CLのグループステージでブレイクしたベストイレブンは!? 最多選出はドルトムントの3名2016.12.26 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベスト16進出チームが決定し、組み合わせも決定している今シーズンのチャンピオンズリーグ。『UEFA.com』がグループステージを振り返り、今大会でブレイクした選手でのベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』選出のベストイレブンは、[3-4-3]のシステムに当てはめられ、7クラブから選出。さらに監督も1名選出している。

▽まず、ゴールマウスを守るのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(23)だ。グループステージの全6試合に出場し6失点の成績を残している。

▽3バックは、バルセロナから2選手が選出。スペイン代表DFセルジ・ロベルト(24)、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(23)が選ばれた。セルジ・ロベルト、ユムティティともにグループステージでは4試合でプレーしている。また、3バックのもう一角はベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)が選ばれたリンデロフはグループステージ全6試合に出場し、チームのベスト16入りに貢献している。

▽中盤の4枚にはバイエルンから2選手が選出。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(21)とポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)が選ばれた。キミッヒは5試合に出場し3得点を記録、レナト・サンチェスは5試合に出場した。また、右サイドには全6試合に出場し2得点を挙げたモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)、左サイドには3試合に出場し1得点を挙げたドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(23)が選ばれた。

▽3トップにはドルトムントから2選手が選出。左ウイングにはフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)、右ウイングにはアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)が選ばれた。デンベレは6試合に出場し1得点、プリシッチは6試合に出場した。また、センターにはポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)が選出された。アンドレ・シウバは6試合に出場し4得点を記録している。

▽また、このチームを率いる指揮官にはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が選出されている。今回発表されたベストイレブンは以下のとおり。

◆ブレイクスルー ベストイレブン
GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン/23)

DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ/24)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/23)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/22)

MF
トマ・ルマール(モナコ/21)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/21)
レナト・サンチェス(バイエルン/19)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/23)

FW
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント/18)
アンドレ・シウバ(ポルト/21)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/19)

監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)

コメント

関連ニュース

thumb

CL敗退危機ニース、トリプレーテ経験コンビバロテッリ&スナイデルの競演に期待集まる

ニースはチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフのナポリ戦1stレグを落としたものの、フランス紙はエースFWマリオ・バロテッリの活躍により、逆転での本選出場を期待している。<br><br>ニースは今夏、トルコ・ガラタサライを退団したオランダ代表のベテラン、MFヴェスレイ・スナイデルを獲得した。しかし調整は間に合わず、16日にサン・パオロで行われた1stレグを欠場した。また7月26日に行われたアヤックス戦の1stレグにおいて、ニース史上初めてとなるCLでの得点を挙げる快挙を達成したエース、バロテッリも筋肉系のトラブルから回復しておらず、メンバー外となった。<br><br>エース不在のニースは0-2での敗戦に加え、退場者2名を出したが、『レキップ』は「一撃を受けたが沈んではいない」として、22日にニースのホームで行われるセカンドレグに望みをかけた。またバロテッリについて、「スナイデルと空白を埋め、攻撃面での保証となる」として両選手の競演に期待を寄せている。<br><br>戦力的にマウリツィオ・サッリ率いるナポリの方が優勢ではあるが、『ニース・マタン』もバロテッリの復帰が本選出場へのカギになると分析している。名将ジョゼ・モウリーニョの下、トリプレーテ(3冠)を達成したインテル時代の同僚スナイデルとプレーすることで刺激を受け、躍動できるとの見方もある。「奇跡は起こせないかもしれないが、過去を共にし、卓越した才能を持つ2人なら、直近の試合におけるラスト30メートルでの停滞感を解消できるのではないか」としている。<br><br>提供:goal.com 2017.08.19 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

イェデル弾でセビージャが敵地で先勝! 攻撃陣爆発のセルティックが本戦出場を決定的に!《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ1stレグの5試合が16日に行われた。 ▽リーグ上位ルートでプレーオフからの参戦となるセビージャ(スペイン)は、予備予選3回戦を勝ち上がったイスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ)と対戦し、2-1で先勝した。 ▽ベリッソ新監督の下でCL本戦出場を目指すセビージャは、GKセルヒオ・リコやパレハ、イェデル、エンゾンジと昨季の主力に加え、今夏復帰したバネガやピサーロの新戦力を先発で起用。また、ヘスス・ナバスやノリート、ムリエルの新戦力がベンチに入った。一方のイスタンブールBBSKは、アデバヨールやクリシ、エムレ、エリアら実力者が先発に入った。 ▽試合前から激しい雨が降りしきる中でスタートした一戦は、開始早々にエリアの個人技からイスタンブールBBSKがゴールに迫る。だが、時間の経過と共に主導権を握ったセビージャは16分、コレアのパスに抜け出したエスクデロがボックス左から強烈なグラウンダーのシュートをゴール右隅に流し込み、貴重な先制点を奪った。 ▽幸先良く先制したセビージャは、バイタルエリアで巧みにボールを引き出すバネガを起点に再三の決定機を創出。36分にはコレアのマイナスの折り返しからバネガ、38分にはモントーヤのグラウンダーのクロスからイェデルに決定機も、相手GKヴォルカン・ババジャンの好守などに阻まれ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ヴィスチャの右ポスト直撃シュートやアデバヨールのシュートで立ち上がりからチャンスを作ったイスタンブールBBSKは、64分にマフムートのスルーパスに抜け出したエリアがボックス右に持ち込んで右足を振り抜くと、濡れたピッチで球足が伸びたグラウンダーのシュートがGKセルヒオ・リコの股間を抜けてゴールネットを揺らした。 ▽1-1のタイに戻った試合は後半半ばから終盤にかけて一進一退の攻防を見せる。その中で83分に互いに選手交代に踏み切ると、コレアに代えてヘスス・ナバスを投入したセビージャの交代策がハマる。左サイドのノリートから中央のメルカドを経由したボールがボックス右のヘスス・ナバスに渡ると、冷静にグラウンダーで折り返したボールをゴール前のイェデルがおしゃれなバックヒールで流し込んだ。その後、ホームチームの反撃を凌ぎ切ったセビージャが敵地で2-1のスコアで先勝した。 ▽また、共にチャンピオンズルートで予備予選3回戦を勝ち上がったセルティック(スコットランド)vsアスタナ(カザフスタン)は、セルティックが5-0で勝利した。 ▽立ち上がりから主導権を握ったホームのセルティックは、32分にボックス右で巧みなドリブル突破を見せたロギッチの折り返しが相手DFのオウンゴールを誘い、先制に成功。さらに42分には相手のクリアがゴール方向に向かうと、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したシンクレアが冷静にGKとの一対一を制し、貴重な追加点を奪った。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないセルティックは60分、グリフィスのスルーパスに抜け出したシンクレアがこの試合2点目を奪取。さらに79分にもグリフィスのお膳立てからフォーレスト、88分にはここまで2アシストのグリフィスがボックス右から内に切れ込んで左足のシュートを流し込み、この日のゴールショーを締めくくった。ホームで5-0の快勝を収めたセルティックが、敵地での2ndレグを前に本戦出場を決定的なモノとした。 ▽その他、オリンピアコス(ギリシャ)vsリエカ(クロアチア)は、試合終盤に数的優位を手にしたオリンピアコスが後半アディショナルタイムのロマオの勝ち越しゴールで勝ち切り、ホームで2-1の先勝。ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)vsマリボル(スロベニア)は、ホームのハポエル・ベエルシェバが同じく2-1のスコアで先勝した。 ▽なお、プレーオフ2ndレグは1週間後の22日と23日に行われる。CLプレーオフ1stレグの結果は以下の通り。 ◆CLプレーオフ1stレグ結果 ▽8/16(水) オリンピアコス(ギリシャ) 2-1 リエカ(クロアチア) セルティック(スコットランド) 5-0 アスタナ(カザフスタン) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 2-1 マリボル(スロベニア) イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ) 1-2 セビージャ(スペイン) ナポリ(イタリア) 2-0 ニース(フランス) ▽8/15(火) カラバフ(アゼルバイジャン) 1-0 コペンハーゲン(デンマーク) アポエル(キプロス) 2-0 スラビア・プラハ(チェコ) ホッフェンハイム(ドイツ) 1-2 リバプール(イングランド) スポルティング・リスボン(ポルトガル) 0-0 ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) ヤング・ボーイズ(スイス) 0-1 CSKAモスクワ(ロシア) 2017.08.17 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

メルテンスの1G+PK獲得でナポリが9人のニースに快勝《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ1stレグのナポリvsニースが16日に開催され、2-0でナポリが先勝した。 ▽昨季のセリエAで3位となったサッリ監督3季目のナポリは、今季初の公式戦に向けてハムシクやインシーニェ、メルテンスら昨季の主力を起用した。 ▽一方、予選3回戦でアヤックスに対し2戦合計スコア3-3となりながらもアウェイゴール差で勝ち上がった昨季リーグ・アン3位のニースは、リーグ戦2連敗スタートとなった中、直近のトロワ戦のスタメンからスラルフィに代えてジャレのみを変更した。 ▽5バックを敷いてきたニースに対し、ナポリが立ち上がりから押し込むと、8分に決定機を演出。ハムシクの絶妙なフィードに反応し、ボックス内でフリーとなったカジェホンがヘディングシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽それでも13分、インシーニェのフィードに抜け出したメルテンスが飛び出したGKカルディナーレを交わして無人のゴールにシュートを流し込み、ナポリが先制した。 ▽ゴール後にもカジェホンの抜け出しで揺さぶったナポリは、21分にメルテンスがゴール至近距離から枠内シュートを浴びせる決定機を演出。これはGKの守備範囲に飛んだが、前半半は以降も敵陣でのプレーを続けていった。 ▽劣勢のニースは35分に中盤から飛び出したコジエッロが、40分にサン=マクシマンが決定的なシュートをそれぞれ浴びせるもいずれも枠を捉えきれない。 ▽ひやりとしたナポリは前半終盤、インシーニェのミドルシュートやアルビオルのヘディングシュートでゴールに迫ったが、前半を1点のリードで終えた。 ▽後半開始直後にインシーニェのボレーシュートでゴールに近づいたナポリは、51分にも決定機。メルテンスのミドルシュートをGKが弾いたルーズボールを、インシーニェがプッシュ。しかし、左ポストに阻まれた。 ▽追加点のチャンスを決めきれないナポリは、57分にプレアのミドルシュートでゴールを脅かされると、ハムシクに代えてジエリンスキを投入する。 ▽すると66分、インシーニェがミドルシュートでGKを強襲。そして69分、メルテンスがボックス左に侵入したところでジャレに倒されてPKを獲得。これをジョルジーニョが確実に決めて待望の追加点を獲得した。 ▽続く76分にインシーニェが決定的なシュートを浴びせたナポリは、79分に数的優位となる。コジエッロがジエリンスキを削って一発退場となった。さらに抗議でプレアが2枚目のイエローカードを受け、ニースは9人となってしまう。 ▽その後、ミリクに決定機があったものの決めきれなかったナポリは、2-0で先勝。22日に敵地で行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。 2017.08.17 05:41 Thu
twitterfacebook
thumb

欧州年間最優秀選手賞の最終候補者が発表!! CL制覇のC・ロナウド、CL準優勝のブッフォンにメッシも選出!!

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は15日、2016-17シーズンにおけるUEFA年間最優秀選手賞の最終候補者3名を発表した。 ▽今回の最終候補者にはレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ユベントスのイタリア代表FWジャンルイジ・ブッフォン、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。 ▽C・ロナウドはチャンピオンズリーグで12ゴールをマークして得点王を獲得。チームは史上初となるCL連覇を達成した。ブッフォンはユベントスでCL準優勝に貢献。メッシは、チームこそベスト8で敗退するが自身は11ゴールをマークして得点ランキングで2位につけた。 ▽なお最優秀選手賞は、昨シーズンのCLに出場したチームの監督とコーチら80名、さらに欧州各国のジャーナリスト55名によって選出される。また、監督は自分のチームの選手に投票することはできない。 ▽最終選考は、8月24日に実施される今シーズンのCLグループステージ組み合わせ抽選会で発表される。今回発表された最終候補者3名と上位10名は以下の通り。 ◆UEFA最優秀選手賞最終候補者 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル代表) ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア代表) リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表) 4.ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア代表) 5.トニ・クロース(レアル・マドリー/ドイツ代表) 6.パウロ・ディバラ(ユベントス/アルゼンチン代表) 7.セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン代表) 8.キリアン・ムバッペ(モナコ/フランス代表) 9.ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表) 10.ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド/元スウェーデン代表) 2017.08.16 09:41 Wed
twitterfacebook
thumb

スポルティングが10人相手にホームでドロー…CSKAモスクワは劇的OG弾で先勝!《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ1stレグの5試合が15日に行われた。 ▽リーグ上位ルートでプレーオフからの参戦となるスポルティング・リスボン(ポルトガル)は、予備予選3回戦でビクトリア・プルゼニ(チェコ)を下したステアウア・ブカレスト(ルーマニア)と対戦し、0-0で引き分けた。 ▽今夏コエントラン、マテュー、アクーニャと新戦力を加えたスポルティングは、その3選手をドストやアドリエン・シウバ、ルイス・パトリシオら既存の主力と共に起用した。主砲アリベクを軸に攻めるステアウアに対して、スポルティングはジェウソン・マルティンスらのスピードを活かした攻めをみせ、立ち上がりから拮抗した攻防を繰り広げる。20分にはアリベクが強烈なミドルシュートで最初の決定機を作ると、スポルティングもボックス左に抜け出したアクーニャが右ポスト直撃のシュートを放った。 ▽ゴールレスで折り返した試合は、後半も一進一退の攻防を見せる。互いになかなか攻めきれない中、80分にはこの試合2枚目の警告を受けたステアウアMFピンティリが退場に。数的優位を活かしてホームで勝ち切りたいスポルティングは、89分にブルーノ・フェルナンデスの強烈なミドルシュート、試合終了間際にはセットプレーからマテュー、ドストに続けて決定機も、いずれも決め切れず、試合はゴールレスのまま終了した。 ▽また、共にリーグ上位ルートで予備予選3回戦を勝ち上がったヤング・ボーイズ(スイス)vsCSKAモスクワ(ロシア)は、アウェイのCSKAモスクワが1-0で先勝した。 ▽互いに中盤での潰しあいが目立ち、シュートシーンが少ない状況で試合は終盤へと突入する。相手の鋭いカウンターからオアロに再三の決定機を許すなど、苦しい展開が続いたCSKAモスクワだったが、試合終了間際の91分にロングボールの際に相手DFヌフとGKが連携ミスを犯し、ヌフのヘディングが無人のゴールに吸い込まれ、貴重な先制点を奪取。試合はこのままタイムアップを迎え、運を味方につけたCSKAモスクワが敵地で先勝した。 ▽その他、アポエル(キプロス)vsスラビア・プラハ(チェコ)は、MFエビリシオの2アシストの活躍などで、ホームのアポエルが2-0で先勝。カラバフ(アゼルバイジャン)vsコペンハーゲン(デンマーク)は、前半にFWマダドフのゴールで先制したカラバフが、ホームで先勝した。なお、プレーオフ2ndレグは1週間後の23日に行われる。CLプレーオフ1stレグの結果および日程は以下の通り。 ◆CLプレーオフ1stレグ ▽8/15(火) カラバフ(アゼルバイジャン) 1-0 コペンハーゲン(デンマーク) アポエル(キプロス) 2-0 スラビア・プラハ(チェコ) ホッフェンハイム(ドイツ) 1-2 リバプール(イングランド) スポルティング・リスボン(ポルトガル) 0-0 ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) ヤング・ボーイズ(スイス) 0-1 CSKAモスクワ(ロシア) ▽8/16(水) オリンピアコス(ギリシャ) vs リエカ(クロアチア) セルティック(スコットランド) vs アスタナ(カザフスタン) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) vs マリボル(スロベニア) イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ) vs セビージャ(スペイン) ナポリ(イタリア) vs ニース(フランス) 2017.08.16 06:00 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース