CLのグループステージでブレイクしたベストイレブンは!? 最多選出はドルトムントの3名2016.12.26 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベスト16進出チームが決定し、組み合わせも決定している今シーズンのチャンピオンズリーグ。『UEFA.com』がグループステージを振り返り、今大会でブレイクした選手でのベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』選出のベストイレブンは、[3-4-3]のシステムに当てはめられ、7クラブから選出。さらに監督も1名選出している。

▽まず、ゴールマウスを守るのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(23)だ。グループステージの全6試合に出場し6失点の成績を残している。

▽3バックは、バルセロナから2選手が選出。スペイン代表DFセルジ・ロベルト(24)、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(23)が選ばれた。セルジ・ロベルト、ユムティティともにグループステージでは4試合でプレーしている。また、3バックのもう一角はベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)が選ばれたリンデロフはグループステージ全6試合に出場し、チームのベスト16入りに貢献している。

▽中盤の4枚にはバイエルンから2選手が選出。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(21)とポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)が選ばれた。キミッヒは5試合に出場し3得点を記録、レナト・サンチェスは5試合に出場した。また、右サイドには全6試合に出場し2得点を挙げたモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)、左サイドには3試合に出場し1得点を挙げたドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(23)が選ばれた。

▽3トップにはドルトムントから2選手が選出。左ウイングにはフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)、右ウイングにはアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)が選ばれた。デンベレは6試合に出場し1得点、プリシッチは6試合に出場した。また、センターにはポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)が選出された。アンドレ・シウバは6試合に出場し4得点を記録している。

▽また、このチームを率いる指揮官にはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が選出されている。今回発表されたベストイレブンは以下のとおり。

◆ブレイクスルー ベストイレブン
GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン/23)

DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ/24)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/23)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/22)

MF
トマ・ルマール(モナコ/21)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/21)
レナト・サンチェス(バイエルン/19)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/23)

FW
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント/18)
アンドレ・シウバ(ポルト/21)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/19)

監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)

コメント

関連ニュース

thumb

躍進ローマのナインゴラン、CLで戦う喜びを語る「サッカーをプレーする者全員の夢」

ローマのMFラジャ・ナインゴランが、ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)の公式ウェブサイトでインタビューに応じ、チャンピオンズリーグ(CL)で戦う喜びを語った。<br><br>エウゼビオ・ディ・フランチェスコ率いるローマは、CL準々決勝バルセロナと対戦。1stレグを1-4で落とし、逆転突破には2ndレグで最低でも3ゴールが必要な状況だったが、6分のFWエディン・ジェコの先制点を皮切りに、3-0で勝利を収めた。2試合合計スコアは4-4となったが、アウェイゴール差により、1983-84シーズン以来34年ぶりのベスト4進出を決め、準決勝ではリバプールとの対戦が予定されている。<br><br>&ldquo;ニンジャ&rdquo;ことベルギー代表MFは、キャリアにおいてCLでプレーするという夢を実現できたことを喜んだ。<br><br>「CLは、サッカーをプレーする者全員の夢だと思う。俺はトレーニングに励んで、夢を実現することができた。CLの舞台は違った空気が流れているし、別物だと思う。一発勝負のようなものなので、常に勝ち抜けるチャンスはある。実際、大会としては短いし、ミスをすればその犠牲を払わなければならない。だが高い満足感を得ることもできる。自分たちはこれを目指している」<br><br>また29歳のナインゴランは、自身のもう1つの目標として、ロシア・ワールドカップ出場を挙げた。<br><br>「俺は今まで、チームメートのためにも、クラブのためにも自分の持てる力をすべて出し尽くしてきた。力を出し尽くすことは重要だと思うし、俺は常に実行してきた。難しいとは思うが、あと俺に足りないのはワールドカップだけだ。挑戦したい」<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマとリバプールでプレーしたリーセ氏がCL準決勝を予想「どちらか選べと言われたら…」

▽かつてリバプールとローマの両クラブで活躍したヨン・アルネ・リーセ氏は、この2クラブがチャンピオンズリーグ準決勝で戦うことに興奮している。イタリア『レッゴ』のインタビューで、試合の展望などを語った。 ▽リーセ氏は「ローマとリバプールは互角」と分析。しかし、「ローマの方が経験豊富でソリッドだ。(ユルゲン・)クロップのチームはより技術があってスペクタクルだね。どちらかを選べと言われたらローマだ。2ndレグがホームで、彼らにはファンがついている」と語った。 ▽ローマにとって最も警戒すべき相手は、リーセ氏と同じように両クラブでプレーしているFWモハメド・サラーだ。リーセ氏は「彼のことは50センチも外せない。ただ、彼の位置には(アレクサンダル・)コラロフがいる。自分からみて、世界トップレベルのサイドバックだよ」とコメント。カギとなり得るマッチアップについて話した。 ▽準決勝1stレグは24日に行われる。ローマホームでの2ndレグは、5月2日に開催予定だ。 2018.04.20 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ジダン頭突き事件のマテラッツィ氏、CL退場のブッフォンに理解「彼も血の通った人間」

元イタリア代表のマルコ・マテラッツィ氏は、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝レアル・マドリー戦で主審に抗議したユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンについて自身の見解を示した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が19日、伝えている。<br><br>ユベントスは11日、CL準々決勝でレアル・マドリーとのセカンドレグに挑んだが、ファーストレグでの3点のビハインドから奇跡は起こせず、2試合合計3-4でベスト8敗退が決定した。キャリアで最後となるはずのCLを戦っていたブッフォンは、勝負を分けた後半アディショナルタイムのPKの判定に抗議して退場。試合終了後も主審マイケル・オリヴァー氏について、「スタンドでポテトチップでも食べているべき」「心があるべき場所にゴミ箱がある」などと歯に衣着せぬ発言で非難していた。<br><br>■大きな目標を逃がしたブッフォンに理解 ブッフォンとともにイタリア代表で戦い、2006年ドイツ・ワールドカップを制したマテラッツィ氏は、当時の決勝の舞台において、現役最後の試合に臨んでいたジネディーヌ・ジダンを挑発して頭突きを誘い、退場に追い込んだ当事者としても知られる。現役最後かもしれないCLにおいて、同じく退場という形でピッチを去ったユベントス主将を元インテルDFは支持した。<br><br>「ユニフォームの下には、鼓動を打ち、血が通った1人の人間がいるんだ。私はジジの行動をリスペクトする。ああいう状況では、大事な目標が遠ざかってしまったかのように感じる。起こりうることだ。しばらく経ってから、彼が同じことを言うかどうか聞いてみたい。私も過ちは何度も犯したことがある。大切なのは、彼を理解してあげることだと思う。もしかしたらいつか、彼が謝る日がくるかもしれない。皆、人間なんだ」<br><br>最後には、人望あるブッフォンと自身を比較し、「もしあれが自分だったとしたら、どれほどの人がジジを擁護したように私を支持してくれたか見てみたいよ」と皮肉で締めくくっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマにBBQの輪! CL決勝進出で英雄バティがシェフ就任を約束

▽34年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出に沸くローマではBBQの輪が広がっている。イタリア『コッリエレ・デラ・セーラ』が伝えている。 ▽ローマは先日行われたCL準々決勝でバルセロナを相手に1stレグの3点差を引っくり返す“オリンピコの奇跡”を起こして、前身のチャンピオンズカップ時代の1983-84シーズンの準優勝以来、CL名称変更後初となるベスト4進出を果たした。 ▽奇しくもその準優勝時にファイナルで敗れたリバプールとの準決勝に向けてはクラブだけでなくローマ中が沸いている。 ▽その中で18日に行われたセリエAのジェノア戦に勝利したチームはその翌日に練習施設のあるトリゴリアでリカバリーメニューをこなした。この短い午前の練習後には直近数試合をケガで欠場し、ようやく19日に練習復帰を果たしたアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティがチームメートを労うため、昼食時にアサード(アルゼンチン式のバーベキュー)を主催。自ら肉や野菜、魚を調理してチームメートやスタッフに振る舞った。そして、この様子をMFラジャ・ナインゴランなどのチームメートが『インスタグラム』に投稿していた。 ▽すると、この投稿をチェックしていたローマのスクデット獲得の英雄、元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏が自身の公式アカウントを通じて粋なメッセージを送った。 「もし、ローマがチャンピオンズリーグ決勝に進んだ場合、トリゴリアに出向いてみんなのために昼食を作らせてもらうよ」 ▽ペロッティ、バティストゥータ氏とBBQの輪が広がり始めたローマ。難敵リバプールを破り、34年ぶりの決勝進出に向けてレジェンド主催のBBQは新たなモチベーションとなりそうだ。また、仮にCL優勝を果たしたあかつきには、アルゼンチン出身の現ローマ法王フランシスコ主催のBBQという、壮大な計画が果たされる可能性もあるかもしれない。 2018.04.20 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA会長がマドリー対ユベントスの疑惑のPKに言及...「VARがあっても判定は変わらなかった」

UEFAのアレクサンデル・チェフリン会長が、先の試合で結果に大きな影響を及ぼしたジャッジに言及した。<br><br>チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦レアル・マドリー対ユベントスの一戦で、マドリーは終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFメディ・ベナティアに倒されてPKを獲得。これをFWクリスティアーノ・ロナウドが沈め、2試合合計スコア4-3でラウンド突破を決めた。<br><br>だが試合後、あのPKについては議論が巻き起こっている。チェフリン会長はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で自身の見解を示した。<br><br>「VARがあっても判定は変わらなかった。あのプレーを、20回くらい見た人もいるだろう。私は50回くらい見直したよ。あれはPKだったと主張する人が半分、もう半分はPKではなかったと考えているだろう」<br><br>ジャッジを激しく批判したユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンのコメントについては、次のように話している。<br><br>「ブッフォンの発言は正しくなかった。あれは言うべきではなった。だが、あの試合でプレーした選手のフラストレーションは分かる。93分に失点した際の失望感は理解できるものだ」<br><br>審判団の選定に関しては、一貫した姿勢を示している。<br><br>「監督が選手を決めるようなものだ。勝利するためにベストメンバーを送り出す。しかし、実際には逆の現象が起きたりする。その時、責任は誰にあるのか。彼らはUEFAに多大な貢献をしてきた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 00:20 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース