超ワールドサッカー

CLのグループステージでブレイクしたベストイレブンは!? 最多選出はドルトムントの3名2016.12.26 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベスト16進出チームが決定し、組み合わせも決定している今シーズンのチャンピオンズリーグ。『UEFA.com』がグループステージを振り返り、今大会でブレイクした選手でのベストイレブンを発表した。

▽『UEFA.com』選出のベストイレブンは、[3-4-3]のシステムに当てはめられ、7クラブから選出。さらに監督も1名選出している。

▽まず、ゴールマウスを守るのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(23)だ。グループステージの全6試合に出場し6失点の成績を残している。

▽3バックは、バルセロナから2選手が選出。スペイン代表DFセルジ・ロベルト(24)、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(23)が選ばれた。セルジ・ロベルト、ユムティティともにグループステージでは4試合でプレーしている。また、3バックのもう一角はベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)が選ばれたリンデロフはグループステージ全6試合に出場し、チームのベスト16入りに貢献している。

▽中盤の4枚にはバイエルンから2選手が選出。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(21)とポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)が選ばれた。キミッヒは5試合に出場し3得点を記録、レナト・サンチェスは5試合に出場した。また、右サイドには全6試合に出場し2得点を挙げたモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)、左サイドには3試合に出場し1得点を挙げたドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(23)が選ばれた。

▽3トップにはドルトムントから2選手が選出。左ウイングにはフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(19)、右ウイングにはアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)が選ばれた。デンベレは6試合に出場し1得点、プリシッチは6試合に出場した。また、センターにはポルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(21)が選出された。アンドレ・シウバは6試合に出場し4得点を記録している。

▽また、このチームを率いる指揮官にはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が選出されている。今回発表されたベストイレブンは以下のとおり。

◆ブレイクスルー ベストイレブン
GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン/23)

DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ/24)
サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/23)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/22)

MF
トマ・ルマール(モナコ/21)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/21)
レナト・サンチェス(バイエルン/19)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/23)

FW
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント/18)
アンドレ・シウバ(ポルト/21)
ウスマーヌ・デンベレ(ドルトムント/19)

監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)

コメント

関連ニュース

thumb

CL予選1回戦、2回戦の組み合わせが決定! 南野拓実のザルツブルクは2回戦から登場《CL》

▽19日、2017-18シーズンのチャンピオンズリーグの予選抽選会が行われた。 ▽予選1回戦、2回戦の組み合わせが決定。FW南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)は2回戦から登場し、ヒバーニアンズ(マルタ) vs FCインフォネット(エストニア)の勝者と対戦する。 ▽1回戦は6月27日、28日に1stレグ、7月4日、5日に2ndレグを実施。2回戦は7月11日、12日に1stレグ、7月18日、29日に2ndレグが行われる。 <span style="font-weight:700;">◆予選1回戦</span>(6月27、28日 & 7月4、5日) <span style="font-weight:700;">バイキングル</span>(フェロー諸島) vs <span style="font-weight:700;">トレプチャ89</span>(コソボ) <span style="font-weight:700;">ヒバーニアンズ</span>(マルタ) vs <span style="font-weight:700;">FCインフォネット</span>(エストニア) <span style="font-weight:700;">アラシュケルト</span>(アルメニア) vs <span style="font-weight:700;">FCサンタ・コロマ</span>(アンドラ) <span style="font-weight:700;">ザ・ニュー・セインツ</span>(ウェールズ) vs <span style="font-weight:700;">エウロパ</span>(ジブラルタル) <span style="font-weight:700;">リンフィールド</span>(北アイルランド) vs <span style="font-weight:700;">ラ・フィオリータ</span>(サンマリノ) <span style="font-weight:700;">◆予選2回戦</span>(7月11、12日 & 7月18、29日) <span style="font-weight:700;">アポエル</span>(キプロス) vs <span style="font-weight:700;">デュドランジュ</span>(ルクセンブルク) <span style="font-weight:700;">ジャルギリス</span>(リトアニア) vs <span style="font-weight:700;">ルドゴレツ</span>(ブルガリア) <span style="font-weight:700;">カラバグ</span>(アゼルバイジャン) vs <span style="font-weight:700;">サムトレディア</span>(ジョージア) <span style="font-weight:700;">パルチザン・ベオグラード</span>(セルビア) vs <span style="font-weight:700;">ブドゥチノスト・ポドゴリツァ</span>(モンテネグロ) <span style="font-weight:700;">ヒバーニアンズ</span>(マルタ)/<span style="font-weight:700;">FCインフォネット</span>(エストニア) vs <span style="font-weight:700;">ザルツブルク</span>(オーストリア) <span style="font-weight:700;">シェリフ</span>(モルドバ) vs <span style="font-weight:700;">ククス</span>(アルバニア) <span style="font-weight:700;">アスタナ</span>(カザフスタン) vs <span style="font-weight:700;">スパルタクス・ユルマラ</span>(ラトビア) <span style="font-weight:700;">BATEボリソフ</span>(ベラルーシ) vs <span style="font-weight:700;">アラシュケルト</span>(アルメニア)/<span style="font-weight:700;">FCサンタ・コロマ</span>(アンドラ) <span style="font-weight:700;">ジリナ</span>(スロバキア) vs <span style="font-weight:700;">コペンハーゲン</span>(デンマーク) <span style="font-weight:700;">ハポエル・ベエルシェバ</span>(イスラエル) vs <span style="font-weight:700;">ホンヴェード</span>(ハンガリー) <span style="font-weight:700;">リエカ</span>(クロアチア) vs <span style="font-weight:700;">ザ・ニュー・セインツ</span>(ウェールズ)/<span style="font-weight:700;">エウロパ</span>(ジブラルタル) <span style="font-weight:700;">マルメ</span>(スウェーデン) vs <span style="font-weight:700;">バルダール</span>(マケドニア) <span style="font-weight:700;">ズリニスキ</span>(ホスニア・ヘルツェゴビナ) vs <span style="font-weight:700;">マリボル</span>(スロベニア) <span style="font-weight:700;">ダンドーク</span>(アイルランド) vs <span style="font-weight:700;">ローゼンボリ</span>(ノルウェー) <span style="font-weight:700;">ハフナルフィヨルズゥル</span>(アイスランド) vs <span style="font-weight:700;">バイキングル</span>(フェロー諸島)/<span style="font-weight:700;">トレプチャ89</span>(コソボ) <span style="font-weight:700;">リンフィールド</span>(北アイルランド)/<span style="font-weight:700;">ラ・フィオリータ</span>(サンマリノ) vs <span style="font-weight:700;">セルティック</span>(スコットランド) <span style="font-weight:700;">マリエハムン</span>(フィンランド) vs <span style="font-weight:700;">レギア・ワルシャワ</span>(ポーランド) 2017.06.20 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

アッレグリが明かすCL決勝のユベントス…「ピッチに戻りたがらなかった」

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリがチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦の舞台裏について明かした。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が15日、伝えている。<br><br>ユベントスは3日にカーディフで行われたCL決勝戦でレアル・マドリーと対戦したが、後半は完全に主導権をレアル・マドリーに奪われると3失点するなど圧倒され、1-4で敗れた。アッレグリは決勝を振り返り、ハーフタイムのロッカールームの状況を明かした。<br><br>「ロッカールームへ帰ると、(マリオ)マンジュキッチは足首がひどく腫れていたため手当を受けていた。(ミラレム)ピャニッチは膝の炎症を抱えて横たわっていて、ピッチに戻りたがらなかった。その後どうなったかは知っていると思うけど、2人ともピッチに戻った。コンディションは理想的とは言えなかった」<br><br>またユベントスの指揮官は、2015年のCL決勝バルセロナ戦と比較している。スクデットの獲得が終盤まで先送りとなったことで、選手のコンディションに影響したと分析している。<br><br>「前半のボール支配は互角だった。後半はレアルが圧倒した。選手のフィジカルコンディションが良くなかったためか、こちらは何度もパスミスを犯してしまった。ベルリンでの決勝戦は試合としては違ったものだった。あの時は1カ月前にスクデットを決めていて、選手たちも時間に余裕があった」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.16 18:23 Fri
twitterfacebook
thumb

「DAZN」がUEFAと放映権契約を締結…2018-19シーズンからCLやELを放送

▽ブンデスリーガやJリーグ全試合を放送するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、2018-19シーズンから2020-21シーズンまでの3シーズンにわたり、欧州サッカー連盟(UEFA)と放映権契約を締結したことを発表した。これにより、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップなど全試合が視聴できることになる。 ▽対象試合は、プレーオフ予選からグループステージ、決勝トーナメントまで。全試合のライブ放映と、試合終了後の見逃し配信、ハイライト映像を行うことになる。 ▽「DAZN」のCEOであるジェームズ・ラシュトン氏は今回の契約についてコメントしている。 「チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグは、年々試合の質が高くなり、魅力と人気が高まっています。DAZNは国内および、海外スポーツを、いつでも、どこでもファンの皆様にお楽しみいただけるサービスを目指しております」 「我々が、欧州トップクラスの大会の独占放映権を取得できたことを大変喜ばしく思っております。日本のサッカーファンの皆様に、世界有数のクラブで活躍する、世界一流の選手の名試合を、テレビをはじめとする各種の対応デバイスにて、お楽しみいただけることを願っております」 「2016年のサービス開始以降、世界各国のリーグ戦や国際試合など、合計2,000以上のサッカーの試合をライブ配信してまいりました。DAZNが日本において、サッカーのホーム的なサービスに成長していることを確信しております」 2017.06.15 13:47 Thu
twitterfacebook
thumb

ユムティティが明かす、バルサがPSG相手に奇跡を演じられた理由「監督のある言葉が頭を過ぎった」

バルセロナDFサミュエル・ユムティティが、今季世界中を驚かせた奇跡の大逆転劇を振り返った。<br><br>それはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のこと。バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)との1stレグを0-4で落として窮地に追い込まれた。だが2ndレグで6-1と大勝を飾り、見事ベスト8進出を果たしたのだ。<br><br>ユムティティは『ラジオ・モンテカルロ』であの激戦を振り返っている。<br><br>「PSG戦との2ndレグは素晴らしい時間だった。決して忘れられない試合になるだろうね。1stレグで僕たちは大差をつけられてしまった。2ndレグでああいう結果を得られると信じられたのは僕たちだけだった」<br><br>「(エディンソン・)カバーニの得点で、状況は本当に困難になった。大きな打撃だったよ。そこで僕たちは監督のある言葉を思い出した。『5分あれば、3ゴール奪えるぞ』。簡単ではなかったけど、まだ逆転できるんじゃないかというメンタルを保てた」<br><br>大敗したPSGについては、次のように話している。<br><br>「PSGの悪かった点? 僕には分からないよ。(守りに入って)僕たちにボールを譲ってしまったよね。あれはおそらく良い解決法ではなかった。僕たちだって、最高の試合を演じたわけじゃない。でもゴールを決めた時、PSGががっくり来ているのが分かったんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.06 21:28 Tue
twitterfacebook
thumb

スクデット6年連続獲得もCL敗北…ユベントスDF「辛すぎる。何かが足りない」

ユベントスのDFシュテファン・リヒトシュタイナーが5日、インスタグラムを更新し、悲しみを述べつつリベンジを約束した。<br><br>ユベントスは3日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーと対戦。試合は1-4で敗れ、またしてもビッグイヤーを手にすることはできなかった。スイス代表の33歳サイドバックは2011年からユベントスに在籍し、セリエAでは6連覇を成し遂げた。しかしCL決勝の舞台では出番が訪れず、ベンチからチームの敗戦を見届けた。あと一歩届かず栄冠を逃し、無念を口にしている。<br><br>「ユベンティーニのみんな、昨晩は僕の家のバルコニーからモーレ(トリノを象徴する尖塔)を眺めた。嵐の中、ふと溢れてきた悲しみをみんなと共有できればと思う。この6年間で数々のタイトルを手にして、最高の瞬間をみんなで何度も味わってきた。だけど何かが足りない。そう感じているのは僕だけではないはずだ」<br><br>「3年間で2度CL決勝にたどり着き、夢の実現まであと一歩だった。目標まであとわずかだった。僕らユベンティーニはもう20年以上前からこのカップを持ち帰りたいと夢見ている。僕にとっては33年前からの夢だ。また決勝で敗れるなんて&hellip;本当に辛い&hellip;辛すぎる。今現実に向き合うことが本当に難しい。6年連続でスクデットを獲得し、歴史の1コマを刻むことができたのに、僕はすごく落ち込んでいる! とてつもない挫折感だ。だけどユベンティーニのみんな、こういう時にあきらめないことこそ、僕らを強くするんだ。遅かれ早かれこのタイトル(CL)も勝ち取ってみせる!信じ続けることが大切だ! 最後まで!」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.06 17:32 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース