CLのグループステージでブレイクしたベストイレブンは!? 最多選出はドルトムントの3名2016.12.26 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベスト16進出チームが決定し、組み合わせも決定している今シーズンのチャンピオンズリーグ。『UEFA.com』がグループステージを振り返り、今大会でブレイクした選手でのベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』選出のベストイレブンは、[3-4-3]のシステムに当てはめられ、7クラブから選出。さらに監督も1名選出している。

▽まず、ゴールマウスを守るのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(23)だ。グループステージの全6試合に出場し6失点の成績を残している。

▽3バックは、バルセロナから2選手が選出。スペイン代表DFセルジ・ロベルト(24)、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(23)が選ばれた。セルジ・ロベルト、ユムティティともにグループステージでは4試合でプレーしている。また、3バックのもう一角はベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)が選ばれたリンデロフはグループステージ全6試合に出場し、チームのベスト16入りに貢献している。

▽中盤の4枚にはバイエルンから2選手が選出。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(21)とポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)が選ばれた。キミッヒは5試合に出場し3得点を記録、レナト・サンチェスは5試合に出場した。また、右サイドには全6試合に出場し2得点を挙げたモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)、左サイドには3試合に出場し1得点を挙げたドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(23)が選ばれた。

▽3トップにはドルトムントから2選手が選出。左ウイングにはフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)、右ウイングにはアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)が選ばれた。デンベレは6試合に出場し1得点、プリシッチは6試合に出場した。また、センターにはポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)が選出された。アンドレ・シウバは6試合に出場し4得点を記録している。

▽また、このチームを率いる指揮官にはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が選出されている。今回発表されたベストイレブンは以下のとおり。

◆ブレイクスルー ベストイレブン
GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン/23)

DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ/24)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/23)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/22)

MF
トマ・ルマール(モナコ/21)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/21)
レナト・サンチェス(バイエルン/19)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/23)

FW
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント/18)
アンドレ・シウバ(ポルト/21)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/19)

監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)

コメント

関連ニュース

thumb

ELで退場のデレ・アリにUEFA主催3試合の出場停止処分

▽ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)は24日、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリに対し、UEFA主催3試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ▽デレ・アリは2月23日に行われたヨーロッパリーグ・ラウンド32・2ndレグのヘント戦で、39分に相手選手に対して足裏を見せる危険なプレーにより一発退場となっていた。数的不利となったチームはそのままラウンド32で姿を消している。 ▽現在、プレミアリーグで2位に付けるトッテナムは来季のチャンピオンズリーグ出場が濃厚となっているが、デレ・アリはグループステージ3試合に出場できないこととなった。 2017.03.24 23:17 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール、CLでの大逆転は生涯最高?「五輪、CL決勝すら上回る」

バルセロナでプレーするブラジル代表FWネイマールは、パリ・サンジェルマン(PSG)戦の大逆転について振り返っている。イギリス紙『デイリー・メール』が報じた。<br><br>バルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でPSGと激突。アウェイでの1stレグを0-4で落としながら、2ndレグを6-1と勝利し、大逆転でのベスト8入りを決めた。大一番で2ゴールを挙げるなど勝利に貢献したネイマールは生涯最高の試合になったと語っている。<br><br>「僕は信じていたよ。チームのパフォーマンスは最高だった。感動も一番だったね。オリンピック、コンフェデレーションズカップ、CL決勝すら上回るものだった。6つのゴールで感じた気持ちは、今までプレーしたどんな試合よりも最高だったよ」<br><br>セルジ・ロベルトが6点目を挙げた際には「汚い言葉」を叫んでいたことも認めたネイマール。CL準々決勝ではユベントスと対戦することになるが、次はどのようなドラマが待っているのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.03.24 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

CLレアル戦に自信を見せるレヴァンドフスキ「全タイトルが獲得可能だ」

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、バイエルンがレアル・マドリーに勝るとも劣らないクラブだと考えている。<br><br>「大きな成功を掴む上で、バイエルンはレアルと同じくらいチャンスがあるクラブだ。僕にとって、バイエルンは目標としてきたクラブだよ。今シーズンを見ればわかるが、全タイトルが獲得可能だね」<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準々決勝でレアルと対戦する。CLに関してレヴァンドフスキは「大きなモチベーションだ。CLで優勝するためにベストを尽くしている。ほとんどの選手にケガが無く、調子が良いのが僕らの強みだ」<br><br>レヴァンドフスキはまず26日、ポーランド代表としてW杯欧州予選でモンテネグロと戦う。シーズン終盤戦に向けて勢いを付ける活躍が期待される。<br><br>提供:goal.com 2017.03.23 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン、ドイツ、イングランド、イタリアは4クラブが2018-19シーズンのCLでストレートイン《CL》

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は22日、今シーズン終了時点でのUEFA国別クラブ係数ランキングを発表した。上位4チームはスペイン、ドイツ、イングランド、イタリアとなる。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の出場枠に影響するUEFA国別クラブ係数ランキング。今シーズンのCLとELのベスト8チームが決定したことを受け、今シーズン終了後の上位6カ国が変動しないことが確定した。 ▽今シーズン終了後のUEFA国別クラブ係数ランキングは2018-19シーズンのCLとELへの出場枠に影響。CLは、2018-19シーズンから3シーズンはこれまでと出場枠が変更され、UEFA国別クラブ係数ランキング上位4カ国からは4チームがグループステージに参加することとなる。また、5位と6位の国からは2チームがグループステージに、3位の1チームが予選に参加する。 ▽上位4カ国はスペイン、ドイツ、イングランド、イタリアとなり、今シーズンのCL、ELのこの先の結果に関係なくトップ4入りが確定。イタリアから4チームが参加するのは2011-12シーズン以来となる。一方で、ポルトガルは全チームが敗退したため、フランス、ロシアに抜かれ上位6カ国から外れることが確定した。 ▽また、7位〜10位の加盟協会は、グループステージに1チーム、予選に1チームが参加。ポルトガル、ウクライナ、ベルギー、トルコの4カ国が現時点で10位以内に入っおり、11位のチェコ、12位のスイスは国内リーグ王者がCL予選に出場する。また、ELには1チームが参加することとなる。現時点でのUEFA国別クラブ係数ランキングは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆UEFA国別クラブ係数ランキング</span>(3/20 時点) 1位:スペイン/101.856 2位:ドイツ/79.212 3位:イングランド/74.391 4位:イタリア/71.832 5位:フランス/54.999 6位:ロシア/50.532 7位:ポルトガル/49.332 8位:ウクライナ/42.633 9位:ベルギー/42.000 10位:トルコ/38.000 11位:チェコ/33.175 12位:スイス/32.075 13位:オランダ/29.863 14位:ギリシャ/27.900 15位:オーストリア/25.350 16位:クロアチア/25.250 17位:ルーマニア/24.350 18位:デンマーク/24.000 19位:ベラルーシ/19.875 20位:ポーランド/19.750 2017.03.23 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスの最長出場記録を更新のブッフォン、CLバルセロナとの対戦は「幸運」

ユベントスに所属するイタリア代表のGKジャンルイジ・ブッフォンが19日、クラブにおける最長出場記録を達成した。イタリアの複数メディアが報じている。<br><br>ブッフォンは19日、ジェノヴァで行われたセリエA第29節サンプドリアvsユベントス(0-1)に先発出場した。この試合の65分、ブッフォンはユベントスでの出場時間3万9681分を記録し、ユベントスのジャンピエロ・ボニペルティ名誉会長がこれまで保持していた最長記録3万9680分を更新した。アディショナルタイムの5分を含めると、ブッフォンの新記録は3万9711分となった。<br><br>ブッフォンはイタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、新記録達成の喜びを語った。<br><br>「記録に到達できてとても嬉しい。それも強豪クラブでタイトルをいくつも獲得しながらの記録達成だから感激だ。記録については誇りに思うが、これからも出場時間を更新し続けられるよう望んでいる」<br><br>またチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバルセロナと対戦することについては、やむを得ないと同時に、ラッキーでもあると持論を語った。<br><br>「バルセロナ戦については、素晴らしいことだと思う。このような試合に出場できる自分はラッキーだと思う。それに準々決勝なのだから、それなりのチームと当たることは覚悟しないと。これまで積み上げてきた実力を測る試金石になる」<br><br>続いてバルセロナとホームアンドアウェー方式で対戦することの難しさを説いた。<br><br>「バルセロナと2試合を戦わなければならないのは非常に厳しい。1発勝負であれば勝ち抜けるチャンスは5分に近かったと思う。だが2試合となると難しくなる。とはいえ、この対戦ができることは、トップクラスのサッカー選手であることの証だ」<br><br>提供:goal.com 2017.03.20 14:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース