)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/22)

MF
トマ・ルマール(モナコ/21)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/21)
レナト・サンチェス(バイエルン/19)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/23)

FW
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント/18)
アンドレ・シウバ(ポルト/21)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/19)

監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)

コメント

関連ニュース

thumb

ファン投票のUEFAベストイレブンが発表! マドリーから最多5名選出

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」を発表した。 ▽ファン投票で決まるベストイレブン。79万8149人の『UEFA.com』ユーザーの投票によって選ばれた2017年のヨーロッパ最高の11人には、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を成し遂げたレアル・マドリーから最多5人が選出された。 ▽なお、ノミネートされた候補50名の中で最も得票率が高かったのは、レアル・マドリーの主将DFセルヒオ・ラモスの73.7パーセントとなり、続いてレアル・マドリーDFマルセロの70パーセント、3位にはバルセロナFWリオネル・メッシの59.8パーセントとなった。 ▽また、チェルシーMFエデン・アザールが昨シーズンCL出場がなかったチーム所属選手で唯一の選出となっている。今回発表された「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」は以下の通り。 ◆「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」 GK ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス) DF ダニエウ・アウベス(ユベントス/パリ・サンジェルマン) セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) マルセロ(レアル・マドリー) MF ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) エデン・アザール(チェルシー) トニ・クロース(レアル・マドリー) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー) FW リオネル・メッシ(バルセロナ) クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) ※フォーメーションは[4-3-3]で掲載 2018.01.11 23:09 Thu
twitterfacebook
thumb

2017年のCLでブレイクしたのは!? 『UEFA.com』がCLブレイクベストイレブンを選出!

▽『UEFA.com』は、2017年のチャンピオンズリーグで躍動した若手選手でのベストイレブン「BREAKTHROUGH TEAM 2017」を発表した。 ▽『UEFA.com』選出によるベストイレブンは、「24歳以下」であり、「2017年にCLデビューを果たした選手か、経験が少なく、今年大きな飛躍を遂げた選手」を基準に選出されている。 ▽フォーメーションは[4-3-3]を採用。GKは、プレミアリーグで無類の強さを見せつけているマンチェスター・シティのエデルソン。昨シーズンばベンフィカでプレーしていた。右サイドバックは同じくベンフィカでプレーし、今シーズンからバルセロナでプレーするネルソン・セメド。センターバックは、トッテナムのダビンソン・サンチェス、バイエルンのニクラス・ジューレが選ばれた。左サイドバックには、セルティックのキーラン・ティアニー。20歳ながら、セルティックで100試合以上に出場し、スコットランド代表でキャプテンを務めている。 ▽中盤は、トッテナムのハリー・ウィンクス、ベシクタシュのタリスカ、レアル・マドリーのマルコ・アセンシオの3名。前線は、パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ、RBライプツィヒのティモ・ヴェルナー、バーゼルのディミトリ・オベルリンが選ばれている。ムバッペは6試合で4ゴール、ヴェルナーは6試合で3ゴール、オベルリンは6試合で4ゴールを記録し、チームのラウンド16進出に貢献していた。 ◆BREAKTHROUGH TEAM 2017 GK エデルソン(24/マンチェスター・シティ) DF ネルソン・セメド(24/バルセロナ) ダビンソン・サンチェス(21/トッテナム) ニクラス・ジューレ(22/バイエルン) キーラン・ティアニー(20/セルティック) MF ハリー・ウィンクス(21/トッテナム) タリスカ(23/ベシクタシュ) マルコ・アセンシオ(21/レアル・マドリー) FW キリアン・ムバッペ(19/パリ・サンジェルマン) ティモ・ヴェルナー(21/RBライプツィヒ) ディミトリ・オベルリン(20/バーゼル) 2017.12.27 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過

▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。 ■グループH順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.トッテナム[16/5/1/0/11] 2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10] 3.ドルトムント[2/0/2/4/-6] 4.アポエル[2/0/2/4/-15] ◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。 ◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。 ◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。 ◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。 2017.12.13 18:07 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループG総括】完成度際立ったベシクタシュが首位で初突破! 昨季4強モナコが未勝利で敗退…

▽メガクラブ不在も昨季ベスト4のモナコを筆頭に、ベシクタシュ、ポルト、RBライプツィヒと弱小クラブ不在のグループGでは、混戦が予想された中で頭一つ抜け出したトルコ王者が初の決勝トーナメント進出を首位通過で決めた。また、ライプツィヒとの接戦を制したポルトが2位での突破を決めている。 ■グループG順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ベシクタシュ[14/4/2/0/6] 2.ポルト[10/3/1/2/5] 3.RBライプツィヒ[7/2/1/3/-1] 4.モナコ[2/0/2/4/-10] ◆史上初の決勝T進出~ベシクタシュ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季のグループステージでの経験を礎に、智将ギュネシュ監督の下で攻守に完成度の高さを見せたベシクタシュが本命不在となった実力拮抗のグループを見事に首位通過した。トルコ代表の主力を軸に、百戦錬磨のDFペペ、DFアドリアーノ、FWクアレスマ、FWバベルと実力者を揃えるトルコ王者は、4勝2分けの無敗とグループステージを通じて安定感が光った。これまでトルコ勢は熱狂的なサポーターの後押しを武器にホームでの戦いを得意とする一方、アウェイでの脆さが目立った。しかし、今大会ではペペら百戦錬磨のベテランを中心にアウェイでの巧みな試合運びが目立ち、難敵相手のアウェイゲームを全勝したことが首位通過に繋がった。なお、クラブ史上初の決勝トーナメントでは、2位通過組で最も当たりたくなかったチームの1つであるバイエルンと対戦する。 ◆混戦制して2位通過~ポルト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽最終節までもつれ込むライプツィヒとの接戦を制して見事に2位通過を果たした。開幕から国内リーグで驚異的な堅守を誇ったチームだが、ホームでのベシクタシュとの初戦では1-3の大敗を喫する厳しいスタートとなった。しかし、2003-04シーズンのCLファイナルの再現カードとなったモナコとの2試合をいずれも大勝し、ライプツィヒとの直接対決を当該得失点差で優位に立ったことが決め手となり、2年連続の決勝トーナメント行きを決めた。決勝トーナメント1回戦ではリバプールとの対戦となるだけに、シーズン序盤の堅守を取り戻せるかが重要となる。 ◆初出場で善戦も及ばず~RBライプツィヒ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽クラブ創設時以来の悲願となっていた初のCLの舞台は、惜しくも3位フィニッシュに終わった。若手主体のメンバー構成という影響もあり、指揮官、選手を含め初のCLで硬さが見えた序盤2試合を1敗1分けの未勝利で終えたチームは、第3節でポルトとの打ち合いを制して待望のCL初勝利。だが、以降の3試合では相手の自滅に助けられたモナコ戦での大勝を除き、2試合で競り負けるなど、グループステージ全体を通して経験不足が目に付いた。それでも、エースFWヴェルナー、MFフォルスベリ、DFウパメカーノなど若手逸材タレントは要所でそのポテンシャルを発揮しており、今後に繋がる戦いとなったはずだ。なお、同じく初舞台となるELのラウンド32では、CL3位敗退組の強豪ナポリ戦との対戦が決定しており、ここでも難しい試合が待っていそうだ。 ◆昨季ベスト4が未勝利で敗退…~モナコ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、躍動感溢れる若きスカッドが痛快な戦いぶりでベスト4進出を果たしたモナコだが、今季はグループステージ未勝利での敗退という屈辱を味わうことになった。昨季の快進撃を支えたDFメンディ、MFバカヨコ、MFベルナルド・シウバ、FWムバッペという若手4人が引き抜かれたモナコは、その後釜にDFコンゴロ、MFティーレマンス、FWヨベティッチ、FWケイタらを獲得したものの、いずれもフィットに時間がかかっており、国内リーグと共にCLの舞台でも苦戦が続いた。また、コンディションに問題を抱える主砲FWファルカオの存在感が希薄だったこともあり、グループステージを通じて精神的に締まらないゲームが目立った。 2017.12.13 18:06 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループF総括】シティ盤石、シャフタールがナポリを食う

▽マンチェスター・シティとナポリが本命と思われたグループFだったが、シャフタールがナポリを出し抜いて2位通過を果たした。フェイエノールトは案の定、蚊帳の外だった。 ■グループF順位表■ [勝ち点/得失点] 1:マンチェスター・シティ[15/9] 2:シャフタール[12/0] 3:ナポリ[6/0] 4:フェイエノールト[3/-9] ◆完成度高めて余裕の首位通過~マンチェスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_61_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は脆弱な守備も散見してベスト16で敗退したシティだったが、グアルディオラ体制2季目の今季はチームとしての完成度を一気に高めていることを証明した。とりわけ第3節、第4節と連戦したナポリ戦ではシティの強さが遺憾なく発揮された。シティ同様、完成度の高いサッカーを展開するナポリをシティは凌駕。2連勝とし、2試合を残してグループステージ突破を決めた。 ◆ナポリとの2位争いを制す~シャフタール~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_62_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ナポリが2位通過と目されたグループでシャフタールが3年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。タイソンやベルナール、マルロスら優れたテクニックと機動力を持つブラジル人が主軸のシャフタールは、初戦でナポリを撃破。対戦順にも恵まれ、第3節、第4節とフェイエノールト相手に連勝したことでグループステージ突破を近づけた。結局、第5節ナポリ戦では0-3と完敗したものの、最終節では首位通過を決め、主力を温存してきたシティに勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。 ◆シティと好勝負もシャフタールに出し抜かれる~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_63_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シティと共に本命と思われたナポリだったが、終わってみれば初戦のシャフタール戦を落としたことが大きなツケを払う形となった。また、対戦順にも恵まれず、本気のシティと第3節、第4節で対戦しなければならなかったのも痛恨だった。ホームで行われた第4節では先制するまで優勢に試合を運び、欧州レベルでもナポリのサッカーが十分に通用することを示したが、現在欧州屈指の実力を持つシティに勝ち切ることは至難の業だった。結果、第5節でシャフタールに完勝して最終節に望みをつなぐもフェイエノールトに敗れてEL行きとなった。 ◆蚊帳の外~フェイエノールト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_64_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽18年ぶりにオランダ王者となり、15年ぶりのCL参戦となったフェイエノールトは、やはりこのグループにおいて蚊帳の外だった。シティとシャフタールに歯が立たず、全敗で迎えた最終戦のナポリ戦では相手が突破の芽がなくなったことで士気を失ったため、勝利したに過ぎなかった。 2017.12.13 18:05 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース