CLのグループステージでブレイクしたベストイレブンは!? 最多選出はドルトムントの3名2016.12.26 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベスト16進出チームが決定し、組み合わせも決定している今シーズンのチャンピオンズリーグ。『UEFA.com』がグループステージを振り返り、今大会でブレイクした選手でのベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』選出のベストイレブンは、[3-4-3]のシステムに当てはめられ、7クラブから選出。さらに監督も1名選出している。

▽まず、ゴールマウスを守るのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(23)だ。グループステージの全6試合に出場し6失点の成績を残している。

▽3バックは、バルセロナから2選手が選出。スペイン代表DFセルジ・ロベルト(24)、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(23)が選ばれた。セルジ・ロベルト、ユムティティともにグループステージでは4試合でプレーしている。また、3バックのもう一角はベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)が選ばれたリンデロフはグループステージ全6試合に出場し、チームのベスト16入りに貢献している。

▽中盤の4枚にはバイエルンから2選手が選出。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(21)とポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)が選ばれた。キミッヒは5試合に出場し3得点を記録、レナト・サンチェスは5試合に出場した。また、右サイドには全6試合に出場し2得点を挙げたモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)、左サイドには3試合に出場し1得点を挙げたドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(23)が選ばれた。

▽3トップにはドルトムントから2選手が選出。左ウイングにはフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)、右ウイングにはアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)が選ばれた。デンベレは6試合に出場し1得点、プリシッチは6試合に出場した。また、センターにはポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)が選出された。アンドレ・シウバは6試合に出場し4得点を記録している。

▽また、このチームを率いる指揮官にはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が選出されている。今回発表されたベストイレブンは以下のとおり。

◆ブレイクスルー ベストイレブン
GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン/23)

DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ/24)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/23)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/22)

MF
トマ・ルマール(モナコ/21)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/21)
レナト・サンチェス(バイエルン/19)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/23)

FW
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント/18)
アンドレ・シウバ(ポルト/21)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/19)

監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)

コメント

関連ニュース

thumb

レスターを救ったヴァーディ、758分ぶりの得点と380分ぶりの枠内シュートで望みを繋ぐ

レスター・シティに所属するFWジェイミー・ヴァーディは22日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦に先発出場し、貴重なアウェイゴールを奪った。<br><br>ヴァーディは昨シーズン、プレミアリーグで24ゴールを奪い、レスターのリーグ優勝に大きく貢献した。しかし今季はセビージャ戦を前にした時点で公式戦6得点と思うような活躍ができていなかった。<br><br>レスターは、セビージャに1-2で敗れたが、ヴァーディは73分に、昨年12月10日以来となる公式戦での得点を記録した。CLでの初得点は、2ndレグに望みを繋ぐ1点となった。なお、公式戦でゴールを決めたのは758分ぶり、枠内シュートは380分ぶりだった。<br><br>試合後、ヴァーディは「チャンスをうかがい続ける我慢が求められる展開になることは、試合前から分かっていた。同時に僕らに相手を脅かす力があることもね」と試合が予想に近い展開だったこと明かした。<br><br>2ndレグは3月14日に行われる。その間、レスターはプレミアリーグ2試合をホームで戦う。27日には強豪リバプールと、3月4日には残留を争うハル・シティと対戦する。CL2ndレグでの逆転、そしてプレミアリーグ残留を果たすためにも、久しぶりに点を決めたエースの活躍が期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.24 00:57 Fri
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、投入直後にゴールのD・アウベスを称賛…ポルト戦で価値ある追加点

22日に行われたチャンピオンズリーグのラウンド16、ポルトvsユベントスは0-2でアウェーのユベントスが勝利を収めた。<br><br>試合後、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、2点目を叩き込んだダニエウ・アウベスを称賛している。<br><br>「ダニは私達が1点をリードした状態で投入した。本来であればセーフティーにシフトしていいところだったが、出場して間もなく、決定機に絡んであっという間に2点目を決めた」<br><br>「さすが数々の勝利を経験してきたダニだね。彼はチャンピオンのメンタリティーを持っていて、栄光のためにしっかり仕事をしてくれた。彼は最後の20分で、自身がいかにプロフェッショナルであるかを示したんだ」<br><br>ポルトvsユベントスは、ポルトから前半で退場者が出たため、長い時間10人vs11人の構図が続いた。1-0で途中投入されたD・アウベスは、出場から間もなく2点目のゴールを決めたが、試合を決定付けるゴールを決めたその勝負強さに、指揮官アッレグリも賛辞を贈った。<br><br>D・アウベスは今シーズン、負傷での離脱などもあったがポジション争いで苦戦しており、リーグ戦でここまで11試合に出場したのみとなっていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.23 14:26 Thu
twitterfacebook
thumb

レスターGK、セビージャに敗戦もアウェイゴール奪取に喜び…ホームでの逆襲を約束

レスター・シティでプレーするデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルは、セビージャ戦が悪くない結果になったと話している。『BTスポーツ』が報じた。<br><br>レスターは22日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでセビージャと対戦。アウェイで終始劣勢の難しいゲームとなったが、1点を返し、1-2で試合を終えた。PKストップなど好パフォーマンスを披露したシュマイケルは「アウェイゴールはとてつもなく大きいよ。キングパワー・スタジアムでは何だって起きる可能性があるし、これは僕らが望んでいたものだった」と、敵地で大きな1点を勝ち取ったことに喜びを示した。<br><br>続けて「これらの試合を戦えるのは喜びだし、すべての選手が楽しみにしていた。全員が懸命に走り、ハードワークしていたね」とチームメイトの労をねぎらっている。<br><br>「僕らは敗れ、結果に失望しているが、CLでアウェイからホームに戻る上で1-2という結果はとても良いものだ」と語ったシュマイケル。レスターは3月14日に行われるホームでリベンジを果たせるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.23 11:54 Thu
twitterfacebook
thumb

アウェイゴールを与えながらも内容に満足するサンパオリ「こちらが優れていた」

▽セビージャのホルヘ・サンパオリ監督が、22日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのレスター・シティ戦を振り返った。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽ホームにレスターを迎えたセビージャは25分にサラビアのゴールで幸先よく先制すると、62分にはコレアが追加点を奪った。しかし73分にはレスターにゴールを許して試合は終了。2-1でセビージャが勝利するも、アウェイゴールを奪われての勝利となった。 ▽試合を振り返ったサンパオリ監督は、もっと多くのゴールを奪うことも可能だったとしながらも、結果に満足していることを強調した。 「今日の試合では10回以上の得点機があったと思う。それだけこちらが優れていたということだ。ポストやクロスバーに弾かれることが多かった。一方で相手には数度のチャンスしか作らせていない」 「我々にとってこのコンペティションを戦うことは重要だ。残念ながら2ndレグに向けて、相手に少しの有利さを与えてしまった。ただ、次の試合に向けて集中するだけだと思っている」 2017.02.23 10:33 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地で敗戦もアウェイゴールの獲得にラニエリ「戦いはまだわからない」

▽レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が、22日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽敵地に乗り込んだレスターだったが、25分に先制を許して試合を折り返すと、後半も62分に追加点を許してしまう。73分にはヴァーディのゴールで1点差とするも、1-2の敗戦となった。 ▽試合後の会見に出席したラニエリ監督は、敵地で貴重なアウェイゴールを奪えたことを強調。ホームで行われる2ndレグで十分に逆転は可能だとの見方を示した。 「2点差とされてしまったが、選手たちは諦めずにプレーし、大事なアウェイゴールを奪った。最後まで戦う強さを見せて、ヴァーディもゴールを取り戻してくれた。この戦いがどうなるか、まだわからないよ」 「セビージャが素晴らしいチームであることは十分に理解している。2ndレグも苦しむことになるだろうが、我々はベストを尽くしたいと思う。ベストを尽くして負けたのであれば、それは相手のパフォーマンスが素晴らしかったということだ」 2017.02.23 10:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース