超ワールドサッカー

CLのグループステージでブレイクしたベストイレブンは!? 最多選出はドルトムントの3名2016.12.26 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベスト16進出チームが決定し、組み合わせも決定している今シーズンのチャンピオンズリーグ。『UEFA.com』がグループステージを振り返り、今大会でブレイクした選手でのベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』選出のベストイレブンは、[3-4-3]のシステムに当てはめられ、7クラブから選出。さらに監督も1名選出している。

▽まず、ゴールマウスを守るのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(23)だ。グループステージの全6試合に出場し6失点の成績を残している。

▽3バックは、バルセロナから2選手が選出。スペイン代表DFセルジ・ロベルト(24)、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(23)が選ばれた。セルジ・ロベルト、ユムティティともにグループステージでは4試合でプレーしている。また、3バックのもう一角はベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)が選ばれたリンデロフはグループステージ全6試合に出場し、チームのベスト16入りに貢献している。

▽中盤の4枚にはバイエルンから2選手が選出。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(21)とポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)が選ばれた。キミッヒは5試合に出場し3得点を記録、レナト・サンチェスは5試合に出場した。また、右サイドには全6試合に出場し2得点を挙げたモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)、左サイドには3試合に出場し1得点を挙げたドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(23)が選ばれた。

▽3トップにはドルトムントから2選手が選出。左ウイングにはフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)、右ウイングにはアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)が選ばれた。デンベレは6試合に出場し1得点、プリシッチは6試合に出場した。また、センターにはポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)が選出された。アンドレ・シウバは6試合に出場し4得点を記録している。

▽また、このチームを率いる指揮官にはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が選出されている。今回発表されたベストイレブンは以下のとおり。

◆ブレイクスルー ベストイレブン
GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン/23)

DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ/24)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/23)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/22)

MF
トマ・ルマール(モナコ/21)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/21)
レナト・サンチェス(バイエルン/19)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/23)

FW
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント/18)
アンドレ・シウバ(ポルト/21)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/19)

監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)

コメント

関連ニュース

thumb

クルトワ、CL準決勝でのマドリッド・ダービー実現は「誰もが分かっていたことだった」

チェルシーGKティボ・クルトワは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でのマドリッド・ダービー実現が「分かっていたことだった」との見解を示した。<br><br>2013&minus;14シーズン、2015&minus;16シーズンのCL決勝で対戦したアトレティコ・マドリー&レアル・マドリー。今季のCLで三度決勝で顔を合わせる可能性もあった両チームだが、組み合わせ抽選の結果、準決勝で相対することになった。<br><br>アトレティコを古巣とするクルトワは、この組み合わせが予想可能だったことを指摘。スペイン『オンダ・セロ』とのインタビューに応じたベルギー代表GKは、UEFAが三度のCL決勝ダービーを望んでいなかったことをほのめかした。<br><br>「準決勝がマドリーvsアトレティコになることは、誰もが知っていたはずだ。3年で2回もCL決勝ダービーが実現し、再び決勝で対戦してほしくなかったんだよ。組み合わせ抽選のボールが温かったとは思わないし、運の問題だとは思う。だけど、それでも僕たちはこうなることを予見していた」<br><br>「今回、アトレティコはベルナベウで良い試合を演じなければ。カルデロンではどんなチームも苦しむことになるからね。アトレティコが良い結果を手にすることを望んでいるよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 23:51 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、バイエルン戦の判定論争に「不利に働いたときには誰も気づかない」

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、バイエルン戦の判定について気にする素振りはない。『Sportske novosti』が報じた。<br><br>マドリーはチャンピオンズリーグ準々決勝でバイエルンと対戦し、合計スコア6-3でベスト4入りを決めた。しかし、2ndレグで一部の判定に不満を示したバイエルンの選手たちが試合後、審判団のロッカールームに突入するなど大きな余波を残している。<br><br>一方で、モドリッチは論争に加わるつもりはなく、「我々は2試合を通じて彼らより良かったし、多くのチャンスを作っていた」と振り返る。さらに、マドリーを攻撃するような風潮に慣れていることも認めた。<br><br>「レフェリーの判定が僕らにとって優位に働けば、大衆に広がり、不利になっても、誰も気づかないんだ。いつものことだよ」<br><br>しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)については「日本で行われたクラブ・ワールドカップのときには、時間がかかるし、上手く扱えていなかったから反対していた」と認めつつ、「フランスvsスペインを見た後に、フットボールにとって良いものだとわかった」と、VARによってゴール取り消しや逆に得点が認められた試合を持ち出し、賛同の意を表した。<br><br>提供:goal.com 2017.04.23 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「ユベントスがカテナチオ? カルチョをわかっていない」元伊代表監督が進化を主張

元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏が20日、イタリアラジオ放送『Radio24』のインタビューに応じた。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、バルセロナ対ユベントスはスコアレスドローに終わり、1stレグを3-0で制していたユベントスが準決勝進出を決めた。この試合についてプランデッリは持論を展開している。<br><br>まずはユベントスの戦い方をカテナチオだとして批判したアリゴ・サッキ氏に向けて「ユベントスがカテナチオをしたなどと言っている者は、カルチョを何も理解していない」と話し、釘を刺した。<br><br>続いてユベントスがサッカー界のアヴァンギャルドであると主張し、この先数年、ユベントスの時代が続くことを予想した。<br><br>「革新的なサッカーをするチームが台頭し、サッカーの1つのサイクルが終わった。ユベントスの前半のようなプレーができるのは限られたクラブだけだ。ユベントスは進化を続ける新しいチームだ。一方、バルセロナの戦い方は以前と変わっておらず、1つの戦い方しか知らない。アッレグリには感服だ。ユベントスはこの先数年、ヨーロッパサッカーの主役となる」<br><br>なお準決勝の相手として、レオナルド・ジャルディム監督率いるモナコが難敵であり、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーが最も組みやすい相手だと述べている。<br><br>「準決勝の相手としてはモナコが1番避けるべき相手だと私は思う。スペインにまた行くのが良いだろうね。ブッフォンが言うようにアトレティコ(マドリー)はCLに集中しているが、レアルはできない。おそらくレアル相手がベストだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 19:58 Fri
twitterfacebook
thumb

CL準決勝の対戦カードが決定!! 王者マドリーはアトレティコとダービーマッチ!!《CL》

▽チャンピンズリーグ(CL)準決勝の対戦カード抽選会が21日にスイスのニヨンで行われた。 ▽今回の対戦カード抽選会では、前回大会王者でCL史上初となる連覇に挑むレアル・マドリーが、アトレティコ・マドリーとダービーマッチを戦う。また準々決勝でバルセロナに完勝し2大会ぶりのベスト4に進出したユベントスは、モナコとの対戦が決定した。 ▽なお、準決勝1stレグは5月2日(火)、3日(水)に実施され、2ndレグは9日(火)、10日(水)に行われる。対戦カードの左側のチームが1stレグをホームで実施。さらにモナコvsユベントスの勝利チームが、6月3日(土)にカーディフのウェールズ国立競技場で行われる決勝戦で名目上のホームチームとなる。 ▽今回決定した対戦カードは以下の取り。 ◆準決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う レアル・マドリー(スペイン)vsアトレティコ・マドリー(スペイン) モナコ(フランス)vsユベントス(イタリア) 2017.04.21 19:21 Fri
twitterfacebook
thumb

「どうしてもメッシのユニフォームが欲しくて」…ボヌッチが試合中に同僚から叱責?

DFレオナルド・ボヌッチがFWリオネル・メッシにユニフォームの交換を求め、DFジョルジョ・キエッリーニに怒られたと話題になった。イタリア複数メディアが20日、報じている。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、バルセロナ対ユベントスはスコアレスドローに終わり、ファーストレグを3-0で制していたユベントスが準決勝進出を決めた。しかしこの試合中、ボヌッチがメッシに対し試合後にユニフォームの交換に応じてくれるよう執拗に話しかけていたことで、同僚キエッリーニの怒りを買ったというエピソードが伝えられている。<br><br>試合の中継映像にもバルセロナの背番号「10」のユニフォームに執着し、集中力を欠いていたように見えるボヌッチをキエッリーニが叱責し、胸をたたく様子が収められている。メッシは試合中、ボヌッチの要請を無視するそぶりを見せていたものの、試合終了後はボヌッチの希望通りユニフォームの交換に応じた。ボヌッチはこれらの経緯について、『スカイスポーツ』のインタビューで説明している。<br><br>「どうしても持って帰って僕のコレクションに加えたかったんだ。きっと息子もサッカーが大好きだから喜んでくれると思う。(キエッリーニとは)試合中の95分間緊張感を保つためにも、何度もお互いにハグしたり、叩きあったりして激励しあう。90分にフリーキックを与えてしまったから僕を元気づけようと叩いただけだ」<br><br>ボヌッチは叱責がユニフォームに関することではなく、キエッリーニとの関係も良好であることを強調した。なおキエッリーニは試合終了後、FWルイス・スアレスとユニフォームの交換を行った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 15:21 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース