CLのグループステージでブレイクしたベストイレブンは!? 最多選出はドルトムントの3名2016.12.26 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベスト16進出チームが決定し、組み合わせも決定している今シーズンのチャンピオンズリーグ。『UEFA.com』がグループステージを振り返り、今大会でブレイクした選手でのベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』選出のベストイレブンは、[3-4-3]のシステムに当てはめられ、7クラブから選出。さらに監督も1名選出している。

▽まず、ゴールマウスを守るのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(23)だ。グループステージの全6試合に出場し6失点の成績を残している。

▽3バックは、バルセロナから2選手が選出。スペイン代表DFセルジ・ロベルト(24)、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(23)が選ばれた。セルジ・ロベルト、ユムティティともにグループステージでは4試合でプレーしている。また、3バックのもう一角はベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)が選ばれたリンデロフはグループステージ全6試合に出場し、チームのベスト16入りに貢献している。

▽中盤の4枚にはバイエルンから2選手が選出。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(21)とポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)が選ばれた。キミッヒは5試合に出場し3得点を記録、レナト・サンチェスは5試合に出場した。また、右サイドには全6試合に出場し2得点を挙げたモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)、左サイドには3試合に出場し1得点を挙げたドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(23)が選ばれた。

▽3トップにはドルトムントから2選手が選出。左ウイングにはフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)、右ウイングにはアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)が選ばれた。デンベレは6試合に出場し1得点、プリシッチは6試合に出場した。また、センターにはポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)が選出された。アンドレ・シウバは6試合に出場し4得点を記録している。

▽また、このチームを率いる指揮官にはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が選出されている。今回発表されたベストイレブンは以下のとおり。

◆ブレイクスルー ベストイレブン
GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン/23)

DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ/24)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/23)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/22)

MF
トマ・ルマール(モナコ/21)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/21)
レナト・サンチェス(バイエルン/19)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/23)

FW
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント/18)
アンドレ・シウバ(ポルト/21)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/19)

監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)

コメント

関連ニュース

thumb

古巣サポがチェルシーDFリュディガーにモンキーチャント…来月16日にローマの処分が決定か

▽チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシーvsローマの中で、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーに対する人種差別行為が行われたとして、欧州サッカー連盟(UEFA)がローマに警告を発した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ローマで評価を高めて今夏チェルシーに加入したリュディガーは、18日に行われたCLグループC第3節で、古巣対戦となるローマ戦に77分から途中出場。試合はドロー決着に終わったものの、3-3の打ち合いを演じるなど白熱した展開をみせた。しかし、その最中に古巣サポーターからリュディガーに対して心ない行為が行われていたようだ。 ▽ロマニスタは、2015年夏からの2年間クラブを支えたリュディガーに対して、モンキーチャント(サルの鳴きまね)を浴びせて非難。『BBC』によれば、これがUEFA規律規則(DR)第14条に抵触する差別的行為にあたり、UEFAからローマに警告が発せられたとのことだ。この一件についての処分は、UEFAの統制・倫理・懲戒機関によって11月16日に下される予定となっている。 ▽また、リュディガーはローマ所属時代にも、ライバルクラブであるラツィオとのダービーマッチで同様の差別的行為の被害にあっていた。その件に関して、同選手は「(ああいったことをするのは)寂しい人だ。僕には理解できない」と発言。悲しみを語っていた。 2017.10.21 00:08 Sat
twitterfacebook
thumb

グループ突破が困難となったアトレティコ、シメオネは「悲観的な雰囲気が蔓延するかもしれないが...」

チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント進出が困難な状況となったアトレティコ・マドリーだが、ディエゴ・シメオネ監督は平静を保っている。<br><br>CLグループC第3節でカラバフ相手にスコアレスドローを演じて3位につけたアトレティコ。1位チェルシーとは勝ち点5差、2位ローマとは勝ち点3差で、自力突破のためには残り3試合で全勝することが必須だ。<br><br>シメオネ監督はカラバフ戦後、公式会見で次のように話している。<br><br>「私の調子は良い。明日、改善を目指して働く刺激を受けているよ。我々は前半に試合を決められる可能性があった。それを逃し、徐々に不安と重圧に駆られてしまった。必要な明確さをもってプレーすることができなかった」<br><br>「引き分けが続いて、悲観的な雰囲気が蔓延するかもしれない。だが私はこのチームを完全に信じ続けている。3カ月前にサインした時、何があるかは理解していた。明日という日を待つ落ち着きが、私にはある」<br><br>アトレティコはCLにおいて開幕節ローマ戦、先のカラバフ戦でスコアレスドローを演じている。シメオネ監督は決定力不足を認めつつ、チーム全体でゴールを奪う必要性を説いた。<br><br>「決定力を欠いた。ゴールできる場面でできなったことで、その後は不安によるミスが生じた。フィジカル面の問題ではなかったと思う。結果が付いてこなければ言い訳を探すものだが、これは全員で解決すべき課題だ」<br><br>「状況を悲観視する者もいるだろう。だが私はCLで戦い続けるため、私の選手たちに経験が備わっていることを信じている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.20 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州カップ戦100ゴール達成のメッシが試合中に口にしたものは…?

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが試合中に何かを食べる!? スペイン『アス』は、18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節のオリンピアコス戦で、メッシが試合中に服用した錠剤について真相を明かした。 ▽メッシは、オリンピアコス戦に先発出場。61分にチームの2点目を奪い、欧州カップ戦での100ゴールを達成していた。なお、バルセロナは3-1で勝利している。 ▽試合開始から10分ごろ、メッシはピッチの中央で自身のソックスから何かを取り出し摂取。しかし、その後噛む行動が見られなかったため、ガムではないことが分かっていた。 ▽『アス』によると、メッシが口に含んだものはブドウ糖の錠剤だったとのこと。『カタルーニャ・ラジオ』のジャーナリストであるリカルド・トルケマダ氏によると、「体を動かして最初の15分は、筋肉がより受容力があるため」としている。 2017.10.19 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンフィカGKスヴィラール、CL最年少出場記録更新もほろ苦デビュー

▽ベンフィカに所属するベルギー人GKミル・スヴィラール(18)が、チャンピオンズリーグ(CL)のGK最年少出場記録を更新した。 ▽スヴィラ―ルは19日、CLグループA第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場。ポルト所属の元スペイン代表GKイケル・カシージャスが打ち立てた18歳118日から18歳52日に塗り替えた。 ▽CLデビューを飾った試合は64分、ユナイテッドに自陣中央左でFKを与えてしまい、FWマーカス・ラッシュフォードに直接ゴールを狙われる。これをバックステップを踏みながら頭上でキャッチすると、勢い余ってゴールラインを割ってしまった。痛恨の判断ミスから先制点を献上してしまい、ベンフィカは0-1で敗れたものの、その他の場面ではいくつか好守を見せるなど健闘した。 ▽アンデルレヒトの下部組織出身のスヴィラールは、8月にベンフィカに加入。今夏マンチェスター・シティへ移籍した昨シーズンの正GKであるブラジル代表GKエデルソンの背番号1を背負う期待の若手だ。今シーズン、14日に行われたタッサ・デ・ポルトガル3回戦のオリャネンセ戦でトップチームデビューを果たしていた。 2017.10.19 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、泣かない

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、ベンフィカ戦の守備的スタイルに対する批判に反論した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ユナイテッドは19日、チャンピオンズリーグ・グループA第3節でベンフィカとのアウェイ戦に臨んだ。試合はゴールレスで迎えた後半、64分にマーカス・ラッシュフォードがFKを決めて先制に成功する。その後、ユナイテッドはこの一点を守り切り、グループステージ3連勝で首位をキープした。 ▽試合後、モウリーニョ監督は、守備的な戦術に対する批判を一蹴。また、負傷者が続出している状況に対しても「泣かない」ことを強調し、自身のポリシーを明かした。 「たくさんの記事を読んでいるわけではないが、英語やポルトガル語の記事を読んだ時に守備的スタイルを犯罪のようにみなされていることを感じる。そんなことはない。我々はしっかりとディフェンスをしたからこそ、試合をコントロールしたのだ」 「しかし、私は一つ罪を犯しているかもしれない。それはケガについて決して話さないことだ。他の監督であれば、一部の選手が負傷すれば泣くだろうね。ただ、私は泣かない」 「私のやり方は、負傷した選手のことは気にしない。出場できる選手に集中している。それが出場可能な選手に信頼を与えているだろう」 「ただ、もし私が泣きたいと思えば、これからの5分で泣ける。(ズラタン・)イブラヒモビッチと(ポール・)ポグバ、(マルアン・)フェライニ、マルコス・ロホ、泣くことはできる。それでも私は泣かない」 2017.10.19 11:41 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース